石田幸四郎衆議院議員 40期国会活動まとめ



在籍期:31期(1967/01/29-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-)
40期在籍の他の議員はこちら→40期衆議院統計 40期衆議院議員


衆議院本会議(40期)

31期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議

本会議発言統計

 第127回国会(特別:1993/08/05-1993/08/28)  1回発言    528文字発言
 第128回国会(臨時:1993/09/17-1994/01/29)  1回発言    460文字発言
 第129回国会(通常:1994/01/31-1994/06/29)  1回発言   1571文字発言
 第130回国会(臨時:1994/07/18-1994/07/22)  1回発言   7461文字発言
 第131回国会(臨時:1994/09/30-1994/12/09)  0回発言      0文字発言
 第132回国会(通常:1995/01/20-1995/06/18)  1回発言   4277文字発言
 第133回国会(臨時:1995/08/04-1995/08/08)  0回発言      0文字発言
 第134回国会(臨時:1995/09/29-1995/12/15)  0回発言      0文字発言
 第135回国会(臨時:1996/01/11-1996/01/13)  0回発言      0文字発言
 第136回国会(通常:1996/01/22-1996/06/19)  0回発言      0文字発言
 第137回国会(臨時:1996/09/27-1996/09/27)  0回発言      0文字発言

       40期通算   (1993/07/18-1996/10/19)  5回発言  14297文字発言

本会議発言一覧

第127回国会 衆議院 本会議 第6号(1993/08/26、40期)

町村議員の御質問にお答えをいたしたいと存じます。お尋ねの点は、政府の方針である規制緩和及び地方分権を進めることによりまして公務員の仕事は減るのであるから、必然的に公務員、特に国家公務員の大幅削減を伴うものでなければならない、しかし、これに対して官公労を中心に強い反対も予想されるが、どう考えているかと………会議録へ(外部リンク)

第128回国会 衆議院 本会議 第4号(1993/10/13、40期)

鹿野議員にお答えをいたしますが、参議院の選挙制度についてどう考えるかということで、全く同じ御質問なわけでございます。先ほど来、総理あるいは山花、羽田各大臣から御答弁がございました。この参議院の選挙制度をどう考えるかということについては、今、衆議院との違い、明確な御答弁があったわけでございますから、重………会議録へ(外部リンク)

第129回国会 衆議院 本会議 第22号(1994/06/02、40期)

行政改革委員会設置法案について、その趣旨を御説明いたします。我が国の経済社会の構造を新たな時代にふさわしいものに改革していくに当たり、行政改革は避けて通れない喫緊の課題であります。会議録へ(外部リンク)

第130回国会 衆議院 本会議 第2号(1994/07/20、40期)

私は、公明党を代表して、村山総理の所信表明演説に関して、その政治姿勢及び当面する内外の重要課題について質問をいたします。新内閣に対する政治課題を伺う前に、水不足、円高という国民生活に直結した緊急かつ深刻な問題の対応について、村山内閣の明確な回答を求めるものであります。会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 本会議 第27号(1995/05/16、40期)

私は、平成七年度補正予算審議に当たり、新進党を代表して、内外に山積する国政の重要問題に関し、若干の質問を行います。まず、サリン関連について総理の所信を伺います。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(40期)

31期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第132回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  1回発言  15607文字発言
第133回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
第134回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言
第135回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
第136回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  9)  1回発言  13422文字発言

  40期通算  18回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 18)  2回発言  29029文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 内閣委員会
            17回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 17)  1回発言  13422文字発言

 予算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言  15607文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第132回国会 衆議院 予算委員会 第17号(1995/02/23、40期)

第百三十二国会が開会をされましてから、既に一カ月余経過をいたしておるわけであります。この間、震災に対するさまざまな問題、いわゆる災害対策の問題あるいはまた復興対策の問題、また防災対策の問題等幅広い議論…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 内閣委員会 第6号(1996/04/19、40期)

この内閣委員会で質問をさせていただくのは初めてかと思うのでございますが、本日は、行政改革の問題について全般にわたりまして質疑をいたしたい、このように存ずる次第でございます。当初、中西総務庁長官が閣議…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(40期)

31期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:31期(1967/01/29-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-)
40期在籍の他の議員はこちら→40期衆議院統計 40期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22