斎藤恭紀 衆議院議員
45期国会活動統計

斎藤恭紀[衆]在籍期 : |45期|
斎藤恭紀[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは斎藤恭紀衆議院議員の45期(2009/08/30〜)の国会活動を整理しています。国会での質問や答弁は45期国会発言一覧で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

本会議発言(衆議院45期)

本会議発言統計

国会会期
期間
発言
文字数
議会役職
政府役職



第172回国会
(特別:2009/09/16-2009/09/19)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第173回国会
(臨時:2009/10/26-2009/12/04)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(通常:2010/01/18-2010/06/16)
1回
2328文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第175回国会
(臨時:2010/07/30-2010/08/06)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第176回国会
(臨時:2010/10/01-2010/12/03)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第177回国会
(通常:2011/01/24-2011/08/31)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第178回国会
(臨時:2011/09/13-2011/09/30)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第179回国会
(臨時:2011/10/20-2011/12/09)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

(通常:2012/01/24-2012/09/08)
3回
11526文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

第181回国会
(臨時:2012/10/29-2012/11/16)
0回
0文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字



45期通算
(2009/08/30-2012/12/15)
4回
13854文字

 (うち議会役職
0回
0文字

 (うち政府役職
0回
0文字

※「議会役職」は議長、副議長など国会の役職、「政府役職」は大臣などの内閣、政府関係の役職が記録に付されていた場合を集計しています。


本会議発言時役職

 期間中、衆議院本会議での議会役職、政府役職の立場からの発言なし。


斎藤恭紀[衆]本会議発言(全期間)
|45期|

■ページ上部へ

委員会・各種会議(衆議院45期)

委員会出席・発言数

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


第172回国会
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

第173回国会
6回
(0回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

27回
(0回)
2回
(0回
0回)
14383文字
(0文字
0文字)

第175回国会
3回
(0回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

第176回国会
15回
(0回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

61回
(0回)
4回
(0回
0回)
18035文字
(0文字
0文字)

第178回国会
5回
(0回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

25回
(0回)
2回
(0回
0回)
9298文字
(0文字
0文字)

44回
(0回)
28回
(0回
0回)
95575文字
(0文字
0文字)

6回
(0回)
2回
(0回
0回)
12666文字
(0文字
0文字)


45期通算
193回
(0回)
38回
(0回
0回)
149957文字
(0文字
0文字)

※出席数は委員としての出席を数えています。大臣、政府委員など委員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など委員以外の立場での発言を含みます。「議会」は委員長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議出席・発言数

※本会議、常任委員会、特別委員会以外の集計可能な各種会議について集計したものです。具体的には、小委員会、分科会、公聴会、調査会、審査会などです。

国会会期
出席
幹部
発言
議会
政府
文字数
 議会
 政府


第177回国会
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
0文字
(0文字
0文字)

2回
(0回)
2回
(0回
0回)
7466文字
(0文字
0文字)


45期通算
3回
(0回)
2回
(0回
0回)
7466文字
(0文字
0文字)

※出席数は会議の構成員としての出席を数えています。大臣、政府委員など構成員以外の立場での出席は含まれません。「幹部」はその会議の幹部として出席した場合を数えています。発言数、発言文字数には大臣など構成員以外の立場での発言を含みます。「議会」はその会議の長などの議会内の幹部役職の立場での発言、「政府」は大臣などの内閣、政府の立場での発言を集計しています。一部会議の出席は未集計です。


※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
委員会名



1位
46回
(0回)
10回
(0回
0回)
環境委員会

2位
45回
(0回)
7回
(0回
0回)
東日本大震災復興特別委員会

3位
25回
(0回)
2回
(0回
0回)
災害対策特別委員会

4位
22回
(0回)
10回
(0回
0回)
総務委員会

5位
18回
(0回)
1回
(0回
0回)
経済産業委員会

6位
9回
(0回)
4回
(0回
0回)
予算委員会

6位
9回
(0回)
1回
(0回
0回)
財務金融委員会

8位
4回
(0回)
0回
(0回
0回)
国土交通委員会

9位
3回
(0回)
0回
(0回
0回)
文部科学委員会

9位
3回
(0回)
0回
(0回
0回)
法務委員会

11位
2回
(0回)
0回
(0回
0回)
厚生労働委員会

11位
2回
(0回)
0回
(0回
0回)
青少年問題に関する特別委員会

11位
2回
(0回)
0回
(0回
0回)
農林水産委員会

11位
2回
(0回)
3回
(0回
0回)
社会保障と税の一体改革に関する特別委員会

15位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
外務委員会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

各種会議別出席・発言統計

順位
出席
幹部
発言
議会
政府
各種会議名


1位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
社会保障と税の一体改革に関する特別委員会公聴会

1位
1回
(0回)
1回
(0回
0回)
予算委員会第七分科会

1位
1回
(0回)
0回
(0回
0回)
予算委員会公聴会


※委員以外の発言者は出席数にカウントされないため、発言数が出席数よりも多くなることがあります。

※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

委員会委員長経験

 期間中、委員長経験なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会委員長代理経験

 期間中、委員長代理経験なし。

※開催された委員会に委員長代理、委員長代理理事として出席した場合を委員長代理経験として数えています。記録上これら役職に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


委員会理事経験

 期間中、理事経験なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。


各種会議役職経験

 期間中、各種会議役職経験なし。

※開催された各種会議にその会議の役職として出席した場合を各種会議役職経験として数えています。記録上役職に就任していても、該当会議が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

斎藤恭紀[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|45期|

■ページ上部へ

質問主意書(衆議院45期)

質問主意書提出数

国会会期期間提出数


第172回国会(特別:2009/09/16-2009/09/19)0本
第173回国会(臨時:2009/10/26-2009/12/04)0本
第174回国会(通常:2010/01/18-2010/06/16)0本
第175回国会(臨時:2010/07/30-2010/08/06)0本
第176回国会(臨時:2010/10/01-2010/12/03)0本
第177回国会(通常:2011/01/24-2011/08/31)0本
第178回国会(臨時:2011/09/13-2011/09/30)0本
第179回国会(臨時:2011/10/20-2011/12/09)0本
第180回国会(通常:2012/01/24-2012/09/08)3本
第181回国会(臨時:2012/10/29-2012/11/16)0本


45期通算(2009/08/30-2012/12/15)3本
※画面が狭いためデータの一部を表示していません。

質問主意書・政府答弁書一覧


第180回国会(2012/01/24〜2012/09/08)

八ッ場ダムの地すべり対策及び代替地安全対策に関する質問主意書

第180回国会 衆議院 質問主意書 第145号(2012/03/23提出、45期、新党きづな)
質問内容
八ッ場ダム予定地は地質が良好ではないため、貯水池周辺で地すべりが惹起されることが心配されている。また、地元住民が移転しつつある代替地は民間の宅地造成では例を見ない超高盛り土の造成が行われ、その安全性にも不安の声が寄せられている。今回の八ッ場ダム建設事業の検証においてこれらのことについて点検が行われ、地すべり対策を追加するとともに代替地安全対策を新たに実施することになった。しかし、この検証で示された…
答弁内容
一の1について
八ッ場ダム建設事業の検証(以下「八ッ場ダムの検証」という。)に係る検討については、平成二十二年九月に開始したところであるが、これに先立ち、国土交通省関東地方整備局八ッ場ダム工事事務所のホームページにおいて八ッ場ダムの建設に伴い地滑り対策を実施する地区として示していた地区は、「横壁地区小倉」、「林地区勝沼」及び「川原畑地区二社平」の三地区である。なお、このうち「横壁地区小倉」につい…

公的年金加入者が死亡した際に遺族へ支給される遺族年金制度に関する質問主意書

第180回国会 衆議院 質問主意書 第273号(2012/05/31提出、45期、新党きづな)
質問内容
国の施策において母子家庭支援にくらべて父子家庭支援が乏しく、父子家庭の父親が社会で孤立する問題が発生している。
特に東日本大震災で父子家庭になった父親が増加し、被災地で社会問題化している。
女性の社会進出が進み、家族の役割分担も多様化しており、経済状況の悪化も影響し父親だけの収入では家計が成り立たず、共働きせざるを得ない環境になっている。
実際、生活が元々苦しい共働き世帯で母親が不幸に遭うと…
答弁内容
一の1について
母子寡婦福祉資金貸付制度の在り方の検討については、児童扶養手当法の一部を改正する法律(平成二十二年法律第四十号)附則第五条の規定に基づき、同法の施行後三年を目途として、ひとり親家庭に対する支援施策の在り方について検討を行う中で、これを行っていきたい。
また、高等技能訓練促進費制度において、母子家庭の母のみを対象としているのは、父子家庭の父に比べて母子家庭の母の方がその就業状況等…

救急車の出動要請に関する質問主意書

第180回国会 衆議院 質問主意書 第384号(2012/08/23提出、45期、国民の生活が第一・きづな)
質問内容
平成二十三年十月三十一日、親元を離れて一人暮らしをしていた山形大学二年の十九歳の男性が体調を崩し、一一九番をかけ、救助を要請したが、山形市消防本部は救急車を出動させなかった。
その後、十一月九日にアパートで遺体となって発見された。
1 救急要請について
一一九番通報に対応した消防本部の「救急車の要請ですか」の問いに、男性は「はい」と答えている。それにもかかわらず、山形市消防本部は「救急車じゃ…
答弁内容
1について
消防庁は「救急業務実施基準について」(昭和三十九年三月三日付け自消甲教発第六号消防庁長官通知。以下「基準」という。)を定めており、市町村は、基準を尊重することが求められているところ、基準は、救急隊の出動について、第十二条において、消防長等は、救急事故が発生した旨の通報を受けたとき又は救急事故が発生したことを知ったときは、当該事故の発生場所、傷病者の数及び傷病の程度等を確かめ、直ちに所…

斎藤恭紀[衆]質問主意書(全期間)
|45期|
■ページ上部へ

会派履歴(衆議院45期 ※参考情報)

民主党・無所属クラブ (第174回国会、初出日付:2010/03/23、会議録より)
民主党・無所属クラブ (第177回国会、初出日付:2011/03/28、会議録より)
民主党・無所属クラブ (第179回国会、初出日付:2011/10/26、会議録より)
新党きづな (第180回国会、初出日付:2012/02/01、会議録より)
国民の生活が第一・きづな (第180回国会、初出日付:2012/07/12、会議録より)
国民の生活が第一・きづな (第181回国会、初出日付:2012/11/08、会議録より)

※このデータは、議員の本会議、委員会等での発言時と、質問主意書(2000年7月以降)提出時の記録から作成しています。そのため、議員がこれらの活動を行わなかった場合には会派は記録されません。会派への所属期間が短い場合、会派の存続期間が短い場合、会派名称が短期間で変更される場合なども、所属会派が記録されない可能性が高くなります。また、会議録の不正確なデータを修正していないため、会派移動を繰り返したような履歴が表示されることがあります。


議会・政府役職(衆議院45期 ※参考情報)

 期間中に国会での議会役職、政府役職の立場からの発言記録なし。

※このデータは、国会会議録検索システムの発言データに付随する情報を元に補完、修正して作成しています。重要役職に就いていた場合でも、衆議院での発言がない場合には記録なしとなります。発言回数が膨大なため誤記録の絶対数が多く、また修正を機械的に行っているため、粗いデータとなっています。委員会の委員長など委員会、各種会議の役職については、出席データを元に作成している委員会のデータを参照して下さい。

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■質問主意書へ ■会派履歴へ ■議会・政府役職へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2021/09/17

斎藤恭紀[衆]在籍期 : |45期|
斎藤恭紀[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 45期在籍の他の議員はこちら→45期衆議院議員(五十音順) 45期衆議院議員(選挙区順) 45期衆議院統計



■著書
2020年10月新刊