国会議員白書トップ衆議院議員馬場伸幸>本会議発言(全期間)

馬場伸幸 衆議院議員
「本会議発言」(全期間)

馬場伸幸[衆]活動記録 : トップ選挙結果 | 本会議発言 | 委員会統計発言一覧質問主意書

馬場伸幸衆議院議員の在職時の本会議での質疑や答弁などの発言についてまとめています。発言回数、発言文字数、発言時の役職、立場、各発言の冒頭部分の内容の一覧が掲載されています。
 委員会や各種会議での発言等については委員会統計発言一覧のページを参照してください。
 下記リンクからページ内の各項目に飛ぶことができます。

■発言統計  ■発言時役職  ■発言一覧


本会議発言統計(衆議院)

在籍期
発言
文字数
議会役職
政府役職



1回
4658文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

4回
20192文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

8回
37519文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字



衆議院在籍時通算
13回
62369文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

※「議会役職」は議長、副議長など国会の役職、「政府役職」は大臣などの内閣、政府関係の役職が記録に付されていた場合を集計しています。


本会議発言時役職(衆議院)

 在職時に衆議院本会議での議会役職、政府役職の立場からの発言なし。

本会議発言一覧(衆議院)

46期(2012/12/16〜)

第186回国会 衆議院本会議 第6号(2014/02/18、46期、日本維新の会)

○馬場伸幸君 日本維新の会の馬場伸幸です。  まず初めに、先般来のたび重なる豪雪により被害に遭われた国民の皆様に心からお見舞いを申し上げるとともに、いまだ孤立をされている地域のために政府として全力を挙げて復旧に取り組まれますよう強く要望を行い、両法律案の趣旨説明に対し、質問に入りたいと思います。(拍手)  安倍総理は、今国会の施政方針演説で、我々が国会議員となったのは志を得るため、この国をよくしたい、国民のために力を尽くしたいとの思いからであったと述べ、ぜひとも国会議員となったときの熱い初心を思い出していただき、建設的な議論を行っていこうではありませんかと呼びかけられました。ごもっともなことで……


47期(2014/12/14〜)

第190回国会 衆議院本会議 第2号(2016/01/06、47期、おおさか維新の会)

○馬場伸幸君 おおさか維新の会の馬場伸幸です。(拍手)  まず冒頭、先ほど、北朝鮮政府が水爆実験を行ったと公式に発表いたしました。このことは大変な暴挙であり、許しがたく、まことに遺憾であります。北朝鮮政府を強く非難するとともに、我が国政府には、正確な情報収集に努め、速やかに情報を国会に報告するとともに、万全の態勢をとっていただくことを強く求めておきたいと思います。  さて、中国の政治家であった范仲淹による「岳陽楼記」という書物の中に先憂後楽という大変有名な格言があります。漢字でいえば、先に憂い、後で楽しむと書きます。その意味は、政治家たるものは、国民より先に難題を憂い、自分たちが楽しむのは国民……

第190回国会 衆議院本会議 第8号(2016/01/27、47期、おおさか維新の会)

○馬場伸幸君 おおさか維新の会の馬場伸幸です。  私は、安倍総理が提案をいたしました平成二十八年度予算案について、おおさか維新の会を代表し、質問をさせていただきます。本予算への賛否決定と組み替え動議を提案することを目的に、質問をさせていただきます。(拍手)  おおさか維新の会は、与党でもない、野党でもない、提案型責任政党として、国民本位の政策の提案を行う政党を目指して、有的放矢の考え方のもと、政治に新しい風をつくり上げてまいります。  おおさか維新の会は、創業者である橋下徹前代表の政治哲学である地方分権改革の実現、つまり中央一極集中を根本から改革する、そのことを目的として創設された政党でありま……

第192回国会 衆議院本会議 第3号(2016/09/28、47期、日本維新の会)

○馬場伸幸君 日本維新の会の馬場伸幸です。  私は、日本維新の会を代表し、安倍内閣総理大臣の所信表明演説及び麻生財務大臣の財政演説に対して質問をいたします。(拍手)  我が党は、政治家みずからの身を切る改革を最優先に掲げ、中央集権の統治機構を根本から見直す、グレートリセットを目指す改革政党です。  昨年の結党に当たっては、大阪の改革を全国へと広げていく覚悟を示すため、党名をおおさか維新の会とし、七月の参議院選挙では五百十五万票を超える御支持をいただき、参議院の交渉会派として議員立法を提出する権限をいただきました。  今後、日本全国で改革を進め、さらなる党勢拡大を期するため、先月の党大会において……

第193回国会 衆議院本会議 第3号(2017/01/24、47期、日本維新の会)

○馬場伸幸君 日本維新の会の馬場伸幸です。  私は、我が党を代表して、安倍総理に質問をいたします。(拍手)  まず、昨年十二月に起きた新潟県糸魚川市の大規模火災の被災者の皆様に心からお見舞いを申し上げます。  我が党は、東日本大震災、熊本地震等についても、復興はまだ道半ばの思いで、今後も真摯に全党体制で取り組んでまいります。  我が党は、昨年の通常国会の冒頭で、提案型責任政党を目指すと国民に宣言しました。臨時国会では、参議院選公約のほとんどを百一本の法案にまとめ、参議院に提出をいたしました。公約は公党が選挙時に国民と交わした約束なので、法案として具体化して、確実に実現すべきと考えたからです。 ……


48期(2017/10/22〜)

第195回国会 衆議院本会議 第6号(2017/11/21、48期、日本維新の会)

○馬場伸幸君 日本維新の会の馬場伸幸です。(拍手)  明年、平成三十年は、明治維新から数えてちょうど百五十年目の年に当たります。  人生百年時代を迎えた今の日本で、たった百五十年前、それまで数百年と続いてきた前例、慣例の象徴であるちょんまげを切り、腰から刀を抜き、我々の先人たちが日本を近代国家に生まれ変わらせるため、文字どおり命をかけた大改革が行われました。  現在の日本について考えたとき、明治維新のときに設計された、人口が右肩上がりで増加し、経済が成長し、税収がどんどん上がっていくという前提で考えられた全ての行政制度は、その前提条件が崩れ、疲弊しています。  それだけではなく、憲法、外交、安……

第197回国会 衆議院本会議 第3号(2018/10/30、48期、日本維新の会)

○馬場伸幸君 日本維新の会の馬場伸幸です。(拍手)  冒頭、通告をしておりませんが、先ほど速報で、韓国の大法院において、新日鉄住金に対し、戦時中の徴用工への賠償金支払いを求める判決が出ました。本件について、総理の見解をまずお尋ねいたします。  さて、今国会から、演壇に残り時間がわかるタイマーが設置をされました。これです。この小さい、しかし意味のある改革がなぜ今まで実現しなかったのか、理解に苦しみます。  昨日、高市議運委員長が国会改革の私案を「平成のうちに」衆議院改革実現会議メンバーに提示をしたという理由で、本会議の開始が四十五分おくれました。この時間を金額に換算すると一体幾らになるのでしょう……

第198回国会 衆議院本会議 第3号(2019/01/31、48期、日本維新の会)

○馬場伸幸君 日本維新の会の馬場伸幸です。  我が党を代表して質問をいたします。(拍手)  あの悪夢の三年三カ月とも言われた民主党政権に終止符を打ち、第二次安倍政権が発足してから六年、アベノミクス三本の矢に次ぐ新三本の矢が発表されてから早くも三年余りが経過をしました。  安倍総理が、日銀総裁に係る人事権を行使し、早期にデフレではないという状況をつくるとともに、雇用環境を劇的に改善させてきたことは、一定評価をしています。無責任野党たちは、統計不正をもってアベノミクス偽装などとあおっていますが、アベノミクスの成果と統計不正の問題とは切り離して評価すべきです。  その上で、日本経済のデフレという病を……

第200回国会 衆議院本会議 第3号(2019/10/08、48期、日本維新の会)

○馬場伸幸君 日本維新の会の馬場伸幸です。  私は、我が党を代表して、総理に質問をさせていただきます。(拍手)  日本維新の会は、地方から生まれた唯一の国政政党として、特定の組織、団体に依存しない唯一の国政政党として、身を切る改革を言うだけではなく実行する唯一の国政政党として、結党から七周年を迎えました。  人間でいうと、小学校に入ったばかり。還暦を迎えた自民党に取ってかわる実力はまだありませんが、新しい令和の時代にふさわしい新しい日本をつくり上げていくために、力の限りを尽くして働いてまいる決意であります。  今国会では、特に、この日本を次の世代へと引き渡していくために、どうしても必要であるに……

第201回国会 衆議院本会議 第3号(2020/01/23、48期、日本維新の会)

○馬場伸幸君 日本維新の会の馬場伸幸です。(拍手)  まず、質問に入る前に、中国で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大問題について申し述べます。  あすから中国の春節に入り、多くの方々が訪日されることもあり、国民は大きな不安を抱いています。  日本維新の会は、本日、対策本部を設置し、午前中に第一回会合を開催しましたが、政府においても、加藤厚生労働大臣始め内閣が一体となって、強い危機感を持って、水際対策など万全の防疫体制をしくとともに、国民への情報提供と説明責任を果たすよう、強く要望いたします。  それでは、質問に入ります。  我々日本維新の会は、地方から生まれた唯一の国政政党として、……

第201回国会 衆議院本会議 第21号(2020/04/27、48期、日本維新の会・無所属の会)

○馬場伸幸君 日本維新の会の馬場伸幸です。  会派を代表して、質問をいたします。(拍手)  世界じゅうで猛威を振るう新型コロナウイルスの感染拡大により、我々は今、未曽有の国難に直面しています。まずもって、ウイルスに立ち向かってくださっている医療関係者に敬意と感謝を申し上げるとともに、国民の生活を支える物流、小売、保育などの従業員の皆様、そして自粛要請に協力くださっている全ての国民の皆様に感謝を申し上げます。  私たち国会議員は、国民の皆様の困窮と悲痛な声に思いをはせ、必要な政策をスピーディーかつ適正に講じていかなければなりません。こうした観点から、最も重要な七点について、総理に質問をいたします……

第203回国会 衆議院本会議 第3号(2020/10/29、48期、日本維新の会・無所属の会)

○馬場伸幸君 日本維新の会の馬場伸幸です。(拍手)  いよいよ、十一月一日、大阪市を四つの特別区に再編する大阪都構想の是非を問う住民投票が実施されます。  都構想の目的は、無駄のきわみたる大阪府と大阪市の二重行政を解消することで、大阪の成長戦略を一本化し、同時に、住民自治を拡充することにあります。大都市の成長を担う広域行政は府が担い、大阪市にかわって四つの特別区が住民に身近なサービスを提供するものです。  実現すれば、明治維新の廃藩置県以来、約百五十年ぶりの統治機構改革となり、単に地域にとどまらない、新しい日本の形を決めていく国家的意義のあるプロジェクトです。  大阪都構想への道を開いたのは、……

第204回国会 衆議院本会議 第3号(2021/01/21、48期、日本維新の会・無所属の会)

○馬場伸幸君 日本維新の会の馬場伸幸です。(拍手)  まず初めに、新型コロナウイルスによりお亡くなりになられた方々の御冥福をお祈りするとともに、現在、入院及び自宅でやむなく治療、療養されている方々に心よりお見舞いを申し上げます。そして、日夜最前線で尽力くださっている医療従事者の皆様方に心から敬意と感謝を申し上げます。  私は、ちょうど一年前の通常国会冒頭の代表質問において、新型コロナウイルスの問題を最初に取り上げ、中国の春節を前に国民が大きな不安を抱いていると指摘し、水際対策など万全の防疫体制をしくよう、政府に強く要望しました。  そして、日本維新の会として、昨年二月三日の第一弾から本年一月四……


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2021/09/25

馬場伸幸[衆]活動記録 : トップ選挙結果 | 本会議発言 | 委員会統計発言一覧質問主意書



■著書
2020年10月新刊