瀬崎博義衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


衆議院本会議(37期)

33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  0回発言      0文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  1回発言   4152文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  1回発言   2564文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  2回発言   6716文字発言

本会議発言一覧

第102回国会 衆議院 本会議 第13号(1985/03/09、37期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、政府提出の昭和六十年度予算三案に断固反対の討論を行います。(拍手)言うまでもなく、本年は広島、長崎の被爆四十周年、第二次世界大戦の終戦四十周年の記念すべき年であります。四十年前、すべての国民は、廃墟の中に侵略戦争の根絶と恒久平和を誓い、平和と民主主義、国民主権を………会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第30号(1986/05/21、37期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、ただいま上程されました公職選挙法の一部を改正する法律案に対する修正案について、その趣旨弁明を行います。今回、公職選挙法改正調査特別委員長から提出された公職選挙法の一部を改正する法律案は、提出に至る手順、手続が、議会制民主主義と国会運営のルールを踏みにじる異常かつ………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 34回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 34)  7回発言  57560文字発言
第102回国会 36回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 36)  8回発言  58535文字発言
第103回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  2回発言  13179文字発言
第104回国会 36回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 36)  8回発言  60207文字発言

  37期通算 113回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員113) 25回発言 189481文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 予算委員会
            67回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 67) 10回発言  71637文字発言

 建設委員会
            41回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 41) 14回発言 106096文字発言

 議院運営委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 環境委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言  11748文字発言

 科学技術委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 商工委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 環境委員会 第9号(1984/05/15、37期)

湖沼水質保全法案について質問をいたします。そもそもこの湖沼法案は水質保全を目的としているわけでありますが、直接法案にかかわる質問に入る前に、その水質保全とは全く逆の、大変遺憾な事態が起こっております…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 建設委員会 第4号(1984/03/23、37期)

最初に、琵琶湖総合開発関係について、質問をしたいと思います。この琵琶湖総合開発事業は、下流に新たな水を送るという大義名分で、琵琶湖の水位をプラス一・四メートル、マイナス一・五メートル、この範囲で大き…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 建設委員会 第9号(1984/07/11、37期)

まず、琵琶湖総合開発事業による観光船補償について伺います。まず、これまでの私の調査やあるいは政府、公団の答弁で現在の到達点がどうなっているか、これを建設省に確認しておきたいと思うのですが、支払われた…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 予算委員会 第10号(1984/02/22、37期)

私は、日本共産党・革新共同を代表し、政府提出の昭和五十八年度補正予算案に対し、反対の討論を行います。今国民が切実に求めているものは、中曽根内閣が推進している軍備拡大、大企業奉仕、国民犠牲の政治を根本…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 予算委員会 第17号(1984/03/05、37期)

中小企業問題と公共事業のあり方について質問をいたします。まず、今日その数六百万に及んでいる中小零細業者の現状をどう認識しているか、国民金融公庫総裁に伺いたいと思うのです。会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 予算委員会 第19号(1984/03/13、37期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、政府提案の五十九年度予算三案に反対し、日本共産党・革新共同提案の予算組み替え動議に賛成の討論を行います。我が党は、一月の党首会談において、軍拡路線から軍縮断行の…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 予算委員会 第20号(1984/03/29、37期)

まず、福島交通不動産をめぐる疑惑について伺います。安倍外務大臣は、先ほどの答弁で一億円を借りていたことは認められた。しかし、それをことしの一月三十一日に、大変にわかな感じがするんだけれども、返した、…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 建設委員会 第5号(1985/03/06、37期)

私は、建設業退職金共済制度についてまず質問したいと思うのです。建設関係に働く労働者の賃金、労働時間、休日、労働災害、賃金不払い、こうした労働条件が極めて劣悪なことはいろんな指標が示していると思います…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 建設委員会 第6号(1985/03/25、37期)

私は、主として特定市街化区域農地の固定資産税の課税の適正化に伴う宅地化促進臨時措置法、つまりあめ法について質問をいたします。都市緑地保全法という法律がありますね。この法律が必要になった理由について、…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 建設委員会 第7号(1985/03/27、37期)

建設省は、今度の交付金制度をつくった理由として、一言で言って地方道整備が大きく立ちおくれているからこの交付金制度を設けてこの立ちおくれを克服する、こういうふうに述べているわけですね。そこで問題になるの…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 建設委員会 第10号(1985/05/24、37期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、ただいま議題となりました委員長発議による半島振興法案に反対の意見を表明します。今日の半島地域の困難な状況は、自民党政府が推進してきた大企業本位、大型プロジェクト…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 建設委員会 第11号(1985/06/12、37期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、ただいま議題となりました委員長発議による日本道路公団法等の一部を改正する法律案に反対の意見を表明します。我が国の道路建設は、第八次五カ年計画の終了時までに、ゼロ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 予算委員会 第8号(1985/02/09、37期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、政府提出の補正予算三案に対し、反対の討論を行います。今、国民が切実に求めている予算の補正とは、軍事費と大企業優遇予算を大幅に削減し、国民の暮らしに役立つ予算の拡…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 予算委員会 第17号(1985/02/23、37期)

昨日は六十年度の行政監察計画の発表もあり、総務庁までが民活参入の本格的な構えを示したわけです。このところ、中曽根内閣の内政政策といえば民活オンパレードの感じがあるわけなんですが、そもそも中曽根内閣の言…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 予算委員会 第21号(1985/03/09、37期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、政府提出の昭和六十年度予算三案に断固反対、我が党提出の予算組み替え動議に賛成の討論を行います。政府予算案に反対する理由の第一は、本予算案が日本をアメリカの核戦略…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 建設委員会 第1号(1985/11/08、37期)

まず、十月十五日に出されました「内需拡大に関する対策」、経済対策閣僚会議が決めた「内需拡大に関する対策」の内容について経企庁に伺っておきたいと思うのです。その中では、「住宅建設はこのところ動きが緩や…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 建設委員会 第2号(1985/11/22、37期)

まず、公共事業関係の来年度予算編成問題について質問したいと思います。「昭和六十一年度建設省関係予算概算要求の要旨」には、「補助率・負担率の取扱いについては、概算要求に当たっては昭和六十年度の特例措置…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 建設委員会 第2号(1986/02/12、37期)

まず、中島政務次官に伺いたいのですが、一昨日の予算委員会で江藤建設大臣がこういう答弁をされているのですね。「第九次道路整備五カ年計画の中で、七千六百キロプラスアルファ一万キロ構想にする、いわゆる二千四…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 建設委員会 第5号(1986/03/05、37期)

きょうは高速道路にかかわる問題をお聞きするのですが、まず最初に、二月十日の予算委員会で江藤建設大臣がこういう答弁をされているのです。「第九次道路整備五カ年計画の中で、七千六百キロプラスアルファ一万キロ…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 建設委員会 第6号(1986/03/28、37期)

まず伺いたいことは、東北開発株式会社は、その目的とか歴史的使命を達成したから今回廃止して民営移行にしようというのか、それともその存在意義を失ったといいますか、余り役に立たなくなったから廃止して民営に移…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 建設委員会 第10号(1986/04/11、37期)

まず、本来なら道路公団総裁に伺いたいのだけれども、きょうは理事が見えておりますから伺います。東京湾横断道路の建設の必要性について、私ども共産党はこの必要性はさらさらないと考えているわけなんですが、し…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 建設委員会 第14号(1986/05/16、37期)

ことしの二月十五日に江藤建設大臣から中建審に対して、建設業の許可要件のあり方、それから経営事項審査制度のあり方、共国会業体等のあり方、産業構造の改善を進めるための諸方策、この四点について諮問が出されて…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 予算委員会 第9号(1986/02/13、37期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、政府提出の昭和六十年度補正予算案に対する反対討論を行います。反対理由の第一は、六十年度当初予算の反国民的性格を温存し、拡大さえしていることであります。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 予算委員会 第11号(1986/02/18、37期)

まず、総理に伺うのですが、内需拡大の必要性、緊急性については、党派を超えてこれは一致しているのですね。では、内需拡大のために何をやるべきか。我々共産党は、大幅減税、賃金の大幅引き上げ、時間短縮それから…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 予算委員会 第20号(1986/03/08、37期)

私は、日本共産党・革新共同を代表して、政府提出の昭和六十一年度予算三案に断固反対、我が党提出の組み替え動議に賛成の討論を行います。今、国民が切実に求めている政治の方向は、軍拡と財界奉仕の聖域化を改め…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書

質問主意書提出数

 37期(1983/12/18〜)  1本提出

質問主意書一覧

彦根地方気象台、伊吹山測候所に関する質問主意書
第102回国会 衆議院 質問主意書 第42号(1985/06/25提出、37期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22