今村忠助 衆議院議員
26期国会発言一覧

今村忠助[衆]在籍期 : 23期-24期-25期-|26期|
今村忠助[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは今村忠助衆議院議員の26期(1953/04/19〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は26期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院26期)

今村忠助[衆]本会議発言(全期間)
23期-24期-25期-|26期|
第16回国会(1953/05/18〜1953/08/10)

第16回国会 衆議院本会議 第2号(1953/05/19、26期、自由党)

○今村忠助君 特別委員会設置の緊急動議を提出いたします。すなわちこの際、委員三十名よりなる特別委員会を設置し、内閣提出、昭和二十八年度一般会計暫定予算につき日本国憲法第五十四条第三項の規定に基く同意を求めるの件、昭和二十八年度特別会計暫定予算につき日本国憲法第五十四条第三項の規定に基く同意を求めるの件、昭和二十八年度政府関係機関暫定予算につき日本国憲法第五十四条第三項の規定に基く同意を求めるの件、国会議員の選挙等の執行経費の基準に関する法律の一部を改正する法律(昭和二十八年法律第二十二号)につき日本国憲法第五十四条第三項の規定に基く同意を求めるの件、国立学校設置法の一部を改正する法律(昭和二十……

第16回国会 衆議院本会議 第3号(1953/05/22、26期、自由党)

○今村忠助君 常任委員長の選挙は、その手続を省略し、議長において指名されんことを望みます。

第16回国会 衆議院本会議 第4号(1953/05/25、26期、自由党)

○今村忠助君 両院法規委員の選挙は、その手続を省略し、議長において指名せられんことを望みます。

第16回国会 衆議院本会議 第5号(1953/05/27、26期、自由党)

○今村忠助君 特別委員会設置の緊急動議を提出いたします。すなわち、海  外同胞引揚及び遺家族援護に関する調査をなすため委員二十五名よりなる特別委員会を設置されんことを望みます。
【次の発言】 特別委員会設置の緊急動議を提出いたします。すなわち、公職選挙法改正に関する調査をなすため委員二十五名よりなる特別委員会を設置されんことを望みます。
【次の発言】 特別委員会設置の動議を提出いたします。すなわち、末期国会においても行政監察特別委員会を設け、その委員の数を二十五名とすることとし、その権限及び次の国会召集の日までに支出し得る費用等については昭和二十六年二月六日本院で議決した通りとせられんことを望……

第16回国会 衆議院本会議 第6号(1953/05/29、26期、自由党)

○今村忠助君 議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、柳田秀一君提出、在日華僑送還並びに在中ソ同胞引揚げに関する緊急質問をこの際許可されんことを望みます。
【次の発言】 議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、平野力三君提出、凍霜害対策に関する緊急質問をこの際許可されんことを望みます。
【次の発言】 議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち……。
【次の発言】 議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、世耕弘一君提出、選挙違反取締状況に関する緊急質問をこの際許可されんことを望みます。
【次の発言】 議事日程追加の緊急動議を提畿いたします。すなわち、大橋忠一君……

第16回国会 衆議院本会議 第7号(1953/06/16、26期、自由党)

○今村忠助君 国務大臣の演説に対する質疑は延期し、明十七日定刻より本会議を開きこれを行うこととし、本日はこれにて散会せられんことを望みます。

第16回国会 衆議院本会議 第8号(1953/06/17、26期、自由党)

○今村忠助君 国務大臣の演説に対する残余の質疑は延期し、明十八日定刻より本会議を開きこれを継続することとし、本日はこれにて散会せられんことを望みます。

第16回国会 衆議院本会議 第9号(1953/06/18、26期、自由党)

○今村忠助君 国務大臣の演説に対する残余の質疑は延期し、明十九日定刻より本会議を開きこれを継続することとし、本日はこれにて散会せられんことを望みます。

第16回国会 衆議院本会議 第12号(1953/06/25、26期、自由党)

○今村忠助君 議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわちこの際、菊川忠雄君提出、日本製鋼における米兵の発砲事件に関する緊急質問を許可されんことを望みます。
【次の発言】 議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、内閣提出、理容師美容師法の一部を改正する法律案を議題となし、この際委員長の報告を求め、その審議を進められんことを望みます。
【次の発言】 議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、田中魚榮君外二十九名提出、道路整備費の財源等に関する臨時措置法案を議題となし、この際委員長の報告を求め、その審議を進められんことを望みます。

第16回国会 衆議院本会議 第13号(1953/06/27、26期、自由党)

○今村忠助君 ただいま議題となりました中央機関施設整備促進法案につきまして、その提案の理由を御説明申し上げます。  御存じのように、首都におきまして、立法、司法及び行政の各中央機関で運営能率の増進と公衆の利便をはかるためには、都心部に中央機関施設を定め、その施設の整備を促進する必要がありますことは、かねてより各方面から要望されておるところでございますが、この法律は、このような要望にこたえまして、中央機関の運営能率の増進と公衆の利便をはかるため、その施設の整備を促進することを目的といたしております。法律案の要旨、審議の経過等は速記録に譲ることにいたします。

第16回国会 衆議院本会議 第14号(1953/06/29、26期、自由党)

○今村忠助君 議事日程順序変更の緊急動議を提出いたします。すなわちこの際、日程第九を繰上げ上程し、その審議を進められんことを望みます。
【次の発言】 残余の日程は延期し、本日はこれにて散会されんことを望みます。

第16回国会 衆議院本会議 第15号(1953/06/30、26期、自由党)

○今村忠助君 議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、倉石忠雄君外六名提出、日本国との平和条約の効力の発生及び日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約第三条に基く行政協定の実施等に伴い国家公務員法等の一部を改正する等の法律の一部を改正する法律案を議題となし、この際委員長の報告を求め、その審議を進められんことを望みます。
【次の発言】 議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、内閣提出、国際復興開発銀行等からの外資の受入に関する特別措置に関する法律案を議題となし、この際委員長の報告を求め、その審議を進められんことを望みます。

第16回国会 衆議院本会議 第16号(1953/07/02、26期、自由党)

○今村忠助君 この際、内閣より提出されている私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律の一部を改正する法律案についての趣旨説明を聴取するの動議を提出いたします。

第16回国会 衆議院本会議 第17号(1953/07/04、26期、自由党)

○今村忠助君 ただいま議題となりました、国会における各会派に対する立法事務費の交付に関する法律案及び国会議員の歳費、旅費及び手当等に関する法律の一部を改正する法律案並びに国会閉会中委員会が審査を行う場合の委員の審査雑費に関する法律の一部を改正する法律案について、提案の理由を簡単に御説明いたします。  まず、国会における各会派に対する立法事務費の交付に関する法律案について申し上げます。本案は、国会が国の唯一の立法機関たる性質にかんがみまして、国会議員の立法に関する調査研究の推進に資するため必要な経費の一部として、各議院における各会派に対し、毎月その所属議員数に応じ立法事務費を交付しようとするもの……

第16回国会 衆議院本会議 第18号(1953/07/07、26期、自由党)

○今村忠助君 議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、益谷秀次君外三十九名提出、領土に関する決議案は、提出者の要求の通り委員会の審査を省略してこの際これを上程し、その審議を進められんことを望みます。

第16回国会 衆議院本会議 第20号(1953/07/09、26期、自由党)

○今村忠助君 議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、内閣提出、土地収用法の一部を改正する法律案を議題となし、この際委員長の報告を求め、その審議を進められんことを望みます。

第16回国会 衆議院本会議 第21号(1953/07/11、26期、自由党)

○今村忠助君 議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、内閣提出、電気事業及び石炭鉱業における争議行為の方法の規制に関する法律案を議題となし、この際委員長の報告を求め、その審議を進められんことを望みます。
【次の発言】 議事日程を延期し、本日はこれにて散会せらんことを望みます。

第16回国会 衆議院本会議 第22号(1953/07/14、26期、自由党)

○今村忠助君 残余の日程は延期し、本日はこれにて散会せられんことを望みます。

第16回国会 衆議院本会議 第23号(1953/07/16、26期、自由党)

○今村忠助君 議事の日程順序変更の緊急動議を提出いたします。すなわちこの際、日程第六を繰上げ上程し、その審議を進められんことを望みます。
【次の発言】 議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、内閣提出、納税貯蓄組合法の一部を改正する法律案、登録税法の一部を改正する法律案、揮発油税法の一部を改正する法律案、国税徴収法の一部を改正する法律案、通行税法の一部を改正する法律案、酒税の保全及び酒類業組合等に関する法律の一部を改正する法律案、外国為替資金特別会計法の一部を改正する法律案、右七案を一括議題となし、この際委員長の報告を求め、その審議を進められんことを望みます。

第16回国会 衆議院本会議 第24号(1953/07/17、26期、自由党)

○今村忠助君 議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、昭和二十八年度一般会計予算、昭和二十八年度特別会計予算、昭和二十八年度政府関係機関予算、右三件を一括議題となし、この際委員長の報告を求め、その審議を進められんことを望みます。

第16回国会 衆議院本会議 第25号(1953/07/21、26期、自由党)

○今村忠助君 調査事件併託及び委員増加の緊急動議を提出いたします。和歌山及び奈良両県を中心とする南近畿地方における豪雨による被害調査の件を水害地緊急対策特別委員会にあわせ付託することとし、同特別委員会の委員数を十名増加せられんことを望みます。
【次の発言】 憲法第五十九条第三項及び国会法第八十四条第一項の規定により、農業災害補償法の一部を改正する法律案について両院協議会を求められんことを望みます。
【次の発言】 両院協議会協議委員の選挙は、その手続を省略して、議長においてただちに指名されんことを望みます。
【次の発言】 日程第十一は延期されんことを望みます。

第16回国会 衆議院本会議 第27号(1953/07/23、26期、自由党)

○今村忠助君 議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、加賀田進君提出、人事院勧告に関する政府の態度に対する緊急質問をこの際許可されんことを望みます。
【次の発言】 議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、内閣提出、昭和二十八年度における期末手当の支給の特例に関する法律案を議題となし、この際委員長の報告を求め、その審議を進められんことを望みます。
【次の発言】 議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、内閣提出、有価証券取引税法案、相続税法の一部を改正する法律案、資産再評価法の一部を改正する法律案、塩業組合法案、鉄道証券及び電信電話債券等に係る債務の保証に関する法律案……

第16回国会 衆議院本会議 第28号(1953/07/25、26期、自由党)

○今村忠助君 議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、青柳一郎君外二十四名提出、社会福祉事業振興会法案、青柳一郎君外二十二名提出、災害救助法の一部を改正する法律案、右両案を一括議題となし、この際委員長の報告を求め、その審議を進められんことを望みますで

第16回国会 衆議院本会議 第29号(1953/07/27、26期、自由党)

○今村忠助君 議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、公職選挙法改正に関する調査特別委員長提出、公職選挙法の一部を改正する法律案は、委員会の審査を省略してこの際これを上程し、その審議を進められんことを望みます。

第16回国会 衆議院本会議 第30号(1953/07/28、26期、自由党)

○今村忠助君 離島振興対策審議会委員の選挙については、その手続を省略し、議長において指名せられんことを望みます。
【次の発言】 中央青少年問題協議会委員の選挙については、その手続を省略し、議長において指名せられんことを望みます。
【次の発言】 議事日程順序変更の緊急動議を提出いたします。すなわちこの際、日程第六を繰上げ上程し、その審議を進められんごとを望みます。
【次の発言】 議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、岡本忠雄君外七名提出、港湾運送事業法の一部を改正する法律案を議題となし、この際委員長の報告を求め、その審議を進められんことを望みます。

第16回国会 衆議院本会議 第31号(1953/07/29、26期、自由党)

○今村忠助君 議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、辻寛一君外二十四名提出、理科教育振興法案は、その提出者の要求の通り委員会の審査を省略してこの際これを上程し、その審議を進められんことを望みます。
【次の発言】 議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、内閣提出、信用金庫法の一部を改正する法律案、食糧管理特別会計法の一部を改正する法律案、右両案を一括して議題となし、この際委員長の報告を求め、その審議を進められんことを望みます。
【次の発言】 議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、内閣提出、土地改良法の一部を改正する法律案、金子與重郎君外二十四名提出、畑地農業歌良……

第16回国会 衆議院本会議 第32号(1953/07/30、26期、自由党)

○今村忠助君 憲法第五十九条第三項及び国会法第八十四条第一項の規定により、公職選挙法の一部を改正する法律案について両院協議会を求められんことを望みます。
【次の発言】 両院協議会協議委員の選挙は、その手続を省略して、議長においてただちに指名されんことを望みます。
【次の発言】 議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、日本国とアメリカ合衆国との間の友好通商航海条約の批准について承認を求めるの件を議題となし、この際委員長の報告を求め、その審議を進められんことを望みます。
【次の発言】 憲法第五十九条第二項に基いて再議決のため、刑事訴訟法の一部を改正する法律案の本院議決案を議題とせられんこ……

第16回国会 衆議院本会議 第34号(1953/08/01、26期、自由党)

○今村忠助君 議事日程順序変更の緊急動議を提出いたします。すなわちこの際、日程第八を繰上げ上程し、その審議を進められんことを望みます。

第16回国会 衆議院本会議 第35号(1953/08/03、26期、自由党)

○今村忠助君 日程第九はあとまわしにされんことを望みます。
【次の発言】 議事日程順序変更の緊急動議を提出いたします。すなわち、日程第十一とともに、日程第十七ないし第三十二を委員会の審査を省略して繰上げ、十七案を一括議題となし、その審議を進められんことを望みます。
【次の発言】 残余の日程は延期し、明四日定刻より本会議を開くこととし、本日はこれにて散会せられんことを望みます。

第16回国会 衆議院本会議 第36号(1953/08/04、26期、自由党)

○今村忠助君 議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、宇都宮徳馬君外八十九名提出、小笠原諸島より引揚げさせられた元住民の帰郷に関する決議案は、提出者の要求の通り委員会の審査を省略しこの際これを上程し、その審議を進められんことを望みます。
【次の発言】 議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、第二次世界大戦の影響を受けた工業所有権の保護に関する日本国とドイツ連邦共和国との間の協定の批准について承認を求めるの件、第二次世界大戦の影響を受けた工業所有権の保護に関する日本国とスイス連邦との間の協定の締結について承認を求めるの件、国際民間航空条約への加入について承認を求めるの件、国際……


■ページ上部へ

第19回国会(1953/12/10〜1954/06/15)

第19回国会 衆議院本会議 第27号(1954/03/26、26期、自由党)

○今村忠助君 議事日程はこれを延期し、明二十七日定刻より本会議を開くこととし、本日はこれにて散会せられんことを望みます。

第19回国会 衆議院本会議 第42号(1954/04/27、26期、自由党)

○今村忠助君 裁判官弾劾裁判所裁判員の予備員の選挙は、その手続を省略して議長において指名せられ、予備員の職務を行う順序は議長において定められんことを望みます。
【次の発言】 議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、日程第四及び第五とともに、内閣提出、国の所有に属する自動車の交換に関する法律案及び日本国とアメリカ合衆国との間の二重課税の回避及び脱税の防止のための条約の実施に伴う所得税法の特例等に関する法律案の両案を追加して、四案を一括議題となし、この際委員長の報告を求め、その審議を進められんことを望みます。
【次の発言】 議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、参議院提出、町……

第19回国会 衆議院本会議 第52号(1954/05/20、26期、自由党)

○今村忠助君 議事日程追加の緊急動議を提出いたします。すなわち、小笠公韶君外二十七名提出、中小企業安定法の一部を改正する法律案を議題となし、この際委員長の報告を求め、その審議を進められんことを望みます。

第19回国会 衆議院本会議 第63号(1954/06/07、26期、自由党)

○今村忠助君 明後九日定刻より本会議を開くこととし、本日はこれにて散会せられんことを望みます。

今村忠助[衆]本会議発言(全期間)
23期-24期-25期-|26期|

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院26期)

今村忠助[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
23期-24期-25期-|26期|
第16回国会(1953/05/18〜1953/08/10)

第16回国会 外務委員会 第21号(1953/07/28、26期、自由党)【議会役職】

○今村委員長代理 この際戸叶委員に申し上げます。質問を始めて三十分たつたのでありますが、次の委員の方にお譲り願えませんでしようか。
【次の発言】 この前の申合せは三十分済んだら、次の方に譲るというふうになつておると聞いておつたものですから……。

第16回国会 外務委員会 第23号(1953/07/30、26期、自由党)

○今村委員 理事会を開いて今後の運営に当るということについては賛成いたしますが、その前に、昨夜の討論打切りの動議が採決された点だけは確認いたしておかなければならぬと思うのであります。これは、池田君からの動議は一応否決になりましたけれども、そのあと佐々木盛雄君からの動議が取上げられまして、八対八、委員長がこれに決定を与えまして、質疑は昨夜で打切られておると私たちは信じておるのであります。今後どうして行くかということについては、すみやかに理事会を開いて御相談になるのはけつこうと思います。原則とてしは本日討論採決と行くべきである、かように考えておりますけれども、いずれにしてもこの点は、円滑に進めると……

第16回国会 議院運営委員会 第1号(1953/05/25、26期、自由党)

○今村委員 相談しておきます。

第16回国会 議院運営委員会 第3号(1953/05/29、26期、自由党)

○今村委員 今までの話でおわかりになつたと思うので、そうしてください。

第16回国会 議院運営委員会 第11号(1953/06/27、26期、自由党)

○今村委員 庶務小委員会で決定いたしましたことを御報告申し上げます。  行る二十三日、二十五日、二十六日の三日間、衆参両院の庶務小委員会の合同打合会で協議して、一応結論に達しましたものでございますから、日本の庶務小委員会であらためてこれが取扱いについて御協議をいたしたその結果を御報告いたしたいと思います。それは、今お手元に配付してございます中央機関施設整備促進法案というものを議員提出で出したい、これは各党共同提案にいたしたいというのであります。  この内容に入る前に、ちよつとこの趣旨の弁明をさしていただきたいと思います。それは、過般この十六国会に入つた初めのころに、国会セン夕ーとでもいうベき衆……

第16回国会 議院運営委員会 第15号(1953/07/04、26期、自由党)

○今村委員 国会経費の案件について、庶務小委員会においていろいろ協議した結果はお手元に文書で出ておりますから、省略さしていただきます。なおこのうち、法律案は本日上程の予定でございまして、先ほど事務総長の御報告の通りでございますから、御了承を願います。

第16回国会 議院運営委員会 第25号(1953/07/23、26期、自由党)

○今村委員 異議ありません。
【次の発言】 異議ありません。

第16回国会 議院運営委員会 第27号(1953/07/27、26期、自由党)

○今村委員 本日の小委員会で、食堂が昼食時に非常に混雑する状況であるから、特に正午から一時までは、議員と議員の秘書、それから新聞記者だけに限るようにしてもらいたいという改進党からの要求があり、庶務小委員会でさように決定したので、これをひとつお認めいただきたいと思います。これは、但し院内の食堂だけで、議員会館は別です。

第16回国会 議院運営委員会 第33号(1953/08/03、26期、自由党)

○今村委員 あすにいたします。

第16回国会 議院運営委員会 第34号(1953/08/04、26期、自由党)

○今村委員 お手元に配付してございます昭和三十八年度における国会議員の祕書の期末手当の支給の特例に関する法律案、国会職員法等の一部を改正する法律案、衆議院事務局職員定員規程の一部を改正する規程案及び国会職員の給與等に関する規程等の一部を改正する規程案について、庶務小委員会における審議の経過並びに結果について簡単に御説明申し上げます。  第一に、昭和二十八年度における国会議員の祕書の期末手当の支給の特例に関する法律案は、今回国家公務員に対し、本年末に支給すべき期末手当の一部を臨時に支給することとなりましたので、これに対応いたしまして、議長、副議長及び議員の祕書に対し、国家公務員と同様の割合で、本……

第16回国会 水害地緊急対策特別委員会 第24号(1953/08/06、26期、自由党)

○今村委員 私も併託された長野県に関して初めて発言を申し上げるのでありますが、委員各位の御理解ある態度によりまして、長野県の水害も西日本並びに和歌山県とともに特別委員会に併託されたことは、まことに感謝のほかございません。  ことに長野県の今回の水害は非常に局地的なものでありまして、従つて一つの山村で被害二億を越え、三億近いというようなのがあります。実に惨状目を当てることができないというようなことがあるのでありまして、これは国会でも閉会になりましたら、委員会の各位の視察調査等もぜひこの際お願いいたしておきたいと思うのであります。  ことにわが長野県は、電源開発のいろいろな施設がありまして、ダム等……


■ページ上部へ

第19回国会(1953/12/10〜1954/06/15)

第19回国会 外務委員会 第13号(1954/03/06、26期、自由党)

○今村委員 動議を提出しておきたいのですが、それは外交一般質問の一環でもあります移民の問題を、次会に取上げてもらいたい。これには経済外交と移民外交の調和という点では、外務大臣のほか通産大臣並びに食糧を輸入する責任者として食糧庁長官ですか、その当局の人、それから戦時中に凍結された在外資金のことについては特に大蔵大臣並びに大蔵省の関係者を、ことにブラジルにあります七億とかいう厖大な政府資金、これがいいかげんに扱われておる。これは大問題だと思う。これがどういうように扱われつつあるか、これを明らかにしたいと思う。MSAの問題が提案になる前に、ひとつこれらに対する審議の機会を与えてもらいたいと思うのであ……

第19回国会 外務委員会 第14号(1954/03/10、26期、自由党)

○今村委員 自由党は本案に賛成であります。
【次の発言】 要求してあります政府側の委員はどういうわけでありますか、お見えになつておりません。
【次の発言】 それでは要求してあります政府委員の方にすみやかに来られるよう重ねて要望いたしておきます。私は過去五箇月ほどにわたつて中米、南米を親しく視察して参りました。つまりわが国の南米移民ないしは中米移民はどういうものかを検討いたしたのでありますが、その結果によりますと、大体南米諸国は食糧増産あるいは未開発地の開発等という目的をもつて海外移民を入れようといたしております。もし日本の側におきまして適当なる準備あるいは施策等が行われましたならば、私の一応考……

第19回国会 外務委員会 第18号(1954/03/16、26期、自由党)

○今村委員 関連して。局長さんか、課長さんか、どちらがそういうことを担当されておるか、ただちにお答え願えなければ、資料として出していただきたいのであります。すなわち安全保障条約に基いて日本が貸与しておる基地、この数と、その種類並びに元日本の陸海空軍等のあつた時代に使つておつたものとの比較、つまり日本が戦時中陸海空軍が使つておつたものより場所が多くなつたのか、少くなつたのか、面積は広くなつたのか、このくらいのことは相手国と折衝する際に当然用意されたと思うのでありますが、それな示してもらいたい。ただちにお答え願えなければ、資料としてそれだけのものを書いていただきたいと思います。もしおわかりでしたら……

第19回国会 外務委員会 第48号(1954/05/12、26期、自由党)

○今村委員 私は自由党を代表いたしまして、ただいま上程されております日米相互防衛援助協定等に伴う秘密保護法案に対し、賛成の討論をいたすものであります。  まず本案の必要性であります。この点につきましては、過日国会の承認を得て、五月一日より発効いたしております日米相互防衛援助協定第三条第一項及び附属書Bの規定に基き、アメリカ合衆国政府から供与される秘密の装備品等、または装備品等に関する情報についてその秘密の漏洩・または漏洩の危険を防止するため所要の措置を講ずる必要があります。かつまた過般締結いたしました日本国とアメリカ合衆国との間の船舶貸借協定第七条により、アメリカ合衆国から貸与される船舶につい……

第19回国会 議院運営委員会 第29号(1954/03/16、26期、自由党)

○今村委員 ちようと一つだけ聞かしていただきたいと思います。これは今審議中の原案の中には含まれていないのですが、審査手当というような形で、出席して審査に当る者と、休んでおる者と、つまり簡単に言えば登院しない者と、何かその手当の上で区別したらどうかということを、私個人的の意見ですが考えるのです。先ほど先生から、会社の社長というような収入のある者との差をつけたらどうかという御意見もあつたので私思い出したのですけれども、こういうことはどうお思いになるでしようか。

第19回国会 議院運営委員会 第36号(1954/03/29、26期、自由党)

○今村(忠)委員 ちよつと了解を求めておきますが、外務委員会で、実はMSA協定の承認が今日決定されることになつております。御承知のように、秘密保護法案はMSAの第三条に関連があるからということで、外務委員会に付託したらというようなことが出て来たのであります。その話合いができておつたか、いないかという点が多少今問題にされておりますが、本日MSAを上げるということについては関係のないことで、秘密保護法案は追つて審議する時間があるわけでありますから、その点だけは御了承を願つておきたいと思います。

第19回国会 議院運営委員会 第47号(1954/04/17、26期、自由党)

○今村委員 参議院修正に異議ありません。

第19回国会 議院運営委員会 第55号(1954/05/10、26期、自由党)

○今村委員 留保願います。

第19回国会 議院運営委員会 第59号(1954/05/15、26期、自由党)

○今村委員 これをのむことに異議ありません。


今村忠助[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
23期-24期-25期-|26期|

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院26期)

今村忠助[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
23期-24期-25期-|26期|
第19回国会(1953/12/10〜1954/06/15)

第19回国会 外務委員会公聴会 第1号(1954/03/22、26期、自由党)

○今村委員 ものの考え方の基礎になるというような点で、二つの点からお尋ねしてみたいと思います。  今自衛権の問題が出ております。いわゆる戦力なき自衛力というような言葉が生れて、これについて、ものの考え方の違う両方面からのいろいろな議論があるわけです。そこで私は、安井教授は、自衛権というものを認めておるとしたならば、すなわち自衛力というものをどの程度に考えられておるか。ことに共産主義の武力革命ということが現実の問題として世界の至るところに起きておる。そういう際において、一体自衛力というものは、今いう憲法で認められていない、いわゆる戦力なき自衛力というものをどの程度に考えるべきであるか。このものの……



今村忠助[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
23期-24期-25期-|26期|

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/02/23

今村忠助[衆]在籍期 : 23期-24期-25期-|26期|
今村忠助[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 26期在籍の他の議員はこちら→26期衆議院議員(五十音順) 26期衆議院議員(選挙区順) 26期衆議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。