国会議員白書トップ衆議院議員玉木雄一郎>本会議発言(全期間)

玉木雄一郎 衆議院議員
「本会議発言」(全期間)

玉木雄一郎[衆]活動記録 : トップ選挙結果 | 本会議発言 | 委員会統計発言一覧質問主意書

玉木雄一郎衆議院議員の在職時の本会議での質疑や答弁などの発言についてまとめています。発言回数、発言文字数、発言時の役職、立場、各発言の冒頭部分の内容の一覧が掲載されています。
 委員会や各種会議での発言等については委員会統計発言一覧のページを参照してください。
 下記リンクからページ内の各項目に飛ぶことができます。

■発言統計  ■発言時役職  ■発言一覧


本会議発言統計(衆議院)

在籍期
発言
文字数
議会役職
政府役職



0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

4回
10602文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

1回
1737文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

6回
51641文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字



衆議院在籍時通算
11回
63980文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

※「議会役職」は議長、副議長など国会の役職、「政府役職」は大臣などの内閣、政府関係の役職が記録に付されていた場合を集計しています。


本会議発言時役職(衆議院)

 在職時に衆議院本会議での議会役職、政府役職の立場からの発言記録なし。

本会議発言一覧(衆議院)

46期(2012/12/16〜)

第183回国会 衆議院本会議 第11号(2013/03/14、46期、民主党・無所属クラブ)

○玉木雄一郎君 武正議員の質問にお答えします。  住宅対策についてお尋ねがありました。  住宅は取得価額が高額であり、また、住宅産業は裾野が広いことから、駆け込み需要とその反動減が起きた場合には、経済に与える影響は甚大なものと予想されます。  また、今般の政府提出税制改正法案による住宅ローン減税は、その恩恵が限定的です。  そこで、本法案第四条においては、中低所得者に対する補完的な措置として給付措置を実施するため、本法案の施行後速やかに給付の対象者、額等を具体化するための検討を行い、本法案の施行後速やかにその措置を講ずるものであります。  また、ライフスタイルの変化や住宅に対する需要の変化に応……

第183回国会 衆議院本会議 第17号(2013/04/16、46期、民主党・無所属クラブ)

○玉木雄一郎君 私は、民主党・無所属クラブを代表して、ただいま議題となりました政府提出の平成二十五年度予算三案につき撤回のうえ編成替えを求めるの動議について、その趣旨を説明いたします。(拍手)  民主党政権では、少子高齢化、経済のグローバル化、莫大な累積債務の存在といった変化と制約の中で、人への重点投資や地域主権改革の推進を重点施策と位置づけながら、厳しい財政事情のもとで、財政規律にも配慮しつつ、政権運営、財政運営を行ってまいりました。  実際、民主党政権下の平成二十三年度決算ベースでは、国債発行額が税収を上回る異常な事態が解消され、財政状況の改善に向けた兆しが見えていました。また、経済的理由……

第186回国会 衆議院本会議 第7号(2014/02/28、46期、民主党・無所属クラブ)

○玉木雄一郎君 私は、民主党・無所属クラブを代表して、ただいま議題となりました政府提出の平成二十六年度予算三案につき撤回のうえ編成替えを求めるの動議について、その趣旨を説明いたします。(拍手)  組み替え動議について申し上げる前に、十分な審議時間を確保してほしい、こうした我々の求めを無視し、採決に踏み切ったことに、抗議をいたします。衆参のねじれが解消した今だからこそ、野党の声に丁寧に耳を傾ける姿勢が必要なのではないでしょうか。  そして、平成二十六年度予算案の審議において繰り返されました、総理を初め安倍内閣の不誠実な答弁の問題点を、まず冒頭、指摘したいと思います。  例えば、総理は、当初予算で……

第186回国会 衆議院本会議 第11号(2014/03/27、46期、民主党・無所属クラブ)

○玉木雄一郎君 民主党の玉木雄一郎です。  農業者戸別所得補償法案及びいわゆるふるさと維持支払い三法案について、その提案理由及び内容を説明いたします。  まず、戸別所得補償法案についてであります。  我が国農業の現状を憂い、民主党政権下で導入をしたのが、戸別所得補償制度であります。その結果、農業所得が回復傾向に転じ、農家の皆さんからも高い評価を得てきました。  自民党に政権交代した後の一年間も含む四年間、何の変更もなく安定的に続けられてきた農政は、ほかになかったと思います。猫の目農政からの脱却を図り、農家の予測可能性を高めてきた制度を、政権がかわったからという政局的な理由で変更することは、生産……


47期(2014/12/14〜)

第189回国会 衆議院本会議 第23号(2015/05/14、47期、民主党・無所属クラブ)

○玉木雄一郎君 民主党提出、農業協同組合法の一部を改正する法律案について説明します。  私は、本年一月十三日、農林水産委員会の閉会中審査で、全国農業協同組合中央会、全中の監査制度をいじることでなぜ農家所得が向上するのかと農林水産大臣に質問しました。あれから四カ月、何度も同じ質問をしてきましたが、今に至るまで一度も明確な答弁はいただいていません。  また、全中が地域農協の自由な経営を妨げている具体例を示してほしいと質問しても、今に至るまでただの一例も示していただいていません。  さらに、准組合員は悪だといったステレオタイプの批判のもと、事業をばらばらにしようとする政府・自民党の改革案は、農家の所……


48期(2017/10/22〜)

第195回国会 衆議院本会議 第5号(2017/11/20、48期、希望の党・無所属クラブ)

○玉木雄一郎君 希望の党代表、玉木雄一郎です。(拍手)  四国のうどん県、香川県の出身です。香川県といっても、うちは相当田舎の方で、家の裏山からイノシシが出てきます。小さいころは、校庭や広場で野球やサッカーをしていると、早く帰りなさいと近所のおばさんが注意してくれる、そんな全国のどこにでもあるような田園風景の中で育ちました。  しかし、そんな私の小学校も来年度廃校になります。地方の衰退は驚くべきスピードで進んでいます。  地方だけではありません。今、普通に一生懸命働いて生活している人たちと一部の富裕層との間で格差が広がっています。豊かな人をより豊かにすればそのうちお金がみんなに回ってくる、そん……

第196回国会 衆議院本会議 第2号(2018/01/24、48期、希望の党・無所属クラブ)

○玉木雄一郎君 希望の党代表の玉木雄一郎です。  私は、希望の党・無所属クラブを代表して、安倍総理の施政方針演説に対して質問します。(拍手)  冒頭、二点申し上げます。  まず、昨日発生した草津本白根山の噴火で被害に遭われた方々にお見舞い申し上げますとともに、今なお深刻な状態にある方々の回復を祈ります。そして、訓練中殉職された陸上自衛官に対し、心からお悔やみを申し上げます。  次に、総理は平昌オリンピックに参加することを決断されたようですが、昨日、CIA長官が、北朝鮮によるICBM実戦配備まで数カ月ということを明言されました。異例のことだと思います。  オリンピックはオリンピックとして、我が国……

第196回国会 衆議院本会議 第45号(2018/07/20、48期、国民民主党・無所属クラブ)

○玉木雄一郎君 国民民主党の玉木雄一郎です。  私は、国民民主党・無所属クラブを代表し、ただいま議題となりました安倍内閣不信任決議案に賛成の立場で討論いたします。(拍手)  冒頭、大阪北部地震や西日本豪雨災害で亡くなられた方々に心からお悔やみ申し上げますとともに、今なお不自由な暮らしを余儀なくされている被災者の皆様にお見舞いを申し上げます。私自身、被災地に何度も入りましたが、被害は甚大であり、息の長い支援が必要だと実感をいたしました。  特に、三点申し上げます。  まず、復興の妨げにもなっていると思われる災害ごみの処理、これを急がなければなりません。  二つ目に、被災者の住宅の確保です。これは……

第197回国会 衆議院本会議 第2号(2018/10/29、48期、国民民主党・無所属クラブ)

○玉木雄一郎君 国民民主党代表の玉木雄一郎です。  安倍総理の所信表明演説に対して質問します。(拍手)  来年四月末で、平成の世が幕をおろします。しかし、その先の将来が見えず、多くの国民が将来不安を抱えています。  私たち国民民主党は、未来を先取りする改革中道政党として、国民の声に耳を傾け、現実的な答えをつくり出していきます。経済には改革を、社会には多様性を、生活には温かさを、外交、安全保障には現実的な安定感を目指します。政府・与党の理不尽な行為に対しては、他の野党とも力を合わせて厳しく追及します。同時に、国民のための新しい道を示す、それが私たち国民民主党です。  冒頭、大阪北部地震、西日本豪……

第198回国会 衆議院本会議 第2号(2019/01/30、48期、国民民主党・無所属クラブ)

○玉木雄一郎君 国民民主党代表の玉木雄一郎です。  国民民主党・無所属クラブを代表し、安倍総理に質問いたします。(拍手)  まず冒頭、一点申し上げます。  この代表質問、タブレット端末を持ち込んでやらせていただきたいとお願いしましたが、認めてもらえませんでした。議場の皆さん、もう平成の時代が終わろうとしています。国会のペーパーレス化のためにも、こうした古いルールを改めて、ペーパーレス化を進めていこうではありませんか。  さて、私たち国民民主党は、共生を理念として掲げる改革中道政党です。「つくろう、新しい答え。」を党のキャッチフレーズに掲げ、新しい時代へ進む新しい解決策を提案していきます。また、……

第201回国会 衆議院本会議 第2号(2020/01/22、48期、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)

○玉木雄一郎君 私は、会派を代表し、政府四演説に対して、安倍総理に質問いたします。(拍手)  まず聞かなければならないのは、昨年末、IRに絡んで自民党の現職国会議員が逮捕されたことであります。言語道断であります。まず、このことについて、総理は国民の皆さんにおわびをし、疑惑にまみれたIR事業の推進を凍結すると宣言すべきではないですか。答弁を求めます。  また、整備地域の選定基準を盛り込んだIR基本方針を今月にも決定するとのことですが、やめるべきです。あわせて伺います。  八十六万四千人。昨年生まれた日本人の数です。明治三十二年に統計をとり始めて以来、初めて九十万人を割り込みました。私の生まれた一……


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2021/11/15

玉木雄一郎[衆]活動記録 : トップ選挙結果 | 本会議発言 | 委員会統計発言一覧質問主意書



■著書
2020年10月新刊