木村義雄 衆議院議員
44期国会発言一覧

木村義雄[衆]在籍期 : 38期-39期-40期-41期-42期-43期-|44期|
木村義雄[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは木村義雄衆議院議員の44期(2005/09/11〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は44期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院44期)

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
木村義雄[衆]本会議発言(全期間)
38期-39期-40期-41期-42期-43期-|44期|

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院44期)

木村義雄[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
38期-39期-40期-41期-42期-43期-|44期|
第165回国会(2006/09/26〜2006/12/19)

第165回国会 災害対策特別委員会 第1号(2006/09/28、44期、自由民主党)【議会役職】

○木村委員長 この際、一言ごあいさつを申し上げます。  ただいま委員各位の御推挙によりまして、委員長の重責を担うことになりました木村義雄でございます。  委員各位の御指導と御協力を賜りまして、公正かつ円満な委員会運営に努めてまいりたいと存じます。  何とぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)
【次の発言】 これより理事の互選を行います。
【次の発言】 ただいまの秋葉賢也君の動議に御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、委員長は、理事に       秋葉 賢也君    斉藤斗志二君       原田 令嗣君    三ッ矢憲生君       宮下 一郎君    土肥 隆一……

第165回国会 災害対策特別委員会 第2号(2006/11/02、44期、自由民主党)【議会役職】

○木村委員長 これより会議を開きます。  まず、理事辞任の件についてお諮りいたします。  理事三ッ矢憲生君から、理事辞任の申し出があります。これを許可するに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  次に、理事補欠選任の件についてお諮りいたします。  ただいまの理事の辞任及び委員の異動に伴い、現在理事が三名欠員となっております。その補欠選任につきましては、先例により、委員長において指名するに御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  それでは、理事に       小坂 憲次君    谷  公一君  ……

第165回国会 災害対策特別委員会 第3号(2006/11/09、44期、自由民主党)【議会役職】

○木村委員長 これより会議を開きます。  議事に入るに先立ちまして、委員会を代表して一言申し上げます。  このたびの北海道佐呂間町における竜巻による被害でお亡くなりになられました方々とその御遺族に対しまして、深く哀悼の意を表します。  また、被災者の皆様に心からお見舞いを申し上げます。  これより、お亡くなりになられた方々の御冥福をお祈りし、黙祷をささげたいと思います。  全員御起立をお願いいたします。――黙祷。
【次の発言】 黙祷を終わります。御着席願います。
【次の発言】 災害対策に関する件について調査を進めます。  この際、北海道佐呂間町における竜巻による被害状況等について、政府から説明……

第165回国会 災害対策特別委員会 第4号(2006/11/21、44期、自由民主党)【議会役職】

○木村委員長 これより会議を開きます。  災害対策に関する件について調査を進めます。  この際、去る十五日、北海道佐呂間町における竜巻による被害状況等調査のため、北海道に委員派遣を行いましたので、派遣委員を代表いたしまして、私から調査の概要について御報告申し上げます。  派遣委員は、自由民主党の秋葉賢也君、金子恭之君、林潤君、平口洋君、民主党・無所属クラブの土肥隆一君、長安豊君、公明党の古屋範子君、日本共産党の塩川鉄也君、社会民主党・市民連合の菅野哲雄君、そして私、木村義雄の十名であります。  まず初めに、去る七日の佐呂間町における竜巻災害により、とうとい生命を失われた方々の御冥福を心からお祈……

第165回国会 災害対策特別委員会 第5号(2006/12/19、44期、自由民主党)【議会役職】

○木村委員長 これより会議を開きます。  この際、御報告いたします。  今会期中、当委員会に参考のため送付されました陳情書及び意見書は、お手元に配付いたしておりますとおり、火山噴火及び大規模地震災害に関する陳情書外六件、雪害対策の充実を求める意見書外十四件であります。
【次の発言】 次に、閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。  災害対策に関する件につきまして、議長に対し、閉会中審査の申し出をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  次に、閉会中審査案件が付託になりました場合の諸件についてお諮りいたします。  ま……

第165回国会 総務委員会 第8号(2006/12/07、44期、自由民主党)

○木村(義)委員 まず、参考人の皆様方におかれましては、きょう、大変お忙しい中わざわざこの委員会に出席をいただき、それぞれの皆様方の本当に長い間の御苦労のこもった御発言をいただいたわけでございまして、心から敬意と感謝を申し上げる次第でございます。  大変長い間、この解決の処理に時間を要してきたわけでございまして、今国会でこれのまさに最終処理ができるということが恐らく皆様方の総意ではないかな、そう思えてならない次第でございます。  せっかくでございますから皆様方にお尋ねをしたいんですが、先ほどのお話を聞いております中で、不公平感という御指摘が実はございました。今度、与野党がそれぞれ法案を出してお……


■ページ上部へ

第166回国会(2007/01/25〜2007/07/05)

第166回国会 災害対策特別委員会 第1号(2007/01/25、44期、自由民主党)【議会役職】

○木村委員長 この際、一言ごあいさつを申し上げます。  ただいま委員各位の御推挙によりまして、引き続き委員長の重責を担うことになりました木村義雄でございます。  委員各位の御指導と御協力を賜りまして、公正かつ円満な委員会運営に努めてまいりたいと存じます。  何とぞよろしくお願い申し上げます。(拍手)
【次の発言】 これより理事の互選を行います。
【次の発言】 ただいまの長安豊君の動議に御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、委員長は、理事に       秋葉 賢也君    小坂 憲次君       谷  公一君    平井たくや君       宮下 一郎君    土肥……

第166回国会 災害対策特別委員会 第2号(2007/02/22、44期、自由民主党)【議会役職】

○木村委員長 これより会議を開きます。  災害対策に関する件について調査を進めます。  平成十九年度における災害対策の施策について、防災担当大臣から発言を求められておりますので、これを許します。溝手防災担当大臣。
【次の発言】 次に、平成十九年度における防災関係予算の概要について、政府から説明を聴取いたします。平沢内閣府副大臣。
【次の発言】 以上で説明は終わりました。  次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。     午前十時六分散会

第166回国会 災害対策特別委員会 第3号(2007/03/28、44期、自由民主党)【議会役職】

○木村委員長 これより会議を開きます。  災害対策に関する件について調査を進めます。  この際、平成十九年能登半島地震による被害状況等について、政府から説明を聴取いたします。溝手防災担当大臣。
【次の発言】 以上で説明は終わりました。
【次の発言】 次に、委員派遣承認申請に関する件についてお諮りいたします。  平成十九年能登半島地震による被害状況等調査のため、石川県に委員を派遣することとし、議長に対し、委員派遣承認申請をいたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  なお、派遣委員の人選、派遣期間等につきましては、委員長に御一……

第166回国会 災害対策特別委員会 第4号(2007/04/04、44期、自由民主党)【議会役職】

○木村委員長 これより会議を開きます。  災害対策に関する件について調査を進めます。  この際、去る二日、平成十九年能登半島地震による被害状況等調査のため、石川県に委員派遣を行いましたので、派遣委員を代表いたしまして、私から調査の概要について御報告申し上げます。  派遣委員は、自由民主党の秋葉賢也君、小坂憲次君、谷公一君、平井たくや君、宮下一郎君、民主党・無所属クラブの長安豊君、小宮山泰子君、公明党の古屋範子君、日本共産党の高橋千鶴子君、社会民主党・市民連合の日森文尋君、そして私、木村義雄の十一名であります。  また、自由民主党の瓦力君、北村茂男君、馳浩君が現地参加をされました。  去る三月二……

第166回国会 災害対策特別委員会 第5号(2007/04/13、44期、自由民主党)【議会役職】

○木村委員長 これより会議を開きます。  災害対策に関する件について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、政府参考人として内閣府政策統括官増田優一君、消防庁次長大石利雄君、文部科学省大臣官房審議官西阪昇君、文部科学省大臣官房文教施設企画部技術参事官岡誠一君、資源エネルギー庁原子力安全・保安院審議官佐藤均君、国土交通省大臣官房審議官和泉洋人君及び気象庁長官平木哲君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
【次の発言】 質疑の申し出がありますので、順次これを許します。宮……

第166回国会 災害対策特別委員会 第6号(2007/07/05、44期、自由民主党)【議会役職】

○木村委員長 これより会議を開きます。  請願の審査を行います。  今会期中、本委員会に付託になりました請願は二件であります。  本日の請願日程第一及び第二を一括して議題といたします。  まず、請願の審査の方法についてお諮りいたします。  両請願の内容につきましては、請願文書表等によりまして既に御承知のことと存じます。また、先ほどの理事会におきまして御検討願いましたので、この際、紹介議員からの説明聴取は省略し、直ちに採決いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。  これより採決いたします。  本日の請願日程、首都直下地震対策……


■ページ上部へ

第167回国会(2007/08/07〜2007/08/10)

第167回国会 災害対策特別委員会 第1号(2007/08/07、44期、自由民主党)【議会役職】

○木村委員長 この際、一言ごあいさつを申し上げます。  ただいま委員各位の御推挙によりまして、引き続き委員長の重責を担うことになりました木村義雄でございます。  委員各位の御指導と御協力を賜りまして、公正かつ円満な委員会運営に努めてまいりたいと存じます。  何とぞよろしくお願いいたします。
【次の発言】 これより理事の互選を行います。
【次の発言】 ただいまの長安豊君の動議に御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、委員長は、理事に       秋葉 賢也君    小坂 憲次君       谷  公一君    平井たくや君       宮下 一郎君    土肥 隆一君 ……

第167回国会 災害対策特別委員会 第2号(2007/08/10、44期、自由民主党)【議会役職】

○木村委員長 これより会議を開きます。  災害対策に関する件について調査を進めます。  この際、昨九日、平成十九年新潟県中越沖地震による被害状況等調査のため、新潟県に委員派遣を行いましたので、派遣委員を代表いたしまして、私から調査の概要について御報告申し上げます。  派遣委員は、自由民主党・無所属会の秋葉賢也君、谷公一君、宮下一郎君、民主党・無所属クラブの土肥隆一君、長安豊君、公明党の古屋範子君、日本共産党の高橋千鶴子君、社会民主党・市民連合の日森文尋君、そして私、木村義雄の九名であります。  また、自由民主党・無所属会の長島忠美君、民主党・無所属クラブの菊田真紀子君、西村智奈美君が現地参加さ……


■ページ上部へ

第171回国会(2009/01/05〜2009/07/21)

第171回国会 厚生労働委員会 第16号(2009/06/05、44期、自由民主党)

○木村(義)委員 私は、一九九七年の前回の法制定当時、臓器移植法案に反対をいたしました。なぜならば、当時の議論の方向性を聞いておりますと、これはまさに船頭多くして船山に登る、臓器移植禁止法案になることを恐れたわけであります。しかし、結果としてそのとおりになってしまったような気がいたしてなりません。  今回は、私はA案に賛成いたしたいと思います。それは、やはり多くの患者さんが、天文学的な費用でもって海外で移植の手術を受けるというようなことをこのまま見過ごしていて本当にいいんだろうか。しかも、そのことも、これからのWHOの動きによっては受けられなくなるということになるからでございます。そんなような……


木村義雄[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
38期-39期-40期-41期-42期-43期-|44期|

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院44期)

 期間中、各種会議での発言なし。

木村義雄[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
38期-39期-40期-41期-42期-43期-|44期|

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2021/11/15

木村義雄[衆]在籍期 : 38期-39期-40期-41期-42期-43期-|44期|
木村義雄[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 44期在籍の他の議員はこちら→44期衆議院議員(五十音順) 44期衆議院議員(選挙区順) 44期衆議院統計



■著書
2020年10月新刊