国会議員白書トップ参議院議員浜野喜史>委員会発言一覧(全期間)

浜野喜史 参議院議員
「委員会発言一覧」(全期間)

浜野喜史[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書


このページでは浜野喜史参議院議員の委員会・各種会議の発言の冒頭部分と国会会議録検索システムの該当ページへのリンクをまとめています。浜野喜史 参議院議員「委員会統計」(全期間)では委員会・各種会議の活動状況や役職経験をまとめています。

■委員会発言一覧  ■各種会議発言一覧

委員会発言一覧(参議院)

23期(2013/07/21〜)

第185回国会 環境委員会 第4号(2013/11/14、23期、民主党・新緑風会)

○浜野喜史君 民主党・新緑風会の浜野喜史でございます。どうぞよろしくお願いを申し上げます。  原子力規制委員会が科学的、技術的見地で、公正中立な立場で厳正かつ実効ある原子力安全規制を追求していただくべきである、この観点で御質問をさせていただきたいと思います。  まず、JNESが規制委員会に統合されることによりまして、増強される人員をどのように活用するというおつもりであるのか、基本的な考え方をお伺いをしたいと思います。  加えまして、JNESの高い専門技術力、これは諸外国の規制制度の知見などであるというふうに考えておりますけれども、この技術力につきましては、規制基準の改定や審査、検査制度の見直し……

第185回国会 議院運営委員会 第14号(2013/12/04、23期、民主党・新緑風会)

○浜野喜史君 民主党・新緑風会の浜野喜史です。ただいま動議が出されました件につきまして、怒りを持って反対の立場から意見表明をさせていただきます。  そもそも、国会における議院運営委員会は、議会運営に責任を持ち、一党一派に偏らず、各会派の主張に十分に耳を傾け、公正中立の立場で円満な議事運営に当たることが求められているというふうに思います。であるだけに、従来から理事会合意を大切にした運営がなされてきたものと理解をいたします。多数決で決めればよいというふうに考えるのではなくして、しっかりと合意を取り付けた運営をしていく、先人の知恵だと思います。その先人の知恵が、議会制民主主義の基盤をしっかりとしたも……

第186回国会 環境委員会 第2号(2014/03/13、23期、民主党・新緑風会)

○浜野喜史君 民主党の浜野喜史でございます。規制委員会の関係につきまして御質問をさせていただきたいと思います。  規制委員会は、自らの組織理念として、中立公正の立場で科学的、技術的に判断をしていくということを掲げられております。その考え方に立って対応していただく、この思いで質問をさせていただきたいと思います。  まず一つ目は、日本原電の敦賀二号機の破砕帯の評価についての件でございます。昨年の五月に、規制委員会は新基準に照らして活断層であるという判断をされました。その七月に、日本原電、追加調査結果の報告書を提出をし、それ以降時が流れまして、今年に入りまして一月の末には現地調査が開かれたというとこ……

第186回国会 環境委員会 第5号(2014/04/15、23期、民主党・新緑風会)

○浜野喜史君 民主党の浜野喜史でございます。  法律案につきまして、まず御質問させていただきたいと思います。先ほどの吉川委員との質疑にもございましたけれども、法律案提出に至った経過につきまして、少し御質問をさせていただきたいと思います。  国内制度との整合性等を慎重に検討してこられた結果、この時期になったという御説明でございました。一方、二〇〇五年の条約の改正の採択以降の各国の締結の状況を見てまいりますと、ロシアが二〇〇八年、中国が二〇〇九年、イギリス、ドイツは二〇一〇年、フランスは二〇一三年ということのようでございます。さらに、米国は未締結というふうに承知をいたしております。  こういう状況……

第186回国会 環境委員会 第9号(2014/06/12、23期、民主党・新緑風会)

○浜野喜史君 民主党の浜野喜史でございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。  柳澤理事に引き続きまして、除染関係で一つお伺いをして、その後、原子力規制委員会の在り方についてお伺いをしたいと思います。  まずは除染関係、内容は廃棄物の再生利用についてお伺いをしたいと思います。  東日本大震災に伴う原子力発電所の事故により放出をされた放射性物質による環境汚染への対処に関する特別措置法基本方針、これは平成二十三年十一月十一日に定められたものでございますけれども、これにおきまして、事故由来放射性物質により汚染された廃棄物や除去土壌について再生利用等が提言をされております。そして、その後、平成二十五……

第186回国会 議院運営委員会 第4号(2014/02/04、23期、民主党・新緑風会)

○浜野喜史君 浜野喜史でございます。  参考人、今日は本当にお疲れさまでございます。  先ほど御挨拶にもございましたように、参考人は、平成二十年七月から二十一年十二月にかけまして国家公務員制度改革推進本部の事務局長をお務めになられたわけでございます。任命理由の中にも、国家公務員の人事政策について卓越した知識及び経験を有しているということが挙げられております。  そこで、まず、人事政策、人事行政につきまして、今日まで、その評価すべき点、継承すべき点、これ当然あろうかと思います。そして、一方で見直すべき点、これもあろうかと思っております。  人事政策、人事行政につきまして、継承すべきこと、そして見……

第186回国会 内閣委員会 第11号(2014/04/22、23期、民主党・新緑風会)

○浜野喜史君 私は、ただいま可決されました内閣府設置法の一部を改正する法律案に対し、自由民主党、民主党・新緑風会、公明党、みんなの党及び新党改革・無所属の会の各派共同提案による附帯決議案を提出いたします。  案文を朗読いたします。     内閣府設置法の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)   政府は、本法の施行に当たり、次の諸点について適切な措置を講ずべきである。  一 総合科学技術・イノベーション会議は、科学技術イノベーション政策の司令塔機能を発揮し、政府全体の科学技術関係予算の戦略的策定や戦略的イノベーション創造プログラムの推進等に積極的に取り組むとともに、同プログラムの実施に当た……

第187回国会 環境委員会 第2号(2014/10/16、23期、民主党・新緑風会)

○浜野喜史君 民主党・新緑風会の浜野喜史でございます。御質問をさせていただきます。  まずは、地球温暖化対策について大臣にお伺いをいたします。  一昨日の所信の表明の中で、大臣はこういうふうにおっしゃいました。全ての国が参加する実効的な国際枠組みの構築に積極的に貢献するとともに、我が国の約束草案をできるだけ早期に示せるよう、国内での検討を加速化しますと、こういうふうにおっしゃいました。約束草案というのは我が国の目標ということだと思います。この我が国の目標をどのように決めていくのか、将来の我が国の国民生活、産業、経済に与える影響極めて大だと思います。  そこで、この目標づくりは、現在検討中のエネ……

第187回国会 原子力問題特別委員会 第2号(2014/11/12、23期、民主党・新緑風会)

○浜野喜史君 民主党・新緑風会の浜野喜史でございます。  原子力規制委員会が公正中立の立場で科学的、技術的見地に立って対応していただきたい、しっかりと対応していただきたい、その思いでこれから質問をさせていただきます。  まず、日本原電の敦賀発電所の敷地内の破砕帯をめぐる再審議についてお伺いをいたします。  先月、十月十六日に、私は環境委員会でこの件に関しての質問をさせていただきました。その際、田中委員長、事業者参画の上での会合は必要があれば開かれてよいといったような旨の御答弁をいただいたところであります。そのことも含めて、その後の検討状況がどのようになっているのか、まずお伺いしたいと思います。

第188回国会 原子力問題特別委員会 第1号(2014/12/24、23期、民主党・新緑風会)

○浜野喜史君 委員長の選任は、主宰者の指名に一任することの動議を提出いたします。

第189回国会 環境委員会 閉会後第1号(2015/12/18、23期、民主党・新緑風会)

○浜野喜史君 民主党・新緑風会の浜野喜史でございます。  本日は、地球温暖化対策と原子力規制行政について御質問をさせていただきたいと思います。  まず、今般のCOP21、パリ協定の採択に向けた大臣始め関係者の御尽力に敬意を表します。  パリ協定の評価と今後の課題についてお伺いをいたします。  京都議定書の反省を踏まえ、排出削減目標を義務化するのではなく、国・地域が自主的な目標を提出し対策を実施するボトムアップ方式が取られました。それを通じて、協定が百九十六の全ての締約国・地域が参加する体制になったこと、さらに、技術開発の重要性が初めて国際合意に位置付けられたことに大きな意義があると考えておりま……

第189回国会 環境委員会 第3号(2015/04/07、23期、民主党・新緑風会)

○浜野喜史君 民主党の浜野喜史でございます。  私は、本日は原子力規制委員会に対して質問をさせていただきます。  科学的、技術的見地から適切に原子力規制委員会におかれては対応していただきたい、そして広く国民各界各層への説明責任を果たしていただきたい、この見地で質問をさせていただきます。  取り上げますのは、日本原電の敦賀発電所の破砕帯評価についてでございます。この件を私が取り上げさせていただく意味は、この件への対応のいかんによっては原子力規制委員会に対する国民の信頼が失墜をしてしまいかねない、この懸念があるからでございます。  本件につきましては、先月、三月二十五日でありますけれども、有識者会……

第189回国会 東日本大震災復興及び原子力問題特別委員会 第2号(2015/03/25、23期、民主党・新緑風会)

○浜野喜史君 去る二月二十三日、福島県において、東日本大震災の被災地における復旧・復興状況等の実情を調査してまいりました。  参加者は、櫻井充委員長、熊谷大理事、酒井庸行理事、礒崎哲史理事、若松謙維理事、岩城光英委員、森まさこ委員、真山勇一委員、倉林明子委員、山口和之委員、中野正志委員、山本太郎委員及び私、浜野の十三名であります。  以下、現地視察の概要を御報告いたします。  現地におきましては、まず、バスの車中にて、復興庁福島復興局から福島における研究開発・産業創出拠点の整備について説明を聴取した後、独立行政法人産業技術総合研究所の研究開発拠点である福島再生可能エネルギー研究所を視察しました……

第189回国会 東日本大震災復興及び原子力問題特別委員会 第3号(2015/03/27、23期、民主党・新緑風会)

○浜野喜史君 民主党・新緑風会の浜野喜史でございます。  本日は、竹下大臣の所信表明について御質問をさせていただきます。  東日本大震災からの復興は我が国の最重要課題の一つであります。その思いで質問をさせていただきます。  まずは、過日の本委員会の視察の結果を踏まえて御質問をさせていただきたいと思います。  前回委員会でも御報告させていただきましたように、二月の二十三日、本委員会におきまして視察を行ってまいりました。その際に、双葉地方八町村の町村長さんとの意見交換も実施することができ、その中で、様々な要望をお寄せをいただきました。その中でも、特に共通の課題としてお話がありましたのが、JR常磐線……

第189回国会 東日本大震災復興及び原子力問題特別委員会 第6号(2015/04/22、23期、民主党・新緑風会)

○浜野喜史君 私は、ただいま可決されました福島復興再生特別措置法の一部を改正する法律案に対し、自由民主党、民主党・新緑風会、公明党、維新の党、次世代の党及び無所属クラブの各派共同提案による附帯決議案を提出いたします。  案文を朗読いたします。     福島復興再生特別措置法の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)   政府は、本法の施行に当たり、次の事項の実現に万全を期すべきである。  一 一団地の復興再生拠点整備制度については、対象となる市町村に制度内容の丁寧な説明を行うとともに、大熊町大川原地区以外にも制度の適用を希望する市町村が幅広く活用できるようにすること。また、活用の前提となる除……

第189回国会 東日本大震災復興及び原子力問題特別委員会 第7号(2015/05/13、23期、民主党・新緑風会)

○浜野喜史君 民主党の浜野喜史でございます。  本日は、大きくは二つのことにつきましてお伺いをしたいと思います。大きく一つ目は、原子力の四十年運転制限制について取り上げさせていただきます。そしてもう一つは、先ほど来から議論のございました、日本原電の敦賀発電所の敷地内破砕帯の評価について、大きくこの二つでございます。  まず一つ目、四十年運転制限制について御質問をさせていただきます。  発電用原子炉を運転することができる期間を四十年というふうに法的には位置付けられております。この四十年運転制限について、規制委員会として科学的、技術的見地から妥当性を検討するべきではないかというふうに私は考えており……

第189回国会 東日本大震災復興及び原子力問題特別委員会 第8号(2015/06/01、23期、民主党・新緑風会)【議会役職】

○理事(浜野喜史君) この際、委員の異動について御報告いたします。  本日、難波奨二君が委員を辞任され、その補欠として斎藤嘉隆君が選任されました。

第189回国会 東日本大震災復興及び原子力問題特別委員会 第9号(2015/07/08、23期、民主党・新緑風会)

○浜野喜史君 民主党の浜野喜史でございます。  本日は、規制庁から提出をいただいた資料に基づきまして御質問を申し上げたいと思います。  まず一つ目は、原子力の四十年運転制限制、六十年までというこのルールについてであります。資料の一ページ目で、規制庁から考え方を示していただいております。  御質問申し上げますけれども、この四十年運転制限規定は規制委員会の検討事項であるというふうに理解をしていいかどうか、まずこれを確認させてください。その上で、そうであるならば、なぜまだ検討がされていないのか、その理由を御説明いただきたいと思います。
【次の発言】 今の御説明は、検討課題であるということはお認めいた……

第190回国会 環境委員会 第3号(2016/03/23、23期、民主党・新緑風会)

○浜野喜史君 民主党・新緑風会の浜野喜史でございます。  今日は原子力規制委員会にお伺いをしたいと思います。まずは、高浜発電所に対する仮処分についてお伺いをいたします。  三月の九日に大津地方裁判所におきまして、高浜原子力発電所について、運転してはならないと仮処分決定が下されました。今回の決定は、長期間の審査、設備対策、地元の合意形成などに関わる数多くの努力の積み重ねを一瞬にして覆すということになりました。  今回の決定においては、世界最高レベルとされる新規制基準について、公共の安寧の基礎とは言えないと判断されるなど、言わばこれまでの原子力規制行政そのものが否定されております。本決定について、……

第190回国会 環境委員会 第5号(2016/04/05、23期、民進党・新緑風会)

○浜野喜史君 民進党・新緑風会の浜野喜史でございます。  本日は、環境に関する研究、技術開発の重要性の観点から質問をさせていただきます。  今回の法改正によりまして、環境研究総合推進費が環境再生保全機構に移管されるということとなります。これは研究開発力強化法に基づく競争的資金でありまして、平成二十八年度予算額では五十二・八億円と認識をいたしております。一方、環境省全体の平成二十八年度科学技術関係予算は総額で七百六十六億円となっております。この中には、環境省本省で取り扱うものや国立環境研究所で取り扱うものなども含められているというふうに思います。  環境省全体として環境に関する研究についての基本……

第190回国会 環境委員会 第7号(2016/04/21、23期、民進党・新緑風会)

○浜野喜史君 民進党の浜野喜史でございます。  本日は、前半はPCB特措法についてお伺いをし、後半は原子力規制委員会に対して質問をさせていただきます。  まず、PCB特措法についてお伺いをいたします。処理期限の延長についてであります。  平成十三年のPCB特措法及びPCB廃棄物処理基本計画に基づく処理完了期限は、当初は本年三月とされておりました。しかしながら、平成二十六年には基本計画の改訂で期限を延長し、最短で平成三十年度末、最長で平成三十五年度末とされています。その際には、環境大臣が事業処理自治体に対して期限の再延長は絶対にしないと約束されました。先ほど丸川大臣からも御説明がございました。 ……

第190回国会 環境委員会 第8号(2016/05/10、23期、民進党・新緑風会)

○浜野喜史君 民進党の浜野喜史でございます。  本日は、日本原電敦賀の敷地内の破砕帯の評価の関係、そして後半は原子力規制の三年以内の見直しについて御質問をさせていただきたいと思います。  まずは、日本原電の敦賀の敷地内の破砕帯の評価についてであります。四月二十一日の環境委員会でも事実確認をさせていただきました。再確認をさせていただきたいと思います。評価書の取りまとめ過程について、これから申し上げることが事実でよいかどうか、再確認をいたします。  一つ、敦賀発電所の敷地内破砕帯評価書案が初めて有識者に提出されたのは平成二十六年十一月十九日の第五回追加調査評価会合である。二つ、会合の場において評価……

第190回国会 環境委員会 第9号(2016/05/12、23期、民進党・新緑風会)

○浜野喜史君 民進党の浜野喜史でございます。本日は、法律の改正に加えまして、温暖化対策全般に関してお伺いをしたいと思います。  まず、今回の法改正についてでございます。  二〇三〇年二六%削減の約束草案を達成するための措置であり、国民運動、普及啓発の強化を図ることを柱とすると説明されました。国民意識の向上のために具体的にどのようなインセンティブ策を検討しているのか、また、国民運動の展開に向けて、関係省庁との連携、その調整はどのように進める予定なのか、まずお伺いをしたいと思います。
【次の発言】 続いて、昨年十二月に合意に至りましたパリ協定についてお伺いをいたします。  昨年十二月十八日の環境委……

第190回国会 東日本大震災復興及び原子力問題特別委員会 第6号(2016/05/20、23期、民進党・新緑風会)

○浜野喜史君 民進党の浜野喜史でございます。  本日は、原子力発電所の敷地内の破砕帯の評価についてお伺いをいたします。  まず、北陸電力の志賀発電所についてお伺いをいたします。  今後の適合性審査についてであります。今後の適合性審査につきましては、評価書をベースに行うのではなく、事業者と十分な議論を行いながら科学的、総合的な審査を進め、白紙の状態から判断されるものと考えますが、どのようにお考えでしょうか。  まず、田中委員長に見解をお伺いします。
【次の発言】 予断なく審査がなされるものであるというふうに理解をいたしました。  その上で、評価書につきましては数々の疑問がございます。お伺いをいた……


24期(2016/07/10〜)

第192回国会 環境委員会 第2号(2016/10/20、24期、民進党・新緑風会)

○浜野喜史君 民進党の浜野喜史でございます。  本日は、前半は環境省にお伺いし、後半は原子力規制委員会、規制庁に御質問をさせていただきたいと思います。  まず、パリ協定についてお伺いをいたします。  昨日の本会議でも厳しい指摘がございました。パリ協定の国会承認手続につきましては、政府は国際的動向を見誤ったと言わざるを得ないと考えております。丸川前環境大臣は、伊勢志摩サミット直後の五月末、次の通常国会中には承認をお願いしたいと、そういう趣旨の発言をされております。当初から認識が甘かったということは明らかであります。  丸川大臣から引継ぎを受けた山本大臣におかれましても、認識が甘かったのではないか……

第192回国会 議院運営委員会 第15号(2016/12/01、24期、民進党・新緑風会)

○浜野喜史君 まず、この議院運営委員会の職権によるセットには抗議をせざるを得ません。委員長には、円満な委員会運営を強く求めます。  私は、民進党・新緑風会を代表して、年金関連法案について、明日の本会議において趣旨説明及び審議を行うことに反対の立場から意見を申し上げます。  第一に、審議が尽くされないまま衆議院厚生労働委員会で強行採決が行われたことであります。  同委員会は、今国会における九回の審議のうち七回が委員長職権でセットされるなど、とても正常とは言えない運営が行われました。また、最近の国会では年金に関わる重要広範議案は三十時間前後の審議が行われてきたにもかかわらず、僅か十九時間程度の審議……

第192回国会 議院運営委員会 第17号(2016/12/07、24期、民進党・新緑風会)

○浜野喜史君 民進党・新緑風会の浜野喜史でございます。  ただいま議題となりましたIR推進法案の審議入りに反対をいたします。  今後の国民生活に多大の影響を与えるおそれのあるIR推進法案、認識は皆様方も一致されているところだと思います。この法案につきまして、国民的な理解そして納得、得られているとは全くもって考えられません。  衆議院、審議全くもって不十分の中で、昨日強行採決をされました。その翌日のこの段階において参議院で審議入りをするということは考えられません。  以上、反対を申し上げます。

第193回国会 環境委員会 第3号(2017/03/09、24期、民進党・新緑風会)

○浜野喜史君 民進党の浜野喜史でございます。芝理事に引き続きまして、地球温暖化対策について質問をさせていただきます。  まず、長期低炭素ビジョンについてお伺いをいたします。  現在、環境省が中央環境審議会、中環審におきまして長期低炭素ビジョンというものを検討されておられます。まずはその位置付けについて御説明をいただきたいと思います。
【次の発言】 このビジョンは戦略とか計画ではなくして、戦略とか計画を今後検討していく参考だというふうに私は理解しておるんですけれども、そういうことでよろしいでしょうか。
【次の発言】 戦略とか計画とはまた別物だというふうに理解をさせていただきます。それでなければま……

第193回国会 環境委員会 第4号(2017/03/22、24期、民進党・新緑風会)

○浜野喜史君 民進党の浜野喜史でございます。  まず、防衛省の特別防衛監察についてお伺いをさせていただきます。  三月十七日、防衛省は、南スーダンPKO部隊が作成した日報を陸上自衛隊が破棄したと説明しながら保管をしていた問題で、特別防衛監察に着手をいたしました。  環境大臣は、この事態についてどのようにお考えか、見解を伺います。
【次の発言】 この防衛省の特別防衛監察の結果いかんによりましては、防衛大臣は重大な責任を取っていただかざるを得ないのではないかと私は考えますけれども、いかがでしょうか。
【次の発言】 大臣からお答えをいただきましたけれども、私は、省庁を問わず、事実を隠すとか事実を曲げ……

第193回国会 環境委員会 第6号(2017/04/04、24期、民進党・新緑風会)

○浜野喜史君 民進党の浜野喜史でございます。御質問をさせていただきます。  まず冒頭、山本大臣にお伺いをいたします。大阪の森友学園に関わる国有地の売却問題についてでございます。  総理は、この問題の本質は国有地の売却が適切に行われたかということと言っておられます。この総理の認識につきまして大臣はどうお考えになられるのか、お願いをいたします。
【次の発言】 コメントを差し控えていただくべきような質問じゃないんですね、これ。総理がこの問題の本質は国有地の売却が適切に行われたかということと言っておられることについて大臣はどうお考えかと、言わば感想ですので、お答えをいただければと思います。

第193回国会 環境委員会 第7号(2017/04/06、24期、民進党・新緑風会)

○浜野喜史君 私は、ただいま可決されました原子力利用における安全対策の強化のための核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律等の一部を改正する法律案に対し、自由民主党・こころ、民進党・新緑風会、公明党及び日本維新の会の各派共同提案による附帯決議案を提出いたします。  案文を朗読いたします。     原子力利用における安全対策の強化のための核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律等の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)   政府は、本法の施行に当たり、次の事項について適切な措置を講ずべきである。  一、本改正により国際規制物資使用者間での少量核燃料物質の譲渡し又は譲受け、……

第193回国会 環境委員会 第9号(2017/04/13、24期、民進党・新緑風会)

○浜野喜史君 民進党の浜野喜史でございます。御質問を申し上げます。  本日は、カルタヘナ法を主に質問させていただき、後段は地球温暖化対策につきまして質問をさせていただきます。  まずその前に、山本大臣にお伺いをいたします。  私は、国会議員の質問権についてでありますけれども、公序良俗に反するような質問、これはあってはならないというふうに思いますけれども、そういうことでない限り原則自由と、どのような内容を質問してもいいんだと、こういうふうに理解をしているんですけれども、大臣はどのようにお考えでしょうか。
【次の発言】 そのことを確認して、安心をして次の質問に移らせていただきたいと思います。  四……

第193回国会 環境委員会 第14号(2017/05/18、24期、民進党・新緑風会)

○浜野喜史君 民進党の浜野喜史でございます。今日はどうもありがとうございます。  まず、矢後参考人にお伺いをしたいと思います。標本譲渡の制限の関係についてお伺いをしたいと思います。  アマチュア研究者の研究教育活動の妨げになっている、過去の貴重な標本が市場を移るおそれがある、その上に立って、何らかの法的対応措置及び標本が収納できる博物館等の収蔵庫の充実が必要であるということを先ほど来から強調しておられます。  この中で、何らかの法的対応措置ということは今回の法改正である程度カバーできているというふうな御認識なのか、いやいやそうじゃない、更なる法的な対応措置が必要なのだという御提言なのか、そこを……

第193回国会 環境委員会 第17号(2017/06/06、24期、民進党・新緑風会)

○浜野喜史君 民進党の浜野喜史でございます。  本日は、参考人の皆様方、誠にありがとうございます。  まず、寺園参考人にお伺いをいたします。  御説明いただきました資料の三ページ目のところでありますけれども、雑品スクラップと言われるものの起源について御説明をいただきました。工業系の雑品、それから家庭系の雑品というふうに分類ができるという御説明でございました。御説明の中では、より問題が多いのは家庭系の雑品であるという御説明がありましたが、その辺りを少し押し広げて御説明をいただければというふうに思います。
【次の発言】 ありがとうございます。  その御説明を踏まえて考えますと、私なりには、その対策……

第193回国会 環境委員会 第18号(2017/06/08、24期、民進党・新緑風会)

○浜野喜史君 民進党の浜野喜史でございます。  今日は、廃棄物処理法などにつきましてお伺いをし、後段は地球温暖化対策についてお伺いをいたします。  その前に、まず大臣にお伺いをいたします。森友学園の問題についてであります。  四月四日の環境委員会で大臣は、国民はまだまだ納得していないというふうに述べられました。お考えは変わっていないということでよろしいでしょうか。
【次の発言】 もう一度聞きますけれども、国民はまだまだ納得していないというふうに大臣は四月四日の環境委員会で答弁されているんですね。そのお考えは変わっていないかということについてお答えいただきたいと思います。

第193回国会 議院運営委員会 第21号(2017/05/10、24期、民進党・新緑風会)

○浜野喜史君 民進党の浜野喜史でございます。  御質問をさせていただきます。  まずは、昨年、原子力規制委員会に対して行われました国際原子力機関、IAEAによる総合規制評価サービス、IRRSへの対応についてお伺いをいたします。このIRRSの勧告、提言には基本的には真摯に対応をされるものだというふうに理解をいたしますけれども、基本的な考え方をお伺いしたいと思います。  とりわけ、その中でグレーデッドアプローチと、訳せば、等級別扱いを徹底せよといったような指摘が、組織体制、検査制度、マネジメントを始めとする規制活動全般にわたって強く指摘がされております。この問題提起にしっかり対応をしていただくべき……

第195回国会 経済産業委員会 第2号(2017/12/05、24期、民進党・新緑風会)

○浜野喜史君 民進党の浜野喜史でございます。  まず冒頭に、商工中金の不正融資問題についてでありますけれども、我々は、当然のことといたしまして、本委員会での集中審議を求めているところでございます。それにつきまして与党は応じていただいていないというふうに承知をいたしております。  当然のこととして集中審議をすべきだというふうに思いますので、委員長、是非よろしくお取り計らいをお願い申し上げたいと思います。
【次の発言】 それでは、質問に入らせていただきます。  まず、更田新委員長にお伺いをいたします。  滝波理事も触れられましたけれども、原子力発電所の敷地内破砕帯の再評価についてお伺いをいたします……

第196回国会 経済産業委員会 第1号(2018/03/23、24期、民進党・新緑風会)

○浜野喜史君 民進党の浜野喜史でございます。  まず、森友学園の決裁文書改ざん問題について世耕大臣にお伺いをいたします。  財務省において今現在調査が進められているというところでありますけれども、その調査を終えた段階で少なくとも財務大臣は辞任をされるべきだというふうに私は考えているんですけれども、世耕大臣の見解を伺います。
【次の発言】 御説明いただき、見解お述べいただきましたけれども、ということは、世耕大臣は財務大臣辞任をする必要なしというふうに思っておられるということでよろしいでしょうか。
【次の発言】 もう少しだけお伺いしますけれども、調査を終えた段階で財務大臣は自ら辞任をされるというふ……

第196回国会 経済産業委員会 第4号(2018/04/19、24期、民進党・新緑風会)

○浜野喜史君 おはようございます。民進党の浜野喜史でございます。  まず、大臣にお伺いをいたします。柳瀬唯夫元首相秘書官、現経済産業審議官に関してでございます。  今年の四月十日のコメントで、自分の記憶の限りでは愛媛県や今治市の方にお会いしたことはありませんとコメントをされておられるところでございます。私のこれ感覚なんですけれども、あえて自分の記憶の限りではということをおっしゃる必要なく、愛媛県や今治市の方にお会いしたことはないと、こういうことをおっしゃっておられれば、それはそれでいいんじゃないかなというふうに私は感覚的に思うんですけれども、大臣はどのようにこのコメントを考えておられるか、御見……

第196回国会 経済産業委員会 第5号(2018/05/10、24期、国民民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(浜野喜史君) ただいまから経済産業委員会を開会をいたします。  議事に先立ちまして、一言御挨拶を申し上げます。  昨日の本会議におきまして経済産業委員長に選任をされました浜野喜史でございます。  理事及び委員の皆様方の御支援、御協力を賜りまして、公正円満な委員会運営に努めてまいりたいと思いますので、何とぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)
【次の発言】 委員の異動について御報告いたします。  昨日、伊藤孝恵君及び斎藤嘉隆君が委員を辞任され、その補欠として鉢呂吉雄君及び真山勇一君が選任されました。
【次の発言】 政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  生産性向上特……

第196回国会 経済産業委員会 第6号(2018/05/15、24期、国民民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(浜野喜史君) ただいまから経済産業委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日までに、今井絵理子君及び石上俊雄君が委員を辞任され、その補欠として宮本周司君及び伊藤孝恵君が選任されました。
【次の発言】 生産性向上特別措置法案及び産業競争力強化法等の一部を改正する法律案の両案を一括して議題といたします。  本日は、両案の審査のため、三名の参考人から御意見を伺います。  御出席いただいております参考人は、早稲田大学名誉教授・商学博士松田修一君、千葉商科大学国際教養学部専任講師常見陽平君及び東京共同法律事務所弁護士川上資人君でございます。  この際、参考人の皆様……

第196回国会 経済産業委員会 第7号(2018/05/17、24期、国民民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(浜野喜史君) ただいまから経済産業委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日、自見はなこ君が委員を辞任され、その補欠として中川雅治君が選任されました。
【次の発言】 不正競争防止法等の一部を改正する法律案を議題といたします。  政府から趣旨説明を聴取いたします。世耕経済産業大臣。
【次の発言】 以上で趣旨説明の聴取は終わりました。  本案に対する質疑は後日に譲ることとし、本日はこれにて散会いたします。    午前十時三分散会

第196回国会 経済産業委員会 第8号(2018/05/22、24期、国民民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(浜野喜史君) ただいまから経済産業委員会を開会いたします。  理事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い現在理事が一名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは、理事に井原巧君を指名いたします。
【次の発言】 政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  不正競争防止法等の一部を改正する法律案の審査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、経済産業省経済産業政策局長糟谷敏秀君外九……

第196回国会 経済産業委員会 第9号(2018/05/29、24期、国民民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(浜野喜史君) ただいまから経済産業委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  去る二十三日、朝日健太郎君が委員を辞任され、その補欠として中川雅治君が選任されました。
【次の発言】 政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  経済、産業、貿易及び公正取引等に関する調査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、内閣府政策統括官山本哲也君外十三名を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  経……

第196回国会 経済産業委員会 第10号(2018/05/31、24期、国民民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(浜野喜史君) ただいまから経済産業委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日、二之湯武史君及び渡辺猛之君が委員を辞任され、その補欠として松村祥史君及び宇都隆史君が選任されました。
【次の発言】 エネルギーの使用の合理化等に関する法律の一部を改正する法律案を議題といたします。  本日は、本案の審査のため、三名の参考人から御意見を伺います。  御出席いただいております参考人は、早稲田大学理工学術院創造理工学部建築学科教授・工学博士田辺新一君、公益財団法人自然エネルギー財団常務理事大野輝之君及び龍谷大学政策学部教授・経済学博士大島堅一君でございます。  この際……

第196回国会 経済産業委員会 第11号(2018/06/05、24期、国民民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(浜野喜史君) ただいまから経済産業委員会を開会いたします。  政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  エネルギーの使用の合理化等に関する法律の一部を改正する法律案の審査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、資源エネルギー庁長官日下部聡君外十四名を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。
【次の発言】 参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  エネルギーの使用の合理化等に関する法律の一部を改正する法律案の審査のため、本日の委員会に東京電力ホールディングス株式……

第196回国会 経済産業委員会 第12号(2018/06/14、24期、国民民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(浜野喜史君) ただいまから経済産業委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日までに、武田良介君、中西哲君及び石上俊雄君が委員を辞任され、その補欠として辰巳孝太郎君、中川雅治君及び伊藤孝恵君が選任されました。
【次の発言】 理事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い現在理事が一名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは、理事に井原巧君を指名いたします。

第196回国会 経済産業委員会 第13号(2018/06/19、24期、国民民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(浜野喜史君) ただいまから経済産業委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日までに、伊藤孝恵君、辰巳孝太郎君及び中川雅治君が委員を辞任され、その補欠として石上俊雄君、市田忠義君及び小野田紀美君が選任されました。
【次の発言】 政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  特定物質の規制等によるオゾン層の保護に関する法律の一部を改正する法律案の審査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、経済産業省製造産業局長多田明弘君外八名を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。

第196回国会 経済産業委員会 第14号(2018/07/20、24期、国民民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(浜野喜史君) ただいまから経済産業委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  去る六月十九日、市田忠義君及び小野田紀美君が委員を辞任され、その補欠として辰巳孝太郎君及び中川雅治君が選任されました。
【次の発言】 これより請願の審査を行います。  第二二号原発から撤退し、再生可能エネルギーへの転換を求めることに関する請願外百二十六件を議題といたします。  これらの請願につきましては、理事会において協議の結果、いずれも保留とすることになりました。  以上のとおり決定することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。よって、さよう決定いたしました……

第196回国会 予算委員会 第2号(2018/01/31、24期、民進党・新緑風会)

○浜野喜史君 民進党の浜野喜史でございます。  まず、働き方改革についてお伺いをいたします。  総理にお伺いいたします。そもそも、労働者と使用者、どちらの方が強い立場にあるというふうにお考えでしょうか、お伺いいたします。
【次の発言】 総理、正しい御認識だというふうに私も思います。  今回の働き方改革についてでありますけれども、今おっしゃいました御認識、労働者は使用者に比べて立場が弱いという前提で組み立ててきたというふうに理解してよろしいでしょうか、総理にお伺いします。
【次の発言】 そういう考え方で組み立ててきた結果、裁量労働制の拡大、高度プロフェッショナル制度が出てくるのが私は極めて疑問で……

第197回国会 経済産業委員会 第1号(2018/11/27、24期、国民民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(浜野喜史君) ただいまから経済産業委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日までに、鉢呂吉雄君、矢倉克夫君、大野元裕君、中川雅治君及び渡邉美樹君が委員を辞任され、その補欠として谷合正明君、浜口誠君、磯崎仁彦君、佐藤啓君及び斎藤嘉隆君が選任されました。
【次の発言】 まず、理事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い現在理事が二名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。

第197回国会 経済産業委員会 第2号(2018/12/04、24期、国民民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(浜野喜史君) ただいまから経済産業委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日、石上俊雄君が委員を辞任され、その補欠として古賀之士君が選任されました。
【次の発言】 まず、理事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い現在理事が一名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは、理事に佐藤啓君を指名いたします。
【次の発言】 政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたし……

第197回国会 経済産業委員会 第3号(2018/12/10、24期、国民民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(浜野喜史君) ただいまから経済産業委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  去る四日、古賀之士君が委員を辞任され、その補欠として石上俊雄君が選任されました。
【次の発言】 まず、理事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い現在理事が二名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは、理事に井原巧君及び佐藤啓君を指名いたします。

第198回国会 経済産業委員会 第1号(2019/03/12、24期、国民民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(浜野喜史君) ただいまから経済産業委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日、辰巳孝太郎君が委員を辞任され、その補欠として武田良介君が選任されました。
【次の発言】 まず、理事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い現在理事が一名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは、理事に佐藤啓君を指名いたします。
【次の発言】 国政調査に関する件についてお諮りいたします。  ……

第198回国会 経済産業委員会 第2号(2019/03/14、24期、国民民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(浜野喜史君) ただいまから経済産業委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日までに、武田良介君及び丸川珠代君が委員を辞任され、その補欠として辰巳孝太郎君及び今井絵理子君が選任されました。
【次の発言】 政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  経済、産業、貿易及び公正取引等に関する調査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、内閣官房日本経済再生総合事務局次長平井裕秀君外二十三名を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。

第198回国会 経済産業委員会 第3号(2019/03/20、24期、国民民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(浜野喜史君) ただいまから経済産業委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日までに、酒井庸行君、岩井茂樹君及び真山勇一君が委員を辞任され、その補欠として北村経夫君、丸川珠代君及び蓮舫君が選任されました。
【次の発言】 政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  委嘱審査のため、本日の委員会に、理事会協議のとおり、内閣官房日本経済再生総合事務局次長平井裕秀君外二十名を政府参考人として出席を求め、その説明を聴取することに御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認め、さよう決定いたします。

第198回国会 経済産業委員会 第4号(2019/04/11、24期、国民民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(浜野喜史君) ただいまから経済産業委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日までに、蓮舫君、吉良よし子君及び丸川珠代君が委員を辞任され、その補欠として真山勇一君、辰巳孝太郎君及び山下雄平君が選任されました。
【次の発言】 まず、理事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い現在理事が一名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは、理事に佐藤啓君を指名いたします。

第198回国会 経済産業委員会 第5号(2019/04/16、24期、国民民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(浜野喜史君) ただいまから経済産業委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日までに、山下雄平君及び磯崎仁彦君が委員を辞任され、その補欠として丸川珠代君及び小川克巳君が選任されました。
【次の発言】 まず、理事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い現在理事が一名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは、理事に佐藤啓君を指名いたします。

第198回国会 経済産業委員会 第6号(2019/04/25、24期、国民民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(浜野喜史君) ただいまから経済産業委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  去る二十二日までに、小川克巳君及び斎藤嘉隆君が委員を辞任され、その補欠として磯崎仁彦君及び蓮舫君が選任されました。
【次の発言】 特許法等の一部を改正する法律案を議題といたします。  政府から趣旨説明を聴取いたします。世耕経済産業大臣。
【次の発言】 以上で趣旨説明の聴取は終わりました。  本案に対する質疑は後日に譲ることとし、本日はこれにて散会いたします。    午前十時三分散会

第198回国会 経済産業委員会 第7号(2019/05/09、24期、国民民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(浜野喜史君) ただいまから経済産業委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日までに、蓮舫君及び石上俊雄君が委員を辞任され、その補欠として斎藤嘉隆君及び柳田稔君が選任されました。
【次の発言】 理事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い現在理事が一名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは、理事に佐藤啓君を指名いたします。

第198回国会 経済産業委員会 第8号(2019/05/16、24期、国民民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(浜野喜史君) ただいまから経済産業委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日までに、柳田稔君及び丸川珠代君が委員を辞任され、その補欠として石上俊雄君及び森屋宏君が選任されました。
【次の発言】 理事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い現在理事が一名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは、理事に佐藤啓君を指名いたします。

第198回国会 経済産業委員会 第9号(2019/05/21、24期、国民民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(浜野喜史君) ただいまから経済産業委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日までに、森屋宏君、辰巳孝太郎君及び青山繁晴君が委員を辞任され、その補欠として丸川珠代君、大門実紀史君及び岡田直樹君が選任されました。
【次の発言】 中小企業の事業活動の継続に資するための中小企業等経営強化法等の一部を改正する法律案を議題といたします。  政府から趣旨説明を聴取いたします。世耕経済産業大臣。
【次の発言】 以上で趣旨説明の聴取は終わりました。  本案に対する質疑は後日に譲ることといたします。
【次の発言】 参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  中小……

第198回国会 経済産業委員会 第10号(2019/05/23、24期、国民民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(浜野喜史君) ただいまから経済産業委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  去る二十一日、大門実紀史君及び岡田直樹君が委員を辞任され、その補欠として辰巳孝太郎君及び青山繁晴君が選任されました。
【次の発言】 理事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い現在理事が一名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは、理事に佐藤啓君を指名いたします。

第198回国会 経済産業委員会 第11号(2019/05/28、24期、国民民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(浜野喜史君) ただいまから経済産業委員会を開会いたします。  理事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い現在理事が一名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは、理事に佐藤啓君を指名いたします。
【次の発言】 政府参考人の出席要求に関する件についてお諮りいたします。  中小企業の事業活動の継続に資するための中小企業等経営強化法等の一部を改正する法律案の審査のため、本日の委員会に、理事会協議のとお……

第198回国会 経済産業委員会 第12号(2019/06/11、24期、国民民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(浜野喜史君) ただいまから経済産業委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日までに、三木亨君、辰巳孝太郎君及び石井章君が委員を辞任され、その補欠として磯崎仁彦君、大門実紀史君及び山口和之君が選任されました。  また、本日、北村経夫君及び石上俊雄君が委員を辞任され、その補欠としてこやり隆史君及び木戸口英司君が選任されました。
【次の発言】 理事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い現在理事が二名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御……

第198回国会 経済産業委員会 第13号(2019/06/13、24期、国民民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(浜野喜史君) ただいまから経済産業委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日までに、山口和之君、大門実紀史君、木戸口英司君、こやり隆史君、吉川ゆうみ君及び宮本周司君が委員を辞任され、その補欠として石井章君、辰巳孝太郎君、石上俊雄君、北村経夫君、松川るい君及び徳茂雅之君が選任されました。  また、本日、丸川珠代君が委員を辞任され、その補欠として元榮太一郎君が選任されました。
【次の発言】 理事の補欠選任を行います。  去る十一日の本委員会におきまして、一名の理事につきましては、後日、委員長が指名することとなっておりましたので、本日、理事に石井章君を指名いた……

第198回国会 経済産業委員会 第14号(2019/06/18、24期、国民民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(浜野喜史君) ただいまから経済産業委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  昨日までに、松川るい君、足立敏之君、元榮太一郎君、武田良介君、青山繁晴君及び宮本周司君が委員を辞任され、その補欠として吉川ゆうみ君、磯崎仁彦君、丸川珠代君、紙智子君、松下新平君及び中西祐介君が選任されました。
【次の発言】 理事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い現在理事が一名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。

第198回国会 経済産業委員会 第15号(2019/06/26、24期、国民民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(浜野喜史君) ただいまから経済産業委員会を開会いたします。  委員の異動について御報告いたします。  去る十八日、紙智子君、中西祐介君及び松下新平君が委員を辞任され、その補欠として辰巳孝太郎君、宮本周司君及び青山繁晴君が選任されました。
【次の発言】 理事の補欠選任についてお諮りいたします。  委員の異動に伴い現在理事が一名欠員となっておりますので、その補欠選任を行いたいと存じます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは、理事に佐藤啓君を指名いたします。


25期(2019/07/21〜)

第199回国会 経済産業委員会 第1号(2019/08/05、25期、国民民主党・新緑風会)【議会役職】

○委員長(浜野喜史君) ただいまから経済産業委員会を開会いたします。  理事の選任を行います。  本委員会の理事の数は五名でございます。  理事の選任につきましては、先例により、委員長の指名に御一任願いたいと存じますが、御異議ございませんか。
【次の発言】 御異議ないと認めます。  それでは、理事に佐藤啓君、吉川ゆうみ君、真山勇一君及び浜口誠君を指名いたします。  なお、あと一名の理事につきましては、後日これを指名いたします。
【次の発言】 国政調査及び継続調査要求に関する件についてお諮りいたします。  本委員会は、従来どおり経済、産業、貿易及び公正取引等に関する調査を行うこととし、今期国会閉……

第200回国会 経済産業委員会 第2号(2019/11/14、25期、立憲・国民.新緑風会・社民)

○浜野喜史君 国民民主党、新会派の浜野喜史でございます。  まず、お伺いいたします。関西電力の幹部によります金品受領問題についてお伺いをいたします。  本問題につきましては、いかなる背景、経緯があったにせよ、不適切であり、あってはならないものと考えております。徹底した全容の究明と、その上での厳しい対応が必要であると認識をいたしますけれども、梶山大臣の御見解をお伺いいたします。
【次の発言】 本問題につきましては、私のところにも多くの方々から声が寄せられております。電力の安定供給のため現場で頑張っているが、幾ら頑張っても苦情しか返ってこないのではないかと心配していると、徹底した全容解明を求めると……

第200回国会 経済産業委員会 第4号(2019/11/26、25期、立憲・国民.新緑風会・社民)

○浜野喜史君 国民民主党、新会派の浜野喜史でございます。  今日は三人の参考人の先生方、本当にありがとうございます。  私は、この法改正に賛成の立場なんですけれども、その立場は立場として、多少否定的な観点に立っての御質問をさせていただきまして、御示唆をいただければ幸いでございます。  まず一つ目なんですけれども、大阪大学の大学院の経済学研究科教授の延岡健太郎さんという方が、十一月九日の週刊東洋経済にこういう論考を寄せておられました。イノベーションは手段でなく顧客価値創出という目的から考えることだ、AI、IoTなど、手段が先に来る日本企業が多い、はやりのオープンイノベーションやデジタルトランスフ……

第200回国会 経済産業委員会 第5号(2019/11/28、25期、立憲・国民.新緑風会・社民)

○浜野喜史君 私は、ただいま可決されました情報処理の促進に関する法律の一部を改正する法律案に対し、自由民主党・国民の声、立憲・国民.新緑風会・社民、公明党、日本維新の会及び碧水会の各派並びに各派に属しない議員安達澄君共同提案による附帯決議案を提出いたします。  案文を朗読いたします。     情報処理の促進に関する法律の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)   政府は、本法施行に当たり、次の諸点について適切な措置を講ずべきである。  一 企業のデジタル経営改革の推進に当たっては、個人情報の保護に万全を期するとともに、我が国の産業競争力の強化が図られるよう、外部専門家の知見を積極的に取り入……

第200回国会 経済産業委員会 第6号(2019/12/03、25期、立憲・国民.新緑風会・社民)

○浜野喜史君 国民民主党、新会派の浜野喜史でございます。  まず、韓国に関する輸出管理についてお伺いをいたします。  十一月二十九日、梶山大臣は、韓国に関する輸出管理について、今月中旬に貿易管理に関する局長級の政策対話を再開することを発表されました。経済産業省は、本件についてGSOMIA破棄問題と別次元の事案であると説明をしてきたものであり、GSOMIA破棄凍結と今回の対話再開は関連しないというふうに理解をいたしますけれども、まず見解をお伺いいたします。
【次の発言】 その上で、もう一つだけお伺いいたします。  韓国に関する輸出管理につきましては、通常兵器キャッチオールと呼ばれるような規制の不……

第201回国会 経済産業委員会 第2号(2020/03/10、25期、立憲・国民.新緑風会・社民)

○浜野喜史君 国民民主党共同会派の浜野喜史でございます。  まず、新型コロナウイルス感染症関係につきまして、お伺いをいたします。  通告をいたしておりましたけれども、太田委員との質疑との重複を避ける意味で、少し質問の順番、内容等も変更させていただければと思います。具体的に通告をしていない部分につきましてはもうお答えいただける範囲で結構でございますので、よろしくお願い申し上げます。  まず、商工会議所等全国千五十拠点で経営相談窓口の設置などの対応が第一弾として取られております。どのような声が寄せられており、どのように対応してきておられるのか、まずお伺いをしたいと思います。

第201回国会 経済産業委員会 第3号(2020/03/18、25期、立憲・国民.新緑風会・社民)

○浜野喜史君 国民民主党共同会派の浜野喜史でございます。  まず、関西電力の金品受領問題についてお伺いをいたします。  三月の十四日、関西電力は、第三者委員会の調査報告書に基づく報告を経済産業省に対して行い、経済産業省は、三月十六日、関西電力に対して業務改善命令を出しました。報告についての受け止めと命令の内容について御説明をいただきたいと思います。
【次の発言】 関西電力の金品受領問題は、いかなる背景、経緯があったとしても不適切と言わざるを得ないものであります。経済産業省におきまして、引き続き厳正に対応されるよう求めておきたいと思います。  次に、新型コロナウイルス感染症対応関係につきましてお……

第201回国会 経済産業委員会 第5号(2020/05/12、25期、立憲・国民.新緑風会・社民)

○浜野喜史君 私は、ただいま可決されました割賦販売法の一部を改正する法律案に対し、自由民主党・国民の声、立憲・国民.新緑風会・社民、公明党、日本維新の会、日本共産党及び碧水会の各派並びに各派に属しない議員安達澄君の共同提案による附帯決議案を提出いたします。  案文を朗読いたします。     割賦販売法の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)   政府は、本法施行に当たり、次の諸点について適切な措置を講ずべきである。  一 蓄積されたデータ等を活用した新たな手法により与信審査を行う包括信用購入あっせん業者の認定制度の創設に当たっては、利用者への過剰与信防止の実効性が十分に確保されるよう、その……



各種会議発言一覧(参議院)

24期(2016/07/10〜)

第193回国会 経済産業委員会、環境委員会連合審査会 第1号(2017/04/06、24期、民進党・新緑風会)

○浜野喜史君 民進党の浜野喜史でございます。  本日は、主には化審法の改正についてお伺いをいたします。そして、後段には、今日は経産大臣、環境大臣、来ていただいておりますので、地球温暖化対策について見解をお伺いしたいと思います。  その前に、まずは世耕大臣にお伺いをいたします。  一般論として、官民を問わず自らの財産を市中価格より安く売却するということになれば、それぞれの組織内において十分な理由、根拠、これをしっかり立てて決裁をすると、そして、その決裁をした文書については内外の今後の説明に堪えれるように保存しておくということ、これが常識的な対応だというふうに私は考えるんですけれども、世耕大臣はど……

第193回国会 資源エネルギーに関する調査会 第2号(2017/02/15、24期、民進党・新緑風会)

○浜野喜史君 民進党の浜野喜史でございます。御質問をさせていただきます。  まずは、国際原子力機関、IAEAの総合規制評価サービス、IRRSへの対応についてお伺いをいたします。  本年の一月十二日の原子力規制委員会におきまして、炉安審、燃安審の会長がIRRSへの規制委員会の対応について評価や助言をしておられます。本日、資料も配らせていただいておるところでございます。  その中にもありますように、正式な指摘とそれ以外の汲み取るべき事項への対応も進められるべきだという趣旨の指摘をされておられます。正式な指摘とそれ以外の汲み取るべき事項への対応も原子力規制委員会において進められるというふうに理解をし……

第193回国会 資源エネルギーに関する調査会 第4号(2017/04/12、24期、民進党・新緑風会)

○浜野喜史君 民進党の浜野喜史でございます。御質問をさせていただきます。  まず一つ目ですけれども、四月の七日に炉規法の改正が成立をいたしました。四月の六日の環境委員会におきまして、その法改正に関して十六項目から成る附帯決議がなされました。  今日は、資料を配らせていただいております。  そのうちの一つの項目でございますけれども、「原子力規制委員会は、今回新設される第六十二条の二の二の趣旨を踏まえ、国際的な基準や先行する海外事例との整合を図りつつ、バックフィットの運用に関するルールや判断基準を明確化し、規制化するためのプロセスを整備すること。」と、こういう項目が附帯決議の中に盛り込まれておりま……

第193回国会 資源エネルギーに関する調査会 第7号(2017/05/31、24期、民進党・新緑風会)

○浜野喜史君 民進党の浜野喜史です。  まず、安全目標についてお伺いをしたいと思います。  原子力規制委員会で決定をしている安全目標というものはどういうものであり、どういった目的で定められたものなのか、さらに、現在、この安全目標は原子力規制行政でどのように活用をされているのか、御説明を願います。
【次の発言】 ありがとうございます。  この安全目標に関してでありますけれども、平成十五年、旧原子力安全委員会の安全目標専門部会におきまして中間取りまとめがなされております。その中で、規制活動に一層の透明性、予見性を与える、規制活動の内容をより効果的で効率的なものにするといった利益があるとされておりま……

第196回国会 資源エネルギーに関する調査会 第2号(2018/02/14、24期、民進党・新緑風会)

○浜野喜史君 民進党の浜野喜史と申します。  浅野参考人に一つ、それから諸富参考人に一つ、二問連続してお伺いしたいと思います。  分散型の電力システムというようなこととか電力の地産地消を求めていくべきだということを盛んに議論されるわけでありますけれども、それらを成り立たせるためには強固な送配電網がやはり必要であるということ、これが忘れられてはならないことだというふうに私は思うんですけれども、浅野参考人の御見解をお伺いしたいのが一つです。  それと、諸富参考人に続けてお伺いしますけれども、冒頭の御説明の中で、再エネの普及に伴って停電率が低下してきているというような調査結果があるという御説明をされ……

第196回国会 資源エネルギーに関する調査会 第3号(2018/02/21、24期、民進党・新緑風会)

○浜野喜史君 民進党の浜野喜史でございます。  まず、原子力規制委員会への監査、チェック体制の強化という観点でお伺いをいたします。  規制委員会の独立性ということは当然堅持をした上でということでありますけれども、外部からの監査、チェック機能を充実をさせる必要があるのではないかと私は考えておるところでありますけれども、まず更田委員長の見解をお伺いしたいと思います。
【次の発言】 御説明いただきましたけれども、国内外からの様々な指摘には真摯に耳を傾けていくという御説明でありました。そのことにつきまして、私も基本的に理解をいたします。  IAEAからのチェック、IRRSと呼ばれるもの、これも非常に、……

第196回国会 資源エネルギーに関する調査会 第4号(2018/04/11、24期、民進党・新緑風会)

○浜野喜史君 民進党の浜野喜史でございます。  今日は、三人の参考人の先生、誠にありがとうございます。  もう一括、最初にもう全て質問をさせていただきたいと思いますので、御理解をお願い申し上げます。  まず、竹村参考人にお伺いいたしますけれども、コメントの中で、全ての選択肢を排除すべきではないと、再エネも原子力もという御発言をされました。私もそのことについて強く賛同するところでございますけれども、そういうふうにお考えになる理由、これを改めてお述べいただきたいと思います。  全て質問、最初にさせていただきます。  次に、大島参考人にお伺いいたしますけれども、石炭火力について大島参考人は否定的お立……

第196回国会 資源エネルギーに関する調査会 第5号(2018/04/18、24期、民進党・新緑風会)

○浜野喜史君 民進党の浜野喜史でございます。御質問をさせていただきます。  まず、原子力の社会的信頼という事柄につきましてお伺いをいたします。  昨年末の総合資源エネルギー調査会基本政策部会におきまして、原子力については社会的信頼の獲得に向けた取組を強化することが重要という意見が出されております。その意見を踏まえまして、本年一月から原子力小委員会におきまして、社会的信頼の獲得に向けた取組について重点的に議論がなされているものというふうに承知をいたしております。  原子力の社会的信頼の獲得に向けてこれまでどのような議論が進められてきたのか、御説明を願います。

第196回国会 資源エネルギーに関する調査会 第6号(2018/05/09、24期、国民民主党・新緑風会)

○浜野喜史君 国民民主党の浜野喜史でございます。よろしくお願い申し上げます。  経済産業省に三点質問をさせていただきます。  先ほども御説明がありましたように、経済産業省において設置されましたエネルギー情勢懇談会におきまして、四月十日、二〇五〇年に向けた国の長期エネルギー戦略の提言案というものが示されております。  その提言案につきまして質問させていただきますけれども、その提言の中で、二〇五〇年に向けた様々な不確実性を見据え、あらゆる選択肢の可能性を追求する野心的な複線シナリオというものが採用されております。特定の選択肢を決め打ちすることなくあらゆる選択肢を追求することが望ましいというふうにさ……

第198回国会 資源エネルギーに関する調査会 第1号(2019/02/13、24期、国民民主党・新緑風会)

○浜野喜史君 国民民主党の浜野喜史でございます。  三人の参考人の方々に一問だけお伺いをしたいと思います。カーボンプライシングについての賛否及びその理由をお伺いしたいというふうに思います。  CO2の大幅削減に関しては、イノベーション、技術革新が必要だということはこれはおおむね意見の一致するところだと思うんですけれども、それに向けての方策については意見が分かれていると私は認識をしております。炭素税とか排出量取引、これが後押しをして技術革新に結び付くんだという意見もありますし、一方では阻害要因になるという意見もあるところであります。  大体、環境省が前向きであると認識しておりますし、一方、経済界……

第198回国会 資源エネルギーに関する調査会 第2号(2019/02/20、24期、国民民主党・新緑風会)

○浜野喜史君 ありがとうございます。国民民主党の浜野喜史でございます。  まず、新規制基準への適合性審査についてお伺いいたします。  原子力規制委員会は、原子力発電所の適合性審査につきまして精力的に取り組まれております。規制委員会は設置変更許可についての標準期間を二年とされておられますけれども、平成二十五年、二十六年に設置変更許可申請を提出をし、五年近く経過した現在におきましても、いまだ基準地震動が確定していないプラント、あるいは敷地内地盤の適合性審査中のプラントがBWRを中心に数多く存在をしております。  安全を最優先に、体制の強化はもとより、効果的な審査がなされるよう施策を講ずるべきである……


25期(2019/07/21〜)

第201回国会 資源エネルギーに関する調査会 第2号(2020/02/19、25期、立憲・国民.新緑風会・社民)

○浜野喜史君 国民民主党共同会派の浜野喜史でございます。お伺いをさせていただきます。  四国電力の伊方発電所三号機に関してお伺いをいたします。  本年一月十七日、広島高等裁判所は、四国電力伊方発電所三号機の運転差止めを求めた仮処分申請の即時抗告審で、四国電力の主張を認めた山口地裁岩国支部の決定を取り消し、運転差止めを命じる決定を下しました。決定文の中で、原子力規制委員会の判断の一部を否定をいたしております。  これに関連してお伺いいたします。  まず、基準地震動の評価に関しまして、原子力規制委員会は敷地沖数百メートルに活断層は存在しないと判断をしておりますけれども、どのように確認を行ったのか、……


※このページのデータは国会会議録検索システムで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/07/03

浜野喜史[参]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計/発言一覧 | 質問主意書