藤田幸久 参議院議員
23期国会活動統計

藤田幸久[参]在籍期 : 21期-22期-|23期|-24期
藤田幸久[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは藤田幸久参議院議員の23期(2013/07/21〜)の国会活動を整理しています。国会での質問や答弁は23期国会発言一覧で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

本会議発言(参議院23期)

本会議発言統計

国会会期
期間
発言
文字数
議会役職
政府役職



第23回国会
(臨時:1955/11/22-1955/12/16)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字



23期通算
(2013/07/21-)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

※「議会役職」は議長、副議長など国会の役職、「政府役職」は大臣などの内閣、政府関係の役職が記録に付されていた場合を集計しています。


本会議発言時役職

 期間中、参議院本会議での議会役職、政府役職の立場からの発言なし。


藤田幸久[参]本会議発言(全期間)
21期-22期-|23期|-24期

■ページ上部へ

委員会・各種会議(参議院23期)

委員会出席・発言数

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


1回
(0回)
1回
(0回
0回)
122文字
(0文字
0文字)

20回
(1回)
6回
(0回
0回)
37157文字
(0文字
0文字)

31回
(4回)
12回
(0回
0回)
62408文字
(0文字
0文字)

13回
(1回)
4回
(0回
0回)
19068文字
(0文字
0文字)

第188回国会
3回
(1回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

57回
(8回)
15回
(0回
0回)
109390文字
(0文字
0文字)

47回
(7回)
9回
(0回
0回)
53296文字
(0文字
0文字)


23期通算
172回
(22回)
47回
(0回
0回)
281441文字
(0文字
0文字)

※出席数は委員としての出席を数えています。大臣、政府委員など委員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など委員以外の立場での発言を含みます。「議会」は委員長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議出席・発言数

※本会議、常任委員会、特別委員会以外の集計可能な各種会議について集計したものです。具体的には、調査会、連合委員会、小委員会、分科会、連合審査会などです。

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


1回
(0回)
1回
(0回
0回)
1218文字
(0文字
0文字)

第190回国会
3回
(0回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)


23期通算
4回
(0回)
1回
(0回
0回)
1218文字
(0文字
0文字)

※出席数は会議の構成員としての出席を数えています。大臣、政府委員など構成員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」はその会議の幹部として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など構成員以外の立場での発言を含みます。「議会」はその会議の長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。一部会議の出席は未集計です。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
委員会名



1位
69回
(0回)
19回
(0回
0回)
外交防衛委員会

2位
44回
(0回)
2回
(0回
0回)
予算委員会

3位
11回
(0回)
4回
(0回
0回)
厚生労働委員会

4位
10回
(10回)
4回
(0回
0回)
沖縄及び北方問題に関する特別委員会

4位
10回
(0回)
2回
(0回
0回)
国家安全保障に関する特別委員会

6位
8回
(0回)
3回
(0回
0回)
東日本大震災復興特別委員会

7位
7回
(7回)
5回
(0回
0回)
政府開発援助等に関する特別委員会

8位
5回
(5回)
3回
(0回
0回)
北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会

9位
3回
(0回)
2回
(0回
0回)
財政金融委員会

10位
2回
(0回)
2回
(0回
0回)
我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会

11位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
災害対策特別委員会

11位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
東日本大震災復興及び原子力問題特別委員会

11位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
内閣委員会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
各種会議名


1位
2回
(0回)
1回
(0回
0回)
予算委員会公聴会

1位
2回
(0回)
0回
(0回
0回)
憲法審査会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会委員長経験

 期間中、委員長経験なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会委員長代理経験

 期間中、委員長代理経験なし。

※開催された委員会に委員長代理、委員長代理理事として出席した場合を委員長代理経験として数えています。記録上これら役職に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会理事経験

北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会(第185回国会)
北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会(第186回国会)
沖縄及び北方問題に関する特別委員会(第187回国会)
沖縄及び北方問題に関する特別委員会(第188回国会)
沖縄及び北方問題に関する特別委員会(第189回国会)
政府開発援助等に関する特別委員会(第190回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


各種会議役職経験

 期間中、各種会議役職経験なし。

※開催された各種会議にその会議の役職として出席した場合を各種会議役職経験として数えています。記録上役職に就任していても、該当会議が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

藤田幸久[参]委員会統計発言一覧(全期間)
21期-22期-|23期|-24期

■ページ上部へ

質問主意書(参議院23期)

質問主意書提出数

 期間中に提出した質問主意書なし。※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

質問主意書・政府答弁書一覧

第186回国会(2014/01/24〜2014/06/22)

敗戦直後からの確定債務・休眠口座などの現状に関する質問主意書

第186回国会 参議院 質問主意書 第42号(2014/03/11提出、23期、会派情報無し)
質問内容
来年には戦後七十年を迎える。今日、我が国の過去の戦争の歴史に対する態度が国際的にも厳しく問われているが、「戦後七十年」を一つの大きな節目として、歴史的なけじめをつけるべき時期にきていると考える。
いわゆる戦後処理で、やり残してきた課題の一つに未払の確定債務(軍事郵便貯金、外地郵便貯金、厚生年金、供託金、有価証券、地金など。以下「確定債務」という。)の問題がある。当事者からの請求がない限り、口座な…
答弁内容
一及び四について
お尋ねの「確定債務」の具体的な範囲は必ずしも明らかではないが、お尋ねの「日本政府及び日本銀行・政府系金融機関」等の、法律上の支払義務が発生した後、払戻し等によりその支払義務が消滅していない未払の債務(以下「未払の債務」という。)について、今回政府が調査し判明したものは、次のとおりである。
軍事郵便貯金(軍事郵便貯金等特別処理法(昭和二十九年法律第百八号)第二条第一号に規定する…

敗戦直後からの確定債務・休眠口座などの現状に関する再質問主意書

第186回国会 参議院 質問主意書 第53号(2014/03/26提出、23期、会派情報無し)
質問内容
私が提出した「敗戦直後からの確定債務・休眠口座などの現状に関する質問主意書」(第百八十六回国会質問第四二号)に対する三月二十日付け答弁書(内閣参質一八六第四二号)について、以下、再質問する。
一 答弁書の一及び四について
軍事郵便貯金、外地郵便貯金の保管件数をそれぞれ示されたい。
また、日本銀行保管の供託物の件数を示されたい。日本銀行は、現金及び有価証券以外に地金なども保管していると思われる…
答弁内容
一について
軍事郵便貯金(軍事郵便貯金等特別処理法(昭和二十九年法律第百八号)第二条第一号に規定する軍事郵便貯金をいう。以下同じ。)及び外地郵便貯金(同条第三号に規定する外地郵便貯金をいう。以下同じ。)について、独立行政法人郵便貯金・簡易生命保険管理機構(以下「機構」という。)が管理する口座の件数は、平成二十五年三月末現在で、それぞれ約七十万件及び約千八百六十七万件であるものと承知している。

敗戦直後からの確定債務・休眠口座などの現状に関する第三回質問主意書

第186回国会 参議院 質問主意書 第62号(2014/04/10提出、23期、会派情報無し)
質問内容
私が提出した「敗戦直後からの確定債務・休眠口座などの現状に関する質問主意書」(第百八十六回国会質問第四二号)に対する答弁書(内閣参質一八六第四二号。以下「答弁書第四二号」という。)及び「敗戦直後からの確定債務・休眠口座などの現状に関する再質問主意書」(第百八十六回国会質問第五三号)に対する答弁書(内閣参質一八六第五三号。以下「答弁書第五三号」という。)に対して、以下、再度質問する。
一 答弁書第…
答弁内容
一の1について
先の答弁書(平成二十六年三月二十日内閣参質一八六第四二号。以下「前々回答弁書」という。)一及び四についてでお答えした「引揚者等から寄託された旧日本銀行券、国債・・・等、約百八万四千七百件」(以下「寄託された旧日本銀行券、国債等」という。)の総額については、調査に膨大な時間を要することから、お答えすることは困難である。
一の2について
臨時軍事費特別会計法(昭和十二年法律第八十…

「慰安婦」問題に関する質問主意書

第186回国会 参議院 質問主意書 第97号(2014/05/12提出、23期、会派情報無し)
質問内容
一 稲田朋美内閣府特命担当大臣が昨年五月二十四日の記者会見において、「戦時中は慰安婦制度ということ自体が悲しいことであるけれども、合法であったということもまた事実である」と述べている。この発言について、政府の見解を明らかにされたい。
二 前記一に関して、慰安婦制度が合法であったとするならば、同制度はどのような法規によって合法性が担保されていたのか示されたい。また、戦前において、慰安婦制度を合法と…
答弁内容
一について
稲田国務大臣より、平成二十五年五月二十四日の記者会見において、お尋ねのような発言があったことは承知しているが、政治家個人としてのものであり、政府としてお答えする立場にはない。
二から五まで及び七について
慰安婦問題については、政府としては、これまで、関係省庁において誠実に調査を行い、平成四年七月六日と平成五年八月四日の二度にわたり、その調査結果(以下「調査結果」という。)を発表し…

「慰安婦」問題に関する再質問主意書

第186回国会 参議院 質問主意書 第116号(2014/06/03提出、23期、会派情報無し)
質問内容
一 政府は、戦時中は慰安婦制度は合法であったと認識しているか。
二 一九九〇年六月六日の参議院予算委員会において、本岡昭次参議院議員の質問に対して清水傳雄労働省職業安定局長が「従軍慰安婦」は「民間の業者がそうした方々を軍とともに連れて歩いている」ものとして実態調査ができないと答弁していたが、その後一九九二年一月十三日に加藤内閣官房長官が「軍の関与は否定できない」旨の談話を出し、同年七月六日に第一…
答弁内容
一について
先の答弁書(平成二十六年五月二十日内閣参質一八六第九七号)二から五まで及び七についてでお答えしたとおり、平成四年七月六日及び平成五年八月四日に発表した慰安婦問題の調査結果において、慰安婦や慰安所の法規上の位置付けについては明らかになっておらず、お尋ねについてお答えすることは困難である。
二について
お尋ねの「根拠」は、平成三年十二月から平成四年六月まで関係省庁において行った関係資…

「慰安婦」問題に関する第三回質問主意書

第186回国会 参議院 質問主意書 第176号(2014/06/20提出、23期、会派情報無し)
質問内容
一 私が提出した「「慰安婦問題」に関する再質問主意書」(第百八十六回国会質問第一一六号)に対する答弁書(内閣参質一八六第一一六号。以下「答弁書」という。)の一についてによれば、戦時中において慰安婦制度は合法であったかどうか不明であるとのことであるが、現職閣僚が記者会見において一方的に合法であったと主張するのは不適切と思われる。内外への影響を考慮し、政府は当該閣僚に注意し、訂正を求めるべきではないか…
答弁内容
一について
御指摘の発言については、平成二十五年五月二十四日の記者会見において、稲田国務大臣が政治家個人としての見解を述べたものであると承知しており、政府としてお答えする立場にない。
二について
慰安婦問題の調査については、政府としては、これまで、平成四年七月六日と平成五年八月四日の二度にわたり、その結果を発表し、同日の調査結果の発表は、政府として全力を挙げて誠実に調査した結果を全体的に取り…

■ページ上部へ

第188回国会(2014/12/24〜2014/12/26)

年金積立金管理運用独立行政法人における年金積立金の運用に関する質問主意書

第188回国会 参議院 質問主意書 第11号(2014/12/24提出、23期、会派情報無し)
質問内容
年金積立金管理運用独立行政法人(以下「GPIF」という。)の平成二十六年度第二・四半期末運用資産額は百三十兆円に上り、GPIFは世界最大規模の年金基金と言われている。しかし、平成二十六年一月のダボス会議(世界経済フォーラム年次総会)での安倍総理の発言や同年十月に発表された基本ポートフォリオの変更に関し、GPIFの運用に対する懸念の声も少なくない。そこで、GPIFにおける運用に関し、以下質問する。 …
答弁内容
一について
御指摘の@の場合における年金積立金管理運用独立行政法人(以下「GPIF」という。)の積立金の運用のシミュレーション結果については、経済中位ケース(平成二十六年十月に行われたGPIFの基本ポートフォリオの変更を含む中期計画の変更(以下「基本ポートフォリオの変更」という。)の際に示された経済中位ケースをいう。)の場合には、財政検証における平成五十一年の予定積立金額が約百八十・八兆円である…

藤田幸久[参]質問主意書(全期間)
21期-22期-|23期|-24期
■ページ上部へ

会派履歴(参議院23期 ※参考情報)

民主党・新緑風会 (第184回国会、初出日付:2013/08/07、会議録より)
民主党・新緑風会 (第185回国会、初出日付:2013/10/15、会議録より)
民主党・新緑風会 (第186回国会、初出日付:2014/01/24、会議録より)
民主党・新緑風会 (第187回国会、初出日付:2014/10/28、会議録より)
民主党・新緑風会 (第189回国会、初出日付:2015/02/03、会議録より)
民主党・新緑風会 (第190回国会、初出日付:2016/01/04、会議録より)
民進党・新緑風会 (第190回国会、初出日付:2016/04/13、会議録より)

※このデータは、議員の本会議、委員会等での発言時の記録から作成しています。そのため、議員がこれらの活動を行わなかった場合には会派は記録されません。会派への所属期間が短い場合、会派の存続期間が短い場合、会派名称が短期間で変更される場合なども、所属会派が記録されない可能性が高くなります。また、会議録の不正確なデータを修正していないため、会派移動を繰り返したような履歴が表示されることがあります。


議会・政府役職(参議院23期 ※参考情報)

 期間中に国会での議会役職、政府役職の立場からの発言記録なし。

※このデータは、国会会議録検索システムの発言データに付随する情報を元に補完、修正して作成しています。重要役職に就いていた場合でも、本会議、委員会等での発言がない場合には記録なしとなります。発言回数が膨大なため誤記録の絶対数が多く、また修正を機械的に行っているため、粗いデータとなっています。委員会の委員長など委員会、各種会議の役職については、出席データを元に作成している委員会のデータを参照して下さい。

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

※このページのデータは国会会議録検索システム参議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2021/10/09

藤田幸久[参]在籍期 : 21期-22期-|23期|-24期
藤田幸久[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 23期在籍の他の議員はこちら→23期参議院議員(五十音順) 23期参議院議員(選挙区順) 23期参議院統計



■著書
2020年10月新刊