国会議員白書トップ衆議院議員本村賢太郎>本会議発言(全期間)

本村賢太郎 衆議院議員
「本会議発言」(全期間)

本村賢太郎[衆]活動記録 : トップ選挙結果 | 本会議発言 | 委員会統計発言一覧質問主意書

本村賢太郎衆議院議員の在職時の本会議での質疑や答弁などの発言についてまとめています。発言回数、発言文字数、発言時の役職、立場、各発言の冒頭部分の内容の一覧が掲載されています。
 委員会や各種会議での発言等については委員会統計発言一覧のページを参照してください。
 下記リンクからページ内の各項目に飛ぶことができます。

■発言統計  ■発言時役職  ■発言一覧


本会議発言統計(衆議院)

在籍期
発言
文字数
議会役職
政府役職



1回
1600文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

3回
11616文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

6回
9570文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字



衆議院在籍時通算
10回
22786文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

※「議会役職」は議長、副議長など国会の役職、「政府役職」は大臣などの内閣、政府関係の役職が記録に付されていた場合を集計しています。


本会議発言時役職(衆議院)

 在職時に衆議院本会議での議会役職、政府役職の立場からの発言なし。

本会議発言一覧(衆議院)

45期(2009/08/30〜)

第174回国会 衆議院本会議 第14号(2010/03/16、45期、民主党・無所属クラブ)

○本村賢太郎君 民主党の本村賢太郎です。  私は、民主党・無所属クラブを代表して、ただいま議題となりました公立高等学校に係る授業料の不徴収及び高等学校等就学支援金の支給に関する法律案及び修正案、いわゆる高校の無償化法案に賛成の立場から討論を行います。(拍手)  この法律案は、教育に係る経済的負担の軽減を図り、教育の機会均等に寄与することを目的とするものであります。公立高校については授業料を徴収せず、私立高校等の生徒がその授業料に充てるため就学支援金の支給を受けることができるようにするもので、いわゆる公私間格差の是正も図ることができます。  特に、就学支援金の支給については、私立高校だけでなく、……


47期(2014/12/14〜)

第190回国会 衆議院本会議 第13号(2016/03/01、47期、民主・維新・無所属クラブ)

○本村賢太郎君 民主党の本村賢太郎でございます。  私は、民主・維新・無所属クラブを代表し、ただいま議題となりました政府提出の平成二十八年度予算三案について反対、民主・維新・無所属クラブ提出の編成替えを求めるの動議に賛成の立場から討論いたします。(拍手)  先日、二〇一五年国勢調査の速報値が公表され、国勢調査が始まって以来、初めて人口減となりました。東京圏に人口が集中する一方、三十九の道府県で人口が減っており、地域再生は待ったなしの状況です。この状況を打破するには、生まれたところで学び、働き、産み、育てるサイクルが重要です。しかし、今の政策では東京圏に富が集約される一方、地方が疲弊していくので……

第190回国会 衆議院本会議 第25号(2016/04/19、47期、民進党・無所属クラブ)

○本村賢太郎君 民進党の本村賢太郎でございます。  ただいま議題となりました電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法の一部を改正する法律案につきまして、民進党を代表して質問させていただきます。(拍手)  まず冒頭、今般、熊本、大分両県での地震で被災された皆様に心からお見舞いを申し上げます。また、お亡くなりになられた方々とその御家族、御関係者の皆様には心からお悔やみ申し上げます。  今、この瞬間も余震が続いており、避難所や医療施設におられる方を初め、被災者の方々は不安の中で生活しておられると思います。このような国家の一大事に際し、我々国会議員は一丸となって救命救助に全ての力……

第192回国会 衆議院本会議 第18号(2016/12/14、47期、民進党・無所属クラブ)

○本村賢太郎君 民進党の本村賢太郎です。  私は、民進党・無所属クラブを代表し、ただいま議題となりました三日間の会期再延長につき、反対の立場から討論いたします。(拍手)  冒頭、きのう、米海兵隊普天間基地所属のオスプレイが名護市沖に墜落した件について、一言申し上げます。  防衛省は不時着水と発表していますが、機体は完全に大破しており、一歩間違えば住民に甚大な被害が発生した可能性のある重大な事故と言わざるを得ません。極めて遺憾であり、厳重に抗議します。  我々民進党は、直ちにオスプレイの飛行停止を求めるとともに、政府と米軍に対して、徹底した事故原因の究明と、正確かつ速やかな情報の提供を強く求めま……


48期(2017/10/22〜)

第196回国会 衆議院本会議 第25号(2018/05/11、48期、無所属の会)

○もとむら賢太郎君 無所属の会のもとむら賢太郎です。  会派を代表し、ただいま議題となりました消費者契約法の一部を改正する法律案について質問します。(拍手)  まず冒頭に、六月十二日に米朝首脳会談がシンガポールで開催されることが発表されました。大きな局面の中で、非核化はもちろんのこと、我が国の拉致被害者全員を帰国させなければなりません。政府としても、米国などとしっかり連携し、拉致問題を解決するために万全を尽くすことを強く要請いたします。  さて、今回の改正案では、困惑類型として、不安をあおる告知と恋愛感情等に乗じた人間関係の濫用が追加され、この要件として、「社会生活上の経験が乏しいことから」と……

第196回国会 衆議院本会議 第28号(2018/05/22、48期、無所属の会)

○もとむら賢太郎君 無所属の会のもとむら賢太郎です。  会派を代表し、ただいま議題となりました特定複合観光施設区域整備法案、通称IR法案について質問します。(拍手)  冒頭、国会で正しい真実な答弁が行われていることは審議の大前提です。それが揺らいでいる今、疑念を払拭することは安倍総理の重大な責任だと指摘をさせていただきます。  きのう、加計学園問題に関する愛媛県の文書が新たに公開されました。二〇一五年二月二十五日に加計理事長と面会した総理が、獣医学部新設の構想を聞き、いいねと言ったとの記述がありますが、事実でしょうか。これまでの総理の答弁と矛盾します。  総理は、先ほど来、加計理事長との面会を……

第196回国会 衆議院本会議 第39号(2018/06/19、48期、無所属の会)

○もとむら賢太郎君 無所属の会のもとむら賢太郎です。  私は、会派を代表し、いわゆるIR整備法案に対し、反対の立場から討論いたします。(拍手)  冒頭、大阪府北部を震源とする地震でお亡くなりになられた方々とその御家族、御関係者の皆様に心からお悔やみを申し上げます。また、被災された皆様に心からお見舞いを申し上げます。  さて、五月二十二日、この衆議院本会議場でIR整備法案の審議が始まり、私も質問に立ちました。本法案は、条文二百五十一条、附則十六条という大部です。それが二十時間未満の審議で採決を強行されようとは夢にも思いませんでした。  これまでの審議で明らかになったのは、余りにずさんな制度設計だ……

第196回国会 衆議院本会議 第43号(2018/07/18、48期、無所属の会)

○もとむら賢太郎君 無所属の会のもとむら賢太郎です。  会派を代表し、反対の立場から討論を行います。(拍手)  冒頭、西日本豪雨災害でお亡くなりになられた方々と御家族にお悔やみを申し上げますとともに、被災された皆様にお見舞いを申し上げます。今この時点も現地で尽力されている御関係者、ボランティアの皆さんに敬意を表します。  きのう、参議院では、災害対応に第一に当たるべき総理と国土交通大臣が出席し、IR整備法案の審議が行われました。災害対応よりカジノとは、全く理解不能です。  さらに、古屋議運委員長がパーティー券の収入を過少報告していた疑惑が浮上しました。議運委員長は高潔たるべき職です。明確な説明……

第197回国会 衆議院本会議 第12号(2018/12/06、48期、無所属の会)

○もとむら賢太郎君 無所属の会のもとむら賢太郎です。  会派を代表し、反対の立場から討論を行います。(拍手)  冒頭、水道民営化を進める内閣府のPPP/PFI推進室にヴェオリア社日本法人の出向職員が勤務していることがわかりました。さらに、コンセッション方式導入に関する情報収集のため、イギリス、フランスを視察した際、ヴェオリア社と飲食し、スエズ社の負担で移動していたことも明らかになりました。  まさか、水メジャーと呼ばれる外国企業のために本法案を成立させ、日本を海外に売ろうとしているのではないですよね。  本法案は、人口減少に伴う需要の減少、水道施設の老朽化、深刻化する人材不足等の直面する課題に……

第198回国会 衆議院本会議 第9号(2019/03/02、48期、社会保障を立て直す国民会議)

○もとむら賢太郎君 社会保障を立て直す国民会議のもとむら賢太郎です。  平成三十一年度予算案に対し、反対の立場から討論を行います。(拍手)  一月、二月になると、地元相模原市から小学生が国会見学にやってきます。そこで子供たちに国会の役割は何だと思いますかと質問すると、子供たちは予算と法律をつくるところだと答えてくれます。更に話してみると、自分たちも消費税を払っている納税者だという意識を持っている子もいます。子供たちに恥じない、未来につながる予算編成を私たち政治家はしなければならない、そう思っています。  さて、そう思ったとき、平成三十一年度予算案は果たして未来につながる予算編成となっているでし……


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2021/10/14

本村賢太郎[衆]活動記録 : トップ選挙結果 | 本会議発言 | 委員会統計発言一覧質問主意書



■著書
2020年10月新刊