国会議員白書トップ衆議院議員甘利明>46期国会活動まとめ

甘利明衆議院議員 46期国会活動まとめ



在籍期:37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 45期(2009/08/30-) - 46期(2012/12/16-) - 47期(2014/12/14-)
46期在籍の他の議員はこちら→46期衆議院統計 46期衆議院議員


衆議院本会議(46期)

37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議 - 43期本会議 - 44期本会議 - 45期本会議 - 46期本会議 - 47期本会議

本会議発言統計

 第182回国会(特別:2012/12/26-2012/12/28)  0回発言      0文字発言
 第183回国会(通常:2013/01/28-2013/06/26)  6回発言  14914文字発言
 第184回国会(臨時:2013/08/02-2013/08/07)  0回発言      0文字発言
 第185回国会(臨時:2013/10/15-2013/12/08)  2回発言   5473文字発言
 第186回国会(通常:2014/01/24-2014/06/22)  3回発言   6088文字発言
 第187回国会(臨時:2014/09/29-2014/11/21)  0回発言      0文字発言

       46期通算   (2012/12/16-2014/12/13) 11回発言  26475文字発言

本会議発言一覧

第183回国会 衆議院 本会議 第8号(2013/02/28、46期)

経済財政政策を担当する内閣府特命担当大臣として、その所信を申し述べます。第二次安倍内閣は、まずは、強い経済を取り戻すことを最大の使命としてまいります。会議録へ(外部リンク)

第183回国会 衆議院 本会議 第9号(2013/03/04、46期)

日本経済の今後の見通しについてお尋ねがありました。我が国経済は、世界経済の緩やかな回復が期待される中で、大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略の三本の矢に一体的に取り組むことによりまして、着実な需要の発現と雇用創出が見込まれまして、平成二十五年度のGDPの実質成長率は二・五%程………会議録へ(外部リンク)

第183回国会 衆議院 本会議 第10号(2013/03/05、46期)

電力自由化についてのお尋ねがありました。先般開催をされました第二回産業競争力会議におきまして、電力システム改革を初めとするエネルギー制約の克服とコスト低減への取り組みについて議論をいたしましたところ、民間議員の方々からも、電力システム改革が大変重要であるとの御意見をいただきました。会議録へ(外部リンク)

第183回国会 衆議院 本会議 第12号(2013/03/22、46期)

このたび政府から提出をした行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律案につきまして、その趣旨を御説明申し上げます。この法律案は、行政機関等の行政事務を処理する者が、個人番号及び法人番号の有する特定の個人及び法人等を識別する機能を活用し、並びに当該機能によって異なる分野の情報を………会議録へ(外部リンク)

第183回国会 衆議院 本会議 第21号(2013/05/10、46期)

お答えをさせていただきます。歳入庁の設置についてのお尋ねであります。会議録へ(外部リンク)

第183回国会 衆議院 本会議 第28号(2013/05/28、46期)

まず、原発停止による燃料費増加についてのお尋ねであります。原子力発電施設の稼働率低下に伴いまして、火力発電施設の稼働率が上昇し、鉱物性燃料の輸入金額の増加等をもたらしました。鉱物性燃料の輸入金額の増加は、その後も、為替レートの動向を反映した輸入価格上昇を通じまして、貿易収支の赤字の要因となっております。会議録へ(外部リンク)

第185回国会 衆議院 本会議 第5号(2013/10/29、46期)

二点の質問がありました。まず、今回の成長戦略と過去の成長戦略との違いについてのお尋ねであります。会議録へ(外部リンク)

第185回国会 衆議院 本会議 第6号(2013/11/01、46期)

社会保障制度改革国民会議の報告書についてお尋ねがありました。国民会議は、自民、公明、民主の三党合意に基づき取りまとめられた改革推進法に基づきまして設置をされました会議であり、その報告書は、少子高齢化が進展する中、世界に冠たる日本の社会保障制度を将来世代にしっかりと伝える観点から二十回にわたりまして行………会議録へ(外部リンク)

第186回国会 衆議院 本会議 第1号(2014/01/24、46期)

経済財政政策を担当する内閣府特命担当大臣として、その所信を申し述べます。長引くデフレからの早期脱却と経済再生を図るため、安倍内閣では、大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略の三本の矢を一体として強力に推進してきました。会議録へ(外部リンク)

第186回国会 衆議院 本会議 第5号(2014/02/14、46期)

越智議員からの御質問は、経済再生と財政健全化の両立に向けた取り組みについてでありました。経済再生につきましては、今回の法案に盛り込まれております設備投資減税、研究開発税制などの思い切った税制措置を含めまして、三本の矢を一体的、強力に推進をし、デフレ脱却と経済成長を目指してまいります。会議録へ(外部リンク)

第186回国会 衆議院 本会議 第6号(2014/02/18、46期)

ことし四月の消費税率引き上げについてのお尋ねであります。政府といたしましては、デフレ脱却と経済再生を最優先課題として、三本の矢を一体的かつ強力に推進をしてきました。こうした取り組みを進めながら、社会保障の安定財源確保と財政健全化を同時に達成していく観点から、四月から消費税率を八%に引き上げることとい………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(46期)

37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会 - 43期委員会 - 44期委員会 - 45期委員会 - 46期委員会 - 47期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 期間中、委員会での発言なし。

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 期間中、委員会での発言なし。

委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

 期間中、委員会での発言なし。
■ページ上部へ

衆議院質問主意書(46期)

37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書 - 43期質問主意書 - 44期質問主意書 - 45期質問主意書 - 46期質問主意書 - 47期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 45期(2009/08/30-) - 46期(2012/12/16-) - 47期(2014/12/14-)
46期在籍の他の議員はこちら→46期衆議院統計 46期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22