大門実紀史参議院議員 国会活動データ「本会議発言」



参議院本会議発言統計

  18期(1998/07/12〜)    1回    2814文字
  19期(2001/07/29〜)    3回    6825文字
  20期(2004/07/11〜)    0回       0文字
  21期(2007/07/29〜)    0回       0文字
  22期(2010/07/11〜)    0回       0文字
  23期(2013/07/21〜)    6回   13243文字
  24期(2016/07/10〜)    9回   23753文字

 参議院24期の国会活動統計は集計中です。




参議院本会議発言一覧

第151回国会 参議院 本会議 第8号(2001/03/09、18期)

私は、日本共産党を代表して、歳入関連三法案について質問をいたします。最初に、財政再建について質問します。会議録へ(外部リンク)

第153回国会 参議院 本会議 第8号(2001/11/02、19期)

私は、日本共産党を代表して、銀行等保有株式等制限等法律案について質問をいたします。まず、現在の経済情勢の認識について伺います。会議録へ(外部リンク)

第156回国会 参議院 本会議 第40号(2003/07/16、19期)

私は、日本共産党を代表して、竹中大臣に対する問責決議案に賛成の討論を行います。竹中大臣、あなたが大臣になってから日本経済と国民の暮らしはひたすら悪くなりました。最大の責任はあなたを任命し経済のかじ取りを任せた小泉総理にあることは明白であります。しかし、大臣自身も、問責決議案など出される前に、もっと早………会議録へ(外部リンク)

第159回国会 参議院 本会議 第30号(2004/06/14、19期)

私は、日本共産党を代表して、ただいま提案されました動議に断固反対の討論を行います。中間報告の審議に対する反対理由は先ほど同僚議員からございました。直ちに審議するのはもっと反対でございます。会議録へ(外部リンク)

第185回国会 参議院 本会議 第13号(2013/12/06、23期)

日本共産党を代表して、森まさこ大臣の問責決議案に賛成の討論を行います。森まさこさんとは、貸金業法の改正を始め、消費者被害をなくすために共に力を合わせた間柄であります。こういう形で討論をしなければならないことを心から残念に思っております。会議録へ(外部リンク)

第186回国会 参議院 本会議 第7号(2014/03/07、23期)

安倍内閣の経済政策と税制の基本的な考え方について質問いたします。いわゆるアベノミクスが始まって一年少しがたちました。本当に国民の暮らしや実体経済は良くなったでしょうか。会議録へ(外部リンク)

第186回国会 参議院 本会議 第30号(2014/06/11、23期)

私は、日本共産党を代表して、二〇一一年度及び二〇一二年度決算並びに両年度の国有財産増減及び現在額総計算書について是認することに反対の討論を行います。二〇一一年度予算は民主党菅内閣が編成し、野田内閣に引き継がれたものでした。この頃になると、民主党政権は、政権交代前に掲げた、生活が第一、コンクリートから………会議録へ(外部リンク)

第189回国会 参議院 本会議 第9号(2015/03/25、23期)

安倍内閣の経済政策と税制改正の基本的な考え方について質問をいたします。私は、昨年のこの税法の本会議質問で、アベノミクスは、大企業と中小企業、富裕層と庶民の格差を広げる二極化政策であると指摘し、この上、消費税の八%への増税を実施すれば、家計と中小企業は更に疲弊し、景気はますます悪化すると警告をいたしました。会議録へ(外部リンク)

第189回国会 参議院 本会議 第11号(2015/03/31、23期)

日本共産党の大門実紀史です。所得税法等の一部改正案に反対の討論を行います。会議録へ(外部リンク)

第189回国会 参議院 本会議 第43号(2015/09/18、23期)

日本共産党の大門実紀史でございます。鴻池委員長問責決議案に賛成の討論を行います。会議録へ(外部リンク)

第192回国会 参議院 本会議 第9号(2016/11/09、24期)

日本共産党を代表し、消費税増税延期法案に関連して質問をいたします。日本経済が停滞から抜け出せない最大の理由は、経済の六割を占める個人消費の低迷が続いていることです。九月の家計調査を見ても、うるう年で二月が一日多かったためにプラスになったことを除くと、十三か月連続のマイナスとなっています。個人消費が増………会議録へ(外部リンク)

第192回国会 参議院 本会議 第18号(2016/12/14、24期)

私は、日本共産党を代表して、カジノ・賭博場解禁法案について、断固反対の討論を行います。昨夜の内閣委員会において、これまで理事会でも会派間でも全く触れてこなかった修正案なるものが突如持ち出され、質疑さえせず、採決が押し切られました。まず、このことに厳重に抗議をいたします。会議録へ(外部リンク)

第193回国会 参議院 本会議 第7号(2017/03/08、24期)

日本共産党の大門実紀史です。三月六日、北朝鮮が日本海に向けて弾道ミサイルを発射したことは、核兵器の開発と不可分に結び付いた軍事行動であり、国連安保理決議、六か国協議の共同声明、日朝平壌宣言に違反する暴挙です。質問に先立ち、厳重に抗議するものであります。会議録へ(外部リンク)

第193回国会 参議院 本会議 第10号(2017/03/27、24期)

私は、日本共産党を代表して、所得税法等改正案に反対の討論を行います。今回の改定には、相続税等の納税義務の見直しや中小企業向けの租税特別措置など賛成できる内容もありますが、以下に述べる重大な問題点が含まれていることから、反対をいたします。会議録へ(外部リンク)

第196回国会 参議院 本会議 第9号(2018/03/28、24期)

日本共産党を代表して、所得税法等改正案に反対の討論を行います。討論に入る前に一言申し上げます。会議録へ(外部リンク)

第196回国会 参議院 本会議 第37号(2018/07/20、24期)

日本共産党を代表して、本法案に断固反対の討論を行います。日本は既に、パチンコと公営ギャンブルを合わせ、市場規模が二十七兆円にも上るギャンブル大国です。ギャンブル依存症も三百万人を超え、多重債務や自己破産など、深刻な社会問題を引き起こしています。今回のカジノ実施法は、それに加えて、刑法で禁じられてきた………会議録へ(外部リンク)

第198回国会 参議院 本会議 第7号(2019/03/08、24期)

日本共産党を代表して、所得税等改正案に関連して質問します。まず、現下の経済情勢について、安倍総理の認識を伺います。会議録へ(外部リンク)

第198回国会 参議院 本会議 第10号(2019/03/27、24期)

会派を代表して、所得税法等改正案に反対の討論を行います。反対する最大の理由は、消費税の増税を前提にしていることです。会議録へ(外部リンク)

第198回国会 参議院 本会議 第16号(2019/05/10、24期)

日本共産党を代表し、金融機能早期健全化法一部改正案について質問します。本法案は、預金保険機構の剰余金のうち約八千億円を一般会計に繰り入れ、それを本年十月からの消費税率引上げの影響を緩和するための対策、すなわちポイント還元やプレミアム付き商品券などの財源に充てようというものです。会議録へ(外部リンク)




データ更新日:2019/07/14