国会議員白書トップ衆議院議員甘利明>44期国会活動まとめ

甘利明衆議院議員 44期国会活動まとめ



在籍期:37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 45期(2009/08/30-) - 46期(2012/12/16-) - 47期(2014/12/14-)
44期在籍の他の議員はこちら→44期衆議院統計 44期衆議院議員


衆議院本会議(44期)

37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議 - 43期本会議 - 44期本会議 - 45期本会議 - 46期本会議 - 47期本会議

本会議発言統計

 第163回国会(特別:2005/09/21-2005/11/01)  0回発言      0文字発言
 第164回国会(通常:2006/01/20-2006/06/18)  1回発言   4374文字発言
 第165回国会(臨時:2006/09/26-2006/12/19)  2回発言   4293文字発言
 第166回国会(通常:2007/01/25-2007/07/05)  5回発言  14243文字発言
 第167回国会(臨時:2007/08/07-2007/08/10)  0回発言      0文字発言
 第168回国会(臨時:2007/09/10-2008/01/15)  1回発言    329文字発言
 第169回国会(通常:2008/01/18-2008/06/21)  1回発言   2864文字発言
 第170回国会(臨時:2008/09/24-2008/12/25)  0回発言      0文字発言
 第171回国会(通常:2009/01/05-2009/07/21)  1回発言   5787文字発言

       44期通算   (2005/09/11-2009/08/29) 11回発言  31890文字発言

本会議発言一覧

第164回国会 衆議院 本会議 第33号(2006/06/01、44期)

私は、自由民主党を代表いたしまして、ただいま議題となりました自由民主党、公明党共同提出の日本国憲法の改正手続に関する法律案及び民主党提出の日本国憲法の改正及び国政における重要な問題に係る案件の発議手続及び国民投票に関する法律案に関して質問をさせていただきます。(拍手)思い返せば、昨年の四月二十六日、………会議録へ(外部リンク)

第165回国会 衆議院 本会議 第9号(2006/10/24、44期)

消費生活用製品安全法の一部を改正する法律案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。国民生活の安全、安心を確保することは、重要な国の責務であります。会議録へ(外部リンク)

第165回国会 衆議院 本会議 第10号(2006/10/26、44期)

笠議員にお答えいたします。EPAにおける模倣品対策及び知的財産の活用についてのお尋ねであります。会議録へ(外部リンク)

第166回国会 衆議院 本会議 第7号(2007/02/20、44期)

エンジェル税制の拡充についてのお尋ねがありました。先ほど財務大臣からも答弁がありましたが、平成十九年度税制改正において、ベンチャー企業の重要性にかんがみて、ベンチャー企業の要件の緩和、さらには、資金調達の円滑化の観点から、ベンチャー企業が投資を受ける前に要件を満たすかどうかを確認する制度の導入につい………会議録へ(外部リンク)

第166回国会 衆議院 本会議 第12号(2007/03/08、44期)

私には、雇用創出の施策と効果について質問がありました。中小企業は、日本の全体の雇用の七割を支えているわけであります。同時に、中小企業は地域経済を支えているわけであります。今日まで、予算、税制そして金融を通じて、各般の中小企業政策そして雇用政策に取り組んでまいりました。会議録へ(外部リンク)

第166回国会 衆議院 本会議 第14号(2007/03/16、44期)

初めに、産業活力再生特別措置法等の一部を改正する法律案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。我が国経済は、足元の景気は回復基調であるものの、人口減少社会の到来、国際競争の激化等、成長の制約要因を抱えております。こうした制約を克服するため、経済成長戦略大綱では、イノベーションによる生産性向上や地………会議録へ(外部リンク)

第166回国会 衆議院 本会議 第18号(2007/03/29、44期)

中小零細企業への資金供給機能についてのお尋ねであります。中小零細企業は、日本経済の発展を支えていく原動力であります。その資金調達の円滑化は極めて重要であると考えております。会議録へ(外部リンク)

第166回国会 衆議院 本会議 第20号(2007/04/10、44期)

株式会社商工組合中央金庫法案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。日本の産業競争力の源泉は、大企業に部品や素材を供給する中小企業にあり、また、地域の経済を支えているのも、各地域で特色ある事業活動を行う中小企業であります。商工組合中央金庫は、こうした中小企業のよい点を見つけ、はぐくむノウハウを持………会議録へ(外部リンク)

第168回国会 衆議院 本会議 第5号(2007/10/04、44期)

太田議員から中小企業対策についてのお尋ねがありました。景況感の回復におくれが見られる中小・小規模企業の活性化は、緊急に取り組むべき最も重要な政策課題の一つであると認識をいたしております。会議録へ(外部リンク)

第169回国会 衆議院 本会議 第20号(2008/04/10、44期)

電気やガス料金の伝票に二酸化炭素排出量を記載すべきとの御指摘についてでありますが、毎月の検針票にはその月と前年同月の使用量を記載しておりまして、増減の傾向を把握できることから、各家庭での自主的な省エネに寄与するものとなっております。二酸化炭素は、電気やガスだけではなく、灯油などの消費によっても発生を………会議録へ(外部リンク)

第171回国会 衆議院 本会議 第42号(2009/06/25、44期)

このたび、政府から提出いたしました国家公務員法等の一部を改正する法律案につきまして、その提案理由及び内容の概要を御説明申し上げます。昨年六月十三日に公布された国家公務員制度改革基本法に基づき、国家に奉職するという高いモラル、みずからの職務への高いモチベーション、高い能力を持つ国家公務員を育成、活用し………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(44期)

37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会 - 43期委員会 - 44期委員会 - 45期委員会 - 46期委員会 - 47期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第163回国会  4回出席(長  4 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言
第164回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  1)  1回発言  10918文字発言

  44期通算  10回出席(長  4 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  1)  1回発言  10918文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 予算委員会
             5回出席(長  4 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言  10918文字発言

 懲罰委員会
             5回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  5 委員  0)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 予算委員会委員長(第163回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 懲罰委員会理事(第164回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第164回国会 衆議院 予算委員会 第5号(2006/02/06、44期)

自民党の甘利明でございます。この間まではそこに座っておったんですが、随分久しぶりにこの席に立たせていただきました。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(44期)

37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書 - 43期質問主意書 - 44期質問主意書 - 45期質問主意書 - 46期質問主意書 - 47期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 45期(2009/08/30-) - 46期(2012/12/16-) - 47期(2014/12/14-)
44期在籍の他の議員はこちら→44期衆議院統計 44期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22