国会議員白書トップ衆議院議員玉城デニー>質問主意書(全期間)

玉城デニー 衆議院議員
「質問主意書」(全期間)

玉城デニー[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧 | 質問主意書

このページでは、玉城デニー衆議院議員が提出した質問主意書に関する情報をまとめています。質問主意書の提出数、質問主意書の件名、質問と政府からの答弁の冒頭部分を一覧にしています。質問と答弁については衆議院ウェブサイトの本文に飛ぶことができます。


質問主意書提出本数(衆議院)

在籍期提出数


45期(2009/08/30〜)0本
46期(2012/12/16〜)0本
47期(2014/12/14〜)1本
48期(2017/10/22〜)0本


衆議院在籍時通算1本



質問主意書・政府答弁書一覧(衆議院)

47期(2014/12/14〜)

原発事故・子ども被災者支援法に関する質問主意書

第189回国会 衆議院 質問主意書 第398号(2015/08/27提出、47期、生活の党と山本太郎となかまたち)
質問内容
政府が本年八月二十五日に閣議決定した東京電力福島第一原発事故の避難者を支援する「子ども被災者支援法」の基本方針の改定は、事故を受けた地域の住民、当該地域から避難している者等の意見を十分に反映した対応とは言えないものである。
従って、次の事項について質問する。
一 基本方針の改定概要では、支援対象地域について「線量が発災時と比べ大幅に低減し、避難する状況にはない」としていることは、支援対象地域か…
答弁内容
一及び二について
原子力規制庁が実施している航空機モニタリングの結果に基づき推計した外部被ばく線量は、東京電力株式会社福島第一原子力発電所事故発生時と比べ、大幅に低減しており、各市町村で実施している個人被ばく線量の測定、福島県が実施しているホールボディ・カウンタ検査及び厚生労働省等が実施している食品検査等の結果の数値も相当程度低いものとなっていることから、「被災者生活支援等施策の推進に関する基本…

※このページのデータは衆議院ウェブサイトで公開されている情報を元に作成しています。

データ更新日:2021/11/15

玉城デニー[衆]活動記録 : トップ選挙結果本会議発言委員会統計発言一覧 | 質問主意書



■著書
2020年10月新刊