大口善徳 衆議院議員
45期国会活動統計

大口善徳[衆]在籍期 : 40期-41期-43期-44期-|45期|-46期-47期-48期-49期
大口善徳[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは大口善徳衆議院議員の45期(2009/08/30〜)の国会活動を整理しています。国会での質問や答弁は45期国会発言一覧で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

本会議発言(衆議院45期)

本会議発言統計

国会会期
期間
発言
文字数
議会役職
政府役職



第172回国会
(特別:2009/09/16-2009/09/19)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第173回国会
(臨時:2009/10/26-2009/12/04)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(通常:2010/01/18-2010/06/16)
1回
2598文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第175回国会
(臨時:2010/07/30-2010/08/06)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第176回国会
(臨時:2010/10/01-2010/12/03)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第177回国会
(通常:2011/01/24-2011/08/31)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第178回国会
(臨時:2011/09/13-2011/09/30)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第179回国会
(臨時:2011/10/20-2011/12/09)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第180回国会
(通常:2012/01/24-2012/09/08)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第181回国会
(臨時:2012/10/29-2012/11/16)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字



45期通算
(2009/08/30-2012/12/15)
1回
2598文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

※「議会役職」は議長、副議長など国会の役職、「政府役職」は大臣などの内閣、政府関係の役職が記録に付されていた場合を集計しています。


本会議発言時役職

 期間中、衆議院本会議での議会役職、政府役職の立場からの発言なし。


大口善徳[衆]本会議発言(全期間)
40期-41期-43期-44期-|45期|-46期-47期-48期-49期

■ページ上部へ

委員会・各種会議(衆議院45期)

委員会出席・発言数

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


8回
(4回)
2回
(0回
0回)
10662文字
(0文字
0文字)

34回
(13回)
13回
(0回
0回)
54142文字
(0文字
0文字)

第175回国会
4回
(1回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

11回
(11回)
5回
(0回
0回)
33787文字
(0文字
0文字)

24回
(22回)
16回
(0回
0回)
79224文字
(0文字
0文字)

第178回国会
2回
(2回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

10回
(9回)
5回
(0回
0回)
37694文字
(0文字
0文字)

25回
(21回)
15回
(0回
0回)
91695文字
(0文字
0文字)

第181回国会
2回
(1回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)


45期通算
120回
(84回)
56回
(0回
0回)
307204文字
(0文字
0文字)

※出席数は委員としての出席を数えています。大臣、政府委員など委員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など委員以外の立場での発言を含みます。「議会」は委員長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議出席・発言数

※本会議、常任委員会、特別委員会以外の集計可能な各種会議について集計したものです。具体的には、小委員会、分科会、公聴会、調査会、審査会などです。

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


5回
(0回)
3回
(0回
0回)
13796文字
(0文字
0文字)

4回
(0回)
1回
(0回
0回)
1532文字
(0文字
0文字)

11回
(2回)
6回
(0回
0回)
14538文字
(0文字
0文字)


45期通算
20回
(2回)
10回
(0回
0回)
29866文字
(0文字
0文字)

※出席数は会議の構成員としての出席を数えています。大臣、政府委員など構成員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」はその会議の幹部として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など構成員以外の立場での発言を含みます。「議会」はその会議の長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。一部会議の出席は未集計です。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
委員会名



1位
64回
(64回)
36回
(0回
0回)
法務委員会

2位
29回
(1回)
7回
(0回
0回)
予算委員会

3位
19回
(19回)
6回
(0回
0回)
消費者問題に関する特別委員会

4位
3回
(0回)
2回
(0回
0回)
内閣委員会

5位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
文部科学委員会

5位
1回
(0回)
2回
(0回
0回)
政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会

5位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
社会保障と税の一体改革に関する特別委員会

5位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
総務委員会

5位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
東日本大震災復興特別委員会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
各種会議名


1位
13回
(2回)
5回
(0回
0回)
憲法審査会

2位
4回
(0回)
2回
(0回
0回)
予算委員会第八分科会

3位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
予算委員会第三分科会

3位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
予算委員会公聴会

3位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
予算委員会第一分科会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会委員長経験

 期間中、委員長経験なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会委員長代理経験

 期間中、委員長代理経験なし。

※開催された委員会に委員長代理、委員長代理理事として出席した場合を委員長代理経験として数えています。記録上これら役職に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会理事経験

法務委員会(第173回国会)
法務委員会(第174回国会)
法務委員会(第175回国会)
予算委員会(第176回国会)
消費者問題に関する特別委員会(第176回国会)
法務委員会(第176回国会)
消費者問題に関する特別委員会(第177回国会)
法務委員会(第177回国会)
消費者問題に関する特別委員会(第178回国会)
法務委員会(第178回国会)
消費者問題に関する特別委員会(第179回国会)
法務委員会(第179回国会)
消費者問題に関する特別委員会(第180回国会)
法務委員会(第180回国会)
法務委員会(第181回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


各種会議役職経験

憲法審査会・幹事(第180回国会)

※開催された各種会議にその会議の役職として出席した場合を各種会議役職経験として数えています。記録上役職に就任していても、該当会議が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

大口善徳[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
40期-41期-43期-44期-|45期|-46期-47期-48期-49期

■ページ上部へ

質問主意書(衆議院45期)

質問主意書提出数

国会会期期間提出数


第172回国会(特別:2009/09/16-2009/09/19)0本
第173回国会(臨時:2009/10/26-2009/12/04)1本
第174回国会(通常:2010/01/18-2010/06/16)0本
第175回国会(臨時:2010/07/30-2010/08/06)0本
第176回国会(臨時:2010/10/01-2010/12/03)0本
第177回国会(通常:2011/01/24-2011/08/31)2本
第178回国会(臨時:2011/09/13-2011/09/30)0本
第179回国会(臨時:2011/10/20-2011/12/09)1本
第180回国会(通常:2012/01/24-2012/09/08)1本
第181回国会(臨時:2012/10/29-2012/11/16)0本


45期通算(2009/08/30-2012/12/15)5本
※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

質問主意書・政府答弁書一覧


第173回国会(2009/10/26〜2009/12/04)

行政刷新会議に関する質問主意書

第173回国会 衆議院 質問主意書 第131号(2009/12/01提出、45期、公明党)
質問内容
行政刷新会議のワーキンググループのいわゆる「事業仕分け」が十一月十一日から同月二十七日の九日間にわたって行われた。その件に関する次の事項について質問する。
一 「事業仕分け」の席に事業仕分け対象事業を所管する各府省庁の副大臣及び大臣政務官が同席したと聞いている。
この副大臣や大臣政務官は、各府省庁において来年度予算の概算要求を政治主導で作成した責任者であり、説明責任を負うと考えるが、この「事業…
答弁内容
一から三までについて
平成二十一年十月二十二日に開催した第一回行政刷新会議において了承された「各ワーキンググループ(WG)の担当府省について」に基づき、事業仕分けの対象となる事業を担当する府省の副大臣又は大臣政務官(以下「担当副大臣等」という。)は、評価者としてワーキンググループに参加したところである。
また、ワーキンググループにおいては、担当副大臣等が、評価者として説明者に対し質問した場合が…

■ページ上部へ

第177回国会(2011/01/24〜2011/08/31)

第三者管理方式実施に関する質問主意書

第177回国会 衆議院 質問主意書 第147号(2011/04/26提出、45期、公明党)
質問内容
国土交通省における今後の分譲マンション政策の検討状況について、質問する。
一 昨年七月二十九日、前原元国土交通大臣の発案で国土交通省より分譲マンションの政策に関する意見募集が行われた。意見募集の内容は、@分譲マンションの計画的な維持修繕の促進策、A分譲マンションの適正な維持管理活動の維持方策、B老朽マンションの大規模改修・建て替えの円滑化のための方策についてであったが、特にAの適正な維持管理につ…
答弁内容
一及び二について
建物の区分所有等に関する法律(昭和三十七年法律第六十九号)第二十五条第一項に規定する管理者に区分所有者以外の者を選任してマンションの管理を行わせる、いわゆる「第三者管理者方式」(以下単に「第三者管理者方式」という。)については、社会資本整備審議会答申「分譲マンションストック五〇〇万戸時代に対応したマンション政策のあり方について」(平成二十一年三月六日)において、「管理者となる者…

お茶における放射性物質の暫定規制値に関する質問主意書

第177回国会 衆議院 質問主意書 第268号(2011/06/22提出、45期、公明党)
質問内容
お茶における放射性物質の暫定規制値について、質問する。
一 食品衛生法に基づく厚生労働省が定める「食品中の放射性物質の暫定規制値」では、生葉、荒茶が一キログラム当たり五〇〇ベクレル(放射性セシウム)、飲用茶が一キログラム当たり二〇〇ベクレル(放射性セシウム)が適用されたが、その科学的根拠は何か。
二 お茶のような加工品は実際に消費者に経口摂取される際の安全性が重要であって、財団法人日本食品分析…
答弁内容
一について
厚生労働省としては、原子力安全委員会が策定した「原子力施設等の防災対策について」に掲載されている「飲食物摂取制限に関する指標」中の値(以下「指標値」という。)を、当面、食品中の放射性物質の規制値(以下「暫定規制値」という。)とし、これを上回る放射性物質が検出された食品については、食品衛生法(昭和二十二年法律第二百三十三号)第六条第二号に該当するものとして取り扱うこととしたものである。…

■ページ上部へ

第179回国会(2011/10/20〜2011/12/09)

GPS波浪計の設置に関する質問主意書

第179回国会 衆議院 質問主意書 第38号(2011/11/10提出、45期、公明党)
質問内容
現在、GPS波浪計は国内に十五基設置されている。その内訳は、太平洋側では青森県沖一基、岩手県沖三基、宮城県沖二基、福島県沖一基、静岡県沖一基、三重県沖一基、和歌山県沖一基、高知県沖一基、徳島県沖一基の十二基、日本海側では三基となっている。これら十五基のGPS波浪計のデータは公開され、気象庁等で活用されている。
本年三月十一日の東北地方太平洋沖地震による津波に対しては、一四時四六分の地震発生から四…
答弁内容
御指摘のGPS波浪計は、沖合における波浪を観測し、その観測データを港湾施設の設計及び港湾工事に当たって活用することを目的として国土交通省港湾局において整備しているものであるが、当該観測データは、気象庁が行う波浪及び津波の実況の監視にも活用できることから、同庁に対する即時提供を行っているところである。
政府としては、GPS波浪計について、沖合における波浪観測の必要性等を踏まえた上で、必要に応じて今…

■ページ上部へ

第180回国会(2012/01/24〜2012/09/08)

排水栓の活用に関する質問主意書

第180回国会 衆議院 質問主意書 第332号(2012/07/09提出、45期、公明党)
質問内容
東京都は、「木密地域不燃化十年プロジェクト」として、木造住宅密集地域の延焼による焼失ゼロの実現をめざして様々な取り組みを進めていると承知しているが、その一環で、水道事業者が、水道に維持管理上必要な施設として、私道等の狭隘道路の配水管の末端部に多く設置している「排水栓」を消火栓として使用する覚書を、本年六月七日に東京消防庁と東京都水道局の間で交わしたと仄聞している。
このことにより、木造住宅密集地…
答弁内容
一から三までについて
御指摘の取組については承知しており、政府としても、この取組は、木造住宅密集地域に多く存在する消防車両の進入が困難な箇所等における初期消火対策のための消火用水源を確保する一つの有効な取組であると考えており、同様の状況にある地域を有する他の地方公共団体においても参考となると考えられることから、適当な機会を捉え、必要な情報提供を行ってまいりたい。

大口善徳[衆]質問主意書(全期間)
40期-41期-43期-44期-|45期|-46期-47期-48期-49期
■ページ上部へ

会派履歴(衆議院45期 ※参考情報)

公明党 (第173回国会、初出日付:2009/11/17、会議録より)
公明党 (第174回国会、初出日付:2010/01/25、会議録より)
公明党 (第176回国会、初出日付:2010/10/22、会議録より)
公明党 (第177回国会、初出日付:2011/02/21、会議録より)
公明党 (第179回国会、初出日付:2011/10/25、会議録より)
公明党 (第180回国会、初出日付:2012/02/16、会議録より)

※このデータは、議員の本会議、委員会等での発言時と、質問主意書(2000年7月以降)提出時の記録から作成しています。そのため、議員がこれらの活動を行わなかった場合には会派は記録されません。会派への所属期間が短い場合、会派の存続期間が短い場合、会派名称が短期間で変更される場合なども、所属会派が記録されない可能性が高くなります。また、会議録の不正確なデータを修正していないため、会派移動を繰り返したような履歴が表示されることがあります。


議会・政府役職(衆議院45期 ※参考情報)

 期間中に国会での議会役職、政府役職の立場からの発言記録なし。

※このデータは、国会会議録検索システムの発言データに付随する情報を元に補完、修正して作成しています。重要役職に就いていた場合でも、衆議院での発言がない場合には記録なしとなります。発言回数が膨大なため誤記録の絶対数が多く、また修正を機械的に行っているため、粗いデータとなっています。委員会の委員長など委員会、各種会議の役職については、出席データを元に作成している委員会のデータを参照して下さい。

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/02/23

大口善徳[衆]在籍期 : 40期-41期-43期-44期-|45期|-46期-47期-48期-49期
大口善徳[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 45期在籍の他の議員はこちら→45期衆議院議員(五十音順) 45期衆議院議員(選挙区順) 45期衆議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。