沢田広 衆議院議員
37期国会活動統計

沢田広[衆]在籍期 : 34期-35期-36期-|37期|-38期-39期
沢田広[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは沢田広衆議院議員の37期(1983/12/18〜)の国会活動を整理しています。国会での質問や答弁は37期国会発言一覧で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

本会議発言(衆議院37期)

本会議発言統計

国会会期
期間
発言
文字数
議会役職
政府役職



(特別:1983/12/26-1984/08/08)
1回
2793文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(通常:1984/12/01-1985/06/25)
1回
4159文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第103回国会
(臨時:1985/10/14-1985/12/21)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(通常:1985/12/24-1986/05/22)
1回
2381文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第105回国会
(臨時:1986/06/02-1986/06/02)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字



37期通算
(1983/12/18-1986/07/05)
3回
9333文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

※「議会役職」は議長、副議長など国会の役職、「政府役職」は大臣などの内閣、政府関係の役職が記録に付されていた場合を集計しています。


本会議発言時役職

 期間中、衆議院本会議での議会役職、政府役職の立場からの発言なし。


沢田広[衆]本会議発言(全期間)
34期-35期-36期-|37期|-38期-39期

■ページ上部へ

委員会・各種会議(衆議院37期)

委員会出席・発言数

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


36回
(0回)
13回
(0回
0回)
146735文字
(0文字
0文字)

38回
(21回)
17回
(0回
0回)
145665文字
(0文字
0文字)

14回
(11回)
5回
(0回
0回)
27424文字
(0文字
0文字)

25回
(1回)
11回
(0回
0回)
96407文字
(0文字
0文字)


37期通算
113回
(33回)
46回
(0回
0回)
416231文字
(0文字
0文字)

※出席数は委員としての出席を数えています。大臣、政府委員など委員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など委員以外の立場での発言を含みます。「議会」は委員長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議出席・発言数

※本会議、常任委員会、特別委員会以外の集計可能な各種会議について集計したものです。具体的には、小委員会、分科会、公聴会、調査会、審査会などです。

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


3回
(0回)
3回
(0回
0回)
16988文字
(0文字
0文字)

3回
(0回)
3回
(0回
0回)
23492文字
(0文字
0文字)

4回
(0回)
4回
(0回
0回)
26750文字
(0文字
0文字)


37期通算
10回
(0回)
10回
(0回
0回)
67230文字
(0文字
0文字)

※出席数は会議の構成員としての出席を数えています。大臣、政府委員など構成員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」はその会議の幹部として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など構成員以外の立場での発言を含みます。「議会」はその会議の長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。一部会議の出席は未集計です。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
委員会名



1位
98回
(33回)
39回
(0回
0回)
大蔵委員会

2位
13回
(0回)
5回
(0回
0回)
交通安全対策特別委員会

3位
2回
(0回)
2回
(0回
0回)
内閣委員会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
各種会議名


1位
2回
(0回)
2回
(0回
0回)
予算委員会第六分科会

1位
2回
(0回)
2回
(0回
0回)
予算委員会第五分科会

3位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
予算委員会第二分科会

3位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
予算委員会第七分科会

3位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
予算委員会第八分科会

3位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
予算委員会第一分科会

3位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
大蔵委員会金融機関の週休二日制に関する小委員会

3位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
予算委員会第四分科会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会委員長経験

 期間中、委員長経験なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会委員長代理経験

 期間中、委員長代理経験なし。

※開催された委員会に委員長代理、委員長代理理事として出席した場合を委員長代理経験として数えています。記録上これら役職に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会理事経験

大蔵委員会(第102回国会)
大蔵委員会(第103回国会)
大蔵委員会(第104回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


各種会議役職経験

 期間中、各種会議役職経験なし。

※開催された各種会議にその会議の役職として出席した場合を各種会議役職経験として数えています。記録上役職に就任していても、該当会議が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

沢田広[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
34期-35期-36期-|37期|-38期-39期

■ページ上部へ

質問主意書(衆議院37期)

質問主意書提出数

国会会期期間提出数


第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)1本
第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)1本
第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)2本
第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)0本
第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)0本


37期通算(1983/12/18-1986/07/05)4本
※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

質問主意書・政府答弁書一覧


第101回国会(1983/12/26〜1984/08/08)

マミヤ光機倒産と再建に関する質問主意書

第101回国会 衆議院 質問主意書 第9号(1984/03/29提出、37期、会派情報無し)
質問内容
東京都文京区大塚三ノ三ノ一に本社を置くマミヤ光機株式会社(以下、「会社」という。)が昭和五十九年三月五日東京地方裁判所に会社更生法の申立てを行い、同日保全処分が決定され、事実上倒産状態に陥つているが、会社の再建と更生の進行状態について緊急を要すると考える。
従つて次の事項について質問する。
一 会社の倒産は、東京都港区芝浦四ノ二ノ八に本社を置く株式会社大沢商会(以下「大沢」という。)の会社更生…
答弁内容
一について
(一) マミヤ光機株式会社(以下「マミヤ光機」という。)は、同社で製造した写真機及びその附属品の海外における販売を、主要株主である株式会社大沢商会(以下「大沢商会」という。)の子会社である大沢カメラ販売株式会社を通じて行つていた。
(二) マミヤ光機は、大沢商会の昭和五十九年二月二十九日の会社更生法に基づく更生手続(以下「更生手続」という。)の開始の申立てに伴い、経営が行き詰まり、…

■ページ上部へ

第102回国会(1984/12/01〜1985/06/25)

埼玉県の鴨川改修計画の概要と年次割に関する質問主意書

第102回国会 衆議院 質問主意書 第38号(1985/06/22提出、37期、会派情報無し)
質問内容
一 鴨川改修計画の概要と年次割について明らかにされたい。
二 同計画に使用するポンプ能力はどれくらいか。
三 鴨川の河道整備について断面、堤防高、河床高、流速、勾配について明らかにされたい。
四 荒川との合流点における計画排水量及び排水ポンプ能力について明らかにされたい。
右質問する。
答弁内容
一について
鴨川においては、将来計画として五十年に一回の降雨に対応する治水安全度を確保することとし、当面、時間雨量五十ミリメートル相当の降雨に対応する河川改修を実施しているところであり、今後も財政状況を勘案しつつ計画的かつ着実に事業の進捗を図ることとしている。
二について
鴨川の改修計画における排水ポンプ能力は、将来計画においては毎秒百五十立方メートルとし、当面の計画においては毎秒五十立方メ…

■ページ上部へ

第103回国会(1985/10/14〜1985/12/21)

埼玉県の芝川の改修と見沼緑地保存に関する質問主意書

第103回国会 衆議院 質問主意書 第3号(1985/10/28提出、37期、会派情報無し)
質問内容
今後の芝川改修計画と実施計画及びそれらの計画に関連する見沼緑地の保存対策は、緊急を要すると考える。
従つて、次の事項について質問する。
一 芝川の当面の改修計画、年次割当を明らかにされたい。
二 橋梁が狭められて流れを阻害しているが、これらの改修計画を明示されたい。
特に、各市ごとの行政境界は堰となつており、障害となつているので、これを取り除くべきだと考えるが、どうか。
三 見沼緑地につ…
答弁内容
一について
芝川においては、将来計画として百年に一回の降雨に対応する治水安全度を確保することとし、当面、時間雨量五十ミリメートル相当の降雨に対応する河川改修を実施しているところであり、今後も財政状況を勘案しつつ計画的かつ着実に事業の進捗を図ることとしている。
二について
芝川において改築が必要である橋りよう等の工作物については、今後とも、その工作物の管理者と十分協議しながら改築を進めることと…

都市化にある土地改良区の管理する水路を都市河川一級に格上げすることに関する質問主意書

第103回国会 衆議院 質問主意書 第4号(1985/10/30提出、37期、会派情報無し)
質問内容
本質問に係る鴻沼水路は、埼玉県浦和市、与野市、大宮市にわたる個所で急速な都市化が進み、単に田畑のかんがい排水のみならず、一般流域千八百ヘクタールの雨水も当水路で処理し、地域住民の災害防除にも役立つているところである。耕作地は、現在四百八十六ヘクタール存在し、用水の供給も行つているところである。
ついては、かかる地域環境の変化は全国に散在し、それぞれに問題が生じているものと考えられる。
従つて、…
答弁内容
一から三まで、五及び八について
一級河川の指定は、政令で指定された水系に係る河川について、建設大臣が関係行政機関の長に協議するとともに、河川審議会及び関係都道府県知事の意見を聴いた上で行うこととされており、治水上又は利水上の重要性等を総合的に判断して河川法に基づく河川管理が必要であるものについて行つている。
鴻沼排水路については、現在、埼玉県、大宮市、与野市、浦和市及び当該排水路を管理する鴻沼…

沢田広[衆]質問主意書(全期間)
34期-35期-36期-|37期|-38期-39期
■ページ上部へ

会派履歴(衆議院37期 ※参考情報)

日本社会党・護憲共同 (第101回国会、初出日付:1984/02/22、会議録より)
日本社会党・護憲共同 (第102回国会、初出日付:1984/12/12、会議録より)
日本社会党・護憲共同 (第103回国会、初出日付:1985/10/14、会議録より)
日本社会党・護憲共同 (第104回国会、初出日付:1986/01/31、会議録より)

※このデータは、議員の本会議、委員会等での発言時と、質問主意書(2000年7月以降)提出時の記録から作成しています。そのため、議員がこれらの活動を行わなかった場合には会派は記録されません。会派への所属期間が短い場合、会派の存続期間が短い場合、会派名称が短期間で変更される場合なども、所属会派が記録されない可能性が高くなります。また、会議録の不正確なデータを修正していないため、会派移動を繰り返したような履歴が表示されることがあります。


議会・政府役職(衆議院37期 ※参考情報)

 期間中に国会での議会役職、政府役職の立場からの発言記録なし。

※このデータは、国会会議録検索システムの発言データに付随する情報を元に補完、修正して作成しています。重要役職に就いていた場合でも、衆議院での発言がない場合には記録なしとなります。発言回数が膨大なため誤記録の絶対数が多く、また修正を機械的に行っているため、粗いデータとなっています。委員会の委員長など委員会、各種会議の役職については、出席データを元に作成している委員会のデータを参照して下さい。

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/02/23

沢田広[衆]在籍期 : 34期-35期-36期-|37期|-38期-39期
沢田広[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院議員(五十音順) 37期衆議院議員(選挙区順) 37期衆議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。