国会議員白書トップ衆議院議員小杉隆>40期国会活動まとめ

小杉隆衆議院議員 40期国会活動まとめ



在籍期:36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-)
40期在籍の他の議員はこちら→40期衆議院統計 40期衆議院議員


衆議院本会議(40期)

36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 43期本会議 - 44期本会議

本会議発言統計

 第127回国会(特別:1993/08/05-1993/08/28)  0回発言      0文字発言
 第128回国会(臨時:1993/09/17-1994/01/29)  0回発言      0文字発言
 第129回国会(通常:1994/01/31-1994/06/29)  0回発言      0文字発言
 第130回国会(臨時:1994/07/18-1994/07/22)  0回発言      0文字発言
 第131回国会(臨時:1994/09/30-1994/12/09)  0回発言      0文字発言
 第132回国会(通常:1995/01/20-1995/06/18)  0回発言      0文字発言
 第133回国会(臨時:1995/08/04-1995/08/08)  0回発言      0文字発言
 第134回国会(臨時:1995/09/29-1995/12/15)  0回発言      0文字発言
 第135回国会(臨時:1996/01/11-1996/01/13)  0回発言      0文字発言
 第136回国会(通常:1996/01/22-1996/06/19)  0回発言      0文字発言
 第137回国会(臨時:1996/09/27-1996/09/27)  0回発言      0文字発言

       40期通算   (1993/07/18-1996/10/19)  0回発言      0文字発言

本会議発言一覧

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院委員会(40期)

36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 43期委員会 - 44期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第127回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)  0回発言      0文字発言
第128回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員  0)  1回発言   9364文字発言
第129回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員  2)  2回発言  10922文字発言
第130回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  1)  0回発言      0文字発言
第131回国会 14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員 11)  2回発言  10342文字発言
第132回国会 26回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 20 委員  6)  4回発言  18798文字発言
第133回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  2)  0回発言      0文字発言
第134回国会 14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員  8)  0回発言      0文字発言
第135回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  2)  0回発言      0文字発言
第136回国会 38回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 21 委員 17)  5回発言  24740文字発言

  40期通算 115回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 66 委員 49) 14回発言  74166文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 外務委員会
            58回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 58 委員  0) 10回発言  53967文字発言

 規制緩和に関する特別委員会
            26回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 26)  2回発言   8928文字発言

 予算委員会
            12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)  1回発言   6390文字発言

 世界貿易機関設立協定等に関する特別委員会
            10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  1回発言   4881文字発言

 環境委員会
             8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  8 委員  0)  0回発言      0文字発言

 金融問題等に関する特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 外務委員会理事(第127回国会)
 外務委員会理事(第128回国会)
 外務委員会理事(第129回国会)
 外務委員会理事(第130回国会)
 外務委員会理事(第131回国会)
 外務委員会理事(第132回国会)
 外務委員会理事(第133回国会)
 外務委員会理事(第134回国会)
 外務委員会理事(第135回国会)
 外務委員会理事(第136回国会)
 環境委員会理事(第136回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第128回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1993/10/20、40期)

まず外務省に伺いますが、きょう第二回目の投棄を行うというふうに伝えられておりますけれども、今現在このロシアの海軍の船はどういう状況にあるのか、もし情報がわかったらお知らせいただきたいと思います。まず…会議録へ(外部リンク)

第129回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1994/06/03、40期)

既に同僚議員の方から、北朝鮮の核問題また日米交渉あるいはODAの問題が取り上げられましたが、私は主としてODAを中心に、大臣並びに外務省の見解を伺いたいと思います。今お話があったように、一昨年、平成…会議録へ(外部リンク)

第129回国会 衆議院 外務委員会 第6号(1994/06/22、40期)

まず、北朝鮮問題について質問をしたいと思います。ちょうど一九九〇年に金丸、田辺訪朝団が行きまして、それに基づいて日朝会談が始まったのですが、その後の日朝会談はどういう状況になっているか、まず御説明い…会議録へ(外部リンク)

第131回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1994/11/28、40期)

私は、去る九月に、二人の国会議員と三人の学者から成る、経済制裁で苦しむ新ユーゴスラビア並びにボスニア・ヘルツェゴビナの難民の実態調査に行ってまいりました。武力や戦争で人が死ぬとマスメディアも世論も騒…会議録へ(外部リンク)

第131回国会 衆議院 世界貿易機関設立協定等に関する特別委員会 第6号(1994/11/24、40期)

小杉でございます。きょうは、時間が制約されておりますので、私は、主として貿易と環境、知的所有権、さらには経済制裁、その三点に絞って質問をしたいと思います。このWTOの協議につきましては、七年有半に及…会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 外務委員会 第4号(1995/02/17、40期)

今回の旅券法改正というのは、国民にとっては非常に大きな改革であったと私は思います。そこでまず総括的に大臣から、今回の旅券法改正が行政改革の観点からどういう意義があるのか、あるいはまた、国際化という流…会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 外務委員会 第9号(1995/03/16、40期)

まず、家族的責任を有する男女労働者の機会及び待遇の均等に関する条約、いわゆるILO百五十六号条約について質問をいたします。この条約は既に一九八三年に効力を発生しておりますけれども、国会に提出するまで…会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 外務委員会 第16号(1995/05/10、40期)

河野外務大臣は、去る連休中にクロアチアとハンガリーを訪問されたわけであります。紛争勃発以来、この旧ユーゴスラビアの地域に日本の外務大臣として訪問したのは河野さんが初めてだということで、このタイミングと…会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 規制緩和に関する特別委員会 第10号(1995/06/07、40期)

今回、規制緩和の計画によって千九十一件の規制緩和が行われたわけですが、そのうち既にメニューに載っているものが三百六十七件、新規に手をつけるものは七百二十四件、そして各省の抵抗あるいはその他の理由で着手…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1996/02/21、40期)

昨日、政府は二百海里の排他的水域を設定するというようなことを盛り込んだ国連海洋法条約及び海洋法整備について、これを閣議了解をしました。これを受けて韓国も直ちに排他的経済水域を設定する方針を打ち出しまし…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 外務委員会 第5号(1996/04/05、40期)

それでは、外務公務員法の一部改正案について、まず一点だけお伺いしておきたいと思います。この法律は、サンフランシスコ講和条約で日本が独立を回復した直後の昭和二十七年、一九五二年に、当時の朝鮮戦争などの…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1996/05/14、40期)

総理、お忙しいところを御苦労さまでございます。まず、総理に海洋法条約の意義についてお尋ねをしたいと思います。四海を海に囲まれた島国である我が国は、今先進国の中でも大変平和で繁栄した国家として発展して…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 規制緩和に関する特別委員会 第10号(1996/06/12、40期)

きょうは、二人の参考人の皆さんには御苦労さまでございます。まず、原田参考人に対して質問をいたします。会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 予算委員会 第15号(1996/02/19、40期)

住専問題に集中した予算委員会ですけれども、私は、人類として、あるいは日本の国民として決しておろそかにできない地球環境問題に絞って質問をしたいと思います。まず、特に気候変動、地球温暖化の問題について伺…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(40期)

36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 43期質問主意書 - 44期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-)
40期在籍の他の議員はこちら→40期衆議院統計 40期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22