長浜博行 衆議院議員
42期国会発言一覧

長浜博行[衆]在籍期 : 40期-|42期|-43期-44期
長浜博行[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは長浜博行衆議院議員の42期(2000/06/25〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は42期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院42期)

長浜博行[衆]本会議発言(全期間)
40期-|42期|-43期-44期
第150回国会(2000/09/21〜2000/12/01)

第150回国会 衆議院本会議 第12号(2000/11/10、42期、民主党・無所属クラブ)

○長浜博行君 長浜博行です。  私は、民主党・無所属クラブ、自由党、日本共産党、社会民主党・市民連合の四会派を代表し、野党提出の公職にある者等による特定の者に利益を得させる目的でのあっせん行為に係る収賄等の処罰に関する法律案に賛成し、与党提出の公職にある者等のあっせん行為による利得等の処罰に関する法律案に反対する討論を行います。(拍手)  国会議員を初め、およそ政治家たる者は、高度な倫理観、正義感に基づき職務を遂行すべき責務があることは言うまでもありません。選挙によって選ばれた者は、主権者たる国民、住民から、政治に関する厳粛な信託を受けているのであり、国民全体、住民全体の奉仕者として行動すべき……

長浜博行[衆]本会議発言(全期間)
40期-|42期|-43期-44期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院42期)

長浜博行[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
40期-|42期|-43期-44期
第150回国会(2000/09/21〜2000/12/01)

第150回国会 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 第3号(2000/10/24、42期、民主党・無所属クラブ)

○長浜委員 長浜博行でございます。  時間もきょうは二時間ということで、大変短うございます。私も、後で御説明をしますが、大変参議院の制度に対する思い入れが強くて、幾つか問題点があるうちの一つは、なぜ今なのだ、この選挙制度を変えるものの緊急性の問題が一つ。それからもう一つは、旧全国区制の問題とひっくるめて、一体お金がどのぐらいかかってしまうのだろう、これが多分二点目。それから三点目が、片山先生もそうであろうし、私もそうだし、質問者がいつも心の中にひっかかる点は、参議院と政党とのあり方という問題が常に頭にひっかかりながら、政党性をなくしていった方が良識の府になるのだと。しかし、今の現状の中において……

第150回国会 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 第5号(2000/10/31、42期、民主党・無所属クラブ)

○長浜委員 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員長自見庄三郎君は、選挙制度改正という国民の参政権にかかわる重要な法案の審議にもかかわらず、中立公平であるべき委員長の職責に反し、理事会等における十分な合意形成も図らずに、委員長の職権において採決を強行しました。これは、議会制民主主義を破壊する暴挙であり、わずか三日間の審議でこのような重要法案の採決を行うなど、断固として容認できません。このような委員会運営を行う委員長自見庄三郎君は、今国会の重要法案を審議する政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会の委員長として、その職務を遂行するには不適当と判断しました。  本法案は、もとも……

第150回国会 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 第7号(2000/11/06、42期、民主党・無所属クラブ)

○長浜委員 民主党の長浜博行でございます。  質問に先立って、今の議論も伺っていて、それから、久保さんじゃないですけれども、私も先週末、地方議員と話したんですよ。何でこういう法案審議を中継しないのかな、これを中継していたら、あんたの言っていることをやられちゃったらちょっとやばいねという話なんかも出て、いや、与党案はこういうふうになっているよとか。ですから、実態等と、それから今も河上先生がやられましたが、法律等の問題。  ただ、一つのポイントは、悪いことをして罪にならないのに、いいことをやって罪になるというのは割に合わないじゃないか、こういう話もありますけれども、そのときに、法務委員会じゃなくて……

第150回国会 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 第8号(2000/11/07、42期、民主党・無所属クラブ)

○長浜委員 長浜博行でございます。  連日こういう委員会を開かせていただいて、きのうも質問をさせていただいておりますし、きょうは両先生がお見えになるということで、浜田先生の場合は参議院の議運の委員会で参考人としてしゃべれられた資料をいただいておりましたので、若干予習をさせていただきまして、板倉先生の場合は論文等々書かれておられますので、そういうことをベースにしながら、短い十分間のお話でありましたが、そういった点でお話をさせていただければ、御意見を伺えればというふうに思っております。  今の与党の方の質問を聞いていても、あるいはきのうの質問を聞いていても、何をそんなに恐れているんだろうかなという……


■ページ上部へ

第151回国会(2001/01/31〜2001/06/29)

第151回国会 環境委員会 第10号(2001/05/18、42期、民主党・無所属クラブ)

○長浜委員 長浜でございます。  西野さん、お忙しいところ、恐縮です。ぜひ、永住外国人だけでなく、環境問題も一生懸命西野さんにも頑張っていただきたいというふうに心から思うわけであります。  先日の環境大臣のごあいさつをいただいたやつを久しぶりに熟読しました。今、佐藤さんがいろいろお話しになった、そのまま延長線上で京都議定書のことをやろうかなというふうにも思ったのですけれども、まずは全体的な問題等を含めて、また、私自身、大分前になりますが、初当選のころに、環境庁を環境省にしていくべきだ、私はそういう考え方を持っていて、そうでなければ環境庁長官は総理大臣が兼務をすべきだと言って、当時の環境庁の長官……

第151回国会 環境委員会 第14号(2001/06/12、42期、民主党・無所属クラブ)

○長浜委員 おはようございます。長浜博行でございます。先日に引き続きまして質疑に入らせていただきたいと思います。  今、前の方がお話しされておりましたように、なかなか花粉症というのはつらいもので、委員長の方が御専門とは思いますけれども、きのうは夜ちょっと深酒をして、そして、きょう委員会質疑があるということで久しぶりに宿舎に泊まりました。見るところごみは落ちていないのですけれども、寝床に入るときの、風が舞うというのでしょうか、そういうもので当然きょうはちょっといまいち体調が悪い。二十年ぐらいこの花粉症というやつにおつき合いをいただいておりますけれども、別に杉花粉だけの問題ではなくて、今お話があっ……

第151回国会 環境委員会 第15号(2001/06/15、42期、民主党・無所属クラブ)

○長浜委員 長浜博行でございます。  先日の一時間の質問に続きまして、最終段階での御質問を申し上げるわけであります。  視察の方も今週させていただきました。そしてまた、今参考人の方々の貴重な意見を拝聴して、またその参考人に対する質疑の中で、私自身も何となくこの永田町感覚になれてしまいまして、参考人の質疑を聞いたり、あるいは視察をした結果によって、これはやはりこう改めた方がいいんじゃないかというふうに思った点があったとしても、この後すぐ採決が用意をされているということは、大臣に申し上げることではなく、むしろ委員長とか私どもが、今後の法案審査においても、他委員会、いろいろやり方があると思いますけれ……

第151回国会 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 第2号(2001/06/06、42期、民主党・無所属クラブ)

○長浜委員 民主党の長浜博行でございます。  私も、先国会から引き続きましてこの委員会の理事ということで、よろしくお願い申し上げます。  前国会は、あっせん利得の問題があり、そして選挙制度を変えること等あり、連日のように委員会が開かれておりまして、そういった意味においては、この法案に関しても大変前国会とも関係がある内容が多いと思います。一般論として、来月に予定をされている新しい制度によるところの参議院の比例区の選挙、あのときも、私自身、自分の関係者の全国区選挙それから拘束比例名簿とやっていた人間のことも兼ねて、この選挙制度に変えると随分金がかかるのではないかというような質問をした記憶もあります……


■ページ上部へ

第153回国会(2001/09/27〜2001/12/07)

第153回国会 環境委員会 第3号(2001/11/20、42期、民主党・無所属クラブ)

○長浜委員 民主党の長浜博行でございます。  今、最後の部分のお話などを聞いていて、私などは、鳩山先生もいらっしゃいますが、東京の下町で、ほとんど緑のない地域で育ちましたので、緑がCO2を吸収していくという過程などは林間学校などでも行かなかったらわからなかったような状況なので、本当に今回のこの問題というのを、私の場合は割と前回の国会のときからもずっと続けてやらさせていただいておりますけれども、一つの結論といいますか、扉が開かれたことは素直に喜びたいというふうに思います。  大臣の報告を聞いていて、最初の三行目に、国会のお許しを得て行けたというような話が出てまいりました。直接この問題とは関係あり……


■ページ上部へ

第154回国会(2002/01/21〜2002/07/31)

第154回国会 議院運営委員会 第35号(2002/05/14、42期、民主党・無所属クラブ)

○長浜委員 民主党の長浜博行です。  自由党、日本共産党、社会民主党・市民連合並びに民主党・無所属クラブを代表して、動議を提出いたします。  ただいま議題となっております熊谷弘君外九名提出の議員鈴木宗男君の議員辞職勧告に関する決議案につきましては、この際、同決議案に対する質疑を終局し、討論、採決に付されることを望みます。  なお、前議院運営委員長に関する本決議案につきましては、国民注視のもと、当委員会の権威にかかわることでもあり、議院運営委員会委員各位の良識に基づき御対応いただけますよう、切に、そして特に鳩山現議院運営委員長に要望いたします。

第154回国会 議院運営委員会 第48号(2002/06/21、42期、民主党・無所属クラブ)

○長浜委員 民主党・無所属クラブの長浜博行でございます。  民主党・無所属クラブを代表して、議員鈴木宗男君の議員辞職勧告に関する決議案に賛成の立場から討論をいたします。  前議院運営委員長であった者の議員辞職勧告決議案をこの場でやらなければならないということに重い意味を感じております。  鈴木宗男さんとは、前議院運営委員長になられる前に、政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会で、与党、野党の理事として、一緒に仕事をさせていただきました。  平成十二年の十一月十日、つまり一年半ほど前に、あっせん利得処罰法案を、本会議で私が野党四党を代表して討論をさせていただきました。この法案は、いわ……


■ページ上部へ

第156回国会(2003/01/20〜2003/07/28)

第156回国会 議院運営委員会 第19号(2003/03/25、42期、民主党・無所属クラブ)

○長浜議員 民主党・無所属クラブの長浜博行です。  私は、自由党、日本共産党、社会民主党・市民連合並びに民主党・無所属クラブを代表して、本院議員坂井隆憲君の議員辞職勧告決議案について、提案の趣旨を説明いたします。  最初に、決議案の本文を朗読いたします。  なお、あわせて、その理由を申し述べます。     議員坂井隆憲君の議員辞職勧告に関する決議案   本院は、議員坂井隆憲君の議員辞職を勧告する。   右決議する。  以下、その理由を申し述べます。  今、我が国を取り巻く内外の情勢は殊のほか厳しく、連日報道される戦火の中のイラク情勢や、拉致問題の解決の糸口すら見えない北朝鮮問題、国内にあっては……

第156回国会 議院運営委員会 第43号(2003/06/12、42期、民主党・無所属クラブ)

○長浜議員 民主党・無所属クラブの長浜博行です。  私は、自由党、日本共産党、社会民主党・市民連合並びに民主党・無所属クラブを代表して、本院議員松浪健四郎君の議員辞職勧告決議案について、提案の趣旨を説明いたします。  最初に、決議案の本文を朗読いたします。  なお、あわせて、その理由を申し述べます。     議員松浪健四郎君の議員辞職勧告に関する決議案   本院は、議員松浪健四郎君の議員辞職を勧告する。   右決議する。  以下、その理由を申し述べます。  政治腐敗を根絶し、清潔な政治を実現することは、議会制民主主義の根幹にかかわることであり、政治家の責務であります。ましてや、政治家が反社会的……


長浜博行[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
40期-|42期|-43期-44期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院42期)

長浜博行[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
40期-|42期|-43期-44期
第154回国会(2002/01/21〜2002/07/31)

第154回国会 決算行政監視委員会第四分科会 第3号(2002/07/22、42期、民主党・無所属クラブ)

○長浜分科員 長浜博行でございます。きょうは、質問の機会を与えていただきまして、どうもありがとうございます。地元の問題ということで、幾つかお尋ねをしたいことがございます。  大臣の場合は、ほとんど車を使われますから、余り霞が関とか……(扇国務大臣「そんなことはありません、全国区ですから」と呼ぶ)そうですか。霞が関とか銀座とか日比谷に行かれるときに、千代田線というのに乗られる方も中にはいらっしゃるかもしれません。大体その千代田線の行き先を見ると、柏行きとか我孫子行きというふうになっているはずです。足立区の綾瀬でとまる場合もありますが、大体千葉の柏、我孫子あたりが終点。そういったところから選出をさ……


■ページ上部へ

第156回国会(2003/01/20〜2003/07/28)

第156回国会 議院運営委員会院内の警察及び秩序に関する小委員会 第1号(2003/03/11、42期、民主党・無所属クラブ)

○長浜小委員 委員長、これはいつからですか。



長浜博行[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
40期-|42期|-43期-44期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/02/23

長浜博行[衆]在籍期 : 40期-|42期|-43期-44期
長浜博行[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 42期在籍の他の議員はこちら→42期衆議院議員(五十音順) 42期衆議院議員(選挙区順) 42期衆議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。