和田鶴一 参議院議員
8期国会発言一覧

和田鶴一[参]在籍期 : 6期- 7期-| 8期|
和田鶴一[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは和田鶴一参議院議員の8期(1968/07/07〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は8期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(参議院8期)

 期間中、参議院本会議での発言なし。
和田鶴一[参]本会議発言(全期間)
6期- 7期-| 8期|

■ページ上部へ

委員会発言一覧(参議院8期)

和田鶴一[参]委員会統計発言一覧(全期間)
6期- 7期-| 8期|
第59回国会(1968/08/01〜1968/08/10)

第59回国会 農林水産委員会 第1号(1968/08/06、8期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(和田鶴一君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  この際、皆さまに一言ごあいさつ申し上げます。  私、続き委員長の職を仰せつかりましたが、いままで同様皆さまの協力をいただきまして、委員会の公正、円滑な運営を行なってまいりたいと存じますので、どうぞよろしくお願いいたします。(拍手)
【次の発言】 まず、理事の互選を行ないます。  本委員会の理事の数は五名でございます。  互選は投票の方法によらないで、委員長にその指名を御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは理事に園田清充君、任田新治君、中村波男君、矢山有作君及び宮……

第59回国会 農林水産委員会 第2号(1968/08/08、8期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(和田鶴一君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  農林水産政策に関する調査として、米価問題に関する件を議題といたします。  本件について質疑のある方は、順次御発言を願います。
【次の発言】 本件についての質疑はこの程度にとどめます。
【次の発言】 請願第六号、食糧管理制度の堅持と昭和四十三年産米政府買入れ価格の決定に関する請願外四件を一括して議題といたします。  本件につきましては、先ほど委員長及び理事打合会におきまして内容を検討いたしました結果、請願第六号外三件は、議院の会議に付するを要するものにして、内閣に送付するを要するものとし、請願第二一号は保留とすることが適当で……

第59回国会 農林水産委員会 第閉会後2号(1968/10/25、8期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(和田鶴一君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  議事に先立ちまして一言申し上げますが、すでに御承知のことと存じますが、本委員会委員であられました岡村文四郎君は、去る十月二十日逝去せられました。まことに痛惜哀悼の至りにたえません。ここに謹んで、同君の長年にわたる御功績をしのび、各位とともに黙祷して御冥福をお祈りいたしたいと思います。どうぞ御起立を願います。黙祷。
【次の発言】 黙祷を終わります。
【次の発言】 農林水産政策に関する調査を議題といたします。  まず、派遣委員の報告に関する件を議題とし、先般当委員会が行ないました委員派遣について、その調査報告をそれぞれ派遣委員……

第59回国会 農林水産委員会 第閉会後3号(1968/11/19、8期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(和田鶴一君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。
【次の発言】 農林水産政策に関する調査を議題といたします。  これより質疑を行ないます。質疑のある方は、順次御発言を願います。
【次の発言】 次に任田君。
【次の発言】 先ほどの河田委員の質問に対しまして、農林経済局長から補足の説明があります。
【次の発言】 ほかに御発言もなければ、農林水産政策に関する調査は、本日はこの程度にとどめます。  次回は明二十日午前十時より開会することにし、これにて散会いたします。    午後四時十五分散会

第59回国会 農林水産委員会 第閉会後4号(1968/11/20、8期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(和田鶴一君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  農林水産政策に関する調査を議題といたします。  これより質疑を行ないます。質疑のある方は、順次御発言を願います。
【次の発言】 佐々木副総裁に申し上げますが、ただいま足鹿委員の質問に対して、いつどこでというようなことは記録が不明なようだからそういう点はいいとしても、だれとどういうような話をしたということぐらいはわかると思うから、それはひとつ文書で出しなさい。そうしないとこの問題ケリつかない。どうですか副総裁、だれとどういうような話をしたという程度のことは出せるでしょう。


■ページ上部へ

第60回国会(1968/12/10〜1968/12/21)

第60回国会 農林水産委員会 第1号(1968/12/11、8期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(和田鶴一君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  調査承認要求に関する件を議題といたします。  本委員会といたしましては、今期国会開会中も従来どおり農林水産政策に関する調査を行なうこととし、この旨の調査承認要求書を本院規則第七十四条の三により議長に提出いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  なお、要求書の作成につきましては、委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  本日はこれにて散会いたします。    午前十一時四十三分散会

第60回国会 農林水産委員会 第2号(1968/12/19、8期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(和田鶴一君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  農林水産政策に関する調査を議題といたします。  この際、長谷川農林大臣及び玉置農林政務次官から発言を求められておりますのでこれを許します。長谷川農林大臣。
【次の発言】 玉置農林政務次官。
【次の発言】 これより質疑を行ないます。  質疑のある方は順次御発言を願います。
【次の発言】 委員の異動について報告いたします。  本日、宮崎正雄君が委員を辞任され、その補欠として内藤誉三郎君が選任されました。
【次の発言】 午前の質疑はこの程度にとどめ、午後一時三十分まで休憩いたします。    午後零時四十四分休憩


■ページ上部へ

第61回国会(1968/12/27〜1969/08/05)

第61回国会 農林水産委員会 第1号(1968/12/27、8期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(和田鶴一君) ただいまから農林水産委員会を開会いたします。  理事の辞任及び補欠選任についておはかりいたします。  宮崎正義君から文書をもって、都合により理事を辞任したいとの旨の申し出がございました。これを許可することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  この際、理事の補欠選任を行ないたいと存じます。  理事の選任につきましては、先例により委員長にその指名を御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは理事に沢田実君を指名いたします。

第61回国会 農林水産委員会 第2号(1969/02/07、8期、自由民主党)

○和田鶴一君 一年間農林委員長の間、委員の皆さん方から公私ともに非常な御協力をいただきまして、大過なく任務を終えて、このたび任田委員長と交代することになりました。  今後も委員として当委員会に籍を置いて皆さん方とともに審議に当たるわけでありますが、どうぞ今後ともよろしく御指導、御鞭撻をお願いいたします。  ありがとうございました。(拍手)

第61回国会 農林水産委員会 第6号(1969/03/25、8期、自由民主党)

○和田鶴一君 ただいま達田議員から各般にわたりましてきわめて詳細に質疑が行なわれましたので、もはやお尋ねする向きもあまりないのでありますけれども、なおまたただいま農林大臣から達田議員の質疑に対する考え方の披瀝もございましたけれども、私はこの機会に二、三点だけお尋ねをしておきたいと思います。  漁港整備といいますと、漁港の整備というものは漁業全般の中に占める位置といいますか、漁港整備が望ましい姿で整備が完了したならば、もはや国が行なう漁業全般についての施策はもうあまり残らないと言ってもいいぐらいに私は漁港の整備というものの漁業に占める位置の大きさを痛感いたします。そこで、そういう観点に立って官房……

第61回国会 農林水産委員会 第17号(1969/05/15、8期、自由民主党)

○和田鶴一君 大蔵委員会も開会されておりまして、大蔵省はたいへん忙しいようですから、まず大蔵省に対して二、三質問をいたしたいと思います。  まず最初に、きわめて簡単なことでございますが、質疑の順序といたしまして、年々歳々予算を査定するときに、各省の一応のワクがきめられておって、そうして経済の成長率に応じて税の増収がある。そうすると、ことしは昨年度の何%増だという目安を置いて、きわめて機械的に算術計算をして、そうして新年度の予算のワクをきめているような感じがするのですが、まずその点どうだか、ひとつお教え願いたいと思います。
【次の発言】 まあ政府がいろいろの政策を公表いたしまして、たとえば社会福……


■ページ上部へ

第65回国会(1970/12/26〜1971/05/24)

第65回国会 決算委員会 第5号(1971/02/26、8期、自由民主党)【議会役職】

○理事(和田鶴一君) 速記をとめて。
【次の発言】 速記を起こして。

第65回国会 決算委員会 第14号(1971/05/17、8期、自由民主党)

○和田鶴一君 私は、自由民主党を代表し、昭和四十三年度決算を是認し、政府に対する警告案に賛成するものであります。また、国有財産関係二件についても是認するものであります。  私どもは、過去一年にわたり、本決算を審査してまいりましたが、国会における決算審査は、予算執行の結果が国民の納得するような姿になっているかどうかについて検討を加えてまいるものであり、まことに重要な意義を有するものであります。  本委員会の審査の過程において、政府の財政執行上改善すべき幾多の事項が指摘されたように思いますが、それらの点はすでに措置済みの七のもあり、これから是正されるものもあるかと存じます。特に、本決算に関連しての……

第65回国会 農林水産委員会 第18号(1971/05/24、8期、自由民主党)

○和田鶴一君 簡単に一言。堀本議員の質問の中で、グレープフルーツが輸入された場合に、その若干の影響というようなことで、影響の把握のしかたということについて、若干という表現についてはいささか、というお話がありましたが、それに対するあなたの答弁を聞いておって、私は聞き違いかどうか知りませんが、まあ外貨の割り当てとか何かやって一自由化のスケジュールはいま考えていないというような答弁があったように思いますけれども、その後の議論を聞いておりますと、季節関税というものを考えたり、やがて自由化されたあとのかんきつ対策等を述べられたようですが、これはやっぱりあれですか、もう既成の事実となるわけですか。まずそれ……


和田鶴一[参]委員会統計発言一覧(全期間)
6期- 7期-| 8期|

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(参議院8期)

 期間中、各種会議での発言なし。

和田鶴一[参]委員会統計発言一覧(全期間)
6期- 7期-| 8期|

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム参議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/07/01

和田鶴一[参]在籍期 : 6期- 7期-| 8期|
和田鶴一[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 8期在籍の他の議員はこちら→ 8期参議院議員(五十音順)  8期参議院議員(選挙区順)  8期参議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。