竹本孫一 衆議院議員
31期国会活動統計

竹本孫一[衆]在籍期 : 30期-|31期|-32期-33期-34期-35期-36期
竹本孫一[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは竹本孫一衆議院議員の31期(1967/01/29〜)の国会活動を整理しています。国会での質問や答弁は31期国会発言一覧で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

本会議発言(衆議院31期)

本会議発言統計

国会会期
期間
発言
文字数
議会役職
政府役職



(特別:1967/02/15-1967/07/21)
2回
5664文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第56回国会
(臨時:1967/07/27-1967/08/18)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第57回国会
(臨時:1967/12/04-1967/12/23)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第58回国会
(通常:1967/12/27-1968/06/03)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第59回国会
(臨時:1968/08/01-1968/08/10)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第60回国会
(臨時:1968/12/10-1968/12/21)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(通常:1968/12/27-1969/08/05)
1回
4086文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第62回国会
(臨時:1969/11/29-1969/12/02)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字



31期通算
(1967/01/29-1969/12/26)
3回
9750文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

※「議会役職」は議長、副議長など国会の役職、「政府役職」は大臣などの内閣、政府関係の役職が記録に付されていた場合を集計しています。


本会議発言時役職

 期間中、衆議院本会議での議会役職、政府役職の立場からの発言なし。


竹本孫一[衆]本会議発言(全期間)
30期-|31期|-32期-33期-34期-35期-36期

■ページ上部へ

委員会・各種会議(衆議院31期)

委員会出席・発言数

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


38回
(26回)
11回
(0回
0回)
71430文字
(0文字
0文字)

3回
(3回)
1回
(0回
0回)
10589文字
(0文字
0文字)

第57回国会
5回
(5回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

36回
(33回)
9回
(0回
0回)
62544文字
(0文字
0文字)

5回
(5回)
2回
(0回
0回)
14894文字
(0文字
0文字)

2回
(2回)
1回
(0回
0回)
7214文字
(0文字
0文字)

44回
(44回)
8回
(0回
0回)
39646文字
(0文字
0文字)


31期通算
133回
(118回)
32回
(0回
0回)
206317文字
(0文字
0文字)

※出席数は委員としての出席を数えています。大臣、政府委員など委員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など委員以外の立場での発言を含みます。「議会」は委員長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議出席・発言数

※本会議、常任委員会、特別委員会以外の集計可能な各種会議について集計したものです。具体的には、小委員会、分科会、公聴会、調査会、審査会などです。

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


4回
(0回)
2回
(0回
0回)
14222文字
(0文字
0文字)

3回
(0回)
1回
(0回
0回)
666文字
(0文字
0文字)

3回
(0回)
3回
(0回
0回)
19106文字
(0文字
0文字)

1回
(0回)
1回
(0回
0回)
514文字
(0文字
0文字)

7回
(0回)
5回
(0回
0回)
25343文字
(0文字
0文字)


31期通算
18回
(0回)
12回
(0回
0回)
59851文字
(0文字
0文字)

※出席数は会議の構成員としての出席を数えています。大臣、政府委員など構成員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」はその会議の幹部として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など構成員以外の立場での発言を含みます。「議会」はその会議の長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。一部会議の出席は未集計です。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
委員会名



1位
128回
(118回)
30回
(0回
0回)
大蔵委員会

2位
5回
(0回)
2回
(0回
0回)
予算委員会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
各種会議名


1位
6回
(0回)
2回
(0回
0回)
大蔵委員会金融及び証券に関する小委員会

2位
4回
(0回)
4回
(0回
0回)
予算委員会第四分科会

3位
3回
(0回)
3回
(0回
0回)
予算委員会第二分科会

4位
2回
(0回)
2回
(0回
0回)
予算委員会第三分科会

4位
2回
(0回)
1回
(0回
0回)
予算委員会公聴会

6位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
大蔵委員会財政制度に関する小委員会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会委員長経験

 期間中、委員長経験なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会委員長代理経験

 期間中、委員長代理経験なし。

※開催された委員会に委員長代理、委員長代理理事として出席した場合を委員長代理経験として数えています。記録上これら役職に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会理事経験

大蔵委員会(第55回国会)
大蔵委員会(第56回国会)
大蔵委員会(第57回国会)
大蔵委員会(第58回国会)
大蔵委員会(第59回国会)
大蔵委員会(第60回国会)
大蔵委員会(第61回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


各種会議役職経験

 期間中、各種会議役職経験なし。

※開催された各種会議にその会議の役職として出席した場合を各種会議役職経験として数えています。記録上役職に就任していても、該当会議が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

竹本孫一[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
30期-|31期|-32期-33期-34期-35期-36期

■ページ上部へ

質問主意書(衆議院31期)

質問主意書提出数

国会会期期間提出数


第55回国会(特別:1967/02/15-1967/07/21)0本
第56回国会(臨時:1967/07/27-1967/08/18)0本
第57回国会(臨時:1967/12/04-1967/12/23)0本
第58回国会(通常:1967/12/27-1968/06/03)1本
第59回国会(臨時:1968/08/01-1968/08/10)0本
第60回国会(臨時:1968/12/10-1968/12/21)0本
第61回国会(通常:1968/12/27-1969/08/05)1本
第62回国会(臨時:1969/11/29-1969/12/02)0本


31期通算(1967/01/29-1969/12/26)2本
※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

質問主意書・政府答弁書一覧


第58回国会(1967/12/27〜1968/06/03)

国際金融危機に備える政府の施策に関する質問主意書

第58回国会 衆議院 質問主意書 第7号(1968/03/21提出、31期、会派情報無し)
質問内容
世界平和秩序の根幹として、国際決済通貨と国際金融の安定は、不可欠な条件であるが、昨年十一月のポンド切下げに始まる国際金融不安は、ついに本月十八日における七箇国金プールの解体と金価格の二本建て容認の事態にまで拡大し、国際決済通貨と金価格の動揺、世界経済のデフレ化のおそれなど、経済危機感が世界的に高まつている。七箇国金プール会議で決定した方針によつて、ドル・ポンドは一時的に小康を保つであろうが、米英の…
答弁内容
一 政府の政治責任について
外貨および金準備の保有高については、わが国が今日まで達成してきた高度の経済成長とあわせて、これを総合的に判断すべきものであり、その点からみてわが国の外貨準備政策は妥当なものであつた。
わが国経済は従来においても強い国際競争力に支えられ、また適切な経済運営により国際収支の困難を円滑に調整してきたが、今後も基本的には適切な産業政策により産業の国際競争力を強め輸出の振興を…

■ページ上部へ

第61回国会(1968/12/27〜1969/08/05)

技術革新と鉄鋼業政策の整備確立に関する質問主意書

第61回国会 衆議院 質問主意書 第12号(1969/07/22提出、31期、会派情報無し)
質問内容
公正取引委員会は、八幡製鉄と富士製鉄両株式会社の合併申請について、目下審判中であるが、本件についての政府の産業政策上の見解は、はなはだしく明確を欠いている。特に今後の技術革新との関連における見解が不十分なので、次の諸点につき、政府の見解を明らかにされたい。
一 鉄鋼業における技術革新の展望
わが国の鉄鋼業は現在では世界的に優位な立場にあるが、近い将来における製鉄技術が現行の高炉とコークス依存の…
答弁内容
一 鉄鋼業の技術革新についての展望
(一) 今後の鉄鋼業の新技術分野としては、高炉によらない製鉄法、連続製鋼法、リムド鋼の連続鋳造法、鋼材の高張力化、一貫製鉄所の無人操業化等があり、とくに、長期的な原料事情からみると原子力製鉄等高炉によらない製鉄法が重要なものであり、これらが将来の世界の鉄鋼業のあり方に大きな影響を及ぼすものとみられる。このため、各国とも意欲的に開発研究をすすめており、わが国鉄鋼…

竹本孫一[衆]質問主意書(全期間)
30期-|31期|-32期-33期-34期-35期-36期
■ページ上部へ

会派履歴(衆議院31期 ※参考情報)

民主社会党 (第55回国会、初出日付:1967/03/18、会議録より)
民主社会党 (第56回国会、初出日付:1967/10/18、会議録より)
民主社会党 (第58回国会、初出日付:1968/02/27、会議録より)
民主社会党 (第59回国会、初出日付:1968/08/07、会議録より)
民主社会党 (第60回国会、初出日付:1968/12/17、会議録より)
民主社会党 (第61回国会、初出日付:1969/02/21、会議録より)
民社党 (第61回国会、初出日付:1969/11/21、会議録より)

※このデータは、議員の本会議、委員会等での発言時と、質問主意書(2000年7月以降)提出時の記録から作成しています。そのため、議員がこれらの活動を行わなかった場合には会派は記録されません。会派への所属期間が短い場合、会派の存続期間が短い場合、会派名称が短期間で変更される場合なども、所属会派が記録されない可能性が高くなります。また、会議録の不正確なデータを修正していないため、会派移動を繰り返したような履歴が表示されることがあります。


議会・政府役職(衆議院31期 ※参考情報)

 期間中に国会での議会役職、政府役職の立場からの発言記録なし。

※このデータは、国会会議録検索システムの発言データに付随する情報を元に補完、修正して作成しています。重要役職に就いていた場合でも、衆議院での発言がない場合には記録なしとなります。発言回数が膨大なため誤記録の絶対数が多く、また修正を機械的に行っているため、粗いデータとなっています。委員会の委員長など委員会、各種会議の役職については、出席データを元に作成している委員会のデータを参照して下さい。

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2021/09/17

竹本孫一[衆]在籍期 : 30期-|31期|-32期-33期-34期-35期-36期
竹本孫一[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 31期在籍の他の議員はこちら→31期衆議院議員(五十音順) 31期衆議院議員(選挙区順) 31期衆議院統計



■著書
2020年10月新刊