枝野幸男衆議院議員 40期国会活動まとめ



在籍期:40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 45期(2009/08/30-) - 46期(2012/12/16-) - 47期(2014/12/14-) - 48期(2017/10/22-)
40期在籍の他の議員はこちら→40期衆議院統計 40期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(40期)

40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議 - 43期本会議 - 44期本会議 - 45期本会議 - 46期本会議 - 47期本会議 - 48期本会議

本会議発言統計

 第127回国会(特別:1993/08/05-1993/08/28)  0回発言      0文字発言
 第128回国会(臨時:1993/09/17-1994/01/29)  0回発言      0文字発言
 第129回国会(通常:1994/01/31-1994/06/29)  0回発言      0文字発言
 第130回国会(臨時:1994/07/18-1994/07/22)  0回発言      0文字発言
 第131回国会(臨時:1994/09/30-1994/12/09)  0回発言      0文字発言
 第132回国会(通常:1995/01/20-1995/06/18)  0回発言      0文字発言
 第133回国会(臨時:1995/08/04-1995/08/08)  0回発言      0文字発言
 第134回国会(臨時:1995/09/29-1995/12/15)  0回発言      0文字発言
 第135回国会(臨時:1996/01/11-1996/01/13)  0回発言      0文字発言
 第136回国会(通常:1996/01/22-1996/06/19)  0回発言      0文字発言
 第137回国会(臨時:1996/09/27-1996/09/27)  0回発言      0文字発言

       40期通算   (1993/07/18-1996/10/19)  0回発言      0文字発言

本会議発言一覧

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院委員会(40期)

40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会 - 43期委員会 - 44期委員会 - 45期委員会 - 46期委員会 - 47期委員会 - 48期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第127回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
第128回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  6)  2回発言  12993文字発言
第129回国会 19回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員 18)  2回発言  12455文字発言
第130回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
第131回国会 16回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 16)  5回発言  20537文字発言
第132回国会 26回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  9 委員 17)  8回発言  32574文字発言
第133回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  1)  0回発言      0文字発言
第134回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  4)  4回発言  21973文字発言
第135回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  1)  0回発言      0文字発言
第136回国会 55回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 25 委員 30) 26回発言 140566文字発言

  40期通算 139回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 42 委員 97) 47回発言 241098文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

厚生委員会
            46回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 46)  16回発言  84781文字発言

法務委員会
            45回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 32 委員 13)  23回発言 114387文字発言

商工委員会
            18回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 18)   1回発言   2534文字発言

規制緩和に関する特別委員会
            11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 10 委員  1)   2回発言  13302文字発言

政治改革に関する調査特別委員会
             7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)   3回発言  14183文字発言

予算委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)   2回発言  11911文字発言

運輸委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)   0回発言      0文字発言

農林水産委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言

労働委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言

環境委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言

税制改革に関する特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言

災害対策特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言

内閣委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言

世界貿易機関設立協定等に関する特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

法務委員会理事(第128回国会)
法務委員会理事(第129回国会)
法務委員会理事(第132回国会)
法務委員会理事(第133回国会)
法務委員会理事(第134回国会)
法務委員会理事(第135回国会)
規制緩和に関する特別委員会理事(第136回国会)
法務委員会理事(第136回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第128回国会 衆議院 政治改革に関する調査特別委員会 第7号(1993/10/22、40期)

日本新党の枝野幸男でございます。まず、皆様方御承知のとおり、公職選挙法の二百五十一条は、選挙犯罪を行って有罪、刑に処せられた者については当選無効になる、こういう規定になっております。この規定は、もち…会議録へ(外部リンク)

第128回国会 衆議院 法務委員会 第1号(1993/10/27、40期)

個人の尊厳を至高の価値といたしまして男女の平等を定めました憲法の施行から間もなく五十年になろうとしています。この間女性の実質的な地位の向上は少しずつ前進してきたと思われます。そうした中で、今回国権の最…会議録へ(外部リンク)

第129回国会 衆議院 商工委員会 第7号(1994/06/10、40期)

民主の風の枝野幸男でございます。改新の皆さん、公明党の皆さんの御理解をいただきまして、さきがけ・青雲・民主の風を代表して、与党の立場から、本法案について質疑をさせていただきます。会議録へ(外部リンク)

第129回国会 衆議院 法務委員会 第4号(1994/06/08、40期)

さきがけ・青雲・民主の風の枝野でございます。改新の皆さん、それから公明党の皆さんの御理解をいただきまして、与党の立場から今回の商法、有限会社法改正について御質問をさせていただきたいと考えております。…会議録へ(外部リンク)

第131回国会 衆議院 政治改革に関する調査特別委員会 第3号(1994/10/26、40期)

さきがけの枝野幸男でございます。今回は、いわゆる区割り法とそれから連座制強化に関する法案が二本と、三本の法案が出ているわけでございますが、区割り法に関しましては、私、個人的には一・五倍を超えると憲法…会議録へ(外部リンク)

第131回国会 衆議院 政治改革に関する調査特別委員会 第6号(1994/11/02、40期)

さきがけの枝野幸男でございます。さて私は、昨年の七月の総選挙で、地盤も看板もかばんも全くない中で当選をさせていただいて、今衆議院議員としてこの席に立たせていただいております。あのときに、私のようにお…会議録へ(外部リンク)

第131回国会 衆議院 法務委員会 第2号(1994/10/25、40期)

新党さきがけの枝野でございます。裁判官の報酬及び検察官の俸給に関連いたしまして、質問をさせていただきたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第131回国会 衆議院 法務委員会 第3号(1994/11/09、40期)

さきがけの枝野でございます。まずきょうは、私が一般質問に立ちますときにはいつもお尋ねをしております夫婦別姓、夫婦選択別氏の問題についてお尋ねをさせていただきたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第131回国会 衆議院 法務委員会 第4号(1994/11/29、40期)

新党さきがけの枝野でございます。参考人の先生方には、本日はお忙しい中をおいでいただきまして、本当にありがとうございました。さて、私は、特に弁護士の不祥事問題に関連いたしましてお尋ねをしたいと思います…会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 厚生委員会 第3号(1995/02/15、40期)

さきがけの枝野でございます。厚生委員会での初めての質問をさせていただきますが、神戸の震災の問題あるいは保険、年金の問題等、幾つか本当は重要な問題をお伺いしたいことがございますが、時間もございますので…会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 厚生委員会 第9号(1995/04/26、40期)

さきがけの枝野でございます。通告をいたしました順番と違いますが、通告をいたしました後の方の話から、重要な問題だと思いますので。今回の精神保健法の改正に関連をいたしまして、精神障害者の皆さんの人権とい…会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 法務委員会 第2号(1995/02/17、40期)

さきがけの枝野でございます。今回の定員法に関しましては、財政状況の非常に厳しい中で、司法制度の充実という大変重要な課題にかんがみて、法務当局あるいは最高裁の事務当局が御尽力されて、こうした定員増の法…会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 法務委員会 第4号(1995/03/15、40期)

さきがけの枝野でございます。私は、区分所有法関係で二、三の質問をさせていただきたいと思っております。会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 法務委員会 第5号(1995/03/28、40期)

さきがけの枝野幸男でございます。今回の刑法の改正案につきましては、その用語をわかりやすくするという趣旨、私は、党内でこの法案の了解をとりますときの説明のときには、ようやく刑法が日本語になりますという…会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 法務委員会 第7号(1995/04/26、40期)

今回の更生保護事業法につきましては、更生保護事業の促進という観点から、非常に事務当局も迅速に対応していただいて法案をつくっていただき、一歩前進であると評価をいたしております。まだまだ残された問題は多い…会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 法務委員会 第8号(1995/06/07、40期)

まず、地下鉄サリン事件が発生いたしました三月二十日以降の警察・検察当局の再犯防止、そして被疑者摘発に当たりましての御努力、特に再犯を防止するためにゴールデンウイークを挟んで現場で日夜御尽力をされた警察…会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 予算委員会 第26号(1995/04/20、40期)

私は、まず厚生省にお尋ねをいたします。先週、上九一色村の第十サティアンと通称されているところから五十三名の子供たちが保護をされて、児童相談所等に預けられております。この措置につきまして、法律上どうい…会議録へ(外部リンク)

第134回国会 衆議院 厚生委員会 第2号(1995/10/24、40期)

私も、午前中以来何人かの方が質問をされておられますHIV薬害訴訟に関連をしてお尋ねをさせていただきたいと思っております。午前中から、このたび東京、大阪両地方裁判所から出されました和解勧告の見方、法的…会議録へ(外部リンク)

第134回国会 衆議院 厚生委員会 第3号(1995/11/08、40期)

一般質疑ということで、何についてお尋ねをしようかいろいろ考えたのでございますが、いろいろと各方面に波風を立てておりますようで恐縮をしておりますが、きょうもHIV薬害訴訟に関しましてお尋ねをさせていただ…会議録へ(外部リンク)

第134回国会 衆議院 法務委員会 第2号(1995/10/19、40期)

新党さきがけの枝野でございます。私も、細川先生に引き続きまして、本法案に関連して、特に裁判官の定員というような問題、法曹人口全体に関しての問題についてお尋ねをさせていただきたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第134回国会 衆議院 法務委員会 第3号(1995/11/08、40期)

私も司法試験改革の問題について質問させていただきたいと思っておりますが、その前に、きょう少しオウムの破防法の問題が議論になっておりましたので、私の所見だけ法務大臣その他法務省の皆様にお伝えをしておきた…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 規制緩和に関する特別委員会 第7号(1996/04/17、40期)

さきがけの枝野幸男でございます。私は、与党行政改革プロジェクトチームという、与党の規制緩和を取り扱うポジションの三座長の一人として、今回の規制緩和計画の改定にも関与させていただきました。そのような見…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 規制緩和に関する特別委員会 第9号(1996/06/05、40期)

さきがけの枝野幸男でございます。参考人のお二人の皆様には、きょうはありがとうございます。会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 厚生委員会 第4号(1996/03/01、40期)

時間がございませんので、端的にお尋ねをさせていただきますので端的にお答えください。まず、いわゆる郡司ファイルというものの中にあった八三年七月四日の資料それから七月十一日の資料、それぞれどういう性質の…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 厚生委員会 第5号(1996/03/13、40期)

私も薬害エイズ問題についてお尋ねをさせていただきたいと思っております。二次和解案が出た、それに対する評価については、私どもの党といたしましても、原告の皆さんの思いが必ずしも一〇〇%かなっているもので…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 厚生委員会 第9号(1996/04/12、40期)

きょうはありがとうございます。時間がありませんので、まず古賀参考人にお尋ねしたいと思うのです。会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 厚生委員会 第11号(1996/04/19、40期)

時間がございませんので、端的に伺わせていただきます。まず、一九八三年七月ごろというのは、この血液製剤の問題もありますし、郡司さん、お仕事忙しかったでしょうね。会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 厚生委員会 第13号(1996/05/08、40期)

きょうはありがとうございます。幾つか確認をさせていただきたいのですが、小委員会またはエイズ研究班の中でクリオの供給量については議論になったのですか、なっていないのですか。会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 厚生委員会 第15号(1996/05/14、40期)

松田先生は、血友病のエイズの被害者の方に対する責任を感じて、そして、学者としての生命をかけても真相を語らなければならないというふうにおっしゃっていただいております。だとすると、先ほどの質問の中にもご…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 厚生委員会 第18号(1996/05/21、40期)

先ほど来、クリオの有効性と安全性の話が出ておりますが、私からもう一度単純にお尋ねをさせていただきます。濃縮製剤を使っていたのをクリオに戻した場合、血友病患者さんの命にかかわるというようなことが出ると…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 厚生委員会 第21号(1996/05/28、40期)

先ほど来のお話をまず最初に確認させていただきますが、松下さんは、このエイズに関連した非加熱製剤、あるいは加熱製剤の承認などに関して、あなたの厚生省の後輩あるいはあなたが厚生省時代につくられた政治家など…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 厚生委員会 第24号(1996/06/04、40期)

さまざまな争点、いろいろとお話しをいただいているのですが、一つ確認をさせていただきたいのですが、加熱製剤について一変でいけるという感触を持っていた、それが途中で変わってしまった、これに対して会社として…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 厚生委員会 第30号(1996/06/18、40期)

この薬害エイズ問題の一つのポイントは、八三年のエイズ研究班がつくられ、審議をされていた経緯の中で、私まクリオに戻るべきだったのではないかと現時点からすれば思いますが、緊急輸入あるいは加熱の承認等の問題…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 厚生委員会 第31号(1996/07/12、40期)

それでは、まず松本先生からお尋ねをさせていただきますが、先ほど来から問題になっていることをまず確認させていただきます。当時の診断基準によれば、抗体検査は一回のみの検査ではなくて複数やれというようなこ…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 厚生委員会 第32号(1996/07/23、40期)

一九八三年のあなたのエイズ研究班に大河内先生が入っておられましたが、厚生省に対して、大河内先生を研究班に入れたのは困ったことだ、何とか外してくれないかというようなことを伝えて、厚生省から謝った、そうい…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 法務委員会 第2号(1996/02/23、40期)

引き続きまして、私も薬害エイズ問題についてお尋ねをさせていただきたいと思っております。先ほど坂上先生からの質問で、郡司東大教授の件は御回答いただきましたが、もう一件、安部英に関して刑事告訴が出ている…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 法務委員会 第3号(1996/03/15、40期)

私からは、薬害エイズ問題についてお尋ねをさせていただきたいと思います。報道によりますと、東京地方検察庁にこの薬害エイズ問題に関する専従班ができたという報道がされておりますが、この専従班の内容について…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 法務委員会 第4号(1996/03/19、40期)

外務省おいでいただいておりますね。民事訴訟法案に関連をして、外務省の虚偽回答事件についてお尋ねをさせていただきます。会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 法務委員会 第5号(1996/03/25、40期)

裁判所職員定員法の一部改正によって、裁判官が判事補十五名、そしてそれ以外の職員の方が二十一名増加するということでございますが、御承知のとおり、法曹人口を増加しろとかしないとかさまざまな議論も出ている中…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 法務委員会 第7号(1996/04/17、40期)

私は、本日、お忙しい中、鈴木利広先生においでをお願いをいたしました。きょうこの委員会に民事訴訟法案が付託をされたわけでありますが、本日の議論の中にも出てきておりますとおり、文書提出命令を中心として、…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 法務委員会 第8号(1996/05/15、40期)

民事訴訟法改正案についてはさまざまな問題点がございますが、先ほどの質疑の中でも法務省から、この改正は裁判の迅速化を図るという目的も非常に大きいということを御回答いただきました。そうした見地から、最高裁…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 法務委員会 第9号(1996/05/17、40期)

さきがけの枝野幸男でございます。三人の参考人の皆さんには、きょうはありがとうございます。私もちょっと具体的な例を申し上げましてお答えをいただきたいと思いますので、三人の参考人の方、お聞きいただきたい…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 法務委員会 第10号(1996/05/24、40期)

まず最初に、午前中の質疑に関連いたしまして民事局長にお尋ねさせていただきます。午前中の質疑の中で、この法案、文書提出命令の話について、事務次官会議が通らないということを理由に何とかこのままでという話…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 法務委員会 第11号(1996/05/31、40期)

さきがけの枝野でございます。我が党も、外弁法については賛成であり、特段大きな問題はないと考えておりますので、せっかくの時間でございますので、若干法務委員会で懸案になっている問題についてこの時間を使わ…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 法務委員会 第12号(1996/06/05、40期)

今回の民事訴訟法改正の一つの目的は、長期化の問題が指摘されている裁判の迅速化にあるというふうに考えております。その裁判の迅速化という意味では、実は一番大きいのは文書提出の問題だと思いますが、きょうは…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 法務委員会 第13号(1996/06/07、40期)

お答えをいたします。この委員会の場でも、この問題点については開かれた議論をされてまいりまして、それによって国民の皆さんにも問題点あるいはポイントなどかなり知っていただくことができてきていると思ってお…会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 予算委員会 第19号(1996/02/27、40期)

新党さきがけの枝野幸男でございます。本日は、外交・安全保障問題等の集中審議ということでございますが、外交的な安全ということだけではなくて、残念ながら国内で日本国民の健康、安全が害されているという問題…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(40期)

40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書 - 43期質問主意書 - 44期質問主意書 - 45期質問主意書 - 46期質問主意書 - 47期質問主意書 - 48期質問主意書

質問主意書提出数

 40期(1993/07/18〜)  3本提出

質問主意書一覧

血液製剤によるHIV(エイズウイルス)感染薬害に関する質問主意書
第134回国会 衆議院 質問主意書 第15号(1995/11/14提出、40期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

血液製剤によるHIV(エイズウイルス)感染薬害に関する再質問主意書
第134回国会 衆議院 質問主意書 第29号(1995/12/15提出、40期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)

肺血栓症対策に関する質問主意書
第136回国会 衆議院 質問主意書 第35号(1996/06/19提出、40期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 45期(2009/08/30-) - 46期(2012/12/16-) - 47期(2014/12/14-) - 48期(2017/10/22-)
40期在籍の他の議員はこちら→40期衆議院統計 40期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12