国会議員白書トップ参議院議員礒崎陽輔>委員会発言一覧(全期間)

礒崎陽輔 参議院議員
「委員会発言一覧」(全期間)

礒崎陽輔[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書


このページでは礒崎陽輔参議院議員の委員会・各種会議の発言の冒頭部分と国会会議録検索システムの該当ページへのリンクをまとめています。礒崎陽輔 参議院議員「委員会統計」(全期間)では委員会・各種会議の活動状況や役職経験をまとめています。

■委員会発言一覧  ■各種会議発言一覧

委員会発言一覧(参議院)

21期(2007/07/29〜)

第168回国会 総務委員会 第3号(2007/11/01、21期、自由民主党)

○礒崎陽輔君 自由民主党の礒崎陽輔でございます。  まず、増田大臣には、今回、就任のお祝いをしようと思いましたら、それをしないままに再任のお祝いをしなければならなくなりましたが、私も増田大臣の再任を心から希望していた者の一人でございまして、総務省の仕事は大変広うございまして大変だとは思いますが、いろいろありますけれども、なかんずく地方団体、千八百地方団体の期待に沿うよう、あるいは期待にかなうよう、どうか御活躍いただきたい、そのようにお願いをいたしておきます。  今日は郵政公社の決算でございますから、その質問から先にやらせていただきたいと思います。  私は郵政民営化賛成の立場であります。ただ、数……

第168回国会 総務委員会 第5号(2007/11/22、21期、自由民主党)

○礒崎陽輔君 自民党の礒崎陽輔でございます。  大臣にお伺いいたしますが、最近どうも公務員が元気がないような気がいたします。それを評して萎縮しているというような表現をする人もいるわけでありますけど、これは政治家の方も、与党も野党もですけど、やっぱり先ほども出ましたけれども公務員バッシングというものをちょっと考えなきゃいかぬと思います。もちろん、悪いことは悪いことと言うのは必要でありますけれども、やはりもっと国家公務員があるいは地方公務員が生きがいを持ってばりばりと前向きに働いていただくことが非常に私は必要であると思います。  総務省としても、やはり公務員を守って、あるいは公務員の士気を上げるた……

第168回国会 総務委員会 第11号(2007/12/20、21期、自由民主党)

○礒崎陽輔君 自由民主党の礒崎陽輔でございます。  まず、増田総務大臣、この委員会でも質問いたしましたけれども、地方財政対策、大変御尽力賜りました。まあ率直に言って必要かつ十分とは言えないかもしれませんが、精一杯の御尽力を賜ったものと思っておりますので、感謝を申し上げておきたいと思います。  それから、放送法の修正につきましては、今この場におられませんけれども、与党、野党の先生方、本当に献身的な御尽力をいただいたと思います。これについても改めて敬意を表したいと思います。  その上で、今日の放送法に関する質問を幾つかさせていただきたいと思います。  まず、古森委員長にお伺いをいたしたいと思います……

第169回国会 議院運営委員会 第5号(2008/03/11、21期、自由民主党)

○礒崎陽輔君 ありがとうございます。自由民主党の礒崎陽輔でございます。  私は一括して御質問をいたします。  まず、先ほどから出ておりますけれども、やはり財政・金融分離という言葉が間違って使われているんではないかと思います。他の諸国でも財務省出身者が中央銀行総裁になった例はたくさんありますし、そうした国でこれが財政・金融分離の原則に反するなどといった話を聞いたことは全くないわけであります。  いずれにいたしましても、最近の同意人事案件を見ましたら、何か公務員であったから適当でないような、そういう変な議論がなされております。人の単純な職歴によってその任に就くことが適当であるかどうかということを判……

第169回国会 厚生労働委員会 第14号(2008/06/03、21期、自由民主党)

○礒崎陽輔君 自由民主党の礒崎陽輔でございます。同僚議員の御配慮により、厚生労働委員会で質問させていただくことを大変光栄に存じます。  私のホームページをごらんいただいた方もいらっしゃると思うんですが、私の今ホームページのトップには、後期高齢者医療制度はやっぱりおかしいという見出しを今掲げておるのであります。そういう考えを持っている議員を質問に立たせていただきました自民党の懐の広さに感謝申し上げるとともに、自民党の改革に対する並々ならぬ熱意を野党の皆様にも感じていただきたいと、私はそのように思います。  私は、少子高齢社会というものが本当に現実のものになってまいりました。そうした中で、高齢者医……

第169回国会 財政金融委員会 第8号(2008/04/22、21期、自由民主党)

○礒崎陽輔君 皆さんこんにちは。自由民主党の礒崎陽輔でございます。今日は皆様の御配慮でこの財政金融委員会で質疑をさせていただくことを本当に感謝をいたしております。  今、国会がこういう情勢でございますけれども、私は、もう政治改革と言い出してかなり時間がたつと思います。その政治改革と言い始めたとき、どういうわけか小選挙区制の導入ということがシンボル化してしまって、小選挙区制を導入するかどうかという議論がそれは随分前ですけれどもありました。私はもちろんそのころ政治家をやっておりませんでしたけれども、やはり小選挙区制を導入するという国会の中の意思があり、小選挙区制を導入するということは、二大政党制、……

第169回国会 総務委員会 第5号(2008/03/27、21期、自由民主党)

○礒崎陽輔君 自由民主党の礒崎陽輔でございます。自由民主党・無所属の会を代表いたしまして、大臣の所信に対する質問を行いたいと思います。  まず、地方財政問題からであります。  平成二十年度の地方財政対策におきましては、実質的な地方交付税というところで四千億円の増額となったところでございます。私の地元の県知事とか市町村長、大喜びではありませんけれども、小喜びぐらいな感じではあります。  その理由というのは、一つは、この三年間の五兆一千億円の削減に対して復元額が、交付税で二千億円、起債と合わせて四千億円ということで比較的少額であったことということもありますけれども、地方法人税の偏在の是正であるとか……

第169回国会 総務委員会 第7号(2008/03/31、21期、自由民主党)

○礒崎陽輔君 自由民主党の礒崎陽輔でございます。  前橋本会長とも非常に御懇意にさせていただきましたけれども、今回また実力派の福地会長をNHKにお招きしたこと、私は本当に御同慶に堪えない次第でございます。  今朝からNHKの放送もいろいろと模様替えしたようでございますけれども、朝見ますと、あの礒野佑子さんというアナウンサーが七時のニュースに出ていまして、礒の字の礒が私と同じでございまして、今後私の名前が誤って書かれることが減るんじゃないかと期待をいたしているところでございますけれども。  冗談はさておき、私は政治的公平性という問題をずっと議論させていただいております。私はもちろんNHKはかなり……

第169回国会 総務委員会 第8号(2008/04/08、21期、自由民主党)

○礒崎陽輔君 自由民主党の礒崎陽輔でございます。  四月四日、参議院本会議におきまして、地方税法等の一部改正法の趣旨説明が行われまして、ようやく本日、委員会審議が始められたわけでございます。  総務委員会は高嶋委員長以下、理事の皆さんの御配慮により、参議院の常任委員会の中でも最も円滑で円満な審議が行われていると考えております。このことについては敬意を表したいと思っております。  しかるに、二月二十九日に衆議院から送付された地方財政関連法案が年度を超えて審議をするに至ったということについては、私は誠に残念でなりません。二月二十九日の衆議院における採決の在り方については、民主党の皆様には我が党とま……

第169回国会 総務委員会 第10号(2008/04/17、21期、自由民主党)

○礒崎陽輔君 おはようございます。自由民主党の礒崎陽輔でございます。今日は大変公述人の皆さん御苦労さまでございます。  まず、今ちょうどあった道路問題から入りたいと思いますが、まず木村公述人にお伺いをいたします。  木村公述人のおっしゃったように、今国会では話合いの重要性が認識されてきた、私もそのとおりだと思っております。今も福田総理は頭を下げて野党に対して話合いを呼びかけておるわけであります。ところが、いろいろと前提条件を付けていまだにこの問題の話合いのテーブルに着かない、今それが国会の現状であります。  御指摘のように、一般財源化の問題と暫定税率の引下げの問題がございます。一般財源化につき……

第169回国会 総務委員会 第14号(2008/05/15、21期、自由民主党)

○礒崎陽輔君 自由民主党の礒崎陽輔でございます。  総務委員会の正常化につきましては、高嶋委員長ほか理事の皆さん、早速御尽力賜りまして、また与野党の委員とも非常に総務委員の皆さんは寛大な人が多いので、大変うれしく思っております。今日は、そういうことで、政策論に集中して質問をさせていただきたいと思います。  まず、ミャンマーのサイクロン被害、そして四川大地震の問題、私は本当に被災者の皆さんに心からお見舞いを申し上げたいと思います。  その中で、特に四川の大地震はちょっと想像を絶するような被害の規模に今まだなりつつあるような状況でございます。これは他人事でもないわけでございまして、地震国の日本、ま……

第169回国会 総務委員会 第15号(2008/05/20、21期、自由民主党)

○礒崎陽輔君 自由民主党の礒崎陽輔でございます。  今日は、五月十一日に放送されたNHKスペシャル「セーフティーネット・クライシス 日本の社会保障が危ない」についてお伺いしたいと思います。  特定の番組について質問をするのはできたら避けるべきであると私も考えてきました。当委員会で私も放送の政治的公平性について再三にわたって要請をしてまいりました。しかし、それにもかかわらずNHKは十分にこたえていただいていないと、そういう懸念を抱きましたので、今日あえて質問をさせていただくこととしたところでございます。  昨年十二月二十日の当委員会におきましても、私は橋本前会長に対し政治的公平性について質問をさ……

第170回国会 議院運営委員会 第6号(2008/10/21、21期、自由民主党)

○礒崎陽輔君 自由民主党の礒崎陽輔でございます。  今日は、山浦参考人、大変お疲れさまでございます。  私も、先ほどから何回か出ておりますけれども、十二道府県で折しも会計検査院の会計報告が出されたわけであります。私も長い間地方行政に携わっておった人間でありますけれども、こんなことをまだやっているのかという感じが本当にぬぐえないで残念な思いがいたしております。もちろん、いろんなものがあるとは思うんですけれどもね。特に、やはり公共事業費の中に事務費が付いているというところに私大きな問題があるんだとは思います。そこがまあちょっと政策の中なのかもしれませんけれど。  それはまあ別といたしまして、山浦参……

第170回国会 総務委員会 第4号(2008/11/25、21期、自由民主党)

○礒崎陽輔君 自由民主党の礒崎陽輔でございます。よろしくお願いを申し上げます。  去る十一月十八日火曜日の総務委員会が、開催手続がおおむね完了していたのにもかかわらず、当委員会の運営と全く関係のない理由により突然中止に至ったことについては、私は遺憾に感じます。国権の最高機関である国会の一翼を担う参議院において与野党協議の上合意したことが、それと関係ない理由によって一蹴されるということがあってはならないと私は考えております。  当委員会は、参議院の他の委員会と比べても非常に円滑にいっておると思っておりますし、大変良識のある委員が多い委員会であるというふうにも思っておりますので、今後とも参議院の委……

第171回国会 議院運営委員会 第13号(2009/03/18、21期、自由民主党)

○礒崎陽輔君 ありがとうございます。  自由民主党の礒崎陽輔でございます。  お話がありましたように、極めて厳しい財政状況の中で会計検査の重要性はもう飛躍的に高まっているものと思います。その中で、既に重松さんは御活躍のことと思いますが、会計検査でいろんなことをきちんと指摘をして反映をさせていく、これはもちろん重要なことではありますけれども、単に公表するだけでなくてまさにその会計検査の結果が実際の行政に反映される必要があると思うんですが、今の状況、その反映状況についてどのようにお考えか、あるいは今後その会計検査の結果を反映させるに当たって何か改善すべきような点があるかどうか、御見解があったらお伺……

第171回国会 決算委員会 第2号(2009/04/06、21期、自由民主党)

○礒崎陽輔君 自由民主党の礒崎陽輔でございます。  私も、昨日の北朝鮮の弾道ミサイルの発射の問題について議論をさせていただきたいと思いますが、これは国連安全保障理事会決議に違反する極めて言語道断の行為でありまして、今後はやっぱり諸外国と協力いたしまして厳しく対応をしていかなければならないと思っております。  その中で、まあ不幸中の幸いで我が国の領土の中に部品が落ちてくるというようなこともなく、それは良かったと思いますが、途中で先ほどもありましたように誤探知情報というのもありました。これもまた、違う機会にまた問題にしていきたいと思いますが、私はまず警報の問題について議論をしたいと思っております。……

第171回国会 消費者問題に関する特別委員会 第3号(2009/04/27、21期、自由民主党)

○礒崎陽輔君 自由民主党の礒崎陽輔でございます。  私も党の中で消費者の仕事をしておりまして、この消費者庁法案のまだ黎明のときに、形がまだないようなころに消費者政策委員会という話も聞きまして、そのとき私は手を挙げて、いや、これはもうちょっと権限を強めた方がいいのではないかという発言をしたんですが、そのときは党の中から余り相手にされませんでしたけれども。法案を国会に出しましたら、野党の皆さんの炯眼を得まして立派な消費者委員会ができまして、本当に良かったことだと思っております。  その間、岸田議員におかれましては、党にあって、あるいは政府におかれて、そしてまた今回は国会におかれて八面六臂の御活躍を……

第171回国会 総務委員会 第5号(2009/03/17、21期、自由民主党)

○礒崎陽輔君 自由民主党の礒崎陽輔でございます。  大臣にはいろいろと御活躍いただいておりまして、前増田総務大臣も一生懸命頑張っていただきまして、それで議員でなかったものですから前大臣も随分御苦労なさっておりましたけれども、一生懸命頑張っていただきました。その中で、鳩山大臣は、もう政府・与党の中で十分なお力を持っておられる大臣が総務大臣でおいでいただきましたので、地方財政折衝等を見ていましても、我々安心して見ておられますので、一層の御活躍をお願いをいたしたいと思います。  その中で、大臣が地方分権改革についてはサンドバッグになっても頑張っていきたいということを述べられたと聞いております。私も、……

第171回国会 総務委員会 第6号(2009/03/19、21期、自由民主党)

○礒崎陽輔君 おはようございます。自由民主党の礒崎陽輔でございます。  まず、鳩山大臣にお伺いいたします。  民間の放送局、民放の報道番組が、放送法第三条の二第一項の規定に照らして政治的公平な放送に努めているとお考えでしょうか、大臣の率直な御感想を伺いたいと思います。
【次の発言】 大変慎重な御答弁、ありがとうございました。  私ども与党が毎日テレビを見ていても、だからかなり我々は批判慣れはしておるわけでありますけど、それでもやっぱりここまで言われると本当に政治的公平かなと思うような番組が時々ありますし、最近の情報では野党も一部クレームを付けておる事例もあるというふうにお伺いをいたしておるとこ……

第171回国会 総務委員会 第10号(2009/03/30、21期、自由民主党)

○礒崎陽輔君 自由民主党の礒崎陽輔でございます。  私も、この総務委員会で、放送法に定めます政治的公平性の問題を何度も議論をさせていただきました。今日は、またその件で野党の委員の皆様からいろいろ御指摘もありまして、ふだん与党が主張していることについても少し御理解を進めていただいたんではないかと、そのように思っているところでございます。  報道番組、「ニュース9」なんかを見ましても、昔に比べてNHKも大分言いたい放題を言うようになったなと思っておりますけれども、キャスターの問題もいろいろ議論しました。あの番組は田口五朗さんというのがキャスターを務めているわけでございます。どういう人かと思って調べ……

第171回国会 総務委員会 第15号(2009/04/23、21期、自由民主党)

○礒崎陽輔君 自由民主党の礒崎陽輔でございます。  まず初めに、日本郵政をめぐってまた大きな事件が起きております。わずか八円しか掛からない低料第三種郵便物が企業のダイレクトメールに大きく利用されていた、大変これはゆゆしき事態がまた大きく問題化しておるわけであります。  このことは今日のテーマではございませんし、また全容を今御説明するには大変時間掛かりますから、すべてのことは今日は申しませんが、その中でも今新聞が一番問題にしている、報道機関が一番問題にしているのは、埼玉県で出したときに断られたダイレクトメールというか低料第三種郵便物が、あるいはその関係者があるいは国会議員の秘書がその後、郵政の方……

第171回国会 総務委員会 第18号(2009/05/28、21期、自由民主党)

○礒崎陽輔君 自由民主党の礒崎陽輔でございます。今日は議案に沿って公務員問題を中心に議論をしたいと思います。  民間における夏季一時金というのが非常に厳しい状況にあります。厳しいのがいいわけじゃなくて、もっともっと国民に対して報酬が払える方がもちろんいいわけでありますが、残念ながらこういう経済状況の中で非常に厳しい状況にあると。その中で公務員に対する期末手当に対しても国民の厳しい目が向けられている。そうした中で今回適切な対応が取られることを私は大変評価をしたいと思います。  その中で、先ほどの質問で衆議院の葉梨議員の質問の話も出ておりましたけれども、葉梨議員が予算委員会で質問をしておりました。……

第171回国会 総務委員会 第22号(2009/06/26、21期、自由民主党)

○礒崎陽輔君 ありがとうございます。自由民主党の礒崎陽輔でございます。  最初、鈴木市長にお伺いをいたします。  経済、財政の大変な中だと思いますが、御苦労さまでございます。実は、豊田市が座長都市をなさっているときに私は総務省で国際室長をやっておりましたので、豊田市で開催されました集住都市会議、私参加して、大変そのとき市長にお世話になりましたので、ここでお礼を言わせていただきたいと思います。  そのときは、たくさんの本当いろんな議論をしたんですよね。だけれども、市長さん方、職員の皆さんから一番やっぱり出た意見がこの住基台帳の問題でして、外国人登録の問題があって、最初はちゃんと登録してくれる人が……

第171回国会 総務委員会 第23号(2009/06/30、21期、自由民主党)

○礒崎陽輔君 自由民主党の礒崎陽輔でございます。  いろいろと政局も動いておりますので、郵政問題とかNHK問題とか個人献金問題とか道路財源問題とか、いろいろお聞きしたいところではございますが、この住民基本台帳法の一部改正も極めて重要でございますので、今日もこれに集中して議論をさせていただきたいと思います。  私が三十年近く前に役所に入ったのが自治省行政局振興課というところでございまして、その振興課がこの住民基本台帳法の担当課でございまして、役人になって最初に私も仕事をしたのがこの住民基本台帳の仕事でございまして、非常に懐かしく思っておるわけであります。  今回のこの改正について、最初は総務省の……

第173回国会 総務委員会 第4号(2009/11/19、21期、自由民主党・改革クラブ)

○礒崎陽輔君 ありがとうございます。自民党の礒崎陽輔でございます。  私も久しぶりのというか、野党としては初めての質問でございます。一生懸命やっていきたいと思います。  さきの参議院選挙から総務委員ずっと務めておりますが、参議院の委員会の中でも総務委員会というのは一番円滑にいっている委員会であろうと私は思います。それは、いろいろ言うまでもなく、地方自治を何とかして推し進めていかなきゃならない、地方自治を振興していかなきゃならぬという意識がすべての委員にありますから、その点では一致してやれる。非常に委員会自体もほとんど円滑に今までいっていたと思いますので、野党になりましたけれども、そのことは私も……

第174回国会 決算委員会 第3号(2010/03/29、21期、自由民主党・改革クラブ)

○礒崎陽輔君 よろしくお願いをいたします。自由民主党の礒崎陽輔でございます。  私は質疑通告表の中で内閣の意思決定の在り方ということを申し上げまして、余り細かいことは通告せずに、大臣の皆さんと決算委員会の総括的な質疑の場でもありますので大所高所に立った議論をしたかったのでありますけれども、昨日のテレビを見ておりますと大変なことが起きておりました。  私も出かける前で、ちょっと着替えをしながら見ていたわけでありますが、現職の大臣同士で口論をしている、こんなことはかつてないわけでありまして、特に、今日は通告大臣は変えられませんでしたので亀井大臣は呼んでおりませんが、大変な事態、昨日あったわけであり……

第174回国会 決算委員会 第7号(2010/04/26、21期、自由民主党・改革クラブ)

○礒崎陽輔君 自由民主党の礒崎陽輔でございます。  私も農業用ダムについてお伺いをしたいわけでございますが、先ほど金子委員の方から総括的な御質問をいただきまして非常に参考になったところでございますので、私、各論の方をやらせていただきたいと思います。  各論というのは、先ほどもお話にありました大蘇ダムの話であります。大蘇ダムそのものは熊本県にあるわけでありますが、利水地域は私の地元の大分県の方が多い。先ほどもございましたように、今お手元に昨年の新聞を配らせていただいておりますけれども、火山灰地域の上に造ったものですから水がたまらないと。そういうことで、今いろいろの議論をされておるわけであります。……

第174回国会 総務委員会 第1号(2010/01/28、21期、自由民主党・改革クラブ)

○礒崎陽輔君 こんにちは。自由民主党の礒崎陽輔であります。  それでは、補正関連の質疑をさせていただきたいと思います。  まず、地方交付税につきましては、これは国の税収の減収に伴う地方交付税の精算をしなくてよいとする趣旨の法案でございまして、基本的に我が党は賛成をしたいと思います。ただ、日本共産党の御主張のように、本来これは全額国が補てんすべきでないかというのは全くごもっともな御主張だと思いますが、これまでの経緯等もかんがみ、ここは賛成をさせていただきたいと、そのように考えるところでございます。  次に、今日も予算委員会が行われました。実は、開会が五十分遅れたわけであります。これは、亀井国務大……

第174回国会 総務委員会 第2号(2010/03/09、21期、自由民主党・改革クラブ)

○礒崎陽輔君 私は、ただいま可決されました過疎地域自立促進特別措置法の一部を改正する法律案に対し、民主党・新緑風会・国民新・日本、自由民主党・改革クラブ、公明党、日本共産党及び社会民主党・護憲連合の各派共同提案による附帯決議案を提出いたします。  案文を朗読いたします。     過疎地域自立促進特別措置法の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)   政府は、本法施行に当たり、次の事項についてその実現に努めるべきである。  一、過疎地域の現状と課題を十分に把握し、各集落の実態に即して、住民の安全・安心な暮らしを確保する事業の実施や、集落を支援する人材の育成・確保など、きめ細かな集落の維持及び……

第174回国会 総務委員会 第6号(2010/03/23、21期、自由民主党・改革クラブ)

○礒崎陽輔君 どうもこんにちは。自由民主党の礒崎陽輔でございます。  それでは、質問を始めていきたいと思います。  最初に、人事院総裁にお伺いをいたします。  実は、四か月前に質問通告はしたんですけれども、いろんな事情があって聞くことができなかった。委員会に出られなかったり、委員会に出たんですけれども、ほかの質問が多くて聞けなかったものですから、四か月ぶりにちょっと大事な質問だけさせていただきたいと思います。  江利川総裁を選ぶとき、鳩山総理が、ひょっとしたらと、ひょっとしたらと言ったかどうかはちょっと覚えておりませんけど、人事院の幕引きをしてもらわなければならない人事だと、そういうことを言っ……

第174回国会 総務委員会 第7号(2010/03/24、21期、自由民主党・改革クラブ)

○礒崎陽輔君 私は、自由民主党・改革クラブを代表して、地方税法等の一部を改正する法律案に反対、地方交付税法等の一部を改正する法律案に賛成の立場から討論を行います。  まず、地方税法等の一部を改正する法律案について意見を述べます。  民主党は、子ども手当の創設に伴い、地方に負担を掛けない前提で個人住民税の扶養控除の見直しは行わないものとし、民放のテレビ番組における自民党の幹部の発言に対して抗議までしていたところであります。しかし、予算編成過程において税制改正に個人住民税の扶養控除の見直しを盛り込んだことは全く支離滅裂と言うよりほかはなく、地方を欺くものと言わざるを得ません。同様に、揮発油税等の暫……

第174回国会 総務委員会 第8号(2010/03/25、21期、自由民主党・改革クラブ)

○礒崎陽輔君 私は、ただいま可決されました市町村の合併の特例等に関する法律の一部を改正する法律案に対し、民主党・新緑風会・国民新・日本、自由民主党・改革クラブ、公明党及び社会民主党・護憲連合の各派共同提案による附帯決議案を提出いたします。  案文を朗読いたします。     市町村の合併の特例等に関する法律の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)   政府は、本法施行に当たり、次の事項についてその実現に努めるべきである。  一、法の目的が市町村の合併の推進から自主的な市町村の合併の円滑化に改められたことを踏まえ、関係制度の適正な運用に努めるとともに、自主的な合併を選択する市町村に対して必要な……

第174回国会 総務委員会 第9号(2010/03/30、21期、自由民主党・改革クラブ)

○礒崎陽輔君 こんにちは。礒崎陽輔でございます。  私は、チリ大地震についてちょっとお伺いをしたいと思います。正確に言いますと、チリ大地震の発生のときの津波警報のときの警報の発令についてですね。これについて、原口総務大臣がツイッターでもやっていただいた話はもう先週の総務委員会でやりました。私も当時、日曜日ですので、街頭演説をやっていまして、街頭演説の途中に私もスピーカーを通じて、皆さん、海には近寄らないようにしてくださいというような話をさせていただいたわけであります。  そのときの避難の状況を、これも先週の総務委員会で消防庁にお伺いしたら、大体避難所避難率で六%から七%というようなお話がありま……

第174回国会 総務委員会 第11号(2010/04/13、21期、自由民主党・改革クラブ)

○礒崎陽輔君 皆様こんにちは。自由民主党の礒崎陽輔でございます。  今日は、地域主権改革等三法について、自由民主党及び改革クラブを代表いたして質問を申し上げます。  今回、三法案、地域主権改革法と協議の場の法律と地方自治法の一部改正案出ております。なぜ一括で議論をしなきゃならぬのか、何で総務委員会で議論しなきゃならぬとか、いろいろ疑問もあったわけでございますが、いろいろのお話合いの結果そうなったわけでございます。  これで、一番最初の法律が地域主権改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律と出ておりますが、中身を見ますと、政府の中に会議を置くということと、あとは分権委員会が進めてきたいろ……

第174回国会 総務委員会 第16号(2010/04/27、21期、自由民主党・改革クラブ)

○礒崎陽輔君 おはようございます。自民党の礒崎陽輔でございます。ちょっとだけやらせていただきたいと思います。  いろいろこの委員会で議論して、この三法案につきましては、参考人質疑も二日間、連合審査も二日間、現地視察も一日間やったと、非常に慎重審議をしてきたわけであります。いろんな意見が出て本当に私も勉強になりましたし、いろんな人の意見も聞きました。地方分権の在り方についていろんな意見を交わせたことはいいと思います。  基本的に、後ほど修正案を出し、あるいは討論もさせていただきますが、我が自由民主党としては基本的には賛成の方向で考えていきたいと思いますが、ただ、どうしてもやっぱり許せないのがこの……

第174回国会 総務委員会 第18号(2010/05/20、21期、自由民主党)

○礒崎陽輔君 おはようございます。自由民主党の礒崎陽輔でございます。今日もよろしくお願い申し上げます。  最初に、前回の委員会でも質問ございましたけど、口蹄疫対策について、特に地方財政対策についてお伺いをいたしたいと思います。  時間の短縮のため私から先に御説明すれば、口蹄疫に対する地方財政対策については、五月七日に閣僚懇談会が開かれ、総務大臣から発言をされております。概略言いますと、総務省としても地方公共団体が負担することとなった経費については特別交付税を措置することにより地方公共団体が万全な対策を講ずることができるよう適切に支援してまいりたいという御発言があったと。ここは当然の発言であるわ……

第174回国会 内閣委員会 第7号(2010/05/27、21期、自由民主党)

○礒崎陽輔君 こんにちは。自由民主党の礒崎陽輔でございます。今日は内閣委員会の方で質疑をさせていただき、ありがとうございます。  質疑に当たりまして、少し議事録を読んで予習をしてまいりました。仙谷大臣のうんちくを傾けた答弁もたくさん読んでまいりましたし、また、特に女性委員の皆さんの的確な、与野党の先生方の御質問も見てきました。もう論点はそんなにたくさんはないわけでありまして、きちっとした議論を私もしてまいりたいと思うわけであります。  最初は、基本法のときもいろいろございました。いろいろございましたけれど、最終的には与野党で合意をして、いろんな点、合意をして基本法というのはできたわけであります……


22期(2010/07/11〜)

第176回国会 総務委員会 第3号(2010/11/11、22期、自由民主党)

○礒崎陽輔君 おはようございます。自民党の礒崎陽輔でございます。  私の記憶でも一般質疑はかなり久しぶりではないかと思いますので、じっくりやらせていただきたいと思います。  まず、事業仕分第三弾についてであります。この前、十月二十九日に交付税及び譲与税配付金特別会計の事業仕分が行われました。もちろんそのとき見ていたわけじゃありませんけれども、後で報道やらあるいは出てきたペーパーを見て、まさにびっくりをいたしました。向こうのチームがまとめたのを簡単に申し上げますと、地財計画の廃止、ただし当面は地財計画の計上につき確実かつ具体的な需要のみで行う、意味が分かりませんけれどもね。二、財政調整機能と財源……

第176回国会 総務委員会 第4号(2010/11/19、22期、自由民主党)

○礒崎陽輔君 ただいま議題となりました地方交付税法等の一部を改正する法律案に対し、自由民主党を代表いたしまして、中西祐介君とともに修正の動議を提出いたします。  その内容は、お手元に配付されております案文のとおりでございます。  我が党は、今回の補正予算で一兆五千億円の地域活性化対策を要望しているところであります。それに対し、政府の予算案の交付金事業三千五百億円及び地方交付税三千億円のみでは合計六千五百億円にすぎず、少な過ぎると考えます。  そこで、平成二十二年度分の地方交付税に係る平成二十一年度の決算剰余金に伴う精算増五千七百五十八億円は、これを次年度に回すようなことはせず、地域経済の活性化……

第176回国会 総務委員会 第5号(2010/11/25、22期、自由民主党)

○礒崎陽輔君 ありがとうございます。  まず、三千億円というのがなぜ三千億円か、全然総務省の説明を聞いても分かりません。今、大臣が言ったように、裏負担が三千億というからそこに充てる、そこは、その数字は分かりませんけど理屈は分からぬことはないわけですけど、じゃ、それだけでいいのかどうか。私たちは、これもこの経費の中で雇用対策・地域資源活用臨時特例費の基準財政需要額の額を増やそうということですから、これを仕事に使っていただこうということであります。  まず、我が党は今回で五兆円以上の補正を要求しておったわけでございますが、実際、地方交付税を除きますと四兆円ちょっとぐらいのものしかない。それもまた、……

第176回国会 予算委員会 第4号(2010/10/25、22期、自由民主党)

○礒崎陽輔君 こんにちは。自由民主党の礒崎陽輔でございます。  まず、奄美大島異常豪雨によりお亡くなりになった方の御冥福をお祈りいたすとともに、御遺族の皆様にお悔やみを申し上げます。また、被災し、避難生活を続けられている皆様に心からお見舞いを申し上げます。あわせて、救助活動に従事し災害復旧に努めている皆様に敬意を表します。ここで政府に、現地に対し最大限の支援を行うよう要請いたしたいと思います。  さて、委員会冒頭に仙谷内閣官房長官の陳謝がありました。我が党としては、なお不満な点があり、先ほどの陳謝では了解ができません。  先々週の当委員会において仙谷長官は、我が党の山本一太委員の質問に対し、こ……

第176回国会 予算委員会 第10号(2010/11/26、22期、自由民主党)

○礒崎陽輔君 自由民主党の礒崎陽輔でございます。  午前中の予算、当委員会での審議におきまして、我が方の世耕弘成委員の質問に対し、世耕委員の方から自衛隊と警察、海上保安庁、同じじゃないかという質問に対して、仙谷官房長官から、御指摘を受けまして通知の範囲の拡大をしますというまた開き直った答弁がありました。これは極めて問題であると思いますので指摘をしておきたいと思います。  また、北澤防衛大臣の防衛事務次官通達に関する発言、特に世耕弘成委員、そしてみんなの党の上野ひろし委員に対する答弁は全く論旨が通っていない、むちゃくちゃだったと思います。この件につきましては、先ほど理事会で引き続き精査するという……

第177回国会 総務委員会 第7号(2011/04/12、22期、自由民主党)

○礒崎陽輔君 自由民主党の礒崎陽輔でございます。  今日は総務委員会での質疑でございますので、和やかにいきたいと思いますので、どうぞ御協力をよろしくお願い申し上げたいと思います。  まず、ちょっと総務の前にどうしてもお聞きしておきたいことがあるんでありますけれども、震災のあの原子力災害の後に各電力会社が住民向けのパンフレットを配っているんです。その中にタービン動補助給水ポンプがあるから大丈夫だって書いているんですけれども、これは要は、非常用電源があの福島原発のように駄目になっても、あとのその余熱ですね、蒸気の余熱で動いて冷却ができる装置で、三次目の安全装置だということでかなり宣伝をしておるんで……

第177回国会 総務委員会 第10号(2011/04/28、22期、自由民主党)

○礒崎陽輔君 おはようございます。自由民主党の礒崎陽輔でございます。  今日は、いわゆる地域主権三法というか、旧地域主権三法についての修正についてちょっとお伺いしたいと思いますが、まず、修正案提出者の坂本先生にお伺いいたします。この前、趣旨説明はいただきましたけれど、今回の修正のポイントあるいはその考え方、簡単に教えてください。
【次の発言】 今、御説明をいただきました。実はこれ、参議院での審査は二回目なんでありますが、一年前のこの委員会、私は当時筆頭理事をやっておりましていろいろ調整をしたんでありますが、その当時から法案の内容は我が自民党も賛成をしておったわけであります。一つ、その地域主権と……

第177回国会 総務委員会 第18号(2011/06/16、22期、自由民主党)

○礒崎陽輔君 こんにちは。自由民主党の礒崎陽輔でございます。  まず、NHKの永井技師長に懸案の件をお伺いいたしますけれど、NHKの放送の中に緊急警報放送というのがございますが、これはどんな放送でしょうか。
【次の発言】 今御説明があったとおり、例えば大津波警報が出たときに、今回の大震災は昼間でありましたけれども、例えば夜であったらテレビが自動的についたりラジオが自動的についたりして警報音を鳴らすという仕組みなんですね。今回はテレビの場合は大分停電ですぐ見られなくなったんですけれども、ラジオは電池で動くものが多かったから、もしこれがもっと普及しておれば役に立ったのではないかと思いますし、また、……

第177回国会 総務委員会 第22号(2011/08/23、22期、自由民主党)

○礒崎陽輔君 ただいま議題となりました東日本大震災に係る災害復旧及び災害からの復興のための臨時の交付金の交付に関する法律案につきまして、発議者を代表して、その提案の趣旨及び主な内容を御説明申し上げます。  東日本大震災の被害は甚大であり、かつ、その被害を受けた市町村には財政規模が小さいものが多いため、これらの市町村の財政状況は非常に厳しいものとなっております。そのため、被災した市町村では、復旧及び復興が十分には進捗しないという状況が見られます。また、被災した市町村からも、財源があればもっと被災者に対する措置も手厚くできるという声も寄せられているところであります。こうした状況を踏まえ、国において……

第177回国会 総務委員会 第23号(2011/08/25、22期、自由民主党)

○礒崎陽輔君 お答え申し上げます。  今、武内委員から御指摘もありましたように、既に政府あるいは国会においてもいろいろな策を講じてきております。例えば、東日本大震災財政法によって補助の特例を上げるとか、あるいは公共土木の代行に関する法律で国による直轄代行の制度を設ける、あるいは最近、与野党の協力でできました瓦れき処理特別措置法案で瓦れきの処理も進めるということもできたわけであります。また、被災者向けの支援策としても、先ほどの東日本大震災財特法による特別の助成であるとか、あるいは、大変残念ではありますが、原子力損害の賠償に関する法律による措置も進んでおります。機構法もできました。  さらにまた、……

第177回国会 東日本大震災復興特別委員会 第8号(2011/07/11、22期、自由民主党)

○委員以外の議員(礒崎陽輔君) 吉田委員にお答えいたします。  私もこの前まで政権を担ってまいりました自民党政権の一員であった者といたしまして、本当にその原因あるいは責任の所在、もう少し議論をしなきゃなりませんが、いずれにしても極めて痛恨の極みでございます。このことをしっかりと考えていかなきゃなりません。原子力政策、今、藤井先生からもありました。やはり間違いがなければこういうことは起こらなかったわけでありますから、私たちも真摯にそこのところ、反省すべき点は反省をしていかなければならぬと強く思っているところであります。  今後どうするか、これは本当に大きな問題であります。我が党も最近総合エネルギ……

第177回国会 東日本大震災復興特別委員会 第9号(2011/07/14、22期、自由民主党)

○委員以外の議員(礒崎陽輔君) お答えをいたします。  まず、地方公共団体の被災被害についても、これも原賠法あるいは民法の不法行為に基づいてしっかりとこれは東京電力に賠償してもらわなきゃならぬのはまず大前提でございますが、本法が、じゃ地方公共団体の損害を前提としておるかといいますと、それは正直言って想定はしておりません。おりませんが、仮に県が基金の中で県内の市町村のそういう損害も見てやろうということを考えれば不可能な仕組みではないと思っておりますが、そういうことを県がやった場合にも最終的にはきちんと東京電力に対して請求をするのが筋であろうと考えておるところでございます。

第177回国会 予算委員会 第5号(2011/03/09、22期、自由民主党)

○礒崎陽輔君 おはようございます。自由民主党の礒崎陽輔でございます。  早速質問を始めたいと思います。  まず、国土交通大臣にお伺いいたしますけれども、中国船衝突事件は国民にとって極めて衝撃的なものでありましたが、いまだに衝突船のビデオが全部公開されてない、流出部分しかやってないと。これはどうしてこんなに国民に対する公開が遅れているんでしょうか。
【次の発言】 いやいや、ちょっと勘違いもあるところもあるんですけどね。  昨年の状況を見て、あのビデオが流出しました、ビデオはやっぱり公開して良かったと、国益にかなったというふうには大臣お考えになりませんか。

第177回国会 予算委員会 第10号(2011/03/29、22期、自由民主党)

○礒崎陽輔君 自由民主党の礒崎陽輔でございます。自民党を代表いたしまして締めくくり総括の質疑を行いたいと思います。  東日本巨大地震、津波により二万七千人を超える死者、行方不明が確認されており、二十万人を超える皆様が避難生活を続けている。なお、孤立して十分な支援を受け得ない人もたくさんおり、集団で避難をなさっている皆さんも、厳しい気候の中で疲労こんぱいの状況にあります。お年寄りや子供たちなど、必要な医療や介護また薬の供給を受けていられない、そういう人もおられます。  一方で、福島第一原発の原子力災害は多くの皆さんの決死の努力によってもなお事態は拡大しており、収束の見込みが立たず、多くの地元の皆……

第177回国会 予算委員会 第14号(2011/05/02、22期、自由民主党)

○礒崎陽輔君 自由民主党の礒崎陽輔です。  私は、自由民主党を代表して、補正予算案に賛成の立場から討論を行います。  東日本大震災発生後、自由民主党は、一日も早い復旧復興のため、全国で義援金を募り、自ら救援物資を収集して被災地へ運搬するとともに、政府に対して数多くの政策提言を行ってまいりました。今後とも、被災者の支援、被災地の復興、原発事故への対応に全力で取り組むことを国民の皆様にお誓い申し上げます。  さて、補正予算案についてでありますが、まず、大型連休前に第一次補正予算が成立しなかったことは遅きに失することを指摘しなければなりません。また、その内容は、歳出面においては特別地方交付税の増額、……

第177回国会 予算委員会 第20号(2011/07/07、22期、自由民主党)

○礒崎陽輔君 自由民主党の礒崎陽輔でございます。  まず、先ほどもありましたけど、ストレステストとは一体何なんでしょうか。私も、原子力発電所の再開には新しい基準があった方がいいとは思いました。海江田経産大臣が大丈夫だといって予言者のように言っても、なかなかそれだけでは信用できるわけじゃありません。新しい基準を作れと言ったら、班目安全委員長が、いや、専門家の知恵を集めるには時間が掛かると、やる気がない。  そういった中ではありますけど、今まさに佐賀県の玄海発電所の再起動については、佐賀県知事や玄海町長に対し、あるいは地元の皆さんに対して同意をお願いをしている、そんな段階にあるわけで、それが、総理……

第178回国会 予算委員会 第2号(2011/09/28、22期、自由民主党・無所属の会)

○礒崎陽輔君 自由民主党の礒崎陽輔でございます。  最近、新潮社から「亡国の宰相」という、こういう本が出てまいりました。(資料提示)中身もすごいんでございますが、この黄色い帯にまとめてうまい具合に書いております。  戦後最大の危機に最悪の愚宰相を頂いた日本の悲劇。震災を人災に変えた民主党の大罪を問う。人望、人脈、調整能力なし。国民に知らせるべき情報を隠蔽し、思い付きのパフォーマンスを連発して大混乱を招いた挙げ句の果てに逆切れ。にもかかわらず、権力の座にはしがみつく。地震、津波、そして原発事故。未曽有の大災害に襲われた日本に更なる危機をもたらしたのは、菅首相その人だった。危機管理とは、リーダーシ……

第179回国会 総務委員会 第2号(2011/10/27、22期、自由民主党・無所属の会)

○礒崎陽輔君 こんにちは。自由民主党の礒崎陽輔でございます。  一昨年の総選挙で、民主党の副代表であった山岡賢次さんが選挙で、要は選挙運動員に三か月後に報酬を払ったという事件がありました。この報酬を払ったことについては、山岡さんの政治団体の収支報告書に出ておりますから、これは裏付けがもうきちんと取れているわけでありますし、本人たちもほとんど選挙の電話掛けをしておったということであります。電話掛けをする人に報酬を払って国会議員も辞めた人たくさんおります。県議会議員も辞めた人たくさん知っております。これだけ構成要件が明らかなのにいまだきちんとした捜査が行われていない、私は大変不思議に思うわけであり……

第179回国会 総務委員会 第5号(2011/11/29、22期、自由民主党・無所属の会)

○礒崎陽輔君 おはようございます。自由民主党の礒崎陽輔でございます。  先週の予算委員会で野田総理の方に人事院勧告の不実施問題を質問しましたときに、労働組合、特に連合と密約があるんじゃないかという話をしましたら、密約などというのはないとおっしゃいました。これは本当でしょうか、総務大臣。密約じゃなくとも別に表の約束でも構わぬのですけど、そんな約束、連合としたんじゃありませんか。
【次の発言】 十月十一日に官邸で連合の会長と総理が、また総務大臣も同席して懇談しましたですね。そのときは、どういう話が向こうからあって、政府側はどういうお答えをしたんでしょうか。

第179回国会 東日本大震災復興特別委員会 第7号(2011/12/01、22期、自由民主党・無所属の会)

○礒崎陽輔君 自由民主党の礒崎陽輔でございます。  復興特区法案の三党協議におきましては、この参議院で可決し、現在、衆議院の総務委員会で継続審査中の東日本大震災災害臨時交付金法案の趣旨をほとんど取り入れていただきました。これにつきましては、まず、平野大臣始め政府・与党の皆さんに感謝を申し上げたいと思います。  具体的には、大体、法案の九割ぐらいがコピー・アンド・ペーストで入れていただいたところでございまして、予算額の方も、計算上ではございますが、一応満額の五千億円付けていただきました。これで被災者の皆さん、被災地の皆さんも喜んでいただけるんではないかと考えているところでございますが、といっても……

第179回国会 予算委員会 第6号(2011/11/21、22期、自由民主党・無所属の会)

○礒崎陽輔君 おはようございます。自由民主党の礒崎陽輔でございます。  先週、ブータン国王歓迎の宮中晩さん会が行われました。それに多くの閣僚が欠席したことは、先方にも、そして御招待された天皇陛下に対しても極めて不遜なことと考えますが、総理はどう考えますか。
【次の発言】 今総理から公務とありましたけれども、一川防衛大臣は民主党議員の政治資金パーティーに行ったんでしょう。これは公務ですか。
【次の発言】 その一川防衛大臣でございますけれども、今言ったように民主党の同僚議員の政治資金パーティーに駆け付け、ブータン国王が来て宮中で催物があるが私はこちらの方が大事だと挨拶したそうでございます。これは、……

第179回国会 予算委員会 第7号(2011/12/06、22期、自由民主党・無所属の会)

○礒崎陽輔君 自由民主党の礒崎陽輔でございます。  前回の総選挙で、民主党副代表であった山岡国務大臣の選挙陣営が、事務員と称している方二人に投票依頼の電話掛けなどの実質的な選挙運動を行わせ、県警の選挙違反取締り本部が閉鎖された後、三か月たって、各十二万円、計二十四万円の報酬を支払ったと報じられております。  法務省にお伺いいたします。  十月二十七日の総務委員会でもお聞きいたしましたが、昨年十二月にこの公職選挙法違反容疑で市民団体から告発が行われ、現在捜査中であることに間違いはないでしょうか。また、現在の捜査状況はどのようになっておるでしょうか。

第180回国会 社会保障と税の一体改革に関する特別委員会 第5号(2012/07/20、22期、自由民主党・たちあがれ日本・無所属の会)

○礒崎陽輔君 おはようございます。自由民主党の礒崎陽輔でございます。  この席で久しぶりの一般質疑でございますので、和やかにいきたいと思いますのでよろしくお願いを申し上げます。  さて、九州北部豪雨、大変でございます。ちょっと名前が悪いので、気象庁に名前を変えるように今言っていますけれども、熊本まで北部というのはおかしいんじゃないかと今言っていますけれども、それはまあさておき、大変でございます。  大分県も、他県も大変なんですけれども、三水系、大野川水系、筑後川水系、山国川水系、三水系ありました。どこも大変なんですけれども、特に日田、中津の筑後川、山国川水系ではもう、地元の古老にいつこういうこ……

第180回国会 社会保障と税の一体改革に関する特別委員会 第9号(2012/07/27、22期、自由民主党・たちあがれ日本・無所属の会)

○礒崎陽輔君 自由民主党の礒崎陽輔でございます。よろしくお願い申し上げます。  訪問歯科診療の分野で日本最大の規模を有するデンタルサポート社という会社が千葉県にあります。同社の寒竹郁夫社長と野田総理はどういう御関係でしょうか。
【次の発言】 いや、政治的な部分でも関係があったんじゃないですか。
【次の発言】 報道によりますと、そのデンタルサポート社は訪問歯科診療の不正請求により巨額の利益を得たとされております。  訪問歯科診療は、私の地元大分県でも私も力を入れてやっておりまして、歯科医師の皆さんの献身的な努力によりかなり定着してきておりまして、歯医者さんに行けないお年寄りや障害者の皆さんに喜ん……

第180回国会 総務委員会 第3号(2012/02/28、22期、自由民主党・たちあがれ日本・無所属の会)

○礒崎陽輔君 自由民主党の礒崎陽輔でございます。  この問題はもう十一月の末から議論して、様々な紆余曲折を経ましてやっとまとまりました。まとまったことは良かったんだと私も思っておりますが、地方公務員の給与、今言ったことが全部事実かどうかはよう知りませんが、「地方公務員の給与については、地方公務員法及びこの法律の趣旨を踏まえ、地方公共団体において自主的かつ適切に対応されるものとする。」ことという附則十二条が付いたのは非常に良かったんではないかと私は思うわけであります。  自民党の中にもいろいろ議論がありました。地方交付税をきちんと削減して地方公務員にも給与削減せよという極端な意見から、これはデフ……

第180回国会 総務委員会 第8号(2012/03/29、22期、自由民主党・たちあがれ日本・無所属の会)

○礒崎陽輔君 どうもこんにちは。自由民主党の礒崎陽輔でございます。  NHKのテレビを見て、毎月一日の日の午前十一時五十九分になりますと、緊急警報放送の試験放送を行いますというアナウンスが流れて、ピロピロピロ、ピロピロピロという音が流れるわけでありますが、よくこの放送は緊急地震速報と間違われるわけでありまして、NHKの人でも知らない人多いんでありますけれども、この緊急警報放送とはどういう放送であって、これまでどのような実績があったのか、まずお答えいただきたいと思います。
【次の発言】 今お話がありましたけれども、考えてみますと、東日本大震災もたくさんの犠牲者を出しましたけれども、その中でもやや……

第180回国会 総務委員会 第11号(2012/04/24、22期、自由民主党・たちあがれ日本・無所属の会)

○礒崎陽輔君 こんにちは。自由民主党の礒崎陽輔でございます。  まず、法案提出者の皆様には、大変難しい御協議を短時間の間に、かつ双方相当譲り合っていただいて、いい案をまとめていただきました。心から感謝を申し上げたいと思います。本当にありがとうございました。  郵政の民営化を後退するものではないかと言う人もいますけれども、私はそのようには考えておりません。三年ごとに郵政民営化は見直すことになっておりまして、ちょっと遅くはなりましたけれど、今回、実情に合った形で郵政の見直しを行うのではないかと私は思うわけであります。  今日の議論も聞いていても、また私どもの党内議論でもそうだったんですけど、郵政民……

第180回国会 総務委員会 第15号(2012/08/28、22期、自由民主党・たちあがれ日本・無所属の会)

○礒崎陽輔君 おはようございます。自由民主党の礒崎陽輔でございます。  まず最初に、大都市特別区設置法案を取りまとめていただいた皆様に感謝を申し上げたいと思います。また、地方自治法の修正案で御尽力いただいた先生方にも感謝を申し上げます。あわせまして、今回の地方自治法の改正は、首長さんと議会との間ではある意味で利害相反するような改正であったわけでありますけれども、それをまとめた総務省にも御礼を申し上げますし、また、その調整の経緯で地方六団体の皆さんにもいろいろと御尽力賜りました。併せて感謝を申し上げたいと思います。  まず、大都市特別区設置法案の方について聞きたいんですが、今、山崎委員の方からも……

第180回国会 予算委員会 第3号(2012/02/06、22期、自由民主党・たちあがれ日本・無所属の会)

○礒崎陽輔君 自由民主党の礒崎陽輔でございます。  田中防衛大臣、秘書官を更迭したそうですが、どういう理由ですか。
【次の発言】 この政権、役人に責任を全部押し付ける癖があります。そういうことじゃないんでしょうね。  一月三十一日の本予算委員会で、田中防衛大臣が突然行方不明になりまして、十五分間委員会を空席し、与党の理事によって本院の議員食堂で発見されたと、そういう前代未聞の不祥事がありましたけれども、田中防衛大臣、議員食堂でコーヒーを飲んでいたのは事実ですね。
【次の発言】 十五分の行方不明。例えば、朝鮮半島からミサイルが飛んでくるのは僅か八分でありますよ。大変な、防衛大臣が十五分もいないな……

第180回国会 予算委員会 第8号(2012/03/14、22期、自由民主党・たちあがれ日本・無所属の会)

○礒崎陽輔君 予算委員会委員派遣の調査につきまして御報告いたします。  派遣団は、石井委員長を団長とする十四名で編成され、二月十六日及び十七日の二日間、兵庫、大阪両府県を訪れ、近畿地方の産業経済の動向、両府県内の財政・経済状況等について概況説明を聴取するとともに、兵庫県では環境経営に取り組む製造業の現状、兵庫耐震工学研究センターにおける研究内容、震災遺児等の支援を行う民間非営利団体の取組及び人と防災未来センターの活動状況、大阪府では大阪国際空港の運営状況について調査を行ってまいりました。  まず、近畿地方の経済動向については、海外経済減速などの要因から生産活動に弱い動きが見られる。個人消費は低……

第180回国会 予算委員会 第13号(2012/03/23、22期、自由民主党・たちあがれ日本・無所属の会)

○礒崎陽輔君 おはようございます。自由民主党の礒崎陽輔でございます。  昨年の三月二十九日、予算委員会の締めくくり総括質疑でこの席で質問に立ちました。東日本大震災後初めての予算委員会でありました。菅総理以下閣僚の皆さんは防災服を着ていました。私は災害対策の総司令官である菅総理がヘリコプターに乗って原発を視察したのはおかしいのではないかと、総理が東京電力まで出かけていってどなり散らしてどうする気か、水素爆発はベントと海水注入の遅れが原因ではないかと質問をしました。  国難のときに政府をいじめてけしからぬという御意見もたくさんいただきましたが、しかし一年をたってみて、最近の報道を見ますと、私が指摘……

第180回国会 予算委員会 第20号(2012/04/18、22期、自由民主党・たちあがれ日本・無所属の会)

○礒崎陽輔君 自由民主党の礒崎陽輔でございます。  私もこのミサイル問題を質問したいと思いますが、先ほどの総理の答弁を聞いていてがっかりいたしました。今の官邸の危機管理の体制、私が昔つくったんであります、その一人であります。それなのに、全然問題点が総理には分かっていない。大きな問題であろうと思います。  まず、そのことをだんだん明らかにしたいと思いますが、基本は、官邸の危機管理が麻痺していた、危機管理能力が機能していなかったということだと思うんですね。先ほどからもう既にお話がありますように、総理や官房長官は、どこからの情報かは分かりませんけれど、早期警戒情報が入ったのが、七時四十二分にもうどこ……

第181回国会 文教科学委員会 第1号(2012/11/16、22期、自由民主党・たちあがれ日本・無所属の会)【議会役職】

○委員長(礒崎陽輔君) ただいまから文教科学委員会を開会いたします。  議事に先立ちまして、一言御挨拶を申し上げます。  去る十月二十九日の本会議におきまして文教科学委員長に選任されました礒崎陽輔でございます。  委員各位の御支援、御協力を賜りまして、公正かつ円満な委員会運営に努めてまいりたいと存じますので、何とぞよろしくお願いを申し上げます。(拍手)
【次の発言】 委員の異動について御報告いたします。  去る十月二十九日、江田五月君、神本美恵子君及び野上浩太郎君が委員を辞任され、その補欠として水岡俊一君、白眞勲君及び私、礒崎陽輔が選任されました。


23期(2013/07/21〜)

第189回国会 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会 第6号(2015/08/03、23期、会派情報なし)

○参考人(礒崎陽輔君) 発言の機会をいただき、誠にありがとうございます。  七月二十六日の国政報告会における私の軽率な発言により平和安全特別委員会の審議に多大な御迷惑をお掛けしたことを、国民の皆様、与野党の先生方に心からおわび申し上げます。  もとより、私は、平和安全法制において法的安定性が重要であることを認識しております。今回の平和安全法制は、必要最小限度の武力の行使しか認められないとの従来の政府見解における憲法第九条の解釈の基本的な論理は全く変わっておらず、合憲性と法的安定性は確保されていると認識しております。  その上で、平和安全法制を議論していく上では、あくまでも合憲性及び法的安定性を……

第190回国会 行政監視委員会 第1号(2016/04/04、23期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(礒崎陽輔君) ただいまから行政監視委員会を開会いたします。  議事に先立ちまして、一言御挨拶申し上げます。  去る一月四日の本会議におきまして行政監視委員長に選任されました礒崎陽輔でございます。  委員の皆様方の御指導、御鞭撻を賜りまして、公正かつ円満な運営に努め、職責を全うしたいと存じますので、何とぞよろしくお願いを申し上げます。
【次の発言】 委員の異動について御報告いたします。  去る一日までに、清水貴之君、佐々木さやか君、山田修路君、難波奨二君、小林正夫君、津田弥太郎君、藤本祐司君、藤末健三君、有田芳生君、行田邦子君、和田政宗君、福岡資麿君、松下新平君、石井浩郎君、島田三郎君……

第190回国会 行政監視委員会 第2号(2016/05/25、23期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(礒崎陽輔君) ただいまから行政監視委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日までに、大塚耕平君、羽生田俊君、島村大君、長峯誠君、馬場成志君、谷合正明君及び水岡俊一君が委員を辞任され、その補欠として那谷屋正義君、白眞勲君、青木一彦君、木村義雄君、末松信介君、荒木清寛君及び滝沢求君が選任されました。  また、本日、那谷屋正義君が委員を辞任され、その補欠として石上俊雄君が選任されました。
【次の発言】 政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  行政監視、行政評価及び行政に対する苦情に関する調査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、内閣府……

第190回国会 行政監視委員会 第3号(2016/06/01、23期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(礒崎陽輔君) ただいまから行政監視委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日までに、荒木清寛君、神本美恵子君、三木亨君、石上俊雄君、島田三郎君及び大沼みずほ君が委員を辞任され、その補欠として谷合正明君、水岡俊一君、佐藤正久君、那谷屋正義君、末松信介君及び宮沢洋一君が選任されました。
【次の発言】 継続調査要求に関する件についてお諮りいたします。  行政監視、行政評価及び行政に対する苦情に関する調査につきましては、閉会中もなお調査を継続することとし、本件の継続調査要求書を議長に提出いたしたいと存じますが、御異議ございませんか。


24期(2016/07/10〜)

第191回国会 行政監視委員会 第1号(2016/08/03、24期、自由民主党)【議会役職】

○委員長(礒崎陽輔君) ただいまから行政監視委員会を開会いたします。  理事の選任を行います。  本委員会の理事の数は六名でございます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは、理事に石井みどり君、柘植芳文君、渡邉美樹君、牧山ひろえ君、倉林明子君及び清水貴之君を指名いたします。
【次の発言】 国政調査及び継続調査要求に関する件についてお諮りいたします。  本委員会は、従来どおり行政監視、行政評価及び行政に対する苦情に関する調査を行うこととし、今期国会閉会中も継続して調査を行うため……

第192回国会 内閣委員会 第2号(2016/10/20、24期、自由民主党)【政府役職】

○副大臣(礒崎陽輔君) ただいま御指摘受けましたように、地方創生を図る上で農林水産業の発展、振興なくしては達し得ないという考え方、私も全く同感でございます。そのために、我々も、中間管理機構の設置、農協改革等、いろんなこともやってまいりましたが、今後はやっぱり、一つは、世界に打って出ることがどうしても必要であります。  今それで、二〇一九年には輸出額を一兆円にしようというところで努力をしておるところでございますけど、そのためにも、今後、個別に申し上げれば、輸出基地としての卸売市場や食肉加工施設等の整備、輸出国、相手国におけるプロモーションの強化、諸外国の輸入規制の緩和、撤廃などを政府が主体的に行……

第192回国会 農林水産委員会 第1号(2016/10/18、24期、自由民主党)【政府役職】

○副大臣(礒崎陽輔君) この度、農林水産副大臣を拝命いたしました礒崎陽輔でございます。  今後は、山本大臣の下、他の副大臣、政務官とともに、農林水産業の振興のため、全力で取り組んでまいる覚悟でございます。  今後とも、委員長、委員各位におかれましては、御指導、御鞭撻を賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

第192回国会 農林水産委員会 第2号(2016/10/27、24期、自由民主党)【政府役職】

○副大臣(礒崎陽輔君) 戦後造林いたしました人工林が本格的な利用期を迎えておりまして、森林資源を循環的に利用していくことが重要でございまして、そのためには特に伐採後の再造林の確保が重要であります。  このため、農林水産省におきましては、森林整備事業による主伐後の再造林に対する補助を行うほか、コンテナ苗を活用した一貫作業システムの導入の推進、鹿被害に対する防護柵の設置や捕獲活動に対する支援などに取り組んでいるところでございます。あわせまして、再造林された森林の気象災害等への対策として、森林保険の加入促進にも努めているところでございます。  今後、こうした対策により、森林資源の循環的利用に努めてま……

第192回国会 農林水産委員会 第3号(2016/11/17、24期、自由民主党)【政府役職】

○副大臣(礒崎陽輔君) お答え申し上げます。  御指摘のようなことが農地の利用や森林の整備の支障になっていることが見られるところでございます。  そこで、農地につきましては、農地法等の農地制度によりまして、共有権者の過半の同意があれば利用権を設定できるということも措置しておりますし、また、遊休農地については、過半の持分を有する者を確知できない場合でも公示等の手続を通じて利用権を設定することができることとなってございます。まず、こうした制度の措置の徹底を図ってまいりたいと思います。  また、森林につきましては、従来、予算措置により、森林所有者や境界の明確化の取組に対して支援を行うとともに、平成二……

第192回国会 農林水産委員会 第4号(2016/12/13、24期、自由民主党)【政府役職】

○副大臣(礒崎陽輔君) お答え申し上げます。  我が国で発生いたしましたH5N6亜型ウイルスによる高病原性鳥インフルエンザは近隣国でも継続的に発生しておりまして、中国では十月十日現在で五省で七例、韓国では十一月の発生以降十二月十二日までに百例を超える発生がそれぞれ報告されており、両国とも飼養家禽の殺処分、施設消毒、移動制限等の対策が講じられているところでございます。  高病原性鳥インフルエンザは渡り鳥によって拡散されているのではないかと考えられており、本病の感染拡大を防止するためには諸外国との連携が重要であると考えております。  このため、農林水産省におきましては、昨年九月に日中韓農業大臣間で……

第193回国会 決算委員会 第6号(2017/04/24、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○副大臣(礒崎陽輔君) 山本委員にお答えいたします。  避難指示区域における営農再開については、内閣府において考え方が示されており、避難指示解除準備区域等において営農活動ができることとされております。  また、営農活動を行うに当たっては、農業者の安全を確保するため、厚生労働省の除染等業務に従事する労働者の放射線障害防止のためのガイドライン等に基づいて行うこととされております。  なお、品目によっては出荷制限や作付け制限等が掛けられており、まず試験栽培により農作物の安全確認を行う必要があることから、福島県営農再開支援事業により試験栽培の支援を行っているところでございます。

第193回国会 東日本大震災復興特別委員会 第7号(2017/04/28、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○副大臣(礒崎陽輔君) お答えいたします。  避難指示区域における営農再開については内閣府において考え方が示されており、避難指示解除準備区域等において営農ができることとなっております。  また、営農活動を行うに当たっては、農業者の安全を確保するため、厚生労働省の除染等業務に従事する労働者の放射線障害の防止のためのガイドライン等に基づいて行うこととなっております。  品目によっては出荷制限や作付け制限等が掛けられており、まず試験栽培により農産物の安全確認を行う必要があることから、福島県営農再開支援事業により試験栽培の支援等を行っているところでございます。

第193回国会 内閣委員会 第9号(2017/06/01、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○副大臣(礒崎陽輔君) お答え申し上げます。  農水省といたしましては、昨年十一月九日の国家戦略特区諮問会議の開催に当たって、内閣府から農水水産省に提示された取りまとめ文書案に、十月三十一日にコメントなしと回答いたしております。また、十一月九日の会議には山本農林水産大臣が臨時議員として出席し、産業動物獣医師の確保が困難な地域が現実にあり、こうした地域的課題の解決につながる仕組みとなることを期待する旨発言し、特に異議は唱えませんでした。
【次の発言】 この件については、その当時、私は関与しておりませんでした。
【次の発言】 私の聞いておるところでは、それぞれ所管の担当局長から大臣の方に説明して回……

第193回国会 農林水産委員会 第2号(2017/03/09、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○副大臣(礒崎陽輔君) お答え申し上げます。  農業競争力強化支援法案を提出させていただいておりますが、その中で、農業資材価格の引下げや農産物流通等の合理化を図るため、農業生産関連事業者や農業者等に対し、それぞれの立場からその実現に資する行動を求めているところでございます。  このうち、農業生産関連事業者につきましては、我が国農業が将来にわたって持続的に発展することが自らの事業の発展につながることから、農業者からの要望が強い低コストの農業資材の供給や適正な価格での農産物流通等の実現に資するよう取り組むとともに、その取組を持続的に行うように努める旨を定めております。また、農業者については、有利な……

第193回国会 農林水産委員会 第3号(2017/03/22、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○副大臣(礒崎陽輔君) お答えいたします。  御指摘のように、指定漁業漁船につきましては、建造後二十年を経過したものが全体の約六割を占めておりまして、漁船の適切な更新は、水産業の体質強化と担い手確保の点からも大きな課題であると認識いたしております。  そのため、漁業構造改革総合対策事業、いわゆるもうかる漁業創設支援事業におきまして、収益性向上の実証への取組を支援いたしておりまして、平成二十八年度補正で三十四億円、平成二十九年度当初予算で四十億円を計上して、省エネ、省力化や居住性に優れた高性能漁船の導入を図っているところでございます。  また、水産業競争力強化漁船導入緊急支援事業におきまして、地……

第193回国会 農林水産委員会 第4号(2017/03/30、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○副大臣(礒崎陽輔君) お答え申し上げます。  先ほどからお話しになっていますように、WCPFCとか、あるいは二国間協議、それからIWC、ワシントン条約締結会合という様々な国際会議、国際交渉が水産関係であるわけでございまして、今後二、三年を考えますと相当に困難な局面があると思います。その中で、今委員から御指摘のように、もう少し戦略をしっかり練って、関係者でよく相談して、また国民に分かるような形でその交渉を進めるべきではないかという御指摘でございます。まさに私もそのように思うところでございます。  特に、国民への広報とか、浜の漁師の皆さんに対するここまで足らないところがやはりあったんだと思います……

第193回国会 農林水産委員会 第5号(2017/04/04、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○副大臣(礒崎陽輔君) お答え申し上げます。  まず、GAPの推進、一つの目標は東京オリンピック・パラリンピック大会ということがあると考えておりますが、こうした調達基準を満たす国産農作物の供給だけではなく、農作物の輸出拡大や農業人材の育成など、我が国の農業の競争力を図る観点から、国際的に通用するGAP認証、具体的にはグローバルGAP、JGAPなどの取得の推進が極めて重要であると考えておるところでございます。  そのために何を行うかということでございますが、一つはやはり生産者への働きかけが重要であると考えておりまして、そのために、GAPの認証取得に対する様々な補助等の具体的な支援をやっていきたい……

第193回国会 農林水産委員会 第7号(2017/04/11、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○副大臣(礒崎陽輔君) お答え申し上げます。  主要農作物種子法は、戦後、食糧の増産が国家的課題であった昭和二十七年に制定されて以来、稲、麦、大豆について、全ての都道府県に原種や原原種の生産、普及すべき優良な品種、いわゆる奨励品種を指定するための試験等を義務付けることによりまして、主要作物の優良な種子の生産及び普及に努めてきたところでございます。  具体的には、稲、麦、大豆の単収の増加、稲、麦、大豆の品種数の増加、病害虫や災害への抵抗性の向上などを通じまして、これらを生産する農業者の経営の安定、高品質な米、麦、大豆を求める消費者ニーズへの対応等が図られ、食糧の安定供給の確保に資することになって……

第193回国会 農林水産委員会 第8号(2017/04/13、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○副大臣(礒崎陽輔君) 都道府県に対する財政措置に関する御質問であるというふうに考えております。  今事務方から御答弁させていただきましたけど、仮に今後種子法が廃止されたといたしましても、各都道府県においては引き続き種子の生産、普及において重要な役割を果たしていただきたいと思います。  また、種苗法に基づく大臣告示等の改正により、主要農産品の種子の品質確保のための事務も引き続き担っていただきたいと、そのように考えておりますので、これを担っていただく都道府県の役割は今までと全く変わらずまた重要なものがあろうかと思いますので、財政的措置についても引き続き適切に対応していかなければならないと思ってお……

第193回国会 農林水産委員会 第9号(2017/04/25、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○副大臣(礒崎陽輔君) お答えいたします。  基本的に考え方は委員と同じでございますが、今日何度か朝から答弁しておるんでございますけれど、肥料や飼料の製造業は、装置産業でありながら稼働率が低い。肥料で七〇%、飼料で九三%ぐらいでありまして、こうした高コストな生産構造を是正をしていくことが必要でありまして、そのために出資や税制上の特例等をこの法律の中で設けていくことといたしております。  また、これだけではなくて、国内外における農業資材等に関する実態調査、例えば市場規模や主要企業のシェア等の業界構造、生産、流通、販売のフロー、法規制の運用状況といった情報を収集し、これらの結果を公表することにより……

第193回国会 農林水産委員会 第11号(2017/05/09、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○副大臣(礒崎陽輔君) お答え申し上げます。  委員御指摘のように、今回の法案の中では、農産物の出荷等に必要な情報の入手の円滑化を図るということから、農業者が、様々な販路に関する情報とかあるいは全量買取り、契約栽培等の取引条件を比較検討して有利な販売先を選択できるよう、流通の見える化サイトを開発して、有利な販売に向けた環境整備を図ることといたしております。  しかし、御指摘のように、高齢者がすぐにはインターネットは使えないんじゃないかと、こういうような御指摘もありますが、これまで農林水産省では六次化産業の取組をずっとやっております。その中で、農業者の所得向上を図る観点から、農業者が主体となって……

第193回国会 農林水産委員会 第13号(2017/05/16、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○副大臣(礒崎陽輔君) 今御指摘いただきましたように、農林水産物のブランド化であるとか高付加価値化は、農林水産物や食品が広く認知され、販売が促進されることによりまして、雇用、所得の増大、産地の活性化につながる重要なことだと考えておるところでございます。  ブランド化に当たりましては、良いものを作るだけではなく、模倣品の排除など知的財産の保護を行いつつ、ブランド価値を持続させるということが大事であります。そのため、地域で生産され、高い品質と評価を得た農林水産物や食品について、その名称を知的財産として保護する地理的表示、GI制度は、農林水産物のブランド化において有効な仕組みであると考えておるところ……

第193回国会 農林水産委員会 第14号(2017/05/18、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○副大臣(礒崎陽輔君) 御質問は、農地中間管理機構関連事業についての御質問でございますが、担い手がまとまりある形で農地を利用できるようにするとともに、長期間安心して経営ができるよう環境整備をするため、幾つかの要件はございますが、一定規模以上の面的まとまりがある機構が借り入れた農地であること、また、機構の借入期間が相当程度であること、担い手への農地の集団化が相当程度図られること、地域の収益性が相当程度向上することという要件を設定いたしまして、その要件を満たす場合に従来の農業者負担分を国が負担することという御提案をしておるわけでございます。  一方、現行の圃場整備事業では、各団地の農地面積の合計が……

第193回国会 農林水産委員会 第15号(2017/05/23、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○副大臣(礒崎陽輔君) お答えいたします。  平成二十七年三月の閣議決定した食料・農業・農村基本計画において、各都道府県に整備された農地中間管理機構をフル活動させ、担い手への農地の集積、集約化を加速化することにしており、このため、農地流動化の契機となる農地整備事業において予算の優先配分など農地中間管理機構との連携を推進しているというのは今委員のお話にあったところでございますが、他方、農地の整備事業の予算配分に当たっては、既に担い手への農地の集積、集約化が図られている地区や、農地の汎用化、畑地化や大区画化等、事業効果の早期発現の観点から事業の進捗を図る必要がある地区など、様々な地域の実情を踏まえ……

第193回国会 農林水産委員会 第16号(2017/05/25、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○副大臣(礒崎陽輔君) お答え申し上げます。  農工法は昭和四十六年に制定されましたが、それ以降、平成二十五年度末まででございますが、一万九千四百十四ヘクタールに立地済み、八千九百二十一社の操業、六十一万六千人の雇用が生み出されたところでございます。  評価につきましては、平成二十七年に行ったアンケートによりますと、市町村からは、雇用機会の増大、農村からの人口流出の防止に資したものと評価をいただいております。  また、農業構造の改善の観点から見てみますと、平成二十六年三月時点での都府県におきまして、農工実施計画を策定していない市町村の担い手への農地集積率が三〇%であるのに対し、農工実施計画を策……

第193回国会 農林水産委員会 第17号(2017/06/01、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○副大臣(礒崎陽輔君) 御指摘のような報道等があるのは把握しておりますが、これまで農林水産省では、森林を適切に保全管理するため、森林法に基づき、林地開発許可制度や保安林制度により、森林の保全、不適切な林地開発の抑制、森林の公益的機能の発揮を図るとともに、平成二十三年の森林法改正において、新たに森林の土地所有者となった者の市町村長への事後届出制度が措置され、森林所有者の異動を把握する制度の強化を図ったところでございます。  外国資本による森林買収の状況については、この届出制度も活用し、毎年、都道府県を通じて調査を行っており、平成二十八年の調査において把握された事例は二十九件、二百二ヘクタールであ……

第193回国会 農林水産委員会 第18号(2017/06/06、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○副大臣(礒崎陽輔君) お答えいたします。  部分委託につきましては、生乳取引契約において当事者間の合意で決めていただくのが基本でございますけれど、今御指摘のあるように、現場の生産者が不公平感を抱かないようにしてもらうことが非常に重要でございまして、そのためには、場当たり的な利用を認めないようにする観点から、本法案においては、指定事業者が生乳取引を拒むことができる正当な理由を省令で定めることとしているところであります。  また、補給金の交付に際しては、一番重要な点はやっぱり年間を通じた販売計画をきちんと提出していただくということでございまして、需給調整がそういう年間販売契約という約束の下で実効……

第193回国会 農林水産委員会 第19号(2017/06/08、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○副大臣(礒崎陽輔君) 今委員御指摘のように、現在、やっぱり一頭当たりの乳量を向上させるために濃厚飼料を与えているんでありますけど、濃厚飼料の過度な給与は逆に体調不良を起こさせて、乳用牛の供用期間が逆に短縮してしまうと、こういうのはもう御指摘のとおりでございます。したがって、濃厚飼料の給与の水準や供用期間はそれぞれ経営戦略の中で判断される事項ではございますけれど、乳用牛を長く健康に活用するためには良質な粗飼料をバランスよく給与することが必要であり、それがまた全体的なコストの低減に結び付くものだと考えております。  農林水産省では、このため、飼料の給与バランスの改善のための健康診断の事業や良質な……

第193回国会 農林水産委員会 第20号(2017/06/13、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○副大臣(礒崎陽輔君) 収入保険制度の保険金は保険期間の翌年に支払われることになりますが、制度のメリットを十分発揮させるためには、農業者の翌年の税負担に影響を及ぼさないようにすることが必要であると考えております。  この点につきましては、収入保険制度同様に翌年に共済金を支払う仕組みとなっている現行の果樹共済については、共済金を災害を受けた果実の収穫年の総収入金額に算入するものとされているところでございます。  収入保険につきましても、これと同様に、税務上、保険金等は保険期間の総収入金額に算入されるよう、今後税務当局と調整を進めてまいりたいと考えております。

第195回国会 環境委員会 第2号(2017/12/07、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○副大臣(礒崎陽輔君) お答え申し上げます。  農林水産省におきましても、ため池の除染も重要な課題であると考えているところでございます。  特に、定期的に実施されるため池のしゅんせつの作業の際に作業員が被曝するおそれがあることから、原子力災害によりため池に堆積した高濃度放射性物質、これが八千ベクレル・パー・キログラム超の除去を推進しているところでございます。具体的には、放射性物質対策を行う市町村に対し、技術マニュアルの策定等の技術的な支援を行うとともに、福島再生加速化交付金により調査や対策工事の実施を支援しているところでございます。  これまでの調査によりまして、福島県の浜通り及び中通りにはた……

第195回国会 農林水産委員会 第1号(2017/11/30、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○副大臣(礒崎陽輔君) 引き続き農林水産副大臣を務めさせていただくことになりました礒崎でございます。どうぞよろしくお願いいたします。  齋藤大臣の下、谷合副大臣、野中大臣政務官、上月大臣政務官とともに、若者が将来に展望を持てる農林水産業の実現に向けて全力を尽くしてまいります。  委員長を始め理事、委員各位の御指導、御鞭撻賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

第195回国会 農林水産委員会 第2号(2017/12/05、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○副大臣(礒崎陽輔君) お答え申し上げます。  御承知のとおり、主要農作物種子法に基づく補助金については、平成九年度までありましたが、平成十年度に一般財源化され、地方交付税の単位費用に組み込まれたところでございます。  今般の種子法の廃止後においても、都道府県は稲、麦類及び大豆の種子に関する業務について、種子、種苗行政に関するニーズの的確な把握や必要な種子の調達状況の調査を行い、民間事業者との連携を考慮しつつ、種子の供給に当たって従来実施してきた業務を実施していくことということになっております。  このことにつきまして、都道府県が実施する事務に要する経費については、先般の参議院農林水産委員会に……

第196回国会 内閣委員会 第19号(2018/06/14、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○副大臣(礒崎陽輔君) お答えいたします。  現行の国家貿易制度を維持するということが一番大きかったわけでございますが、そのほか、枠外税率三百四十一円を維持した上で、新たにオーストラリアにSBS方式の国別枠を設定されることになりましたが、先ほど言ったように、枠外税率は維持いたしましたので、国家貿易以外の輸入の増大は見込み難い状況にあります。  他方、国別枠により輸入米の数量は拡大することになりますが、それがそのまま実現すれば国産米全体の価格水準が下落することがありますので、この国別枠の輸入量の増加が国産の主食用米の需給及び価格に与える影響を遮断するため、毎年の政府備蓄米の運用を見直しまして、国……

第196回国会 農林水産委員会 第11号(2018/04/17、24期、自由民主党・こころ)【政府役職】

○副大臣(礒崎陽輔君) お答え申し上げます。  今御質問にもありましたように、愛媛県が作成したと言われる文書が報道の方でありまして、その後、関係省庁にもあるのではないかという話になりまして、内閣官房の方から私どもの方にもその文書の存否について調査するように指示があったわけでございます。これを受けまして、農林水産省で、当該文書の日付以降に勤務する職員について、関係部署に勤務する職員についてヒアリング調査を行った結果、現在、他部署にいる職員が個人的に保有していることが判明をいたしました。したがいまして、その結果について御報告させていただいたところでございます。  しかし、その一方で、前任者から引き……

第198回国会 決算委員会 第10号(2019/06/10、24期、自由民主党・国民の声)

○礒崎陽輔君 ありがとうございます。自由民主党・国民の声の礒崎陽輔でございます。  私が初当選以来の公約は、景気回復であります。今もその旗を上げておりますし、ある意味下ろせないところもあるわけでありますが、アベノミクスのいろんな効果が出てまいりまして、いろんな経済指標が良くなっていることは事実でありますし、これはもう本当に有り難いことだとは思いますが、一方で、安倍総理自らおっしゃっているように、最後はやはり賃金が上がって皆さんの懐が暖かくならぬと本当の景気回復は実現できないと思っておるわけでございます。  その中で、安倍総理が毎年経済団体に対して賃上げの要求をしていただいております。本当にいい……



各種会議発言一覧(参議院)

21期(2007/07/29〜)

第168回国会 少子高齢化・共生社会に関する調査会 第3号(2007/11/21、21期、自由民主党)

○礒崎陽輔君 自由民主党の礒崎陽輔でございます。通告がないあれでございますのでお互い大変でございますが、本当、副大臣の皆さん、お疲れさまでございます。  私は、ちょっと外国人問題についてお伺いしますが、最初に総務省の方にお伺いいたします。  多文化共生の推進ということで書いておられます。昔、私、総務省で国際室長をしておりまして、そのときに、学者である学会であるとかNPOなどでこの多文化共生という言葉が出始めたんですね。これを是非とも行政用語として定着させたいと思いまして頑張りましたところ、まだちゃんと定着しておるようでございますが、大変うれしく思っております。是非、できましたら、総務省以外の役……

第169回国会 少子高齢化・共生社会に関する調査会 第3号(2008/02/27、21期、自由民主党)

○礒崎陽輔君 自由民主党の礒崎陽輔でございます。  参考人の皆さんには大変お疲れさまでございます。私は立花参考人にお伺いをいたします。  この前の視察の話が先ほどから出ておりますが、私ども行きまして驚いたのは、やはり定住希望が物すごく大きかったんですね。まあいろんなデータがありますけれど、やはり優良な大企業だったからだということもあるんでしょうけれど、非常に定住希望が大きかったということを感じます。  二〇〇四年に経団連のこの提言が出されたときに、私も役所で国際問題の担当をやっておったんですけれど、もう正直言ってびっくりいたしまして、えらい前向きな話になったなと思いまして、早速ダウンロードをし……

第169回国会 少子高齢化・共生社会に関する調査会 第5号(2008/04/16、21期、自由民主党)

○礒崎陽輔君 自由民主党の礒崎陽輔でございます。今日は参考人の皆様、お疲れさまでございます。  私は一括してお聞きいたしますので、後ほどまとめて回答をお願いしたいと思います。  まず、手塚参考人にお伺いをいたします。  年金制度につきましては、もう返金をするのはけしからぬという話はさっきよく分かりましたけれども、ただちょっとまだ、時間がなかったので、年金制度をどうするかという全体像は余り伺っていなかったような気もするんですが、外国人を対象とした場合の年金制度の在り方、例えば今、日本の場合は満期が二十五年というのが非常に長過ぎる、これを例えば十年にしろと、そういう意見もありますし、先ほどの返金問……

第169回国会 少子高齢化・共生社会に関する調査会 第6号(2008/04/23、21期、自由民主党)

○礒崎陽輔君 自由民主党の礒崎陽輔でございます。  私もちょっと一括してお伺いをいたします。通告がないので、簡単な順で行きたいと思いますけれども、まず法務省にお伺いいたします。  在留管理制度の改正、この前も質問いたしましたけれども、これ法務省と総務省が一生懸命協力して今やっていただいておりまして、内容的にもいい方向で動いているのだと私は考えておりますけれども、一つの問題がスピード感でして、ちょっと我々立法側が考えているのよりもやや遅い感じがしております。  まず、法案の提出については、まだ役所側は来年の通常国会と言っておりますけれども、我々はできたら臨時国会ぐらいに出してほしいですし、それか……

第171回国会 少子高齢化・共生社会に関する調査会 第4号(2009/04/08、21期、自由民主党)

○礒崎陽輔君 ありがとうございます。自民党の礒崎陽輔です。  今日は、私の地元の大分県の由布院から桑野さんいらしていただきましたので、ちょっと宣伝も兼ねて質問をさせていただきたいと思います。  桑野さんも最近、NHKの経営委員にも御就任なさっていただきまして、全国ブランドで発信をしていただいておりますが、今日の御質問も大変立派でしたので、ちょっといつもと違う人みたいで質問しにくいんですけど。  説明の中にもあったんですけど、由布院がこれだけいろんな開発が進んで非常に良くなってきたんですけど、大変進んできたものだから、部外者というと言い方は悪いですけれども、よそから来て由布院ブランドを売る人がか……

第171回国会 少子高齢化・共生社会に関する調査会 第7号(2009/06/17、21期、自由民主党)

○礒崎陽輔君 自民党の礒崎陽輔でございます。  数か月前に定額給付金の議論をいたしまして、これはいろいろ与野党で議論があったんですけど、そのときにこのDVに関しては住民票の問題がありまして、これはもう与党、野党両方からいろいろとおしかりを受けまして、まあ私が責任に感じることはないわけでありますけど、一応総務省OBでありますので、多少調整をさせていただいたんです。  そのときの議論が、やっぱり住民票が、先ほど秘密が守れないという話もありましたけど、今回は住民票が移せないという話でありまして、そのときもよく勉強すればよかったんですけど、定額給付金の方は調整をさせていただいたんですが、先ほどのように……


22期(2010/07/11〜)

第179回国会 憲法審査会 第3号(2011/12/07、22期、自由民主党・無所属の会)

○礒崎陽輔君 ありがとうございます。自由民主党の礒崎陽輔でございます。  ここで憲法審査会が始まったわけでございます。私は憲法改正を考えるのがこの審査会の役割だと思いますが、まだ憲法改正そのものに反対という皆さんも少しいらっしゃるようでございますけれども。  今までのお話にもありましたように、戦前の憲法は欽定憲法として、そして不磨の大典だと言われておったわけであります。こういう在り方がやはり基本的に民主主義上の非常に問題があり、戦後の憲法、この戦後の憲法の制定過程に問題があったという意見も特に我が党を中心に言う人たちもいらっしゃいますが、いずれにいたしましても、私の立場は、人間の作ったものであ……

第180回国会 憲法審査会 第5号(2012/05/16、22期、自由民主党・たちあがれ日本・無所属の会)

○礒崎陽輔君 自由民主党の礒崎陽輔でございます。  今日は先生方、御苦労さまでございます。  まず一点目は、私も役人のときに武力攻撃事態対処法であるとか国民保護法というものの立案に参画したものであります。そのときもマスコミが人権人権と騒いだんですけれども、最後、国民保護法できて皆さんにお見せしたときには、入っているのは、例えば、被災者を救援をするために医薬品や食料を売ってくださいとお願いしたときにそこのところが売ってくれなかったら、その場合は物資を収用しますよとか、あるいは、けがした人がいるから病院を建てたいんだけど土地を使わせてくださいとお願いをしても駄目だと言われたときにその土地を収用する……

第180回国会 憲法審査会 第6号(2012/05/30、22期、自由民主党・たちあがれ日本・無所属の会)

○礒崎陽輔君 自民党の礒崎でございます。  自由民主党は、四月二十八日の主権回復記念日に、サンフランシスコ平和条約発効六十周年を機に憲法改正草案を発表いたしました。党では平成十七年に新憲法草案を策定しておりますが、五十回以上の会議を重ね、それを新たに更新をしたものでございます。特に、GHQの指令で作られた我が国憲法をもっと日本らしい、日本人らしい、そして翻訳調の日本語をもっと日本語らしいものにする、そういうことに意を払いました。  前文は全て変えました。しかし、主権在民、平和主義、基本的人権の尊重を継承するとともに、自助、共助の精神を強調いたしました。  天皇の章では、元号、国旗・国歌、それか……


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/07/03

礒崎陽輔[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書