国会議員白書トップ衆議院議員坂口力>42期国会活動まとめ

坂口力衆議院議員 42期国会活動まとめ



在籍期:33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 45期(2009/08/30-)
42期在籍の他の議員はこちら→42期衆議院統計 42期衆議院議員


衆議院本会議(42期)

33期本会議 - 34期本会議 - 35期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議 - 43期本会議 - 44期本会議 - 45期本会議

本会議発言統計

 第148回国会(特別:2000/07/04-2000/07/06)  0回発言      0文字発言
 第149回国会(臨時:2000/07/28-2000/08/09)  0回発言      0文字発言
 第150回国会(臨時:2000/09/21-2000/12/01)  0回発言      0文字発言
 第151回国会(通常:2001/01/31-2001/06/29) 11回発言  20155文字発言
 第152回国会(臨時:2001/08/07-2001/08/10)  0回発言      0文字発言
 第153回国会(臨時:2001/09/27-2001/12/07)  3回発言   9687文字発言
 第154回国会(通常:2002/01/21-2002/07/31)  9回発言  22683文字発言
 第155回国会(臨時:2002/10/18-2002/12/13)  2回発言   1043文字発言
 第156回国会(通常:2003/01/20-2003/07/28)  9回発言  23967文字発言
 第157回国会(臨時:2003/09/26-2003/10/10)  1回発言    333文字発言

       42期通算   (2000/06/25-2003/11/08) 35回発言  77868文字発言

本会議発言一覧

第151回国会 衆議院 本会議 第2号(2001/02/05、42期)

鳩山代表から二つの問題が私に対してございました。第一問題は、選挙制度についてのお尋ねでございます。会議録へ(外部リンク)

第151回国会 衆議院 本会議 第8号(2001/02/22、42期)

玄葉議員にお答えを申し上げたいと思いますが、二問ちょうだいをいたしました。一つは、国と地方との財源配分の問題でございます。会議録へ(外部リンク)

第151回国会 衆議院 本会議 第12号(2001/03/09、42期)

井上議員から、住宅施策と福祉施策との連携についてのお尋ねがございました。これまで、高齢者用に整備されました公営住宅等に居住するお年寄りのもとに、福祉施策として、相談相手となる生活援助員を派遣することなどを行ってまいりましたし、また、公団住宅の建てかえの際に、デイサービスセンターなどの福祉施設あるいは………会議録へ(外部リンク)

第151回国会 衆議院 本会議 第13号(2001/03/15、42期)

経済社会の変化に対応する円滑な再就職を促進するための雇用対策法等の一部を改正する等の法律案について、その趣旨を御説明申し上げます。現在、雇用情勢は依然として厳しい状況にあり、産業構造の転換等、経済社会の変化が進む中で、労働者が離職を余儀なくされる場合の円滑な再就職を可能とするとともに、労働者個人の自………会議録へ(外部リンク)

第151回国会 衆議院 本会議 第14号(2001/03/16、42期)

PCBやダイオキシンについてのお尋ねでございました。これらの物質が人の健康に与える影響につきましては、現時点では、科学的に全部解明されているというわけではございません。それだけに、国民の健康を確保する観点から極めて重要な課題であるというふうに思っているところでございます。会議録へ(外部リンク)

第151回国会 衆議院 本会議 第15号(2001/03/22、42期)

厚生年金、国民年金等の既裁定者と保険者の権利義務につきましては、厚生年金保険法、国民年金法等の年金各法の規定に基づき設定されているものでございます。厚生年金、国民年金等につきましては、社会保険方式のもとで、現役世代が納付する保険料財源を基本として給付に必要な費用を賄う世代間扶養の仕組みで運営しており………会議録へ(外部リンク)

第151回国会 衆議院 本会議 第20号(2001/04/03、42期)

ただいま議題となりました確定給付企業年金法案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。我が国は、少子高齢化の進展、産業構造の変化等、社会経済情勢が大きく変化しており、公的年金に上乗せして給付を行う年金制度につきましても、このような変化に対応することが要請されております。会議録へ(外部リンク)

第151回国会 衆議院 本会議 第28号(2001/05/09、42期)

神崎代表からいただきました二問ございます。一つは、雇用のセーフティーネットの整備と新たな雇用創出策についてのお尋ねでございました。会議録へ(外部リンク)

第151回国会 衆議院 本会議 第32号(2001/05/25、42期)

保坂議員にお答えを申し上げたいと思います。厚生保険特別会計の事務費等についてのお尋ねがございました。会議録へ(外部リンク)

第151回国会 衆議院 本会議 第36号(2001/06/07、42期)

ただいまの御決議につきましては、その御趣旨を十分尊重いたしまして、努力をいたします。(拍手)会議録へ(外部リンク)

第151回国会 衆議院 本会議 第37号(2001/06/08、42期)

育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律の一部を改正する法律案について、その趣旨を御説明申し上げます。少子高齢化等が進行する中で、労働者が仕事と家庭を容易に両立させることができるようにすることは、労働者の福祉の増進を図る上でも、経済社会の活力を維持していく上でも、極めて重要………会議録へ(外部リンク)

第153回国会 衆議院 本会議 第3号(2001/10/02、42期)

野田党首から御質問をいただきました。まず、消費税と社会保障税のお話がございました。年来の御主張でありますことも、よく存じ上げております。会議録へ(外部リンク)

第153回国会 衆議院 本会議 第15号(2001/11/09、42期)

仙谷議員から三問ちょうだいをいたしました。一番最初は、現行の緊急地域雇用特別基金事業の総括についてのお尋ねでございました。会議録へ(外部リンク)

第153回国会 衆議院 本会議 第17号(2001/11/16、42期)

経済社会の急速な変化に対応して行う中高年齢者の円滑な再就職の促進、雇用の機会の創出等を図るための雇用保険法等の臨時の特例措置に関する法律案につきまして、その趣旨を御説明申し上げたいと存じます。一層厳しさを増しております雇用情勢にかんがみ、政府においては、本年九月に総合雇用対策を決定し、雇用の安定の確………会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 本会議 第2号(2002/01/22、42期)

城島議員から、二問についての御質問がございました。第一問は、雇用保険財政についてのお尋ねでございます。会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 本会議 第6号(2002/02/06、42期)

山崎議員から、少子化問題につきましてのお尋ねをいただきました。少子化の進展は、我が国の社会経済全体に大きな影響を及ぼすものでありますし、政府といたしましても、総合的な対策を進めていく必要があると考えております。会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 本会議 第10号(2002/02/22、42期)

春名議員から、二問ちょうだいをいたしました。児童扶養手当制度の見直しについてのお尋ねでございます。会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 本会議 第17号(2002/03/28、42期)

BSE調査検討委員会の報告書原案につきましてのお尋ねがございました。現在、大詰めの議論が行われておりますBSE問題に関する調査検討委員会の報告要旨案におきまして、農林水産省との連携に関し、厚生労働省のチェック機能も働いていなかった旨の御指摘を受けているところであります。会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 本会議 第18号(2002/03/29、42期)

障害者の雇用の促進等に関する法律の一部を改正する法律案について、その趣旨を御説明申し上げます。障害者の雇用につきましては、厳しさを増している雇用情勢のもと、求職者の数が過去最高となる等、厳しい状況にあります。また、厳しい経済状況のもとでの企業組織の再編の活発化、技術革新等による職場環境の改善等、障害………会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 本会議 第26号(2002/04/19、42期)

健康保険法等の一部を改正する法律案及び健康増進法案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。まず、健康保険法等の一部を改正する法律案について申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 本会議 第35号(2002/05/17、42期)

母子及び寡婦福祉法等の一部を改正する法律案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。近年における離婚の急増など母子家庭等をめぐる諸情勢が変化する中で、母子家庭等の自立の促進を図りながら、その児童の健全な成長を確保することが重要な課題となっております。会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 本会議 第37号(2002/05/28、42期)

中村議員の御質問にお答えをさせていただきたいと存じます。政府案の提案のきっかけになったのは何かというお尋ねでございました。会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 本会議 第38号(2002/05/30、42期)

松原議員にお答えを申し上げたいと思います。いわゆる化学物質過敏症についてのお尋ねがございました。会議録へ(外部リンク)

第155回国会 衆議院 本会議 第2号(2002/10/21、42期)

雇用問題についてお尋ねがございました。ちょっと声をからしてしまいまして、申しわけありません。会議録へ(外部リンク)

第155回国会 衆議院 本会議 第7号(2002/11/07、42期)

植田議員にお答えを申し上げたいと思います。第一は、緊急地域雇用創出特別交付金の充実についてのお尋ねでございました。会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 本会議 第2号(2003/01/21、42期)

冬柴議員にお答えを申し上げたいと思います。雇用対策への取り組み、決意についてのお尋ねがございました。総理からもお答えをいただきましたが、改めてお答えを申し上げたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 本会議 第8号(2003/02/14、42期)

山花議員から、三問ちょうだいをいたしました。まず第一は、健康保険本人三割負担についてのお尋ねでございます。会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 本会議 第9号(2003/02/18、42期)

春名議員からは、介護保険の問題につきまして、一問、お問い合わせがございました。介護保険制度におきまして、国が給付費といたしておりますのは二五%でございますが、その二五%のうちで、二〇%は定率負担になっているし、五%は調整交付金になっている。この五%のところを別枠にして、二五%を定率負担にして、それに………会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 本会議 第10号(2003/02/20、42期)

塩川議員にお答えを申し上げたいと思います。産業再生法は、企業が事業を再構築することによりまして、その活力を再生し、雇用の維持を図ろうとするものと考えております。しかし、労働者の再就職が必要なことも生ずることはあるわけでありますので、中央と地方の連携を密にいたしまして、きめ細かく対応していきたいと考え………会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 本会議 第14号(2003/03/13、42期)

山田議員にお答えを申し上げたいと存じます。消費者に対して求めている役割と行動についてのお尋ねがございました。会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 本会議 第17号(2003/03/25、42期)

雇用保険法等の一部を改正する法律案について、その趣旨を御説明申し上げます。雇用保険制度については、厳しい雇用失業情勢の長期化等により、受給者が増加する一方で保険料収入が減少し、極めて厳しい財政状況にあり、こうした財政状況や雇用就業形態の多様化の進展等制度をめぐる諸情勢に的確に対応し、失業した労働者の………会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 本会議 第21号(2003/04/08、42期)

保坂議員にお答えを申し上げたいと存じます。個人情報保護法案につきまして、包括法とする理由、個人情報漏えい事件についての見解、「事業者」の定義や主務大臣の関与、「報道」の定義、適用除外の範囲などにつきましてお尋ねがございましたが、これら法案の内容にかかわる事項につきましては、総理大臣の御答弁がございま………会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 本会議 第24号(2003/04/22、42期)

職業安定法及び労働者派遣事業の適正な運営の確保及び派遣労働者の就業条件の整備等に関する法律の一部を改正する法律案について、その趣旨を御説明申し上げます。厳しい雇用失業情勢や働き方の多様化等が進む中で、労働力需給のミスマッチを解消し、多様なニーズにこたえていくためには、公共及び民間の労働力需給調整機関………会議録へ(外部リンク)

第156回国会 衆議院 本会議 第26号(2003/05/06、42期)

労働基準法の一部を改正する法律案について、その趣旨を御説明申し上げます。我が国の経済社会を取り巻く状況が大きく変化し、産業・雇用構造の変化が進んでいる中で、我が国の経済社会の活力を維持向上させていくためには、労働者一人一人が主体的に多様な働き方を選択できる可能性を拡大するとともに、働き方に応じた適正………会議録へ(外部リンク)

第157回国会 衆議院 本会議 第2号(2003/09/29、42期)

年金改革について御質問をいただきました。予測を超える少子高齢社会が進行いたしております。将来の世代の過重な負担が生まれないように、負担と給付のバランスを考えることが大事でございます。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(42期)

33期委員会 - 34期委員会 - 35期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会 - 43期委員会 - 44期委員会 - 45期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第148回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
第149回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
第150回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  3回発言  12148文字発言

  42期通算   8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  3回発言  12148文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 労働委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  1回発言   3483文字発言

 予算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   6652文字発言

 外務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 国会等の移転に関する特別委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   2013文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第150回国会 衆議院 国会等の移転に関する特別委員会 第3号(2000/11/17、42期)

北川知事さん、そして国松知事さん、本当にきょうはお忙しいところありがとうございました。お礼を申し上げたいと思います。北川知事さんの月へ行こうよという話を聞いて、そして国松知事さんの信長の安土城の話を…会議録へ(外部リンク)

第150回国会 衆議院 予算委員会 第3号(2000/11/20、42期)

公明党を代表いたしまして、平成十二年度補正予算に関する質問をさせていただきたいと思います。きょうは、何となく騒然とした国会の中での予算委員会でございます。与党の立場から政局についてお聞きするのは勇気…会議録へ(外部リンク)

第150回国会 衆議院 労働委員会 第1号(2000/11/08、42期)

久しぶりに質問させていただきますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。三十一日に労働省から出ました「最近の雇用失業情勢について」を拝見いたしますと、先ほど宮腰先生の御質問にもございましたが、九月の…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(42期)

33期質問主意書 - 34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書 - 43期質問主意書 - 44期質問主意書 - 45期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 45期(2009/08/30-)
42期在籍の他の議員はこちら→42期衆議院統計 42期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22