久保三郎 衆議院議員
33期国会活動統計

久保三郎[衆]在籍期 : 28期-29期-30期-31期-32期-|33期|-34期-35期-36期
久保三郎[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは久保三郎衆議院議員の33期(1972/12/10〜)の国会活動を整理しています。国会での質問や答弁は33期国会発言一覧で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

本会議発言(衆議院33期)

本会議発言統計

国会会期
期間
発言
文字数
議会役職
政府役職



(特別:1972/12/22-1973/09/27)
2回
1799文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第72回国会
(通常:1973/12/01-1974/06/03)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第73回国会
(臨時:1974/07/24-1974/07/31)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第74回国会
(臨時:1974/12/09-1974/12/25)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第75回国会
(通常:1974/12/27-1975/07/04)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第76回国会
(臨時:1975/09/11-1975/12/25)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第77回国会
(通常:1975/12/27-1976/05/24)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第78回国会
(臨時:1976/09/16-1976/11/04)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字



33期通算
(1972/12/10-1976/12/04)
2回
1799文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

※「議会役職」は議長、副議長など国会の役職、「政府役職」は大臣などの内閣、政府関係の役職が記録に付されていた場合を集計しています。


本会議発言時役職

 期間中、衆議院本会議での議会役職、政府役職の立場からの発言なし。


久保三郎[衆]本会議発言(全期間)
28期-29期-30期-31期-32期-|33期|-34期-35期-36期

■ページ上部へ

委員会・各種会議(衆議院33期)

委員会出席・発言数

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


57回
(23回)
31回
(23回
0回)
142472文字
(26367文字
0文字)

34回
(0回)
11回
(0回
0回)
126668文字
(0文字
0文字)

7回
(0回)
3回
(0回
0回)
27016文字
(0文字
0文字)

第74回国会
3回
(0回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

29回
(0回)
10回
(0回
0回)
74839文字
(0文字
0文字)

10回
(0回)
4回
(0回
0回)
34128文字
(0文字
0文字)

23回
(0回)
7回
(0回
0回)
55387文字
(0文字
0文字)

8回
(0回)
2回
(0回
0回)
22666文字
(0文字
0文字)


33期通算
171回
(23回)
68回
(23回
0回)
483176文字
(26367文字
0文字)

※出席数は委員としての出席を数えています。大臣、政府委員など委員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など委員以外の立場での発言を含みます。「議会」は委員長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議出席・発言数

※本会議、常任委員会、特別委員会以外の集計可能な各種会議について集計したものです。具体的には、小委員会、分科会、公聴会、調査会、審査会などです。

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


4回
(0回)
3回
(0回
0回)
16972文字
(0文字
0文字)

1回
(0回)
1回
(0回
0回)
8241文字
(0文字
0文字)

11回
(0回)
10回
(1回
0回)
28334文字
(8文字
0文字)

1回
(0回)
1回
(0回
0回)
2387文字
(0文字
0文字)


33期通算
17回
(0回)
15回
(1回
0回)
55934文字
(8文字
0文字)

※出席数は会議の構成員としての出席を数えています。大臣、政府委員など構成員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」はその会議の幹部として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など構成員以外の立場での発言を含みます。「議会」はその会議の長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。一部会議の出席は未集計です。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
委員会名



1位
98回
(0回)
34回
(0回
0回)
運輸委員会

2位
69回
(23回)
30回
(23回
0回)
交通安全対策特別委員会

3位
2回
(0回)
2回
(0回
0回)
予算委員会

4位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
建設委員会

4位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
物価問題等に関する特別委員会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
各種会議名


1位
8回
(0回)
7回
(1回
0回)
運輸委員会日本国有鉄道に関する小委員会

2位
3回
(0回)
3回
(0回
0回)
予算委員会第四分科会

3位
2回
(0回)
2回
(0回
0回)
予算委員会第五分科会

3位
2回
(0回)
1回
(0回
0回)
運輸委員会公聴会

5位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
予算委員会第二分科会

5位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
予算委員会第一分科会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会委員長経験

交通安全対策特別委員会(第71回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会委員長代理経験

 期間中、委員長代理経験なし。

※開催された委員会に委員長代理、委員長代理理事として出席した場合を委員長代理経験として数えています。記録上これら役職に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会理事経験

 期間中、理事経験なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


各種会議役職経験

 期間中、各種会議役職経験なし。

※開催された各種会議にその会議の役職として出席した場合を各種会議役職経験として数えています。記録上役職に就任していても、該当会議が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

久保三郎[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
28期-29期-30期-31期-32期-|33期|-34期-35期-36期

■ページ上部へ

質問主意書(衆議院33期)

質問主意書提出数

国会会期期間提出数


第71回国会(特別:1972/12/22-1973/09/27)1本
第72回国会(通常:1973/12/01-1974/06/03)1本
第73回国会(臨時:1974/07/24-1974/07/31)0本
第74回国会(臨時:1974/12/09-1974/12/25)1本
第75回国会(通常:1974/12/27-1975/07/04)0本
第76回国会(臨時:1975/09/11-1975/12/25)0本
第77回国会(通常:1975/12/27-1976/05/24)0本
第78回国会(臨時:1976/09/16-1976/11/04)0本


33期通算(1972/12/10-1976/12/04)3本
※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

質問主意書・政府答弁書一覧


第71回国会(1972/12/22〜1973/09/27)

成田空港航空機燃料暫定輸送に関する質問主意書

第71回国会 衆議院 質問主意書 第26号(1973/09/27提出、33期、会派情報無し)
質問内容
成田空港の開港をあせる新東京国際空港公団(以下「空港公団」という。)は、その開港「遅延」の責任を内部に求めず、形式的なとりつくろいの積み重ねによつて外部に転嫁し、又しようとしている。成田「本格」パイプラインによる航空機燃料輸送計画に失敗した空港公団は、自らの責任を隠蔽し、その失敗の原因を追求して自らの反省の糧にすることなく、「そこのけ、そこのけ、空港公団様のお通りだ。」とばかりに、とばつちりを周辺…
答弁内容
一について
(1)及び(11) 暫定輸送期間としては、開港時から約三年間を考えており、この間に本格パイプラインを完成させる予定である。
(2) 新東京国際空港公団(以下「公団」という。)の本格パイプラインの建設状況(昭和四十八年九月二十七日現在)は、次のとおりである。
(印刷)
')
}
//-->
(3) 千葉市内水道道路工区以外の工区で、未着工の国道、県道及び河川の横断部等の工事…

■ページ上部へ

第72回国会(1973/12/01〜1974/06/03)

新東京国際空港公団が犯した農地法に係る違法行為に関する質問主意書

第72回国会 衆議院 質問主意書 第19号(1974/04/05提出、33期、会派情報無し)
質問内容
新東京国際空港公団(以下「空港公団」という。)は、千葉港頭・成田空港間のいわゆる本格パイプライン施設及び成田市の土屋・吉倉間のいわゆる暫定パイプライン施設を設置するに当たり、農地法にいう農地転用に係る許可を受けずに設置工事に着手した。農地法第九十二条によれば、かかる違法行為に対しては、三年以下の懲役又は十万円以下の罰金に処するとされている。
昭和四十九年三月八日、衆議院予算委員会第五分科会におい…
答弁内容
一について
(1)及び(2) 暫定輸送計画の方針が決定されてから着工まで一年以上も要したのは、次のような事情によるものである。
(一) 新東京国際空港公団(以下「公団」という。)では、当初成田市土屋から新東京国際空港(以下「新空港」という。)までの間の輸送手段はタンクローリーによることを考えていたが、その後、成田市長からの要望もあつて暫定パイプラインに変更したこと。
(二) 暫定パイプライン…

■ページ上部へ

第74回国会(1974/12/09〜1974/12/25)

国営高浜入干拓事業に関する質問主意書

第74回国会 衆議院 質問主意書 第5号(1974/12/23提出、33期、会派情報無し)
質問内容
国営高浜入干拓事業は次の理由により、その事業を中止し、本年度当該事業予算の執行を取りやめ、昭和五十年度予算要求は見合わせるべきであると思うがいかん。
一 高浜入干拓事業は、当初、農家の二、三男対策、食糧(米)増産対策として昭和三十五年度より調査が開始され、昭和四十二年度国営干拓事業に認定、現在に至つているが、すでにその目的とするところは失われ、大きく変ぼうした。本事業は、米の生産調整施策が打ち出…
答弁内容
昨今の世界の食糧事情にかんがみ、我が国の食糧自給力の向上が要請されている折から、農用地の確保は国の基本的課題であり、高浜入干拓事業についても、五十年度予算編成において継続事業として実施することについて検討しているところである。
なお、今後とも事業実施に当たつては、地元県、市町村との連絡を密にし、地元情勢も十分考慮して対処する所存である。
右答弁する。

久保三郎[衆]質問主意書(全期間)
28期-29期-30期-31期-32期-|33期|-34期-35期-36期
■ページ上部へ

会派履歴(衆議院33期 ※参考情報)

日本社会党 (第71回国会、初出日付:1972/12/26、会議録より)
日本社会党 (第72回国会、初出日付:1973/12/18、会議録より)
日本社会党 (第73回国会、初出日付:1974/10/23、会議録より)
日本社会党 (第75回国会、初出日付:1975/02/14、会議録より)
日本社会党 (第76回国会、初出日付:1975/11/19、会議録より)
日本社会党 (第77回国会、初出日付:1976/02/28、会議録より)
日本社会党 (第78回国会、初出日付:1976/10/05、会議録より)

※このデータは、議員の本会議、委員会等での発言時と、質問主意書(2000年7月以降)提出時の記録から作成しています。そのため、議員がこれらの活動を行わなかった場合には会派は記録されません。会派への所属期間が短い場合、会派の存続期間が短い場合、会派名称が短期間で変更される場合なども、所属会派が記録されない可能性が高くなります。また、会議録の不正確なデータを修正していないため、会派移動を繰り返したような履歴が表示されることがあります。


議会・政府役職(衆議院33期 ※参考情報)

第71回国会
交通安全対策特別委員長議会

第75回国会
運輸委員会日本国有鉄道に関する小委員長代理議会

※このデータは、国会会議録検索システムの発言データに付随する情報を元に補完、修正して作成しています。重要役職に就いていた場合でも、衆議院での発言がない場合には記録なしとなります。発言回数が膨大なため誤記録の絶対数が多く、また修正を機械的に行っているため、粗いデータとなっています。委員会の委員長など委員会、各種会議の役職については、出席データを元に作成している委員会のデータを参照して下さい。

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2021/09/17

久保三郎[衆]在籍期 : 28期-29期-30期-31期-32期-|33期|-34期-35期-36期
久保三郎[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 33期在籍の他の議員はこちら→33期衆議院議員(五十音順) 33期衆議院議員(選挙区順) 33期衆議院統計



■著書
2020年10月新刊