和田貞夫衆議院議員 39期国会活動まとめ



在籍期:33期(1972/12/10-) - 37期(1983/12/18-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-)
39期在籍の他の議員はこちら→39期衆議院統計 39期衆議院議員


衆議院本会議(39期)

33期本会議 - 37期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議

本会議発言統計

 第118回国会(特別:1990/02/27-1990/06/26)  0回発言      0文字発言
 第119回国会(臨時:1990/10/12-1990/11/10)  0回発言      0文字発言
 第120回国会(通常:1990/12/10-1991/05/08)  0回発言      0文字発言
 第121回国会(臨時:1991/08/05-1991/10/04)  0回発言      0文字発言
 第122回国会(臨時:1991/11/05-1991/12/21)  0回発言      0文字発言
 第123回国会(通常:1992/01/24-1992/06/21)  1回発言   3409文字発言
 第124回国会(臨時:1992/08/07-1992/08/11)  0回発言      0文字発言
 第125回国会(臨時:1992/10/30-1992/12/10)  1回発言   1268文字発言
 第126回国会(通常:1993/01/22-1993/06/18)  0回発言      0文字発言

       39期通算   (1990/02/18-1993/07/17)  2回発言   4677文字発言

本会議発言一覧

第123回国会 衆議院 本会議 第28号(1992/05/28、39期)

我が国は、敗戦後、焦土の中から経済社会の再建を進め、今日、世界有数の経済大国となるに至りましたが、この戦後経済の発展を支えたものは、一つは、通産省に代表される産業政策の展開でありますが、他方、私が強調しておきたいのは、紆余曲折があったにせよ、財閥解体を出発点とする経済民主化と独占禁止政策なくしては、………会議録へ(外部リンク)

第125回国会 衆議院 本会議 第5号(1992/12/01、39期)

ただいま議題となりました両法律案につきまして、商工委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。まず、内閣提出、私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法律案について申し上げます。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(39期)

33期委員会 - 37期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第118回国会 18回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 11 委員  7)  6回発言  33075文字発言
第119回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  1)  0回発言      0文字発言
第120回国会 24回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 20 委員  4)  5回発言  26376文字発言
第121回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員 10)  0回発言      0文字発言
第122回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員  3)  3回発言    948文字発言
第123回国会 21回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 18 委員  3)  9回発言  58294文字発言
第124回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  0)  1回発言    145文字発言
第125回国会  4回出席(長  0 代理理事 2 代理 0 理事  2 委員  0)  1回発言   2802文字発言
第126回国会 24回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員 19) 13回発言 104084文字発言

  39期通算 121回出席(長  0 代理理事 2 代理 0 理事 72 委員 47) 38回発言 225724文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 商工委員会
            67回出席(長  0 代理理事 2 代理 0 理事 50 委員 15) 25回発言 152713文字発言

 土地問題等に関する特別委員会
            32回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 22 委員 10)  4回発言  11779文字発言

 国会等の移転に関する特別委員会
             7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  2回発言    472文字発言

 政治改革に関する特別委員会
             6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  0回発言      0文字発言

 建設委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  2回発言  17689文字発言

 法務委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  2回発言  16942文字発言

 労働委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  2回発言  19994文字発言

 大蔵委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言   6135文字発言

 予算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 商工委員会理事(第118回国会)
 商工委員会理事(第119回国会)
 商工委員会理事(第120回国会)
 土地問題等に関する特別委員会理事(第120回国会)
 商工委員会理事(第121回国会)
 土地問題等に関する特別委員会理事(第121回国会)
 商工委員会理事(第122回国会)
 土地問題等に関する特別委員会理事(第122回国会)
 商工委員会理事(第123回国会)
 土地問題等に関する特別委員会理事(第123回国会)
 商工委員会理事(第124回国会)
 土地問題等に関する特別委員会理事(第124回国会)
 商工委員会理事(第125回国会)
 土地問題等に関する特別委員会理事(第125回国会)
 商工委員会理事(第126回国会)
 土地問題等に関する特別委員会理事(第126回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第118回国会 衆議院 商工委員会 第4号(1990/04/25、39期)

与えられた持ち時間の範囲内で御質問させていただきたいと思います。このペーパーレス計画というのは、昭和五十九年に始まりまして、まさに国際化の中での特許行政、そして日に日に増してくる出願の量、これが滞貨…会議録へ(外部リンク)

第118回国会 衆議院 商工委員会 第7号(1990/06/12、39期)

今回の商品取引所法の一部を改正する法律案の中で、特にその目的が委託者保護の充実を図るということになっておるわけでございますので、その一番メーンというのは九十四条の二「受託契約の締結前の書面の交付」とい…会議録へ(外部リンク)

第118回国会 衆議院 商工委員会 第9号(1990/06/20、39期)

二時間ほどの質問の量を三十分ほどでやらなくてはなりませんので、極めて答弁を簡潔にしていただきまして、ひとつ質問に御協力をいただきたい、このように思うところでございます。ここ、建設投資の急増のためにセ…会議録へ(外部リンク)

第118回国会 衆議院 土地問題等に関する特別委員会 第4号(1990/05/29、39期)

石原先生と内田先生に御質問したいのですが、先ほどもお話がございましたように、確かに公共福祉優先という原則に立って土地の利用計画をおぜん立てするということが一番いいんじゃないかと思うのですが、この手段方…会議録へ(外部リンク)

第118回国会 衆議院 土地問題等に関する特別委員会 第7号(1990/06/22、39期)

国土庁の資料を見てみますと、地価の高騰に伴って、一つは、大都市の勤労者の住宅取得の困難化ということ、一つは、用地取得が困難なために社会資本整備への支障を来すことになっておる、この二つが言われておるわけ…会議録へ(外部リンク)

第118回国会 衆議院 法務委員会 第9号(1990/06/08、39期)

できるだけ重複を避けるようにして、中小企業業者の立場に立って質問をさせていただきたいと思います。先ほどから言われておりますように、本改正案は、一つは債権者の保護、一つは国際化に見合う、皆様方の言葉で…会議録へ(外部リンク)

第120回国会 衆議院 商工委員会 第7号(1991/03/06、39期)

本法案は、この法案だけをとってみると、これは通産行政としてかつてない極めて前向きの法案であるというように評価するわけですが、いわゆるごみ三法と言われたこの法律案を通産省でつくるに至った過程で、どうも率…会議録へ(外部リンク)

第120回国会 衆議院 商工委員会 第11号(1991/04/10、39期)

鈴木委員の質問とできるだけ重複しないように質問をさせていただきたいと思います。この法案が大蔵、通産、農水三省の共管になっておるわけでございますが、まずなぜそうなったのか、ひとつお尋ねしたいと思います…会議録へ(外部リンク)

第120回国会 衆議院 商工委員会 第13号(1991/04/17、39期)

日本社会党の和田貞夫でございます。参考人の皆様、きょうは御苦労さまでございます。皆さん方はそれぞれの立場に立っておられますが、共通して言えることは、まずは消費者であるわけです。田島先生が言われました…会議録へ(外部リンク)

第120回国会 衆議院 商工委員会 第14号(1991/04/22、39期)

時間が余りありませんので、我が党が大店法に対する対案を出してまいりましたし、新しく提案されております集積法につきましても、さらに大店法との関連で修正案を用意して、各質問者の中からその修正要望を質問にか…会議録へ(外部リンク)

第120回国会 衆議院 商工委員会 第15号(1991/04/24、39期)

このサービスマークの登録制度の導入につきましてはむしろ遅きに失しておりまして、過去の国会におきましてもこの導入について検討しろという附帯決議もあったわけでございます。そこで、新しくサービスマークの登録…会議録へ(外部リンク)

第122回国会 衆議院 国会等の移転に関する特別委員会 第3号(1991/12/03、39期)

私もそれに関連しますが、縦割り行政を解消するためには行政を分権化していくしか方法がないと私は思うのですが、それには、まずそこへ行く前にいわゆる国家公務員の人事、これは横断化できると思うんですよ。それを…会議録へ(外部リンク)

第122回国会 衆議院 国会等の移転に関する特別委員会 第4号(1991/12/18、39期)

府県連合、市町村連合は、大体どの程度の規模をお考えなんですか。それから市町村連合の場合は、これは具体的にまだ私どもは持っておりませんけれども、一時期お話のありました、全国の市町村がたしか三千四百二十…会議録へ(外部リンク)

第122回国会 衆議院 商工委員会 第3号(1991/11/22、39期)

ただいま議題となりました附帯決議案につきまして、提出者を代表して、その趣旨を御説明申し上げます。まず、案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第123回国会 衆議院 建設委員会 第3号(1992/03/26、39期)

二年前に総理府が「人と水とのかかわりに関する世論調査」というものを行っておりますが、その結果を見てまいりますと、水に対する意識感覚というのは随分変わってきておるわけでありまして、「水供給に対する意識」…会議録へ(外部リンク)

第123回国会 衆議院 建設委員会 第11号(1992/05/19、39期)

建築基準法の二条二号、ここでは学校等特殊建築物、こういう名称があるわけですが、これは、自治体が条例で敷地や構造やその設備をより規制をしたり緩和をしたりするようなことを法律で保障しておるわけであります。会議録へ(外部リンク)

第123回国会 衆議院 商工委員会 第2号(1992/03/06、39期)

ただいま議題となりました附帯決議につきまして、提出者を代表して、その趣旨を御説明申し上げます。まず、案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

第123回国会 衆議院 商工委員会 第3号(1992/03/10、39期)

特定中小企業集積の活性化に関する臨時措置法案についてまず質問いたしたいと思います。この法案は政府の定める基本指針に基づきまして都道府県が行おうとする計画に基づいて中小企業者の特定分野への進出について…会議録へ(外部リンク)

第123回国会 衆議院 商工委員会 第6号(1992/04/14、39期)

それぞれ時間が不足するわけでございますので、私も簡単に質問の内容を申し上げますので、答弁者の方もできるだけ簡単明瞭に答弁をいただきまして、内容の充実に御協力をいただきたいことを、まずもってひとつお願い…会議録へ(外部リンク)

第123回国会 衆議院 商工委員会 第7号(1992/04/15、39期)

御三人の参考人の皆さん、御苦労さんでございます。私は日本社会党の和田貞夫でございますが、党を代表いたしまして、御三人の参考人の皆さん方にこの際御質問を申し上げたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第123回国会 衆議院 商工委員会 第8号(1992/04/22、39期)

この法律が提案されて、質問の一端を担うことになりましたので、法案を読ませていただけばいただくほどわからぬ。読めば読むほどわからぬ。この法律を出してきて、この目的のように、流通業務の効率化、物資の流通の…会議録へ(外部リンク)

第123回国会 衆議院 商工委員会 第10号(1992/05/13、39期)

限られた時間でございますので、質問の方もひとつ簡単にさせていただきますので、答弁の方もできるだけひとつ短く、わかりやすくお願いしたいことを前もってお願いしておきたいと思います。今回のこの計量法の改正…会議録へ(外部リンク)

第123回国会 衆議院 商工委員会 第13号(1992/06/02、39期)

参考人の両先生、お忙しい中出席いただきまして、ありがとうございました。また、刑事罰研究会で私たちの望んでおった結論を出していただいて貴重な提言をいただいたことについて敬意を表したいと思うわけでございま…会議録へ(外部リンク)

第124回国会 衆議院 土地問題等に関する特別委員会 第1号(1992/08/07、39期)

これより会議を開きます。衆議院規則第百一条第四項の規定によりまして、委員長が選任されるまで、私が委員長の職務を行います。会議録へ(外部リンク)

第125回国会 衆議院 商工委員会 第1号(1992/11/27、39期)

与えられた時間、質問させていただきます。官房長官並びに小粥委員長にお尋ねしたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 商工委員会 第2号(1993/02/17、39期)

午前中に、我が党の武藤委員の方から、経済見通しの点について極めて徴に入り細にわたりまして政府の見解をお聞きをさしていただいたわけでございまして、それ以上議論をいたしましてもそれ以上の進みぐあいというも…会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 商工委員会 第5号(1993/02/26、39期)

先ほど私どもの方の鈴木委員から、最近の急激な円高について、非常に懸念する余りに質問してもらったわけでございますが、ちょうど経済企画庁長官がおられませんでして、通産大臣にかわって次官の方から、円高に対す…会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 商工委員会 第7号(1993/04/02、39期)

法のもとの平等ということは、これは常に我々政治家としても心にしなければなりませんし、当然のことながら行政執行の、我が国の責任を持つ政府としても当然のことであろうと思うわけでございますが、宮沢内閣が生活…会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 商工委員会 第9号(1993/04/07、39期)

まず、国際化のもとにおける特許制度のあり方ということでお尋ねしたいと思います。これはもう既に、紙出願から電子出願に切りかえて約十年間、今日までペーパーレス計画を構築してまいったわけでございますけれど…会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 商工委員会 第15号(1993/04/21、39期)

まず、森通産大臣に緊急な円高の問題について質問いたしたいと思うのですが、宮沢総理が十三兆円の土産を持って渡米されて日米首脳会談が行われたわけでございますが、その結果、クリントン大統領の発言、これがきっ…会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 商工委員会 第16号(1993/05/12、39期)

不正な商行為あるいは不正な商品の横行というようなものは、よくよく考えてまいりますと、どうしても消費者の皆さん、買う側の方が意識が低いというか、消費者以上の悪意を持った働きをする、そういうような中で生じ…会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 商工委員会 第17号(1993/05/19、39期)

きょうは経済企画庁の方に、ここ二、三カ月の間に朝日新聞、読売新聞、東京新聞、週刊朝日等々に記事としてにぎわしております変額保険、この変額保険のトラブルについて、国民生活センターを初め、各地方の消費生活…会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 商工委員会 第18号(1993/06/08、39期)

継続的役務の問題について、もう国会の会期の方も実質的に審議をする日数というのはあと七日、八日ということになってまいりました。この国会の委員会における冒頭に継続的役務の問題について質問いたしまして、船田…会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 大蔵委員会 第13号(1993/06/02、39期)

私は変額保険について、限られた時間でございますが、お尋ねいたしたいと思います。大臣、ひとつ十分お聞きいただいて、これは政治的にどうしても解決をしてもらいたい、こういう思いで質問をさせてもらいたいと思う…会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 土地問題等に関する特別委員会 第4号(1993/04/20、39期)

参考人の先生方、御苦労さんでございます。限られた時間でございますので、一、二の点をお伺いしたいと思うわけでございます。まず稲本先生にお尋ねしたいと思いますが、先生、一点の点で三つの土地の所有者の意識…会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 法務委員会 第7号(1993/04/20、39期)

まず、今回の商法改正の直接的な経緯といいますか、動機といいますか、それをお尋ねしたいわけでございますが、前に商法の改正がなされてから、その後いろいろと耳にしたことがございます。自社株を保有させるように…会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 労働委員会 第9号(1993/04/23、39期)

今次の労働基準法の改正に当たりまして、私は、特に中小企業に働く労働者の立場に立って、これからこの法律に基づきまして労働省の方では大変お世話をいただかなくてはならないわけでございますので、要望なり、お願…会議録へ(外部リンク)

第126回国会 衆議院 労働委員会 第15号(1993/06/04、39期)

今日的にパートと言われる、あるいは名目的にパートといっておる労働者を含めまして、全国で九百万人とも一千万人とも言われておるわけであります。そして、このバートの労働者というのは、働く時間が短時間であると…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(39期)

33期質問主意書 - 37期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書

質問主意書提出数

 39期(1990/02/18〜)  2本提出

質問主意書一覧

被疑者との接見交通から見た狭山事件の問題点に関する質問主意書
第125回国会 衆議院 質問主意書 第15号(1992/12/07提出、39期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

誤判防止に関する質問主意書
第126回国会 衆議院 質問主意書 第1号(1993/02/09提出、39期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:33期(1972/12/10-) - 37期(1983/12/18-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-)
39期在籍の他の議員はこちら→39期衆議院統計 39期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22