国会議員白書トップ参議院議員山谷えり子>委員会発言一覧(全期間)

山谷えり子 参議院議員
「委員会発言一覧」(全期間)

山谷えり子[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書


このページでは山谷えり子参議院議員の委員会・各種会議の発言の冒頭部分と国会会議録検索システムの該当ページへのリンクをまとめています。山谷えり子 参議院議員「委員会統計」(全期間)では委員会・各種会議の活動状況や役職経験をまとめています。

■委員会発言一覧  ■各種会議発言一覧

委員会発言一覧(参議院)

20期(2004/07/11〜)

第161回国会 外交防衛委員会 第5号(2004/11/09、20期、自由民主党)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。  日本・メキシコ経済連携協定、EPAは我が国とメキシコ合衆国との貿易・投資の自由化、ビジネス環境整備、中小企業支援など、幅広い分野で連携が強化されるというものですが、具体的にはどのような発展が我が国にもたらされるとお考えでございましょうか。
【次の発言】 先日、経団連の経済ミッションが帰国しました。東南アジア四か国、フィリピン、マレーシア、タイ、インドネシアをEPA締結の後押しになればと回ったものでしたけれども、各国から、省庁の縦割りによって非常に交渉しにくい、窓口が不親切である、もう中国はもっともっとすごい勢いで行っているんだぞというよう……

第161回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 閉会後第1号(2004/12/14、20期、自由民主党)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。  様々な場面で、今、国家意思が問われていると思います。  中国原潜の領海侵犯事件、その後について町村外務大臣にお伺いいたします。  日中外相会談、首脳会談において日本は再発防止を求めましたが、明確な再発防止策はまだ示されておりません。中国は外交ルートで決着済みという考えのようでございますが、日本側としてはこれで決着済みとしてよろしいんでございましょうか。
【次の発言】 是非よろしくお願いいたします。武大偉中国外務次官が、技術的原因により過って入ったと、この説明ではとても納得できませんので、どうぞよろしくお願いいたします。  領海侵犯に対し、……

第162回国会 外交防衛委員会 第4号(2005/03/29、20期、自由民主党)

○山谷えり子君 自由民主党山谷えり子でございます。  三月二日に国連で北京プラス10、女性の人権関係の会議でございますが、世界閣僚会合がありました。そこで日本政府は、男女共同参画会議は政府の施策の実施状況を監視する機能や政府の施策が及ぼす影響の調査機能を持ち、我が国のジェンダー主流化のかなめを担っておりますという演説をしております。男女共同参画会議は我が国のジェンダー主流化のかなめを担っておる、デリバレート・オン・ザ・インパクト・オブ・ガバメント・ポリシーズ・オン・ザ・フォーメーション・オブ・ア・ジェンダーイコール・ソサエティー。ジェンダーイコール・ソサエティー、この意味はどういう意味でござい……

第162回国会 外交防衛委員会 第5号(2005/03/31、20期、自由民主党)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。  参考人の先生方、ありがとうございます。  小川参考人にお伺いしたいと思います。  私は、イラク、インド洋、そしてゴラン高原、PKOや人道復興支援を見てまいりました。非常に日本の自衛官は優秀でいらっしゃいまして、世界の平和の維持に貢献しており、また国益にもかなう活動をしているということを感じております。  しかしながら、テロ特措法で自己の管理下に入った者と、あるいはその現場性というような二項目が入って臨機応変に活動、対応できる部分が増えたことは増えたんですが、しかし本来持っている自衛隊の能力、あるいは国連の装備品すら守れないとか、武器の使用……

第162回国会 外交防衛委員会 第9号(2005/04/21、20期、自由民主党)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。両参考人の皆様、ありがとうございました。  小島参考人にお伺いしたいと思います。  四月十八日、町村外務大臣は唐家セン国務委員に対して、日本の教科書はすべて戦争の反省の上に立っている、愛国教育が結果として反日教育になっていないか、記念館の展示物の内容が日中友好に資するかという議論が日本の国会でなされているとおっしゃいました。さすが元文部大臣らしく、事実を踏まえた御主張だったというふうに思うんですけれども、むしろ歴史を、事実を曲げたりバランスを欠いているのが中国の方ではないかというような論説が、実は去年の十二月もニューヨーク・タイムズに載りまし……

第162回国会 外交防衛委員会 第11号(2005/04/28、20期、自由民主党)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。  私は、自衛官のゴラン活動でのPKO活動、またアフガニスタンのDDR、武装解除活動、イラク人道復興支援活動、現地に参りまして意見交換をしてまいったものでございます。イラクでは、日本は日露戦争で勝利した国、アジアの人々にあの植民地支配に立ち向かう希望をつくったと言われました。また、長く戦後占領されていたにもかかわらず非常にあの目覚ましい復興をした国だと、秘密を教えてほしいというふうにも言われました。  今年は、日露戦争、ポーツマス条約から百年、そしてまた、さきの大戦から六十年でございます。本日四月二十八日は、独立国家として主権回復をした日でご……

第162回国会 外交防衛委員会 第13号(2005/06/02、20期、自由民主党)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。  ブッシュ大統領は、ヤルタ会談を歴史上最大の誤りと新たな歴史認識を示されました。歴史は、どの時代にさかのぼるか、どの角度から見るかで変わってきます。  大平首相は、いわゆるA級戦犯が合祀された後、靖国神社を参拝され、昭和五十四年国会答弁で、A級戦犯あるいは大東亜戦争というものに対する審判は歴史がいたすであろうと言われております。  戦後六十年たってもまだやけどするほどに熱く難しい問題ではありますが、中国の反日デモ、そして歴史認識を日本の国連安保理常任理事国入り問題にまで絡められている現在、真の日中友好のために、国際社会の中で日本が正しく理解……

第162回国会 外交防衛委員会 第17号(2005/07/05、20期、自由民主党)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。  ミサイル防衛についてお伺いします。  二〇〇四年版アメリカ国防省年次報告書では、中国が衛星攻撃用レーザー兵器開発に取り組み、実戦配備計画を持っているとレポート。また、台湾の二〇〇四年版国防報告書では、中国が偵察活動と写真撮影阻止の高エネルギーレーザー兵器を開発したとあります。  日本はこれをどう受け止めていらっしゃるのでしょうか。軍事衛星が破壊されればMDシステムそのものが機能しないと思いますが、いかがでございましょうか。
【次の発言】 ペンタゴン筋は、二〇〇九年ごろまでに中国は軍事衛星を破壊する能力を持つというような報道も一部ありますし……

第162回国会 外交防衛委員会 第18号(2005/07/12、20期、自由民主党)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。  西山参考人にお伺いしたいと思います。  ヨーロッパなどではMDの限界があるとか、あるいはまた、カナダやオーストラリアは、レーザー兵器等、新たな防衛システム開発を目指すべきというようなことを議論しておりますし、また、中国がペンタゴンの分析では軍事衛星を破壊する能力を二〇〇九年ごろには持ってしまうのではないかということで、アメリカは、それに向けて、それをさせまいというような開発も始まっているというような状況の中で、この先五年くらい、防衛システム、技術課題や競争がどのような形で展開されていくとお考えになられるか、お教えください。  それから、予……

第162回国会 外交防衛委員会 第19号(2005/07/14、20期、自由民主党)

○山谷えり子君 私は、自由民主党及び公明党を代表いたしまして、防衛庁設置法等の一部を改正する法律案に賛成、民主党・新緑風会提出の修正案に反対の立場から討論を行います。  この法律案は、統合運用体制の強化、弾道ミサイル等に対する体制の整備等を主な内容とするものであります。  まず、統合運用の強化につきましては、世界的な潮流であり、現実に陸海空自衛隊が一体となって活動するニーズが増大しておりますことから、正に時代の要請を踏まえたものと申せます。  また、現に存在する我が国を射程に収める弾道ミサイルに対する脅威から国民の生命、財産を守るために弾道ミサイル防衛システムの導入を進めるに当たって、法の空白……

第162回国会 予算委員会 第5号(2005/03/04、20期、自由民主党)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。関連質問をさせていただきます。  本日は、男女共同参画社会、そして教育基本法改正、教育問題について質問をいたしたいと思います。  先日もある大手の社長が、自動車会社の社長が、平成十九年までに女性管理職を三倍に増やすなんというふうにおっしゃいました。能力のある女性が適材適所でどんどん使われていくということはうれしいことでございます。また、職場での女性差別もたくさんありますので、そういうことは解消していかなければなりません。町づくりに女性参加があればもっともっと生活者の感覚で町づくりができることでございましょう。また、家事、育児などを男女が仲よく……

第163回国会 外交防衛委員会 第2号(2005/10/13、20期、自由民主党)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。  万国郵便連合憲章の第七追加議定書、万国郵便連合一般規則及び万国郵便条約の目的と意義をお答えください。
【次の発言】 我が国は万国郵便連合の中でいかなる貢献を行っておりますでしょうか。
【次の発言】 いろいろ振り返りまして、町村外務大臣におかれましては、主体的外交、国際世論を味方に付けて、本当に主権とは何かというようなことを考えさせる外交を展開してくださいました。また、大野防衛庁長官におかれましては、ミサイル防衛システム、そしてまた安全保障の面での進展ということで大変なお働きをいただきまして、深い敬意を感じております。  さて、アメリカ、イ……

第163回国会 外交防衛委員会 第3号(2005/10/20、20期、自由民主党)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。  両先生、ありがとうございました。  私、一昨年アフガンに参りまして、カルザイ大統領とお会いしました。また、DDRプログラム各国の皆様ともお会いいたしました。ドイツの方でしたか、もしそのプログラムで亡くなられるようなことがあったらドイツでは大騒ぎになりますかと聞きましたら、いや、危険性と貢献を十分に国民に説明しているから大丈夫だというふうに言い切られたのが大変印象的でございました。  伊勢崎先生は、軍事オペレーション、DDRプログラムの正しい理解が日本にあったのか疑問だと、また安藤陸佐が非武装で参加されたということをおっしゃられました。それ……

第163回国会 予算委員会 第2号(2005/10/05、20期、自由民主党)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。  新憲法制定を望む声が国民の過半数となっております。国の最高法規ではありますが、前文は、日本、言霊幸う国日本の命が感じられるようなものであってほしいと思います。小学生が朗々と暗唱できるような、また女たちが台所で大根を刻みながらもふっと口ずさんでしまうような、そのような前文を望みます。  私、試みの案を書いてみました。  「四季のめぐり、恵みあふれる大八洲、豊葦原瑞穂の国に生まれ育ったわたくしたち日本国民は、睦み和らぎ、徳を高め、勤め励んで、平和の国、文化の国、道義の国として歩んできました。美しい日本の国がらを誇り、喜びとして、これからも正直……

第164回国会 決算委員会 第8号(2006/04/24、20期、自由民主党)【政府役職】

○大臣政務官(山谷えり子君) 機構が処分決定の際に公表するべき内容は、個別の事業者等の権利、競争上の地位、その他正当な利益を害することがないよう関係法令に定められておりまして、その中に機構による債権及び株式の売却価格は含まれておりません。
【次の発言】 機構においては、こうした法令及び機構自身が売却先と結んでいる守秘義務契約に基づいて売却価格を公表していないものと聞いております。  いずれにしましても、売却後の一般株主に対する公開買い付け自体については機構の手を離れており、詳細は存じ上げる立場にございませんが、事業再生支援という極めて機微な経営上の課題に取り組んでいる機構が行う個々の取引につい……

第164回国会 内閣委員会 第2号(2006/03/09、20期、自由民主党)【政府役職】

○大臣政務官(山谷えり子君) 内閣府大臣政務官の山谷えり子でございます。どうぞよろしくお願いいたします。  山口内閣府副大臣とともに、行政改革、構造改革特区等を始め、規制改革、男女共同参画、青少年育成、少子化対策、栄典及び国際平和協力業務等の施策を担当いたしております。  委員長を始め、理事、委員各位の御指導をどうぞよろしくお願いいたします。

第164回国会 予算委員会 第12号(2006/03/15、20期、自由民主党)【政府役職】

○大臣政務官(山谷えり子君) お答えいたします。  NPO法人は、国民の多様化するニーズに効果的かつ機動的にこたえる主体として重要な役割が期待されておるところでございますけれども、その活動においては資金基盤の強化が大きな課題となっております。認定NPO法人制度は、市民や企業からNPO法人への寄附を促す仕組みとして重要でございますが、今、山本委員おっしゃいましたように、同制度に基づく認定数は四十法人にとどまっております。  こうした状況の下、NPO法人の中には零細な事業規模の団体が多いことや、また行政とパートナーシップを組んで活動する団体も増えているといった活動の実態を踏まえまして、平成十八年度……


21期(2007/07/29〜)

第170回国会 内閣委員会 第2号(2008/11/20、21期、自由民主党)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。  対馬について質問いたします。  平成十七年三月には、慶尚南道馬山市の市議会で、対馬の日、テマドの日条例が制定され、対馬が韓国領であることを宣言しています。今年七月には、韓国与野党国会議員五十名が、対馬返還要求決議案を国会に提出しています。  官房長官、このような動きを政府はどのようにお考えでございましょうか。
【次の発言】 そうしますと、平成十七年のこのテマドの日、あるいは国会に提出されたこのときに何か対応はなさったんでしょうか。
【次の発言】 私は、超党派八十三名の議員が所属している日本の領土を守るため行動する議員連盟の会長をしておりま……

第170回国会 内閣委員会 第4号(2008/11/27、21期、自由民主党)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。  銃刀法の改正について、銃器規制、刀剣規制は事件の未然防止からも喫緊の課題と考えております。今回の銃刀法改正の大きな契機となりましたのは、平成十九年十二月に起きました長崎県佐世保市の散弾銃乱射事件、そして今年六月に起きました秋葉原の無差別殺傷事件と聞いております。銃砲刀剣類の所持許可の欠格要件の追加、取り消された場合の欠格期間の延長、剣の所持禁止対象拡大、つまりダガーナイフ所持禁止などが盛り込まれ、肯定的に評価できるというふうに考えております。  佐世保の事件では容疑者が銃所持の許可を得ていたことが問題となりました。ふだんの容疑者の言動から……

第170回国会 法務委員会 第5号(2008/11/27、21期、自由民主党)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。  本年六月四日に出された最高裁判決は国籍法規定を違憲と判断したものですが、日本国籍取得までをも認めたのは立法措置に等しく、国籍取得までは認めないという最高裁裁判官が十五人中五人おられたわけですね。  私もこれに対しては非常に違和感を持っておりまして、この国籍付与というのは司法権の逸脱ではないかというふうに考えております。立法措置に踏み込んでいることにもう当事者すら、五人の裁判官がおかしいと言っている。これ、法解釈の限界を超えているという意見を述べた裁判官もおられた。  違憲状態の解消は国会にゆだねるべきだと思います。これ、三権分立を侵してい……

第171回国会 内閣委員会 第2号(2009/03/17、21期、自由民主党)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。  小渕大臣におかれましては、二人目のお子様の御誕生の予定ということで本当におめでとうございます。改めて、子供と家族の幸せのための施策の推進、よろしくお願いいたします。  小渕大臣の下で、ゼロから考える少子化対策プロジェクトチームを立ち上げられたということでございますが、これ議論の進み具合、どうなっていますでしょうか。
【次の発言】 是非新しい視点からの展開をよろしくお願いいたします。  実は、平成十八年の五月に、家族と地域の絆再生政務官会議プロジェクトチームというのを立ち上げまして、当時の官房副長官、長勢官房副長官が座長で私が事務局長になり……

第171回国会 内閣委員会 第11号(2009/06/30、21期、自由民主党)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。  私が総理補佐官を務めておりました教育再生会議でも、国、地方自治体、関係機関が連携し、国民的広がりを持って青少年の健全育成の取組を進められるよう支援窓口の一元化を始めとする整備を検討してまいりましたけれども、実現に向けて大きな一歩を踏み出したものと感じております。  提案者に本法案のねらいと現状についてお伺いしたいと思います。
【次の発言】 年齢を幅広く、また関係各省にまたがることですので、連携を緊密にするためにこの法案が役に立っていけばなというふうに思っております。  修正案におきまして、第一章の目的と第三章の支援に関する規定から自立の言……

第171回国会 予算委員会 第8号(2009/03/06、21期、自由民主党)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。午前と午後にまたがりますが、どうぞよろしくお願いいたします。  まず、野田大臣にお伺いしたいというふうに思います。  消費者庁の関連三法を昨年の九月二十九日、もう出しているわけでございますけれども、聞くところによりますと、民主党だけが審議に応じてくれないのでなかなか国会で審議できないということでございます。マルチ商法、ネットワークビジネスの被害、また事故米の被害、エレベーターの事故、中国製のギョーザによる中毒事件、詐欺、あるいは欠陥住宅、まあ消費者は様々なトラブルの中で孤立して悩んでいるわけでございますが、この消費者庁の関連の法案について概要……

第173回国会 環境委員会 第1号(2009/11/12、21期、自由民主党・改革クラブ)【議会役職】

○委員長(山谷えり子君) ただいまから環境委員会を開会いたします。  議事に先立ち、一言ごあいさつを申し上げます。  去る十月二十六日の本会議におきまして環境委員長に選任されました山谷えり子でございます。  公正かつ円満な委員会運営に努めてまいりたいと存じますので、委員の皆様方の御指導、御協力を賜りますよう、よろしくお願いいたします。(拍手)
【次の発言】 委員の異動について御報告いたします。  去る十月二十七日までに、松山政司さん、大石正光さん、福山哲郎さん、佐藤公治さん、水岡俊一さん、大久保潔重さん及び若林正俊さんが委員を辞任され、その補欠として牧山ひろえさん、広中和歌子さん、谷博之さん、……

第173回国会 環境委員会 第2号(2009/11/24、21期、自由民主党・改革クラブ)【議会役職】

○委員長(山谷えり子君) ただいまから環境委員会を開会いたします。  政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  環境及び公害問題に関する調査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、内閣府地域活性化推進担当室長代理宗永健作さん外十二名を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 環境及び公害問題に関する調査を議題といたします。  この際、気候変動に関する国際連合枠組条約第十五回締約国会議及び京都議定書第五回締約国会合閣僚準備会合に関する件について、小沢環境大臣から報告を聴取……

第173回国会 環境委員会 第3号(2009/12/03、21期、自由民主党・改革クラブ)【議会役職】

○委員長(山谷えり子君) ただいまから環境委員会を開会いたします。  これより請願の審査を行います。  第六九号アスベスト被害の根絶に関する請願外九件を議題といたします。  本委員会に付託されております請願は、お手元に配付の資料のとおりでございます。  これらの請願につきましては、理事会において協議の結果、いずれも保留とすることになりました。  以上のとおり決定することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。よって、さよう決定いたしました。
【次の発言】 継続調査要求に関する件についてお諮りいたします。  環境及び公害問題に関する調査につきましては、閉会中もなお調査を継続……

第174回国会 環境委員会 第1号(2010/03/11、21期、自由民主党・改革クラブ)【議会役職】

○委員長(山谷えり子君) ただいまから環境委員会を開会いたします。  理事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い現在理事が二名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは、理事に有村治子さん及び加藤修一さんを指名いたします。
【次の発言】 国政調査に関する件についてお諮りいたします。  本委員会は、今期国会におきましても、環境及び公害問題に関する調査を行いたいと存じますが、御異議ございませんか。

第174回国会 環境委員会 第2号(2010/03/16、21期、自由民主党・改革クラブ)【議会役職】

○委員長(山谷えり子君) ただいまから環境委員会を開会いたします。  政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  環境及び公害問題に関する調査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、内閣法制局第四部長近藤正春さん外三名を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 環境及び公害問題に関する調査を議題とし、環境行政の基本施策に関する件及び公害等調整委員会の業務等に関する件について質疑を行います。  質疑のある方は順次御発言願います。

第174回国会 環境委員会 第3号(2010/03/19、21期、自由民主党・改革クラブ)【議会役職】

○委員長(山谷えり子君) ただいまから環境委員会を開会いたします。  政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  委嘱審査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、内閣法制局第四部長近藤正春さん外三名を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 去る十七日、予算委員会から、本日、本会議散会後の一日間、平成二十二年度一般会計予算、同特別会計予算、同政府関係機関予算中、総務省所管のうち公害等調整委員会及び環境省所管について審査の委嘱がありました。  この際、本件を議題といたします……

第174回国会 環境委員会 第4号(2010/04/06、21期、自由民主党・改革クラブ)【議会役職】

○委員長(山谷えり子君) ただいまから環境委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日、松野信夫さんが委員を辞任され、その補欠として藤谷光信さんが選任されました。
【次の発言】 環境影響評価法の一部を改正する法律案を議題といたします。  政府から趣旨説明を聴取いたします。小沢環境大臣。
【次の発言】 以上で趣旨説明の聴取は終わりました。  本案に対する質疑は後日に譲ることといたします。
【次の発言】 次に、参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  環境影響評価法の一部を改正する法律案の審査のため、参考人の出席を求め、その意見を聴取することに御異議ござい……

第174回国会 環境委員会 第5号(2010/04/08、21期、自由民主党・改革クラブ)【議会役職】

○委員長(山谷えり子君) ただいまから環境委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  去る六日、藤谷光信さんが委員を辞任され、その補欠として松野信夫さんが選任されました。
【次の発言】 環境影響評価法の一部を改正する法律案を議題といたします。  本日は、本案の審査のため、参考人として早稲田大学大学院法務研究科教授・早稲田大学法学部教授大塚直さん、電気事業連合会環境委員会委員長・東京電力株式会社取締役副社長猪野博行さん、東京工業大学大学院総合理工学研究科長・教授・国際影響評価学会(IAIA)理事・会長職原科幸彦さん及びよみがえれ!有明訴訟弁護団事務局長・元九州弁護士会連合……

第174回国会 環境委員会 第6号(2010/04/13、21期、自由民主党・改革クラブ)【議会役職】

○委員長(山谷えり子君) ただいまから環境委員会を開会いたします。  政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  環境影響評価法の一部を改正する法律案の審査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、総務大臣官房審議官宮島守男さん外五名を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 環境影響評価法の一部を改正する法律案を議題とし、質疑を行います。  質疑のある方は順次御発言願います。
【次の発言】 午前の質疑はこの程度にとどめ、午後二時まで休憩いたします。    午後零時九分休憩……

第174回国会 環境委員会 第7号(2010/04/15、21期、自由民主党・改革クラブ)【議会役職】

○委員長(山谷えり子君) ただいまから環境委員会を開会いたします。  政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  環境影響評価法の一部を改正する法律案の審査のため、本日の委員会に環境省総合環境政策局長白石順一さんを政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 環境影響評価法の一部を改正する法律案を議題とし、質疑を行います。  質疑のある方は順次御発言願います。
【次の発言】 この際、委員の異動について御報告いたします。  本日、谷博之さんが委員を辞任され、その補欠として姫井由美子……

第174回国会 環境委員会 第8号(2010/04/20、21期、自由民主党・改革クラブ)【議会役職】

○委員長(山谷えり子君) ただいまから環境委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  去る十六日、姫井由美子さんが委員を辞任され、その補欠として谷博之さんが選任されました。
【次の発言】 政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  環境影響評価法の一部を改正する法律案の審査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、内閣法制局第四部長近藤正春さん外五名を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  環……

第174回国会 環境委員会 第9号(2010/04/27、21期、自由民主党・改革クラブ)【議会役職】

○委員長(山谷えり子君) ただいまから環境委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日、矢野哲朗さん及び池口修次さんが委員を辞任され、その補欠として谷川秀善さん及び植松恵美子さんが選任されました。
【次の発言】 政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  大気汚染防止法及び水質汚濁防止法の一部を改正する法律案の審査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、厚生労働大臣官房審議官中尾昭弘さん外六名を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。

第174回国会 環境委員会 第10号(2010/05/11、21期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(山谷えり子君) ただいまから環境委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  去る四月二十八日までに、植松恵美子さん及び米長晴信さんが委員を辞任され、その補欠として池口修次さん及び松野信夫さんが選任されました。
【次の発言】 政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  廃棄物の処理及び清掃に関する法律の一部を改正する法律案の審査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、資源エネルギー庁省エネルギー・新エネルギー部長齋藤圭介さん外二名を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。

第174回国会 環境委員会 第11号(2010/05/25、21期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(山谷えり子君) ただいまから環境委員会を開会いたします。  地球温暖化対策基本法案を議題といたします。  政府から趣旨説明を聴取いたします。小沢環境大臣。
【次の発言】 以上で趣旨説明の聴取は終わりました。  本案に対する質疑は後日に譲ることとし、本日はこれにて散会いたします。    午前十時六分散会

第174回国会 環境委員会 第12号(2010/05/27、21期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(山谷えり子君) ただいまから環境委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  本日、谷博之さんが委員を辞任され、その補欠として神本美恵子さんが選任されました。
【次の発言】 政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  地球温暖化対策基本法案の審査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、総務大臣官房審議官滝本純生さん外八名を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 地球温暖化対策基本法案を議題といたします。  本案の趣旨説明は既に聴取しており……

第174回国会 環境委員会 第13号(2010/06/01、21期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(山谷えり子君) ただいまから環境委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  去る五月二十八日、大島九州男さん、神本美恵子さん、川合孝典さん、米長晴信さん及び外山斎さんが委員を辞任され、その補欠として岡崎トミ子さん、友近聡朗さん、池口修次さん、広中和歌子さん及び松野信夫さんが選任されました。  また、本日、友近聡朗さんが委員を辞任され、その補欠として谷博之さんが選任されました。
【次の発言】 政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  地球温暖化対策基本法案の審査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、内閣官房内閣参事官加賀美正人さん外十二名……


22期(2010/07/11〜)

第175回国会 環境委員会 第1号(2010/08/06、22期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(山谷えり子君) ただいまから環境委員会を開会いたします。  理事の辞任についてお諮りいたします。  加藤修一さんから、文書をもって、都合により理事を辞任したい旨の申出がございました。これを許可することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 理事の選任を行います。  本委員会の理事の数は四名でございます。  在任中の三名を除く残りの一名について選任を行いたいと存じます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。

第176回国会 内閣委員会 第2号(2010/10/21、22期、自由民主党)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。  九月二十四日、国辱記念日と多くの国民が思っております、尖閣諸島沖の海域で公務執行妨害をした中国漁船の船長さんが処分保留で釈放されたと。那覇地検は、普通ですと法と証拠に基づいてというふうにおっしゃられるはずですけれども、そのことはおっしゃられずに、国民生活への影響、そして日中関係を思ってというような極めて政治的なことをおっしゃられた。つまり、政治的な圧力が掛かったということを暗に示しているのではないかというのが普通の解釈ではないかというふうに思っております。  法治国家としての我が国のありよう、また主権国家としての我が国のありよう、それから……

第176回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第2号(2010/10/20、22期、自由民主党)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。  前原大臣、拉致バッジをお付けくださいましてありがとうございます。是非、外務省の職員の皆様あるいは外国におられる大使の皆様にもブルーリボンのバッジをお付けいただきながら、救出を訴えながら活動をお願いしたいというふうに思います。  塚田委員提出のこの北朝鮮による日本人拉致問題のパンフレットでございますが、実はこれは私たち拉致議連の有志が最初はポケットマネーで、自費で作っていたものなんですね。そうこうするうちに、やはり国際社会との連帯がどうしても必要だということで、英語、フランス語、中国語、韓国語などなど各国の言葉で翻訳をいたしまして、自民党が……

第176回国会 予算委員会 第5号(2010/11/17、22期、自由民主党)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。  北澤防衛大臣の民間人への言論弾圧に対する恐ろしさを全く認識していない答弁、非常に驚きました。また、柳田法務大臣の、国会では二つの言葉で対応すればいいんだと、法と証拠に基づいて適切に、あるいは個別事案については答えるのを差し控えたいという、本当に国会軽視であります。そしてまた、仙谷官房長官の密室的、強権的なやり方、国益を損なう内閣、本当に聞いていて悲しくて情けなくて、御先祖様からお預かりしておりますこの日本国、どうなってしまうんだろうかと多くの国民が思っていると思います。  朝鮮学校の無償化についてお聞きします。  朝鮮学校に日本の税金を入……

第177回国会 決算委員会 第10号(2011/06/06、22期、自由民主党)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。  死に体内閣の中での審議、非常なむなしさを感じております。これは、民主党の方たちも恐らく同じ思いをお持ちの方たくさんいらっしゃるのではないかというふうに思っております。言葉が空虚でありますし、責任を取る体制でない、もう国内外に退陣、レームダックということが広がっていく中での審議ということでございます。そのむなしさを非常に重く受け止めていただきたいというふうに思います。  枝野官房長官は、鳩山前総理と菅総理の間で交わされた確認文書は確認なさいましたか。
【次の発言】 そこには辞任という言葉がなかったということですが、そうですか。

第177回国会 内閣委員会 第3号(2011/03/31、22期、自由民主党)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。  東日本大震災、亡くなられた皆様の御冥福をお祈りいたします。また、被害に遭われた皆様のお見舞いを申し上げます。また、復興復旧支援で活動してくださっております自衛隊、警察、消防、あるいは関係者の皆々様に感謝を申し上げます。また、各国からの御支援、大変に感謝申し上げます。困難な状況の中でも、外国の報道、メディアなども報道しましたけれども、日本人の思いやりと冷静さを失わない行動、高く評価されております。すばらしい民族のDNAであり、また国柄だというふうに思っております。  先日の委嘱審査で、宮沢委員と与謝野大臣の間で税と社会保障の一体改革について……

第177回国会 内閣委員会 第4号(2011/04/14、22期、自由民主党)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。  内閣の皆様、連日御苦労さまでございます。枝野官房長官にお伺いいたします。  福島の原発事故、四月十二日、チェルノブイリ事故と同じ最も深刻なレベル7というふうになりましたけれども、官房長官は三月下旬には知っていたというように記者会見でおっしゃられた。事実関係を言いますと、三月二十三、四日ぐらいにはもう分かっていたんじゃないかというような報道もありまして、なぜ四月十二日のタイミングになったんでしょうか。
【次の発言】 報道では、三月十五日に最大で毎時一万テラベクレルの放射性物質の放出があったと、数時間。レベル7というのは、数万テラベクレルとい……

第177回国会 内閣委員会 第5号(2011/04/19、22期、自由民主党)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。  公共的なことに民間の活力を生かすというのは大切なことだというふうに思いますが、PFI法が施行されて十年、この間に破綻した事業者もございます。そのような反省点を踏まえて、どのようなことに留意することが大切だとお考えですか。
【次の発言】 需給見通しの甘さ、あるいはリスクを処理する能力が低かったということもあったと思いますし、また会計検査院から指摘を受けたりというようなケースもございます。  途中モニタリング、いろんな声が上がってきてそれでモニタリングしていく場合もあるでしょうし、あるいは契約のときのいろいろな調査あるいは契約をもう少し詰めて……

第177回国会 内閣委員会 第9号(2011/06/16、22期、自由民主党)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。  六月六日の決算委員会で枝野官房長官に、被災地をお回りくださいまして、私たち、被災者をお励ましくださっておられます天皇皇后両陛下、また御皇室の皆様への感謝と、それから、今上陛下、何代でいらっしゃいますかという質問をさせていただきましたが、その折、枝野官房長官はお答えいただけませんでしたけれども、今改めて質問させていただきます。
【次の発言】 本当に長い間御皇室を頂きながら、私たち日本人は平和の国、文化の国、道義の国を紡いでまいりました。また、御皇室は、世界の平和を祈り、また国民の幸せを祈り、五穀豊穣を祈り続けてくださってきた、この長い歴史、……

第177回国会 内閣委員会 第10号(2011/06/21、22期、自由民主党)

○山谷えり子君 私は、ただいま可決されました総合特別区域法案に対し、民主党・新緑風会、自由民主党、公明党及びみんなの党の各派並びに各派に属しない議員糸数慶子君の共同提案による附帯決議案を提出いたします。  案文を朗読いたします。     総合特別区域法案に対する附帯決議(案)   政府は、本法の施行に当たり、次の事項について適切な措置を講ずべきである。  一、総合特別区域については、我が国の現下の財政事情等に鑑み、「選択と集中」の観点を最大限に活かすため、政策課題を解決する上で有効かつ先駆的な取組の実現可能性が高い地域を厳選して指定を行い、国と地域の政策資源を集中させること。  二、総合特別区……

第177回国会 内閣委員会 第13号(2011/07/26、22期、自由民主党)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。  枝野官房長官に、ちょっと質問通告はしていないんですが、今朝の報道で、中井元拉致問題担当大臣が北朝鮮の日朝の国交正常化担当大使と中国でお会いしたという報道があるんですけれども、これは事実でしょうか。
【次の発言】 岡田幹事長が、もしそのことを菅総理、松本外務大臣が知らないとすれば大変なことだと言っていらっしゃるんですが、これは岡田幹事長が勘違いして発言をなすったとお考えですか。
【次の発言】 各社報道しているわけですから、事実関係をお確かめになられましたか。
【次の発言】 中井元大臣は請暇願を国会に出して中国に行っておられます。こういうよう……

第177回国会 内閣委員会 第14号(2011/07/28、22期、自由民主党)

○山谷えり子君 私は、ただいま可決されました障害者基本法の一部を改正する法律案に対し、民主党・新緑風会、自由民主党、公明党及びみんなの党の各派並びに各派に属しない議員糸数慶子君の共同提案による附帯決議案を提出いたします。  案文を朗読いたします。     障害者基本法の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)   政府は、本法の施行に当たっては、次の諸点について適切な措置を講ずべきである。  一、国及び地方公共団体は、視覚障害者、聴覚障害者その他の意思疎通に困難がある障害者に対して、その者にとって最も適当な言語(手話を含む。)その他の意思疎通のための手段の習得を図るために必要な施策を講ずるこ……

第177回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第2号(2011/04/20、22期、自由民主党)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。  拉致被害者の家族会、救う会がつくられて長い長い年月がたちました。また、この度の東日本大震災で、救う会で救出活動をなさってくださっていた方々、まだ連絡が取れない方たちもいらして本当に心を痛めているところでございます。  冒頭、松本外務大臣に、東日本大震災で政府が菅総理の名前で百三十四の支援してくださった国や地域に対し感謝のメッセージを出されましたけれども、これはアメリカ、イギリス、フランス、ロシア、中国、韓国の六か国とインターナショナル・ヘラルド・トリビューンということですが、これはどういうことでそういう形でなさったんでしょうか。

第177回国会 予算委員会 第4号(2011/03/08、22期、自由民主党)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。  日本の美しい森や水源地が外国資本によって買われ始めています。何年か前から、森を守る、そしてまた水源地を守る、あるいは国防上重要な土地を守るために法整備をすべきだと私は訴えてまいりましたけれども、自民党は、昨年、森を守る、そしてまた水を守るための法律を国会に提出いたしました。民主党政権も三月一日に閣議決定で森を守る法律を出そうとしているということでございますが、総理と農水大臣、それぞれ意気込みをお聞かせください。
【次の発言】 総理の意気込みはいかがですか。
【次の発言】 是非、森を守る法律は今国会で成立をさせたいと思います。そして、政権と……

第177回国会 予算委員会 第21号(2011/07/21、22期、自由民主党)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。  この時期の二兆円規模の二次補正予算、本当に悲しくなります。これでは被災地、被災者、救われません。自民党は、町村委員長の下、十七兆円の第二次補正予算を作っております。産業振興、農林水産業の振興、被災者支援、町づくり。本当にこれでは、この二兆円規模では、避難所で今もおにぎりを食べ、毛布の上に寝ていらっしゃる方を救うことはできないという、その痛みを心にお留めいただきたいというふうに思います。  西日本への節電要請をなさいましたけれども、この要請も非常に稚拙でありますので、例えば道路の街灯、光とか、あるいは医療機関への需要とか、そうしたものまで節……

第179回国会 内閣委員会 第2号(2011/10/27、22期、自由民主党・無所属の会)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。  各大臣、御苦労さまでございます。  山岡国家公安委員長にお伺いいたします。  午前中、大野委員も、防衛省それから機密保持の在り方について丁寧なやり取りがございましたけれども、サイバーインテリジェンスに対する取組に全力を尽くしますと公安委員長として御発言をなさったわけでございますが、警察からいただきました資料によりますと、サイバーインテリジェンスとは、情報通信技術を用いた活動で、機密情報が取られれば我が国の治安、外交、安全保障、社会経済活動等に重大な影響が生じるおそれがある、最も安全で安価なスパイと書いてあります。  このスパイ行為というの……

第179回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第1号(2011/10/20、22期、自由民主党・無所属の会)

○山谷えり子君 委員長の選任は、主宰者の指名に一任することの動議を提出いたします。

第179回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第3号(2011/10/28、22期、自由民主党・無所属の会)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。山岡大臣、玄葉大臣、御苦労さまでございます。  玄葉大臣は先ほどの参議院の本会議ではブルーリボンバッジ付けていらっしゃいませんでしたけれども、いつお付けになられましたか。
【次の発言】 そういうその場その場限りの対応をなさらないでください。これ北朝鮮とかいろいろな方たちが見ているんです。本気で取り組もうとしていらっしゃるかどうかということを見ているんです。山根副大臣にも是非、外務省、バッジを差し上げていただきたいというふうに思います。  松原国土交通副大臣と委員長が二度お呼びになられましたけれども、実はこの委員会への出席要求者名簿の中に国土交……

第179回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第4号(2011/11/14、22期、自由民主党・無所属の会)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。山岡拉致問題担当大臣、玄葉外務大臣、御苦労さまでございます。  玄葉大臣が、先ほど、アニメ「めぐみ」や映画など、各大使に説明しながら、御覧いただきながら広報していきたいということをおっしゃってくださいました。是非、国際連携につながりますように働きかけていただきたいと思います。  冒頭では、山岡拉致問題担当大臣から誤解と混乱を招いたと。すなわち、十月二十八日の参議院のこの北朝鮮の拉致問題に関する特別委員会、この委員会で、山岡拉致問題担当大臣が、松原国土交通副大臣のことを正真正銘の拉致問題担当の副大臣でございますとおっしゃられました。また、松原さ……

第180回国会 社会保障と税の一体改革に関する特別委員会 第7号(2012/07/25、22期、自由民主党・たちあがれ日本・無所属の会)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。  まず冒頭、今朝の新聞各社も報じておりますけれども、この社会保障と税の一体改革の特別委員会、非常に順調に充実した審議が進んでいて、今週末にも四十四時間、また、来週末には採決の環境が整うというところまで来ていますけれども、誠に遺憾ながら、衆議院の方の国対委員長、城島さんが採決を先送りするような趣旨の発言をしたと、まず手前で特例公債をやってくれと。  これ、三党合意に反するんですけれども、政治生命を懸けるこの関連法案を採決先送りというのは一体どういうことなんでしょう。野田総理に伺います。

第180回国会 内閣委員会 第2号(2012/03/22、22期、自由民主党・たちあがれ日本・無所属の会)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。  まず、皇室制度に関する有識者ヒアリングについてお伺いいたします。  第一回目、二月二十九日、陛下の御入院中でございましたけれども、この日程を決めたのはどういう経緯でしょうか。
【次の発言】 しかし、陛下が御入院なさったわけですから、日にちをずらすべきだったのではないかと思います。事務方に聞きましたら、今谷明帝京大学特任教授、田原総一朗さん、ジャーナリスト、お忙しい方だから日程変更することができなかったという、本当に意味不明の説明をなさったんです。  天皇陛下、日本の国柄への敬意、あるいは基本的知識が今の内閣にはないのではないかというふうに……

第180回国会 内閣委員会 第6号(2012/04/12、22期、自由民主党・たちあがれ日本・無所属の会)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。  どうもありがとうございました、貴重な意見。  平成二十一年の反省から、基本方針、法的根拠を作ること、また責任体制しっかりしていかなければならないという、これは大切だという問題認識は私ども国会議員と参考人の先生方同じかなと思っております。ただ、具体的な運用をワークするかという点になると、まだまだ疑問があるという点も恐らく同じではないかというふうに思います。  まず、田代先生と尾身先生にお医者様の立場からお聞きしたいんですが、今日の話では出てきませんでしたけれども、一億二千万人分のワクチンを生産するために、現在、新型インフルエンザワクチン開発……

第180回国会 内閣委員会 第7号(2012/04/17、22期、自由民主党・たちあがれ日本・無所属の会)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。中川大臣、関係省庁の皆々様、御苦労さまでございます。  この新型インフルエンザ等対策特別措置法案、平成二十一年のときのいろいろな反省も踏まえ、あのときは基本方針や基本的な対処プロセスのいろいろな責任体制あるいは権限の明確化というものがなされていなかったという反省の下に、そうした体制をつくらなければならない、この基本的な考え方には賛同いたしますけれども、参考人の方々の意見や今日の、今のはた委員のいろんな指摘もありましたけれども、具体的にどう適用されるのか、運用されていくのかということになると、まだまだ見えないところが多過ぎるというのがいまだに私……

第180回国会 内閣委員会 第10号(2012/06/14、22期、自由民主党・たちあがれ日本・無所属の会)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。  新型インフルエンザ等対策特別措置法案についてでございますが、これも十分に審議は進んできて採決も終わったところではございますけれども、基本方針を作って責任体制、権限の明確化を図ると、こうした基本的な考え方には大賛成でございますけれども、しかしその立法の根拠になる根拠事実が曖昧だという、これは私は今もその疑念は消えておりません。  スペイン風邪並みの六十四万人が短期間で死亡するという想定の下にという想定自体が分かりませんし、それから生産体制完了するまでに九か月掛かってしまう、これでは流行が終わってしまうんじゃないかと。しかも、欧米ではやってい……

第180回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第1号(2012/01/24、22期、自由民主党・たちあがれ日本・無所属の会)

○山谷えり子君 委員長の選任は、主宰者の指名に一任することの動議を提出いたします。

第180回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第3号(2012/04/16、22期、自由民主党・たちあがれ日本・無所属の会)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。両大臣、誠に御苦労さまでございます。  四月十三日朝七時四十分、北朝鮮はミサイルを発射いたしました。本日、参議院の本会議でミサイル発射に抗議する決議を全会一致で採択をいたしました。国際社会の明確な意思を示すために国連安保理決議を目指すように、そしてまた我が国独自の追加制裁ということも記されております。  朝七時四十分に発射されたときに、アメリカの早期警戒情報、SEWがその兆候をキャッチいたしました。日本はこれ持っていないんですね、残念ながら。そして、アメリカから防衛省の幹部たちに、いろいろなところから情報が行っていると思います、同じ時刻に、イ……

第180回国会 予算委員会 第2号(2012/01/31、22期、自由民主党・たちあがれ日本・無所属の会)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。  民主党政権になってから二年四か月、閣僚五十三人任命されました。そしてまた、野田政権になって四か月、五人の閣僚が替わりました。  今の田中防衛大臣と佐藤正久議員のやり取りを聞いておりましても、これは沖縄の皆様のみならず、日本国民、いや国際社会での日本の地位を低下せしめるという意味で本当に大きな問題だというふうに思っております。経済界の皆様も本当に心配していらっしゃるんです。国は大丈夫か、国債の格下げにもつながっていくかもしれない、日本に投資して大丈夫か。私はある国の大使から真顔で尋ねられました。日本というのは、防衛大臣、素人で済む、そういう……

第180回国会 予算委員会 第14号(2012/03/26、22期、自由民主党・たちあがれ日本・無所属の会)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。  今日は外交防衛の集中審議でございますが、私、午前午後とわたりますので、よろしくお願いいたします。  集中審議の前に一点確認したいことがございます。それは皇室制度に関する有識者ヒアリングなんですけれども、民主党政権というのは本当に、天皇陛下、御皇室の皆様、国柄への理解というものが、敬意というものがないと思います。数々の御無礼をお働きでございます。  それで、現在、今上陛下、百二十五代でいらっしゃいます。お父さん、お父さん、お父さん、お父さんとたどっていくと第一代の神武天皇にたどり着く。万世一系、男系でずっとつないできているこの美しい国柄を重……

第180回国会 予算委員会 第24号(2012/08/24、22期、自由民主党・たちあがれ日本・無所属の会)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。  八月十五日、尖閣、魚釣島に香港の活動家たちが不法上陸したこと、誠に遺憾であります。日本としては、そのようなことが二度と起きないように体制をしっかりつくり直さなければならないと思います。  羽田国土交通大臣にお伺いします。八月十七日に記者会見でビデオを公開しないと言ったんですね。二年前の教訓が全く生きていない。香港のテレビ局が映像を公開したからビデオを、じゃ公開しますと言いながら、今編集作業に入っている。何日掛かっているんですか。いつ公開していただけるんですか。
【次の発言】 来週の早々と考えてよろしいですね。いかがですか。(発言する者あり……

第181回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第1号(2012/10/29、22期、自由民主党・たちあがれ日本・無所属の会)

○山谷えり子君 委員長の選任は、主宰者の指名に一任することの動議を提出いたします。

第182回国会 政府開発援助等に関する特別委員会 第2号(2012/12/28、22期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○委員長(山谷えり子君) この際、一言御挨拶を申し上げます。  ただいま皆様の御推挙により、委員長の重責を担うことになりました山谷えり子でございます。  委員会の運営に当たりましては、公正かつ円満な運営に努めてまいりたいと存じますので、委員各位の御支援と御協力のほどをよろしく申し上げます。(拍手)
【次の発言】 継続調査要求に関する件についてお諮りいたします。  政府開発援助等に関する調査につきましては、閉会中もなお調査を継続することとし、本件の継続調査要求書を議長に提出いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  なお、要求書の作成……

第182回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第1号(2012/12/26、22期、自由民主党・無所属の会)

○山谷えり子君 委員長の選任は、主宰者の指名に一任することの動議を提出いたします。

第183回国会 政府開発援助等に関する特別委員会 第1号(2013/01/28、22期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○委員長(山谷えり子君) この際、一言御挨拶を申し上げます。  ただいま皆様の御推挙により、前国会に引き続き委員長の重責を担うことになりました山谷えり子でございます。  委員会の運営に当たりましては、公正かつ円満な運営に努めてまいりたいと存じますので、委員各位の御支援と御協力のほどをよろしくお願いいたします。
【次の発言】 ただいまから理事の選任を行います。  本委員会の理事の数は六名でございます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは、理事に石橋通宏君、大久保勉君、柳澤光美君……

第183回国会 政府開発援助等に関する特別委員会 第2号(2013/02/28、22期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○委員長(山谷えり子君) ただいまから政府開発援助等に関する特別委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日、大塚耕平君及び松野信夫君が委員を辞任され、その補欠として難波奨二君及び田城郁君が選任されました。
【次の発言】 参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  政府開発援助等に関する調査のため、本日の委員会に参考人として一般財団法人国際開発機構理事長杉下恒夫君及び独立行政法人日本貿易振興機構アジア経済研究所国際交流・研修室長兼開発スクール事務局長・教授山形辰史君の出席を求め、その意見を聴取することに御異議ございませんか。

第183回国会 政府開発援助等に関する特別委員会 第3号(2013/05/10、22期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○委員長(山谷えり子君) ただいまから政府開発援助等に関する特別委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日までに、田城郁君、難波奨二君及び浜田和幸君が委員を辞任され、その補欠として松野信夫君、大塚耕平君及び中西健治君が選任されました。
【次の発言】 政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  委嘱審査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、政府参考人として外務省国際協力局長梅田邦夫君外二名の出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。

第183回国会 政府開発援助等に関する特別委員会 第4号(2013/05/22、22期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(山谷えり子君) ただいまから政府開発援助等に関する特別委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日、大江康弘君、大塚耕平君、山本香苗君及び中原八一君が委員を辞任され、その補欠として脇雅史君、広田一君、石川博崇君及び二之湯智君が選任されました。  また、本日、松田公太君が委員を辞任され、その補欠として寺田典城君が選任されました。
【次の発言】 理事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い現在理事が一名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、……

第183回国会 政府開発援助等に関する特別委員会 第5号(2013/06/03、22期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(山谷えり子君) ただいまから政府開発援助等に関する特別委員会を開会いたします。  政府開発援助等に関する調査のうち、世界銀行と我が国の援助政策に関する件を議題といたします。  本日は、ジム・ヨン・キム世界銀行グループ総裁の御出席を賜り、お話をお伺いしたいと存じます。
【次の発言】 参議院政府開発援助等に関する特別委員長の山谷えり子でございます。  委員会を代表いたしまして一言御挨拶申し上げます。  本日はようこそお越しくださいました。キム総裁におかれましては、御多忙の中、当委員会に御出席をいただき、懇談のお時間を割いていただきましたことに対しまして、心より感謝申し上げます。  失礼し……

第183回国会 内閣委員会 第3号(2013/03/21、22期、自由民主党・無所属の会)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。  大臣、政府関係者、誠に御苦労さまでございます。  まず最初に、出生前診断と子宮頸がんワクチンについて、厚生労働省と文科省にお伺いしたいというふうに思います。  おなかの赤ちゃんがダウン症などの染色体異常かどうか分かる出生前診断について、三月九日、日本産婦人科学会の指針が決定され、本年四月から新たな出生前診断が実施される見通しとなっています。生命尊重の観点からも、出生前診断による人工妊娠中絶の増加を懸念しております。優生思想が広がっていくということもあってはならないことだと思っております。厚生労働省はどのように対応を考えていらっしゃいますか……

第183回国会 内閣委員会 第6号(2013/05/16、22期、自由民主党・無所属の会)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。  交通事故を少しでもなくそうと、古屋国家公安委員長、関係機関、団体の皆様が連携しながら日ごろから御努力いただいていることに感謝をいたします。  一昨年四月に栃木県鹿沼市で発生した通学中の児童六人が亡くなった交通事故や、昨年四月に京都市祇園で発生した多数の方々が死傷した交通事故など、てんかんを始めとする意識障害を伴う発作を起こす持病を有する運転者による悲惨な交通事故が相次いでおりますけれども、今回の道路交通法改正により、てんかんなどの一定の病気等に係る運転者対策の推進を図るための規定の整備を行うということでございますが、改めまして改正の概要、……

第183回国会 内閣委員会 第13号(2013/06/18、22期、自由民主党)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。  本日は、障害者差別解消法の質問に入る前に、先週の金曜日の午後に、子宮頸がんワクチン、これは四月から定期予防接種の対象となりましたけれども、重い副反応問題が大きくて、地方自治体の議会でも一時中止を求める動きが広がっています。そんな中で、先週の金曜日でございます、厚生労働省の副反応検討部会で、ワクチン接種、積極的には勧めないという結論、決定が出ました。そのことについて少し確認をさせていただきたいと思います。  といいますのも、ここ数年、私はこの子宮頸がんワクチンに対して、長期のデータがないではないかと、副反応のフォローアップできていない状況で……


23期(2013/07/21〜)

第185回国会 政府開発援助等に関する特別委員会 第2号(2013/11/20、23期、自由民主党)

○山谷えり子君 御報告いたします。  当班は、九月十八日から同二十八日までの十一日間、ブータン、ミャンマー及びスリランカの三か国に派遣されました。派遣議員は、宇都隆史議員、斎藤嘉隆議員、竹谷とし子議員、真山勇一議員、そして、団長に御指名いただきました私、山谷えり子の五名でございます。なお、ブータンとスリランカは、ODA調査派遣団としては初めての訪問国です。  以下では、調査を通じて得ました所見を中心に御報告いたします。  初めに、ブータンについて申し述べます。  ブータンは、急峻な地形のため耕地面積が狭く、農業の生産性も低いため、主食の米もインドなどからの輸入に依存しており、食料自給率の向上が……

第185回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第2号(2013/12/06、23期、自由民主党)

○山谷えり子君 参議院北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会視察報告です。  本委員会の小泉委員長、藤田理事、石川理事、北村委員、堀井委員、有田委員、長浜委員、白委員、井上委員、中山委員及び私、山谷の十一名は、去る十一月十一日、福井県において、北朝鮮による拉致問題等に関する実情調査を行いました。  以下、その概要を報告いたします。  まず、福井県の梅田健康福祉部地域福祉課長より、平成十四年十月の地村保志さん、富貴惠さん御夫妻の帰国を受けた拉致被害者御家族に対する支援、県出身の北朝鮮による拉致の可能性を排除できない方々の概要及び拉致問題に関する県の取組状況について説明を聴取いたしました。梅田課……

第185回国会 予算委員会 第1号(2013/10/23、23期、自由民主党)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。  度重なります大きな自然災害、伊豆大島の土石流でお亡くなりになられました皆様の御冥福をお祈りし、また、被害に遭われた皆様の生活の困難、お見舞いを申し上げます。  その上で、古屋担当大臣にお聞きしたいんですが、自衛隊の五百人増員派遣も含めて政府は万全を期しているところでございますけれども、ただ、伊豆大島の町長さんがいらっしゃらなかったということや、また、警戒情報が置きっ放しにされていたということ等々もあるのかもしれませんけれども、避難勧告が出なかったということが非常に大きい問題だと思っております。  これはどの人が悪いというのではなくて、実は……

第186回国会 内閣委員会 第7号(2014/04/03、23期、自由民主党)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。  国家公務員法等の一部を改正する法律案、衆議院では二十一時間四十五分御審議をいただいたということで、御苦労さまでございます。参議院は再考の府、最高、最低の最高ではなくて、再び考えるという再考の府でございますので、また参議院の充実審議に努めたいというふうに思います。  本題に入る前に先に二つのことをお伺いしたいんですけれども、公益法人の制度改革に伴う新法人移行申請が終了いたしました。百十年ぶりの大改革でございます。新制度での公益認定希望数と認定を受けた数をお教えいただけますでしょうか。

第186回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第3号(2014/06/13、23期、自由民主党)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。  拉致問題の解決、被害者全員の御帰国、一日も早く実現させなければなりません。日朝政府間協議で拉致の被害者の調査をするということで合意がなされました。特別調査委員会は来週にも立ち上がるのではないかという報道もございます。これは、これまでの日本独自の制裁、そしてまた北朝鮮が大変に今困った状況であること、また、日本が主導して国連に調査委員会を立ち上げていただいて、今年の三月、北朝鮮の人権状況、拉致問題を含む人権状況の報告が出て、厳しい決議が採択されたことなどがあるというふうに考えております。  特別調査委員会でありますけれども、立ち上げたからとい……

第186回国会 予算委員会 第5号(2014/03/03、23期、自由民主党)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。  本日は桃の節句でありますけれども、まだまだ寒うございます。仮設住宅にお住まいの皆様のことを思うと胸が痛みます。また、先月の大雪での農家の被害対策、すぐに立てていただきましたけれども、引き続きよろしくお願いいたします。  まず、冒頭、岸田外務大臣にお伺いいたします。  ウクライナ情勢が懸念されますけれども、G7の声明を出されました。当然、日本も入っております。御説明いただけますでしょうか。
【次の発言】 よろしくお願いいたします。  総理は昨日座禅をなさられたということで、本日より平成二十六年度の予算が参議院で、予算委員会で審議が始まるとい……

第187回国会 災害対策特別委員会 閉会後第1号(2014/11/28、23期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山谷えり子君) 十一月二十二日夜に発生した長野県北部を震源とする地震による主な被害状況及びその対応につきまして御報告いたします。  今回の地震により、二十七日時点で四十六名の負傷者が出ていますが、死者・行方不明者は発生していません。また、住家被害については、全壊三十三棟を含め、七百棟を超える被害が報告されています。  被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。  政府としては、地震発生直後から、緊急参集チームの招集、政府の情報先遣チームの派遣、松本内閣府大臣政務官を団長とする政府調査団による現地調査、関係省庁災害対策会議の開催等により被害状況の早期把握に努めるとともに、警察、消防……

第187回国会 災害対策特別委員会 第2号(2014/10/10、23期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山谷えり子君) 国土強靱化担当、防災担当大臣の山谷えり子でございます。  第百八十七回国会における御審議に当たりまして、災害対策に関する私の所信の一端を申し上げます。  我が国は、その自然的条件から、各種の災害が発生しやすい特性を有しております。こうした我が国の特性を踏まえ、防災は国家の基本的かつ極めて重要な任務であるとの認識に立ち、災害に強くしなやかで強靱な国づくりを進めてまいる所存です。  発災から三年以上がたった東日本大震災を始め、国会閉会中も、豪雨、土砂災害、火山噴火等の災害が発生いたしました。これらの災害により亡くなられた方々とその御遺族に対し、深く哀悼の意を表しますとと……

第187回国会 災害対策特別委員会 第3号(2014/10/17、23期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山谷えり子君) 今回の御嶽山の噴火のように突発的なものを、登山者、観光客等の身を守るためには、いざというときに一人一人が噴石等から防護したり避難したりするようにできることが大事だと思います。  今回顕在化した課題というのはいろいろあると思っております。委員が御指摘のように、ヘルメットなどの備えや、緊急時にリュック等の身の回りのもので頭の部分、頭部を保護するなどの知識があれば助かった命もあったのではないかというふうに思っております。このため、特に登山者、観光客を対象に、火山噴火に対する留意点やヘルメットなどの身を守るための装備など、身を守るための知識の普及啓発、山岳関係団体などとも連……

第187回国会 災害対策特別委員会 第4号(2014/11/07、23期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山谷えり子君) ただいま議題となりました災害対策基本法の一部を改正する法律案につきまして、その提案理由及び内容の概要を御説明申し上げます。  本法律案は、首都直下地震を始めとする大規模地震や大雪等の災害時には、被災地や被災地に向かう道路上に大量の放置車両や立ち往生車両が発生し、消防、救助活動等の災害応急対策に支障が生じるおそれがあることから、災害時における緊急通行車両の通行を確保するため、道路管理者が自ら緊急通行車両の通行の妨害となる車両を移動すること等について、法制化を図ることを目的とするものであります。  以上が、この法律案を提出する理由であります。  次に、本法律案の内容につ……

第187回国会 災害対策特別委員会 第5号(2014/11/12、23期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山谷えり子君) 議員御指摘のとおり、災害からの被害を軽減するためには、家具の固定や食料、水の備蓄、建物の耐震化、地震保険の加入など、個々人の自覚に根差した自助の取組による防災対策を実施していくことが必要不可欠であると認識をしております。平成二十五年の災害対策基本法の改正により、このような観点を基本理念や住民の責務として追加したところで、磯崎議員、今丁寧に御説明いただいた部分でございますけれども、追加したところでございます。  昨年実施した防災に関する世論調査においても、公助に重点を置いた対応をすべきと答えた方の割合が、前回、平成十四年のときの調査から大幅に減少しまして、二四・九%か……

第187回国会 東日本大震災復興特別委員会 第3号(2014/10/29、23期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山谷えり子君) 第三回国連防災世界会議は、世界各国の首脳、閣僚、国際機関代表、認証NGO等約五千人、関連事業も含めますと延べ四万人以上の参加が見込まれます非常に大きくまた重要な会議でございます。我が国としまして、東日本大震災を始めとする多くの災害を通じて得た貴重な経験や知見、被災地の復興の現状等を世界に発信する貴重な機会だというふうに考えております。  東日本大震災においては、障害者の死亡率は被災住民全体の死亡率の約二倍となっておりまして、災害弱者への対応が大きな課題となりました。情報伝達の在り方はこれで良かったか、あるいは、支援を必要とする方をあらかじめ把握しながら避難路の確認等……

第187回国会 東日本大震災復興特別委員会 第4号(2014/11/17、23期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山谷えり子君) 災害救助法上の応急仮設住宅は、住家を失った被災者に対し一時的な仮住まいを提供する応急的な救助として行われるものです。入居後に災害公営住宅に転居することにつきましては、応急的な救助には当たらないと考えられるため、災害救助法の対象とはなっておりません。被災者生活再建支援金の支給額の増額についてどうかということでございますが、他の制度とのバランス、国、地方の財政負担などを勘案する必要があり、検討が必要と考えます。  現在、しかし被災地においては、地域のニーズに応じて、被災者生活再建支援金に加えて様々な支援を実施している地方公共団体がございます。こうした地方公共団体における……

第187回国会 内閣委員会 第1号(2014/10/14、23期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山谷えり子君) 国家公安委員会、死因究明等の推進及び海洋政策・領土問題に関する事務を担当する大臣として、一言御挨拶申し上げます。  初めに、先月二十七日の御嶽山の噴火によって亡くなられた方々に深く哀悼の意を表するとともに、被害に遭われた皆様に心からお見舞いを申し上げます。  警察においては、被災者の救出救助や捜索活動などに全力を尽くしてまいりましたが、引き続き対応の万全を図ってまいります。  もとより、治安を確保することは、政府の重要な責務であります。世界一安全な国、日本をつくり上げるため、以下の諸施策を強力に推進します。  第一に、サイバー空間の脅威に的確に対処すべく、関係機関や……

第187回国会 内閣委員会 第2号(2014/10/16、23期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山谷えり子君) 九月二十九日の瀋陽の会合で、まだ初期段階だからそれ以上は答えられない、詳しいことは平壌に来て、特別調査委員会のメンバーと会ったらどうかというような話がありまして、その現状について説明がなかったのは非常に残念であります。  拉致問題の解決に向けては政府全体で取り組んでいるところでありまして、今後の具体的な方針については、被害者の御家族を始めとした各関係方面からいろいろ御意見を聞きながら、しっかりと耳を傾けながら、政府として総合的に判断をしていきたいというふうに思っています。  その中で、警察としては関係省庁と連携を密にして対応するように、国家公安委員会として警察、督励……

第187回国会 内閣委員会 第3号(2014/10/21、23期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山谷えり子君) 上野委員が日頃から、子供たちを守る、そして青少年の健全育成に熱心に取り組んでいらっしゃることに敬意を表します。  ただいまの御質問でございますけれども、刑法犯少年の検挙人員は十年連続で減少しましたが、再犯者の率の上昇や非行の低年齢化傾向が続いております。また、振り込め詐欺で検挙された少年が急増しており、高校生等が遊ぶお金欲しさに先輩や知人等からの誘いに安易に乗って振り込め詐欺に加担している状況が見受けられます。このほか、少年による性犯罪の検挙人員も増加傾向でございます。このように新たな問題が生じておりまして、的確に対処していくことが大事だと思っております。  こうし……

第187回国会 内閣委員会 第5号(2014/10/28、23期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山谷えり子君) ただいま議題となりました銃砲刀剣類所持等取締法の一部を改正する法律案につきまして、その提案理由及び内容の概要を御説明いたします。  この法律案は、国際的な規模で開催される運動競技会の空気銃射撃競技に参加する選手等の競技技術の向上に資する等のため、年少射撃資格者の年齢の要件を緩和するほか、空気銃に係る練習射撃場において射撃練習を行う場合の手続等を定めることをその内容としております。  以下、項目ごとにその概要を御説明いたします。  第一は、練習射撃場の制度の拡充についてであります。  その一は、空気銃に係る練習射撃場の制度を新設し、当該練習射撃場において、空気銃の所持……

第187回国会 内閣委員会 第6号(2014/10/30、23期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山谷えり子君) 射撃競技団体から、二〇二〇年オリンピック・パラリンピック東京大会に向けた射撃競技における競技力強化のため、特に若年の競技者の育成等の強化の観点から現行の銃刀法の見直しについて要望がなされているほか、当該要望については国の施策の方向性と同じであるとして、文部科学省からも検討の要請がなされております。  これらを受けて、今回、危害予防上の問題が生じない範囲内において空気銃に関する規制の見直しを行うこととしたところでございまして、年少射撃資格者の下限年齢の引下げについてでございますけれども、有識者懇談会における意見書においても、現段階においては、銃砲スポーツ振興の観点から……

第187回国会 内閣委員会 第9号(2014/11/13、23期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山谷えり子君) ただいま議題となりました犯罪による収益の移転防止に関する法律の一部を改正する法律案及び国際連合安全保障理事会決議第千二百六十七号等を踏まえ我が国が実施する国際テロリストの財産の凍結等に関する特別措置法案につきまして、その提案理由及び内容の概要を御説明いたします。  まず、犯罪による収益の移転防止に関する法律の一部を改正する法律案につきまして御説明いたします。  この法律案は、最近における犯罪による収益の移転に係る状況等に鑑み、疑わしい取引の届出に関する判断の方法、外国所在為替取引業者との契約締結の際の確認義務、特定事業者の体制整備等の努力義務の拡充等について定めるこ……

第187回国会 内閣委員会 第10号(2014/11/18、23期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山谷えり子君) マネーロンダリングやテロ資金供与は国境を越えて行われるものであり、各国が協調して対策に取り組むことが重要と考えております。  また、一般の経済取引への影響に配慮しつつ、悪いものには厳正に対処するということは議員御指摘のとおりでございまして、法の運用に当たっては、こうした点に留意し、国際社会と連携しつつ実効ある対策を推進するよう警察を指導してまいりたいと思います。
【次の発言】 テロリストの認定に当たっては間違いや恣意的な認定があってはならない、当然のことでございます。  国際テロリストの財産凍結法案では、国連安保理決議第千三百七十三号を踏まえて外為法で規制対象となっ……

第187回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第2号(2014/11/17、23期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山谷えり子君) 拉致問題担当大臣の山谷えり子でございます。  拉致問題をめぐる現状について御報告申し上げます。  北朝鮮による拉致問題は、我が国の主権及び国民の生命と安全に関わる重大な問題であり、国の責任において解決すべき最重要課題であります。  安倍総理は、拉致問題はこの安倍内閣において解決させる、被害者と御家族が抱き合う日が来るまで私の使命は終わらないとの覚悟を明確に述べており、私も、一日も早く全員を救出するとの決意の下、日々この問題の解決に取り組んでおります。  政府としては、昨年一月に設置した拉致問題対策本部を中心に、全省庁が一丸となり、政府・与野党拉致問題対策機関連絡協議……

第187回国会 予算委員会 第1号(2014/10/07、23期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山谷えり子君) 一部の特定の国や民族に対する誹謗中傷、差別的言動、名誉毀損、侮辱あるいは憎悪の心をあおるようなヘイトスピーチというのは決して許されるものではないと思っております。私は、互いに敬意を持ち合い、愛和の心に満ちた社会をつくりたいと思っているものでございますので、ヘイトスピーチは私の信条には全く合いません。  その上で、違法行為があれば、法と証拠に基づいて厳正に対処してまいりたいと思います。
【次の発言】 在日特権を許さない市民の会、略称在特会でございますが、威力業務妨害罪やまた名誉毀損罪等で検挙されたことがあると承知しております。

第187回国会 予算委員会 第2号(2014/10/08、23期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山谷えり子君) 夫婦別姓選択制については国民的議論が様々あると存じております。国務大臣としての答弁は控え、内閣の方針が出れば従いたいと思います。
【次の発言】 民主党は夫婦別姓賛成の党だったと思います。それが原因で私は離党して新党を結成、参加いたしました。私自身は、現在、通称使用をしております。  あとは、内閣の方針に従いたいと思いますので、国務大臣としての見解は控えたいと思います。
【次の発言】 家族観について、国務大臣としてのコメントは控えさせていただきます。

第187回国会 予算委員会 第3号(2014/11/04、23期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山谷えり子君) 今回の御嶽山の火山噴火災害でございますけれども、山頂付近、三千メートルを超えるようなところで噴火が起きていた、また非常に火山性のガスが強くて足場が非常に悪い、凍結したり大変な状況の中で、二次災害を防ぐために救助・捜索活動が長期化したというようなことがございました。で、安否不明の被災者の家族が多数地元自治体で待機することになりまして、地元自治体において宿泊可能な待機所の開設、食事、毛布の提供等を行ったところでございます。国としても、きちんと状況を把握しながら、毎日、テレビ会議を行っておりました。  委員におかれましては、このことについて、さきの厚生労働委員会で厚生労働……

第189回国会 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会 第8号(2015/08/05、23期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山谷えり子君) 一昨日、礒崎補佐官、この国会の場で、誤解を招くような発言があって申し訳なかったというようなことで、その真意を説明されたと承知しております。
【次の発言】 外交関係でありますので、外務大臣の担当だと思います。
【次の発言】 お答えの前に、総理からは先般、北朝鮮側から調査に関していましばらく時間が掛かる旨の連絡がございまして、岸田外務大臣と私の方に、具体的な動きを北朝鮮から早急に引き出すべく働きかけを強めるよう指示があったところでございます。外務大臣の方からは、先ほどのこともございましたが、私の方も、国際社会、また国連に働きかけを強めながら、かつてないほど解決に向けての……

第189回国会 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会 第12号(2015/08/25、23期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山谷えり子君) 我が国を取り巻く安全保障環境、一層厳しさを増しております。そのような環境に対応するために平和安全法制が必要でありまして、これにより、紛争を未然に防ぐ力、つまり抑止力を高めることができます。国民の生命、財産、美しい暮らしを守っていく力が高まるということと考えております。
【次の発言】 抑止力が高まるということは国民の暮らしを守る力が高まるということだというふうに思っております。  国内の治安の維持について第一義的な責任を有する警察におきましては、必要な装備資機材の整備等による警備体制の強化や各種対処能力の向上に一層取り組むとともに、共同訓練等を通じまして関係機関との更……

第189回国会 決算委員会 第7号(2015/05/11、23期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山谷えり子君) 気象庁が発表する地震情報の精度向上には関係機関から提供される観測データの活用が重要であります。  このため、観測施設の支障対策が不足している機関に対しては、気象庁、消防庁を始めとする関係機関と連携して対策の強化を早期に働きかけてまいります。支障対策を促進する技術的な支援としては、気象庁と連携して、気象庁の観測施設に適用されている運用・管理に関するガイドラインを提供するとともに、必要に応じて技術的な助言を行います。  調査をして課題が明らかになりました。内閣府としましては、国民の安全を守る観点から、今後とも継続して支障対策の強化にしっかりと取り組んでまいります。

第189回国会 決算委員会 第11号(2015/06/29、23期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山谷えり子君) ただいまの火山の監視観測体制等に係る決議につきましては、御趣旨を踏まえ、関係機関と連携の上、今後とも適切に対処してまいります。

第189回国会 行政監視委員会 第3号(2015/07/06、23期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山谷えり子君) 行田委員が何年も領域保全について取り組んでこられたことに敬意を表したいと思います。  近年、海洋における資源の確保や安全保障の観点から、各国の利害が衝突する事例が多く見られます。我が国周辺海域においても近隣諸国の海洋活動が活発化するなど、従来以上に離島の保全、管理を適切に実施していく必要性が高まっております。平成二十五年十二月に閣議決定された国家安全保障戦略においても、国家安全保障上の戦略的アプローチの一環として領域保全に関する取組を強化するため、総合的な防衛体制の構築のほかに、国境離島の保全、管理及び振興にも積極的に取り組む旨が明記されたところであります。  こう……

第189回国会 災害対策特別委員会 第3号(2015/03/25、23期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山谷えり子君) 国土強靱化担当、防災担当大臣の山谷えり子でございます。  第百八十九回国会における御審議に当たりまして、災害対策に関する私の所信の一端を申し上げます。  我が国は、その自然的条件から、各種の災害が発生しやすい特性を有しております。こうした我が国の特性を踏まえ、防災は国家の基本的かつ極めて重要な任務であるとの認識に立ち、災害に強くしなやかな国づくりを進めてまいる所存です。  発災から四年がたった東日本大震災を始め、この一年で見ても、豪雨、土砂災害、火山噴火、地震、豪雪等の災害が発生いたしました。これらの災害により亡くなられた方々とその御遺族に対し、深く哀悼の意を表しま……

第189回国会 災害対策特別委員会 第4号(2015/03/31、23期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山谷えり子君) 第三回国連防災世界会議には、百八十七か国、二十五名の首脳を含む百名以上の閣僚、関連事業を含めますと、当初四万人ぐらいかと思っていたんですが、延べ約十五万人以上の参加がありまして、日本で開催された国連関係の国際会議で過去最大級というふうになりました。都市化やグローバリゼーションが進む中で災害リスクが増大していく、そのような中で事前防災や被害の最小化の取組に世界の関心が高まっていることの表れだと感じております。  会議で採択されました仙台防災枠組、これは今後十五年間における世界の取組を示したものであり、我が国が推進している防災の主流化、より良い復興、そして多様な主体の参……

第189回国会 災害対策特別委員会 第5号(2015/06/17、23期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山谷えり子君) 日本列島における主な火山の活動状況等について御報告いたします。  まず、口永良部島について、今回の噴火により、身一つで島を離れて不便な避難生活を強いられている被災者の方々に対して心からお見舞いを申し上げます。  口永良部島では、五月二十九日の噴火直後、地元屋久島町から全島に避難勧告・指示が発出され、町、県のほか、警察、消防、自衛隊、海上保安庁等の関係機関が連携して迅速な対応を行い、当日夕方までに在島者百三十七名全員の避難が完了しました。  政府としても、噴火直後から、関係省庁災害対策会議の開催、赤澤内閣府副大臣を団長とする政府調査団の派遣、政府現地連絡調整室の設置等……

第189回国会 災害対策特別委員会 第6号(2015/06/19、23期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山谷えり子君) 現在、避難を余儀なくされている住民の皆様にとって、一日も早い帰島は生活の再建の上でも非常に重要なことだというふうに考えております。しかしながら、口永良部島においては、昨日も噴火が発生するなど火山活動活発な状態が続いておりまして、現状においては部分的帰島についても困難な状況にございます。  今後、火山活動が低下し、監視観測等により噴火の影響が及ばないと判断されれば、当該地域の住民から帰島することも可能であると考えておりますが、帰島の最終的な判断につきましては、火山専門家も参画している口永良部島噴火災害対策連絡会議において議論をされ、そしてまた屋久島町長が行うこととなり……

第189回国会 災害対策特別委員会 第7号(2015/09/16、23期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山谷えり子君) 台風第十八号の大雨等による主な被害状況及びその対応につきまして御報告いたします。  まず、今回の豪雨により亡くなられた方々の御冥福をお祈り申し上げます。また、被災された方々に対し、心よりお見舞い申し上げます。  九月七日以降、台風第十八号等の影響で、西日本から北日本の広い範囲で大雨となりました。九月七日から十一日までの総雨量が多いところで六百ミリを超えるなど記録的な大雨となり、栃木県や茨城県、宮城県では大雨の特別警報が発表されました。  この豪雨による被害状況につきましては、茨城県において鬼怒川の堤防が決壊するなど、各地で河川の氾濫等による被害が発生し、これまでに関……

第189回国会 災害対策特別委員会 第8号(2015/09/24、23期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山谷えり子君) 今回の豪雨により亡くなられた方々の御冥福をお祈りし、また、被災された方々のお見舞いを申し上げたいと思います。  激甚災害制度は、国民経済に著しい影響を及ぼす災害が発生した場合に、地方公共団体に対する特別の財政援助や、被災者に対する特別の助成措置を行うためのものであります。また、その指定に当たっては、中央防災会議の決定した基準に基づき、全国を対象として特別の財政援助等を講ずるいわゆる本激と、市町村を対象としたいわゆる局激とございます。通常、本激については災害が発生した都度、局激については年度末にまとめて指定をしますが、明らかに基準に該当すると見込まれる場合には、年度途……

第189回国会 東日本大震災復興及び原子力問題特別委員会 第8号(2015/06/01、23期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山谷えり子君) 東日本大震災による応急仮設住宅の提供は、災害救助法に基づく応急救助として実施しているものであり、発災当初から地震、津波、原子力災害で一律に取り扱ってきたところであります。  災害救助法に基づく応急仮設住宅の提供期間は原則二年とされていますが、東日本大震災で設置したものについては、特定非常災害特別措置法に基づき、各県において一年を超えない期間ごとに延長を行うことが可能でありまして、現在、福島県においては、被災者がいない五町村を除き五年目までの延長を行っております。  報道もございますが、福島県における応急仮設住宅の六年目への延長については、現時点において正式な協議書が……

第189回国会 内閣委員会 第2号(2015/03/24、23期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山谷えり子君) 国家公安委員会、死因究明等の推進及び海洋政策・領土問題に関する事務を担当する大臣として、所信の一端を申し述べます。  初めに、シリアにおける邦人殺害テロ事件及びチュニジアにおけるテロ事件について、日本人がテロの犠牲となったことは痛恨の極みであります。深く哀悼の意を表するとともに、御家族に心からお悔やみを申し上げます。非道かつ卑劣極まりないテロ行為を断固非難するとともに、テロの未然防止に全力を挙げてまいります。  もとより、治安を確保することは、政府の重要な責務であります。日本を世界一安全な国にするため、以下の諸施策を強力に推進します。  第一に、サイバー空間の脅威に……

第189回国会 内閣委員会 第3号(2015/03/26、23期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山谷えり子君) 御質問ありがとうございます。  内閣府では、竹島及び尖閣諸島に関する国民の認知度や関心度を把握し、今後の広報啓発活動に生かすため、平成二十五年に竹島に関する世論調査及び尖閣諸島に関する世論調査を初めて実施いたしまして、平成二十六年に二回目を実施したところでございます。  平成二十六年十二月二十五日に公表された第二回の調査の結果によりますと、竹島、尖閣諸島を知っていたと答えた方は九割以上と極めて高かったのでありますけれども、竹島、尖閣諸島に関心がないと答えた方は、竹島については三〇・七%、尖閣諸島については二三・八%おられました。  領土、主権は国家の存立の基本であり……

第189回国会 内閣委員会 第5号(2015/04/14、23期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山谷えり子君) ただいま議題となりました道路交通法の一部を改正する法律案につきまして、その提案理由及び内容の概要を御説明いたします。  この法律案は、最近の交通情勢に鑑み、七十五歳以上の運転者に対する臨時の認知機能検査制度を導入するとともに、運転免許の種類として準中型自動車免許を新設すること等をその内容としております。  以下、項目ごとにその概要を御説明いたします。  第一は、高齢運転者対策の推進を図るための規定の整備であります。  その一は、公安委員会は、七十五歳以上の運転免許を受けた者が認知機能が低下した場合に行われやすい一定の違反行為をしたときは、その者に対し、臨時に認知機能……

第189回国会 内閣委員会 第6号(2015/04/16、23期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山谷えり子君) 現在、第九次交通安全基本計画でございますが、昨年の交通事故死者数は四千百十三人と平成十三年から十四年連続の減少となりましたが、第九次交通安全基本計画の目標を達成するには至っておりません。  本年度でございます……(発言する者あり)
【次の発言】 三千人でございまして、第九次交通安全基本計画の目標を達成するには至っておりません。
【次の発言】 平成二十五年、七十八万五千八百六十七人です。
【次の発言】 委員おっしゃるように、平成二十七年度までに年間の二十四時間死者数を三千人以下にする、二十七年までに年間の死傷者数を七十万人以下にするということでございます。(発言する者……

第189回国会 内閣委員会 第9号(2015/05/26、23期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山谷えり子君) お尋ねの件でございますけれども、大垣署の警察官が関係会社の担当者と会っていたという報告を受けております。
【次の発言】 警察は、公共の安全と秩序の維持という警察の責務を果たすために、警察法や各都道府県の個人情報保護条例の規定にのっとり適正に取り扱っているものと報告を受けているところでございます。
【次の発言】 警察における情報収集につきましては、公共の安全と秩序の維持という警察の責務を果たすために、警察法や各都道府県の個人情報保護条例等にのっとり適正に情報収集を行っているものと承知をしているところでございます。

第189回国会 内閣委員会 第13号(2015/06/11、23期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山谷えり子君) 本件事案につきましては、五月二十八日夕刻に警視庁から警察庁に対し日本年金機構からの情報流出のおそれについて報告がなされたことから、警察庁において所要の事実確認を行った上で、翌二十九日に私に対して報告がなされました。
【次の発言】 本事案については、本年五月十九日、日本年金機構から警視庁に対して同機構に対する標的型メール攻撃により職員の使用する端末が不正プログラムに感染した旨の通報がなされ、警視庁において所要の捜査を行っていたところであります。私への報告は、したがいまして、適切であったと考えております。
【次の発言】 繰り返しになりますけれども、警視庁において所要の捜……

第189回国会 内閣委員会 第14号(2015/06/16、23期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山谷えり子君) この度の改正法案は、ナイトライフの充実を求める国民の声の高まり、ダンスをめぐる国民の意識の変化等を踏まえ、政府の規制改革会議や超党派のダンス文化推進議員連盟における議論を経て、ダンス自体に着目した規制を改め、客にダンスをさせる営業の一部を風俗営業から除外すること等を内容とするものであります。この改正法案が成立すれば、委員御指摘のとおり、風営適正化法の条文からダンスという文言は全てなくなるということでございます。
【次の発言】 この度の改正法案の提出は、国民の生活様式の多様化が進み、ナイトライフの充実を求める国民の声が高まっていること等をその背景の一つとしております。……

第189回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第2号(2015/04/22、23期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山谷えり子君) 拉致問題担当大臣の山谷えり子でございます。  拉致問題をめぐる現状について御報告申し上げます。  北朝鮮による拉致問題は、我が国の主権及び国民の生命と安全に関わる重大な問題であり、国の責任において解決すべき最重要課題であります。  安倍総理は、拉致問題はこの安倍内閣において解決させる、被害者と御家族が抱き合う日が来るまで私の使命は終わらないとの覚悟を明確に述べており、私も、一日も早く全員を救出するとの決意の下、日々この問題の解決に取り組んでおります。  政府としては、平成二十五年一月に設置した拉致問題対策本部を中心に、全省庁が一丸となり、政府・与野党拉致問題対策機関……

第189回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第4号(2015/08/31、23期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山谷えり子君) 拉致問題担当大臣の山谷えり子でございます。  本年五月に行った私の米国出張について御報告申し上げます。  今回の米国出張では、拉致問題等に関する米国政府関係者等との意見交換及び拉致問題に関する国際シンポジウム開催のため、本年五月三日から六日の日程でワシントンDC及びニューヨークを訪問しました。  ワシントンDCでは、リンチ司法長官やマヨルカス国土安全保障副長官と会談を行い、北朝鮮による拉致問題等について意見交換を行うとともに、拉致問題の解決に向けた米国政府の協力を求めました。また、国務省関係者や有識者とも、拉致問題、人権問題を含む北朝鮮問題等について意見交換を行いま……

第189回国会 予算委員会 閉会後第1号(2015/11/11、23期、自由民主党)

○山谷えり子君 おはようございます。自由民主党、山谷えり子でございます。  第三次安倍改造内閣、日本らしさを発揮して、強く優しい信頼される国づくり、そしてまた世界の平和に貢献する国づくりのために強いリーダーシップをお取りいただきたいと思います。政治は国民とともにございます。説明を果たし、そして国民の共感を得ながら、実りある国家をつくってまいりたいというふうに思っております。  TPPについてお伺いをいたします。  世界のGDPの四割という巨大な貿易圏が誕生するわけでございます。それぞれの国が立場、国益を懸けて長い交渉をしたわけでございますけれども、総理は常々、ピンチはチャンスであるというような……

第189回国会 予算委員会 第2号(2015/02/02、23期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山谷えり子君) 三月に仙台で開催されます国連防災世界会議でございますけれども、我が国は様々な自然災害が発生しやすい環境にあります。東日本大震災を始めとする知見、教訓、そしてまた防災技術や防災体制の仕組みなどを世界で共有して、そして国際社会で防災の主流化、事前防災、被害の最小化など防災の主流化に努める大きな機会としていきたいと思っています。  また、世界各国から首脳、閣僚、あるいは国際関係機関、あるいは認証NGO等五千人、また関連事業を含めますと四万人以上の方が参加される見通しでございます。東日本大震災からの復興の現状を見ていただき、また文化や食、日本の魅力にも触れていただきながら震……

第189回国会 予算委員会 第3号(2015/02/03、23期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山谷えり子君) いわゆる災害時多目的船については、大規模災害時における医療機能を拡充し多様化を図るという観点から、その位置付け等について検討を行っているところでございます。  具体的には、災害医療全体の中でどのような役割が適当か、また、横山委員おっしゃられました運用に当たっての課題、実際に既存の船舶を活用した実証訓練を行っておりますので、そうした検証結果を踏まえまして取りまとめをしっかりと行いたいというふうに考えております。  また、このような検証に当たっては、これまでも医療、海運といった分野を始め多くの外部有識者に参加いただき、御意見をお聞きしているところであります。取りまとめに……

第189回国会 予算委員会 第4号(2015/02/05、23期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山谷えり子君) 昨年九月、法務省に置かれた法制審議会において、いわゆる司法取引制度である協議・合意制度の導入が答申されたところでございます。  答申では、協議・合意制度の対象として、財政経済関係犯罪及び薬物・銃器犯罪が挙げられています。現在法務省において制度化に向けた検討が進められておりますが、警察としても、この協議・合意制度は組織的犯罪の捜査に有効な武器となり得ると考えております。その運用の在り方も念頭に置きつつ、その検討に積極的に参画しているところであります。  刑事司法制度の在り方というのは、国民の安全、安心の確保に重要な課題でありますので、しっかりと世界一安全な国日本をつく……

第189回国会 予算委員会 第6号(2015/03/16、23期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山谷えり子君) 猪口委員の長年の取組に敬意を表します。  第三回国連世界防災会議でございますけれども、国連加盟国百九十三か国のうち百八十六か国が参加してくださいまして、また、約二十か国の首脳、また百名超える閣僚、そしてまた国際機関、認証NGO等五千人、また、関連の事業も含めますと延べ四万人の参加がございまして、過去、日本の国際会議としては最大級だというふうに思っております。  今現在も、各国の首脳、閣僚、代表らがステートメント、代表発言をしてくださっているんですが、世界の異常気象や、また被害の大規模化、局地化、また人口の都市の過密化などで、これ防災の主流化をしていかなければならない……

第189回国会 予算委員会 第7号(2015/03/17、23期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山谷えり子君) 南海トラフ巨大地震では、極めて広域にわたり強い揺れと巨大な津波が発生することが考えられ、最大で死者、行方不明者が約三十二万人、建物被害は約二百三十八万棟にも上ると想定されているところであります。このため、南海トラフ地震特別措置法に基づき基本計画を策定するとともに、各主体において推進計画や緊急事業計画等を策定するなど、計画に基づき関係機関が一体となって地震防災対策を進めているところです。  委員御質問の高知県、鉄道や道路の基盤が脆弱であるけれども高知県はどうかという御質問でございますが、全国からの応援部隊の派遣や広域医療搬送、広域物資調達等が、被害が広範、甚大なもので……

第189回国会 予算委員会 第9号(2015/03/19、23期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山谷えり子君) 御質問への答弁に先立ちまして、一言お礼を申し上げます。  この度、岸委員長、理事を始め委員の皆様方の御配慮のおかげをもちまして、無事に国連防災世界会議において各国の合意を得て、成果を上げることができました。誠にありがとうございます。  災害時において、高齢者や障害者の方々の被害の状況や医療や介護などの必要な支援策などを行政が的確に把握し、住み慣れた地域で安心して生活できるようにしていくことは大変重要なことだと考えております。  内閣府においても、災害対策基本法に基づき、平成二十五年度から、被災者個々人の被害の状況、支援の実施状況、支援に当たっての配慮事項等を一元的に……

第189回国会 予算委員会 第10号(2015/03/20、23期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山谷えり子君) 拉致問題は、国家の主権侵害、そしてひどい人権侵害であります。安倍内閣の下で何としても解決しなければ、一日も早くと考えております。  北朝鮮は拉致問題は解決済みと言っていたわけでありますけれども、日朝協議、長きにわたって閉ざされていた扉が開きました。そして、北朝鮮は、過去の調査にこだわることなく新しい角度から調査を深めていくんだと言っているわけであります。そして、日本としましては、拉致問題が最重要、最優先課題だと伝えているわけでございます。しかしながら、いまだに報告が出ないということは誠に遺憾であるというふうに考えております。引き続き、様々な情報を収集しながら全力で取……

第189回国会 予算委員会 第11号(2015/03/23、23期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山谷えり子君) 第三回国連防災世界会議では、新たな国際的な防災の枠組みである仙台防災枠組二〇一五―二〇三〇、及び高いレベルでのコミットメントを示した仙台宣言を採択する等、大きな成果があったと考えております。  百九十三国連加盟国中百八十七か国が参加、そしてまた二十五か国からの首脳、そして百名を超える閣僚、国連事務総長やUNDPの総裁等々国際機関の代表、また、当初四万人くらいの参加を見込んでおりましたが約十五万人の参加があったということで、これ、気候変動や都市化やグローバリゼーションの中で災害リスクが高まっている、そうした状況の中で世界が一致団結してこの災害リスクを減らしていこうとい……

第189回国会 予算委員会 第13号(2015/03/27、23期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山谷えり子君) 犯罪被害給付制度は、殺人等の故意の犯罪行為により不慮の死を遂げた犯罪被害者の御遺族等に対し、社会の連帯共助の精神に基づき、また、国が公共の安全と秩序の維持を担っているという観点から一定の経済的補填を行うという趣旨の下、給付金を支給し、その精神的、経済的打撃の緩和を図ろうとするものであります。  具体的には、死亡した被害者の御遺族に対して支給する遺族給付金、犯罪行為により重大な負傷等をされた方に対して支給する重傷病給付金、身体に障害が残った方に対して支給する障害給付金の三種類があり、その上限は、遺族給付金は約三千万円、重傷病給付金は百二十万円、障害給付金は約四千万円と……

第189回国会 予算委員会 第16号(2015/04/02、23期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山谷えり子君) 三月三十日に、内閣府の赤澤副大臣を座長として関係省庁の副大臣等で構成する会議において、政府の危機管理組織の在り方についての最終報告を取りまとめたところでございます。  この最終報告におきましては、平時から大きな組織を設けることについては、現段階では積極的な必要性は直ちに見出し難いとしつつ、大規模災害等が発生した非常時に国、地方を通じた関係機関が持てる力を最大限に発揮できる体制を構築することが重要であるとしたところでございます。  そのための具体的な対応方策として、緊急災害対策本部や現地への派遣職員、交代要員も含めて十分に確保し、研修、訓練を通じて災害発生時に機能する……

第189回国会 予算委員会 第17号(2015/04/08、23期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山谷えり子君) 我が国は、その自然的条件から様々な災害に遭いやすいという特性がございます。その特性の下に、あらゆる災害に備える、被害の最小化を図る、そして犠牲者を一人でも少なくということが私たちの最大の使命だというふうに思っております。そのために、最新の科学的知見を活用しながら、防災関連施設などハード対策の整備、そしてまた情報の伝達や避難訓練などソフト対策、それを総合的に組み合わせて防災・減災対策を推進していくことが大事だというふうに思っております。  発災のときは政府一丸となって対応するとともに、その教訓を踏まえて様々不断の見直しをしていくということも大事だと思います。今、堀内委……

第189回国会 予算委員会 第18号(2015/04/09、23期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山谷えり子君) 現在、調整中、検討中でございます。
【次の発言】 繰り返しになりますけれども、現在調整中でございます。

第189回国会 予算委員会 第19号(2015/08/10、23期、自由民主党)【政府役職】

○国務大臣(山谷えり子君) 明治神宮外苑につきましては、東京都震災対策条例に基づきまして、東京都において避難場所として指定されているものと承知しております。

第190回国会 災害対策特別委員会 第7号(2016/05/25、23期、自由民主党)

○山谷えり子君 五月二十三日、熊本県において、平成二十八年熊本地震による被害状況等の実情を調査してまいりました。  参加者は、長沢広明委員長、古賀友一郎理事、広田一理事、谷合正明理事、仁比聡平委員、室井邦彦委員、また、現地参加されました馬場成志委員、野田国義委員、そして私、山谷えり子の九名であります。  なお、今回の調査は、衆議院災害対策特別委員会との合同により実施いたしました。  現地調査の概要を御報告いたします。  四月十四日午後九時二十六分に、熊本県熊本地方の深さ約十一キロメートルでマグニチュード六・五、最大震度七の地震が、さらに、同月十六日午前一時二十五分に、同地方の深さ約十二キロメー……

第190回国会 予算委員会 第13号(2016/03/14、23期、自由民主党)

○山谷えり子君 おはようございます。自由民主党、山谷えり子でございます。  本日は、社会保障と国民生活等に関する集中審議でございます。  まだまだ寒いんですけれども、靖国神社の桜のつぼみ、少しふっくらしてまいりました。卒業式のシーズンです。そして、四月からは新年度のスタート。皆様が希望を持って新年度のスタートを歩めるように、この参議院の予算委員会、与野党心一つに、国民の負託に応えるべく充実審議をしてまいりたいと思います。  国連女子差別撤廃委員会で、先頃、日本に対する最終報告案の中に、皇室典範改正を求める勧告が盛り込まれようとしておりました。皇位継承権が男系男子の皇族にしかないという、女性差別……


24期(2016/07/10〜)

第192回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第1号(2016/09/26、24期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(山谷えり子君) 一言御挨拶を申し上げさせていただきます。  ただいま委員各位の御推挙をいただきまして、本委員会の委員長に選任されました山谷えり子でございます。  委員会の運営に当たりましては、公正かつ円満な運営に努めてまいりたいと存じますので、委員各位の御支援と御協力のほどよろしくお願い申し上げます。(拍手)
【次の発言】 ただいまから理事の選任を行います。  本委員会の理事の数は四名でございます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは、理事に北村経夫君、島村大君、白……

第192回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第2号(2016/12/05、24期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(山谷えり子君) ただいまから北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  去る二日、山崎正昭君が委員を辞任され、その補欠として佐藤啓君が選任されました。
【次の発言】 北朝鮮による拉致問題等に関しての対策樹立に関する調査を議題といたします。  まず、北朝鮮をめぐる最近の状況について、岸田外務大臣から説明を聴取いたします。岸田外務大臣。
【次の発言】 次に、拉致問題をめぐる現状について、加藤国務大臣から説明を聴取いたします。加藤国務大臣。
【次の発言】 ありがとうございます。  本日の調査はこの程度とし、これにて散会いたします。 ……

第192回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第3号(2016/12/07、24期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(山谷えり子君) ただいまから北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  去る五日、佐藤啓君が委員を辞任され、その補欠として山崎正昭君が選任されました。
【次の発言】 政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  北朝鮮による拉致問題等に関しての対策樹立に関する調査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、警察庁長官官房審議官白川靖浩君外七名を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。

第192回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第4号(2016/12/14、24期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(山谷えり子君) ただいまから北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会を開会いたします。  継続調査要求に関する件についてお諮りいたします。  北朝鮮による拉致問題等に関しての対策樹立に関する調査につきましては、閉会中もなお調査を継続することとし、本件の継続調査要求書を議長に提出いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  なお、要求書の作成につきましては委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。

第193回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第1号(2017/01/20、24期、自由民主党・こころ)【議会役職】

○委員長(山谷えり子君) 一言御挨拶を申し上げさせていただきます。  ただいま委員各位の御推挙をいただきまして、本委員会の委員長に選任されました山谷えり子でございます。  委員会の運営に当たりましては、公正かつ円満な運営に努めてまいりたいと存じますので、委員各位の御支援と御協力のほどをよろしくお願い申し上げます。
【次の発言】 ただいまから理事の選任を行います。  本委員会の理事の数は四名でございます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは、理事に北村経夫君、島村大君、白眞勲君……

第193回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第2号(2017/03/29、24期、自由民主党・こころ)【議会役職】

○委員長(山谷えり子君) ただいまから北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会を開会いたします。  北朝鮮による拉致問題等に関しての対策樹立に関する調査を議題といたします。  まず、北朝鮮をめぐる最近の状況について、岸田外務大臣から説明を聴取いたします。岸田外務大臣。
【次の発言】 次に、拉致問題をめぐる現状について、加藤国務大臣から説明を聴取いたします。加藤国務大臣。
【次の発言】 本日の調査はこの程度とし、これにて散会いたします。    午前十一時五十分散会

第193回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第3号(2017/05/10、24期、自由民主党・こころ)【議会役職】

○委員長(山谷えり子君) ただいまから北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会を開会いたします。  参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  北朝鮮による拉致問題等に関しての対策樹立に関する調査のため、本日の委員会に参考人として北朝鮮による拉致被害者家族連絡会代表飯塚繁雄君、横田早紀江君、斉藤文代君、北朝鮮に拉致された日本人を救出するための全国協議会会長・麗澤大学客員教授西岡力君及び特定失踪者問題調査会代表・拓殖大学海外事情研究所教授荒木和博君の出席を求め、その意見を聴取することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。

第193回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第4号(2017/06/09、24期、自由民主党・こころ)【議会役職】

○委員長(山谷えり子君) ただいまから北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会を開会いたします。  政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  北朝鮮による拉致問題等に関しての対策樹立に関する調査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、内閣官房内閣審議官横田真二君外十一名を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 北朝鮮による拉致問題等に関しての対策樹立に関する調査を議題とし、質疑を行います。  質疑のある方は順次御発言願います。

第193回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第5号(2017/06/16、24期、自由民主党・こころ)【議会役職】

○委員長(山谷えり子君) ただいまから北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会を開会いたします。  継続調査要求に関する件についてお諮りいたします。  北朝鮮による拉致問題等に関しての対策樹立に関する調査につきましては、閉会中もなお調査を継続することとし、本件の継続調査要求書を議長に提出いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  なお、要求書の作成につきましては委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。

第193回国会 予算委員会 第11号(2017/03/13、24期、自由民主党・こころ)

○山谷えり子君 おはようございます。自由民主党、山谷えり子でございます。  東日本大震災から六年、総理は昨日も岩手県を回られました。中学校の卒業式で御挨拶もされたと聞いております。復興は着実に進んでいるとはいえ、今なお十二万三千人もの方が避難生活を送られております。三月十一日の政府主催の追悼式典には私も参列をいたしましたけれども、できることは全てやる、復興のスピードアップを上げる決意を新たにしております。また、日本は様々な自然災害に遭いやすいという国でございます。これからも防災・減災の取組、レベルアップ、努めていかなければならないと考えております。  先週の金曜日、南スーダンPKO派遣している……

第194回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第1号(2017/09/28、24期、自由民主党・こころ)【議会役職】

○委員長(山谷えり子君) 一言御挨拶を申し上げます。  ただいま委員各位の御推挙によりまして本委員会の委員長に選任されました山谷えり子でございます。  委員会の運営に当たりましては、公正かつ円満な運営に努めてまいりたいと存じますので、委員各位の御支援と御協力のほどよろしくお願い申し上げます。
【次の発言】 ただいまから理事の選任を行います。  本委員会の理事の数は四名でございます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは、理事に北村経夫君、滝沢求君、有田芳生君及び山本香苗君を指名……

第195回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第1号(2017/11/01、24期、自由民主党・こころ)【議会役職】

○委員長(山谷えり子君) 一言御挨拶を申し上げます。  ただいま委員各位の御推挙によりまして本委員会の委員長に選任されました山谷えり子でございます。  委員会の運営に当たりましては、公正かつ円満な運営に努めてまいりたいと存じますので、委員各位の御支援と御協力のほどよろしくお願い申し上げます。
【次の発言】 ただいまから理事の選任を行います。  本委員会の理事の数は四名でございます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは、理事に北村経夫君、滝沢求君、有田芳生君及び山本香苗君を指名……

第195回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 閉会後第1号(2017/12/21、24期、自由民主党・こころ)【議会役職】

○委員長(山谷えり子君) ただいまから北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会を開会いたします。  議事に先立ちまして、一言申し上げます。  去る十一日、拉致被害者曽我ひとみさんの御夫君チャールズ・ジェンキンスさんが逝去され、翌十二日、拉致被害者増元るみ子さんの御母堂の信子様が逝去されました。誠に哀悼痛惜に堪えません。  ここに、皆様とともに謹んで黙祷をささげ、哀悼の意を表しまして、御冥福をお祈り申し上げたいと思います。  皆様、御起立をお願いします。黙祷。
【次の発言】 黙祷を終わります。御着席よろしくお願いします。
【次の発言】 参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  北朝……

第195回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第2号(2017/12/08、24期、自由民主党・こころ)【議会役職】

○委員長(山谷えり子君) ただいまから北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会を開会いたします。  継続調査要求に関する件についてお諮りいたします。  北朝鮮による拉致問題等に関しての対策樹立に関する調査につきましては、閉会中もなお調査を継続することとし、本件の継続調査要求書を議長に提出いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  なお、要求書の作成につきましては委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。

第196回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第1号(2018/01/22、24期、自由民主党・こころ)【議会役職】

○委員長(山谷えり子君) 一言御挨拶を申し上げます。  ただいま委員各位の御推挙によりまして本委員会の委員長に選任されました山谷えり子でございます。  委員会の運営に当たりましては、公正かつ円満な運営に努めてまいりたいと存じますので、委員各位の御支援と御協力のほどよろしくお願い申し上げます。
【次の発言】 ただいまから理事の選任を行います。  本委員会の理事の数は四名でございます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは、理事に北村経夫君、滝沢求君、大野元裕君及び山本香苗君を指名……

第196回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第2号(2018/04/09、24期、自由民主党・こころ)【議会役職】

○委員長(山谷えり子君) ただいまから北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  去る六日、柳田稔君、衛藤晟一君及び山崎正昭君が委員を辞任され、その補欠として伊藤孝恵君、中西哲君及び朝日健太郎君が選任されました。
【次の発言】 北朝鮮による拉致問題等に関しての対策樹立に関する調査を議題といたします。  まず、北朝鮮をめぐる最近の状況について、河野外務大臣から説明を聴取いたします。河野外務大臣。
【次の発言】 次に、拉致問題をめぐる現状について、加藤国務大臣から説明を聴取いたします。加藤国務大臣。

第196回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第3号(2018/06/04、24期、自由民主党・こころ)【議会役職】

○委員長(山谷えり子君) ただいまから北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  去る五月九日までに、伊藤孝恵君、中西哲君及び朝日健太郎君が委員を辞任され、その補欠として薬師寺みちよ君、衛藤晟一君及び山崎正昭君が選任されました。
【次の発言】 政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  北朝鮮による拉致問題等に関しての対策樹立に関する調査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、内閣官房内閣情報調査室次長森美樹夫君外六名を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。

第196回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第4号(2018/07/20、24期、自由民主党・こころ)【議会役職】

○委員長(山谷えり子君) ただいまから北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会を開会いたします。  継続調査要求に関する件についてお諮りいたします。  北朝鮮による拉致問題等に関しての対策樹立に関する調査につきましては、閉会中もなお調査を継続することとし、本件の継続調査要求書を議長に提出いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  なお、要求書の作成につきましては委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。

第197回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第1号(2018/10/24、24期、自由民主党・国民の声)【議会役職】

○委員長(山谷えり子君) 一言御挨拶を申し上げます。  ただいま委員各位の御推挙によりまして本委員会の委員長に選任されました山谷えり子でございます。  委員会の運営に当たりましては、公正かつ円満な運営に努めてまいりたいと存じますので、委員各位の御支援と御協力のほどよろしくお願い申し上げます。
【次の発言】 ただいまから理事の選任を行います。  本委員会の理事の数は四名でございます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは、理事に北村経夫君、山田俊男君、宮崎勝君及び有田芳生君を指名……

第197回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第2号(2018/12/06、24期、自由民主党・国民の声)【議会役職】

○委員長(山谷えり子君) ただいまから北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会を開会いたします。  北朝鮮による拉致問題等に関しての対策樹立に関する調査を議題といたします。  まず、北朝鮮をめぐる最近の状況について、河野外務大臣から説明を聴取いたします。河野外務大臣。
【次の発言】 次に、拉致問題をめぐる現状について、菅国務大臣から説明を聴取いたします。菅国務大臣。
【次の発言】 本日の調査はこの程度とし、これにて散会いたします。    午前九時十七分散会

第197回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第3号(2018/12/10、24期、自由民主党・国民の声)【議会役職】

○委員長(山谷えり子君) ただいまから北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会を開会いたします。  継続調査要求に関する件についてお諮りいたします。  北朝鮮による拉致問題等に関しての対策樹立に関する調査につきましては、閉会中もなお調査を継続することとし、本件の継続調査要求書を議長に提出いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  なお、要求書の作成につきましては委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。

第198回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第1号(2019/01/28、24期、自由民主党・国民の声)【議会役職】

○委員長(山谷えり子君) 一言御挨拶を申し上げます。  ただいま委員各位の御推挙によりまして本委員会の委員長に選任されました山谷えり子でございます。  委員会の運営に当たりましては、公正かつ円満な運営に努めてまいりたいと存じますので、委員各位の御支援と御協力のほどよろしくお願い申し上げます。
【次の発言】 ただいまから理事の選任を行います。  本委員会の理事の数は四名でございます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは、理事に北村経夫君、山田俊男君、川合孝典君及び有田芳生君を指……

第198回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第2号(2019/05/17、24期、自由民主党・国民の声)【議会役職】

○委員長(山谷えり子君) ただいまから北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  去る二月一日、川合孝典君が委員を辞任され、その補欠として大野元裕君が選任されました。
【次の発言】 理事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い現在理事が一名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは、理事に大野元裕君を指名いたします。

第198回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第3号(2019/05/29、24期、自由民主党・国民の声)【議会役職】

○委員長(山谷えり子君) ただいまから北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日、衛藤晟一君が委員を辞任され、その補欠として松川るい君が選任されました。
【次の発言】 政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  北朝鮮による拉致問題等に関しての対策樹立に関する調査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、内閣官房内閣審議官岡本宰君外六名を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。

第198回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第4号(2019/06/26、24期、自由民主党・国民の声)【議会役職】

○委員長(山谷えり子君) ただいまから北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  去る五月二十九日、松川るい君が委員を辞任され、その補欠として衛藤晟一君が選任されました。
【次の発言】 継続調査要求に関する件についてお諮りいたします。  北朝鮮による拉致問題等に関しての対策樹立に関する調査につきましては、閉会中もなお調査を継続することとし、本件の継続調査要求書を議長に提出いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  なお、要求書の作成につきましては委員長に御一任願いたいと存じま……


25期(2019/07/21〜)

第199回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第1号(2019/08/01、25期、自由民主党・国民の声)【議会役職】

○委員長(山谷えり子君) 一言御挨拶を申し上げます。  ただいま委員各位の御推挙によりまして本委員会の委員長に選任されました山谷えり子でございます。  委員会の運営に当たりましては、公正かつ円満な運営に努めてまいりたいと存じますので、委員各位の御支援と御協力のほどよろしくお願い申し上げます。(拍手)
【次の発言】 ただいまから理事の選任を行います。  本委員会の理事の数は四名でございます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは、理事に北村経夫君、山田俊男君、有田芳生君及び宮崎勝……

第199回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第2号(2019/08/05、25期、自由民主党・国民の声)【議会役職】

○委員長(山谷えり子君) ただいまから北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  去る二日、大野元裕君が委員を辞任され、その補欠として川合孝典君が選任されました。
【次の発言】 継続調査要求に関する件についてお諮りいたします。  北朝鮮による拉致問題等に関しての対策樹立に関する調査につきましては、閉会中もなお調査を継続することとし、本件の継続調査要求書を議長に提出いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  なお、要求書の作成につきましては委員長に御一任願いたいと存じますが、御……

第200回国会 政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員会 第1号(2019/10/04、25期、自由民主党・国民の声)【議会役職】

○委員長(山谷えり子君) この際、一言御挨拶を申し上げます。  ただいま皆様方の御推挙により、本委員会の委員長に選任されました山谷えり子でございます。  委員会の運営に当たりましては、委員の皆様方の御指導と御協力を賜り、公正かつ円滑な運営に努めてまいりたいと存じますので、何とぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)
【次の発言】 ただいまから理事の選任を行います。  本委員会の理事の数は七名でございます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは、理事に古賀友一郎君、藤井基之君、渡辺……

第200回国会 政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員会 第2号(2019/12/09、25期、自由民主党・国民の声)【議会役職】

○委員長(山谷えり子君) ただいまから政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員会を開会いたします。  継続調査要求に関する件についてお諮りいたします。  政治倫理の確立及び選挙制度に関する調査につきましては、閉会中もなお調査を継続することとし、本件の継続調査要求書を議長に提出いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  なお、要求書の作成につきましては委員長に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。  本日はこれにて散会いたします。    午後三時十一分散会

第200回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第1号(2019/10/04、25期、自由民主党・国民の声)

○山谷えり子君 ただいまから北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会を開会いたします。  本院規則第八十条第二項の規定により、私が委員長の選任につきその議事を主宰いたします。  これより委員長の選任を行います。  つきましては、選任の方法はいかがいたしましょうか。
【次の発言】 ただいまの有田君の動議に御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは、委員長に丸川珠代君を指名いたします。(拍手)

第201回国会 政治倫理の確立及び選挙制度に関する特別委員会 第1号(2020/01/20、25期、自由民主党・国民の声)【議会役職】

○委員長(山谷えり子君) この際、一言御挨拶を申し上げます。  ただいま皆様方の御推挙により、本委員会の委員長に選任されました山谷えり子でございます。  委員会の運営に当たりましては、委員の皆様方の御指導と御協力を賜り、公正かつ円滑な運営に努めてまいりたいと存じますので、何とぞよろしくお願いいたします。(拍手)
【次の発言】 ただいまから理事の選任を行います。  本委員会の理事の数は七名でございます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは、理事に古賀友一郎君、藤井基之君、渡辺猛……

第201回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第1号(2020/01/20、25期、自由民主党・国民の声)

○山谷えり子君 ただいまから北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会を開会いたします。  本院規則第八十条第二項の規定により、私が委員長の選任につきその議事を主宰いたします。  これより委員長の選任を行います。  つきましては、選任の方法はいかがいたしましょうか。
【次の発言】 ただいまの有田君の動議に御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは、委員長に丸川珠代君を指名いたします。(拍手)



各種会議発言一覧(参議院)

20期(2004/07/11〜)

第161回国会 少子高齢社会に関する調査会 第2号(2004/11/10、20期、自由民主党)

○山谷えり子君 参考人の皆様、ありがとうございました。自由民主党、山谷えり子でございます。  私は長い間、九百万部の発行部数の生活情報紙、主婦向けの生活情報紙の編集長をしてまいりました。ですので、割合、生活の非常に具体的なことが目に入る人間でございます。そんな視点からお話を伺いたいと、阿藤参考人に。私が感じた感想とそれからお願いをいたしますので、それへの感想をお聞かせいただければと思います。  数年前でしょうか、私、文部省の中教審の少子化問題の委員をしているときに、やはり日本は婚外子が少ないからというような説明をいただきました。私は、これはやっぱり文化的、社会的な問題であって、意図的に日本の社……

第161回国会 少子高齢社会に関する調査会 第3号(2004/11/17、20期、自由民主党)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。  どうもありがとうございました。文科省にお聞きします。  少子化社会対策大綱、平成十六年閣議決定の中に、生命の大切さ、家庭の役割等についての理解、生命の尊厳、命の継承の大切さについての理解を深めるとあります。全く賛成でございます。しかしながら、先週もちょっと申したんですが、家庭科の教科書がもう家庭崩壊かのような記述が非常に目立つ。例えば、浮気の権利があるとか、離婚とか、シングルマザーを勧めているとか、あるいは祖母と孫を断ち切るような記述があるとか、平成八年の検定ではちょっと通らなかったようなものが直近の検定で通っております。  これは、男女……

第161回国会 少子高齢社会に関する調査会 第4号(2004/11/24、20期、自由民主党)

○山谷えり子君 ちょっと繰り返しになりますけれども、少子化社会対策大綱閣議決定の中に、命の継承の大切さと家庭の役割の大切さについて理解を深めるというのがございますけれども、教育現場での家庭科の教科書とか副教材、年齢を無視した過激な性教育の実態と、こういうものは是非調べていただきたいというふうに思います。  といいますのも、欧米でこのような過激な性記述教育しましたところ、性病が増えて中絶が増えた。今、日本でも、十九歳の女の子の十三人に一人が性病にかかっている。中絶も増えております。子宮頸がん、性病が原因の子宮頸がんもこの十年で四倍というような日本の現状を非常に憂えておりますので、そのようなこと。……

第162回国会 少子高齢社会に関する調査会 第1号(2005/02/09、20期、自由民主党)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。  エンゼルプラン、新エンゼルプランで保育所を整備、進めてきたけれどもなかなか出生率が回復しないということで、今度の新新エンゼルプランで日本社会の在り方全体に踏み込んだということは大変評価していきたいというふうに思います。また、社会保障の給付についてのバランスの見直しと、これも進めて是非いかなければいけないことだと思っておりますが、今日はちょっと教育面に絞って御感想を聞きたいというふうに思います。  今、子供たちは喜びや悲しみや達成感や思いどおりいかないこと、様々な体験、それから豊かな人間関係が大切なのにもかかわらずそういったものが欠如してお……

第162回国会 少子高齢社会に関する調査会 第2号(2005/02/16、20期、自由民主党)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。  国立成育医療センター名誉総長の松尾宣武さんにお話を伺いたいと思います。  私、三人の子供を育てながら母性というのはだんだんわき出てくるものだなということと、伝承の母性というか、そういうものが大切だなということを感じました。人間の文化とは子育ての文化と言ってもいいというふうに思うんですが、今労働者としての親を支援するプログラムは充実してきておりますけれども、その一方で保育者としての親の支援ということがやっぱりバランスの中で見落とされてきているというふうに思うんですね。  松尾先生はジェンダー論とこの乳幼児の育児のことを書いていらして、レジュ……

第162回国会 少子高齢社会に関する調査会 第3号(2005/02/23、20期、自由民主党)

○山谷えり子君 自由民主党の山谷えり子です。  樋口先生にお伺いします。  働いている女性の多い国は出生率も高い、女性の就業と出生というジレンマの関係はもはや過去の神話となったということでございますけれども、しかしながら、これはやっぱり定年制とかシフト制に対する考え方とか、あるいは短時間・在宅勤務、あるいはフレックスタイムについての考え方は、対応が柔軟であればそういうことが言えると思うんですが、日本はまだまだそういう状況じゃないわけです。  例えば、アメリカですと、民族や男女の差別がいけないのと同じく年齢でも差別してはいけないから定年制というのがないわけですし、それからEUも、先ほど先生がおっ……

第162回国会 少子高齢社会に関する調査会 第4号(2005/03/02、20期、自由民主党)

○山谷えり子君 どうもありがとうございます。自由民主党山谷えり子でございます。  無藤先生に、ちょっとゲーム脳についてどんなふうにお感じになっていらっしゃるかを聞きたいんですが、脳神経科の先生なんかが、ゲームをやり過ぎると前頭前野のベータ波が低下して、切れる状態になって無表情になって自己抑制力も低下して情緒も低下するというような研究発表もなさいまして、ゲームに限らずパソコンとかメールとか、要するに子供たちのライフスタイルが非常に変わったことによる影響がもしこう感じられる部分があったらお教えいただきたく思います。  それから、尾木先生には、キャリア教育に関して、私、アメリカにおりましたときに、ア……

第162回国会 少子高齢社会に関する調査会 第5号(2005/04/06、20期、自由民主党)

○山谷えり子君 どうも参考人の皆様、ありがとうございました。  八代先生にお伺いしたいんですけれども、八代先生の、少子化時代の家族の考え方、古い家族の保護から新しい家族への支援へ、家族選択に中立的な社会制度、男女間の非対称性是正、家族経営協定の促進等々を聞いておりまして、実は私はむしろ、とんでもなく古いマルクスやエンゲルスやレーニンの家族観のことを思ったわけでございます。家族軽視はマルクス主義の思想でございましたし、マルクスは主婦の全滅を訴えました。また、エンゲルスは、「家族・私有財産・国家の起源」の中で、近代的個別家族は妻の家内奴隷制の上に築かれているとか、あるいはまた、女性の解放は全女性が……

第162回国会 少子高齢社会に関する調査会 第6号(2005/04/20、20期、自由民主党)

○山谷えり子君 本日はありがとうございました。自由民主党山谷えり子でございます。  宮島先生と堀先生に同じ質問をしたいんですけれども、安心、安定は与えられるものではなくつくり出すもの、社会の安心、安定、これまでは家族や企業が支えてきた部分が大きいという宮島先生、また堀先生は、育児支援は我が国最大の政策課題というふうにおっしゃっていらっしゃいまして、全く同感なんですけれども、学者の先生にはちょっと乱暴で恐縮な質問かもしれませんが、育児手当、奨学金制度、住宅支援、そしてまた年金積立金や福祉施設による支援等々、どのぐらいのバランスで、何千億円あるいは一兆かもしれませんが、どういうバランスでどう掛ける……

第162回国会 少子高齢社会に関する調査会 第7号(2005/05/11、20期、自由民主党)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。参考人の先生方、ありがとうございました。  今、自由民主党では、過激な性教育とジェンダーフリー教育の実態調査プロジェクトチームというのをつくっておりまして、実態調査に乗り出しております。と申しますのは、全国の保護者から、学習指導要領を無視し、子供の年齢、子供の心、子供の魂を無視し、親の教育権を無視した、セックスを物化した、家族を壊す、子供の人格を壊す性教育が余りにもひどく行われているということで声が上がってきたので、そのようなプロジェクトチームを立ち上げたわけでございますが。  赤枝参考人にお伺いしたいんですけれども、ブッシュ大統領が、結婚ま……

第162回国会 少子高齢社会に関する調査会 第8号(2005/05/18、20期、自由民主党)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。  先日の遠藤順子参考人がおっしゃいました胎児とお母さんの応援の実績、あれを語られた、そのことを語られたわけですが、産めるかどうか悩んでいる妊婦に対しての相談、それから応援体制というのをもっと国として、民間が十分にできるよう、あるいは公ができるように進めていくべきだというふうに思っております。  それから、年齢を考えない過激な性教育、結果としてフリーセックス教育をしているような現状、またジェンダーフリー教育や家族を否定するような家庭科の教育が行われておりますけれども、自己決定権を高めることをバランスを欠いて教えられている教育の現状というのが少……

第163回国会 少子高齢社会に関する調査会 第1号(2005/10/19、20期、自由民主党)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。  官房長官の下に少子化対策推進会議を開いていくということでございますけれども、本当に縦割り行政をやめないと何も進まないというふうに思います。  その中で、ちょっと二点だけ、私が日ごろ気になっていることを申し上げたいというふうに思います。  文科省の方から、小さいころから高齢者に至るまでの生涯学習、体験学習、女性の再チャレンジというようなことを進めていきたいということでございますが、これは仕事や地域社会での貢献のためのコーディネーターというような存在が欠かすことができなくて、私は参議院の自民党の政調にキャリアカウンセラーと体験学習推進のための……

第163回国会 少子高齢社会に関する調査会 第2号(2005/10/26、20期、自由民主党)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。  三人の諸先生方、示唆に富むお話ありがとうございました。  堺屋参考人に三点お伺いしたいと思います。  一つは、税の在り方についてなんですが、年を重ねると、自分が楽しむこともいいんですけれども、生きる意味が見えてきて、人に与えることとか役立つこと、人の幸せを祈ることが生きがいとなる面が大きくなってくると思います。そんな中で、コミュニティー活動や文化、福祉プログラムを支えたいというような、自助、互助、公助のバランスの中でこの互助のプログラムを支えるというようなものを支援していくということが大切ではないかと思うんですが、アメリカやフランスなどで……


22期(2010/07/11〜)

第179回国会 憲法審査会 第2号(2011/11/28、22期、自由民主党・無所属の会)

○山谷えり子君 関谷勝嗣先生、ありがとうございました。  自由民主党、山谷えり子でございます。  占領時代に憲法と教育基本法という日本の背骨に値する大事な二つの法律が占領軍によって作らせられました。昭和二十七年四月二十八日、主権を回復して来年で六十年目になるわけですが、私たちは、占領時代にどのようなことが行われたか、のまざるを得なかったかということを冷静に見詰めていく必要があるというふうに思っております。  憲法の前文に、「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。」という文章がございます。これは全く現実を見ていない空想的なわび証文であり、また主権国家……

第179回国会 憲法審査会 第3号(2011/12/07、22期、自由民主党・無所属の会)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。  憲法調査会、長い長い議論がございました。そして、やっとこの憲法審査会、発議ができるという審査会が立ち上がったわけでございますから、憲法改正を求める国民の多くの声にこたえて、時代に合った、そして日本の国柄に合った憲法、自主憲法制定をしていかなければならないというふうに思っております。  主権回復した後、新聞の社説では、次は自主憲法制定だというような論説を掲げる社説もございました。占領時代、GHQの深い関与によって作らせられた憲法、しかしGHQは、深い関与によって作らせたという事実を検閲でもって、あるいは多くの大学の法学者を入れ替えることなど……

第180回国会 憲法審査会 第1号(2012/02/15、22期、自由民主党・たちあがれ日本・無所属の会)

○山谷えり子君 中山先生、船田先生、ありがとうございました。  強行採決をしたわけではなくて、強硬に採決を拒否されたというような状況も教えていただきました。  それから、中山先生におかれましては、時代と憲法が合わなくなっているんではないか、特に緊急事態法の条項を憲法に書くべきではないかというような御提言もいただきまして、深く共感するところでございます。  船田先生は、三つの宿題のうちの国民投票十八歳以上という、関連法案が整備できない場合は二十歳にしておくという附則ではなくて、三条の方の十八歳というのが適用されるのではないかというような御意見のように思いましたけれども。中山先生の書かれたこの「未……

第180回国会 憲法審査会 第4号(2012/04/25、22期、自由民主党・たちあがれ日本・無所属の会)

○山谷えり子君 最後になりました、自由民主党、山谷えり子でございます。  長い時間、参考人の皆様、ありがとうございました。  井戸川町長が雑誌のインタビューでこんなことを言っていらっしゃいます。私は、野田首相に双葉郡民は国民だと思っていますかと聞いたけど、国は、アメリカにSPEEDIのデータを先に知らせて、国民にはSPEEDIのデータを提供していなかった。今もって双葉町はSPEEDIのデータは来ていません。あの情報が入っていたら仙台方面に逃げていますよと。あるいは、ベントの連絡もなかったと。それから、国、東電は、止める、冷やす、閉じ込めると言い張って絶対に安全だと言ってきた結果がこれで、我々は……

第180回国会 社会保障と税の一体改革に関する特別委員会公聴会 第1号(2012/08/06、22期、自由民主党・たちあがれ日本・無所属の会)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。  公述人の皆様、貴重な御意見や示唆に富む御意見、ありがとうございました。  まず、池本公述人にお伺いしたいんですけれども、低年齢児保育、長時間保育の子供への影響を検討すべきと、保育時間に関する統計が日本にはないと、諸外国にはあるからと。  実はこれ、私も問題意識をずっと持っておりまして、例えばオランダとかデンマークなんかは夕方四時とか五時までですね、長くても。それから、ゼロ歳児保育、スウェーデンはやっていないとか、諸外国でも国策としてゼロ歳児保育をやっている国というのはないと思います。ところが、今回、三党合意に至る前の政府の資料では、今後五……

第183回国会 憲法審査会 第1号(2013/03/13、22期、自由民主党・無所属の会)

○山谷えり子君 ありがとうございます。自由民主党、山谷えり子でございます。  私は、衆議院も参議院も、与党も野党も経験いたしました。その上で、二院制の良さというものをやはり育てていくことで政治が成熟していくというふうに考えております。  二院制の長所と短所というのはコインの裏表だというふうに思っております。メリットといたしましては、拙速を避け、慎重に多様な角度から審議ができる、結論を得ることができるということでありますし、また、それがデメリットにもなるわけでございまして、立法化が複雑化していく、それから、時間が掛かり、行き詰まることもあるということでございます。  そのためには、今、榛葉先生か……

第183回国会 憲法審査会 第5号(2013/06/05、22期、自由民主党)

○山谷えり子君 小林先生、小山先生、ありがとうございます。  小林先生のレジュメに、憲法は、不磨の大典ではなく、国民が幸福な生活を追求するために国家というサービス機関を統制する道具にすぎないはずだというのがございますけれども、私は、憲法というのは国家権力を縛ると同時に国家権力を授けるものであり、そしてまた、国柄や歴史、文化というものを国民の皆と、それは過去、御先祖様と、そして未来に生きる人々も含めるんですけれども、共有するものではないかというふうに思っております。人間というのは、過去、そしてまた人と人とのきずなによって生かされている、生きている存在だというふうに思っています。  日本というのは……


24期(2016/07/10〜)

第195回国会 憲法審査会 第1号(2017/12/06、24期、自由民主党・こころ)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。  憲法は、国の基、最高法規です。国柄が反映され、社会の安定、人々の幸せに資するものであらねばならないと思います。  日本国憲法は、占領下でGHQが僅か一週間ほどでまとめ、主権のなかった我が国に受入れを迫ったものです。また、施行より七十年、私たちの生活、国際環境は大きく変化しました。  自民党は、今年十月の衆議院選挙で憲法改正を公約の柱に据え、自衛隊の明記、緊急事態条項、教育の充実、参議院合区解消の四項目を示して戦いました。  憲法改正への国民の理解は広がりつつあります。都道府県議会で国会に憲法改正の早期実現を求める意見書決議が現在三十六都府……

第196回国会 憲法審査会 第1号(2018/02/21、24期、自由民主党・こころ)

○山谷えり子君 自由民主党、山谷えり子でございます。  憲法九条についての考え方を申します。  まず、平和主義の理念はしっかり守る、憲法は国の基、国柄が反映され、社会の安定、人々の幸せに資するものであらねばならないと考えます。現憲法の平和主義、基本的人権、国民主権、基本原理を守ることは重要です。その上で自衛隊に関する論争に決着を付けるべきです。  国民の自衛隊への信頼は今九割を超えています。今月も、私のふるさと福井の大雪で、自衛隊の方々、大変なお働きをしてくださっています。感謝です。自衛隊の存在を国民の九割が信頼し、好印象を持っているのに、憲法学者の六、七割が違憲という、自衛隊の正当性が傷つけ……


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/07/03

山谷えり子[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書