国会議員白書トップ衆議院議員辻一彦>37期国会活動まとめ

辻一彦衆議院議員 37期国会活動まとめ



在籍期:37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


衆議院本会議(37期)

37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議

本会議発言統計

 第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)  0回発言      0文字発言
 第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)  0回発言      0文字発言
 第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)  0回発言      0文字発言
 第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)  1回発言   3467文字発言
 第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)  0回発言      0文字発言

       37期通算   (1983/12/18-1986/07/05)  1回発言   3467文字発言

本会議発言一覧

第104回国会 衆議院 本会議 第19号(1986/04/11、37期)

私は、日本社会党・護憲共同を代表し、ただいま提案されました老人保健法等の一部を改正する法律案に対し質問をいたします。今、お年寄りの皆さんの有病率は、昭和四十年の一八%から五十九年の四七%へと、急速にふえているのであります。これは、老人保健法の対象には、経済成長期において、老後の健康を著しく損なうほど………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(37期)

37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第101回国会 19回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 19)  8回発言  16910文字発言
第102回国会 15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 15)  6回発言  37038文字発言
第103回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  1回発言   6945文字発言
第104回国会 19回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 19)  5回発言  30774文字発言

  37期通算  63回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 63) 20回発言  91667文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 農林水産委員会
            27回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 27)  8回発言  55036文字発言

 科学技術委員会
            24回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 24) 10回発言  27452文字発言

 災害対策特別委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  1回発言   3638文字発言

 大蔵委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言

 商工委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言   5541文字発言

 内閣委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 文教委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 建設委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第101回国会 衆議院 科学技術委員会 第7号(1984/03/29、37期)

私は、しばらくこの国会論議に参加はしてなかったのですが、久しぶりにいろんなお話を聞きまして、原子力開発も五、六年に随分と進んでいったという感じがします。そこで、科学技術のあり方について長官に一言伺いた…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 科学技術委員会 第12号(1984/04/24、37期)

最初に、アメリカとドイツにおける原子力船開発の現状についてちょっとお伺いします。西ドイツにおきますいわゆる商船としての原子力第一船はオット・ハーン号でございまして、実験を目的とする鉱石運搬船というこ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 科学技術委員会 第13号(1984/05/08、37期)

私は、将来を見ればやはり原子力船は必要であると思うし、また、それには自前の技術を確立しなければいけない、そういう前提で参考人に二、三の御意見を伺いたいと思います。一つは、この「むつ」の、結果論的にこ…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 科学技術委員会 第15号(1984/06/26、37期)

中曽根内閣はさきに発足したときに、がん対策に非常に力を入れる、こういう発言がありましたが、政府としてがん対策にどういう取り組みを重点的にやっているか、一言だけ伺っておきたい。がん対策につきましては、…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 科学技術委員会 第17号(1984/07/03、37期)

私、四十九年の九月、当時現地を訪れたこともありますし、その後一、二回行ったことがあるのですが、両参考人が現地におきまして、県当局また市当局として非常な御苦労をされていることに心から敬意を表したいと思い…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 科学技術委員会 第20号(1984/07/17、37期)

まず最初に、長官にお伺いします。既にこの委員会で随分と「むつ」問題について論議をされてきまして、恐らくきょうあたりがその締めくくりになるのじゃないかと思うのでありますが、長い論議を通して、今存廃が問…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 科学技術委員会 第21号(1984/07/26、37期)

二点お伺いします。今のにも関連があるのですが、原子力発電所は大体早くやったのは二十年ぐらいたって、いま十年もすれば廃炉にしなくちゃならないという時期が来るのですが、廃炉にするときの解体作業等はなかな…会議録へ(外部リンク)

第101回国会 衆議院 科学技術委員会 第22号(1984/08/02、37期)

私、時間が限られておりますが、一つは、北京でついこの間交渉がされておりました日中原子力協定の交渉経過等について若干伺いたいと思います。まず、七月二十六日から二、三日行われた北京の日中原子力協定の交渉…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 科学技術委員会 第7号(1985/04/16、37期)

私、きょうは、全般の原子力発電の状況と、それから最近のスリーマイル島の発表の問題と、今問題になっております軽水炉のプルサーマルの問題、ほか一、二点についてお尋ねしたいと思います。まず第一に、我が国の…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 科学技術委員会 第10号(1985/06/20、37期)

きょう私は、主としてウラン濃縮のアメリカの政策決定、それに伴う我が国の対応、この点について二、三お尋ねしたいと思います。その前に、私は前長官のときにも、たばこを吸うきせる、きせる論ということを言った…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 災害対策特別委員会 第3号(1985/03/07、37期)

私は、社会党並びに護憲共同を代表して、雪の問題について二十分間御質問いたします。まず第一に、長官にお尋ねしたいのですが、雪というものに対してどういうお考えを持っていらっしゃるかということでありますが…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 商工委員会 第18号(1985/05/24、37期)

きょう私は、石炭液化の問題、将来を展望して日中台作による石炭液化の可能性、それからもう一つ、北陸産地における繊維の不況がなお深刻であるのでその対策、二点についてお尋ねをいたしたいと思います。まず第一…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 農林水産委員会 第10号(1985/04/02、37期)

私、きょうは国営農用地開発事業の問題点について二、三質問をいたしたいと思います。国営農用地開発事業は四十二地区あって、そのうちに七つの特別会計地区があります。私は縁がありますので、昨年の夏、初めて特…会議録へ(外部リンク)

第102回国会 衆議院 農林水産委員会 第22号(1985/06/05、37期)

きょうは森林・林業対策、水産問題、それから米の問題に若干触れたいと思います。まず大臣にお伺いしたいのは、四月九日の対外経済対策で、森林と林業並びに木材産業の活力を回復するために三点挙げておりますが、…会議録へ(外部リンク)

第103回国会 衆議院 農林水産委員会 第5号(1985/11/27、37期)

きょうは私、法案審議でありますから、農林年金の問題を三、四点ただして、そして農林年金のバックグラウンドである農協、農業の展望について二、三点をぜひお伺いいたしたい、こう思います。着席〕会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 農林水産委員会 第1号(1986/02/19、37期)

きょうは羽田農相に、所信表明に対して若干お伺いをしたいと思います。私も、昨年九月に、日米議員交流というので羽田農相と一緒にアメリカで十日間いろんな論議をいたしました。そういう中で、非常に農政の専門家…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 農林水産委員会 第5号(1986/03/18、37期)

参考人の皆さん、どうも御苦労さんです。私、国営の農用地開発の問題、そしてまた特許をやった地区にいろいろな問題が出ておりますので、それらについて二、三お尋ねをいたしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 農林水産委員会 第7号(1986/03/25、37期)

私はきょう、法案審議に絡んでかねてから懸案になっておりました国営農用地開発事業等の償還条件の緩和等の問題、さらに農家負担の軽減問題について二、三質問いたしたいと思います。その前に大臣にちょっとお伺い…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 農林水産委員会 第12号(1986/04/16、37期)

私は、きょうは本法案、生物系特定産業技術研究推進機構法案について二、三質問したいのですが、この法案の内容を見ると一つの面ではちょっと心配があります。それはやはり遺伝子を組みかえたり非常にハイレベルのも…会議録へ(外部リンク)

第104回国会 衆議院 農林水産委員会 第14号(1986/04/23、37期)

私も、午前中に引き続いて、中金法と農協の貯金保険制度等に絡んで、二、三の点を質問したいと思います。まず第一にお伺いしたいのは、今度農林中金法が改正になりますが、これは三十六年と四十八年とに次ぐかなり…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(37期)

37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書

質問主意書提出数

 37期(1983/12/18〜)  5本提出

質問主意書一覧

昭和五十八年十二月中旬から五十九年二月にかけての異常豪雪対策に関する質問主意書
第101回国会 衆議院 質問主意書 第4号(1984/02/24提出、37期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

一県一空港の原則に基づく福井空港定期便再開に関する質問主意書
第101回国会 衆議院 質問主意書 第7号(1984/03/12提出、37期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

農畜産物輸入自由化・枠拡大等に関する質問主意書
第101回国会 衆議院 質問主意書 第8号(1984/03/23提出、37期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

児童扶養手当削減に関する質問主意書
第101回国会 衆議院 質問主意書 第16号(1984/04/28提出、37期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

円高及び原油価格低落にともなう電力料金の値下げに関する質問主意書
第104回国会 衆議院 質問主意書 第7号(1986/03/05提出、37期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-)
37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院統計 37期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22