城内実 衆議院議員
47期国会発言一覧

城内実[衆]在籍期 : 43期-45期-46期-|47期|-48期-49期
城内実[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは城内実衆議院議員の47期(2014/12/14〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は47期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院47期)

 期間中、衆議院本会議での発言なし。
城内実[衆]本会議発言(全期間)
43期-45期-46期-|47期|-48期-49期

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院47期)

城内実[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
43期-45期-46期-|47期|-48期-49期
第189回国会(2015/01/26〜2015/09/27)

第189回国会 安全保障委員会 第1号(2015/03/13、47期、自由民主党)【政府役職】

○城内副大臣 外務副大臣の城内実でございます。  我が国が平和のうちに繁栄するためには、日々積極的な外交努力を重ねていくことが一層重要となっております。  我が国が直面する外交、安全保障上の諸課題に取り組むに当たり、岸田文雄外務大臣の指導のもと、外務副大臣としての職務を全うするため、全力を尽くして取り組む決意です。  北村誠吾委員長初め理事、委員各位の御支援と御協力を心からお願い申し上げます。(拍手)

第189回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第2号(2015/03/10、47期、自由民主党)【政府役職】

○城内副大臣 外務副大臣の城内実でございます。  我が国を取り巻く安全保障環境は一層厳しさを増しており、特に尖閣諸島をめぐる情勢については、我が国の領土、領海、領空を断固として守り抜くとの決意で、毅然かつ冷静に対応してまいります。  我が国の安全を確保する上で、我が国の外交、安全保障の基軸たる日米同盟の強化に引き続き取り組んでまいります。  また、ロシアとの間では、昨年十一月の首脳会談の際に、本年の適切な時期にプーチン大統領の訪日を実現するための準備を開始することで一致いたしました。ロシアとの政治対話を積み重ね、平和条約締結交渉にしっかりと取り組むことが重要であります。  これらの基本的な考え……

第189回国会 外務委員会 第1号(2015/03/18、47期、自由民主党)【政府役職】

○城内副大臣 外務副大臣の城内実でございます。  我が国が国際社会においてより一層責任と存在感のある国となるよう、国益を守る外交、世界全体の利益を増進する外交を強力に推進してまいります。  特に、担当であるアジア大洋州、南部アジア、欧州、アフリカ諸国とのさらなる関係強化に努めるとともに、軍縮・不拡散、防災、気候変動、開発等の課題に取り組んでまいります。また、戦略的対外発信や文化外交の推進にも努めてまいります。  土屋品子委員長を初め理事、委員各位の御支援と御協力を心からお願い申し上げます。

第189回国会 外務委員会 第4号(2015/04/01、47期、自由民主党)【政府役職】

○城内副大臣 お答えします。  同じであります。
【次の発言】 同じ立場であります。
【次の発言】 副大臣として、岸田大臣と同じ立場であります。一応内閣の一員で、閣内不一致ということがあってはならないと思います。  ただ、政調会長として、稲田さんがどういう立場であるかについては、それについてはコメントする立場にはございません。
【次の発言】 この場で、どういう立場かということを申し上げることは余り適当じゃないというふうに思っております。  ただ、いずれにしましても、副大臣として、大臣と同じ立場であることは、これは全く変わりません。

第189回国会 外務委員会 第6号(2015/04/17、47期、自由民主党)【政府役職】

○城内副大臣 佐々木委員にお答えいたします。  御指摘の海洋安全保障に関するG7外相宣言のこの文章の意味するところは、まさに記述されているとおりであり、具体的にどのような主体の行為を念頭に置いているかについて私から述べることは差し控えたいと思います。  その上で、あえて申し上げれば、今回のG7外相会合において、航行、上空飛行の自由、国際法の遵守、紛争の平和的解決といった原則が共通の利益であるとの認識で一致できたことは、大変有意義であるというふうに考えております。
【次の発言】 佐々木委員にお答えいたします。  尖閣諸島は、歴史的にも国際法上も我が国固有の領土であり、現に我が国はこれを有効に支配……

第189回国会 外務委員会 第7号(2015/04/22、47期、自由民主党)【政府役職】

○城内副大臣 お答えいたします。  緒方委員が私のホームページに関心を持っていただいて、何年も前の古いホームページのブログの記事までごらんになっていただいていること、また、今回配付資料に加えていただいたことに心から敬意と感謝を申し上げたいと思います。  御指摘の資料は、民主党が与党時代、たしか野田政権のころだと思いますが、当時の情報に基づき、あくまで、我が国がTPP協定交渉を検討する際に、国益をしっかり守るという国民の視点から、慎重な検討を要する可能性がある論点を私なりにまとめたものでございます。  その後、安倍総理が、TPP交渉参加に当たり、日本には美しい田園風景、農村の伝統文化、国民皆保険……

第189回国会 外務委員会 第11号(2015/05/20、47期、自由民主党)【政府役職】

○城内副大臣 お答えいたします。  中国を初めとしたアジア諸国への我が国国民による出願は、我が国国民による海外への特許出願の約四割、商標出願の約六割を占めているところでございます。したがいまして、我が国としては、中国を初めとしたアジア諸国を中心にこの両条約の締結を促していくことが、我が国の産業振興及び国際競争力の強化のために重要であると認識しております。  一方、中国におきましては、特許法条約及び商標法シンガポール条約を締結するに当たり、出願に関する制度を両条約の内容と整合的なものとするよう、国内の知的財産制度を整備する必要があると承知しております。  これまで我が国は、アジア諸国を中心とした……

第189回国会 外務委員会 第12号(2015/05/22、47期、自由民主党)【政府役職】

○城内副大臣 お答えいたします。  途上国の開発におきまして、委員御指摘された民間企業、NGO、地方自治体といった政府以外の多様な主体がますます重要な役割を果たすようになってきております。こうしたことから、開発協力の実施に当たりましては、ODAが民間部門を含む多様な力を動員、結集するための触媒としての役割を果たし、さまざまな主体との互恵的な連携を強化することとしております。  具体的な例を挙げますと、例えば、民間企業との連携ですが、中小企業等からの提案に基づきまして、製品、技術等を途上国の開発へ活用する可能性を検討するための調査を行う事業などを行っております。例えば、電気がないところにピコソー……

第189回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第2号(2015/04/22、47期、自由民主党)【政府役職】

○城内副大臣 外務副大臣の城内実でございます。  拉致被害者御家族の皆様は御高齢となっており、拉致問題の一刻も早い解決が不可欠であります。外務副大臣として、岸田外務大臣を補佐し、全ての拉致被害者の帰国に向けて全力を尽くす所存であります。  竹本委員長を初め理事、委員各位の御支援と御協力を心からお願い申し上げます。


■ページ上部へ

第190回国会(2016/01/04〜2016/06/01)

第190回国会 法務委員会 第6号(2016/03/23、47期、自由民主党)

○城内委員 自由民主党の城内実でございます。お時間をいただきまして、ありがとうございます。  本日は、主に二点、法制度整備支援について、二つ目は司法修習生の給費制の復活実現の問題、そして、時間がありましたら、保護司の方々の待遇改善について質問させていただきたいと思います。  まず最初の質問ですが、法制度整備支援の意義、重要性についてです。  法制度整備支援というのは、具体的には、基本法令の起草の支援だとか、あるいは人材育成支援等を内容とするものでありまして、我が国は法治国家であり、法の支配を大変重視する国でありまして、その強化を国際社会に訴えてまいりました日本としては、世界各地の、特に開発途上……

第190回国会 法務委員会 第8号(2016/04/01、47期、自由民主党)

○城内委員 ただいま議題となりました修正案につきまして、提出者を代表し、その趣旨を御説明申し上げます。  本修正案は、東日本大震災の被災者に対する援助のための日本司法支援センターの業務の特例に関する法律の有効期限が延長されたことに伴い、必要な技術的な修正を加えるものであります。  何とぞ委員各位の御賛同をお願い申し上げます。


■ページ上部へ

第192回国会(2016/09/26〜2016/12/17)

第192回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第1号(2016/09/26、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○城内委員長 この際、一言御挨拶を申し上げます。  ただいま委員各位の御推挙によりまして、委員長の重責を担うことになりました。  北朝鮮による拉致問題は、我が国の国家主権及び国民の生命と安全にかかわる極めて重大な問題であります。拉致被害者御自身及び御家族の高齢化が進む中で、関係者の皆様のお気持ちに寄り添いながら、一日も早く拉致被害者全員を奪還することが国の責務であり、当委員会に課せられた使命はまことに重大であります。  また、国民世論をより一層喚起するのみならず、国際社会に対して拉致問題を強く強く訴えていくことが重要であります。  両筆頭理事及び各党関係各位の御協力のもとに、可能な限り委員会の……

第192回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第2号(2016/12/07、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○城内委員長 これより会議を開きます。  この際、加藤拉致問題担当大臣、岸田外務大臣、松本国家公安委員会委員長、石原内閣府副大臣、薗浦外務副大臣、豊田内閣府大臣政務官及び小田原外務大臣政務官から、それぞれ発言を求められておりますので、順次これを許します。加藤拉致問題担当大臣。
【次の発言】 次に、岸田外務大臣。
【次の発言】 次に、松本国家公安委員会委員長。
【次の発言】 次に、石原内閣府副大臣。
【次の発言】 次に、薗浦外務副大臣。
【次の発言】 次に、豊田内閣府大臣政務官。
【次の発言】 次に、小田原外務大臣政務官。
【次の発言】 次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて……

第192回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第3号(2016/12/13、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○城内委員長 これより会議を開きます。  北朝鮮による拉致問題等に関する件について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、政府参考人として内閣官房内閣審議官岡本宰君、外務省大臣官房審議官大菅岳史君、外務省大臣官房参事官飯島俊郎君及び文部科学省国際統括官森本浩一君の出席を求め、説明を聴取いたしたいと存じますが、御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、そのように決しました。
【次の発言】 質疑の申し出がありますので、順次これを許します。中川郁子君。
【次の発言】 次に、大西宏幸君。


■ページ上部へ

第193回国会(2017/01/20〜2017/06/18)

第193回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第1号(2017/01/20、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○城内委員長 この際、一言御挨拶を申し上げます。  ただいま委員各位の御推挙によりまして、引き続き委員長の重責を担うことになりました。  拉致問題の一日も早い解決に向け、最大限の努力を払うべく、全力を尽くしてまいりたいと存じます。  委員各位の御支援と御協力を賜り、公正かつ円満な委員会運営に努めてまいりますので、何とぞよろしくお願い申し上げます。
【次の発言】 これより理事の互選を行います。
【次の発言】 ただいまの青柳陽一郎君の動議に御異議ありませんか。
【次の発言】 御異議なしと認めます。よって、委員長は、理事に       助田 重義君    高鳥 修一君       中川 郁子君   ……

第193回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第2号(2017/03/07、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○城内委員長 これより会議を開きます。  北朝鮮による拉致問題等に関する件について調査を進めます。  この際、加藤拉致問題担当大臣、岸田外務大臣及び松本国家公安委員会委員長から、それぞれ所信を聴取いたします。加藤拉致問題担当大臣。
【次の発言】 次に、岸田外務大臣。
【次の発言】 次に、松本国家公安委員会委員長。
【次の発言】 以上で各大臣の所信表明は終わりました。  次回は、公報をもってお知らせすることとし、本日は、これにて散会いたします。     午前九時四十三分散会

第193回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第3号(2017/04/24、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○城内委員長 これより会議を開きます。  北朝鮮による拉致問題等に関する件について調査を進めます。  この際、お諮りいたします。  本件調査のため、本日、参考人として預金保険機構理事長三國谷勝範君の出席を求め、意見を聴取することとし、また、政府参考人として内閣官房内閣審議官永井達也君、内閣官房内閣審議官横田真二君、警察庁長官官房審議官白川靖浩君、警察庁刑事局組織犯罪対策部長中村格君、金融庁総務企画局審議官西田直樹君、消防庁国民保護・防災部長杉本達治君、法務省大臣官房審議官佐々木聖子君、公安調査庁調査第二部長横尾洋一君、外務省大臣官房参事官飯島俊郎君、外務省アジア大洋州局長金杉憲治君、外務省領事……

第193回国会 北朝鮮による拉致問題等に関する特別委員会 第4号(2017/06/16、47期、自由民主党・無所属の会)【議会役職】

○城内委員長 これより会議を開きます。  開会に先立ちまして、民進党・無所属クラブ所属委員に対しまして、御出席を要請いたしましたが、御出席が得られません。やむを得ず議事を進めたいと思います。  この際、御報告いたします。  お手元に配付いたしておりますとおり、今会期中、本委員会に参考送付されました地方自治法第九十九条の規定に基づく意見書は、北朝鮮による日本人拉致問題の早急な解決を求める意見書外十五件であります。
【次の発言】 次に、閉会中審査に関する件についてお諮りいたします。  北朝鮮による拉致問題等に関する件について、議長に対し、閉会中審査の申し出をいたしたいと存じますが、御異議ありません……


城内実[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
43期-45期-46期-|47期|-48期-49期

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院47期)

 期間中、各種会議での発言なし。

城内実[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
43期-45期-46期-|47期|-48期-49期

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2022/02/23

城内実[衆]在籍期 : 43期-45期-46期-|47期|-48期-49期
城内実[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 47期在籍の他の議員はこちら→47期衆議院議員(五十音順) 47期衆議院議員(選挙区順) 47期衆議院統計



当サイト運営者の新刊のお知らせ
菅原琢『データ分析読解の技術』(中公新書ラクレ756)

【内容紹介】「データ分析ブーム」がもたらしたのは、怪しい“分析らしきもの”と、それに基づいた誤解や偏見……。本書では、「問題」「解説」を通して、データ分析の失敗例を紹介しながら、データを正しく読み解くための実践的な視点や方法、また、思考に役立つ基礎的な知識やコツを紹介していく。誤った分析をしないため、騙されないための、基本的・実践的な読解と思考の方法とは――。