谷垣禎一衆議院議員 40期国会活動まとめ



在籍期:36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 45期(2009/08/30-) - 46期(2012/12/16-) - 47期(2014/12/14-)
40期在籍の他の議員はこちら→40期衆議院統計 40期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(40期)

36期本会議 - 37期本会議 - 38期本会議 - 39期本会議 - 40期本会議 - 41期本会議 - 42期本会議 - 43期本会議 - 44期本会議 - 45期本会議 - 46期本会議 - 47期本会議

本会議発言統計

 第127回国会(特別:1993/08/05-1993/08/28)  0回発言      0文字発言
 第128回国会(臨時:1993/09/17-1994/01/29)  0回発言      0文字発言
 第129回国会(通常:1994/01/31-1994/06/29)  1回発言   4748文字発言
 第130回国会(臨時:1994/07/18-1994/07/22)  0回発言      0文字発言
 第131回国会(臨時:1994/09/30-1994/12/09)  2回発言    505文字発言
 第132回国会(通常:1995/01/20-1995/06/18)  1回発言   2919文字発言
 第133回国会(臨時:1995/08/04-1995/08/08)  0回発言      0文字発言
 第134回国会(臨時:1995/09/29-1995/12/15)  1回発言    852文字発言
 第135回国会(臨時:1996/01/11-1996/01/13)  0回発言      0文字発言
 第136回国会(通常:1996/01/22-1996/06/19)  1回発言   1066文字発言
 第137回国会(臨時:1996/09/27-1996/09/27)  0回発言      0文字発言

       40期通算   (1993/07/18-1996/10/19)  6回発言  10090文字発言

本会議発言一覧

第129回国会 衆議院 本会議 第4号(1994/02/16、40期)

私は、自由民主党・自由国民会議を代表して、提案されました第三次補正予算に関連する諸問題について質問いたします。民主政治における政治の権威は、政治家の言葉への信頼を根幹としております。そして、細川総理は、わかりやすい言葉で国民に語りかける総理として登場され、国民もこれに期待を寄せてきました。しかし、今………会議録へ(外部リンク)

第131回国会 衆議院 本会議 第7号(1994/10/25、40期)

ただいま議題となりました国会議員の秘書の給与等に関する法律の一部を改正する法律案につきまして、提案の趣旨を御説明申し上げます。この法律案は、一般職の国家公務員の給与改定に伴い、国会議員の秘書に適用される給料月額等の改定を行い、本年四月一日から適用しようとするものであります。会議録へ(外部リンク)

第131回国会 衆議院 本会議 第8号(1994/10/27、40期)

ただいま議題となりました国会議員互助年金法の一部を改正する法律案につきまして、提案の趣旨を御説明申し上げます。この法律案は、本年十二月から、昭和五十年三月三十一日以前に退職した国会議員等に給する互助年金の基礎歳費月額六十六万円を六十八万円に会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 本会議 第36号(1995/06/13、40期)

私は、自由民主党・自由連合、日本社会党・護憲民主連合、新党さきがけを代表して、ただいま議題となりました土井議長不信任決議案に対し、反対の立場から討論を行うものであります。(拍手)まず初めに、議員各位の良識に訴えたいと存じます。今回の事態で、議長が真に不信任に当たるような行動をおとりになったのでありま………会議録へ(外部リンク)

第134回国会 衆議院 本会議 第18号(1995/12/06、40期)

ただいま議題となりました議員山口敏夫君の逮捕について許諾を求めるの件について、議院運営委員会の審査の経過並びに結果を御報告申し上げます。本件は、議員山口敏夫君の背任被疑事件につき、東京地方検察庁からの逮捕状請求により、東京地方裁判所裁判官からの要求に従って、去る四日、内閣から同君の逮捕につき、本院の………会議録へ(外部リンク)

第136回国会 衆議院 本会議 第37号(1996/06/14、40期)

私は、自由民主党、新進党、社会民主党・護憲連合、新党さきがけを代表いたしまして、ただいま議題となりました中国の核実験に抗議し、直ちに今後の核実験を中止することを求める決議案につきまして、提案の趣旨を御説明申し上げます。まず、案文を朗読いたします。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(40期)

36期委員会 - 37期委員会 - 38期委員会 - 39期委員会 - 40期委員会 - 41期委員会 - 42期委員会 - 43期委員会 - 44期委員会 - 45期委員会 - 46期委員会 - 47期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

第127回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言
第128回国会 10回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 10)  1回発言   9298文字発言
第129回国会  9回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  8)  1回発言   7038文字発言
第130回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  4 委員  3)  0回発言      0文字発言
第131回国会 19回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 17 委員  2)  5回発言   1435文字発言
第132回国会 41回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 37 委員  4)  2回発言    411文字発言
第133回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  0)  2回発言    410文字発言
第134回国会 21回出席(長 21 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言
第135回国会  3回出席(長  3 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言
第136回国会 39回出席(長 39 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言
第137回国会  1回出席(長  1 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  0)  0回発言      0文字発言

  40期通算 153回出席(長 64 代理理事 0 代理 0 理事 61 委員 28) 11回発言  18592文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

議院運営委員会
           125回出席(長 64 代理理事 0 代理 0 理事 60 委員  1)   9回発言   2256文字発言

安全保障委員会
            12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)   0回発言      0文字発言

逓信委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)   0回発言      0文字発言

予算委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)   0回発言      0文字発言

政治改革に関する調査特別委員会
             4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)   1回発言   9298文字発言

国会等の移転に関する特別委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)   0回発言      0文字発言

懲罰委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  0)   0回発言      0文字発言

法務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)   1回発言   7038文字発言


委員会委員長経験

議院運営委員会委員長(第134回国会)
議院運営委員会委員長(第135回国会)
議院運営委員会委員長(第136回国会)
議院運営委員会委員長(第137回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

懲罰委員会理事(第129回国会)
議院運営委員会理事(第130回国会)
議院運営委員会理事(第131回国会)
議院運営委員会理事(第132回国会)
議院運営委員会理事(第133回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第128回国会 衆議院 政治改革に関する調査特別委員会 第8号(1993/10/25、40期)

自由民主党の谷垣禎一でございます。椿証人に、きょうは衆議院としての調査に御協力をいただきまして、まず心から御礼を申し上げたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第129回国会 衆議院 法務委員会 第3号(1994/06/07、40期)

このたび中井先生が法務大臣になられまして、私大変喜んでおります。大臣とは委員会も随分御一緒させていただきましたし、海外にも一緒に旅行させていただいたことなんかがあるのですが、こういうふうに質問させてい…会議録へ(外部リンク)

第131回国会 衆議院 議院運営委員会 第1号(1994/09/30、40期)

会期につきましては、十二月三日までの六十五日間ということで御決定をお願いいたしたいと思います。今回の臨時国会は重要な案件がたくさんございますので、六十五日間という臨時国会としては長期の臨時国会をもっ…会議録へ(外部リンク)

第131回国会 衆議院 議院運営委員会 第7号(1994/10/25、40期)

庶務小委員会において協議決定いたしました国会議員の秘書の給与等に関する法律及び国会職員の給与等に関する規程の一部改正の件について御報告をいたします。この両件は、政府職員に準じまして国会議員の秘書及び…会議録へ(外部リンク)

第131回国会 衆議院 議院運営委員会 第8号(1994/10/27、40期)

先日、庶務小委員会において御一任いただいておりました国会議員互助年金法の一部改正の件について御説明いたします。これは、本年十二月から、昭和五十年三月三十一日以前に退職した国会議員等に給する互助年金の…会議録へ(外部リンク)

第131回国会 衆議院 議院運営委員会 第15号(1994/12/02、40期)

WTO関連八件と原爆被爆者援護法は本日衆議院を通過いたしましたが、これらは何としても今国会で承認と成立を図らなければなりません。特にWTO関連案件は、十二月八日のジュネーブにて行われるWTO協定実施…会議録へ(外部リンク)

第131回国会 衆議院 議院運営委員会 第17号(1995/01/18、40期)

平成七年度の衆議院歳出予算の要求について御説明申し上げます。平成七年度の本院予定経費要求額は、六百六十九億三千八百万円余でありまして、これを前年度予算額と比較いたしますと、七億千五百万円余の増加とな…会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 議院運営委員会 第25号(1995/05/12、40期)

次回の本会議につきましては、理事会において真剣に協議をいたしてまいりましたが、意見が一致するに至っておりません。与党といたしましては、過去の慣例、すなわち補正予算が提出された当日に財政演説及びこれに…会議録へ(外部リンク)

第132回国会 衆議院 議院運営委員会 第37号(1995/06/16、40期)

一昨日、新進党が御提案になりました行革関連十一法案についてでございますが、このような会期末になりまして、これだけ大部な法案が出てまいりますというのは極めて異例なことでございます。したがいまして、会期…会議録へ(外部リンク)

第133回国会 衆議院 議院運営委員会 第1号(1995/08/04、40期)

今回の臨時国会につきましては、ここしばらくの参議院選挙後の臨時国会の例に倣いまして、院の構成等を中心とする案件を処理していただく臨時国会として、会期は五日間、八月八日までということでお願いをいたしたい…会議録へ(外部リンク)

第133回国会 衆議院 議院運営委員会 第2号(1995/08/08、40期)

新進党が御提案になりました今委員長の御指摘の法案の件についてでございますが、今国会は、院の構成を初めとする案件を処理するということで、五日間の短い会期をお願いいたしました。したがいまして、この法案を…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(40期)

36期質問主意書 - 37期質問主意書 - 38期質問主意書 - 39期質問主意書 - 40期質問主意書 - 41期質問主意書 - 42期質問主意書 - 43期質問主意書 - 44期質問主意書 - 45期質問主意書 - 46期質問主意書 - 47期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:36期(1980/06/22-) - 37期(1983/12/18-) - 38期(1986/07/06-) - 39期(1990/02/18-) - 40期(1993/07/18-) - 41期(1996/10/20-) - 42期(2000/06/25-) - 43期(2003/11/09-) - 44期(2005/09/11-) - 45期(2009/08/30-) - 46期(2012/12/16-) - 47期(2014/12/14-)
40期在籍の他の議員はこちら→40期衆議院統計 40期衆議院議員
データ更新日:2019/03/12