工藤晃(東京)衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


衆議院本会議(37期)

34期本会議 - 35期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  0回発言      0文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  1回発言   3905文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  0回発言      0文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  1回発言   3905文字発言

本会議発言一覧

第102回国会 衆議院 本会議 第26号(1985/05/09、37期)

私は、日本共産党・革新共同を代表し、総理のポン・サミット帰国報告について質問します。本年は、第二次大戦終了四十年であり、広島、長崎被爆四十年であります。ポン・サミットの政治宣言は、第二次大戦からの歴史の教訓について述べております。今日、第二次大戦からの教訓を学ぶことは非常に重要でありますが、問題は何………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

34期委員会 - 35期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 43回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 43) 16回発言  83047文字発言
第102回国会 23回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 23) 10回発言  80444文字発言
第103回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  3回発言  24687文字発言
第104回国会 19回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 19) 11回発言  71305文字発言

  37期通算  89回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 89) 40回発言 259483文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 商工委員会
            43回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 43) 22回発言 142031文字発言

 予算委員会
            24回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 24)  5回発言  59353文字発言

 科学技術委員会
            22回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 22) 13回発言  58099文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 科学技術委員会 第7号(1984/03/29、37期)

私は、科学技術政策の基本にかかわる問題で、特に研究活動にかかわる問題で長官に伺いたいと思います。先日もこの委員会に参考人の方がおいでになりまして、こもごも言われたことで大変印象に残っていることは、基…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 科学技術委員会 第10号(1984/04/17、37期)

前回も私はアメリカの宇宙基地計画の問題で伺いましたが、時間が大変少なかったもので、その続きの質問をやります。最初の問題は、科学技術庁の三浦審議官、おいでになっておりますか。四月十日、記者会見されたと…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 科学技術委員会 第12号(1984/04/24、37期)

私は、まず政府提出のこの法案の概略について伺います。その最初の点は、原子力基本法はその基本方針を平和の目的に限る、軍事的利用を絶対に禁止する、こういうかたい決意を込めまして、また日本学術会議の意見も…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 科学技術委員会 第13号(1984/05/08、37期)

きょうは、お忙しいところを三人の参考人の方おいでくださいまして、ありがとうございます。私は、最初に小出さんと安藤さんに伺いたいのですが、放射線漏れの事故が起きた後で、大山委員会がつくられまして報告書…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 科学技術委員会 第14号(1984/05/10、37期)

軍事的な利用面でいろいろ質問が出されて、その続きみたいになるのですが、先ほど、地上の方からミサイルに対してこれを破壊する、これは大分先のことであろうと言いましたが、宇宙を飛んでいる有人、無人のステーシ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 科学技術委員会 第15号(1984/06/26、37期)

私は、まず放送衛星ゆり二号の事故について伺いたいと思います。科学技術庁と、それから参考人としておいでいただきました宇宙開発事業団から伺いたいと思います。打ち上げ成功というのが一月二十三日、それから三…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 科学技術委員会 第16号(1984/06/28、37期)

一つ目の問題ですが、先ほどのお話からもわかったのですが、マンガン団塊の方はかなりニッケルが重視されているということですが、熱水鉱床というと銅、鉛、亜鉛。一体、熱水鉱床では特にどういう資源が注目され、期…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 科学技術委員会 第17号(1984/07/03、37期)

お二人の参考人の方には、遠路はるばる大変御苦労さまでした。また、五月に日本共産党の調査団が青森県に参りましたときに、むつ市並びに青森県からいろいろ御協力いただいたことに、まず感謝の青葉を述べたいと思い…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 科学技術委員会 第18号(1984/07/05、37期)

私は、原子力船「むつ」の問題で幾つかの点を伺いたいと思います。最初は、原子力船懇談会の報告書というのがちょうど五十八年十一月に出まして、原子力船「むつ」を実験航海までやらなければならないと推進されて…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 科学技術委員会 第19号(1984/07/12、37期)

きょう、三人の参考人の方、大変御苦労さまでした。私は最初に、三人の参考人の方から同じ問題を答えていただきたいと思いますが、これは、原子力商船がいつ実用化するだろうか、そして普及するだろうか。二十一世…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 科学技術委員会 第20号(1984/07/17、37期)

まず、私は長官に、今伝えられている「むつ」存廃方針決定の手順について伺うわけでありますが、今自民党の検討委員会が検討をしていて、来月何日か自民党の方で決定する、例えば四役決定する。その場合、その内容は…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 科学技術委員会 第21号(1984/07/26、37期)

二問ばかり伺いたいのですが、一つは、自動車の今の生産ラインを見ていて、特に組み立てにロボットが全面的に入るのはかなり難しいと私は考えているのですが、先生はいつごろ――恐らく入るとしたら、自動車の部品と…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 科学技術委員会 第22号(1984/08/02、37期)

私は、この委員会で先日、核燃料サイクル施設問題で質問を行いましたが、そのとき大変短い時間でありましてまだ幾つかの点を残しましたので、この機会に質問したいと思っております。さて、電気事業連合会が六ケ所…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 商工委員会 第14号(1984/05/09、37期)

昨年の倒産件数が戦後最高を記録して、その大部分が中小企業だったわけでありますが、これは五十七年版の中小企業白書を見ましても、いわゆる倒産件数の統計に入ってこない小さな中小小売業の廃業ですか閉店とか廃業…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 予算委員会 第7号(1984/02/18、37期)

日本共産党・革新共同を代表して質問します。まず、中曽根首相に、ただいまも言明がありましたけれども、大型間接税は考えていないと言われました。同時に、渡辺幹事長代理の記者会見という問題がありましたので、…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 予算委員会 第19号(1984/03/13、37期)

私は、日本共産党・革新共同を代表し、昭和五十九年度予算三案につき、政府がこれを撤回のうえ編成替えを求めるの動議について、提案理由及び概要を御説明します。動議の案文は既にお手元に配付してありますので、…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 商工委員会 第3号(1985/02/22、37期)

初めに経済見通しについて伺いたいと思います。金子長官が演説の中で、内外経済の現状で、世界経済はアメリカの景気拡大等に導かれ、全体として景気回復基調にあると述べられました。ただ、今のアメリカ経済の拡張…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 商工委員会 第6号(1985/03/26、37期)

通産省のこれまで発表した文書などを見ますと、情報産業ないしは情報関連産業はいわばこれから一層発展する成長産業である、あるいは知識集約型産業である、リーディングインダストリーである、そういうような位置づ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 商工委員会 第8号(1985/03/29、37期)

初めに大島参考人、石井参考人に伺いますが、その場合お二人も参加されたというふうになっております技術開発の展望研究会の報告、五十九年八月の内容にもちょっと触れますから、あらかじめお断りしておきます。そ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 商工委員会 第9号(1985/04/03、37期)

昨年は特に各方面から、我が国の基礎的な研究がおくれている、それに対してどうするかということで注目すべき文書が発表されたと思います。その中で、産構審総合部会企画小委員会の中間報告はこの法案とあるつながり…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 商工委員会 第13号(1985/04/17、37期)

まず、半導体集積回路の回路配置法案の立法化のいきさつについて伺います。一つは、日米の半導体摩擦の経過の中でどのように出てきたかという点であります。結論からいうと、こういう法律をつくるということはアメ…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 商工委員会 第14号(1985/04/19、37期)

私も自動車問題を中心に大臣に質問したいと思います。今までの答弁でもおおよそのところ理解できた点もあますけれども、もう一度念のため伺いますと、ことしの自動車の対米輸出自主規制というのは日本政府の独自の…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 商工委員会 第17号(1985/05/21、37期)

きょうは南大夕張の災害につきまして報告を受けました。我が党も早速調査団を派遣しておりまして、その見解は改めて必要な場所で発表することとしまして、私は、今報告を受けながら一つ感想があったのは、こういう災…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 商工委員会 第19号(1985/06/07、37期)

本日の商工委員会でも昨日の物価問題特別委員会でも、豊田商事並びに同グループの悪徳商法が取り上げられております。私も、被害の徹底的な救済とともに、悪質な違法行為を徹底的に追及しなければならない。同時に、…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 予算委員会 第11号(1985/02/16、37期)

まず税金の問題について、焦点になっている大型間接税について伺います。昨年来の国会での総理の答弁を伺っておりますと、大型間接税は導入しない、これは中曽根内閣の公約である、これにかかわるいろいろな説明を…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 予算委員会 第17号(1985/02/23、37期)

亀井さんに伺うわけでありますが、私の率直な感想としまして、最初に臨調の第四部会答申が出たのが五十七年五月ですね。それからちょっとおくれて基本答申が出まして、一昨年監理委員会が出発しまして、それからまた…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 商工委員会 第1号(1985/11/13、37期)

最初に、国際通貨の問題について大蔵省に伺います。アメリカのレーガン政権の政策として、急速な軍拡を進め、同時にレーガノミックスなどといってかなり大企業向け減税をやって、そのあげく非常に大きな財政赤字を…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 商工委員会 第2号(1985/11/15、37期)

本法案の内容は電力会社が設備投資を大いにやる、そのため社債発行の枠を広げたいという非常に単純明快な内容でありますけれども、しかし、これは今の電力会社の体質や政府の電力政策の方向や、あるいは今日のいわゆ…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 商工委員会 第6号(1985/11/29、37期)

まず企画庁長官に、今恐らく来年度の経済見通しについて作業をやられていることだと思いますが、その問題で簡単な質問をいたしたいと思います。これは新聞にも伝えられましたし、私も今手元に持っておりますが、最…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 商工委員会 第2号(1986/02/12、37期)

ただいま議題となりました修正案につきまして、日本共産党・革新共同を代表いたしまして、その趣旨を御説明申し上げます。今回の円高は、昨年九月のいわゆるG5合意に基づき政府の政策として行われているものであ…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 商工委員会 第5号(1986/03/05、37期)

本日は参考人の皆さん大変お忙しいところを当委員会へおいでくださいまして、御苦労さまです。前回の円高の折には、金属鉱業事業団法の改正とも絡めまして緊急融資制度をつくるなど、一応の対応を行ってまいりまし…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 商工委員会 第6号(1986/03/25、37期)

これまでの法律で航空機国産化という目的がうたわれて、今度は航空機の国際共同開発を促進するという目的が大きく出てきたわけなので、実際に国際共同開発の実態がこれまでどうで、今後どのような内容になると期待で…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 商工委員会 第9号(1986/04/08、37期)

私は、きょうはクリーン・ジャパン・センターについて伺いますが、この問題は、具体的ないろいろな問題が出ておりますので、大臣もよく聞いておいてください。まず、クリーン・ジャパン・センターの成立のいきさつ…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 商工委員会 第10号(1986/04/09、37期)

この法案について伺いますが、この法案で言う民間事業者というのは、第三セクターもある、それから一〇〇%民間資本もある、ともに含まれると考えてよろしいでしょうか。それから、第三セクターという場合、自治体…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 商工委員会 第11号(1986/04/15、37期)

私は、日本共産党・革新共同を代表し、本法案に対する反対討論を行います。以下反対の理由を述べます。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 商工委員会 第12号(1986/04/16、37期)

私は、野間議員に続きまして、日本電気計器検定所の民間法人化の問題について伺います。各家庭についている電気のメーターが正確かどうかということは、これはもちろんわかりません。消費物質が何か欠陥があった、…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 商工委員会 第14号(1986/04/23、37期)

本法案についていろいろ質問してまいりますが、現物まがい商法ということでは、豊田商事では数万人の被害者、数千億円の被害額、それから三和信託、その後今は日本相互リースと言っているのですか、やはり数千人の被…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 商工委員会 第16号(1986/05/07、37期)

私は、日本共産党・革新共同を代表し、政府提出の本法案及び四派共同提出の同法修正案に対し、原案に反対、修正案に賛成の討論を行います。我が党は、四年前から本委員会においても、豊田商事の名を挙げて政府の厳…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 商工委員会 第17号(1986/05/14、37期)

最初に、現在の円高の中小企業への影響について初めに大臣に伺います。七八年の円高のときと比べておおよそ三つの違いがあると考えられております。七八年も百七十円台という記録がありましたが、月としては百八十…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 予算委員会 第7号(1986/02/10、37期)

私は、まず円高と国民生活について伺います。その一つは、電気料金の問題であります。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22