石田幸四郎衆議院議員 41期国会活動まとめ



在籍期:31期(1967/01/29-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-)
41期在籍の他の議員はこちら→41期衆議院統計 41期衆議院議員


衆議院本会議(41期)

31期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議

本会議発言統計

 第138回国会(特別:1996/11/07-1996/11/12)  0回発言      0文字発言
 第139回国会(臨時:1996/11/29-1996/12/18)  1回発言   8432文字発言
 第140回国会(通常:1997/01/20-1997/06/18)  0回発言      0文字発言
 第141回国会(臨時:1997/09/29-1997/12/12)  1回発言   3919文字発言
 第142回国会(通常:1998/01/12-1998/06/18)  0回発言      0文字発言
 第143回国会(臨時:1998/07/30-1998/10/16)  0回発言      0文字発言
 第144回国会(臨時:1998/11/27-1998/12/14)  0回発言      0文字発言
 第145回国会(通常:1999/01/19-1999/08/13)  0回発言      0文字発言
 第146回国会(臨時:1999/10/29-1999/12/15)  0回発言      0文字発言
 第147回国会(通常:2000/01/20-2000/06/02)  0回発言      0文字発言

       41期通算   (1996/10/20-2000/06/24)  2回発言  12351文字発言

本会議発言一覧

第139回国会 衆議院 本会議 第3号(1996/12/03、41期)

私は、新進党を代表して、橋本総理大臣の所信表明演説に対し、経済問題、行財政改革の問題等を中心として質問をいたします。さて、今回の岡光前事務次官を頂点とする厚生官僚とその所管する社会福祉法人との贈収賄事件ほど、行政に対する国民の信頼を失墜させている事件はありません。国の補助金の配分権限を利用し、国民の………会議録へ(外部リンク)

第141回国会 衆議院 本会議 第20号(1997/12/11、41期)

私は、新進党を代表して、ただいま議題となりました橋本内閣不信任決議案に、賛成の立場から討論を行います。(拍手)国家の危急存亡のとき、国政の最高責任者に求められるものは、未来への先見性と的確な判断、高い倫理観、そして最後まで貫く実行力であります。これまでの国政を見る限り、橋本総理の行政知識の豊富さには………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(41期)

31期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第138回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
第139回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  0回発言      0文字発言
第140回国会 20回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 20)  2回発言  26822文字発言
第141回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  0回発言      0文字発言
第142回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  1回発言  11457文字発言
第143回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  3)  0回発言      0文字発言
第144回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
第145回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)  2回発言  13394文字発言
第146回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  0回発言      0文字発言
第147回国会 13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  8)  2回発言   8061文字発言

  41期通算  75回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員 69)  7回発言  59734文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 内閣委員会
            30回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 30)  0回発言      0文字発言

 行政改革に関する特別委員会
            23回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 23)  3回発言  31970文字発言

 運輸委員会
            12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)  1回発言   2281文字発言

 国会等の移転に関する特別委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  0)  1回発言   5780文字発言

 予算委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  2回発言  19703文字発言

 懲罰委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言

 大蔵委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 懲罰委員会理事(第143回国会)
 国会等の移転に関する特別委員会理事(第147回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第140回国会 衆議院 行政改革に関する特別委員会 第11号(1997/05/28、41期)

総理以下関係大臣、大変御苦労さまでございます。この金融監督庁をめぐる質疑が行われている最中に、いわゆる証券会社と総会屋との癒着の問題が大きく報道されておるわけでございます。また、第一勧銀との関連も大…会議録へ(外部リンク)

第140回国会 衆議院 予算委員会 第7号(1997/02/05、41期)

新進党の石田でございます。総理初め各閣僚、大変御苦労さまでございます。私は、新進党におきまして行政改革を担当しておりますので、専らその問題についての質疑をいたしたいと存じます。ただ、その前に、やはり…会議録へ(外部リンク)

第142回国会 衆議院 行政改革に関する特別委員会 第3号(1998/04/20、41期)

石田でございます。平和・改革を代表して、質問をさせていただきます。まず最初に、この中央省庁等の改革基本法の中で、先ほども問題になっておりましたけれどもそのスタートの時期の問題でございます。会議録へ(外部リンク)

第145回国会 衆議院 行政改革に関する特別委員会 第4号(1999/05/25、41期)

私は、公明党・改革クラブを代表いたしまして、質疑をいたしたいと存じます。私は、できるだけ個別の点を含めた個別問題を中心にして、私に与えられた時間は四十五分しかありませんので、各大臣、ひとつ簡潔に御答…会議録へ(外部リンク)

第145回国会 衆議院 予算委員会 第14号(1999/02/16、41期)

公明党の石田でございます。行革問題についてこれから質疑を行いたいと存じます。会議録へ(外部リンク)

第147回国会 衆議院 運輸委員会 第13号(2000/04/28、41期)

石田でございます。私は、現職議員として最後の質問になるかと思いますが、よろしくお願いを申し上げます。私は、きょうはリニアモーターカー関係について質疑をいたしたい、こんなふうに思っておるわけでございま…会議録へ(外部リンク)

第147回国会 衆議院 国会等の移転に関する特別委員会 第3号(2000/03/23、41期)

私は、今まで、国会等の移転に関する問題につきましては外野でいろいろ意見を聞いたりした程度でございまして、初めてこの特別委員会の委員にさせていただきました。そういったところから、余り研究が、あるいは認識…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(41期)

31期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:31期(1967/01/29-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-)
41期在籍の他の議員はこちら→41期衆議院統計 41期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22