山田修路 参議院議員
24期国会発言一覧

山田修路[参]在籍期 : 23期-|24期|-25期
山田修路[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは山田修路参議院議員の24期(2016/07/10〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は24期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(参議院24期)

山田修路[参]本会議発言(全期間)
23期-|24期|-25期
第193回国会(2017/01/20〜2017/06/18)

第193回国会 参議院本会議 第19号(2017/04/21、24期、自由民主党・こころ)

○山田修路君 自由民主党の山田修路です。  私は、自民・公明を代表し、ただいま議題となりました農業競争力強化支援法案について質問いたします。  本法案は、昨年一月以降、与党で検討を続け、政府において昨年十一月に決定された農業競争力強化プログラムに基づくものであります。私も、自民党のプロジェクトチームの一員としてこの農業競争力強化プログラムの検討に関わってきました。  この検討においては、二つの視点を前提としていました。一番目は、農業者の手取りを増やすためには、農業者の努力では解決できない課題、すなわち、農業資材価格の引下げや加工・流通経費の引下げについて政府として取り組むこと。そして、二番目は……

山田修路[参]本会議発言(全期間)
23期-|24期|-25期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(参議院24期)

山田修路[参]委員会統計発言一覧(全期間)
23期-|24期|-25期
第192回国会(2016/09/26〜2016/12/17)

第192回国会 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会 第3号(2016/11/14、24期、自由民主党)

○山田修路君 自由民主党の山田修路です。  TPP協定の質疑についてトップバッターということで、大変いい機会をいただきました。感謝を申し上げたいと思います。  私は、参議院議員になる以前、国家公務員をしておりました。農林水産省に勤務していた当時、民主党の菅総理、そして野田総理のときでありますけれども、TPP交渉に参加できないかどうか検討していた時期でもあります。私は、農林水産審議官という役職でありまして、農林水産省で国際交渉の事務方の責任者という立場でございました。民主党政権の下で交渉参加の可能性について模索をし、そして自公の連立政権、安倍総理の下で交渉に参加をし、そして合意に達して、今こうし……

第192回国会 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会 第9号(2016/11/24、24期、自由民主党)

○山田修路君 自由民主党の山田修路です。  総理、海外出張お疲れさまでした。早速質問に入りたいと思います。  アメリカのトランプ次期大統領、二十一日に動画メッセージを出されて、TPP協定からの離脱、そして二国間協定を目指していくというようなお話を述べておられます。このような中で、日本として今後どのように国際的に対応していくのか、また、今この委員会で議論している協定の国内手続について進めていくのかどうか、この二つの点が大きな論点になっていると思います。  まず、あのトランプさんの発言に関連した質問から始めたいと思います。  安倍総理は十七日に各国の首脳に先駆けてトランプ氏と会談を行いました。この……

第192回国会 環太平洋パートナーシップ協定等に関する特別委員会 第14号(2016/12/08、24期、自由民主党)

○山田修路君 自由民主党の山田修路です。  今日、十二月八日は真珠湾攻撃の日であります。その日に、日米間で懸案になっているTPP協定の審議が行われるわけでございます。総理は近々、真珠湾に訪問されるというふうに聞いております。日米の友好関係が深まることを大いに期待をしているところであります。  私にとってもこの委員会で三回目の質問ということになります。これまでの質問もまとめながらお伺いをしたいと思います。  これまでこの委員会では、与野党共に参議院らしい専門的な、そして深い内容の質疑が行われてきました。その中で、与野党から、TPP協定に代わる選択肢があるのではないか、そういった質問がありました。……


■ページ上部へ

第193回国会(2017/01/20〜2017/06/18)

第193回国会 農林水産委員会 第7号(2017/04/11、24期、自由民主党・こころ)

○山田修路君 自由民主党の山田修路です。  今日は農業機械化促進法の廃止法案と主要農作物種子法の廃止法案について質問をいたします。  この二法案、二つの法律を廃止する案については、与党で検討されました、そして政府で決定された農業競争力強化プログラムに従って実施をするものであります。その意味では、このほかの六つの法案が今国会に提出されておりますけれども、基本的な政策の方向は同じものであるというふうに理解をしております。  このプログラムの検討に当たりましては、私も与党で参加をしてまいりました。そのときに二つのことを前提として検討してきたと思っております。その一つ目は、農業者の手取りをどうやって増……

第193回国会 農林水産委員会 第10号(2017/04/27、24期、自由民主党・こころ)

○山田修路君 ありがとうございます。  自由民主党の山田修路です。  本日は三人の参考人の皆さんから大変貴重な御意見を伺いました。ありがとうございました。  時間も余りありませんので、早速お伺いをしたいと思います。  まず、田代先生からお伺いをしたいと思います。  田代先生は、本当に長年農政研究の第一人者としてずっと活躍してこられて、私も農林水産省におりました当時からいろいろアドバイスをいただきまして、本当に感謝を申し上げたいと思います。今日も大変貴重な意見をありがとうございました。  御意見に賛成できないところもあるんですが、それはともかくとして、非常に興味深くお伺いしたのは、農業所得の増大……

第193回国会 農林水産委員会 第13号(2017/05/16、24期、自由民主党・こころ)

○山田修路君 自由民主党の山田修路です。  今日は、まず、前回時間の関係で質問できませんでした農産物などの輸出促進について伺いたいと思います。  また、これと関連して、HACCP、それからGAPなどの認証制度についてもお伺いしたいと思っております。これは四月四日の本委員会のJAS法の審議のときにも同僚の議員から質問があったところですが、それを踏まえてまた質問したいと思います。  さらに、時間があるかどうか分かりませんが、地元で大変大きな話題になっております鳥獣害対策についても時間があればお伺いしたいと思います。  まず、山本大臣にお伺いをしたいと思います。  農林水産物・食品の輸出について、政……

第193回国会 農林水産委員会 第16号(2017/05/25、24期、自由民主党・こころ)

○山田修路君 自由民主党の山田修路です。  農工法改正法案の質問に入る前に、儀間先生も先日の質問でされておりました北朝鮮のミサイル発射に関する事項、また、TPP協定の閣僚会合についても質問したいと思います。  まず、北朝鮮のミサイル発射実験が続いております。そして、これ儀間先生も御指摘されておりましたけれども、北朝鮮のミサイル発射実験の脅威を一番身近に感じているのがやはり漁業に携わっておられる方だと思います。漁船の乗組員の方々、これはもう実験とはいってもミサイルやその関連の落下物が日本のEEZ、排他的経済水域の中に現実に落下をしているというわけで、その意味では、漁船の乗組員の方々はまさにミサイ……


■ページ上部へ

第195回国会(2017/11/01〜2017/12/09)

第195回国会 総務委員会 第1号(2017/11/30、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○大臣政務官(山田修路君) 総務大臣政務官を拝命いたしました山田修路です。  皆様方の格段の御指導をよろしくお願いをいたします。ありがとうございました。


■ページ上部へ

第196回国会(2018/01/22〜2018/07/22)

第196回国会 総務委員会 第2号(2018/03/20、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○大臣政務官(山田修路君) 秋野委員には、平成二十八年の四月十四日、最初に熊本地震が発生した直後から現地に入っていただきまして、被災者に対して様々な活動をしていただいております。感謝を申し上げたいと思います。  そして、今お話がありましたように、秋野委員からは被災者の方々の立場に立った様々な提案をいただいております。二十八年五月の予算委員会におきまして、今ほどお話がありましたように、ワンストップ相談窓口の開設について御提案がありました。  総務省といたしましては、生活再建等に関係する行政機関や弁護士会などの団体を一堂に集めてワンストップで相談を受け付ける特別相談所を開設することといたしました。……

第196回国会 総務委員会 第10号(2018/05/24、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○大臣政務官(山田修路君) 秋野委員から、医療、介護分野での個別データの利用のニーズの高まりについてお話がありました。  御存じのように、現在の調査票情報の提供制度では、秘密保護等の観点から、公的機関又は公的機関から委託を受けた者等が利用する場合に限ってその提供を認めております。  しかし、秋野委員からお話がありましたように、近年の情報処理通信技術の進展、あるいは学術研究のニーズというものがありますので、今回の改正によりまして三十三条の二の規定を新設いたしまして、学術研究を目的として統計の作成等を行う者に対しても調査票情報の提供を可能とするということといたしました。  この措置によりまして、今……


■ページ上部へ

第198回国会(2019/01/28〜2019/06/26)

第198回国会 総務委員会 第4号(2019/03/14、24期、自由民主党・国民の声)

○山田修路君 自由民主党の山田修路です。質問の機会、ありがとうございました。地方税法などの改正と、さらにこれに関連して地方の活性化について質問したいと思います。  地方創生政策がスタートしまして四年目ということでございます。政策の目標の一つが東京一極集中を是正するということでございます。政策がスタートしました当時、地方から東京圏への流入超過人口は約十万人と言われておりましたが、現在では十四万人になっているということでございます。東京一極集中はむしろ深刻になっていると言えます。  一極集中というのは、人だけではなくて、やはりお金、資金も一極集中しているというふうに思います。人の一極集中を是正をし……


山田修路[参]委員会統計発言一覧(全期間)
23期-|24期|-25期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(参議院24期)

山田修路[参]委員会統計発言一覧(全期間)
23期-|24期|-25期
第198回国会(2019/01/28〜2019/06/26)

第198回国会 国民生活・経済に関する調査会 第2号(2019/02/27、24期、自由民主党・国民の声)

○山田修路君 会長、ありがとうございます。  自由民主党の山田修路と申します。本日はどうもありがとうございました。  まず、雄谷理事長に二つお伺いをしたいと思います。  お話にありましたのは、ごちゃ混ぜの場をつくる、そして、そのためにはいろんな人が集まる場所が必要だというお話でありました。私も石川県ですので、佛子園さんの施設、幾つか回らせていただきました。全ての市町村が佛子園さんの施設をつくるというわけにもいきませんし、先ほどお話がありましたように、生涯活躍のまちの取組が百十四自治体であったり、あるいは意向があるところが二百四十五という御紹介もありました。こういった、その地方自治体が自分たちで……



山田修路[参]委員会統計発言一覧(全期間)
23期-|24期|-25期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム参議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/07/04

山田修路[参]在籍期 : 23期-|24期|-25期
山田修路[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 24期在籍の他の議員はこちら→24期参議院議員(五十音順) 24期参議院議員(選挙区順) 24期参議院統計