木村公平 衆議院議員
29期国会発言一覧

木村公平[衆]在籍期 : 23期-24期-25期-|29期|
木村公平[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは木村公平衆議院議員の29期(1960/11/20〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は29期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院29期)

木村公平[衆]本会議発言(全期間)
23期-24期-25期-|29期|
第38回国会(1960/12/26〜1961/06/08)

第38回国会 衆議院本会議 第44号(1961/05/23、29期、自由民主党)

○木村公平君 ただいま議長よりお諮りのありました会期延長の件について、私は、自由民主党を代表いたし、賛成の討論を行なわんとするものであります。(拍手)  このたび会期延長を行ないまするゆえんのものは、現段階における本院並びに参議院の議案の審議の状況にかんがみ、その審議を十二分に尽くし、国政処理の重大任務を全くせんとするためのものであります。それにいたしましても、会期延長の採決にあたりまして、深夜収拾すべからざる混乱をしばしば引き起した過去の事例を想起いたしまするとき、今きわめて平静裏にその賛否を論ずるこの情景こそ、まさに議会主義の一大進歩と申さなければなりません。(拍手)邦家のため慶賀にたえな……

木村公平[衆]本会議発言(全期間)
23期-24期-25期-|29期|

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院29期)

木村公平[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
23期-24期-25期-|29期|
第37回国会(1960/12/05〜1960/12/22)

第37回国会 決算委員会 第3号(1960/12/20、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 ただいま高橋理事からもいろいろ御高説が出たのでありますが、はからずも本日院長が、不用意かどうかは存じませんが、なさった発言は、院長固有のイデオロギーではないかとも考えられるのでございますが、これは国会の国政審議権の根本を否定すると申しますか、ゆすぶる大問題であって、このような思想を持って国会に御出席になって、そうして、われわれの調査権にいわば妨害を与える――という言葉は強過ぎるかもしれませんが、スムーズな調査ができにくい。従って、一番根本の問題は、こういう考え方のもとにおいては調査ができないということでありますから、まず、国会の調査権というもの、国会の審議権というもの、国権の……


■ページ上部へ

第38回国会(1960/12/26〜1961/06/08)

第38回国会 決算委員会 第1号(1960/12/26、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 先ほど来、小川委員、山田委員からの質問がありましたが、その質疑に関連しまして、まだ私の釈然としないところもありますので、一、二問お尋ねいたしたいと思いますが、きょうおいでになりました検査官のお二人は、先日山田会計検査院長がお帰りになってから、国会の当委員会における答弁の内容等の御報告を聞かれて、その結果、三人で検査官の合議をされて、合議の結果、意思統一をされて、ここへ伺われたものと思うのですが、その通り心得てよろしいのか、どうでございますか。
【次の発言】 そういたしますと、今日芥川検査官からお伺いできまする思想は、院長をも含めた合議の結果決定された思想であると心得てよろしい……

第38回国会 決算委員会 第3号(1961/02/09、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 答弁の前に、今の小川委員からの御質疑に対して、ちょっとつけ加えてお尋ねいたしたいことがございますので、申し上げます。  大体先般の当委員会における会計検査院長山田君の発言は出を得ていないというので、当委員会は超党派的に山田院長のイデオロギーともいうべき考え方の根底をなしておる国会軽視の思想に対して、いろいろの角度から御質疑をいたし、他の検査官からの釈明によって大体解明されたのでありますが、特に当日御出席の芥川検査官の御答弁の中に、先般の会計検査院長の当委員会における発言はまことに重大であった、そこで検査官会議を開いて院長からも話を直接聞き、当委員会の記録も十分拝見をいたしまし……

第38回国会 決算委員会 第5号(1961/02/16、29期、自由民主党)【議会役職】

○木村(公)委員長代理 西村力弥君。

第38回国会 決算委員会 第8号(1961/02/24、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 私は、日本道路公団、日本住宅公団、首都高速道路公団等の公団の会計その他に関しまして、若干の質疑をいたしたいと存ずるのであります。  この質疑をいたす動機を少しく申し上げてみたいと思うのでありますが、今年の一月初頭、世間でだいぶ騒いだのでございますが、予算の査定が大蔵省において行なわれました後において、われわれはその査定が必ずしも正鵠を射ておらないというので、あのときは復活の要求を大蔵当局に申し入れ、いろいろその点においては協力――各省に対しては努力した所存であまりすが、その際、まことに奇怪なことが大蔵省から流されたのであります。ことに建設省関係の予算復活にあたりましては、あな……

第38回国会 決算委員会 第9号(1961/03/02、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 ただいまの主計局次長の御説明は、はなはだ簡単で要を得ておらないような印象を私は受けるのであります。一体政府の考え方の根底をお伺いするようなことになりますが、予算については、連日委員会を開いて、まことに精密な審議をなされるのでありますが、決算につきましては、今までは、予算に計上されたものがいかなる形で、どのような経過をたどって、どのように正当に使用されたかというような詳しい調査は、国政調査としてはほとんど調査されなかったようなのが現実でございます。ところが、近年そのような考え方は国会としては間違っておるのじゃないかということの反省がありまして、それから決算委員会等におきましては……

第38回国会 決算委員会 第10号(1961/03/03、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 きょうは、前会に引き続きまして、各種公団関係の質疑を行ないたいと思いますが、初めに建設省の官房長がおられますので、重ねてお伺いいたしておきたいのでございます。先般の官房長のお話では、各公団に対して、建設省には監理官というものがあって十分指導しておるから、いやしくも間違ったことはしていないと思うという御答弁がありましたので、それにつきまして、もう少しお伺いいたしておきたいのでございます。この監理官監督規程というものを見てみますと、いろいろのことが書いてはありますが、実際にその監督規程通り仕事をしておるようにはどうも見受けられない。ほんとうには一体何をやっておるかということをまず……

第38回国会 決算委員会 第12号(1961/03/16、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 これまで大体二回にわたりまして、主として道路公団、住宅公団、首都高速道路公団の事業、その活動状況等について私は質疑を行なって参ったのでございますが、本日はその締めくくりといたしまして、ただいままでのお話で明らかになったことを再確認する意味で、いま一度お尋ねをいたしたいと思う次第であります。  しかしながら、これから私が行なおうとする質疑の御答弁は、道路公団の関係においては総裁にぜひお願いしたいのでありまするが、伺えば、本日は岸総裁は渉外関係等のために御出席が不可能であるというお話でございますので、追って責任を持って総裁から御書面をもって御返答がいただきたい点がありますので、あ……

第38回国会 決算委員会 第13号(1961/03/17、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 私も御同様で、ジェトロというものに対する勉強、調査等がまだできておりません。実は、昨日初めてこれを取り上げることに理事会で決定いたしまして、本日決算報告書をいただいて、まだこれを読むひまもないようなことでございますから、詳しいことは調査に基づきまして、次回の木曜日の定例決算委員会において、同僚議員とともにいろいろお尋ねをいたすことになると存じますが、たとえば私が一見しての印象的には、何かこれは非常にごまかしのような団体だ。日本貿易振興会というものは、性格的には道路公団、住宅公団、あるいはその他公団に類似しておりますが、法律ができまして、日本貿易振興会法というものが、昭和三十三……

第38回国会 決算委員会 第14号(1961/03/23、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 この決算委員会の国政審議が、世間から誤解を受けることがあってはなりませんので、この機会に、幸い通産省からも、本日の国政調査の対象になりまする貿易振興会の役員の方も来ておられますので、決算委員会のあり方というようなことについても、御理解を得ておきたいのでございます。  御承知の通り、国会が予算を承認いたしまして、予算が成立したあとにおきましては、これがいかように使われるかということは、ほとんど各官庁に白紙委任状を与えたような状態であったのが、過去の形であったのでございます。ところが、その後、会計検査院等を通じ、あるいは行政管理庁等を通じまして、白紙委任状を渡したような格好にして……

第38回国会 決算委員会 第15号(1961/03/30、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 日本貿易振興会、いわゆるジェトロの問題につきましては、すでにいろいろの観点からお尋ねをいたしまして、おおむね疑惑は解消いたした次第でございますが、本日は、山田委員からこの問題について二、三の質疑があるやに承っておりましたが、ただいま山田委員がまだ御出席ありませんので、私からも一、二の点について御教示を賜わりたいと存ずる次第でございます。  まず第一点は、日本貿易振興会運営審議会というものがございますが、この委員の選出される手続と、それからこの委員会の権限を伺っておきたいと存じます。
【次の発言】 この貿易振興会の運営審議会の三十六年三月二十三日現在の委員名簿を拝見いたしますと……

第38回国会 決算委員会 第16号(1961/03/31、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 昨日、当委員会におきまして、ジェトロの問題を最終的に質疑を行ないまして、資料の要求をいたしておいたのでありますが、念のため、委員長におかせられましては、昨日、私ども要求をいたしましたジェトロの資料について、さらに一応お聞きをいただいておきたいのでございます。  それは、ささいなことでございますけれども、国費二十万ドルを、現在二ューヨークに常駐しておりまする駒村氏並びに前ニューヨーク州知事でありまするデューイ氏に対し、ジェトロが顧問料として毎年支払つておるということが、当委員会において確認されたわけでございますが、しからば、その二十万ドルの支払いに対して、どのような協力がなされ……

第38回国会 決算委員会 第17号(1961/04/05、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 先日来、本委員会におきまして、第二号実験原子炉の問題が、いろいろな点から当局に対して質疑の形で疑問が解かれつつあったのでありますが、まだ究極的には釈然としない点がありますので、当委員会においても、国政調査の一環といたしまして、国民の血税であります国費の――原子力研究所は、九〇%は国費でございますので、国費の使用に正鵠を得ておったかどうかにつきまして、今日おいでの参考人の方々を通じて、若干お聞きをいたしたいと思うのでございます。  第一にお伺いいたしたいと存じますのは、この第二号実験炉は、伺うところによりますれば、原子力研究所が邦貨でおよそ五億円の国費を投じて導入したものと言わ……

第38回国会 決算委員会 第20号(1961/04/12、29期、自由民主党)【議会役職】

○木村(公)委員長代理 それでは休憩前に引き続き、会議を開きます。  委員長は都合によりおくれますので、私が、その指名により委員長の職務を行ないます。  質疑を続行いたします。小川豊明君。
【次の発言】 勝澤芳雄君。

第38回国会 決算委員会 第21号(1961/04/13、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 私は、本委員会におきまして、運輸省並びに国鉄当局に対しまして、若干の質疑を試みたいと存ずるのでございます。  まず、国鉄総裁にお伺いいたしたいのでございますが、世上いわゆる赤字線と申すものがいろいろ言われておるのでございますが、国鉄当局において赤字線と認められるものは、全国国有鉄道においておよそ何線ありまするか、まず、それをお伺いいたしたいのでございます。
【次の発言】 国鉄当局のいわゆる赤字の解釈でございますが、たとえて申しますると、私から見ました卑近な例で恐縮でございますが、国有鉄道に、岐阜県でございますが、高山駅というものがございます、そこで切符を求めまして乗車をいたし……

第38回国会 決算委員会 第22号(1961/04/14、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 関連して。国会の議論の中には、ただいまの勝澤委員の議論と異なった議論があることをも申し上げて、世人の誤解を解きたいと存じますので、一言質疑をいたしたいと思うのであります。
【次の発言】 たとえば運賃値上げ等の問題につきまして、いろいろお説があるのでございますけれども、もともと国鉄というものは、国営鉄道から公社になったものでありまして、国のものが、たまたまコーポレーションの形になったことは、申し上げるまでもありません。従いまして、昨日、運輸大臣でありましたか、総裁でありましたか、お説によりますれば、もしも今資産の再評価をすれば、少なくとも一兆円以上の資産であろうというお話があっ……

第38回国会 決算委員会 第25号(1961/04/21、29期、自由民主党)【議会役職】

○木村(公)委員長代理 これより会議を開きます。  荒舩委員長は出席がしばらくおくれますので、私が、その指名により委員長の職務を行ないます。  昭和三十三年度決算外三件及び昭和三十四年度決算外三件を一括して議題といたし、郵政省所管及び日本電信電話公社関係について、審査を進めます。  まず、郵政政務次官より、郵政省及び日本電信電話公社の決算の概要について、説明を求めます。森山郵政政務次官。
【次の発言】 郵政省関係の問題につきましては、来週の水曜日に質疑を行なうことといたしまして、本日は、電電公社の当局に、若干の質疑をいたしたいと存じます。  まず、最初にお伺いいたしたいのは、電話公債の問題でご……

第38回国会 決算委員会 第32号(1961/05/18、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 私は、ちょっと新農村の建設、詳しく申せば新農山漁村建設総合対策の運営に関する件につきまして、若干の質疑を行ないたいと思うのでございますが、ただいま所管の局長でありまする振興局長が、ちょっと出ておられるそうでございますから、一つ小さいことから、これはだれの所管でしょうか、水産庁の所管かと思うのですが、たとえばこれも新農山漁村の建設事業の事例の一つでありますが、群馬県の行政監察局からの報告によりますと、群馬県下の川魚を飼う養魚池です。わずか十坪の養魚池が三面ある。これは組合員の遊休労力を利用して、ニジマス、コイを養殖して、そうしてその現金収入をはからせたいという目的で当局は指導さ……

第38回国会 決算委員会 第39号(1961/05/31、29期、自由民主党)【議会役職】

○木村(公)委員長代理 それはあなたの所管ですか。
【次の発言】 所管でないことは、もしも誤解があるといけませんから、所管の方に出てもらったらどうですか。
【次の発言】 どうですか、勝澤君、所管外の人だから、もしも間違いがあったらいかぬから、正鵠を期するために、後日必ずそのチャンスを作りますから……。
【次の発言】 どうです、西村さん、この程度でまた一ぺんやろうじゃありませんか。――それでは、本日はこの程度にとどめます。明日は、大蔵省所管関係決算の審査を行なうことといたし、これにて本日は散会いたします。    午後五時三十八分散会


■ページ上部へ

第39回国会(1961/09/25〜1961/10/31)

第39回国会 決算委員会 第4号(1961/10/17、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 私、宮内庁の経済関係につきまして、若干お尋ねをいたしたいと存ずるものでございます。  皇室財産は、憲法が改められまして、全部国有になったわけでございますね。
【次の発言】 そこで全部国有になったあとの管理の状態、たとえばかつては帝室林野局というようなものがあって、全国各地にりっぱな――私の方で言えば木曽御料林というようなものがございまして、これは世界の宝だといわれるほど実にみごとな樹木があったわけでございますが、その後これが国有になって、林野庁の所管になってから、その管理の状態というものが、かつての皇室財産当時と比較して必ずしもよくないというようなことを伺うわけですが、その問……

第39回国会 決算委員会 第5号(1961/10/19、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 私は、住宅金融公庫につきまして、若干の質疑を試みたいと存ずるものでございます。もちろん、本委員会におきましては、適正なる審議をいたすためにいろいろ疑問点の解明をいたすことが必要でございますので、われわれは与野党を超越いたしまして、真に国民の代表といたしまして、疑わしきものはこれを一つこの場において御釈明を願う、そうして国民に深い理解を持たせるということが、私どもの目的の一つであることをあらかじめ御承知置きをいただいて、御答弁が願いたいのであります。  まず、住宅金融公庫がどういう仕事をなさっておるかにつきましては、私がここで督言を申すまでもなく、公庫法の第十七条に、業務の範囲……

第39回国会 決算委員会 第8号(1961/10/30、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 決算委員会においては、やはり予算が正当に使われたかどうかということの結末をつける意味において決算の審査をいたすわけでございますので、この問題におきましても、そういう意味から一つお聞き取りをいただきたいのでございますが、現在日本の農林省の考えておりまする農地というものに対する根本的の考え方について、私どもに疑惑な点、不明な点が多々ございますので、その点について、実はこれは大臣からお伺いすべきが本筋でありましょう、おそらく最終責任者であります大臣からの御答弁でなければ意義を有しないかもしれませんけれども、突然きょうは農地の問題がここで議論されるということを聞きましたので、用意が足……

第39回国会 決算委員会 第9号(1961/11/10、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 この問題にちょっと関連して、御参考になろうかと思いますので申し上げたいと思いますのは、全国各地に、今いろいろ旧軍用地に対する所有権の有無の問題、所有権確認の問題、あるいは軍と個人との契約無効の問題等が、実は各所にございますが、その通有性とも見られるべきものは、戦争中軍部に協力する意味において軍と契約をして、自分の所有いたしておった土地を正式に手放した。ところが、敗戦後になりまして、その契約が相手方の陸海軍がすでに存在しないというような理由から、無効であると申し立てる人が出てきたり、あるいはまた、その当時の自分のほんとうの意思は、軍用地として買い上げられることに内心反対であった……

第39回国会 決算委員会 第10号(1961/12/07、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 今の関連の質疑でございますが、私は、思想としましては、選挙制度審議会にいたしましても、運輸審議会にいたしましても、昔からそのような審議会無用論なんです。ことに現在、国会制度は常任委員会制度を持っておりますので、運輸行政に関するもろもろの審議は、国民代表が自分の所属しておるところの運輸常任委員会で十分審議を尽くされることが好ましい。そうしてその意見の上に、行政官たる運輸大臣はその意見を最も尊重されて、その線に沿うておやりになることが、私は民主主義の一番大事なところだと思っているのです。しかるところ、昨今の風潮を見てみますると、むしろ官界から、政府筋から、審議会というような、先ほ……

第39回国会 建設委員会 第9号(1961/10/25、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 私は、主として建設当局並びに大蔵当局に対しまして、国土開発縦貫白道車道建設に関しまして、若干の質疑をいたしたいと存ずる次第でございます。  皆さん方の御協力で、本日の朝日新聞の報ずるところによりますれば、多年の懸案でありました高速自動車道の東海道並びに法律に言うところのいわゆる中央道というものの予算づけが内定いたしたようでございます。この予算づけの内容、経過に対しましても、私は若干の議論があるのでございますが、これは後ほどにいたしまして、まず中央道におきましては、東京を起点といたしまして、経過地は詳しく書いてありませんけれども、一応富士吉田までの計画を立てられまして、建設省案……


■ページ上部へ

第40回国会(1961/12/09〜1962/05/07)

第40回国会 外務委員会 第10号(1962/03/09、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 私は自由民主党を代表いたしまして若干の質疑をいたしたいと存じます。  ただいま当委員会において最も問題になっておりまするガリオア援助処理協定の問題でありますが、これの結論は、債務性があるかないかということが結局問題の結論でございます。そこで、これについては昭和二十一年の七月に覚書が出ておるのでございますが、ちょうどその当時私は国会に議席を有しておりましたので、それを思い出しながら外務大臣にお尋ねをいたしていきたいと思います。  世間並びに野党の諸君が今なお、これが単なるお慈悲でもらったものである、債務性がないという議論をなさる根拠が私にはわからない。政府の方でももう少し明確に……

第40回国会 決算委員会 第1号(1961/12/13、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 ちょっと関連をして一つ、二つお尋ねしたいのですが、この間うち、ここの山田委員、それから横路節雄委員から九段会館事件というものが出てきまして、ここで活発な質疑が行なわれたのですが、私ども伺うところによりますと、九段会館というものは国有財産であって、評価委員会で評価をさせても、建物、土地で大体五億円というが、それを日本遺族会に無償で提供して、それを利用することによって、そこから出る果実を育英資金なりいろいろにお使いなさいというので、法律をわざわざ作りまして、そしてその法律に基づいて無償で貸し付けておる。いわば資本金はすべて国有です。それを利用して数億の利益があった場合には、そのう……

第40回国会 決算委員会 第2号(1961/12/15、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 本日、私どもは常任委員長会議を開いたのでありますが、その席上において私から特に発言を求めまして、いよいよ予算の編成が終わりに近づきまして、明日あるいは明後日、大体私どもに内示をされる段階に立ち至ったのでございます。そこで特に私は、こういう時期であればこそ、いよいよ決算委員会においては、予算編成に先立って、過去の予算の使い方というものに対して厳重な審査をすることが必要であるから、決算委員会は年内連続して開くくらいの心がまえでもってわれわれは審査に熱意を示すべきであるということの発言をいたしたのでありますが、満場ことごとく賛成でありまして、予算編成期の直前にあたって、過去の予算が……

第40回国会 決算委員会 第3号(1961/12/21、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 私は、本日、医療金融公庫に関係する若干の調査のための質疑を行ないたいと存じますが、その前に、ただいま国民金融公庫の代表として松田理事が御出席でございますので、国民金融公庫に対しましても、若干の質疑を行ないたいと存ずるものでございます。  まず第一点は、医療金融公庫が設立されますまでは、中小企業金融公庫並びに国民金融公庫が、病院並びに医者等の医療関係者に金融措置を行なって参ったはずでございますが、それにつきまして、まず、いつからいつまで医業者に資金を貸していたか、または現在も、医療金融公庫があるにかかわらず、なお貸しておられるのであるかという点について、伺っておきたいと思います……

第40回国会 決算委員会 第4号(1962/02/05、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 資料の要求があるのです。ただいまの委員長の御報告はすこぶる重大で、これは国会におきましても、当委員会におきましても、とうてい看過することのできない重大な御報告でございますが、口頭の御報告ばかりでは了解しかねるところが多々ありますので、後日成文化されまして、文書としてこれを当委員会に御提出をお願いいたしたい、こう思います。  なお、このような重大な批難を委員長から報告の形においてされました。東北開発会社においても、これに対しては何らかの釈明があろうかと思いますが、もしも釈明がありますれば、これまた書面をもって一つ当委員会に御提出をいただきたいと思うのでございます。  さらに、た……

第40回国会 決算委員会 第5号(1962/02/08、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 ちょっと西村委員の質疑に関連をいたしまして、一、二お尋ねいたしたいのでございますが、その前に、私ども当委員会の委員は、国政調査の一環といたしまして、政府の行ないましたドミニカ移住が失敗であったかどうか、失敗であるとするならば政府はいかなる責任をとるべきであるかということを調査するために、この委員会の審議を続けていくつもりでございますので、率直にいろいろのことをお伺いいたしたいのでございますが、常に私たちはあなた方の味方として、絶えず国民の味方として好意ある審議を続けたいと思いますから、その点御安心の上、いろいろ御発言を願いたいと存じます。  そこで、西村委員のまだお尋ねでない……

第40回国会 決算委員会 第6号(1962/02/12、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 本日は当委員会におきまして、国政調査の一環といたしまして、国有財産でありまする千葉県千葉市の浪花町二十六番地にありまする東大検見川総合運動場について若干の質疑をいたしまして、もって調査の万全を期したいと思う次第でございます。  まず初めに、大蔵省の方にお伺いいたしたいのでありますが、東京大学では総合運動場の必要を認めまして、それの建設のために昭和十四年三月、千葉市から千葉市検見川所在の土地約十万坪を二十二万円余で購入して、現在まで行政財産として管理しておると伺っておるのでありますが、ただいま申しました地に十万坪の国有地がありますかどうか、まず大蔵省の方から伺いたいと思います。

第40回国会 決算委員会 第7号(1962/02/14、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 当委員会は、先般来ドミニカ移住問題につきまして、国政調査の一環として検討を加えて参ったわけでございますが、先般は、ドミニカ移住の引き揚げの方々から、詳細に引き揚げの模様を伺いましたので、本日は、ここに御出席の参考人諸氏のうちから、引き揚げの方々との主張がだいぶ違うようでございますから、その点について少し検討をいたしたいと思いますので、率直に一つお答えをいただきたいと思います。  特に中田弘平君は元農林技官で、現地調査をなさった方でありまして、この中田弘平君の現地調査の上に立って移住が行なわれたような模様でございますので、中田弘平君に対しましては、一つ後ほど十分いろいろ伺いたい……

第40回国会 決算委員会 第8号(1962/02/15、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 当委員会は、先般来、国策会社でありまする東北開発株式会社の不正事件につきまして検討をいたしておるのでありますが、本日はこの内容につきまして、特に先般の本委員会の委員長でありまする鈴木仙八君よりの御報告につきまして、若干の質疑をいたしたいと存ずる次第でございます。  しかしながら、この問題は重大問題でございますので、ここで誤解のないように一言申し上げておきたいと存じますのは、当委員会における私どもの立場は、現総裁であります伊藤保次郎氏の責任を追及しようとするものではございません。現総裁の伊藤保次郎氏は、特に万民から選ばれまして、その廉直を買われて、従来の不正を摘除するために、是……

第40回国会 決算委員会 第9号(1962/02/19、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 私はこの問題には実は門外漢でございますが、承っておると、小さいことのようであるがなかなか根が深いように思われるのです。たとえばAランク、Bランク、Cランクというようなことをおきめになっているそうですが、それは例の検査協会の検査の結果によって、品質の上でAランク、Bランク、Cランクとおきめになっておるのかどうか、その点まず伺っておきたいと思います。
【次の発言】 そうすると、これを決定する場合の品質の基準は、検査協会というものとは関係ない検査によって、Aランク、Bランク、Cランクが決定されるわけですね。機械金属検査協会の検査とは関係ないのですか。

第40回国会 決算委員会 第10号(1962/02/22、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 私は、この際、自由民主党を代表いたしまして、昭和三十四年度決算審議の締めくくりといたしまして、二、三の点につき池田総理大臣の所信を伺いたいと存じます。  御承知の通り、昨今、国会正常化の問題がやかましいおりから、野党の第一党でありまする社会党は、特に決算委員長は当然野党に渡すべきものである旨の要求があるのでございます。そのような事情もございますので、与党たるわれわれは、決して偏狭な、くさいものにふたをするような態度でもって当委員会に臨んでいないことを明確にするためにも、一つ池田総理大臣の明確なる所信を伺いたいと存ずる次第でございます。  その第一点は、政府職員の綱紀粛正の問題……

第40回国会 決算委員会 第11号(1962/02/26、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 私は、前回に引き続きまして、検見川ゴルフ場関係の質疑をいたしたいと存じます。  本日は、文部省の大学学術局長、大蔵省の主計局長または次長が来ておられるはずですが、来ていらっしゃいますか。――これは委員長にちょっと申し上げますが、この検見川の問題は――ひとり検見川だけではございませんが、この決算委員会における決算の調査ということは、予算の審議と同じように重要な問題でございますので、当面の責任者は、文部省においては会計課長かも存じませんが、これは会計課長という地位の方でもって答弁をなさるということは、私どもとしてはどうも納得しかねる。大臣は、あるいはいろいろの所用もありましょうけ……

第40回国会 決算委員会 第13号(1962/03/06、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 この検見川東大ゴルフ場の問題が、当決算委員会において大きく問題にされました根底の私どもの考え方は、まず東京大学という学校が、文部省であるとか、行政管理庁であるとか、会計検査院であるとかいう、いわゆる監督官庁あるいは査察官庁等の忠言であるとか、助言であるとか、あるいは批難であるとかいうようなものに対して、ほとんど無関心である。それは一体どういうことであるかと申せば、はなはだしく政府の言い分を軽視しておるということなんです。政府に対する軽視のイデオロギーが東京大学の幹部にはあるとわれわれは断定をいたしておるわけです。従いまして、本日は鶴田事務局長がおいででありますけれども、実はこ……

第40回国会 決算委員会 第16号(1962/03/15、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 私は、東北開発株式会社の会計に関しまして、若干の質疑を持ちたいと思います。この私の質疑に御答弁をいただく方は、そのつど委員長の許可を得て御答弁をいただくわけでありますが、私もよくお名前等を承知いたしませんので、私の質疑に最も関係の深い方にお立ちをいただいて御答弁をいただきたいと存じます。  いろいろ質疑を申し上げなければなりませんが、初めに東北開発株式会社会計に関する釈明書というものが、前の東北開発株式会社の経理担当者であり、現在は公営企業金融公庫の理事でありまする山本多市参考人から、決算委員長たる鈴木仙八君に出ておりますが、この内容の結論は、決算委員長の報告、鈴木決算委員長……

第40回国会 決算委員会 第17号(1962/03/22、29期、自由民主党)【議会役職】

○木村(公)委員長代理 これより決算委員会を開会いたします。  本日、鈴木委員長所用のため出席がおくれますので、委員長の指名により私がその職務を行ないます。  昭和三十五年度一般会計予備費使用総調書(その2)について承諾を求めるの件外七件を一括して議題といたし、審査を進めます。  質疑の通告があります。これを許します。小川豊明君。
【次の発言】 ちょっとお待ち下さい。――ちょっと小川君に申し上げますが、あなたの質疑のためにお呼びしておる方々は、外務省、農林省、厚生省、運輸省、労働省、総理府、建設省、大蔵省、郵政省でありますが、この順序でやっていただいたらどうですか。

第40回国会 決算委員会 第18号(1962/03/26、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 当決算委員会におきましては、東京大学検見川総合運動場の問題に関しまして、去る二月十二日、二月二十六日、三月六日の三回にわたって慎重に審議をいたし、さらに、二月の十七日にはわざわざ現地視察を行なって参ったことは御承知の通りであります。本日、この総合運動場問題に関係する当局の最高の責任者でありまする文部大臣初め、行政管理庁長官、会計検査院長の御出席が得られましたので、われわれの審議を進めまする上において、また、御出席の最高責任者の方々の御参考にもなると思いますので、数次にわたりまする当委員会の審議の経過の概要を申し述べ、その後に二、三の質疑を私より行ないたいと存ずるのであります。……

第40回国会 決算委員会 第19号(1962/03/29、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 私は、東北開発株式会社会計に関する釈明書が、前東北開発株式会社経理担当理事の山本多市参考人から先般配付を受けましたので、その内容について若干の疑問がございますので、質疑をいたしたいと思いますが、これに対しまして前総裁がきょうは病気で御欠席だそうでございますので、前副総裁から御答弁をいただければ幸いに存ずる次第でございます。  この山木参考人の釈明書の中で、二十一ページでございますが、「セメント代理店に対する債権管理が不適正であり、多額の売掛金が回収不能となる危険を持っているという事について」という見出しで「本件について東光物産(株)、青森建材(株)等に対するセメント売上代金の……

第40回国会 決算委員会 第21号(1962/04/12、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 ちょっと調達庁並びに会計検査院当局にお尋ねしたいのでありますが、これは例の福地用水の問題ですが、事は簡単なようなことですが、根本的に会計検査院と調達庁との間には考えを異にしておるという点があるのです。指摘事項にはこれが指摘されておりませんけれども、調達庁のお話によりますれば、桂川から福地用水という用水を取り入れておる。樋門があって、開閉は自由であるけれども、長年の農民の慣行によってそれは開きっぱなしで、施錠までしてあるのだ、だから、農村の慣行というものは、由来全国的に見て非常に大事なものですから、その慣行というものを重視して、特に全額補助を与えて、用水のコンクリート巻きをした……

第40回国会 決算委員会 第22号(1962/04/17、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 ただいま会社の反省の問題が出ておりますが、この中で一番大きな反省の一つでなければならないことが、伊藤総裁からも山中副総裁からも承れないことは残念でありますが、会社を反省なさるについて、一番大きな障害は、官僚出身の方が幹部におられて、そうしてこれが産業経営の実権を握っていらっしゃる。昔から武士の商法ということがございますが、失礼ながら、長い間官界におられた方が、いきなり産業経営をおやりになるということは無理なことなんです。なるほど、日本の各産業界を見てみますれば、役所から天下ったような人もありますが、それは数にいたしますれば幹部の一部分であります。ところが、東北開発の実態を見て……

第40回国会 決算委員会 第23号(1962/04/24、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 私は、主として総理府関係、ことに農地被買収者問題調査会の性格並びにその審査の内容、並びに農地被買収者問題調査会から委託を受けて結論を出されました世論調査の内容等について、当面の責任者でありまする江守審議室長、古屋調査室長並びに後刻調査会長であるところの工藤君が出て参ることになると思いますので、工藤会長からも詳細にこの問題を伺いたいのであります。  この問題は、世論調査全般の問題にも共通点がございますので、世論調査とは何ぞや、いかなる世論調査を、内閣から委託を受けたところの中央調査社はやっているのか、世論調査の内容を詳しく伺いたいと思います。場合によっては、その世論調査を担当し……

第40回国会 決算委員会 第25号(1962/05/07、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 私は、農地被買収者問題調査会の内容、並びに諮問を受けて調査をいたしたのでありますが、その調査の方法及びその内容等につきまして、若干の疑問がございますので、質疑をいたしたいと思います。 農地の被買収者問題調査会の工藤会長が来ておられますので、調査会の審議の経過あるいはその性格、内容等につきましては、工藤会長から御答弁をいただきますが、その他の質疑に対しましては、それぞれ私の質疑に最も関係の深い方々の御答弁を要求いたすものであります。  質疑に先だちまして、皆様方特に工藤会長の御記憶を新たにいたしますために、調査会発足以来の経過について、私どもの調査の結果を申し上げておきたいと思……

第40回国会 決算委員会 第26号(1962/06/01、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 財政局長を呼んで下さい。  私は地方起債に関する問題について、大臣並びに財政局長に対して若干の質疑があるのでございますが、その前に、自治省の今の幹部諸君は、多く世間で内務官僚といわれておるものでありますが、今度私が体験するところによると、いかにも世間でいわれる内務官僚の典型的なもの、ことに今ここへ参りました奥野財政局長などは、実に言語道断、話にならない。大臣は、最近好評を博しておる映画に「ニュールンベルグ裁判」というのがあるのを御承知かと思うのですが、その映画の中に、われわれがまことに興味深い、政治家ことに官僚諸君が、こういうことはぜひとも知っておいた方がよろしかろうという一……

第40回国会 建設委員会 第11号(1962/03/14、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 私は、いわゆる国土開発縦貫自動車道中央自動車道建設に対しまして、若干の質疑を試みたいと存ずるのでございます。  大臣が問もなくお見えでございましょうけれども、大臣御出席前におきましては、所管局長でありまする道路局長より明確なる御答弁をいただきたいのであります。  すでに御承知かと思いますが、本建設委員会は、昨年の十月二十七日に、国土開発縦貫自動車道中央自動車道建設促進に関する決議を満場一致でいたした次第でございます。それは、道路局長は当時御出席であったかどうかは存じませんが、おそらく中村建設大臣は十分御承知のはずであります。この決議は、現在建設政務次官をやっておりまする木村守……


■ページ上部へ

第41回国会(1962/08/04〜1962/09/02)

第41回国会 決算委員会 第2号(1962/08/29、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 内閣所管のうち、人事院関係について若干お伺いをいたしたいと思います。  まず、人事院の性格でありますが、これは国家公務員法の三条に明らかでありますように、国家公務員法の完全実施を確保するために、さらにその目的を達成するため人事院を設け、この法律実施の責に任ぜしめるというのが、そもそも人事院の発足の基調であろうかと思うのでございます。しこうしてきょうお尋ねいたしたいと思いますのは、そのうちで二十八条に該当する諸問題であります。二十八条は御承知の通り「この法律に基いて定められる給与、勤務時間その他勤務条件に関する基礎事項は、国会により社会一般の情勢に適応するように、随時これを変更……

第41回国会 決算委員会 第3号(1962/08/30、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 私は、出入国管理の面について苦干の御教示を得たいと思います。  まず、外国人が日本に入ってくる場合、正当に入ってくる場合は、これは問題になりませんが、不正に入国する、いわゆる密入国でありますが、密入国の大体年間の概数はどのくらいあるものか、そうしてその国籍、韓国あるいは中共、アメリカその他いろいろあるでございましょうが、その国籍別の密入国者の概数等を一つ局長から御答弁を願います。
【次の発言】 この入国管理局と申しますか、あなたの方の検挙に当たるいわゆる検査官といいますか、そういうような人でなく、出入国動勢とでもいう面から見て、韓国人が年間多いときは二千名、あるいは平時におい……

第41回国会 決算委員会 第5号(1962/10/31、29期、自由民主党)【議会役職】

○木村(公)委員長代理 これより会議を開きます。  津雲委員長、海外旅行中のため、その指名によりまして、私が委員長の職務を行ないます。  昭和三十五年度決算外三件を一括議題といたします。  法務省所管決算につきまして、審査を進めます。  なお、私は質疑の予定がございますので、委員長の席を理事でありまする小川豊明君にかわりたいと存じます。
【次の発言】 本日、私は法務省関係の決算に関係しまして、若干のお尋ねをいたしまして、法務省の代表の方々から一つ釈明をいただきたいと存ずるのでございます。  これはすでに会計検査院の昭和三十三年度決算において、批難事項として指摘されたものであろうかと思うのでござ……

第41回国会 決算委員会 第6号(1962/11/01、29期、自由民主党)【議会役職】

○木村(公)委員長代理 これより会議を開きます。  昭和三十五年度決算外三件を一括議題といたします。  農林省所管決算について審査を進めます。  質疑の通告がありますので、これを許します。小川豊明君。
【次の発言】 私から関連してちょっと局長にお尋ねしたいのですが、ただいまの小川委員からの質疑は、非常に重大な問題で、結局、公有水面を大部分国費をもって埋め立てて開墾した、その分配者が六十四名おって、開墾されたのは二十四万三千坪、しかもその農民の負担は坪当たり八十三円だ。それを耕作することなくして直ちに――土地公社というのはどういう性格のものか知りませんが、工場誘致等のために県や市町村が公社なんか……

第41回国会 決算委員会 第7号(1962/12/06、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 その前にちょっと関連があるので、あわせて御答弁がいただきたいと思います。  ただいまの勝澤委員の御質疑、まことに私も同感でありまして、この問題は前の委員会においても問題になった点でございますけれども、ひとり岡山県だけの問題ではございません。たまたま会計検査院に指摘されたのは岡山県の不正事件でございますけれども、おそらく今日全国の県市町村に公社というものがありまして、これが工場誘致などのために土地の先買いをする。一番ねらう土地はどこかというと、農林省が国費をもって土地改良をやったところを入手すれば一番簡単に土地造成ができるわけであります。住宅にしても、あるいは工場用地としても、……

第41回国会 社会労働委員会 第8号(1962/09/01、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 関連。私は社会党議員団の小千谷税務署における調査の概要につきまして、国政調査の一環として究明をいたしたいと思います。従いまして、詳細に若干の質疑を展開しながら御答弁を求める次第であります。  まず、事実を申し上げることが必要でございますので、大体の概要を私からはっきり申し上げておきます。  これは本年八月七日、日本社会党本部の江田三郎という者の名義で、小千谷税務署長あて、同署調査に対して協力せられたい旨のはがきが送達されたのであります。八月九日に至って、六名の社会党議員団が同署に来署し、調査が行なわれましたが、その概要はおよそ次の通りであるといわれておる。  まず、そのはがき……


■ページ上部へ

第43回国会(1962/12/24〜1963/07/06)

第43回国会 決算委員会 第2号(1963/02/07、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 地下鉄の監査に関する問題でいろいろお伺いしたいのでございますが、民営鉄道部長さんがまだおいでにならないそうでございますから、この機会に運輸大臣にちょっとお尋ねをいたしておきたいと思うのであります。  運輸大臣も国鉄総裁もおいでになるのでございますから、一言申し上げておきたいと思いますのは、私どもが長らくこの決算委員会において、国政調査の一環として各省、政府関係機関の決算をいろいろ調査をいたしました場合に、一番感ぜられますることは、ただいま開かれておりまする国会の予算委員会においては、まことに正論も吐かれ、それから答弁なんかを通じまして、予算の執行は厳格に行われるような答弁がし……

第43回国会 決算委員会 第3号(1963/02/11、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 本日は、三十五年度決算報告に基づきまして、農林省所管の諸問題につきまして若干の質疑のお許しをいただきたいと存じます。  まず初めに、これは政務次官からお答えをいただけばよろしい問題かともも思いますが、関係の局長がよくわかりませんので、御関係の方から御答弁をいただきたいのでございます。  昭和三十五年度の会計検査の報告に掲記されました不当事項といわゆる是正事項は合計三百三十八件でございまして、その金額は八億七千百五十九万円となっておりますが、内訳について所管別に見て参りますと、第一位が大蔵省、これは百十七件、二億七千七百二十八万円ございます。それから第二位が農林省の九十九件でご……

第43回国会 決算委員会 第4号(1963/02/14、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 本日は、帝都高速度交通営団に関しまして若干の質疑を行ないたいと存じます。  質疑に入ります前に、実はただいま予算委員会が聞かれておりますが、たまたま本日は予算委員会において公聴会を行なっておりまして、公聴会の堅頭に三菱銀行頭取の宇佐美君が公述中でございますが、宇佐美君の所見の中で、たまたま公団、営団、公社等いわゆるアメリカにおけるコーポレーションの模倣だと思われるこういう行政機構に対しまして、痛烈な批判が出ておるわけでございます。ちょうど時限はただいまでございます。しこうして政府出資の直接法人は、日本においては大体六、七十現在あります。それから間接出資の法人をも含めますと百以……

第43回国会 決算委員会 第5号(1963/02/18、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 ただいま委員長から、大蔵省関係のうち本日は主として日本専売公社関係のみに限局をして質疑を行なうようにという御要望もございますので、委員長の御要望通り質疑をいたしたいと存じますけれども、その前に、これは質疑ではございませんが、ちょうど大蔵政務次官も来ておられることでございますので、一言質疑に入る前に申し上げておきたいと存じます。それは毎年度のこの会計検査院の決算の検査報告がわれわれの手元へ参っておるわけでございますが、これを通覧いたしますると、いつの場合でも、不当事項あるいは是正事項といわれる会計検査院からよろしくないという意味で指摘をされる事項の一番多いのが大蔵省関係でござい……

第43回国会 決算委員会 第6号(1963/02/21、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 私は厚生大臣に対しまして、今回会計検査院から指摘をされましたうちの、健康保険及び厚生年金保険保険料の徴収不足の件について若干の御教示をいただきたいと思うのでありますが、その質疑に入ります前に、一言厚生大臣にぜひとも御覚悟のほどを承っておきたい点があるのであります。  それは、今、各委員会においても問題になっておりますもろもろの大臣の諮問機関である調査会、審議会等のあり方とその内容、権限等の問題であります。これはひとり厚生省だけの問題ではなく、郵政省におきましても、各省、並びに公社、公団等にも総裁の諮問機関であるところの委員会がございまして、大体私どもの調査によりますと四百以上……

第43回国会 決算委員会 第8号(1963/02/28、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 関連して。この問題は実は本委員会で前にもなくなられました小川委員がきわめて熱心で、私どもも小川委員のおかげで多少勉強させていただいたのであります。今の御質問の要旨は、チェック・プライス制度が昭和三十一年から六年まで存在しておったけれども、実際は競争が過当で、最低価格を割ってないしょで輸出をせざるを得なかったような状態が起きておったのではないか。そこで、そういうような状態の副産物としてリベートの問題が起き、あるいは外為違反であるとか、関税法違反であるとかという問題も起きてきたのだから、チェック・プライス制度というものが、かりに自主的に工業組合なり輸出組合なりから申し出があった価……

第43回国会 決算委員会 第10号(1963/03/12、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 国民金融公庫と中小企業金融公庫の問題につきまして、二、三の質疑を行ないたいと思います。  初めに、書類はいただいておりますが、国民金融公庫の業務方法書のうちの貸付条件には普通貸付と更生資金の貸付と恩給担保貸付の三つがあるようでございますが、このうち主として普通貸付につきまして条件の内容をやや詳細に承りたいと思います。
【次の発言】 借受人の資格ですが、これの御説明は大体この業務方法書にありますが、これをもうちょっと詳しく伺っておきたいのです。
【次の発言】 次に、重大なことは、これは明記されておるわけでありますが、借受人の資格の中で一番大事なことは、つまり事業資金でなければな……

第43回国会 決算委員会 第11号(1963/03/14、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 私は、おめでたい話でございまますから、質疑ということではないのですが、厚生省は今まで予備費でもって急性灰白髄炎緊急対策に必要な経費という項目で、五千七百三十五万六千円のワクチンの輸入経費を計上しておったのでありますが、だんだん国内における研究も進みましてさらに量産もできるようになりまして今度はこの予備費の使用をいたさなくてもよろしいかと思うのでございますが、この点をまず伺っておきまして、もしも予備費を必要としないということになれば、これは国のためにもなかなかけっこうなことだと思うのですがその後どういうような対策をお考えでありますか、その点を一つ厚生省関係の方に伺いたいと思いま……

第43回国会 決算委員会 第12号(1963/03/19、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 ちょっと関連して。西村委員からのいろいろな御質疑を拝聴して、二、三思い出したことがあるのですが、実は今公社、公団の経営の仕方等についても非常な議論がありますし、それから公社、公団の経理の面、仕事の面においても非常なロスがあるというので、これまたしばしば当委員会でも問題になり、各委員会においても、この問題は取り上げております。現にこの問題につきましてもわれわれ取り組んで、今改善策をいろいろ考えておるようなやさきでございます。たまたま一昨年でございましたか、私は建設大臣とともに名神国道の工事ぶりを見に行ったのですが、来年の十二月までに完成するだろうという地区に対しまして、建設大臣……

第43回国会 決算委員会 第13号(1963/03/22、29期、自由民主党)【議会役職】

○木村(公)委員長代理 田川誠一君。
【次の発言】 本日の質疑はこの程度にとどめ、直ちに理事会を開会することとして、これにて散会いたします。    午後一時四十分散会

第43回国会 決算委員会 第16号(1963/05/14、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 ただいま大蔵大臣から三十六年度決算の概要説明を拝聴いたしたのでありますが、末尾において大臣は、「昭和三十六年度の予算の執行につきましては、予算の効率的な使用、経理の適正な運営に極力意を用いてまいったのでありますが、なお、会計検査院から不当事項につきましては、五百七十九件にのぼる御指摘を受けましたことは、まことに遺憾にたえないところでございます。これにつきましては、今後一そう経理の改善に努力を傾注いたしたい所存でございます。」という陳謝文のようなものがあらかじめ載っておりますが、それはそれといたしまして、実は毎年当委員会におきましては、検査報告が出されるごとに検査報告に記載され……

第43回国会 決算委員会 第17号(1963/05/16、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 昭和三十七年度の予備費に関連いたしまして、総理府関係の警察庁並びにこれとうらはらをなします運輸省の自動車行政等につきまして若干の質疑をいたしたいと存じます。  交通安全の焦点は何かという問題が、昨今非常にやかましくいわれておるのでございますが、なかんずく新聞紙等によりますれば、ことしは交通事故が続発いたしまして多数の重軽傷者を新年初頭から出しておるのでありますけれども、三月からまた急にウナギ登りにふえまして、今月五月十二日にはついに四千人を突破し、まさに五千人になんなんとするほどの死者、重軽傷者を数えるに至ったことは、警察庁も御承知のとおりでございます。そこで予備費の御要求も……

第43回国会 決算委員会 第18号(1963/05/21、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 関連。私さっぱりこの事件はわからぬのですけれども、いままでいろいろ述べられたところによりますと、大森川のダムに不正の容疑があるというので、社員であるところの堤課長が六項目か何かの疑問点を出してこれを社外にも発表をし、だれに聞いたか知りませんが、東京の「国会通信」というような新聞にもこれが堂々と載っておる。その上さらにまた、田中委員のところへは誤謬を訂正してくれという意味でありましょうけれども、堤自身が行っておる。私どもの感じでいきますと、こういうばかげた社員というものが一体許されていいのかどうか。かつて満鉄にこれと同じような事件がありまして、満鉄の理事が社長の不正をあばき立て……

第43回国会 決算委員会 第21号(1963/06/04、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 私は裁判所関係の決算につきまして若干のお尋ねをいたしたいと思います。  ただいま決算報告によりますれば、昭和三十六年度の最高裁判所所管の歳出決算は、当初予算が百六十九億五千八百九十二万円余、それから補正追加額が四億二千六百四十六万円余、移しかえ増加額が一億九千四百三十四万円、前年度繰り越し額が二億二千三百六十五万円余、予備費使用額が四千八百七十八万円余、計予算額は百七十八億五千二百十七万円に対しまして、支出済みの歳出額は百六十九億二千五百十八万円余で、翌年度繰り越し額が二億六千八百七万円余、不用額が六億五千八百九十一万余円となっておるわけでございますが、会計制度では歳出予算の……

第43回国会 決算委員会 第22号(1963/06/06、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 人事院の所管事項につきまして、若干の質疑をいたしたいと思います。  まず公務員が私企業へ転職する場合にいろいろの制限があるわけですが、その制限の内容、それから転出の実態等についてまずちょっと伺っておきたいと思います。
【次の発言】 過去五年間くらいの転出の実態を言ってください。
【次の発言】 このことは重大な問題ですが、なかなかわかりにくい問題なんです。そこでわかりよくひとつ御解明を願いたいのですが、たとえば三十六年度に申請に対する不承認がわずか五件あった。その五件の不承認の内容を伺っておきたいし、それから私企業への転出ということばを私が使いましたから数がしぼられておるようで……

第43回国会 決算委員会 第23号(1963/06/11、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 関連してちょっと二、三のことについてお伺いをいたします。  学術会議の性格、実は私どもも不勉強で、山田委員同様よく知らなかったわけでありますが、ただいまの御説明によって学術会議法によってこれができたものだ、これは総理府の一機関であるということ、さらに科学者の内外の代表機関であるという御説明でありましたが、これは学術会議法によってそのようなことばが表現されておるのですか。それとも他に何か意味があるのですか。
【次の発言】 科学というものを広く国民に浸透させるということが学術会議の主たる目的ですか。
【次の発言】 政治にはどのような関連を持っておりますか。政治にも介入するというこ……

第43回国会 建設委員会 第3号(1963/02/13、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 私は建設大臣に主として中央道に関しまして御所見を伺っておく必要がありと存じますので、この機会に御所見のお漏らしをいただきたいと思う次第でございます。  建設大臣は天才的の方で、私は将来必ず宰相になられる方だと思いまして、あるいはその着想などを伺っておりますと、実に天才的でもあるし、実行力もありますし、将来天下を率いられる方だと思ってかねがね尊敬をいたしておるのでございますが、ただ一つだけ、どうしても納得ができないことがあります。おそらくこれは大臣が、まだこの点について十分な歴史の御研究と、それから御認識が少し足りないからではなかろうかと思うのであります。あるいはさらに勘ぐって……

第43回国会 建設委員会 第8号(1963/03/06、29期、自由民主党)

○木村(公)委員 きょう本委員会は土地区画整理法の一部を改正する法律案並びに共同溝の整備等に関する特別措置法案並びに住宅金融公庫法及び日本住宅公団法の一部を改正する法律案等御審議をなさる御予定でございますときに、突如新産業都市建設促進法案につきまして質疑をいたしますことは、委員諸君に対してまことに礼を失するかと存じますが、実は昨日の夕刊に新産業都市の閣議決定ながなされたという記事が出ましたので、これに関心を寄せる全国の産業都市を待望しておるところの都道府県におきまして、おそらく重大な関心を持っておると思いますので、この機会に場所柄は少々どうかと思いますけれども、幸いきょうは建設省からも計画局長……


木村公平[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
23期-24期-25期-|29期|

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院29期)

木村公平[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
23期-24期-25期-|29期|
第38回国会(1960/12/26〜1961/06/08)

第38回国会 決算委員会国有財産の増減及び現況に関する調査小委員会 第1号(1961/02/03、29期、自由民主党)

○木村(公)小委員 上野参考人にお伺いするのですけれども、結論は、それではあなたは一千万延原にお出しになったのか、二千万お出しになったのか。
【次の発言】 あなたのふところから二千万現金でお出しになった。一度に。
【次の発言】 結局二千万はお払いになったわけですね。
【次の発言】 そうして一切の権利を継承されたわけですか。
【次の発言】 それは法律上の継承をされたわけですか、弁護士も立ち会いの上で。
【次の発言】 ちょっとお伺いするのですが、私は、これは全貌はまだ何もわからないので、これからいろいろお伺いするのですが、結論的に言うと、あなたの二千万円が被害を受けられて、結局交換は今なおできてお……

第38回国会 決算委員会国有財産の増減及び現況に関する調査小委員会 第2号(1961/02/06、29期、自由民主党)

○木村(公)小委員 ちょっと議事進行ですが、私どもがこの委員会で聞きたいのは、国有財産に重大な損害を与えたということなんだから、それで一体向こうの都島の土地が時価幾らくらいか……o
【次の発言】 ちょっと私からお尋ねいたします。上野さんが仮処分を取り消させることが国家のためになるという判断から、良島さんに損害金を支払って仮処分を取り消させた、そうして書類をあなたの方に全部返却した。この二千万円で処分を取り消させたということは知っているのですか、二千万円出したということは。
【次の発言】 これはもう一ぺんあなたにお尋ねしたいが、重大な問題だと思います。仮処分を取り消させることが焦眉の急であるとい……

第38回国会 決算委員会国有財産の増減及び現況に関する調査小委員会 第6号(1961/04/03、29期、自由民主党)

○木村(公)小委員 ちょっと関連して。僕は、ここで根本的のことにちょっと疑惑があるのですが、あなたの質疑はずっと続くのですか。
【次の発言】 きょう御出席の参考人の方には直接関係がありますかどうか存じませんが、国有財産の増減及び現況に関する根本問題に触れますので、その点について、御調査方を一つ委員長に御要望いたしたいと思うのであります。  このただいま議題になっておりまする国有財産の増減及び現況に関する件の、大阪の拘置所跡の土地に関する問題でございますが、これは私ども国民の代表としてここへ出て参りまして、何にもそれには利害の関係がございません。冷静に客観的に見てみますると、国民の感情からいたし……

第38回国会 建設委員協議会 第1号(1961/07/03、29期、自由民主党)

○木村公平君 今岡本君からいろいろ気象に関する質問が出ておったようでございますが、これに関連して、ちょうど長官も来ておられますので、私からも若干の質疑を申し上げて御教示を得たいと思うわけであります。  おそらく日本の気象学は世界的なもので、ことに和達長官はその道の世界的なベテランであることは今さら私が申し上げるまでもないことと存ずるのでございます。従って、非常に敬服をいたしておるのでございますけれども、ただ私どもの琴線に触れませんのは、いつの集中豪雨による災害でも、伊勢湾台風といい、あるいは九州災害といい、今度の集中豪雨災害といい、おそらく災害の予知はできなかったにせよ、これほどの雨量が若干で……

第38回国会 災害対策協議会 第4号(1961/07/20、29期、自由民主党)

○木村(公)協議委員 ちょうど大蔵大臣、農林大臣、大事な方がおいでいただいておりますので、あるいはまだこの点御検討になっておらぬかと思いますので、念のために申し上げておきたいのでありますが、この災害対策協議会の設立されました要綱の第六に、「協議会は、災害対策に関し、必要な措置について決定を行なったときは、その実現方をはかるために必要な法律案を起草し、又は政府に対し適切な措置」、たとえば立法措置等をも含めて「適切な措置を講ずるよう要求する。」ということを、実は昭和三十六年七月四日の本院の議院運営委員会の理事会において、満場一致でこの要綱を決定いたしましたので、さような性格の協議会であるということ……

第38回国会 災害対策協議会 第5号(1961/07/21、29期、自由民主党)

○木村(公)協議委員 私は、まず初めに、建設省関係の、政治的な問題でなく、主として事務上の問題について、当局にお尋ねをいたしたいと存じます。非常にこまかな問題にわたりますので、恐縮でございますが、いろいろ御教示をいただきたいと存ずる次第でございます。  まず、河川局長が御出席でございますので、河川局長にお伺いいたしたいのでございますが、昨今、非常に水田をつぶしまして宅地が造成される風潮が多いということは、御承知の通りでございます。さらにまた、政府といたしましても、所得倍増の見地から、農村に工場等を誘致する、そうして農村の次三男対策にも資するというような考え方を持っておることをも、御承知かと存ず……

第38回国会 災害対策協議会 第6号(1961/07/25、29期、自由民主党)

○木村(公)協議委員 やがて大臣が御出席でございますので、政治的な問題につきましては大臣に直接にお伺いをいたしたいと存ずるのでありますが、河川局長がただいま御出席でございますので、技術上の問題について、一、二お伺いをいたしたいと存じます。今次の災害あるいは伊勢湾台風の災害等を通じまして、一番常識的に、素朴に考えられますることは、まず、水源の涵養、それから大河川、中小河川の改修、なかんずく改修のうちでも浚渫ということが最も肝要であろうかと存ぜられるのでございます。それから第三点は、低地区における排水溝の改修、あるいは機械排水の増強、このようなことが災害対策としては最も抜本的なものではなかろうかと……

第38回国会 災害対策協議会建設小委員会 第2号(1961/08/03、29期、自由民主党)

○木村(公)小委員 限度戸数と一緒だろう。
【次の発言】 それ以上必要なことは書いてない。
【次の発言】 持ち家というのは、自分の所有する家ということですか。
【次の発言】 今度の災害が、昭和三十四年の伊勢湾台風に準ずるという災害の規模に関する見方、考え方は、すでに当小委員会においてもこれを承認いたした次第でございますので、今回立法の措置をいたしまするもろもろのこれからの議論の過程におきましても、それがまず大前提であることは言うまでもないと存じます。そこで、ただいま建設省当局からいろいろの御設明を伺ったわけでございますが、御説明を伺ったうちで、今回伊勢湾台風に準ずるような特別措置法を作るという……

第38回国会 災害対策協議会建設小委員会 第3号(1961/08/08、29期、自由民主党)【議会役職】

○木村(公)小委員長代理 これより災害対策協議会建設小委員会を開きます。  お手元に配付してあります法案要綱につきまして、御懇談を願いたいと存じます。
【次の発言】 これにて懇談会を終わります。  ただいまは公共土木関係の項目について御協議を願ったのでありますが、次に、堆積土砂の排除に関する特別措置これの法案の、これまた参考要綱が出ております。お手元に届いていると思いますから、一応読んでみます。  堆積土砂の排除に関する特別措置  (定義)  第一 この法律において「堆積土砂」とは、昭和三十六年六月及び七月の豪雨に伴い発生した土砂等の流入、崩壊等により政令で定める地域内に堆積した政令で定める程……

第38回国会 災害対策協議会建設小委員会 第4号(1961/08/09、29期、自由民主党)

○木村(公)小委員 もう少し具体的に政令の内容を言うて下さい。具体的に三十ヘクタールとかなんとかいうことが問題になっているんだから……。
【次の発言】 昭和三十六年六月及び七月の豪雨による堆積土砂及び湛水の排除に関する特別措置法案の要綱の第三に、「国は、地方公共団体その他政令で定める者が湛水の排除事業を施行する場合においては、予算の範囲内において、その事業費の十分の九を補助することができるものとすること。」さらに、二項といたしまして、「前項の規定による補助金の交付の事務は、政令で定める区分に従って農林大臣又は建設大臣が行なうものとすること。」ということになっております。そこで、ただいまの奥田参……

第38回国会 災害対策協議会建設小委員会 第5号(1961/08/18、29期、自由民主党)

○木村(公)小委員 大蔵省当局に対しまして、若干の質疑をいたしたいと思います。  それは、当委員会の公共土木の関係でございますが、大体委員会において結論を得ました考え方といたしましては、今回の災害、すなわち、昭和三十六年六月、七月、八月に生じたる集中豪雨による災害に際しましては、政令で激甚地というものをきめまして、その激甚地に対しましては、国庫負担法の比率を左のようにきめたいという思想でございます。左のようにきめたいと申しますのは、一は、当該地方公共団体の昭和三十六年度の標準税収入の二分の一に相当する額までの額については十分の八、二は、当該地方公共団体の昭和三十六年度の標準税収入の二分の一をこ……



木村公平[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
23期-24期-25期-|29期|

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/02/23

木村公平[衆]在籍期 : 23期-24期-25期-|29期|
木村公平[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 29期在籍の他の議員はこちら→29期衆議院議員(五十音順) 29期衆議院議員(選挙区順) 29期衆議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。