松田功 衆議院議員
48期国会発言一覧

松田功[衆]在籍期 : |48期| 今期は集計中です。
松田功[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

このページでは松田功衆議院議員の48期(2017/10/22〜)における国会発言(質問、答弁等)をまとめています。国会活動の統計や役職、質問主意書の数や内容は48期国会活動統計で確認できます。

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

本会議発言一覧(衆議院48期)

松田功[衆]本会議発言(全期間)
|48期|
第196回国会(2018/01/22〜2018/07/22)

第196回国会 衆議院本会議 第31号(2018/05/29、48期、立憲民主党・市民クラブ)

○松田功君 国民の皆さん、こんにちは。私は、立憲民主党の松田功でございます。  私は、立憲民主党・市民クラブを代表いたしまして、ただいま議題となりました民法の一部を改正する法律案に対し、反対の立場から討論いたします。(拍手)  本法律案は、民法上の成年となる年齢を二十歳から十八歳に引き下げ、女性の婚姻開始年齢を十八歳に引き上げるものです。  女性の婚姻開始年齢を十八歳に引き上げることは、男女平等の観点からも重要であります。  しかしながら、問題は成年年齢の引下げです。  成年年齢引下げの重要なポイントは次の二点です。  一つは、未成年者取消権が使える年齢が下がり、十八歳、十九歳の若者は、親の同……


■ページ上部へ

第197回国会(2018/10/24〜2018/12/10)

第197回国会 衆議院本会議 第7号(2018/11/20、48期、立憲民主党・市民クラブ)

○松田功君 国民の皆さん、こんにちは。立憲民主党の松田功です。  私は、立憲民主党・市民クラブを代表して、ただいま議題となりました葉梨康弘法務委員長の解任決議案に断固賛成の立場から討論をいたします。(拍手)  最大の理由は、葉梨委員長の強引な委員会運営に大いに問題があると考えるからです。  葉梨委員長は、就任挨拶において、本委員会は国民生活の根幹にかかわる重要な問題が山積しているとおっしゃった上で、公正かつ円滑な委員会の運営に努めると表明されました。その国民生活の根幹にかかわる重要な問題が山積している入管法改正案につき、具体的な制度設計も示されないまま、何をどう審議せよというのか、全く理解でき……


■ページ上部へ

第198回国会(2019/01/28〜2019/06/26)

第198回国会 衆議院本会議 第30号(2019/06/18、48期、立憲民主党・無所属フォーラム)

○松田功君 皆さん、こんにちは。立憲民主党・無所属フォーラムの松田功です。(拍手)  会派を代表して討論に入る前に、一言申し上げたいと思います。  老後資金に年金以外二千万円必要とした金融庁の審議会報告書を、政府のスタンスと異なっているとして麻生大臣が受取を拒否しましたが、これは、選挙前のこの時期に、政府にとって都合の悪いものを隠すごまかしにほかなりません。  年金制度の問題は問題として、財政検証の公表を早急に行い、議論すべきなのではないでしょうか。この議論を行うことこそが国民の不安や怒りに対する国会のあるべき姿と考えますが、違いますか。  また、連日、イージス・アショアの問題が報道されており……

松田功[衆]本会議発言(全期間)
|48期|

■ページ上部へ

委員会発言一覧(衆議院48期)

松田功[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|48期|
第195回国会(2017/11/01〜2017/12/09)

第195回国会 法務委員会 第2号(2017/12/01、48期、立憲民主党・市民クラブ)

○松田委員 立憲民主党の松田功でございます。  このたび、東海ブロック、比例単独で当選をさせていただきました。  私自身は、西春町というところの町会議員と、それが合併して北名古屋市というのができまして、場所がわかりにくいので簡単に説明しますと、プロ野球の日本代表監督の稲葉監督の出身の町でございます。お隣の町がイチロー選手がいるということで、非常に野球が盛んな町であります。そんな中、地方行政をやってまいりまして、また、こういった機会で当選をさせていただいた、そういった地域の、市民の声をぜひ国政に届けてまいりたいという思いの中で、また、この法務委員会の中でいろいろ皆さんに御指導をいただきながら、い……


■ページ上部へ

第196回国会(2018/01/22〜2018/07/22)

第196回国会 政治倫理の確立及び公職選挙法改正に関する特別委員会 第3号(2018/06/15、48期、立憲民主党・市民クラブ)

○松田委員 皆さん、こんにちは。立憲民主党の松田功でございます。  実は、昨日からサッカーワールドカップが始まりまして、火曜日には日本代表も試合が始まるということで非常にまた熱い時を過ごしてまいりますが、また、その選手たちにエールを送りつつ、また、私自身も国会で熱く語らせていただきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。  それでは、本日は、市町村の選挙管理委員会の方からお声を聞いた中で質問、また議論をさせていただきたいと思います。  まず、投票所の入場券の送付についてお伺いをいたしたいと思います。  市町村の選挙は期間が短く、七日間や五日間となっております。そのため、投票所の入場……

第196回国会 法務委員会 第2号(2018/03/20、48期、立憲民主党・市民クラブ)

○松田委員 立憲民主党の松田功でございます。  まず最初に、パラリンピックが十八日に閉会されました。ソチの五輪を上回る十個のメダルを確保して、金が三つ、銀が四つ、銅が三つ、本当に、パラリンピックの選手の皆様におかれましては、今非常に暗い話題、特に国会から発信している暗い話題が多い中で、非常にすばらしい成績をおさめていただいたことに深く敬意を申し上げたいと思います。  それでは、質問を始めさせていただきたいと思います。  本日は大臣所信に対する質疑でございますが、まず、学校法人森友学園との国有地取引をめぐる財務省の決裁文書の改ざん問題について、上川大臣の方にお考えをお聞かせいただきたいと思います……

第196回国会 法務委員会 第5号(2018/03/30、48期、立憲民主党・市民クラブ)

○松田委員 おはようございます。立憲民主党の松田功でございます。  本日、朝一番で、トップバッターでさせていただきます。元気よくいきたいと思います。よろしくお願いいたします。  本日は、裁判所定員法の一部を改正する法律案の審議でございますが、裁判所の人的体制は今十分なのでしょうか。特に、成年後見人制度や労働裁判との関係で裁判所の体制整備をどう進めていくのかを中心に議論いたしたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。  まず、諸外国に比べて日本の裁判官の数がどのようになっているのでしょうか。現状をお伺いいたしたいと思います。また、日本の裁判官の手持ち数の現状と最近の推移はどうなってい……

第196回国会 法務委員会 第8号(2018/04/13、48期、立憲民主党・市民クラブ)

○松田委員 おはようございます。立憲民主党の松田功でございます。  きょう、また質問に立たせていただきました。  まず最初に、十一日に大分県中津市で起きた土砂災害でお亡くなりになられた方、また、いまだに安否がわかっておられない方がおみえになります。御家族の方にお見舞いを申し上げたいと思います。  本当に、ちょっとニュースが暗いニュースも多い中で、何か明るいニュースがないかなと思ってちょっと探していたところ、大リーグで大谷選手が週間MVPをとるという、本当に日本人としてうれしく思う記事がございました。大谷選手に負けないぐらい頑張ってまいりたいというふうに思っておりますので、どうぞよろしくお願いい……

第196回国会 法務委員会 第9号(2018/04/18、48期、立憲民主党・市民クラブ)

○松田委員 おはようございます。立憲民主党の松田功でございます。  本日、また質問をさせていただきたいと思います。  本当にいろいろな話題に事欠きませんが、何かいい話題をと思っていろいろ考えて、きょうは実は、世界最高峰のワールド・マラソン・メジャーズのボストン・マラソンで、瀬古利彦選手以来三十一年ぶりに川内優輝選手が優勝したということで、昨日ですけれども、非常にうれしい話題が入ってきておりました。  いろいろな意味で、世界で活躍する若い方たちがいます。そういった形で、この国会でも元気よくいきたいなというふうに思っておりますので、ぜひよろしくお願いいたします。  それでは、質問に入らさせていただ……

第196回国会 法務委員会 第10号(2018/05/09、48期、立憲民主党・市民クラブ)

○松田委員 おはようございます。立憲民主党の松田功でございます。  本日も質問させていただきますが、四月の二十九日から五月の六日まで世界卓球選手権が行われまして、残念ながら中国に負けてしまいましたが、日本の女子チームが銀メダルをとって、昨日帰ってまいりました。なかなか世界の壁も厚いなと思いながら、一生懸命頑張っている選手の皆さんに本当に深く敬意を表したいと思います。  それでは、質問に入らさせていただきたいと思います。  松山刑務所の大井造船作業場の方から受刑者脱走について、質問を行わさせていただきたいと思います。  二十三日間にわたる逃走の末、広島で確保されたわけですが、刑務官や受刑者との関……

第196回国会 法務委員会 第11号(2018/05/11、48期、立憲民主党・市民クラブ)

○松田委員 おはようございます。立憲民主党の松田功でございます。  きょうは、民法の一部を改正する法案について質問させていただきたいと思っております。  まずその前に、五月の九日に、プロ野球選手の内川選手が二千本安打を達成して、十八年かけて達成されました。そんな中で、内川選手が横浜時代に、仁志選手の方から、考えながら常に試合に挑んでくださいということを教えられたらしいんですね。そこから、打席、打席ごと考えて、打つ前、打ち終わった後、考えながら、今日の二千本安打を達成できたということで、私自身もそのお話を聞いて、国会に来るとき、また地元に帰ったときも含め、市民、国民のために一生懸命考えながら進め……

第196回国会 法務委員会 第13号(2018/05/16、48期、立憲民主党・市民クラブ)

○松田委員 おはようございます。立憲民主党の松田功でございます。  本日、質問をさせていただきますが、少し長時間にわたって行わさせていただきますので、よろしくお願い申し上げたいと思います。  また、きょうも中学生の子たちが国会見学に参ってきています。彼らが高校を卒業するころに十八歳になって、ちょうど今そういったことを審議しているということで、子供たちを見ていると、しっかり大人として対策をしていかなければいけないなと思いながらいるところでございます。大臣始め皆さんもそうかと思いますが、ぜひ真摯な取組をお願い申し上げたいと思います。  民法改正で成人年齢を引き下げることが若者の消費者被害が拡大する……

第196回国会 法務委員会 第16号(2018/05/25、48期、立憲民主党・市民クラブ)

○松田委員 立憲民主党の松田功でございます。皆さん、おはようございます。  きょうは、トップバッターということで、元気いっぱい頑張っていきたいと思いますので、よろしくお願いします。  それでは、民法改正で成年年齢を引き下げることに関して、消費者教育をより幅広く、若者の社会における意識や自立を高める教育などを議論してまいりました。本日も引き続き議論をさせていただきますので、よろしくお願い申し上げます。  まず、前回も取り上げました平成二十一年の法制審議会の答申について、時間が少し足りずにお聞きできなかったので、その点をお尋ねしたいと思います。  法制審の答申では、消費者保護施策の充実を求めており……

第196回国会 法務委員会 第17号(2018/06/01、48期、立憲民主党・市民クラブ)

○松田委員 おはようございます。立憲民主党の松田功でございます。  本日、すばらしい天気に恵まれたきょうでございますが、六月に入りました。  昨日、ワールドカップのサッカーの日本代表が二十三人選ばれまして、今月から始まります。ちょうど国会閉会の前の日が一次リーグのスタートということで、非常にまた元気な話題がたくさん出てくると思いますけれども、日本人選手の皆さんにもぜひ頑張っていただきたいというふうにエールを送らさせていただきたいと思います。  それでは、早速質問の方に入らさせていただきたいと思います。  本日は一般質疑でございますので、まず最初に、起訴猶予となった人に対する検察官による何らかの……

第196回国会 法務委員会 第19号(2018/06/08、48期、立憲民主党・市民クラブ)

○松田委員 おはようございます。立憲民主党の松田功でございます。  六日の日に梅雨入りになりまして、せっかく五日の日に上野動物園でシャンシャンが整理券なく見られるように先着順になったのに、ちょっと子供たちにかわいそうだなと思います。虐待とかいろいろな暗い事件もありますけれども、ぜひ、子供たちにはパンダとか見てもらって笑顔で暮らしてもらえればというふうに思っているところでございます。  それでは、質問に入らさせていただきたいと思います。  本日は、相続関係二法案の質疑でございます。相続については、昭和五十五年以来、約四十年ぶりの大幅見直しとのことであります。  事前に説明をお聞きいたしましても、……


■ページ上部へ

第197回国会(2018/10/24〜2018/12/10)

第197回国会 法務委員会 第4号(2018/11/16、48期、立憲民主党・市民クラブ)

○松田委員 おはようございます。立憲民主党の松田功でございます。  まず、山下大臣、御就任おめでとうございます。  山下大臣は、好きなアーティストがサザンオールスターズだということで、非常に国民の人にも大変人気のあるアーティストがお好きだということで、多分カラオケとかでも歌われていると思います。そういった意味において、国民の皆さんの期待も非常に大きいと思いますし、ぜひ誠実にこの法務行政について取り組んでいただきたいというふうに思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。  それでは、質問の方に入らさせていただきます。  今回、裁判官の報酬及び検察官の俸給の改定は、一般の政府職員において……

第197回国会 法務委員会 第5号(2018/11/21、48期、立憲民主党・市民クラブ)

○松田委員 どうも、立憲民主党の松田功でございます。  午後に入りました。少しこの後眠くなる時間になるといけないので、元気よく行きたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。  外国人人材の受入れ等々のことで、今回委員会の方、非常に大きな問題となっております。大臣始め皆さんからもいろいろ意見をいただいて、答弁もいただいておりますが、私自身も思っても、社会全体、また雇用する側、される側、またそれに対して外国人の方、それぞれの思いがあると思います。それが横断的に非常に重要な問題になっているにもかかわらず、法務省の方で横断的にやっているといえども、まだ具体的に何か体感もしてこないような状況が……

第197回国会 法務委員会 第10号(2019/01/23、48期、立憲民主党・無所属フォーラム)

○松田委員 立憲民主党・無所属フォーラムの松田功でございます。  またことしも始まりました。またどうぞよろしくお願いします。また元気よくいきたいと思います。  非常にインフルエンザがはやっておりますので、大臣、インフルエンザなど引かれないように、よろしくお願い申し上げたいと思います。  それでは、早速質問の方に入らさせていただきたいと思います。  我が党は、外国人労働者の受入れに対してですが、日本が将来永続的に発展するために、持続可能な制度構築が必要だと考えております。現状の数々の問題点をうやむやにすることなくクリアにすることで、多くの外国人労働者の方、また、この国に暮らす外国人の方と共生社会……


■ページ上部へ

第198回国会(2019/01/28〜2019/06/26)

第198回国会 議院運営委員会 第30号(2019/06/17、48期、立憲民主党・無所属フォーラム)

○松田委員 立憲民主党の松田功でございます。  立憲民主党・無所属フォーラムを代表いたしまして、反対の立場から討論を行わせていただきます。  今回の法案は、そもそも合区をふやさないための議席増と自民党の現職議員を守るために創設した特別枠により参議院の定数を六増したことに伴う経費削減策として提案されたものであります。しかし、その法案の中身については、参議院選挙をにらんで国民からの批判をかわすためのごまかし法案でしかありません。  なぜなら、六増することに係る経費の額や歳費返納額の妥当性について大いに疑問が残り、返納率も考えると、どれだけの経費が削減されるのか試算が曖昧であることが理由でございます……

第198回国会 地方創生に関する特別委員会 第5号(2019/04/18、48期、立憲民主党・無所属フォーラム)

○松田委員 立憲民主党の松田功でございます。  きょう、ここで質問をさせていただきますので、よろしくお願いします。また、片山大臣におかれましては、きょうはパステル調の洋服ということで、明るい回答をたくさんいただけるように御期待いたしておりますので、よろしくお願い申し上げたいと思います。  それでは、早速入ります。第九次地方分権の一括法案についてお伺いをさせていただきたいと思います。放課後児童支援員の参酌基準化についてお伺いをさせていただきたいと思います。  二〇一五年に決めたばかりの支援員の配置基準について、検証もまだ不十分な中、なぜ参酌すべき基準とするのか、お答えをいただきたいと思います。ま……

第198回国会 地方創生に関する特別委員会 第6号(2019/04/25、48期、立憲民主党・無所属フォーラム)

○松田委員 立憲民主党・無所属フォーラムを代表しまして、修正案に賛成、原案に反対の立場から討論を行いたいと思います。  地方分権に関しまして、私自身も地方議員の出身ということもございまして、ぜひ進めていただきたいと思っておりますが、この地方分権の法案は一括法案となっており、今回は十三本の法律を一遍に審議することとなりましたので、一概に賛成と申し上げることはできません。ぜひ進めていただきたい法案が多数ある中で、どうしても納得がいかない法案もあるため、この束ね法案のやり方に対しても見直しをされるべきではないかと思います。地方分権改革を進める上で、一つ一つしっかりと審議すべきではないでしょうか。  ……

第198回国会 法務委員会 第3号(2019/03/13、48期、立憲民主党・無所属フォーラム)

○松田委員 おはようございます。立憲民主党・無所属フォーラムの松田功でございます。  質問をさせていただきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。  今回の改正入管法について、多数の問題点が今も指摘をされております。その中でも、政府の裁量に入るところが大き過ぎることと、政省令について具体性がないということをちょっと感想として持っておりますので、質問をさせていただきたいと思います。  受け入れる職業分野、業種、在留要件となる技能や日本語能力の水準、試験方法、受入れ人数等々、今後も、重要事項の変更が国会の審議を経ることなく行われていくことになっております。これは少し問題があるのではない……

第198回国会 法務委員会 第6号(2019/03/26、48期、立憲民主党・無所属フォーラム)

○松田委員 おはようございます。立憲民主党・無所属フォーラムの松田功でございます。  きょうは、部落解放、部落差別解消推進法のまた第六条関連について、取組について御質問をさせていただきたいと思います。  二〇一六年の十二月に、部落差別解消推進法が制定をされました。これによって全国で取組も進められていることであります。部落差別解消推進法制定後、法務省として、全国の自治体に過去の人権問題に関する調査について照会を行うとともに、人権教育啓発推進センターに委託して、有識者会議を設置し、実態調査を進められておることと思います。  その中において、有識者会議の検討結果、実施すべきとされた調査内容、四つほど……

第198回国会 法務委員会 第7号(2019/04/02、48期、立憲民主党・無所属フォーラム)

○松田委員 おはようございます。立憲民主党の松田功でございます。  質問に入らさせていただこうと思いますが、まず、ちょっと大臣、この子の引渡しの強制執行、いろいろな問題がある中で、今、親権の問題がいろいろ出てきている。そういったことで、その問題の大きな中で一番多く言われているのが、DVを受けたりとか、児童虐待で問題が多くなっている、子供の心理も非常に複雑になっているということもあります。  大臣の身近な方で、DVを行った人がいるかというか、身近で相談を受けたりとかされたことはありますか。
【次の発言】 実は私もありまして、当事者、つまり、した側と、あと、された側、実は私が知っている二人だった部……

第198回国会 法務委員会 第12号(2019/04/24、48期、立憲民主党・無所属フォーラム)

○松田委員 おはようございます。立憲民主党・無所属フォーラムの松田功でございます。  立憲民主党は、ジェンダー平等で、女性の活躍推進を願っているところでありますが、佐々木長官におかれましては、ぜひ、長官ということでございますし、働く現場の女性のパイオニアになるような、ぜひ明快な御答弁をいただければ幸いでございます。よろしくお願いいたします。  それでは、質問に入らせていただきたいと思います。  改めて、この技能実習制度の問題、創設時から数多い問題が指摘はされてきた制度であります。いろいろな現場で、国としての全体的なあり方として、日本として送り出し国に貢献をする、そういった大きな意味があったと思……

第198回国会 法務委員会 第16号(2019/05/15、48期、立憲民主党・無所属フォーラム)

○松田委員 お疲れさまでございます。立憲民主党、松田功でございます。  気候もだんだん暖かくなってきたというか、暑くなってまいりました。ぜひ熱い思いを持って政治に、大臣も始め、私も向かってまいりたいと思います。よろしくお願いいたします。  実は、通告の質問に入る前に、丸山穂高議員が北方領土でビザなし訪問団に参加した際、戦争による北方領土奪還に言及した発言がございました。非常に大きな発言で、この発言に対して山下法務大臣の御見解を一言いただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。
【次の発言】 大臣からもうちょっと御発言がいただけるかと思ったんですが、それぐらい、大臣も発言に慎重にならなけ……

第198回国会 法務委員会 第19号(2019/05/24、48期、立憲民主党・無所属フォーラム)

○松田委員 立憲民主党の松田功でございます。  質問の方に入らせていただきたいと思いますが、また元気よくいきたいと思います。よろしくお願いをいたします。  特別養子縁組の制度についてでございます。  欧米諸国などでは同性婚を次々と容認している現状から考えても、日本でも同性婚の違憲性を問う訴訟が起こるのは当然のことと思われます。外国人との共生を掲げる政府の方針は、国籍だけでなく、性的指向についても多様性を尊重し、同性カップルについても法的な保障をされるべきと思います。  以上のことから、同性婚のパートナーが特別養子制度の養親となり得るかについて御質問をいたしたいと思います。


■ページ上部へ

第200回国会(2019/10/04〜2019/12/09)

第200回国会 沖縄及び北方問題に関する特別委員会 第3号(2019/11/27、48期、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)

○松田委員 立国社、立憲民主党の松田功でございます。  今回初めて沖縄及び北方問題に関する特別委員会に所属することになり、御質問の機会をいただいたことを感謝申し上げます。  沖縄問題として一番関心が高いのは、やはり米軍基地に関することと思います。沖縄基地負担軽減について今まで数多くの議論がなされ、質問が重複することもあるかとは思いますが、昨年、全国知事会においても米軍基地負担に関する提言がなされ、日米地位協定の改定を求める声が広がっておりますので、この盛り上がりをとめることのないよう、質問させていただきます。  ことし四月に沖縄県が出された他国地位協定調査報告書欧州編を読み、改めて日米地位協定……

第200回国会 法務委員会 第7号(2019/11/13、48期、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)

○松田委員 立憲民主・国民・社保・無所属フォーラムの松田功でございます。  質問をさせていただきたいと思いますが、まず、森大臣におかれましては、好きな言葉が最後まで諦めないということがホームページの方に載っておりました。非常に法務行政、外国人問題やいろいろあります。これはもう最後まで諦めずにぜひ進めていっていただきたいというふうに強く願うばかりでございますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。  それでは、早速質問の方に入らせていただきたいと思います。  まず、検察官の働き方改革について御質問をさせていただきたいと思います。  検察官を職として選ぶに当たり、転勤の多さやまた労働時間の長さなど……

第200回国会 法務委員会 第8号(2019/11/15、48期、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)

○松田委員 立国社、松田功でございます。  せんだって、一昨日、質問をさせていただきました。それに続いて質問をさせていただきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。  前回の法務委員会で、入管施設収容者の処遇と外国人受刑者の処遇について比較するために、被収容者と受刑者の生活についてお聞きをいたしました。また、入管法違反容疑の被疑者が入管に送られるか検察に送られるかの判断基準や、誰がいつ判断するのかといったことをお聞きしました。  なぜこのような質問をしたかというと、入管施設に収容されるより刑務所へ入った方がましではないかと疑問に思ったからです。  なぜそう思ったか、順に説明をいたします……

第200回国会 法務委員会 第11号(2019/11/22、48期、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)

○松田委員 立国社の松田功でございます。お疲れさまでございます。  会社法の質問に入る前に、先週、私が質問をいたしました収容・送還に関する専門部会について、二点ほど御確認をさせていただきたいと思います。  まずは、議事録の公開についてでございます。  第一回、第二回の会合の議事概要が、ホームページで公開されております。これは概要でございますので、後日、きちっとした議事録、どの委員がどのような発言をどの流れでされたのかなどがはっきりわかるものを公開されると思ってよろしいでしょうか。また、いつぐらいに公開される予定でしょうか。
【次の発言】 でき次第ということでございますが、先日、在職老齢年金制度……


■ページ上部へ

第201回国会(2020/01/20〜2020/06/17)

第201回国会 法務委員会 第6号(2020/03/31、48期、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)

○松田委員 立国社、衆議院松田でございます。  それでは、早速質問に入らせていただきたいと思います。  裁判官の働き方改革、それについて少し御質問させていただきたいと思います。  今回の裁判所職員定員法の改正に当たりまして、民事訴訟事件の審理充実と家庭事件の処理の充実強化のためにという説明をされました。民事訴訟事件についても、家庭事件にしても、平均審理時間や事件内容、事件数などを示されましたが、実際に一人一人の裁判官がどの程度の仕事を抱えているのか全くわかりませんでした。  それぞれの裁判所によって仕事量が変わるのか。地域差はあるのか。裁判官も専門分野があるでしょうから、それによっても仕事量が……

第201回国会 法務委員会 第7号(2020/04/03、48期、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)

○松田委員 ただいま議題となりました附帯決議案につきまして、提出者を代表して、その趣旨を御説明申し上げます。  案文の朗読により、趣旨の説明にかえさせていただきます。     裁判所職員定員法の一部を改正する法律案に対する附帯決議(案)   政府及び最高裁判所は、本法の施行に当たり、次の事項について格段の配慮をすべきである。  一 民事訴訟事件の内容の複雑困難化及び専門化について、引き続き、その実情を把握し、必要な対応を行うとともに、訴訟手続の審理期間及び合議率の目標を達成するため、審理期間が長期化している近年の状況を検証し、審理の運用手法、制度の改善等に取り組み、その上で、目標達成に必要な範……


松田功[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|48期|

■ページ上部へ

各種会議発言一覧(衆議院48期)

松田功[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|48期|
第196回国会(2018/01/22〜2018/07/22)

第196回国会 予算委員会第八分科会 第1号(2018/02/23、48期、立憲民主党・市民クラブ)

○松田分科員 立憲民主党の松田功でございます。  きょうの分科会、最後ということでありますが、大変、大臣始め皆さん、お疲れなところかと思いますが、しばらくまたおつき合いをいただければと思っております。  本当にここ最近、命が大切なことだということを小さいころから親から教わってまいりましたが、ここ国会に来て、こんなにまた命の大切さを考えさせられる時期に来ているかと思うと、ちょっと心が痛いところであります。  そんな中、今、働き方改革について、命について含まれたさまざまな議論が行われております。今回、私、運輸産業、自動車運転業務における長時間労働をいかに是正していくか、働く人の立場に立って取り上げ……


■ページ上部へ

第198回国会(2019/01/28〜2019/06/26)

第198回国会 予算委員会第二分科会 第1号(2019/02/27、48期、立憲民主党・無所属フォーラム)

○松田分科員 おはようございます。立憲民主党・無所属フォーラムの松田功でございます。  総務委員会の方で本日質問をさせていただきますので、どうぞよろしくお願いを申し上げます。  それでは、初めに日本郵政グループの問題について御質問をさせていただきたいと思います。  日本郵政グループの業績が増収益となっております。また、一方で、日本郵政の郵便サービスについて見直しが検討されております。その方向性について御質問をさせていただきたいと思っております。  現状、二月十四日に日本郵政グループの第三・四半期の決算が公表されました。今年度においては、グループ連結の通期業績予想を二度にわたって上方修正をされま……

第198回国会 予算委員会第八分科会 第1号(2019/02/27、48期、立憲民主党・無所属フォーラム)

○松田分科員 立憲民主党・無所属フォーラムの衆議院議員、松田功でございます。  きょうは、質問の機会をいただきまして、ありがとうございます。どうぞよろしくお願いいたします。  それでは、早速質問の方に入らせていただきたいと思います。  公共事業の関係で、横浜港のコンテナターミナル工事が行われ、それの地盤の関係で、サンド・コンパクション・パイル工法で行われた工事についてお伺いをしたいと思います。  この横浜港の工事、サンド・コンパクション・パイル、約千七百本打って、深いところだと六十五メートルぐらいまでということで、日本では一番深いところまで行っているのではないかというふうにお伺いをしているとこ……


■ページ上部へ

第201回国会(2020/01/20〜2020/06/17)

第201回国会 予算委員会第八分科会 第1号(2020/02/25、48期、立憲民主・国民・社保・無所属フォーラム)

○松田分科員 お疲れさまでございます。立憲民主・国民・社保・無所属フォーラムの立憲民主、松田功でございます。きょうはどうぞよろしくお願いいたします。  まず、本日、新たにクルーズ船に乗船されておられた方が新型コロナウイルスによりお亡くなりになられたということでございます。四人目となりました。これまでにお亡くなりになられました方を含め、心からお悔やみを申し上げたいと思います。  政府の基本方針が本日午後発表されましたが、もう少し早目の指針を示すべきではなかったかと思います。まだまだ拡大していく勢いを見せておりますので、今後、社会現場での考え得ることを質問をさせていただきたいと思います。  まず初……



松田功[衆]委員会統計発言一覧(全期間)
|48期|

■ページ上部へ

■本会議へ ■委員会へ ■各種会議へ

※このページのデータは国会会議録検索システム衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2020/05/29

松田功[衆]在籍期 : |48期| 今期は集計中です。
松田功[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧質問主意書

 48期在籍の他の議員はこちら→48期衆議院議員(五十音順) 48期衆議院議員(選挙区順) 48期衆議院統計