三日月大造 衆議院議員
44期国会活動統計

三日月大造[衆]在籍期 : 43期-|44期|-45期-46期
三日月大造[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは三日月大造衆議院議員の44期(2005/09/11〜)の国会活動を整理しています。国会での質問や答弁は44期国会発言一覧で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

本会議発言(衆議院44期)

本会議発言統計

国会会期
期間
発言
文字数
議会役職
政府役職



第163回国会
(特別:2005/09/21-2005/11/01)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(通常:2006/01/20-2006/06/18)
1回
3079文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第165回国会
(臨時:2006/09/26-2006/12/19)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第166回国会
(通常:2007/01/25-2007/07/05)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第167回国会
(臨時:2007/08/07-2007/08/10)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(臨時:2007/09/10-2008/01/15)
1回
3833文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(通常:2008/01/18-2008/06/21)
1回
4144文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第170回国会
(臨時:2008/09/24-2008/12/25)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(通常:2009/01/05-2009/07/21)
1回
3642文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字



44期通算
(2005/09/11-2009/08/29)
4回
14698文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

※「議会役職」は議長、副議長など国会の役職、「政府役職」は大臣などの内閣、政府関係の役職が記録に付されていた場合を集計しています。


本会議発言時役職

 期間中、衆議院本会議での議会役職、政府役職の立場からの発言なし。


三日月大造[衆]本会議発言(全期間)
43期-|44期|-45期-46期

■ページ上部へ

委員会・各種会議(衆議院44期)

委員会出席・発言数

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


19回
(15回)
5回
(0回
0回)
25299文字
(0文字
0文字)

42回
(30回)
12回
(0回
0回)
78896文字
(0文字
0文字)

25回
(10回)
4回
(0回
0回)
32601文字
(0文字
0文字)

29回
(26回)
13回
(0回
0回)
63693文字
(0文字
0文字)

第167回国会
1回
(1回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

30回
(1回)
4回
(0回
0回)
15370文字
(0文字
0文字)

60回
(0回)
13回
(0回
0回)
63256文字
(0文字
0文字)

21回
(0回)
3回
(0回
0回)
11969文字
(0文字
0文字)

30回
(0回)
12回
(0回
0回)
55673文字
(0文字
0文字)


44期通算
257回
(83回)
66回
(0回
0回)
346757文字
(0文字
0文字)

※出席数は委員としての出席を数えています。大臣、政府委員など委員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など委員以外の立場での発言を含みます。「議会」は委員長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議出席・発言数

※本会議、常任委員会、特別委員会以外の集計可能な各種会議について集計したものです。具体的には、小委員会、分科会、公聴会、調査会、審査会などです。

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


2回
(0回)
2回
(0回
0回)
11167文字
(0文字
0文字)

4回
(0回)
4回
(0回
0回)
25584文字
(0文字
0文字)

1回
(0回)
1回
(0回
0回)
3812文字
(0文字
0文字)

2回
(0回)
2回
(0回
0回)
12071文字
(0文字
0文字)


44期通算
9回
(0回)
9回
(0回
0回)
52634文字
(0文字
0文字)

※出席数は会議の構成員としての出席を数えています。大臣、政府委員など構成員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」はその会議の幹部として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など構成員以外の立場での発言を含みます。「議会」はその会議の長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。一部会議の出席は未集計です。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
委員会名



1位
143回
(83回)
55回
(0回
0回)
国土交通委員会

2位
79回
(0回)
5回
(0回
0回)
議院運営委員会

3位
10回
(0回)
1回
(0回
0回)
政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会

4位
4回
(0回)
0回
(0回
0回)
教育基本法に関する特別委員会

5位
3回
(0回)
0回
(0回
0回)
予算委員会

5位
3回
(0回)
0回
(0回
0回)
厚生労働委員会

7位
2回
(0回)
2回
(0回
0回)
環境委員会

7位
2回
(0回)
1回
(0回
0回)
内閣委員会

7位
2回
(0回)
0回
(0回
0回)
総務委員会

7位
2回
(0回)
0回
(0回
0回)
財務金融委員会

11位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
決算行政監視委員会

11位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
海賊行為への対処並びに国際テロリズムの防止及び我が国の協力支援活動等に関する特別委員会

11位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
農林水産委員会

11位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
文部科学委員会

11位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
法務委員会

11位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
経済産業委員会

11位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
外務委員会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
各種会議名


1位
2回
(0回)
2回
(0回
0回)
決算行政監視委員会第二分科会

2位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
予算委員会第三分科会

2位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
予算委員会第六分科会

2位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
予算委員会第四分科会

2位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
予算委員会第二分科会

2位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
予算委員会第一分科会

2位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
決算行政監視委員会第三分科会

2位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
予算委員会第五分科会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会委員長経験

 期間中、委員長経験なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会委員長代理経験

 期間中、委員長代理経験なし。

※開催された委員会に委員長代理、委員長代理理事として出席した場合を委員長代理経験として数えています。記録上これら役職に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会理事経験

国土交通委員会(第163回国会)
国土交通委員会(第164回国会)
国土交通委員会(第165回国会)
国土交通委員会(第166回国会)
国土交通委員会(第167回国会)
国土交通委員会(第168回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


各種会議役職経験

 期間中、各種会議役職経験なし。

※開催された各種会議にその会議の役職として出席した場合を各種会議役職経験として数えています。記録上役職に就任していても、該当会議が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

三日月大造[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
43期-|44期|-45期-46期

■ページ上部へ

質問主意書(衆議院44期)

質問主意書提出数

国会会期期間提出数


第163回国会(特別:2005/09/21-2005/11/01)0本
第164回国会(通常:2006/01/20-2006/06/18)1本
第165回国会(臨時:2006/09/26-2006/12/19)2本
第166回国会(通常:2007/01/25-2007/07/05)0本
第167回国会(臨時:2007/08/07-2007/08/10)0本
第168回国会(臨時:2007/09/10-2008/01/15)0本
第169回国会(通常:2008/01/18-2008/06/21)4本
第170回国会(臨時:2008/09/24-2008/12/25)0本
第171回国会(通常:2009/01/05-2009/07/21)0本


44期通算(2005/09/11-2009/08/29)7本
※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

質問主意書・政府答弁書一覧


第164回国会(2006/01/20〜2006/06/18)

滋賀県栗東市の株式会社アール・ディエンジニアリング産業廃棄物処分場に関する質問主意書

第164回国会 衆議院 質問主意書 第19号(2006/01/26提出、44期、民主党・無所属クラブ)
質問内容
株式会社アール・ディエンジニアリング(滋賀県栗東市上砥山二百九十二番地の一)の産業廃棄物処分場(以下「アール・ディ処分場」という。)は、昭和五十四年、滋賀県栗東市小野に、安定型処分場として滋賀県より許可を受けて設立され、その後、産業廃棄物の埋め立てが行われた。平成十年に、施設設置計画上の深さを超え、粘土層を貫通するまで土壌を掘削し産業廃棄物を埋めた事実が発覚し、平成十一年には致死量の約十五倍の硫化…
答弁内容
一について
一般廃棄物の最終処分場及び産業廃棄物の最終処分場に係る技術上の基準を定める省令(昭和五十二年総理府・厚生省令第一号。以下「基準省令」という。)においては、廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令(昭和四十六年政令第三百号。以下「令」という。)第七条第十四号イからハまでに掲げる産業廃棄物の最終処分場(以下「最終処分場」という。)の設置者は、周縁の地下水等の水質検査を行い、その結果が基準に…

■ページ上部へ

第165回国会(2006/09/26〜2006/12/19)

淀川水系の河川整備及び水質等の管理に関する質問主意書

第165回国会 衆議院 質問主意書 第248号(2006/12/13提出、44期、民主党・無所属クラブ)
質問内容
淀川水系は、その流域内人口が一千万人を超え、かつ、産業が集積した近畿地方の大都市圏を貫く重要な水系である。「治水」「利水」の面から、また、良質で、持続的な水資源を確保する「環境」の面からも、その河川整備や管理は、喫緊の重要課題であると考える。
その観点から、以下の事項について質問する。
一 河川整備基本方針の策定状況等について
1 全国百九水系における河川整備基本方針の策定状況はどのようにな…
答弁内容
一の1について
河川整備基本方針については、河川法(昭和三十九年法律第百六十七号)第四条第一項の国土保全上又は国民経済上特に重要な水系である百九水系のうち、五十八水系について策定済みである。同方針が未策定である水系については、準備が整ったところから速やかに策定することとしている。
一の2について
河川に係る水害を防止し、又は水害が発生した場合でも被害を軽減させるためには、河川管理施設等の整備…

障害者施策ならびに障害者自立支援法に関する質問主意書

第165回国会 衆議院 質問主意書 第249号(2006/12/13提出、44期、民主党・無所属クラブ)
質問内容
障害者自立支援法は本年四月の部分施行を経て去る十月一日に本格施行されている。しかし、障害者福祉施策の大きな転換となるにもかかわらず、昨年十月末の同法成立からわずか一年足らずのスタートは、例えば同様に大きな政策転換となった介護保険法の成立から施行までの準備期間と比較するまでもなく、拙速であったことは否めない。また、利用料の定率一割負担導入やサービス提供事業者に対する報酬の日払い化に代表される軽減措置…
答弁内容
一について
障害者自立支援法(平成十七年法律第百二十三号。以下「法」という。)は、地域での生活や就業など障害者のための支援を体系的に整備するなどの改革を行うものである。一方で、法による改革が抜本的なものであることから、関係者から様々な御意見等をいただいているところであり、政府としては、制度の定着を目指しつつ、制度の運営に関する御意見に対しては、施行に当たっての激変緩和という観点から丁寧に対応して…

■ページ上部へ

第169回国会(2008/01/18〜2008/06/21)

「道路特定財源等に関する基本方針」に関する質問主意書

第169回国会 衆議院 質問主意書 第384号(2008/05/15提出、44期、民主党・無所属クラブ)
質問内容
平成二十年五月十三日に閣議決定された「道路特定財源等に関する基本方針」(以下、「基本方針」)について、以下、政府の見解・方針等を問う。
T 基本方針には、「一.道路関連公益法人や道路整備関係の特別会計関連支出の無駄を徹底的に排除する。政府全体で、行政と密接な関係にある公益法人について、六月末までに集中点検を実施し、支出の無駄を徹底的に是正する。」とある。
1 基本方針中の「道路関連公益法人」及…
答弁内容
Tの1から4までについて
道路整備特別会計から公益法人に支出された委託経費、道路整備事業を遂行する上で支出された広報広聴経費、職員の福利厚生等のための経費等に係る無駄遣いが国会等において指摘されたため、国土交通省に設置された「道路関係業務の執行のあり方改革本部」(以下「改革本部」という。)において、平成十八年度に道路整備特別会計から支出された経費のうち、平成十八年度において道路整備特別会計から一…

株式会社アール・ディエンジニアリング産業廃棄物処分場問題及び産廃特措法に関する質問主意書

第169回国会 衆議院 質問主意書 第422号(2008/05/26提出、44期、民主党・無所属クラブ)
質問内容
株式会社アール・ディエンジニアリング(滋賀県栗東市上砥山二百九十二番地の一)の産業廃棄物最終処分場(以下「アール・ディ処分場」という。)は、昭和五十四年に、滋賀県栗東市小野に安定型処分場として滋賀県より許可を受けて設立され、産業廃棄物の埋立て事業を開始した。平成三年頃から許可区域外の掘削・埋立てや、ばい煙・ばい塵に対する苦情が頻発したほか、平成十年に許可区域を越える産業廃棄物の処分が発覚し、平成十…
答弁内容
一の1について
滋賀県においては、これまで、株式会社アール・ディエンジニアリング(以下「アール・ディ」という。)に対し、平成十三年十二月に、廃棄物の処理及び清掃に関する法律の一部を改正する法律(平成十五年法律第九十三号)による改正前の廃棄物の処理及び清掃に関する法律(昭和四十五年法律第百三十七号)第十五条の三の規定に基づき、浸透水の水処理設備の設置等の改善を命じ、平成十八年四月に、廃棄物の処理及…

特定障害者に対する特別障害給付金の支給等に関する質問主意書

第169回国会 衆議院 質問主意書 第444号(2008/05/28提出、44期、民主党・無所属クラブ)
質問内容
世界に誇れる制度と謳われた、わが国の公的年金における国民皆年金の実現は、国民年金法が施行される昭和三十六年まで遡ることとなる。しかし、昨今の「消えた年金」問題をはじめとして、無年金・低額年金問題等々、公的年金制度が内包する課題・問題点は枚挙にいとまがない。
例えば、強制加入の制度でありながら、二〇歳以上の学生については平成三年三月までは任意加入とされていたため、大多数の学生は国民年金に加入してお…
答弁内容
一及び五について
お尋ねについては、調査に時間を要するため、お答えすることは困難である。
二について
お尋ねの「受給資格要件不該当」の具体的な内容は、特定障害者に対する特別障害給付金の支給に関する法律(平成十六年法律第百六十六号。以下「法」という。)第二条第一号に規定する初診日において国民年金法等の一部を改正する法律(昭和六十年法律第三十四号)第一条の規定による改正前の国民年金法(昭和三十四…

世界的な穀物価格の高騰等を踏まえたコメのミニマム・アクセス及び生産調整の在り方等に関する質問主意書

第169回国会 衆議院 質問主意書 第455号(2008/05/30提出、44期、民主党・無所属クラブ)
質問内容
世界的に食料価格が高騰し、世界各地で抗議運動等が発生するという危機的状況の中で、国連人権理事会は、価格高騰により十分な食料を確保できない現状を人権問題として捉え、また、六月にはFAO(国際連合食糧農業機関)による世界食料サミットがローマで開催予定であるなど国際社会においては、この問題に真剣に対応しようという機運が高まりつつある。
一方、食糧問題が主要議題となると見込まれる「洞爺湖サミット」の議長…
答弁内容
一について
穀物の国際価格高騰については、途上国の経済発展による食料需要の増大、世界的なバイオ燃料の原料としての需要の増大、地球温暖化等の地球規模の気候変動の影響という構造要因のほか、輸出国による輸出規制が広がっていることなどが影響していると考えている。
特に、米については、生産量に占める貿易量の割合が低いこと、主要輸出国において輸出規制が実施されていることも大きく影響していると考えている。 …

三日月大造[衆]質問主意書(全期間)
43期-|44期|-45期-46期
■ページ上部へ

会派履歴(衆議院44期 ※参考情報)

民主党・無所属クラブ (第163回国会、初出日付:2005/10/14、会議録より)
民主党・無所属クラブ (第164回国会、初出日付:2006/01/26、質問主意書より)
民主党・無所属クラブ (第165回国会、初出日付:2006/10/25、会議録より)
民主党・無所属クラブ (第166回国会、初出日付:2007/02/21、会議録より)
民主党・無所属クラブ (第168回国会、初出日付:2007/10/24、会議録より)
民主党・無所属クラブ (第169回国会、初出日付:2008/02/06、会議録より)
民主党・無所属クラブ (第170回国会、初出日付:2008/10/24、会議録より)
民主党・無所属クラブ (第171回国会、初出日付:2009/01/13、会議録より)

※このデータは、議員の本会議、委員会等での発言時と、質問主意書(2000年7月以降)提出時の記録から作成しています。そのため、議員がこれらの活動を行わなかった場合には会派は記録されません。会派への所属期間が短い場合、会派の存続期間が短い場合、会派名称が短期間で変更される場合なども、所属会派が記録されない可能性が高くなります。また、会議録の不正確なデータを修正していないため、会派移動を繰り返したような履歴が表示されることがあります。


議会・政府役職(衆議院44期 ※参考情報)

 期間中に国会での議会役職、政府役職の立場からの発言記録なし。

※このデータは、国会会議録検索システムの発言データに付随する情報を元に補完、修正して作成しています。重要役職に就いていた場合でも、衆議院での発言がない場合には記録なしとなります。発言回数が膨大なため誤記録の絶対数が多く、また修正を機械的に行っているため、粗いデータとなっています。委員会の委員長など委員会、各種会議の役職については、出席データを元に作成している委員会のデータを参照して下さい。

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/10/21

三日月大造[衆]在籍期 : 43期-|44期|-45期-46期
三日月大造[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 44期在籍の他の議員はこちら→44期衆議院議員(五十音順) 44期衆議院議員(選挙区順) 44期衆議院統計


■著書
2020年10月新刊