岡崎万寿秀 衆議院議員
37期国会活動統計

岡崎万寿秀[衆]在籍期 : |37期|-38期
岡崎万寿秀[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは岡崎万寿秀衆議院議員の37期(1983/12/18〜)の国会活動を整理しています。国会での質問や答弁は37期国会発言一覧で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

本会議発言(衆議院37期)

本会議発言統計

国会会期
期間
発言
文字数
議会役職
政府役職



第101回国会
(特別:1983/12/26-1984/08/08)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第102回国会
(通常:1984/12/01-1985/06/25)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第103回国会
(臨時:1985/10/14-1985/12/21)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(通常:1985/12/24-1986/05/22)
1回
3766文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第105回国会
(臨時:1986/06/02-1986/06/02)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字



37期通算
(1983/12/18-1986/07/05)
1回
3766文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

※「議会役職」は議長、副議長など国会の役職、「政府役職」は大臣などの内閣、政府関係の役職が記録に付されていた場合を集計しています。


本会議発言時役職

 期間中、衆議院本会議での議会役職、政府役職の立場からの発言なし。


岡崎万寿秀[衆]本会議発言(全期間)
|37期|-38期

■ページ上部へ

委員会・各種会議(衆議院37期)

委員会出席・発言数

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


20回
(0回)
13回
(0回
0回)
54170文字
(0文字
0文字)

24回
(0回)
10回
(0回
0回)
66265文字
(0文字
0文字)

6回
(0回)
3回
(0回
0回)
15689文字
(0文字
0文字)

17回
(0回)
8回
(0回
1回)
38135文字
(0文字
1497文字)


37期通算
67回
(0回)
34回
(0回
1回)
174259文字
(0文字
1497文字)

※出席数は委員としての出席を数えています。大臣、政府委員など委員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など委員以外の立場での発言を含みます。「議会」は委員長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議出席・発言数

※本会議、常任委員会、特別委員会以外の集計可能な各種会議について集計したものです。具体的には、小委員会、分科会、公聴会、調査会、審査会などです。

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


2回
(0回)
2回
(0回
0回)
11324文字
(0文字
0文字)

1回
(0回)
1回
(0回
0回)
6863文字
(0文字
0文字)

2回
(0回)
2回
(0回
0回)
12242文字
(0文字
0文字)


37期通算
5回
(0回)
5回
(0回
0回)
30429文字
(0文字
0文字)

※出席数は会議の構成員としての出席を数えています。大臣、政府委員など構成員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」はその会議の幹部として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など構成員以外の立場での発言を含みます。「議会」はその会議の長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。一部会議の出席は未集計です。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
委員会名



1位
56回
(0回)
30回
(0回
0回)
外務委員会

2位
8回
(0回)
2回
(0回
0回)
予算委員会

3位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
沖縄及び北方問題に関する特別委員会

3位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
建設委員会

3位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
安全保障特別委員会

6位
0回
(0回)
1回
(0回
1回)
環境委員会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
各種会議名


1位
2回
(0回)
2回
(0回
0回)
予算委員会第二分科会

2位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
予算委員会第五分科会

2位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
予算委員会第六分科会

2位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
予算委員会第八分科会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会委員長経験

 期間中、委員長経験なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会委員長代理経験

 期間中、委員長代理経験なし。

※開催された委員会に委員長代理、委員長代理理事として出席した場合を委員長代理経験として数えています。記録上これら役職に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会理事経験

 期間中、理事経験なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


各種会議役職経験

 期間中、各種会議役職経験なし。

※開催された各種会議にその会議の役職として出席した場合を各種会議役職経験として数えています。記録上役職に就任していても、該当会議が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

岡崎万寿秀[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|37期|-38期

■ページ上部へ

質問主意書(衆議院37期)

質問主意書提出数

国会会期期間提出数


第101回国会(特別:1983/12/26-1984/08/08)1本
第102回国会(通常:1984/12/01-1985/06/25)2本
第103回国会(臨時:1985/10/14-1985/12/21)1本
第104回国会(通常:1985/12/24-1986/05/22)0本
第105回国会(臨時:1986/06/02-1986/06/02)0本


37期通算(1983/12/18-1986/07/05)4本
※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

質問主意書・政府答弁書一覧


第101回国会(1983/12/26〜1984/08/08)

米空母艦載機夜間離着陸訓練基地化問題に関する質問主意書

第101回国会 衆議院 質問主意書 第32号(1984/07/12提出、37期、会派情報無し)
質問内容
政府がさきの日米安保事務レベル協議において、米空母艦載機夜間離着陸訓練(NLP)基地確保が「最優先課題」との米側要求に対して、「最大限努力」を改めて約束したことは、三宅島など各地で起こつているNLP基地化反対運動と圧倒的世論を無視するものといわなければならない。
ところで、このNLP基地について、「タッチ・アンド・ゴーのための滑走路建設だけで問題ない」といつた意見も聞くが、政府の構想はどういうも…
答弁内容
一から十一までについて
艦載機着陸訓練のための施設について、政府は、現在、関東地方及びその周辺地域を対象として、@既存の飛行場について、所要の着陸訓練が可能かどうかの調査、A陸上飛行場の新設について、適地の選定のための調査、B浮体滑走路について、技術的、経済的及び社会的な見地から実現性を検討するための資料の収集等を行い、鋭意検討しているところであるが、いまだ結論を得ていないので具体的構想を述べる…

■ページ上部へ

第102回国会(1984/12/01〜1985/06/25)

三宅飛行場における米軍機のタッチ・アンド・ゴー飛行に関する質問主意書

第102回国会 衆議院 質問主意書 第7号(1984/12/18提出、37期、会派情報無し)
質問内容
本年十一月二十九日午前、米軍機C ― 12ビーチクラフト機一機が、三宅飛行場においてタッチ・アンド・ゴー飛行を強行した。この米軍機の行動は、米軍艦載機の夜間離発着訓練(NLP)基地化に絶対反対を貫く大多数の三宅村村民の感情を逆なでするものであつた。また、米軍地位協定や東京都条例からみても、発表されているような「パイロットの個人的ミス」では済まされない重大問題である。
かかる米軍の強圧的行動を二度…
答弁内容
一及び二について
(一) 米軍機による三宅島空港の使用時の状況に関し、政府としては、次のとおり承知している。
(1) 十一月二十九日午前十時六分頃、厚木発厚木着の通常の訓練飛行中の厚木海軍飛行場所属C ― 12一機(乗組員三名)がタッチ・アンド・ゴーを行いたいとして三宅島空港の航空管制通信官に連絡設定を行つた。
(2) 航空管制通信官は、空港の気象情報を提供するとともに、たまたま工事のために…

米軍車両等輸送艦「メテオ」の横浜ノースドック入港に関する質問主意書

第102回国会 衆議院 質問主意書 第16号(1985/02/21提出、37期、会派情報無し)
質問内容
米軍車両等輸送艦「メテオ」の横浜ノースドック入港については、その目的や滞在日数等がまつたく不明にされている。
従つて、以下質問する。
一 「メテオ」は米軍のどの部隊に所属しているか。また、同艦の能力について明らかにされたい。
二 「メテオ」の入港及び出港の年月日、時間について明らかにされたい。
三 「メテオ」の輸送兵員数と車両数及び「メテオ」への搬入先、「メテオ」からの搬出先について明らか…
答弁内容
一から五までについて
御指摘のメテオは、米海上輸送軍に属する車両輸送船であると承知している。
米国は、日米安保条約及びその関連取極に従つて施設・区域を使用すること及び米軍艦船をこれらに出入させることを認められており、政府としては、米軍による横浜ノース・ドック等の施設・区域の使用及びこれらへの出入の詳細につき一々承知する立場にない。
なお、政府としては、御指摘のような計画を米軍が有しているとは…

■ページ上部へ

第103回国会(1985/10/14〜1985/12/21)

米空母艦載機夜間離着陸訓練基地建設構想に関する質問主意書

第103回国会 衆議院 質問主意書 第2号(1985/10/24提出、37期、会派情報無し)
質問内容
私は昨年七月十二日の米空母艦載機夜間離着陸訓練(NLP)基地化問題に関する質問主意書で、NLPに伴う米軍要員の駐留の可能性や基地の規模、あるいは米軍への基地の提供形態などをただした。それに対して政府は、「いまだ結論を得ていないので具体的構想を述べることはできない。」と事実上の答弁拒否を行つた。しかし、厚木基地の代替というからには詳細は別として政府に構想がないはずはない。
現に、一九八三年(昭和五…
答弁内容
一について
昭和五十八年十二月二十三日に三宅村議会議長ほか同行の議員に対し、当時の塩田防衛施設庁長官が艦載機着陸訓練場の概要について説明をした事実はある。
二から五までについて
(1) 艦載機の着陸訓練は、通常、米空母が横須賀海軍施設に入港している間に行われるものであつて、米空母の行動等と関連しており、仮に、三宅島に艦載機着陸訓練場を設置した場合の年間の訓練時間や編隊構成機数について、現時点…

岡崎万寿秀[衆]質問主意書(全期間)
|37期|-38期
■ページ上部へ

会派履歴(衆議院37期 ※参考情報)

日本共産党・革新共同 (第101回国会、初出日付:1983/12/28、会議録より)
日本共産党・革新共同 (第102回国会、初出日付:1984/12/12、会議録より)
日本共産党・革新共同 (第103回国会、初出日付:1985/11/08、会議録より)
日本共産党・革新共同 (第104回国会、初出日付:1986/02/22、会議録より)

※このデータは、議員の本会議、委員会等での発言時と、質問主意書(2000年7月以降)提出時の記録から作成しています。そのため、議員がこれらの活動を行わなかった場合には会派は記録されません。会派への所属期間が短い場合、会派の存続期間が短い場合、会派名称が短期間で変更される場合なども、所属会派が記録されない可能性が高くなります。また、会議録の不正確なデータを修正していないため、会派移動を繰り返したような履歴が表示されることがあります。


議会・政府役職(衆議院37期 ※参考情報)

第104回国会
政府委員(詳細なし)政府

※このデータは、国会会議録検索システムの発言データに付随する情報を元に補完、修正して作成しています。重要役職に就いていた場合でも、衆議院での発言がない場合には記録なしとなります。発言回数が膨大なため誤記録の絶対数が多く、また修正を機械的に行っているため、粗いデータとなっています。委員会の委員長など委員会、各種会議の役職については、出席データを元に作成している委員会のデータを参照して下さい。

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2021/09/17

岡崎万寿秀[衆]在籍期 : |37期|-38期
岡崎万寿秀[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 37期在籍の他の議員はこちら→37期衆議院議員(五十音順) 37期衆議院議員(選挙区順) 37期衆議院統計



■著書
2020年10月新刊