武正公一 衆議院議員
44期国会活動統計

武正公一[衆]在籍期 : 42期-43期-|44期|-45期-46期-47期
武正公一[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは武正公一衆議院議員の44期(2005/09/11〜)の国会活動を整理しています。国会での質問や答弁は44期国会発言一覧で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

本会議発言(衆議院44期)

本会議発言統計

国会会期
期間
発言
文字数
議会役職
政府役職



第163回国会
(特別:2005/09/21-2005/11/01)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(通常:2006/01/20-2006/06/18)
1回
4589文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第165回国会
(臨時:2006/09/26-2006/12/19)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(通常:2007/01/25-2007/07/05)
3回
9340文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第167回国会
(臨時:2007/08/07-2007/08/10)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第168回国会
(臨時:2007/09/10-2008/01/15)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第169回国会
(通常:2008/01/18-2008/06/21)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第170回国会
(臨時:2008/09/24-2008/12/25)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第171回国会
(通常:2009/01/05-2009/07/21)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字



44期通算
(2005/09/11-2009/08/29)
4回
13929文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

※「議会役職」は議長、副議長など国会の役職、「政府役職」は大臣などの内閣、政府関係の役職が記録に付されていた場合を集計しています。


本会議発言時役職

 期間中、衆議院本会議での議会役職、政府役職の立場からの発言なし。


武正公一[衆]本会議発言(全期間)
42期-43期-|44期|-45期-46期-47期

■ページ上部へ

委員会・各種会議(衆議院44期)

委員会出席・発言数

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


16回
(5回)
4回
(0回
0回)
24209文字
(0文字
0文字)

44回
(22回)
22回
(0回
0回)
105301文字
(0文字
0文字)

29回
(11回)
13回
(0回
0回)
74154文字
(0文字
0文字)

53回
(26回)
20回
(0回
0回)
110523文字
(0文字
0文字)

第167回国会
6回
(1回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

12回
(6回)
5回
(0回
0回)
46912文字
(0文字
0文字)

34回
(18回)
17回
(0回
0回)
142755文字
(0文字
0文字)

16回
(5回)
3回
(0回
0回)
19221文字
(0文字
0文字)

27回
(19回)
17回
(0回
0回)
98033文字
(0文字
0文字)


44期通算
237回
(113回)
101回
(0回
0回)
621108文字
(0文字
0文字)

※出席数は委員としての出席を数えています。大臣、政府委員など委員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など委員以外の立場での発言を含みます。「議会」は委員長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議出席・発言数

※本会議、常任委員会、特別委員会以外の集計可能な各種会議について集計したものです。具体的には、小委員会、分科会、公聴会、調査会、審査会などです。

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


1回
(0回)
1回
(0回
0回)
5859文字
(0文字
0文字)

第166回国会
2回
(0回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

1回
(0回)
1回
(0回
0回)
2866文字
(0文字
0文字)

1回
(0回)
1回
(0回
0回)
5395文字
(0文字
0文字)


44期通算
5回
(0回)
3回
(0回
0回)
14120文字
(0文字
0文字)

※出席数は会議の構成員としての出席を数えています。大臣、政府委員など構成員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」はその会議の幹部として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など構成員以外の立場での発言を含みます。「議会」はその会議の長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。一部会議の出席は未集計です。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
委員会名



1位
76回
(75回)
41回
(0回
0回)
外務委員会

2位
39回
(0回)
5回
(0回
0回)
国際テロリズムの防止及び我が国の協力支援活動並びにイラク人道復興支援活動等に関する特別委員会

2位
39回
(38回)
14回
(0回
0回)
総務委員会

4位
26回
(0回)
7回
(0回
0回)
予算委員会

5位
15回
(0回)
3回
(0回
0回)
沖縄及び北方問題に関する特別委員会

6位
12回
(0回)
6回
(0回
0回)
行政改革に関する特別委員会

7位
9回
(0回)
0回
(0回
0回)
決算行政監視委員会

8位
7回
(0回)
3回
(0回
0回)
海賊行為への対処並びに国際テロリズムの防止及び我が国の協力支援活動等に関する特別委員会

9位
3回
(0回)
7回
(0回
0回)
内閣委員会

9位
3回
(0回)
4回
(0回
0回)
政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会

11位
2回
(0回)
0回
(0回
0回)
文部科学委員会

11位
2回
(0回)
2回
(0回
0回)
経済産業委員会

11位
2回
(0回)
1回
(0回
0回)
国土交通委員会

14位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
安全保障委員会

14位
1回
(0回)
7回
(0回
0回)
教育基本法に関する特別委員会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
各種会議名


1位
2回
(0回)
0回
(0回
0回)
決算行政監視委員会第三分科会

2位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
決算行政監視委員会第一分科会

2位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
予算委員会第八分科会

2位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
予算委員会公聴会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会委員長経験

 期間中、委員長経験なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会委員長代理経験

 期間中、委員長代理経験なし。

※開催された委員会に委員長代理、委員長代理理事として出席した場合を委員長代理経験として数えています。記録上これら役職に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会理事経験

外務委員会(第163回国会)
外務委員会(第164回国会)
総務委員会(第165回国会)
総務委員会(第166回国会)
総務委員会(第167回国会)
外務委員会(第168回国会)
外務委員会(第169回国会)
外務委員会(第170回国会)
外務委員会(第171回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


各種会議役職経験

 期間中、各種会議役職経験なし。

※開催された各種会議にその会議の役職として出席した場合を各種会議役職経験として数えています。記録上役職に就任していても、該当会議が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

武正公一[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
42期-43期-|44期|-45期-46期-47期

■ページ上部へ

質問主意書(衆議院44期)

質問主意書提出数

国会会期期間提出数


第163回国会(特別:2005/09/21-2005/11/01)0本
第164回国会(通常:2006/01/20-2006/06/18)0本
第165回国会(臨時:2006/09/26-2006/12/19)0本
第166回国会(通常:2007/01/25-2007/07/05)0本
第167回国会(臨時:2007/08/07-2007/08/10)0本
第168回国会(臨時:2007/09/10-2008/01/15)2本
第169回国会(通常:2008/01/18-2008/06/21)1本
第170回国会(臨時:2008/09/24-2008/12/25)3本
第171回国会(通常:2009/01/05-2009/07/21)0本


44期通算(2005/09/11-2009/08/29)6本
※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

質問主意書・政府答弁書一覧


第168回国会(2007/09/10〜2008/01/15)

省庁間で交わされる覚書に関する質問主意書

第168回国会 衆議院 質問主意書 第61号(2007/09/27提出、44期、民主党・無所属クラブ)
質問内容
政府の国民への説明責任を果たすため省庁間で結んでいる覚書の存在を明確にし、省庁間の垣根を低くする対策は緊急を要すると考える。
従って、次の事項について質問する。
一 第二次大戦後、各省庁間で交わされた覚書の数をそれぞれ省庁対省庁別に明らかにされたい。
二 右一のうち現在も効力を持っている数をそれぞれ同様に明らかにされたい。
三 政府はこれらの覚書は省庁間の垣根となっていると認識しているか。…
答弁内容
一から三までについて
お尋ねについては、その調査に膨大な作業を要すること等から、お答えすることは困難である。
いずれにせよ、政府としては、今後とも、関係省庁において緊密な連携を図りつつ、適切な行政運営に努めてまいりたい。

救急医療(患者の搬送等を含む)体制強化推進のため省庁間で交わされる覚書に関する質問主意書

第168回国会 衆議院 質問主意書 第62号(2007/09/27提出、44期、民主党・無所属クラブ)
質問内容
妊婦等のたらい回し事件はあってはならないことであり、各省庁間の協力による救急医療(患者の搬送等を含む)体制強化のための対策は、緊急を要すると考える。
従って、次の事項について質問する。
一 第二次大戦後、救急医療(患者の搬送等を含む)に関して各省庁間で交わされた覚書の数をそれぞれ省庁対省庁別に明らかにされたい。
二 右一のうち、厚生労働省(旧厚生省を含む)と消防庁の間で交わされた覚書の数と内…
答弁内容
一から四までについて
お尋ねについては、その調査に膨大な作業を要すること等から、お答えすることは困難である。
いずれにせよ、政府としては、今後とも、関係省庁において緊密な連携を図りつつ、救急医療体制の充実に努めてまいりたい。

■ページ上部へ

第169回国会(2008/01/18〜2008/06/21)

在日米軍基地内ゴルフ場施設の利用に関する質問主意書

第169回国会 衆議院 質問主意書 第208号(2008/03/21提出、44期、民主党・無所属クラブ)
質問内容
一 在日米軍基地内に所在するゴルフ場施設の全名称を明らかにされたい。
二 在日米軍から防衛省及び自衛隊に貸与されている基地内ゴルフ場の会員証のうち記名のものは誰に貸与され、無記名のものはどこに何枚貸与されているのかを明らかにされたい。
三 防衛省及び自衛隊職員の過去五年間の年度毎総利用回数及び人数を示されたい。
四 防衛省及び自衛隊職員以外の国家公務員の利用数を右三に準じて示されたい。
五…
答弁内容
一について
米側からは、米軍の施設及び区域に所在するゴルフ場の名称について、三沢飛行場に所在するものはゴサーメモリアルゴルフコース、多摩サービス補助施設に所在するものは多摩ヒルズゴルフコース、横田飛行場に所在するものはパースリーゴルフコース、厚木海軍飛行場に所在するものは厚木ゴルフコース、キャンプ座間に所在するものはキャンプ座間ゴルフコース、岩国飛行場に所在するものはトリイパインズゴルフコース、…

■ページ上部へ

第170回国会(2008/09/24〜2008/12/25)

国政選挙における期日前投票のための投票入場券の発送に関する質問主意書

第170回国会 衆議院 質問主意書 第10号(2008/09/25提出、44期、民主党・無所属クラブ)
質問内容
一 国政選挙における期日前投票について、投票入場券が届かないうちにでも期日前投票が可能であることは知る人が少なく、二〇〇七年参議院議員選挙では告示日に発送したのが三割にとどまっているのが現状である。中には、告示日の翌週に届くケースもあり、やはり、投票入場券が告示後速やかに届くように、政府として地方選挙管理委員会に徹底を図るべきと考えるが御所見を伺う。
右質問する。
答弁内容
一について
御指摘の投票所入場券については、公職選挙法施行令(昭和二十五年政令第八十九号)第三十一条第一項の規定により、公示又は告示の日以後できるだけ速やかに選挙人に交付するよう努めなければならないものとされている。
この投票所入場券は、選挙人の確認の迅速化、投票所の場所の周知等に効果があるものと認識しており、総務省においては、これまでも、できるだけ速やかに投票所入場券を交付するよう市町村の選…

国政選挙における投票時間の繰上げ趣旨徹底に関する質問主意書

第170回国会 衆議院 質問主意書 第11号(2008/09/25提出、44期、民主党・無所属クラブ)
質問内容
一 二〇〇七年参議院議員選挙では二〇〇四年参議院議員選挙に比べて投票時間の繰上げを行った投票所が約三割増加した。各選挙管理委員会の判断に任せられているとはいえ、国政選挙は政府の予算で行われる選挙である。投票時間の繰上げが国民の投票する権利を侵害するものになってはならないと考えるが、政府としての考え、ならびに本来の投票時間の繰上げの趣旨の徹底を図る考えがあるかどうかを尋ねる。
右質問する。
答弁内容
一について
選挙は民主政治の根幹をなすものであることから、選挙人の投票機会の確保は極めて重要なことであり、最大限の配慮をしなければならないものと認識している。
投票所閉鎖時刻の繰上げについては、公職選挙法(昭和二十五年法律第百号)第四十条第一項ただし書の規定により、選挙人の投票に支障を来さないと認められる特別の事情がある場合に限り、市町村の選挙管理委員会が行うことができることとされており、総務…

公益法人における旧主務官庁出身理事数の見直しに関する質問主意書

第170回国会 衆議院 質問主意書 第313号(2008/12/05提出、44期、民主党・無所属クラブ)
質問内容
麻生総理は、平成二〇年一〇月八日衆議院予算委員会で「公益法人における所管官庁出身常勤理事数が三分の一を超える再就職天下りについては見直しを検討する」と明言したがその後の経緯について尋ねる。
一 総理から見直しの指示を官房長官が受けて具体的に関係省庁などを集め会議を行ったのはいつで、呼ばれたのはどこの省庁のどの部署か。
二 そのときの会議(複数回ならばそれらを含め)としての結論はどうなったのか。…
答弁内容
一から四までについて
政府としては、お尋ねのような会議は開催していないが、改めて政府部内において検討した結果、公益法人の理事の構成は、基本的には当該法人がその業務に応じて自ら決定すべきものであること、理事の権限は、常勤と非常勤で法令上差がなく、また、実態上も法人ごとに区々であることから、「公益法人の設立許可及び指導監督基準」(平成八年九月二十日閣議決定。以下「指導監督基準」という。)において、常…

武正公一[衆]質問主意書(全期間)
42期-43期-|44期|-45期-46期-47期
■ページ上部へ

会派履歴(衆議院44期 ※参考情報)

民主党・無所属クラブ (第163回国会、初出日付:2005/10/17、会議録より)
民主党・無所属クラブ (第164回国会、初出日付:2006/02/24、会議録より)
民主党・無所属クラブ (第165回国会、初出日付:2006/10/16、会議録より)
民主党・無所属クラブ (第166回国会、初出日付:2007/02/22、会議録より)
民主党・無所属クラブ (第168回国会、初出日付:2007/09/27、質問主意書より)
民主党・無所属クラブ (第169回国会、初出日付:2008/01/29、会議録より)
民主党・無所属クラブ (第170回国会、初出日付:2008/10/08、会議録より)
民主党・無所属クラブ (第171回国会、初出日付:2009/03/18、会議録より)

※このデータは、議員の本会議、委員会等での発言時と、質問主意書(2000年7月以降)提出時の記録から作成しています。そのため、議員がこれらの活動を行わなかった場合には会派は記録されません。会派への所属期間が短い場合、会派の存続期間が短い場合、会派名称が短期間で変更される場合なども、所属会派が記録されない可能性が高くなります。また、会議録の不正確なデータを修正していないため、会派移動を繰り返したような履歴が表示されることがあります。


議会・政府役職(衆議院44期 ※参考情報)

 期間中に国会での議会役職、政府役職の立場からの発言記録なし。

※このデータは、国会会議録検索システムの発言データに付随する情報を元に補完、修正して作成しています。重要役職に就いていた場合でも、衆議院での発言がない場合には記録なしとなります。発言回数が膨大なため誤記録の絶対数が多く、また修正を機械的に行っているため、粗いデータとなっています。委員会の委員長など委員会、各種会議の役職については、出席データを元に作成している委員会のデータを参照して下さい。

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2021/09/17

武正公一[衆]在籍期 : 42期-43期-|44期|-45期-46期-47期
武正公一[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 44期在籍の他の議員はこちら→44期衆議院議員(五十音順) 44期衆議院議員(選挙区順) 44期衆議院統計



■著書
2020年10月新刊