津島雄二衆議院議員 42期国会活動まとめ



在籍期:34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-)
42期在籍の他の議員はこちら→42期衆議院統計 42期衆議院議員


衆議院本会議(42期)

34期本会議 - 35期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議 - 43期本会議 - 44期本会議

本会議発言統計

 第148回国会(特別:2000/07/04-2000/07/06)  0回発言      0文字発言
 第149回国会(臨時:2000/07/28-2000/08/09)  1回発言    604文字発言
 第150回国会(臨時:2000/09/21-2000/12/01)  2回発言  15822文字発言
 第151回国会(通常:2001/01/31-2001/06/29)  0回発言      0文字発言
 第152回国会(臨時:2001/08/07-2001/08/10)  0回発言      0文字発言
 第153回国会(臨時:2001/09/27-2001/12/07)  0回発言      0文字発言
 第154回国会(通常:2002/01/21-2002/07/31)  2回発言   1947文字発言
 第155回国会(臨時:2002/10/18-2002/12/13)  0回発言      0文字発言
 第156回国会(通常:2003/01/20-2003/07/28)  0回発言      0文字発言
 第157回国会(臨時:2003/09/26-2003/10/10)  0回発言      0文字発言

       42期通算   (2000/06/25-2003/11/08)  5回発言  18373文字発言

本会議発言一覧

第149回国会 衆議院 本会議 第2号(2000/07/31、42期)

水島議員の小児医療についての御質問に対しましては、総理から、安心して子供を産み、健やかに育てる基礎として小児医療の充実は極めて重要であるという御答弁がございました。私から若干補足させていただきますと、こうした認識に立ちまして、厚生省といたしましては、小児・周産期の医療のナショナルセンターとして、国立………会議録へ(外部リンク)

第150回国会 衆議院 本会議 第4号(2000/10/03、42期)

ただいま議題となりました健康保険法等の一部を改正する法律案及び医療法等の一部を改正する法律案について、その趣旨を御説明申し上げます。まず、健康保険法等の一部を改正する法律案について申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第150回国会 衆議院 本会議 第18号(2000/11/28、42期)

ただいま議題となりました確定拠出年金法案について、その趣旨を御説明申し上げます。我が国は、少子高齢化の進展、高齢期の生活の需要の多様化、雇用の流動化等社会経済情勢が大きく変化しており、このような変化に対応しつつ、国民の高齢期における所得の確保に係る自主的な努力を支援し、もって公的年金の給付と相まって………会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 本会議 第3号(2002/01/29、42期)

ただいま議題となりました平成十三年度一般会計補正予算(第2号)外一案につきまして、予算委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。この補正予算二案は、去る一月二十一日本委員会に付託され、一月二十三日塩川財務大臣から提案理由の説明を聴取し、二十四日から質疑に入り、昨二十八日質疑を終局し、採決………会議録へ(外部リンク)

第154回国会 衆議院 本会議 第11号(2002/03/06、42期)

ただいま議題となりました平成十四年度一般会計予算外二案につきまして、予算委員会における審査の経過及び結果を御報告申し上げます。この予算三案は、去る一月二十五日本委員会に付託され、二月八日塩川財務大臣から提案理由の説明を聴取いたしました。その後、基本的質疑等、公聴会、分科会を行い、本日、締めくくり質疑………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(42期)

34期委員会 - 35期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会 - 43期委員会 - 44期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第151回国会 19回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 19)  0回発言      0文字発言
第152回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
第153回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  0回発言      0文字発言
第154回国会 31回出席(長 31 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言
第155回国会  5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  4)  0回発言      0文字発言
第156回国会 27回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員 26)  0回発言      0文字発言
第157回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  1)  0回発言      0文字発言

  42期通算  93回出席(長 31 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員 59)  0回発言      0文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 予算委員会
            90回出席(長 31 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 59)  0回発言      0文字発言

 国家基本政策委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  0)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 予算委員会委員長(第154回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 国家基本政策委員会理事(第155回国会)
 国家基本政策委員会理事(第156回国会)
 国家基本政策委員会理事(第157回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

 期間中、委員会での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院質問主意書(42期)

34期質問主意書 - 35期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書 - 43期質問主意書 - 44期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:34期(1976/12/05-) - 35期(1979/10/07-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-)
42期在籍の他の議員はこちら→42期衆議院統計 42期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22