井上一成 衆議院議員
36期国会活動統計

井上一成[衆]在籍期 : 34期-35期-|36期|-37期-38期-39期-40期-41期
井上一成[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは井上一成衆議院議員の36期(1980/06/22〜)の国会活動を整理しています。国会での質問や答弁は36期国会発言一覧で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

本会議発言(衆議院36期)

本会議発言統計

国会会期
期間
発言
文字数
議会役職
政府役職



第92回国会
(特別:1980/07/17-1980/07/26)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(臨時:1980/09/29-1980/11/29)
1回
2740文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第94回国会
(通常:1980/12/22-1981/06/06)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第95回国会
(臨時:1981/09/24-1981/11/28)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第96回国会
(通常:1981/12/21-1982/08/21)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第97回国会
(臨時:1982/11/26-1982/12/25)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第98回国会
(通常:1982/12/28-1983/05/26)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第99回国会
(臨時:1983/07/18-1983/07/23)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第100回国会
(臨時:1983/09/08-1983/11/28)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字



36期通算
(1980/06/22-1983/12/17)
1回
2740文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

※「議会役職」は議長、副議長など国会の役職、「政府役職」は大臣などの内閣、政府関係の役職が記録に付されていた場合を集計しています。


本会議発言時役職

 期間中、衆議院本会議での議会役職、政府役職の立場からの発言なし。


井上一成[衆]本会議発言(全期間)
34期-35期-|36期|-37期-38期-39期-40期-41期

■ページ上部へ

委員会・各種会議(衆議院36期)

委員会出席・発言数

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


2回
(2回)
1回
(0回
0回)
9829文字
(0文字
0文字)

6回
(6回)
6回
(0回
0回)
54790文字
(0文字
0文字)

18回
(16回)
16回
(0回
0回)
196736文字
(0文字
0文字)

3回
(3回)
2回
(0回
0回)
28807文字
(0文字
0文字)

10回
(9回)
7回
(0回
0回)
91959文字
(0文字
0文字)

12回
(8回)
7回
(0回
1回)
82082文字
(0文字
15839文字)

第99回国会
2回
(1回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

4回
(2回)
3回
(0回
0回)
45129文字
(0文字
0文字)


36期通算
57回
(47回)
42回
(0回
1回)
509332文字
(0文字
15839文字)

※出席数は委員としての出席を数えています。大臣、政府委員など委員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など委員以外の立場での発言を含みます。「議会」は委員長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議出席・発言数

※本会議、常任委員会、特別委員会以外の集計可能な各種会議について集計したものです。具体的には、小委員会、分科会、公聴会、調査会、審査会などです。

 期間中、各種会議での活動の記録なし。

※出席数は会議の構成員としての出席を数えています。大臣、政府委員など構成員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」はその会議の幹部として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など構成員以外の立場での発言を含みます。「議会」はその会議の長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。一部会議の出席は未集計です。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
委員会名



1位
47回
(47回)
40回
(0回
1回)
決算委員会

2位
5回
(0回)
0回
(0回
0回)
交通安全対策特別委員会

3位
2回
(0回)
1回
(0回
0回)
予算委員会

4位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
文教委員会

4位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
内閣委員会

4位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
行政改革に関する特別委員会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議別出席・発言統計

 期間中、各種会議での活動の記録なし。

※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会委員長経験

 期間中、委員長経験なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会委員長代理経験

 期間中、委員長代理経験なし。

※開催された委員会に委員長代理、委員長代理理事として出席した場合を委員長代理経験として数えています。記録上これら役職に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会理事経験

決算委員会(第92回国会)
決算委員会(第93回国会)
決算委員会(第94回国会)
決算委員会(第95回国会)
決算委員会(第96回国会)
決算委員会(第98回国会)
決算委員会(第99回国会)
決算委員会(第100回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


各種会議役職経験

 期間中、各種会議役職経験なし。

※開催された各種会議にその会議の役職として出席した場合を各種会議役職経験として数えています。記録上役職に就任していても、該当会議が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

井上一成[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
34期-35期-|36期|-37期-38期-39期-40期-41期

■ページ上部へ

質問主意書(衆議院36期)

質問主意書提出数

国会会期期間提出数


第92回国会(特別:1980/07/17-1980/07/26)0本
第93回国会(臨時:1980/09/29-1980/11/29)0本
第94回国会(通常:1980/12/22-1981/06/06)2本
第95回国会(臨時:1981/09/24-1981/11/28)1本
第96回国会(通常:1981/12/21-1982/08/21)0本
第97回国会(臨時:1982/11/26-1982/12/25)0本
第98回国会(通常:1982/12/28-1983/05/26)0本
第99回国会(臨時:1983/07/18-1983/07/23)2本
第100回国会(臨時:1983/09/08-1983/11/28)0本


36期通算(1980/06/22-1983/12/17)5本
※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

質問主意書・政府答弁書一覧


第94回国会(1980/12/22〜1981/06/06)

武器輸出に関する質問主意書

第94回国会 衆議院 質問主意書 第3号(1980/12/23提出、36期、会派情報無し)
質問内容
武器輸出に関しては、昭和四十二年四月及び昭和五十一年二月政府の方針が明らかにされ、歴代内閣は、これを尊重する旨の発言がある。
しかし、近年防衛費増強論と相まつて、財界等より武器輸出の緩和を求める発言が相次いでおり、この際、武器輸出禁止の趣旨を確認するため、次の事項について質問する。
昭和五十一年二月二十七日衆議院予算委員会に提出された政府統一見解は、
一 「三原則対象地域については“武器”の…
答弁内容
一から三までについて
昭和五十一年二月二十七日の政府統一見解に基づき、武器輸出三原則対象地域については、「武器」及び「武器製造関連設備」の輸出を認めておらず、また、武器輸出三原則対象地域以外の地域についても、極めて限られた場合を除いて、「武器」及び「武器製造関連設備」の輸出を認めていない。
四及び五について
現在、御質問の事項について鋭意調査中であり、おおむね一か月答弁を御猶予願いたい。

特殊鋼輸出商社「株式会社堀田ハガネ」の武器半製品輸出に関する質問主意書

第94回国会 衆議院 質問主意書 第5号(1981/01/08提出、36期、会派情報無し)
質問内容
最近の新聞報道によつて、大阪の特殊鋼輸出商社「堀田ハガネ」(堀田公社長)が、韓国の大韓重機工業に大量の砲身の半製品を輸出していた事件が明らかにされたが、
一 政府は、その実態について把握しているのか。
二 把握していないのであれば、その実態を調査するのか。また、その方法はどうか。
右質問する。
答弁内容
一及び二について
本件については、現在、関係各省において鋭意調査を行つているところであり、今後とも、事情聴取等により実態の把握に努めてまいりたい。
右答弁する。

■ページ上部へ

第95回国会(1981/09/24〜1981/11/28)

関西新空港並びに大阪国際空港に関する質問主意書

第95回国会 衆議院 質問主意書 第19号(1981/11/27提出、36期、会派情報無し)
質問内容
昭和四十九年八月十三日に、航空審議会から「関西国際空港の規模及び位置に関する答申」が運輸大臣あてに提出されているが、この答申に関する政府の対応について、次の事項を質問する。
一 同答申では、「新しい空港は、大阪国際空港の廃止を前提として、同空港の機能を代わつて受け持つ能力のあるものとしなければならないと認識した。」と述べているが、政府としては、この答申の「認識」について、現時点ではどのように認識…
答弁内容
一及び二について
関西国際空港建設計画については、従来から、関係府県の協力を得て調査検討を行つてきているところであり、更に総合的な調査検討を進め、早期に結論を得たいと考えている。
なお、大阪国際空港の存廃については、関西国際空港の建設決定後、所要の調査研究を行い、関係地方公共団体等の意見を十分聴取して、関西国際空港開港時までに決定することとしている。
三及び四について
大阪国際空港における…

■ページ上部へ

第99回国会(1983/07/18〜1983/07/23)

人事院の体質に関する質問主意書

第99回国会 衆議院 質問主意書 第3号(1983/07/21提出、36期、会派情報無し)
質問内容
人事院及びその関連団体の運営に関して、その実体を確認するため、次の事項について質問する。
一 国家公務員研修教材について
1 人事院と社団法人日本人事管理協会との間の「覚書きに基づく取決め」による教材発行価格の一割の編集費は、過去三年間において各年度いくらになつているか。
2 KET(財団法人公務研修協議会方式公務員倫理研修)教材の著作権法上の著作権はどこにあるのか。また、その法的根拠はどこ…
答弁内容
一について
1 人事院と社団法人日本人事管理協会(以下「人事管理協会」という。)との間の「覚書に基づく取決め」は、人事院に対してではなく、財団法人公務研修協議会(以下「公研協」という。)に対して編集費の支払を予定する趣旨のものであつたが、発効することなく関係条項が削除されている。このため、人事管理協会から編集費が支払われた事実はないと承知している。
2 KET(財団法人公務研修協議会方式公務員…

インドネシアアサハン開発プロジェクトに対する我が国の経済協力に関する質問主意書

第99回国会 衆議院 質問主意書 第16号(1983/07/23提出、36期、会派情報無し)
質問内容
インドネシアアサハン開発プロジェクトに対する経済協力を実施するため、我が国はインドネシア政府との間で昭和五十一年八月に、二百六十二億五千万円の円借款供与に関する交換公文を締結した。
当初本件開発プロジェクトの所要資金総額二千五百億円で実施すべく両国間で合意していたにもかかわらず、更に千六百十億円を追加し、四千百十億円で本件開発プロジェクトを実施することが、昭和五十三年に両国政府間で合意された。 …
答弁内容
一について
インドネシア共和国におけるアルミニウム製錬事業及び電源開発計画(以下「アサハン計画」という。)は、基本的にはインドネシア政府と我が国民間企業との合弁事業であるが、政府としては、本計画が我が国アルミニウム資源の長期的確保体制の確立に資するとともに、インドネシアの経済発展及び日本、インドネシア両国間の経済交流を促進し、両国の友好関係の増進に寄与することが多大であると認められたので、所要の…

井上一成[衆]質問主意書(全期間)
34期-35期-|36期|-37期-38期-39期-40期-41期
■ページ上部へ

会派履歴(衆議院36期 ※参考情報)

日本社会党 (第92回国会、初出日付:1980/09/04、会議録より)
日本社会党 (第93回国会、初出日付:1980/10/15、会議録より)
日本社会党 (第94回国会、初出日付:1981/02/04、会議録より)
日本社会党 (第95回国会、初出日付:1981/10/16、会議録より)
日本社会党 (第96回国会、初出日付:1982/04/19、会議録より)
日本社会党 (第98回国会、初出日付:1983/03/22、会議録より)
日本社会党 (第100回国会、初出日付:1983/09/29、会議録より)

※このデータは、議員の本会議、委員会等での発言時と、質問主意書(2000年7月以降)提出時の記録から作成しています。そのため、議員がこれらの活動を行わなかった場合には会派は記録されません。会派への所属期間が短い場合、会派の存続期間が短い場合、会派名称が短期間で変更される場合なども、所属会派が記録されない可能性が高くなります。また、会議録の不正確なデータを修正していないため、会派移動を繰り返したような履歴が表示されることがあります。


議会・政府役職(衆議院36期 ※参考情報)

 期間中に国会での議会役職、政府役職の立場からの発言記録なし。

※このデータは、国会会議録検索システムの発言データに付随する情報を元に補完、修正して作成しています。重要役職に就いていた場合でも、衆議院での発言がない場合には記録なしとなります。発言回数が膨大なため誤記録の絶対数が多く、また修正を機械的に行っているため、粗いデータとなっています。委員会の委員長など委員会、各種会議の役職については、出席データを元に作成している委員会のデータを参照して下さい。

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2021/10/09

井上一成[衆]在籍期 : 34期-35期-|36期|-37期-38期-39期-40期-41期
井上一成[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 36期在籍の他の議員はこちら→36期衆議院議員(五十音順) 36期衆議院議員(選挙区順) 36期衆議院統計



■著書
2020年10月新刊