伊波洋一 参議院議員
25期国会発言一覧

伊波洋一[参]在籍期 : 24期-|25期| 今期は集計中です。
伊波洋一[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは伊波洋一参議院議員の25期(2019/07/21〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は25期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(参議院25期)

 期間中、参議院本会議での発言なし。
伊波洋一[参]本会議発言(全期間)
24期-|25期|

■ページ上部へ

委員会発言一覧(参議院25期)

伊波洋一[参]委員会統計発言一覧(全期間)
24期-|25期|
第200回国会(2019/10/04〜2019/12/09)

第200回国会 外交防衛委員会 第閉会後1号(2020/01/17、25期、沖縄の風)

○伊波洋一君 ハイサイ、沖縄の風の伊波洋一です。  自衛隊中東派遣について伺います。  米国トランプ政権が二〇一八年五月にイラン核合意からの一方的な離脱と経済制裁の再適用を宣言して以来、中東で緊張が高まっています。  トランプ政権は一九年七月に対イラン有志連合への参加を呼びかけましたが、安倍政権はイランとの友好的な外交関係にも配慮し、昨年十二月二十七日、有志連合とは別の形で中東地域への自衛隊派遣を閣議決定しました。  しかし、今年一月三日にトランプ政権は、突如として、国内法、国際法的な根拠を欠く形で、イラク領内においてイラン革命防衛隊のソレイマニ司令官を爆撃して殺害しました。これに対してイラン……

第200回国会 外交防衛委員会 第2号(2019/11/07、25期、沖縄の風)

○伊波洋一君 沖縄の風の伊波洋一です。  質問に入る前に、突然の首里城火災につきまして、政府並びに国会関係者を含め国民の皆様に御心配をいただき、また早期再建に向けての御支援も始まっていることに心から感謝申し上げます。  琉球国四百五十年を象徴する首里城は、さきの沖縄戦で焼失し、一九九二年に復元した正殿を公開して以来二十七年になります。今日、沖縄のシンボルとして、沖縄県民の宝であり、アイデンティティーを示すものになっています。今年一月末に最後の復元区域、御内原が完成し、翌月の二月に国から沖縄へ管理が移管されたばかりです。復元に当たっては、委員の皆様にも、国及び県を中心に早期に実現できるよう御支援……

第200回国会 外交防衛委員会 第3号(2019/11/12、25期、沖縄の風)

○伊波洋一君 ハイサイ、沖縄の風の伊波洋一です。  前回に引き続き、陸自ミサイル部隊の宮古島駐屯地への配備について伺います。  宮古島駐屯地の敷地内には、地域の重要な信仰の場所であるウタキと拝所が存在しています。このカーンミウタキは、千代田カントリークラブの当時は一万四百平方メートル以上の森として保存されていました。住民はこのウタキだけはせめて残してほしいと防衛省に要望してきており、配付資料にもありますように、今年一月にも防衛省は、拝所の保存範囲については、千代田地区の住民と調整し、拝所周辺を柵で囲う計画であり、その面積は、七千三百平方メートルの予定です、と回答していました。  ところが、前委……

第200回国会 外交防衛委員会 第4号(2019/11/14、25期、沖縄の風)

○伊波洋一君 ハイサイ、沖縄の風の伊波洋一です。  防衛省給与法案については、他の給与法案同様に異論はありません。  先日からお聞きしている宮古島への自衛隊、陸自ミサイル部隊の配備は、いわゆる南西シフトの一環です。二〇一〇年十二月から二〇一三年十二月まで防衛力の実効性向上のための構造改革推進委員会が設置され、この中の機動展開ワーキンググループが出した中間報告が二〇一二年三月二十九日の機動展開構想概案です。文書の存在は、赤嶺政賢議員が一八年十一月二十九日に衆院安保委員会で明らかにしたものです。この概案には、南西シフトに基づくOR、作戦研究が示されています。防衛省による説明では、三月二十九日付けで……

第200回国会 外交防衛委員会 第5号(2019/11/21、25期、沖縄の風)

○伊波洋一君 ハイサイ、沖縄の風の伊波洋一です。  日米貿易協定案について伺います。  協定案について、安倍首相は、両国の国民に利益をもたらすウイン・ウインの合意だと発言しています。しかし、日本に約七十二億ドル、七千八百億円分の米国産農産物の関税を撤廃、削減させ市場を開放させた米国のトランプ大統領は、米農家にとって偉大な勝利だとディールの成果を誇っています。  茂木大臣は、十一月七日の衆院外務委員会で、自動車について二五%の追加関税を完全に回避することができたと成果を披露されています。しかし、そもそも現行二・五%の自動車関税に、安全保障を理由に更に二五%を追加で上乗せするというトランプ政権の脅……

第200回国会 外交防衛委員会 第6号(2019/11/26、25期、沖縄の風)

○伊波洋一君 ハイサイ、沖縄の風の伊波洋一です。  前委員会で、私は、沖縄から中国への牛肉等の輸出のための環境整備について取り上げました。  昨日のNHKニュースは、十一月二十五日午後、茂木大臣と中国の王毅外相は東京都内で会談し、日中両政府が日本産牛肉の輸出に必要な安全性に関する協定に署名したことを共同記者発表で明らかにしました。早ければ来年にも輸出が再開される見通しですとNHKは伝えました。  二〇〇一年に国内でBSEが発生して以来、日本産牛肉は二十年近く中国に輸出できなかったわけですが、今日の中国はかつての中国とは大きく違い、巨大なマーケットに成長しています。テレビニュースは、カナダからの……

第200回国会 外交防衛委員会 第7号(2019/11/28、25期、沖縄の風)

○伊波洋一君 沖縄の風の伊波洋一です。  中川参考人、鈴木参考人、内田参考人、本日、本当にありがとうございました。  時間が限られておりますので、全員には質問できないと思いますけれども、まず鈴木参考人にお伺いしたいと思います。  特に、今、先ほどの食の安全の問題でもありますが、食料安全保障あるいは食料自給率、今日提出いただいている資料にもありますように、やっぱり日米関係というのは、米国の農産物をめぐる輸出入の問題では、日本が市場として、ずっと戦後占領下、あるいは日米安保条約の下でのある意味で従属的な日米関係の中で、そういう消費の場として位置付けられてきている。  今回の日米交渉もその一つであり……

第200回国会 外交防衛委員会 第8号(2019/12/03、25期、沖縄の風)

○伊波洋一君 ハイサイ、沖縄の風の伊波洋一です。  日米デジタル貿易協定では、第十八条でプラットフォーマー企業を民事責任から守る条項が規定されています。ユーザーがネット上にアップロードした情報がフェイクやヘイト、名誉毀損などの内容であっても、これを媒介したプロバイダーやプラットフォーマーの責任を免除するというものです。GAFA、グーグル、アマゾン、フェイスブック、アップルなどの巨大プラットフォーマーに有利な内容であり、TPPには定められていないルールです。  この間のミャンマーでのロヒンギャ虐殺は、フェイスブックによる呼びかけをきっかけに行われました。また、日本国内でも、ヘイトスピーチ、ヘイト……

第200回国会 行政監視委員会 第1号(2019/11/25、25期、沖縄の風)

○伊波洋一君 ハイサイ、沖縄の風の伊波洋一です。  田村委員の質問にもあるように、総理主催の桜を見る会で、各省庁が推薦する功労者など本来の招待者をはるかに超えて、総理千人、副総理や官房長官、副官房長官千人、自民党六千人の推薦で八千人が参加していたということが明らかになりました。予算も何倍も超えていたことなど、余りにも度の過ぎた行政の私物化や政治の利用であり、決して許されることではありません。国民に大きな怒りを生んでいます。  総理には、予算委員会で集中審査に応じて国民に説明することを強く求めます。  沖縄県を始め全国では、毎日就労しているにもかかわらずおおむね年収二百万円未満で、賃金収入が生活……


■ページ上部へ

第201回国会(2020/01/20〜2020/06/17)

第201回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第閉会後1号(2020/06/19、25期、沖縄の風)

○伊波洋一君 ハイサイ、沖縄の風の伊波洋一です。  本日は何点か質問いたします。  最初に、沖縄本島中部の北谷浄水場におけるPFOS、PFOA汚染水問題について伺います。  沖縄県の北谷浄水場が取水する河川等から有害物質PFOS、PFOAが検出され、大きな問題となっています。前回、北部にある国ダムから県に水を融通する方向でこの問題を解消できないかとお願いしたところ、衛藤大臣からは、「沖縄の皆さんの御要望をいただいて、これは何としても協議を進めてまいりたい」という力強い決意表明いただき、大きく状況が動き出しました。  その後、四月十日に米軍普天間飛行場からPFOS、PFOAを含む大量の泡消火剤が……

第201回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第4号(2020/03/19、25期、沖縄の風)

○伊波洋一君 ハイサイ、沖縄の風の伊波洋一です。  新型コロナ汚染の影響は、多くの死亡者のみならず、世界各国の経済活動にも大きな影響を、停滞を生み出しています。観光産業など、沖縄の場合は、第三次産業を中心とするこの沖縄県経済にも極めて大きな被害が起きています。今後の政府の経済対策などで特段の御配慮をお願いしたいと思います。  本日は、沖縄県内の有機フッ素化合物、PFASによる飲料水の汚染問題について伺います。  二〇一六年、沖縄県企業局が、沖縄本島中部の北谷浄水場におけるPFOS、PFOA汚染を公表しました。二〇一九年五月には、宜野湾市民に対する調査で全国平均の四倍もの血中有害物質濃度が検出さ……

第201回国会 外交防衛委員会 第閉会後1号(2020/07/09、25期、沖縄の風)

○伊波洋一君 ハイサイ、沖縄の風の伊波洋一です。  イージス・アショアについては、ブースターの民間地落下やコスト、そして導入期間、何よりも県民の反対の声を受けて白紙撤回した防衛大臣の判断は歓迎したいと思います。  沖縄から見ると違和感もあります。今回のイージス・アショア白紙撤回に当たっては、変更にコストが掛かり、期間も今後十年以上掛かると言っています。一方、沖縄辺野古では、軟弱地盤が見付かっても、何兆円掛かろうが、設計変更する。安倍政権は一日も早い普天間の返還と言っていますが、九六年のSACO合意から二十四年も経過し、今後十数年掛かる工事を強行しています。沖縄では、二〇一八年十一月、岩国飛行場……

第201回国会 外交防衛委員会 第3号(2020/03/10、25期、沖縄の風)

○伊波洋一君 ハイサイ、沖縄の風の伊波洋一です。  冒頭、新型コロナウイルス感染でお亡くなりになりました方々にお悔やみを申し上げます。あわせて、今治療しておられる方々にお見舞いを申し上げます。  沖縄県においても、コロナ感染によって観光産業やサービス産業など、県経済に大きな影響を与えています。今後、コロナ不況が国民生活に大きく影響することが懸念されています。  国交大臣は、国の公共事業を十五日までの二週間中止いたしました。しかし、現在も沖縄県の辺野古、キャンプ・シュワブでは、県民投票での七割を超える反対の民意を無視して、新たな米軍飛行場建設が工事が強行されています。  国の辺野古新基地建設は、……

第201回国会 外交防衛委員会 第4号(2020/03/18、25期、沖縄の風)

○伊波洋一君 ハイサイ、沖縄の風の伊波洋一です。  事業費として一兆円近い辺野古新基地建設について伺います。  今日は、港湾の施設の技術上の基準・同解説を監修された国交省の港湾局にお越しいただきました。  港湾の基準のサンプリングの項目に、サンプリング後の原地盤が応力解放によって影響を受ける旨の記載はありますか。
【次の発言】 ただいまお話がありましたサンプリングの試料についての話は、あくまで地盤の、原地盤の話ではなくて、試料を持っていくことによってという意味で理解していいですか。
【次の発言】 国交省の港湾基準の粘性土の剪断強さの試験方法、電気式コーン貫入試験の項目に、応力解放による影響を考……

第201回国会 外交防衛委員会 第6号(2020/03/26、25期、沖縄の風)

○伊波洋一君 ハイサイ、沖縄の風の伊波洋一です。  在外公館の名称位置給与法については、外交政策上必要な改正案であり、異論はありません。  関連して、米軍辺野古新基地建設についてお聞きします。  三月十一日の第五回技術検討会で、配付資料二枚目のように、防衛省は、コーン貫入試験の各種測定値は土の採取時の応力解放の影響を受けており、原地盤の状態を正確に測定したものではないと主張しています。  この各種測定値とは、CPT試験の三成分のことで間違いないですね。
【次の発言】 防衛省は、配付資料二枚目のように、サンプリング後の原地盤は応力解放の影響を受けるため、これらの三成分は不正確だと主張していますが……

第201回国会 外交防衛委員会 第9号(2020/04/16、25期、沖縄の風)

○伊波洋一君 ハイサイ、沖縄の風の伊波洋一です。  法案に関連して、普天間基地のPFOS漏出事故について伺います。  四月十日、沖縄県宜野湾市の米軍普天間基地から、有機フッ素化合物PFOSを含む消火剤が、ドラム缶千百三十五本分、二十二万リットルもの消火剤が大量に漏出し、うち七百十九本分、十四万リットル以上が排水溝を通して河川に流れ込み、配付の、皆さんにお手元の資料を出しておりますけれども、地元新聞報道のように、広く市内の住宅地や児童公園にまで有機物質を含む泡が飛散する事故が発生しました。  この二枚目以降の泡の写真などは翌日撮られているものでございます。それから三日後まで広く海岸の方にも残って……

第201回国会 外交防衛委員会 第11号(2020/05/12、25期、沖縄の風)

○伊波洋一君 ハイサイ、沖縄の風の伊波洋一です。  今回の投資関連協定案については異論はありません。  本日は、在沖米海兵隊普天間基地における有機フッ素化合物、PFASを含む泡消火剤の大量漏出事故について伺います。  四月十日午後四時頃、米海兵隊普天間基地の南東にある格納庫から有害物質PFASを含む泡消火剤原液千二百ガロンを含む約六万ガロン、二十二万七千百リットルの混合液が漏出し、うち三万八千ガロン、十四万三千八百三十リットルが基地外に漏出しました。PFASは人体への被害が認められており、周辺地域住民にだけではなく、基地労働者や米軍関係者にとっても深刻な問題となっています。  防衛省は四月十六……

第201回国会 外交防衛委員会 第13号(2020/05/26、25期、沖縄の風)

○伊波洋一君 ハイサイ、沖縄の風の伊波洋一です。  租税六条約については、二重課税の回避、脱税の防止のための条約であり、異論ありません。  租税は主権の行使と深く結び付いています。関連して、在日米軍の活動に関して伺います。  配付資料四枚目のように、二〇一六年十月二十日の本委員会において、外務省北米局長から、在日米軍の施設・区域は日本の領域であり、「施設・区域内においても我が国の法令は適用されると。ただし、その執行に当たっては、日米地位協定第三条によって、米国に与えられている管理権との調整が必要となる」との御答弁をいただいております。  現在も外務省の基本的な認識は同じでしょうか。

第201回国会 外交防衛委員会 第15号(2020/06/02、25期、沖縄の風)

○伊波洋一君 ハイサイ、沖縄の風の伊波洋一です。  社会保障二協定については、保険料の二重負担の解消等を目的とするものであり、異論はありません。  日本国憲法は生存権を保障していますが、基地周辺住民、とりわけ沖縄県民は過重な基地負担によって生存権を脅かされています。  新型コロナ対策で沖縄県では、政府の緊急事態解除を受けて、五月二十一日から多くの学校が再開しました。基地周辺の学校や住宅では、防音窓や空調機設置により騒音防止策が講じられていますが、政府は新型コロナ対策の新しい生活様式として換気を推奨しており、窓を開けたままの生活が必要とされています。米軍機の騒音や悪臭が住民の健康、とりわけ子供た……

第201回国会 外交防衛委員会 第17号(2020/06/12、25期、沖縄の風)

○伊波洋一君 ハイサイ、沖縄の風の伊波洋一です。  質問に先立って、沖縄防衛局が辺野古新基地建設工事を本日から再開したことに強く抗議いたします。工事海域では、直近の防衛局調査でジュゴンの鳴き声が二か月続けて確認されており、また、昨年二月の県民投票でも七二%が新基地建設に反対し、六月七日、今月七日の投開票の県議選でも辺野古反対の県議が四十八名中二十九名も当選し、新基地反対の民意が改めて示されました。この民意を踏みにじる工事再開の暴挙には強く抗議いたします。  三条約案については異論ありません。  在日米軍基地においては、米軍と日本政府で日本国の主権を侵害する状況がつくり出されています。伊江島補助……

第201回国会 行政監視委員会 第2号(2020/04/13、25期、沖縄の風)

○伊波洋一君 ハイサイ、沖縄の風の伊波洋一です。  コロナ対策では、国民の命と暮らしを守るために、国と地方の役割分担の実効性が問われています。  沖縄でも、四月十二日現在で六十五名の感染が確認されています。沖縄県内の指定医療機関の感染症病床数は二十四床、協力医療機関と合わせて四十五床程度です。既に患者数が病床数を上回る危機的状況です。急速に感染が広がる東京都も病床数より感染者が増えており、政府が緊急事態を発令した七都府県だけでなく、全国的に病床対策が求められています。  四月二日に厚労省は、軽症や無症状の患者に自宅や都道府県が用意する宿泊施設での療養を可能とする通知を出しました。これを受けて、……


■ページ上部へ

第203回国会(2020/10/26〜2020/12/05)

第203回国会 外交防衛委員会 第2号(2020/11/19、25期、沖縄の風)

○伊波洋一君 ハイサイ、沖縄の風の伊波洋一です。  安全保障政策について伺います。  岸防衛大臣は所信挨拶で、日米安全保障条約が六十年を迎えたとし、日米同盟の強化を述べましたが、今日の日米同盟がどのようなものであるかを確認することが必要です。  沖縄の基地負担はますます厳しくなる状況です。その背景は、米軍の演習、訓練の増加と日米共同演習や共同訓練が頻繁に繰り返されているからです。全国でも同様に訓練や演習が繰り返されています。日米同盟の強化に向けては、これまでも防衛省・自衛隊は米軍と戦略、作戦構想を一致させてきました。その結果として沖縄地域や日本国内での訓練や演習が増えているのではないかと懸念し……

第203回国会 外交防衛委員会 第4号(2020/11/26、25期、沖縄の風)

○伊波洋一君 ハイサイ、沖縄の風の伊波洋一です。  給与法案については、人勧に準拠するものであり、異論はありません。  去る十一月十九日、一年二か月ぶりに普天間飛行場負担軽減推進会議作業部会が開かれました。国と県の主張は平行線をたどりました。これまで日本政府は、普天間の負担軽減策として、空中給油機の県外移転、訓練移転、そして緊急時航空機受入れ機能の移転の三つに取り組んできたと説明しています。これに対しては、これまでも数十億円の予算が支出されて、米側に渡されています。  辺野古の設計変更申請では、普天間所属部隊の辺野古新基地への移転には最短でも十二年掛かると書かれています。十二年以上もの期間にわ……

第203回国会 外交防衛委員会 第5号(2020/12/01、25期、沖縄の風)

○伊波洋一君 ハイサイ、沖縄の風の伊波洋一です。  政府は、米軍普天間飛行場の負担軽減のためにできることは全てやるとの考えで、前回の委員会でも防衛大臣が繰り返し強調されているように、空中給油機の県外移転、訓練移転、緊急時航空機受入れ機能の移転などに取り組んできました。その一方で、宜野湾市に対する、防衛施設周辺の生活環境の整備等に関する法律、いわゆる環境整備法に基づく九条交付金の交付額は増加しており、この要因として、飛行回数が増え、また外来機の飛来や夜間飛行も増えていることが防衛省の答弁から確認されました。  政府の言う負担軽減策には、築城、新田原への機能移転で約三百十四億円、平成二十年度から令……

第203回国会 外交防衛委員会 第6号(2020/12/03、25期、沖縄の風)

○伊波洋一君 ハイサイ、沖縄の風の伊波洋一です。  日英EPA承認案に関連していますが、現在、英国では国内市場法案が審議されています。英国国内市場法案はEU離脱協定に反する内容を含むことから、英国は国際法を破るものだとしてEUに、欧州司法裁判所に提訴されています。下院では可決されましたが、上院、貴族院では当該部分を削除して修正され、下院に再送付されると言われます。下院で原案どおりの法案が成立する可能性もあり、懸念されています。  本承認案は、英国のEU離脱後の経済的ショックを回避するためのものと承知していますが、問題の多いものであり、外務大臣から累次的に答弁されるEPAに伴う日英間の安保防衛に……

第203回国会 法務委員会 第2号(2020/11/17、25期、沖縄の風)

○伊波洋一君 ハイサイ、沖縄の風の伊波洋一です。  本日は、高良鉄美議員に代わって質問をいたしますので、よろしくお願いいたします。  上川大臣、法務大臣就任おめでとうございます。法務大臣としては三度目ということですが、安定という評価が与野党からございましたが、加えて、誠実な答弁姿勢も評価されたものと思います。  上川大臣は、所信の挨拶で、誰一人取り残さない社会の実現を大きな目標に掲げ、法務行政を進めると述べられました。  大臣、誰一人の誰に沖縄県民は入っているのでしょうか。残念ながら、沖縄県民の多くは本土から取り残されている、あるいは切り離されていると思っています。戦後七十五年も続く基地問題等……

第203回国会 法務委員会 第3号(2020/11/19、25期、沖縄の風)

○伊波洋一君 ハイサイ、沖縄の風の伊波洋一です。  本日も、高良鉄美議員に代わって質問いたしますので、よろしくお願いいたします。  山本委員長を始め理事各位には、質疑に際し参考人をお認めいただき感謝申し上げます。  早速質問に入ります。  まず、本法案の発議者に伺います。  今回の生殖補助医療の提供等及びこれにより出生した子の親子関係に関する民法特例に関する法律は、可決されれば生殖補助医療についての初めての法律になります。既にAID、非配偶者間人工授精による生殖補助医療も実施されて七十年を超えており、法律制定に当たっては、AIDで生まれた子の出自を知る権利について明文化することが重要な課題です……


■ページ上部へ

第204回国会(2021/01/18〜2021/06/16)

第204回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号(2021/03/23、25期、沖縄の風)

○伊波洋一君 ハイサイ、沖縄の風の伊波洋一です。  沖縄県経済の振興について伺います。  コロナ禍で県経済の主要な牽引役であった観光業は深刻な影響を受けています。観光業の回復のためには、人の移動に関わる安全、安心の確保が不可欠です。現在、JALはJAL国内PCR検査サービス、ANAはオプショナルプラン、ピーチ航空もPCR検査や抗原検査のオプションを設けるなど、国内線航空会社の独自の取組が広がっています。国交省でも国内線搭乗前のPCR検査の実証事業に取り組んでいます。  いずれも非常に重要な取組だと考えますが、実証事業の概要と取組の狙いについて伺います。

第204回国会 外交防衛委員会 第3号(2021/03/22、25期、沖縄の風)

○伊波洋一君 ハイサイ、沖縄の風の伊波洋一です。  本日は、次年度予算に関連して、我が国を取り巻く安全保障環境について質問します。  先日実現した日米2プラス2協議後の高揚感からか、防衛大臣が尖閣諸島海域での日米共同訓練の実施の検討を表明し、尖閣問題で危害射撃が可能であるという法解釈変更などとも相まって、中国を強く刺激するような言動が繰り返されています。  しかし、米国は、実際には、西太平洋地域における中国人民解放軍のA2AD能力の向上、特にミサイルの長射程化、高性能化を直視し、軍事戦略、作戦構想を大幅に見直しています。日本でも、こうした中国のミサイルなど戦力を正確に直視した上で戦争を回避し、……

第204回国会 外交防衛委員会 第4号(2021/03/23、25期、沖縄の風)

○伊波洋一君 ハイサイ、沖縄の風の伊波洋一です。  前回は中国のミサイルの脅威圏の外をめぐっての認識の違いが明らかになりました。日本もアメリカ同様に、政府には中国軍のミサイルの脅威を直視して安全保障政策を考えていただき、外交安全保障を重視していただきたいことを要望し、本日の質疑に入ります。  米国は、中国のミサイルの長射程化、高性能化を正確に評価した上で、攻撃の第一段階では、米軍は第一列島線から撤退し、自衛隊など第一列島線の同盟国の部隊に標的になることを求めるシナリオを想定しています。そのために、今、インド太平洋軍司令部は、グアムにイージス・アショアを整備するよう要求しているのです。  宮古も……

第204回国会 外交防衛委員会 第5号(2021/03/26、25期、沖縄の風)

○伊波洋一君 ハイサイ、沖縄の風の伊波洋一です。  名称位置給与法案については異論はありません。  辺野古新基地建設の埋立工事に使用される土砂の問題を伺います。  二〇二〇年四月二十一日の公有水面埋立変更承認申請に添付された埋立てに用いる土砂の図書において、防衛省沖縄防衛局は、本島南部地区から三千百五十九万立方メートルの埋立て用土砂、岩ズリを採取すると公表しました。  本島南部は、県民の四人に一人、約二十万人が犠牲になった沖縄戦の激戦地です。南部地区での採掘準備が始まり、沖縄で、今月、遺骨収集のボランティアであるガマフヤーの具志堅隆松さんが抗議のハンストを決行しました。具志堅さんの問題提起を受……

第204回国会 外交防衛委員会 第6号(2021/03/30、25期、沖縄の風)

○伊波洋一君 ハイサイ、沖縄の風の伊波洋一です。  在日米軍駐留経費負担特別協定の改定案について伺います。  この間質疑してきたように、米国軍事戦略の変革により、在日米軍基地など前方基地についても、大規模で固定的な基地から小規模で分散された基地への再編が進められています。米軍の太平洋抑止イニシアチブにおける第二列島線の防衛重視、世界的な戦力態勢の見直しの実施、既に計画され、二〇二四年にも開始するグアム移転を含む在沖米海兵隊の国外移転もこうした米軍再編の一環です。  防衛省によれば、現在、沖縄県における在日米軍従業員数は合計で八千八百九十八人、うち海兵隊関連は三千百六十七人です。現在の米軍再編の……

第204回国会 外交防衛委員会 第7号(2021/04/15、25期、沖縄の風)

○伊波洋一君 ハイサイ、沖縄の風の伊波洋一です。  本日は、重要土地等調査法案について伺います。  この法案は、防衛関係施設等や国境離島等の機能を阻害する土地等利用を防止する目的で、重要施設の周辺一キロの範囲や国境離島等を注視区域に、さらに、特に重要な区域を特別注視区域に指定して、土地の所有者や賃借人の住所、住民の氏名、住所、国籍等を調査するとともに、特別注視区域の所有権移転等については一定の個人情報の事前届出を義務付けるものです。  在日米軍施設・区域の七割が集中する沖縄県、また自衛隊の南西シフトによって自衛隊ミサイル基地が住民の反対を押し切って建設されてきた南西諸島の市町村に対しては、この……

第204回国会 外交防衛委員会 第8号(2021/04/20、25期、沖縄の風)

○伊波洋一君 ハイサイ、沖縄の風の伊波洋一です。  改正法案については、対中国抑止のために自衛隊を増強し、米国の軍事戦略に沿ってアジア版NATOを目指す日米豪印QUAD、四か国の軍事同盟に法的な裏付けを与えるものであり、国民の安全保障にはつながらないものです。  前回に続いて、重要土地調査法案について伺います。  北海道千歳市や長崎県対馬市で外国人、外国資本による土地買収が行われたことから、これを規制する法整備が求められたことがこの法案の端緒です。  日本は、WTO協定のサービス貿易に関する一般協定、GATSの加盟の際に留保しなかったために、原則として外国人による土地取引を規制できません。  ……

第204回国会 外交防衛委員会 第9号(2021/04/22、25期、沖縄の風)

○伊波洋一君 沖縄の風の伊波洋一です。  本日、御三名の参考人のお話、大変ありがとうございます。  早速参考人にお尋ねしますが、木村参考人の方から。  東アジアにおける各国の工程分業による経済発展のお話を聞かせていただきました。いわゆるサプライチェーンとよく言われますけれども、今回のRCEPでこれが一層進展するというふうに思っていらっしゃるのでしょうか、あるいはまたそうではないのでしょうか。
【次の発言】 ありがとうございます。  次に、菅原参考人にお伺いしますが、議会事務局の方で配られている週刊エコノミスト、二月九日に出されたエコノミストリポートというのを、菅原参考人が名前出ておりますけれど……

第204回国会 外交防衛委員会 第10号(2021/04/27、25期、沖縄の風)

○伊波洋一君 ハイサイ、沖縄の風の伊波洋一です。  最初に、前回に続き、重要土地等調査法案について伺います。  前回、政府として思想信条に関する情報を収集して調べることは想定していないという答弁でしたが、では、氏名、住所、国籍を把握して個人が特定できたとして、どうやって重要施設等の機能阻害行為を行うかどうか判断するのでしょうか。判断のためには、内閣府自ら思想信条を調査しなくても、国内情報機関に情報を照会する必要があるのではないでしょうか。調査や事前届出によって収集された個人情報について、内閣府内だけでなく他の省庁、内閣情報調査室や防衛省情報本部、公安調査庁、警察庁外事情報部など、国内情報機関に……

第204回国会 外交防衛委員会 第12号(2021/05/18、25期、沖縄の風)

○伊波洋一君 ハイサイ、沖縄の風の伊波洋一です。  去る五月十五日で沖縄が本土復帰してから四十九周年でした。来年で五十年ですが、いまだに米軍統治下で建設された広大な米軍基地が存在し、米軍基地の負担が継続しています。日米間で最大の課題として取り組まれているのが住宅地域にあります普天間飛行場の航空機騒音の問題、軽減です。  ところが、復帰五十年目の初日、五月十六日の日曜日に、配付写真のように、普天間飛行場では、嘉手納所属と思われるジェットのP8哨戒機が四分三十秒程度の旋回をしながらタッチ・アンド・ゴー訓練を繰り返していました。そもそも日曜日の訓練飛行は差し控えることが、平成八年三月二十八日の日米合……

第204回国会 外交防衛委員会 第13号(2021/05/25、25期、沖縄の風)

○伊波洋一君 ハイサイ、沖縄の風の伊波洋一です。  陸上自衛隊水陸機動団を始めとする新たな陸上部隊の沖縄本島における恒常的な配備について伺います。  先日、新編される六百人規模の陸自第三水陸機動連隊を長崎県大村市の陸自竹松駐屯地に配備する方向で政府が検討していると、配付資料のように報道されました。これは事実でしょうか。
【次の発言】 本年一月に、陸自の水陸機動団をキャンプ・シュワブに常駐させることを二〇一五年に陸幕と米海兵隊の間で極秘合意していたと報道されましたが、一旦これについて結論が出たのかなと思っていました。キャンプ・シュワブを陸自が共同使用することが検討されていたわけですが、そもそも陸……

第204回国会 外交防衛委員会 第14号(2021/05/27、25期、沖縄の風)

○伊波洋一君 ハイサイ、沖縄の風の伊波洋一です。  本日の承認案件については、特に異論はありません。  令和二年度防衛白書において、辺野古新基地を沖縄県内に建設する理由として、第一に、沖縄は潜在的な紛争発生地域に相対的に近い(近過ぎない)位置にあるという沖縄の地理的優位性、第二に、地理的優位性を有する沖縄において米海兵隊が駐留することが抑止力となるという在沖米海兵隊の意義・役割を理由に挙げています。いずれも普天間飛行場の国外、県外移転が議論された平成二十二年、二〇一〇年の防衛省の資料における状況認識と全く変化していません。  沖縄の地理的優位性について、二〇一六年九月十六日の福岡高裁那覇支部判……

第204回国会 外交防衛委員会 第15号(2021/06/01、25期、沖縄の風)

○伊波洋一君 ハイサイ、沖縄の風の伊波洋一です。  英国科学雑誌サイエンティフィック・リポーツに、沖縄ジュゴンは二〇一九年に絶滅したとする論文が投稿されました。論文は現在査読作業中ということです。  この論文の五名の共著者のうち、サンゴ研究者、茅根創、ジュゴン研究者、原武史、荒井修亮氏の三名は、沖縄防衛局の普天間飛行場代替施設建設事業に係る環境監視等委員会の現職の委員です。松田裕之氏は元委員です。  環境監視等委員会は、防衛省がジュゴンの保全措置について科学的、専門的な助言を行う組織です。環境省の令和二年度ジュゴン広域調査事業では、二〇二〇年六月に古宇利海域で十一本のジュゴンのはみ跡を確認して……

第204回国会 外交防衛委員会 第16号(2021/06/03、25期、沖縄の風)

○伊波洋一君 ハイサイ、沖縄の風の伊波洋一です。  昨日午後十一時頃、沖縄県うるま市の津堅島の民家近くの農地に普天間基地所属の米軍ヘリの不時着事故が起きました。今朝通告をしたわけでございますが、状況を説明してください。
【次の発言】 米軍は、うるま市や漁民及び住民の反対の中、この津堅島の周辺海域でパラシュート降下訓練を今年だけでもう過去最高ペースの七回実施しています。そのような中の今回の不時着事故です。  ほかにも幾つもありますけれども、岸防衛大臣、二度と不時着事故が起きないよう強く申し入れるべきと思います。いかがでしょうか。
【次の発言】 やはり、事故があったときに直ちに申し入れていく、そし……

第204回国会 行政監視委員会 第1号(2021/04/07、25期、沖縄の風)

○伊波洋一君 ハイサイ、沖縄の風の伊波洋一です。  本日は、最低賃金の引上げが社会の底上げになり、日本のGDPの成長にもつながるということを提起したいと思います。  現在、コロナ禍により失業や貧困の問題が深刻化するとともに、第二次安倍政権以降の日銀緩和もあって、株式や金融商品の高騰などコロナバブルが同時に進行しています。世界的にもコロナ禍が貧困と格差を広げさせていることが指摘されています。  私は、最低賃金を引き上げて社会の底上げをすることがアフターコロナの社会再建の鍵になると考えます。二〇一九年十一月の本委員会でも、沖縄県を例に、最低賃金を引き上げ全国一律化すべきだと問いました。しかし、政府……

第204回国会 行政監視委員会 第閉会後1号(2021/06/21、25期、沖縄の風)

○伊波洋一君 ハイサイ、沖縄の風の伊波洋一です。  新型コロナ対策と人の移動の再開について伺います。  沖縄県では、ゴールデンウイークの観光客の来県により、連休明けに新型コロナ感染者が爆発的に増加しました。政府は六月十七日に、本日二十一日からの沖縄県以外の緊急事態宣言の解除を決定しましたが、爆発的感染拡大のステージ4状態が続く沖縄県では七月十一日まで緊急事態宣言が延長されています。  沖縄県の主要産業である観光関連は、昨年九月以降、GoToトラベルの効果もあり一部持ち直しの動きも見られましたが、十一月以降、感染拡大の第三波やGoToトラベルの年末年始の一時停止、飲食店などへの営業時間短縮の要請……

第204回国会 行政監視委員会 第2号(2021/04/19、25期、沖縄の風)

○伊波洋一君 会派、沖縄の風の伊波洋一です。  本日は、御三名の参考人の先ほどの陳述、大変興味深いものがあったと思います。もうちょっと、二十分ぐらいあればよかったかなと思いながら聞きました。  まず、それぞれの参考人に、順にレジュメに沿って聞きたいと思います。  金井参考人の、二〇〇〇年改革で分権型社会というような指摘をしており、目指すという話があったということを知っておりますが。ちょっと私、その前年、一九九九年に全国都道府県議長会が主催をしたヨーロッパの議会視察というのがございまして、行ったことがあるんですけど、驚いたんですが、当時、ヨーロッパでは、ここでいう市長とかというものをつくり出して……


伊波洋一[参]委員会統計発言一覧(全期間)
24期-|25期|

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(参議院25期)

伊波洋一[参]委員会統計発言一覧(全期間)
24期-|25期|
第200回国会(2019/10/04〜2019/12/09)

第200回国会 外交防衛委員会、農林水産委員会、経済産業委員会連合審査会 第1号(2019/11/28、25期、沖縄の風)

○伊波洋一君 ハイサイ、沖縄の風の伊波洋一です。  日米貿易協定についてお聞きします。  今回の日米貿易協定は、本来の交渉はギブ・アンド・テークでなければなりませんが、結果として、農産品はTPP並みあるいはそれ以上に譲り、自動車は先延ばしされてしまいました。  協定の米側の義務を定めた附属書である附属書Uには、「自動車及び自動車部品の関税については、関税の撤廃に関して更に交渉する。」と明記されております。この訳は外務省の説明書の文言ですが、どう好意的に解釈しても、将来の交渉で関税が撤廃されることまでを確約したとは理解できません。ましてや、いつ関税撤廃が実現するかといった期限が書かれていないこと……


■ページ上部へ

第201回国会(2020/01/20〜2020/06/17)

第201回国会 国際経済・外交に関する調査会 第1号(2020/02/05、25期、沖縄の風)

○伊波洋一君 沖縄の風の伊波洋一です。  本日から国際経済・外交に関する調査ということで、「海を通じて世界とともに生きる日本」、三年間経るわけですけれども、そのうちの「我が国の海洋政策」についてお伺いをいたします。  資料等をいただいておりますが、先ほどの説明でも、国土面積三十八万平方キロ、世界第六十一位にもかかわらず、領海、排他的経済水域の面積は四百四十七万平方キロ、国土面積の十二倍で世界で六位というふうに資料をいただきました。私たちは、ところが、漁業以外のその実感をこの海洋、我が国の周辺の海洋に関して余り感じるところはなく、また産業の中でシーレーンとか、いわゆる輸出入の中の船の通り道として……

第201回国会 国際経済・外交に関する調査会 第2号(2020/02/12、25期、沖縄の風)

○伊波洋一君 沖縄の風の伊波洋一です。  本日は、御三名の参考人の皆さんの貴重なお話、ありがとうございました。  最初に、片野参考人にお伺いいたします。  今日は本当に貴重な提言をいただきました。提言されたこの水産資源管理について、我が国の場合においては、魚種の話なんですけれども、どういう魚種に有効だと考えておられますか。
【次の発言】 こういう管理をするためには、どの程度のその資源があるかとか、あるいはその資源がどのように今推移しているかとか含めて調査が必要だと思いますが、現実には今のこの水産資源の管理のための調査というのは行われているんでしょうか。

第201回国会 国際経済・外交に関する調査会 第3号(2020/02/26、25期、沖縄の風)

○伊波洋一君 沖縄の風の伊波洋一です。  三名の参考人の皆さん、本当にお話ありがとうございました。  最初に石田参考人にお伺いしたいと思います。  説明の中で、洋上風力環境アセスメントが一・三ギガキロワット分、二十五か所ですかね、現在進行しているということで、長期計画の見通しも変えるべきじゃないかという御質問でした。これについては、基本的に風力発電の装置そのものは主に外国から輸入するようになっているんでしょうかね、そして今FITで三十六円で買い入れられているということなんですけれども、先日の資料、別の委員の資料を見ますと、ヨーロッパでは四・四円から五円ぐらいでコストを見積もられているという話な……

第201回国会 国際経済・外交に関する調査会 第4号(2020/06/03、25期、沖縄の風)

○伊波洋一君 沖縄の風の伊波洋一です。  本日は、御三名の参考人の皆様、お話ありがとうございました。  私の頭の中には、まだ世界一の大型タンカーとか、あといわゆるLNG船、最新のというイメージがある中で、今日お話を聞いて物すごく、ああ、随分変わったんだなというのを思いますけど。  まず、上田参考人にお伺いしたいと思いますが、今日お話ししているところで、大手と中手というのがあって、この資料全体は、これ大手も含めての資料なんでしょうね。それで、日本の造船業のマーケットといいますか、発注しているのは国内あるいは国外、どんなふうになっているのかというのをちょっと教えていただけませんか。

第201回国会 行政監視委員会国と地方の行政の役割分担に関する小委員会 第1号(2020/04/13、25期、沖縄の風)

○伊波洋一君 ハイサイ、沖縄の風の伊波洋一です。  さきの委員会に引き続き、新型コロナウイルス対策における国と地方の役割分担について伺います。  沖縄県での新型コロナウイルス感染拡大を受けて、那覇市医師会は四月九日に那覇市医療の緊急事態宣言を発表しました。お手元配付の資料にございます。特に、マスクや防護服がなくなれば治療ができなくなる、マスクはあと十日分しかないと窮状を訴えています。  現在、厚労省を中心とするマスクチームが、本省備蓄分の放出、第一弾から第三弾までの一括購入の配布など、計四回にわたって都道府県に医療機関向けのサージカルマスクを届けていますが、どのような実績でしょうか。また、補正……

第201回国会 行政監視委員会国と地方の行政の役割分担に関する小委員会 第2号(2020/05/25、25期、沖縄の風)

○伊波洋一君 ハイサイ、沖縄の風の伊波洋一です。  本日は、国と地方の行政の役割分担に関連し、新型コロナウイルス対策について、医療法が国と地方公共団体に適切な医療を効率的に確保することを義務付けていることに鑑み、質問します。  新型コロナウイルス対策については、新規の感染者数が減っており、五月十四日に緊急事態対象地域から三十九県が解除され、さらに五月二十一日に関西三府県が解除され、本日、二十五日には残った五都道県も解除されることが決まります。  新型インフル特措法が、緊急事態宣言中の外出自粛や学校等施設の使用制限の要請について、対象地域の知事に判断を委ねるという立て付けであったため、新型コロナ……


■ページ上部へ

第203回国会(2020/10/26〜2020/12/05)

第203回国会 行政監視委員会国と地方の行政の役割分担に関する小委員会 第1号(2020/11/30、25期、沖縄の風)

○伊波洋一君 ハイサイ、沖縄の風の伊波洋一です。  国と地方の行政の役割分担に関連して伺います。  国の新型コロナ対策はほぼ全てが実施主体は地方自治体であり、厚労省などの国の施策を自治体が実施するという構図です。このような制度設計と実施の役割分担の結果、国の施策メニューが自治体に十分周知されないケースや国の方針変更に自治体が翻弄されるケースが生じています。政府の新型コロナ対応が国民の安心につながっていないのも、こうした役割分担が機能していないことも一因ではないでしょうか。  新型コロナの影響で生活が不安定になった一人親世帯を支援するため、令和二年度第二次補正予算では、ひとり親世帯臨時特別給付金……


■ページ上部へ

第204回国会(2021/01/18〜2021/06/16)

第204回国会 行政監視委員会国と地方の行政の役割分担に関する小委員会 第1号(2021/04/12、25期、沖縄の風)

○伊波洋一君 ハイサイ、沖縄の風の伊波洋一です。  前回に引き続き、最低賃金の大幅な引上げとワーキングプアの解消について伺います。  前回、労働生産性の分子となる労働者が生み出す付加価値は、人件費、つまり賃金が含まれること、したがって商品価格を上げて付加価値を増やし、賃金を増やせば労働生産性も向上すること、アフターコロナの日本経済再建のためには、諸外国と比較しても低く抑えられてきた賃金を引き上げて好循環をつくり出すことが必要であり、そのためにまず政府は最低賃金の引上げをすべきことを訴えました。  米国加州、英国、韓国、豪州などでは政策的に最低賃金を引き上げてきており、二〇一〇年を一〇〇とした場……

第204回国会 行政監視委員会国と地方の行政の役割分担に関する小委員会 第2号(2021/04/26、25期、沖縄の風)

○伊波洋一君 ハイサイ、沖縄の風の伊波洋一です。  四月十二日に、厚労省、文科省のヤングケアラー支援に向けた福祉・介護・医療・教育の連携プロジェクトチームが実態調査結果を公表し、報道でもヤングケアラーの問題が大きな話題となっています。  学業や仕事をしながら家族を介護する若年世代は増加の傾向にあり、二〇一七年、就業構造基本調査では、家族の介護を担う十五歳から二十九歳は全国で約二十一万人に上ります。本来大人が担うと想定されている家事や家族の世話などを日常的に行っていることにより、子供自身がやりたいことができないなど、子供自身の権利が守られていないと思われる子供はヤングケアラーと呼ばれ、家族のこと……

第204回国会 内閣委員会、外交防衛委員会連合審査会 第1号(2021/06/10、25期、沖縄の風)

○伊波洋一君 ハイサイ、沖縄の風の伊波洋一です。  連合審査実現に御尽力いただいた皆さんに感謝を申し上げます。  第二次大戦で我が国唯一の地上戦が展開された沖縄及び沖縄関係者の犠牲者名が摩文仁の平和の礎に刻銘されております。昨年六月現在、二十四万千五百九十三名、そのうち十四万九千五百四十七名が県出身者でした。県民の四人に一人が犠牲になり、沖縄県民に遺族でない者がいないと言われてきました。さらに、沖縄戦ではマラリアや栄養失調などでも多くの県民が亡くなりました。  沖縄戦は、勝ち目のない、国体護持、本土防衛のための捨て石作戦でした。住民を巻き込んだ激しい地上戦により多くの住民が犠牲になっただけでな……



伊波洋一[参]委員会統計発言一覧(全期間)
24期-|25期|

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム参議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/05/16

伊波洋一[参]在籍期 : 24期-|25期| 今期は集計中です。
伊波洋一[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 25期在籍の他の議員はこちら→25期参議院議員(五十音順) 25期参議院議員(選挙区順) 25期参議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。