与謝野馨衆議院議員 44期国会活動まとめ



在籍期:34期(1976/12/05-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 45期(2009/08/30-)
44期在籍の他の議員はこちら→44期衆議院統計 44期衆議院議員


衆議院本会議(44期)

34期本会議 - 36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 43期本会議 - 44期本会議 - 45期本会議

本会議発言統計

 第163回国会(特別:2005/09/21-2005/11/01)  0回発言      0文字発言
 第164回国会(通常:2006/01/20-2006/06/18)  4回発言   7545文字発言
 第165回国会(臨時:2006/09/26-2006/12/19)  0回発言      0文字発言
 第166回国会(通常:2007/01/25-2007/07/05)  0回発言      0文字発言
 第167回国会(臨時:2007/08/07-2007/08/10)  0回発言      0文字発言
 第168回国会(臨時:2007/09/10-2008/01/15)  0回発言      0文字発言
 第169回国会(通常:2008/01/18-2008/06/21)  0回発言      0文字発言
 第170回国会(臨時:2008/09/24-2008/12/25)  1回発言    274文字発言
 第171回国会(通常:2009/01/05-2009/07/21)  7回発言  13484文字発言

       44期通算   (2005/09/11-2009/08/29) 12回発言  21303文字発言

本会議発言一覧

第164回国会 衆議院 本会議 第1号(2006/01/20、44期)

経済財政政策担当大臣として、その所信を申し述べます。我が国経済は、輸出、設備投資の回復に加え、個人消費の増加により持続的な景気拡大へと歩を進めつつあります。こうした持続的な成長軌道への日本経済の復調ぶりは、企業の収益・景況感、雇用・所得状況などにも明確に示されています。日はまた上るという見方が海外で………会議録へ(外部リンク)

第164回国会 衆議院 本会議 第3号(2006/01/24、44期)

若年層における雇用の二重構造についてのお尋ねがありました。若年層を中心に、フリーター等の非正規雇用が増加していることは、将来の格差拡大要因として懸念されるところであります。こうした非正規雇用の増加は、産業構造が変化している中、企業経営の効率化や労働者側の就業意識の変化によってもたらされるものでありま………会議録へ(外部リンク)

第164回国会 衆議院 本会議 第7号(2006/02/16、44期)

平成十七年度予算・税制に係る合意の理念についてお尋ねがありました。平成十七年度予算・税制に係る合意は、平成十七年度税制改正における定率減税の見直しによる初年度の増収分について、一つ、地方交付税率相当分、一つ、特別障害者給付金支給法等による必要相当額を控除した金額を基礎年金国庫負担額に加算することとし………会議録へ(外部リンク)

第164回国会 衆議院 本会議 第23号(2006/04/14、44期)

ただいま議題となりました証券取引法等の一部を改正する法律案及び証券取引法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律案の趣旨を御説明申し上げます。まず、証券取引法等の一部を改正する法律案につきまして御説明申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第170回国会 衆議院 本会議 第8号(2008/10/28、44期)

日本経済の先行きにつきましては、当面、世界経済が減速する中で、下向きの動きが続くと見られます。さらに、欧米における金融危機の深刻化や景気の一層の下振れ懸念、株式・為替市場の大幅な変動などから、企業収益の悪化や消費者マインドの冷え込みなどが生じること、金融面において、株安の影響などによる貸し渋り等によ………会議録へ(外部リンク)

第171回国会 衆議院 本会議 第6号(2009/01/28、44期)

世界の金融資本市場と主要国の実体経済は、まさに歴史的な混乱と危機に直面しております。金融は、古来、相互の信頼を基礎としてまいりました。昨年九月のいわゆるリーマン・ショックは、相互の信頼に深刻な亀裂をもたらし、世界的な信用収縮を背景に、金融資本市場は大きく混乱しております。また、その混乱が、さまざまな………会議録へ(外部リンク)

第171回国会 衆議院 本会議 第9号(2009/02/12、44期)

保坂議員から政府経済見通しについてお尋ねがありました。総理から既に答弁をされておりますので、重複部分は省略をさせていただきます。会議録へ(外部リンク)

第171回国会 衆議院 本会議 第15号(2009/03/17、44期)

田名部議員の御質問にお答えいたします。消費者庁と金融庁との貸金業法の共管のあり方についてのお尋ねがありました。会議録へ(外部リンク)

第171回国会 衆議院 本会議 第17号(2009/03/24、44期)

三谷議員の御質問にお答えします。日本政策投資銀行の完全民営化についてのお尋ねがありました。会議録へ(外部リンク)

第171回国会 衆議院 本会議 第21号(2009/04/07、44期)

ただいま議題となりました金融商品取引法等の一部を改正する法律案及び資金決済に関する法律案の趣旨を御説明申し上げます。まず、金融商品取引法等の一部を改正する法律案につきまして御説明申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第171回国会 衆議院 本会議 第27号(2009/04/27、44期)

今般、さきに決定されました経済危機対策を受けて、平成二十一年度補正予算を提出することになりました。その御審議をお願いするに当たり、補正予算の大要について御説明いたします。まず、最近の経済金融情勢と経済危機対策について申し述べます。会議録へ(外部リンク)

第171回国会 衆議院 本会議 第28号(2009/04/28、44期)

保利議員の御質問にお答えします。企業の資金繰り対策についてのお尋ねがありました。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(44期)

34期委員会 - 36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 43期委員会 - 44期委員会 - 45期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第163回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   5586文字発言
第165回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  0回発言      0文字発言
第167回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
第168回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言
第169回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  0回発言      0文字発言

  44期通算  15回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 15)  1回発言   5586文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 決算行政監視委員会
            10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  0回発言      0文字発言

 予算委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  5)  1回発言   5586文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第163回国会 衆議院 予算委員会 第2号(2005/09/30、44期)

自由民主党を代表して、総理を初め閣僚の皆様方に質問をさせていただきたいと思います。諸改革については既に武部幹事長が本会議で質問をされておりますので、別の問題について、やや細かいことになりますけれども…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(44期)

34期質問主意書 - 36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 43期質問主意書 - 44期質問主意書 - 45期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:34期(1976/12/05-) - 36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 45期(2009/08/30-)
44期在籍の他の議員はこちら→44期衆議院統計 44期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22