国会議員白書トップ衆議院議員河村勝>37期国会活動まとめ

河村勝衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


衆議院本会議(37期)

31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  0回発言      0文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  0回発言      0文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  1回発言   5096文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  1回発言   5096文字発言

本会議発言一覧

第104回国会 衆議院 本会議 第27号(1986/05/09、37期)

私は、民社党・国民連合を代表して、ただいま上程された国鉄改革七法案に対して質問をいたします。今、国鉄は、民営・分割という未曽有の大変革に直面をしております。私などのように、かつて国鉄で働き、国鉄を愛する者にとっては身を切られるようなつらい思いです。しかしながら、国鉄の経営を破綻させるに至った今日まで………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 25回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 16 委員  9) 11回発言  46549文字発言
第102回国会 14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 13 委員  1)  8回発言  39196文字発言
第103回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  0)  2回発言  12726文字発言
第104回国会 17回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 16 委員  1)  6回発言  31040文字発言

  37期通算  60回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 49 委員 11) 27回発言 129511文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 運輸委員会
            42回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 33 委員  9) 17回発言  83595文字発言

 外務委員会
            16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 16 委員  0)  8回発言  34902文字発言

 予算委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  2回発言  11014文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 外務委員会理事(第101回国会)
 運輸委員会理事(第102回国会)
 運輸委員会理事(第103回国会)
 運輸委員会理事(第104回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 運輸委員会 第12号(1984/06/22、37期)

まず運輸大臣にお尋ねをいたしますが、港湾運送事業法は、戦争中は総動員法に基づく勅令だったと思いますが、戦後、二十六年に届け出制で出発をして、それから二十八年、三十四年、四十一年と三回改正をして、今度が…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 運輸委員会 第14号(1984/07/17、37期)

労働省は見えていますか。――まず労働省にお伺いをします。今度の雇用平等法の関係については、労使、公益それぞれの側が意見が対立してまとまらなかったという異例の立法過程ですから、問題が方々にあることは当…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 運輸委員会 第17号(1984/07/25、37期)

亀井委員長にお伺いする前に、さっき亀井委員長の発言の中にありましたことを国鉄にちょっと確認しておきたいと思います。国鉄総裁でなくても結構です。太田常務理事、さっき亀井委員長が、大阪駅の掃除要員を、掃…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1984/03/02、37期)

きょう私は主として日ソ関係、特にソ連に対する経済制裁に関する問題をお尋ねするつもりでありますが、その前に、今、アメリカに対する武器技術供与の新しくできた取り決めについて同僚議員から質問がございましたが…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 外務委員会 第5号(1984/04/04、37期)

先般、中曽根総理が訪中をされて、外務大臣もそれに同行をされたわけですが、今度はわき役だったと思います。わき役であっただけに、かえってお互いのやりとりの中から、いわば本音みたいなものが聞き取りやすい立場…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 外務委員会 第6号(1984/04/12、37期)

外務大臣は、けさ来日したイランの外務大臣と会見をされて、きょうまた夕方から会談をされるそうでありますが、今度の来日は、さきに外務大臣がイラン、イラクを歴訪した際にイラン、イラク両外相を日本に招致して、…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 外務委員会 第11号(1984/04/27、37期)

今度の民間航空機貿易に関する協定の改正によって九品目が新しく追加をされて既存の五十品目の中の十三品目について対象範囲を拡大をするという内客でございますが、これで部品全体の中の免税措置をとられるウエート…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 外務委員会 第12号(1984/05/08、37期)

大変厳しい環境の中で大変御苦労されたと思います。しかし、今まで議論されたように、内容を聞けば聞くほど厳しい内容であって、一体今後どういうふうになるかということについて大きな懸念を持たざるを得ません。そ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 外務委員会 第13号(1984/05/09、37期)

一般的な国際情勢についての質問の前に、一つだけSAR条約の批准の問題についてお尋ねをいたします。このSAR条約は一九七九年に国際海事機構、IMOで採択された条約で、海上捜索救難に関する国際条約という…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 外務委員会 第15号(1984/05/18、37期)

私、せんだって総理がインド、パキスタン訪問から帰られたすぐ後の「総理にきく」というテレビの番組をたまたま見る機会を持ちました。そこであなたは、インドでマハトマ・ガンジーの七つの原則というものを引かれて…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 外務委員会 第18号(1984/08/01、37期)

安倍外務大臣は、先ほども話が出ましたけれども、創造する外交ですか、創造的外交というのか知りませんが、というものを提唱されたそうでございます。何か総裁公選を若干意識されたような発言だそうでありますが、仮…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 運輸委員会 第1号(1984/12/21、37期)

運輸大臣、けさテレビを見ておりましたら、運輸省と大蔵省とで来年度国鉄運賃を四%余り値上げをするという合意が行われたという報道をしておりましたが、それは事実ですか。のは、ほかに何か方法があるか考えたこ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 運輸委員会 第3号(1985/02/22、37期)

去る一月二十八日に起きました長野市での三重交通のスキーバス転落事故については、今朝からいろいろな角度から質問がございました。大変痛ましい事件で、私も心から哀悼の意を表させていただきます。ただ、けさほ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 運輸委員会 第5号(1985/03/26、37期)

今全国で路線トラック事業者の数は三百幾つかあるということでありますが、そのうちで東京に乗り入れている事業者は幾つありますか。そういった中で、これはもちろん会社の方の使い方、それからバース数の希望、そ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 運輸委員会 第6号(1985/03/29、37期)

私どもは、この法律案については軽貨物タクシーの弊害にかんがみて、これに賛成の立場でこれから臨もうと思っております。ただ、やはりこの法律案にはかなり疑問がありまして、第一に、この新しくできる法律は、一回…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 運輸委員会 第8号(1985/04/12、37期)

今度の法改正によって大阪と福岡の空港周辺整備機構二つを一つにするということでございますが、これは一つにすることによって一体どんなメリットがあるのか一向にわからない。一体何のためにこれはやるのですか。…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 運輸委員会 第12号(1985/06/07、37期)

亀井参考人、どうも御苦労さまです。今もお話が出ましたが、国鉄の持っている長期債務の棚上げ、政府に肩がわりしてもらうというのが、金額は別にして最大の問題で、もしこれができなければ、いかに分割しようが民…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 運輸委員会 第14号(1985/08/20、37期)

質問に先立って、この事故で犠牲になられた方々に心から弔意を奏させていただきます。先ほど運輸省の方で事故原因の推定について非常に慎重な答弁がありました。事故原因調査が進んでおる最中ですから、それは当然…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 予算委員会 第17号(1985/02/23、37期)

亀井参考人、御苦労さまです。先ほどから伺っておりまして、分割・民営という原則のもとに七月には答申をお出しになるということで、ぜひそれは確実に出していただきたい。今の国鉄がこのまま推移しておれば、国鉄…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 運輸委員会 第1号(1985/11/14、37期)

初めに、今問題になっておりました去る十月三十一日の日航のモスコー航路のジャンボ機が航路を逸脱した事件についてお尋ねをいたします。この事件は完全な人為ミス、人為的なミスで、大韓航空事件とは条件は違いま…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 運輸委員会 第3号(1985/12/06、37期)

先ほどから問題になっております過激派の国鉄に対するゲリラ事件について、国鉄総裁にちょっとお尋ねをいたします。今度の事件でやはり一番問題なのは、国鉄職員が参加をしているということで、これは非常なショッ…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 運輸委員会 第3号(1986/02/21、37期)

関西空港の漁業補償のことをちょっと聞きたいと思っております。一日も早い着工を期待されている関西空港が漁業補償で行き詰まって、いつ着工できるのか見通しが立たない状況で、非常に残念なことであります。いろ…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 運輸委員会 第6号(1986/03/28、37期)

大都市地域の鉄道の複線化あるいは複々線化の仕事は、土地が非常に高いために費用が高騰して、その割合に収益効果がないということは事実でありますから、これをどうしてもやらせようという場合には、長期、低利の資…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 運輸委員会 第9号(1986/04/11、37期)

この法案に基づく国鉄の未償還の特定債務を一般会計に承継をして無利子にするというのは、一見非常に魅力的なように見えるけれども、よく考えてみると、一回利子相当分を受け取って払うのをショートカットするだけで…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 運輸委員会 第10号(1986/04/15、37期)

運輸大臣、この前の私の質問のときに、国鉄用地の売却問題に関連をしまして、非事業用地とみなされるものは全部売却をして借金の償還に充てるのだというお話があって、私の方から、私鉄の状況等も考えて慎重に扱って…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 運輸委員会 第14号(1986/05/09、37期)

多年の海運不況が続いているさなかにまた円高が加わったので、けさほどから論議されているように、外航海運の二部門ともに大変な状況にあるようであります。けさ伺っておりますと、一円の値上がりで八億円の差損だと…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 予算委員会 第17号(1986/02/25、37期)

財政経済関係の問題を御質問するのですが、その前に一言だけフィリピンの情勢についてお尋ねをいたします。このフィリピンの国内紛争の結末については、日本としては望ましい方向はおのずから明らかでありますけれ…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22