浅利三朗 衆議院議員
25期国会発言一覧

浅利三朗[衆]在籍期 : 23期-24期-|25期|
浅利三朗[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは浅利三朗衆議院議員の25期(1952/10/01〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は25期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院25期)

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
浅利三朗[衆]本会議発言(全期間)
23期-24期-|25期|

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院25期)

浅利三朗[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
23期-24期-|25期|
第15回国会(1952/10/24〜1953/03/14)

第15回国会 建設委員会 第4号(1952/12/02、25期、自由党)

○淺利委員 今突然参りましたから、すでにほかの方から発言があつたかもしれません。ただいま道路審議会の問題について当委員会との間に十分連絡あるべしとの意見が佐藤委員からあつたようであります。私もこの委員会の委員の選定については、ただいまの委員はいずれも学識、経験あるという範疇には属するであろうと思うのであります。しかしながら個々の方々を見ますると、あるいは大会社の社長とか、あるいは大都市方面の方が多い。この道路法の改正においては、従来のように、目前の経済効果を主眼とするにあらずして、将来の国の開発、未開発資源の開発、あるいは全国の道路幹線網の普遍的効果を上げるという観点からこの法律ができておるの……

第15回国会 建設委員会 第5号(1952/12/03、25期、自由党)

○淺利委員 ちよつと関連して……。先刻明禮委員から電源開線の質問がありましたが、これについて念のため一言伺つておきたいと思うのであります。電源の開発の問題は、建設省のダム建設とはその主体が異なつておる関係上、その間に事業の関連が密接であるにかかわらず、その主体の確定が遅れるということになると、ダムの建設事業自体に非常に支障を来す。この問題については、さきに胆沢川のダムが二十七年度に完成する工事は進行しておるが、まだ水利権者が決定しておらないという問題が起つたのであります。その当時当委員会の質問に対して、野田建設大臣が、もし事業主体がきまらなければ、国がかわつてこれを代行して事業を進めるといの話……

第15回国会 建設委員会 第9号(1953/02/07、25期、自由党)

○淺利委員 ちよつと関連質問を……。  今西村君の質疑に対して、河川局長の説明がありました。建設省直轄で工事をしたダムについても、電源の水利権の問題は県営でやらせたい、こういうふうに承つたのでありますが、これは単に建設省の意見でありますか、政府としての意見でありますか、その点をはつきり承りたいと思います。
【次の発言】 では、胆沢川のダムは二十七年度に完成するのでありますが、この問題について、さきに東北興業が猿ケ石とともに水利権を得たいということで盛んに主張して、県も一時はこれを主張したのでありますが、逐に水利権は許可にならなかつた。その当時一方においてダムの工事は非常に進む。しかしながら水利……

第15回国会 建設委員会 第15号(1953/03/05、25期、自由党)

○淺利委員 他の委員の方からいろいろ御質問があると思いますが、私住宅小委員長をいたしておる関係上、その審議の責任上皆様方の御意見を承りたいということで、委員長に申し上げましたところ、われわれ小委員ばかりでなく、委員全体が聞きたいというので、今日この会を開いたわけであります。そういう関係上、多くの委員の方からの質問を願いたいと思いますけれども、ただ私が今伺つてはつきりしたがつた点について一、二伺つておきたいと思います。  古賀さんの御意見の中に、予算編成後においてこういう参考意見を聞くということは、前後転倒じやないかと、こういう御意見、これはごもつともでありますが、ただこの参考人の方方から意見を……

第15回国会 建設委員会 第17号(1953/03/13、25期、自由党)

○淺利委員 関連して。今住宅局長の御答弁によつて、この料金は政令によつて一律にきまつておるということでありましたが、各府県の事情はそれぞれ異なつておりますから、必ずしも中央において全国画一的に政令できめるという必要はないように思うのですが、何か特に政令で画一的にきめなければならぬという理由があつたのかどうか、これが第一。それから第二は今提案者――私も提案者になつておりますけれども、田中君からの御説明によつて、これに要する経費は全国四十何億、こう申しておりますけれども、これは建築確認だけの費用じやなくて、府県の実情から見れば、府県自体の公営住宅とか、あるいはまた公庫住宅に対する査定などのために建……

第15回国会 予算委員会 第9号(1952/12/06、25期、自由党)

○淺利委員 私はおそく参りましたので、末高先生の全体の御意見についてお伺いすることができませんでしたが、先刻のお話の中に、人口問題の解決が重要であるが、この問題について何ら補正予算に計上がないのは遺憾である、こういうお話であります。この問題はまことに重要な問題でありますが、この予算的措置をする上には、人口問題の解決はどういう方法でやるかという結論が示されなければならぬと思うのであります。何か人口問題について先生の高説なり、お考えなり、そうしてこれを予算化するにはどういう方法で、どの辺に盛ればいいかというような、具体的な御意見があるならば、それをまず第一に伺つておきたいと思います。  もう一つ、……

第15回国会 予算委員会 第12号(1952/12/10、25期、自由党)

○淺利委員 私は建設大臣に対して質問をいたしたいのであります。私は建設委員も兼ねておりまして、大体大臣の御意向は承つております。しかしながら常に建設行政に伴うものは財政の裏づけであります。建設大臣はいろいろの構想、いろいろの希望、そうして努力をしておると申しましても、結局は財政当局に押されて、その政策の実現ができないというのが今日の実情であります。それゆえに、実は本日は大蔵大臣の臨席のもとに各閣僚の連帯の責任において、私の質問に対する主管大臣の答弁に対し、さらに大蔵大臣の裏書きをしていただきたい、こういう趣旨で質問を申し上げるのであります。従つて私はここにこまかいことを一々申し上げません。大体……


浅利三朗[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
23期-24期-|25期|

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院25期)

浅利三朗[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
23期-24期-|25期|
第15回国会(1952/10/24〜1953/03/14)

第15回国会 予算委員会第四分科会 第1号(1953/02/25、25期、自由党)

○淺利委員 私は特に総合開発の関係においてお尋ねしてみたいと思います。一般質問の際にもすでに松浦周太郎君から質問があつたようでありますが、国土総合開発法の実施については経済審議庁がその中心となるのでありますが、今日までの行き方を見ますると、これ蓬々としてなかなか進まない。ことに特定地域のごときはすでに全国に十九箇所も指定してあります。そのほかに八箇所の調査地域、またその上に調査地域を追加する、こういうことでありますると、この仕事というものはなかなか大きい仕事でまとまりが容易につかぬと思うのであります。日本の限られたる財政のもとにおいて、それもこれもということはよほどむずかしい。そこで先般松浦君……

第15回国会 予算委員会第四分科会 第2号(1953/02/26、25期、自由党)

○淺利委員 ただいま貫井君から燃料政策についてお話がありましたが、これに関連してお尋ね申し上げます。日本の燃料が薪炭に依存しておるという関係から、この需要が供給とマッチしないということは現実の事実であります。この問題については燃料政策の上において、もう少し考慮を払う必要がありはせぬか、先年林業議員懇話会の際においても、私はこのことを農林当局に申し上げておつたのですが、日本における亜炭の量は非常に多いのであります。これは戦時中においては石炭にかわるために相当発掘されましたが、最近においてはほとんど亜炭の発掘は採算がとれないで、至るところ事業を休止しております。でありますから、もし燃料政策の上にお……



浅利三朗[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
23期-24期-|25期|

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/02/23

浅利三朗[衆]在籍期 : 23期-24期-|25期|
浅利三朗[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 25期在籍の他の議員はこちら→25期衆議院議員(五十音順) 25期衆議院議員(選挙区順) 25期衆議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。