国会議員白書トップ衆議院議員伊藤茂>37期国会活動まとめ

伊藤茂衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


衆議院本会議(37期)

34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  1回発言   2247文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  1回発言   4220文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  1回発言   2058文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  3回発言   8525文字発言

本会議発言一覧

第101回国会 衆議院 本会議 第36号(1984/07/17、37期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表し、ただいま議題となりました専売関係五法案に対し、反対の討論をいたします。(拍手)今我が国のたばこ・塩産業は、八十年にわたる専売制度の歴史、三十五年の公社制度の歴史から会社に移るという大きな転換に直面をいたしております。国と地方の財政に対する多大の貢献を初め大きな社会………会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 本会議 第18号(1985/04/02、37期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表いたしまして、ただいま提案をされました三案件について、中曽根首相並びに関係大臣に質問いたします。まず、財政の将来への基本認識を総理に伺います。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 本会議 第21号(1986/04/17、37期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表し、ただいま議題となりました国の補助金等の臨時特例等に関する法律案に対し、反対の討論をいたします。反対の理由の第一は、政府が国会で表明し、約束したことをみずから踏みにじっていることであります。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 38回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 38 委員  0) 15回発言 152585文字発言
第102回国会 28回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員 26)  6回発言  76372文字発言
第103回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)  3回発言  58903文字発言
第104回国会 18回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 18)  4回発言  34083文字発言

  37期通算  96回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 40 委員 56) 28回発言 321943文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 大蔵委員会
            95回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 40 委員 55) 28回発言 321943文字発言

 地方行政委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 大蔵委員会理事(第101回国会)
 大蔵委員会理事(第102回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第2号(1984/02/22、37期)

大臣に一般的な所見を伺いたいと思います。その前に一つだけ正確に確かめておきたいのですが、先ほど本会議の質問中に我が党の渋沢議員に対する総理の御答弁の中で、財源確保、減税の財源問題については与野党間の…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第6号(1984/03/21、37期)

まず、酒について質問いたします。その一つは、今回の酒税引き上げの今までの御説明あるいは大臣の提案理由を初め、いろいろと述べられてきたことに対して、どうしてもいまだに理解ができない。そこを明確にしても…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第8号(1984/03/26、37期)

ただいまの御発言は、私の提起した論点に対する回答としては不満でありますが、指摘した問題は当委員会における立法政策にかかわる大事な問題の一つとして、引き続き大いに議論を行い、さらに検討を深めていくことと…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第9号(1984/03/27、37期)

木下参考人に二、三お伺いをさしていただきます。昨日来御多忙の中御参加をいただきまして、まことにありがとうございます。今の同僚議員の御質問にもございましたが、私は当委員会で審議に当たりながら、本当に今…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第10号(1984/03/28、37期)

重要な三法でありますが、終局段階を迎えまして、どうしても採決の前にお伺いしたいことだけ集約をして質問をいたしますので、多言は申し上げませんから、答弁の方も要点を簡略にお願いいたしたいと思います。まず…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第12号(1984/04/06、37期)

ただいま提案されました二法案について、幾つか質問をいたします。まず、特許特別会計の関連でございますが、特許庁に伺う前に、会計法上の見解を伺いたいと思います。前にも当委員会で議論したことがございました…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第13号(1984/04/11、37期)

関連して二点お伺いしたいと思います。その前に、今の沢田さんの質問に関連をして、共済年金への基礎年金導入という問題ですね。まだ具体的な構想、あるいはまた論点の整理まで至っていないのかなというふうな感じ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第18号(1984/04/24、37期)

財確法についての質疑を続けさせていただきたいと思います。今までさまざまの同僚議員からの論議が行われたわけでありますが、私は、この五十九年度の財確法の持つ意味というのは非常に大事な内容であり、大事なと…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第19号(1984/04/25、37期)

きょうは、大蔵委員会に総理の御出席をいただきましたが、御承知のように、五十九年度財確法の審議をいたしているところであります。今までさまざまな議論が当委員会でございましたが、それらの中で、五十九年度、…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第21号(1984/05/08、37期)

ただいま議題となりました附帯決議案につきまして、提出者を代表して、提案の趣旨を御説明申し上げます。御承知のとおり、この法律案につきましては、審議の中でさまざまな議論が展開されました。この附帯決議案は…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第32号(1984/07/11、37期)

本法案の審議もいよいよ大詰めという段階になってまいりました。大臣も総裁も監理官も大変御苦労さまでございます。今までたくさんの方から精力的な質疑または御答弁ございまして、それらを含めまして幾つか確認を…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第33号(1984/07/12、37期)

税調会長、御苦労さまでございます。最初に、大臣にお伺いしたいのですが、先ほどの本会議でいわゆるパート減税が成立をいたしまして、話が決まってから今日まで随分長かったなと思いますが、喜んでおります。つき…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第34号(1984/07/13、37期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表し、ただいま質疑を終了いたしました専売五法案に対し、反対の討論をいたします。今、我が国のたばこ産業は、八十年にわたる専売制度の歴史、三十五年の公社の歴史から会社に移行…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第37号(1984/08/01、37期)

短時間でありますが、若干質問させていただきます。私ども大蔵委員会のみんなの気持ちであると思いますが、社会は公平でなくてはなりませんし、税も公平でなくてはなりません。また、そういう方向を実現するために…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 大蔵委員会 第39号(1984/11/20、37期)

今新しい政務次官の御発言ございましたが、竹下大臣も三期目の大蔵大臣の重責を担われるということで、恐らく三回大蔵大臣を務められる前例は聞かない、今までもないのじゃないかというふうに思いますが、大臣、また…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第7号(1985/02/26、37期)

正月の早々でしたか、新聞を読んでみましたら、竹下さんの似顔絵が載っておりまして、ちらっと見ましたら、うまい言葉が載っておりました。何か大蔵省での年頭訓示だそうでありますが、「「意味も明りょうに、国民の…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第8号(1985/02/27、37期)

参考人の皆様には、当委員会にお越しいただきましてありがとうございます。また先ほど来、熱のこもった御意見を拝聴いたしまして、ありがとうございました。幾つかお伺いをさせていただきたいと思いますが、まず、…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第10号(1985/03/08、37期)

同僚委員の時間をいただきまして若干質問をさせていただきたいと思います。まず最初に、一昨日の当委員会における大臣の御答弁に関係をしてお伺いをしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第16号(1985/04/03、37期)

きょうは四月二日であります。四月に入りまして、たしかこの法案に関係をする部面でも、四月五日ごろから生活保護関連の皆さんなどに支給をしなければならないというふうに聞いているわけでありますが、総理は大変明…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第19号(1985/04/16、37期)

議題となっております法案に関連いたしまして、短時間ですが幾つかお伺いいたします。まず、大臣に二、三お伺いしたいのでありますが、先般四月九日に対外経済対策が発表されました。本会議でも、我が党の川崎さん…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 大蔵委員会 第26号(1985/05/28、37期)

幾つかの点について質問をさせていただきます。本法案に関連をいたしまして、財政の過去、現在、未来、大きなテーマでございますが、順を追って幾つかお伺いをしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 大蔵委員会 第1号(1985/11/08、37期)

竹下大蔵大臣に本当に久方ぶりに質問する機会を得まして、この夏の間もG5とかまたそのほかのさまざまの問題とか、また、竹下さん来年十一月に向けて徐々に意欲を燃やされておるようでございまして、まことに御苦労…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 大蔵委員会 第7号(1985/11/27、37期)

先ほどの野口さんの質問の中にも国共審の運営態度のことがございましたが、審議の終わり近くになってそもそものことを聞くのもなにであるような気もいたしますけれども、大臣に一言伺っておきたいと思います。実は…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 大蔵委員会 第10号(1985/12/06、37期)

今年の長い議論もきょうが終わりのようでございますが、若干質問させていただきます。一年に二回関税関連の法案審議というのも十何年ぶりかだそうでありまして、それだけ今日の事態の緊急性あるいは激しい動きを示…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 大蔵委員会 第7号(1986/03/06、37期)

参考人の皆様にはお忙しい中当委員会にお越しくださいまして、ありがとうございます。税制問題が国民の注目の的になっている今日でございますから、今審議をしている租税特別措置法の一部改正だけではなくて、さま…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 大蔵委員会 第10号(1986/03/25、37期)

大臣がいらっしゃる時間のうちに数点お伺いをいたします。まず一つは、今審議されている法律にも関係をいたしますが、来年度予算の税収あるいは歳出を含めた今後の財政運営の問題であります。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 大蔵委員会 第14号(1986/04/16、37期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表いたしまして、国の補助金等の臨時特例等に関する法律案に対し反対の討論をいたします。反対の第一の理由は、政府が国会で表明してきたことをみずから踏みにじっている点でありま…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 大蔵委員会 第18号(1986/05/07、37期)

大蔵大臣、忙しいサミットの日程を無事消化されまして、御苦労さまでございました。拝見するところお疲れも見えないようでありまして、まことに結構だと思いますが、幾つか質問をさせていただきたいと思います。サ…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22