緒方靖夫 参議院議員
18期国会活動統計

緒方靖夫[参]在籍期 : 17期-|18期|-19期-20期
緒方靖夫[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは緒方靖夫参議院議員の18期(1998/07/12〜)の国会活動を整理しています。国会での質問や答弁は18期国会発言一覧で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

本会議発言(参議院18期)

本会議発言統計

国会会期
期間
発言
文字数
議会役職
政府役職



(臨時:1998/07/30-1998/10/16)
1回
2487文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第144回国会
(臨時:1998/11/27-1998/12/14)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(通常:1999/01/19-1999/08/13)
3回
8480文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第146回国会
(臨時:1999/10/29-1999/12/15)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第147回国会
(通常:2000/01/20-2000/06/02)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第148回国会
(特別:2000/07/04-2000/07/06)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第149回国会
(臨時:2000/07/28-2000/08/09)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(臨時:2000/09/21-2000/12/01)
1回
2953文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(通常:2001/01/31-2001/06/29)
2回
5381文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字



18期通算
(1998/07/12-)
7回
19301文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

※「議会役職」は議長、副議長など国会の役職、「政府役職」は大臣などの内閣、政府関係の役職が記録に付されていた場合を集計しています。


本会議発言時役職

 期間中、参議院本会議での議会役職、政府役職の立場からの発言なし。


緒方靖夫[参]本会議発言(全期間)
17期-|18期|-19期-20期

■ページ上部へ

委員会・各種会議(参議院18期)

委員会出席・発言数

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


22回
(8回)
7回
(0回
0回)
30079文字
(0文字
0文字)

6回
(2回)
1回
(0回
0回)
4624文字
(0文字
0文字)

55回
(24回)
22回
(0回
0回)
118129文字
(0文字
0文字)

19回
(5回)
5回
(0回
0回)
25995文字
(0文字
0文字)

24回
(19回)
11回
(0回
0回)
75599文字
(0文字
0文字)

第148回国会
4回
(1回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

11回
(1回)
5回
(0回
0回)
18316文字
(0文字
0文字)

13回
(6回)
7回
(0回
0回)
34706文字
(0文字
0文字)

25回
(18回)
20回
(0回
0回)
99861文字
(0文字
0文字)


18期通算
179回
(84回)
78回
(0回
0回)
407309文字
(0文字
0文字)

※出席数は委員としての出席を数えています。大臣、政府委員など委員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など委員以外の立場での発言を含みます。「議会」は委員長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議出席・発言数

※本会議、常任委員会、特別委員会以外の集計可能な各種会議について集計したものです。具体的には、調査会、連合委員会、小委員会、分科会、連合審査会などです。

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


第143回国会
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

第145回国会
1回
(1回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

8回
(0回)
7回
(0回
0回)
10461文字
(0文字
0文字)

第148回国会
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

第149回国会
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

4回
(0回)
1回
(0回
0回)
376文字
(0文字
0文字)

7回
(0回)
6回
(0回
0回)
9471文字
(0文字
0文字)


18期通算
23回
(1回)
14回
(0回
0回)
20308文字
(0文字
0文字)

※出席数は会議の構成員としての出席を数えています。大臣、政府委員など構成員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」はその会議の幹部として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など構成員以外の立場での発言を含みます。「議会」はその会議の長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。一部会議の出席は未集計です。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
委員会名



1位
64回
(64回)
32回
(0回
0回)
国土・環境委員会

2位
36回
(0回)
14回
(0回
0回)
決算委員会

3位
23回
(0回)
6回
(0回
0回)
国会等の移転に関する特別委員会

4位
18回
(18回)
15回
(0回
0回)
国土交通委員会

5位
15回
(0回)
3回
(0回
0回)
金融問題及び経済活性化に関する特別委員会

6位
10回
(0回)
1回
(0回
0回)
日米防衛協力のための指針に関する特別委員会

7位
9回
(2回)
3回
(0回
0回)
中小企業対策特別委員会

8位
3回
(0回)
3回
(0回
0回)
予算委員会

9位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
災害対策特別委員会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
各種会議名


1位
21回
(0回)
14回
(0回
0回)
国際問題に関する調査会

2位
1回
(1回)
0回
(0回
0回)
国土・環境委員会、経済・産業委員会連合審査会

2位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
金融問題及び経済活性化に関する特別委員会日本長期信用銀行等不良債権調査に関する小委員会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会委員長経験

 期間中、委員長経験なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会委員長代理経験

 期間中、委員長代理経験なし。

※開催された委員会に委員長代理、委員長代理理事として出席した場合を委員長代理経験として数えています。記録上これら役職に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会理事経験

国土・環境委員会(第143回国会)
国土・環境委員会(第144回国会)
国土・環境委員会(第145回国会)
国土・環境委員会(第146回国会)
中小企業対策特別委員会(第146回国会)
国土・環境委員会(第147回国会)
国土・環境委員会(第148回国会)
国土・環境委員会(第149回国会)
国土・環境委員会(第150回国会)
国土交通委員会(第151回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


各種会議役職経験

 期間中、各種会議役職経験なし。

※開催された各種会議にその会議の役職として出席した場合を各種会議役職経験として数えています。記録上役職に就任していても、該当会議が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

緒方靖夫[参]委員会統計発言一覧(全期間)
17期-|18期|-19期-20期

■ページ上部へ

質問主意書(参議院18期)

質問主意書提出数

国会会期期間提出数


第143回国会(臨時:1998/07/30-1998/10/16)0本
第144回国会(臨時:1998/11/27-1998/12/14)1本
第145回国会(通常:1999/01/19-1999/08/13)0本
第146回国会(臨時:1999/10/29-1999/12/15)0本
第147回国会(通常:2000/01/20-2000/06/02)1本
第148回国会(特別:2000/07/04-2000/07/06)0本
第149回国会(臨時:2000/07/28-2000/08/09)0本
第150回国会(臨時:2000/09/21-2000/12/01)1本
第151回国会(通常:2001/01/31-2001/06/29)2本


18期通算(1998/07/12-)5本
※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

質問主意書・政府答弁書一覧


第144回国会(1998/11/27〜1998/12/14)

東京・武蔵府中税務署における修正申告書偽造事件に関する質問

第144回国会 参議院 質問主意書 第12号(1998/12/14提出、18期、会派情報無し)
質問内容
本年七月、八月に、相次いで二人の事業者の納税申告書の修正申告書が東京国税局管内の武蔵府中税務署員によって偽造され、提出されるという事件が発覚した。被害者は、シャッター工事業を営むO氏と建設業を営むM氏である。税務署長は修正申告書を偽造した事実を認め、東京国税局は当該税務署員を懲戒処分にした。
私はこの問題を重視し、十一月五日当該税務署長と会い、申入れを行うとともに、国税庁に対しても、数度にわたる…
答弁内容
一について
平成十年九月十八日に、御指摘の事件に係る納税者のうち一名が東京国税局武蔵府中税務署を訪れ、納税者本人名義の修正申告書の閲覧を行った際に、修正申告書の住所、氏名等の筆跡は自分のものではないとの申立てを行ったため、東京国税局武蔵府中税務署において直ちに事実確認を行い、当該納税者の調査を担当した職員に事情説明を求めたところ、翌十九日に、当該職員が修正申告書を作成した上で納税者自身がこれを提…

■ページ上部へ

第147回国会(2000/01/20〜2000/06/02)

低周波音公害の対策に関する質問(共同提出)

第147回国会 参議院 質問主意書 第13号(2000/03/01提出、18期、会派情報無し)
質問内容
低周波音公害については、一九七〇年代から被害者の訴えが増加し、新たな公害として社会問題になった。一九七八年十一月七日の参議院公害対策及び環境保全特別委員会では、日本共産党沓脱タケ子議員の西名阪道路沿線低周波音被害に関する質問に対し、環境庁大気保全局長が「道路交通が一つの大きい振動あるいは低周波振動というようなことでの影響を及ぼしているのでないだろうかということは言える」「研究調査を進めて、それによ…
答弁内容
一について
環境庁においては、昭和四十八年度以降毎年度行っている騒音規制法(昭和四十三年法律第九十八号)の施行状況調査の中で、低周波音に係る苦情件数を工場・事業場、建設作業、自動車交通、家庭生活等の発生源別に把握する等の調査を行っている。
また、昭和五十一年度以降に行った調査研究の成果を昭和五十九年十二月に「低周波空気振動調査報告書」として取りまとめた後、昭和六十年度には「低周波空気振動防止対…

■ページ上部へ

第150回国会(2000/09/21〜2000/12/01)

政府の核・生物・化学兵器(NBC兵器)対処に関する質問(共同提出)

第150回国会 参議院 質問主意書 第6号(2000/11/09提出、18期、会派情報無し)
質問内容
自衛隊は、創設以来米軍の指導の下に、核・生物・化学戦対処を重要な訓練項目とし、一九七〇年前後には核・生物・化学兵器(NBC兵器)対処のための訓練用の陸上自衛隊教範「特殊武器防護」や海上自衛隊教範「応急教範」などを作成した。
防衛庁は二〇〇〇年度から核・生物・化学兵器対処のための本格的な予算を計上した。
今や自衛隊が、生物・化学兵器の攻撃による汚染からの「防護」の研究から踏み出して生物・化学兵器…
答弁内容
一の1及び三の4について
冷戦終結後、核・生物・化学兵器(以下「NBC兵器」という。)及びその運搬手段である弾道ミサイルについては、その世界的な拡散が懸念される状況にある。また、特に生物兵器及び化学兵器は比較的安価かつ製造が容易であり、その拡散は新たな脅威と認識されている。NBC兵器は、これが使用された場合、地域が汚染されるとともに大量無差別の殺傷の結果を生ずる可能性があり、決して使用されるべき…

■ページ上部へ

第151回国会(2001/01/31〜2001/06/29)

東京都港区の米軍「赤坂プレスセンター」の臨時ヘリポートに関する質問主意書(共同提出)

第151回国会 参議院 質問主意書 第18号(2001/04/13提出、18期、会派情報無し)
質問内容
米軍が現在使用している東京都港区六本木の米軍「赤坂プレスセンター」内の臨時ヘリポート用地約四三〇〇平方メートルは、一九八三年五月の日米合同委員会で、「赤坂プレスセンター」内の土地三九〇〇平方メートルを都市計画街路環状三号線の道路用地として東京都と米軍の共同使用にする代替措置として、東京都が公園として使用している土地の一部を米軍に追加提供し、環状三号線建設工事が完了したならば東京都に返還するというこ…
答弁内容
一について
御指摘の「赤坂プレスセンター」について、昭和五十八年五月十九日に開催された、日本国とアメリカ合衆国との間の相互協力及び安全保障条約第六条に基づく施設及び区域並びに日本国における合衆国軍隊の地位に関する協定(昭和三十五年条約第七号。以下「地位協定」という。)第二十五条に基づく合同委員会(以下「日米合同委員会」という。)において、日本国政府とアメリカ合衆国政府(以下「米国政府」という。)…

トラック輸送の安全確保と公正取引の確立に関する質問主意書(共同提出)

第151回国会 参議院 質問主意書 第46号(2001/06/28提出、18期、会派情報無し)
質問内容
わが国のトラック運送事業は、国内貨物輸送全体の九一%(トン数ベース)を担っており、日本経済を支える物流の軸ともいえる役割を果たしている。しかし、この間の日本経済の深刻な不況の下で、トラック運送事業は極めて厳しい状態にある。しかも一〇年前の物流二法の規制緩和措置により、過当競争に拍車がかかり運賃ダンピング問題や大型トラックなどの重大事故が増加している。
九〇年一二月の物流二法の施行以降、現在までト…
答弁内容
一の1について
運輸省(当時)においては、御指摘の調査結果を踏まえ、貨物自動車運送事業の健全な運営の確保に資するため、平成九年六月に、荷主の事業者団体に対し文書で運賃及び料金に係る取引の正常化に関する協力依頼を行ったところである。荷主の事業者団体は、当該協力依頼を受けて、傘下の事業者に対し当該協力依頼の趣旨及び内容を周知させたものと聞いている。
今後とも、必要に応じ、貨物自動車運送事業者の収受…

緒方靖夫[参]質問主意書(全期間)
17期-|18期|-19期-20期
■ページ上部へ

会派履歴(参議院18期 ※参考情報)

日本共産党 (第143回国会、初出日付:1998/09/17、会議録より)
日本共産党 (第144回国会、初出日付:1998/12/17、会議録より)
日本共産党 (第145回国会、初出日付:1999/03/09、会議録より)
日本共産党 (第146回国会、初出日付:1999/11/16、会議録より)
日本共産党 (第147回国会、初出日付:2000/02/14、会議録より)
日本共産党 (第149回国会、初出日付:2000/08/07、会議録より)
日本共産党 (第150回国会、初出日付:2000/11/06、会議録より)
日本共産党 (第151回国会、初出日付:2001/02/21、会議録より)

※このデータは、議員の本会議、委員会等での発言時の記録から作成しています。そのため、議員がこれらの活動を行わなかった場合には会派は記録されません。会派への所属期間が短い場合、会派の存続期間が短い場合、会派名称が短期間で変更される場合なども、所属会派が記録されない可能性が高くなります。また、会議録の不正確なデータを修正していないため、会派移動を繰り返したような履歴が表示されることがあります。


議会・政府役職(参議院18期 ※参考情報)

 期間中に国会での議会役職、政府役職の立場からの発言記録なし。

※このデータは、国会会議録検索システムの発言データに付随する情報を元に補完、修正して作成しています。重要役職に就いていた場合でも、本会議、委員会等での発言がない場合には記録なしとなります。発言回数が膨大なため誤記録の絶対数が多く、また修正を機械的に行っているため、粗いデータとなっています。委員会の委員長など委員会、各種会議の役職については、出席データを元に作成している委員会のデータを参照して下さい。

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

※このページのデータは国会会議録検索システム参議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/05/16

緒方靖夫[参]在籍期 : 17期-|18期|-19期-20期
緒方靖夫[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 18期在籍の他の議員はこちら→18期参議院議員(五十音順) 18期参議院議員(選挙区順) 18期参議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。