伊藤卯四郎衆議院議員 国会活動データ「委員会出席・発言」



衆議院委員会発言統計

在籍期別委員会出席・発言数

  23期(1947/04/25〜)   60回出席(うち幹部出席 55回)    1回発言     168文字発言
  25期(1952/10/01〜)   14回出席(うち幹部出席  0回)    8回発言   27840文字発言
  26期(1953/04/19〜)   90回出席(うち幹部出席 36回)   38回発言  160293文字発言
  27期(1955/02/27〜)  115回出席(うち幹部出席  0回)   30回発言  171477文字発言
  28期(1958/05/22〜)   12回出席(うち幹部出席  0回)    7回発言   63083文字発言
  29期(1960/11/20〜)  147回出席(うち幹部出席  0回)   26回発言   99307文字発言
  30期(1963/11/21〜)  131回出席(うち幹部出席  0回)   37回発言  142059文字発言
  32期(1969/12/27〜)   78回出席(うち幹部出席 41回)   20回発言   61021文字発言

    衆議院在籍時通算    647回出席(うち幹部出席132回)  167回発言  725248文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言回数は本統計に含まれていません。
 「幹部出席」は委員長、委員長代理理事、委員長代理、理事として出席した場合を数えています。

委員会別通算出席・発言数

 1位  261回出席  51回発言 商工委員会
 2位  152回出席  59回発言 石炭対策特別委員会
 3位  102回出席  45回発言 通商産業委員会
 4位   55回出席   1回発言 鉱工業委員会
 5位   21回出席   1回発言 内閣委員会
 6位   16回出席   3回発言 交通安全対策特別委員会
 7位   13回出席   1回発言 大蔵委員会
 8位    7回出席   1回発言 文教委員会
 8位    7回出席   1回発言 地方行政委員会
10位    5回出席   1回発言 決算委員会
10位    5回出席   2回発言 運輸委員会
12位    2回出席   1回発言 予算委員会
13位    1回出席   0回発言 法務委員会

衆議院委員長経験

委員長経験

鉱工業委員会委員長(第1回国会)
交通安全対策特別委員会委員長(第65回国会)

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。
 括弧内は初任の会期を示します。その後の会期での就任状況は「在籍期別委員会出席・発言数」からリンクしている各期別議員活動ページを参照してください。

理事経験

通商産業委員会理事(第16回国会)
石炭対策特別委員会理事(第63回国会)
文教委員会理事(第63回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。
 括弧内は初任の会期を示します。その後の会期での就任状況は「在籍期別委員会出席・発言数」からリンクしている各期別議員活動ページを参照してください。


衆議院委員会発言一覧

第1回国会 衆議院 鉱工業委員会 第28号(1947/11/04、23期)

理事會等で自由黨からの切なる御相談があつたそうでございまして、從いまして、明日は經濟力集中排除法の連合審査のために會議が開かれませんので、明日以後はひとつ一層御精勵をしていただくように、それを特に委員…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 通商産業委員会 第2号(1952/11/11、25期)

ただいま田中君から発言された種類の産業は、当面の日本経済の上から見ても、また日本産業の構造の上から見ても非常に重大な問題であると思いますので、これは別個にお扱い願いたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 通商産業委員会 第3号(1952/11/12、25期)

通産大臣も労働大臣もきわめて出席時間が短かいということでございますので、きわめて重要な要点だけを本日お伺いしまして、後日さらにお伺いしたいと思つております。両大臣すでに御承知のように、今行われており…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 通商産業委員会 第4号(1952/11/27、25期)

委員長に希望を一つ申し上げておきます。この法案を審議するにあたりまして、政府の公益事業に対する根本的な考え方を明らかにしてもらいたいと思いますので、次会に通産大臣の御出席を要望いたしておきます。他に…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 通商産業委員会 第8号(1952/12/11、25期)

ただいま上程されております、私どもが審議を求められております電気及びガスに関する臨時措置に関する法律案の審議について(委員長も大分その能率化を求めておられるようでありますから、これに協力をしたいと思つ…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 通商産業委員会 第9号(1952/12/13、25期)

質問に入る前に委員長にお願いしておきたいのですが、一昨日私が小笠原通産大臣に質問をいたし、その他同僚と政府委員との質疑応答の全体を見まして、大臣初め政府委員の答弁ははなはだ不親切であるように存じます。会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 通商産業委員会 第10号(1952/12/15、25期)

大臣には二日間にわたつて電力事業の今後の公営事業としてのあり方についてお尋ねをしたのでありますけれども、どうもその点が、自由党と社会党の政策の相違か、大臣と私の思想的な相違か、どうもまことにこれははつ…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 通商産業委員会 第16号(1953/02/06、25期)

ただいま通産大臣から通商産業政策に対する抱負をお述べになつたのですが、お伺いしておると、おつしやることはまつたく賛成です。けれども、それをどうして具体的に実践して成果を上げるかということが問題だろうと…会議録へ(外部リンク)

第15回国会 衆議院 通商産業委員会 第17号(1953/02/10、25期)

まず大臣に先にお尋ねをして、あとは政務次官に伺います。私がこの間質問いたしましたのは、今日製鉄鉄鋼業者が相当赤字である。従つて輸出の関係においても、今言われる出血輸出ということで、市場獲得のために無…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第1号(1953/05/26、26期)

ただいま委員長から、国政調査に関する要項をお述べになつたのでありますが、もちろんそれには異議はございませんが、一つ追加をお願いいたしますことは、御承知のように、石炭の問題でございます。石炭の問題は、日…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第3号(1953/05/29、26期)

議事進行について…。お聞きの通り、今大臣の答弁を伺つておりますと、大蔵大臣と折衝しなければ自分の通産行政に対するところの方針というか、信念を持ち得ない、従つてそれをお聞きになるということであれば答弁は…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第4号(1953/06/01、26期)

石炭、炭鉱の問題は、現在日本の非常に重大な問題でありますので、きわめて具体的な事例をあげてお伺いをいたしますので、政府の方でも抽象的でなく、具体的にそれぞれ答弁をしていただくよう要請しておきます。本…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第7号(1953/06/25、26期)

改正鉱業法の条文の二、三のこまかい点についてちよつと伺つておきたいと思うのです。その前にひとつ根本的な問題としてお伺いしたいと思いますのは、鉱業法を根本的に改正しなければならぬということは、もう十五…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第13号(1953/07/07、26期)

ちよつと委員長にお伺いしたいのですが、この間スト規制法について、労働委員会と連合審査をするということが本委員会できめられ先。委員長からその交渉をされていると思いますが、その経過をお伺いしたい。というの…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第14号(1953/07/08、26期)

関連して。せつかく通産大臣もお見えになつております。ただいま炭鉱災害緊急救済措置について、石炭小委員会でまとめたものを小委員長から報告をいたしました。これに対して通産大臣はどのようにお考えになつておら…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第18号(1953/07/16、26期)

通産大臣がお見えになりましたので質問をいたしますが、大臣も御承知のように、七月八日に本委員会で決議をいたしました。それは石炭小委員会の水害炭鉱復旧について、九箇項目にわたるものであります。そのうちで特…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第22号(1953/07/22、26期)

大臣がお見えになりましたから、二、三点お伺いしようと思います。いろいろ大臣に激励、お尋ねしなければならぬことがありましたけれども、昨日からの状態を見ますと、通産大臣のかなり努力をされたような点が見られ…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第25号(1953/07/25、26期)

私は日本社会党を代表して、本法案に反対するものであります。反対の理由の第一は、政府は国民経済に悪影響を与えない範囲においての軍需産業の規模を具体的に明らかにしておりません。将来の産業構造に対する十分…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第31号(1953/08/06、26期)

ちようど石炭局長が見えておりますから、今小委員長から報告をいたしました内容とそれ以外の点で、二、三点明らかにしておきたいと思うのであります。第一点は、中にもありますように、企業合理化の問題であります…会議録へ(外部リンク)

第16回国会 衆議院 通商産業委員会 第33号(1953/10/13、26期)

簡単なことを一、二点お伺いしたいと思います。さつきからわくわくとおつしやつていますわくというのは、業種のわくのことですか、業種に対する金額のわくのことですか。それから、貸付に対する審査、査定の問題で…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 通商産業委員会 第1号(1953/11/04、26期)

私あとで質問しようと思つておりましたが、今岡田長官の答弁の中に、私どもの考えていたこととちよつと違うような答弁があつたようですから、明らかにしておかなければならぬと思うので、質問するのです。先ほど委員…会議録へ(外部リンク)

第17回国会 衆議院 通商産業委員会 第4号(1953/11/07、26期)

ただいま福田委員から提出されました申合せ事項について政府側に明らかにしておかなければならぬ点がございます。二つございますが、一つは先般私が十一大銀行が中小企業に対してどのような貸出しをしておるかという…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 通商産業委員会 第2号(1953/12/03、26期)

先ほど大臣から、通産大臣としての今後の生産者としての政策というか、その抱負をお述べになつたのでありますが、これについては、いずれわれわれは通常国会に入つて具体的に論議をして行きたい、こう考えております…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 通商産業委員会 第4号(1953/12/05、26期)

関連して……。今御説明になつたことや先般大臣の説明されたことは、後日質問いたしますが、ちよつと疑問の点があるので一点伺います。この春の通常国会のときに、今の炭鉱の縦坑開発の問題について、二十八年度に五…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 通商産業委員会 第5号(1953/12/07、26期)

実はきようは、先ほどから御意見が出ておりましたように、日銀総裁と大蔵大臣、通産大臣とが御出席になることを期待して若干質問しようと用意していたのでありますが、三人ともお見えになつておりません。従つて政策…会議録へ(外部リンク)

第18回国会 衆議院 通商産業委員会 第6号(1953/12/08、26期)

一つ関連してお尋ねいたします。先ほど重油の問題が出ておりましたが、次官、鉱山局長もおられますが、大体重油の輸入総数量とそのドルの金額をちよつとお知らせいただきたい。それからさらに聞きたいのは、なぜこ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 決算委員会 第50号(1954/09/17、26期)

ちよつと田中委員長にお尋ねし、御相談しようと思う。委員長もお聞きのように、政府側の福永官房長官が公務々々と盛んに言つておられるが、公務とは口実を設けるのに非常に苦心をされたようにしかとれない。日程等の…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第7号(1954/02/05、26期)

委員長が心得ておられるから申すまでもないと思いますけれども、大臣があつちに行かれましてだらだらとなるようではこの委員会は困るのです。ここで委員長として予算委員長との間にはつきり十分なら十分、十五分なら…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第10号(1954/02/12、26期)

ちようど油の問題が出ておりますので、関連して一点だけ伺いたいと思います。それは、この間私が質問をいたしました折に、私も非常に憂慮のあまり問題を出したのでありますが、時間の関係もあつて、十分質問もし、ま…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第12号(1954/02/17、26期)

われわれは今後この通産委員会で日本の産業復興再建の問題等を審議して行きます上に、どうしても一点伺つておかなければならぬことがございます。それはこの間から私は政府のこのたびのインフレを押えるために一兆円…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第14号(1954/02/20、26期)

このガス事業法を審議するにあたりまして、政府から提出されております資料は不十分な点がございます。よつて新たに具体的な資料をこの際政府の方に提出を要望いたします。一、ガス事業五箇年計画、同資金計画、五箇…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第16号(1954/02/26、26期)

ちよつと希望意見を申し上げます。この特別鉱害復旧臨時措置法の一部改正につきまして、有効期間が二箇年間延長されるということは現状においてはやむを得ないのであります。またこの延長二箇年間に、残る工事を完全…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第20号(1954/03/10、26期)

先般来同僚各位からそれぞれこの問題について質問されているのでありますが、私も最も具体的な事例について、それぞれ質問をしようと思うのであります。まず最初にお尋ねしたいのは、公益事業としてのガス事業のあ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第27号(1954/03/29、26期)

関連して一、二お伺いいたします。ガス事業のこういう公益事業に、監督官庁である政府があらかじめ無償交付を認めてこの法案を出されてあるということは、公益事業の性質上許されるものであるかどうか。私はそれを非…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第29号(1954/03/31、26期)

ただいま通産大臣の御意見を伺いまして、私も同感であり、なお今後の処置について深く考えておる点を感謝いたします。先ほど総合燃料対策小委員長から報告になりました点につきまして、私ども不十分と思いますけれど…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第30号(1954/04/02、26期)

法案に入つて質問する前に、輸入油の問題についてお伺いをしておきたいと思うのですが、政府の方でも御承知のように、日本に輸入される油は、油を輸入しておるところの欧州各国と比較すれば、相当日本の方が高値にな…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第34号(1954/04/13、26期)

ちよつと一点だけお伺いしておきたいと思います。この法案が出ましてから、同僚各位から熱心に質問されたことは、帝石の内紛の問題でございます。政府もこの帝石の重役陣の内紛についてはあつせんもされ、また困つた…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第36号(1954/04/16、26期)

ちよつとお伺いしてみたいと思うのですが、石炭液化の問題では御承知のようにドイツが世界的にその優秀性を誇つていると思いますが、日本でも福岡県の大牟田の三井と八幡の三菱化成、この二つが代表的なものだろうと…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第43号(1954/05/06、26期)

この法案は御承知のように、提案されてから相当時間がたつておるのです。この法案を提案された当時の生産原価及び販売価格というものと今日とにおいては相当開きが起つて来ております。従つてここにABCなど六つの…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第44号(1954/05/07、26期)

苦心をなされておつくりになつたのかどうか知りませんけれども、私が昨日からだんだん御相談をしておりました資料としては、どうもまことにあまりおそまつたような気がいたします。これではだれが見てもなかなかわか…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第46号(1954/05/12、26期)

私は別に発言をせぬつもりでおつたのですが、どうも黙つておるわけにも行かないので、委員長に議事進行についてひとつ要望をいたしておきたいと思います。このスレートの問題は、先般木材小委員会に関係業者代表を…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第52号(1954/05/21、26期)

桐生の土木課長の清水さんと沼津の土木課長の渡辺さんにお尋ねしたいと思います。先ほど御意見がありましたように、取りやすいところはどんどん取つてしまつておる、それ以外のところは経費が高くなるから取らない。会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第62号(1954/08/12、26期)

先ほどから同僚委員から輸出問題については相当広汎にわたつて質問をいたしておりましたから、私はもうその点は繰返すまいと思いますが、ただ大臣の答弁をされておられます中に理解できない点がありますから、この点…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第64号(1954/08/14、26期)

時間の制約がありますから、私もできるだけ要点のみをあげて質問いたしますから、政府委員の方でもそのつもりで簡単明瞭にお答えを願いたいと思います。中小企業が金融難に陥つておることは申し上げるまでもありませ…会議録へ(外部リンク)

第19回国会 衆議院 通商産業委員会 第66号(1954/09/10、26期)

今回の電気料金改訂反対と今後の改訂に対する意見を申し述べて、わが党の態度を明らかにしておきたいと思うのでございます。わが国の現下の電気事業は全国国民の九九%に達する普及率を示し、公益事業中最大の普及…会議録へ(外部リンク)

第20回国会 衆議院 通商産業委員会 第4号(1954/12/06、26期)

たいへん時間がおそくなりまして、参考人としてわざわざおいでをいただいた方々、非常に御迷惑であると存じております。それから私参議院の方に呼ばれておりましてしばらく留守にしておりましたから、他の同僚委員か…会議録へ(外部リンク)

第21回国会 衆議院 通商産業委員会 第1号(1954/12/16、26期)

大臣は時間の関係等もあるようですから、きわめて緊急な問題について二、三点お伺いしようと思います。もちろん政策的な問題、予算的な問題、そういう問題は鳩山内題がやる資格はないのですから、そういう点について…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第3号(1955/03/26、27期)

委員長に本委員会の運営について伺っておきたいと思います。御存じのように、予算委員会以外については、とかく委員会の運営が、非常に出席率が悪いし、あるいはまた政府側も大臣などはなかなか出てこない、そうい…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第4号(1955/03/29、27期)

石橋通産大臣にこの間電気の問題でお尋ねをしたのですが、あのときは私もいわば大略的な点のお考えを伺っただけであります。その後新聞にもかなり具体的に出てきておるようでございます。それから石橋通産大臣も電気…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第6号(1955/03/31、27期)

実は国会の方も自然休会の形になり、本委員会も当分開かれないということになりますので、従って今度再開されるころには、三十年度予算並びにそれぞれの法案が本委員会にも提出をされてくるだろうと思うのでございま…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第13号(1955/05/18、27期)

要項的にきわめて簡単に数点石橋大臣にお尋ねしておきたいと思います。大臣の通産施策の説明の中に、重要な一つとして、石炭鉱業合理化法案を提出されるやに承わるのでありますが、これはいつごろ国会の方に御提案…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第14号(1955/05/19、27期)

大した法案じゃありませんから、そう改まってたくさんお聞きするほどのこともありませんけれども、ちょっと了解できぬ点がありますから、何点かお伺いしておきたいと思います。大臣も御存じのように、これは昨年の第…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第21号(1955/06/03、27期)

先ほどから業界の代表の方、鮎川、栗田、阿部の御三人から、もうからないであろう石油開発の特殊会社にそれぞれ出資協力をするということをお伺いしまして、私どもは非常に喜びといたしております。つきましては鮎川…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第28号(1955/06/22、27期)

根本官房長官にお尋ねして、政府の信念のほどを明らかにしておいていただきたいという意味で伺いたいのでありますが、それは国内石油資源開発のための国策特殊会社法の件についてです。通産省は初めこの法案を提出す…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第29号(1955/06/23、27期)

この際資料を少し要求いたしておきます。先ほど来同僚各位から資料の要求がなされておりまするから、あわせて要求いたしておきたいと思います。一月ほど前に私がこういう資料を要求しておいたけれども、また提出され…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第34号(1955/07/01、27期)

詳細な点についてはいずれ法案の逐条審議のときに質問することにいたしまして、きょうは、さっきから大臣の答弁を伺っておりますと、自信を持たないで法案をお出しになっておるようで、私はまことに遺憾であると考え…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第37号(1955/07/08、27期)

鮎川さんに一つお伺いしたいと思います。この間も私どもの委員会に参考人として御足労願い、またきょうも願って、なかなか熱心な御意見を伺いまして、私ひそかに喜んでおる一人でございます。つきましては、先日もお…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第38号(1955/07/09、27期)

実は私が特にただいまの附帯決議に賛成を申し上げることは、政府は法律を通すまでは、非常に謙虚な気持であるけれども、一たび法律が通ってしまうと、役所はこれを自分のもののようにして、とかく民意を聞かず、官僚…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第40号(1955/07/12、27期)

ただいま山手君から法案の審議の最中に修正案を御提出になりましたが、これはどうも少し早まったように私は思っておるのであります。本法案はきわめて重要な法案でありますので、社会虎両派からも当然修正案が提出さ…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第42号(1955/07/14、27期)

修正案提案者の山手君に質問いたします前に、公取委員長に先に質問をいたしたいと思います。というのは、この輸出入取引法の一部を改正する法律案は、公取委員会ときわめて重大な関係があることは申し上げるまでもあ…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第44号(1955/07/19、27期)

会期もだいぶ切迫して参っておりますし、ただいま審議をされておりますところの百貨店法案並びに下請関係調整法案は、本日をもって質疑の打ち切りをせられたいという動議を提出いたします。よろしくお取り計らいを願…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第45号(1955/07/20、27期)

大越さんでも長岡さんでもよろしゅうございます。今お聞きのように合理化によって石炭の生産費を政府の目的とするように二割下げることは不可能だということを言われておる。私もそうじゃなかろうかと思っておるので…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第46号(1955/07/21、27期)

関連して。大臣も局長も買い上げる、買い上げると言うが、この法律の三十一条にちゃんと書いてあるじゃありませんか。「事業団が買収することができる採堀権は、次の各号に適合するものでなければならない。」という…会議録へ(外部リンク)

第22回国会 衆議院 商工委員会 第47号(1955/07/22、27期)

最大何分時間がありますか。先ほど自由党の小平君からも、この法案は質問をし、審議をすればするほどなっておらぬということを言われました。従ってこの法案に自由党は必ず反対されるだろうと私は信じます。また私…会議録へ(外部リンク)

第23回国会 衆議院 商工委員会 第2号(1955/11/28、27期)

ただいま石橋通商産業大臣から先ほどの決議についての所信を述べられましたが、私が一言意見を呈しようと思いますのは、実は中小企業金融公庫ができまして以来、毎年年末になるとこういう決議をしておる、それから毎…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 商工委員会 第11号(1956/03/03、27期)

私はこの附帯決議の問題で多く時間をとろうとは思っておりませんけれども、この附帯決議をつけること自体に非常な疑問を持っております。と申しますのは、連合審査の場合に、私質疑応答を伺っておりまして感じたのは…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 商工委員会 第17号(1956/03/14、27期)

今山本君が発言されたことをそのまま速記録に残すということは国会の権威の上から見てまことに重大であると思う。これは許されません。だから、委員長はただいまの山本君の発言を速記録にそのまま載せられるとするな…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 商工委員会 第21号(1956/03/22、27期)

バナナの扱い方の問題については相当論議をされてきております。そして論議するに従って、だんだん疑問が深くなってきておることは事実です。そういう疑問がだんだん深くなっていくので、与党側の方では、野党の社会…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 商工委員会 第24号(1956/03/28、27期)

関連して。松尾局長に伺うのは、これはちょっと酷なような気がします。なぜかというとこの法案が通ったあとから局長になられたので、この法案を通すときの審議の経過等について十分御存じないと思うから、そういう点…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 商工委員会 第57号(1956/05/29、27期)

通産大臣に、今後の日本の鉄鋼政策の重要な点について何点かお伺いをしておきたい。おそらく私がお伺いすることは、大臣はみな賛成です。ただもたもたしてやらないでおる点を鞭撻するだけの意味の質問しますから、そ…会議録へ(外部リンク)

第24回国会 衆議院 商工委員会 第59号(1956/06/01、27期)

議事進行。順次同僚各位から参考人の方々に質疑があるだろうと思います。さらにまた政府委員にもそれぞれ質疑があるだろうと思います。伺いますようにこの鉱害問題は長年にわたり非常に深刻な問題であります。神田委…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 商工委員会 第9号(1957/03/05、27期)

昨年の夏でございまましたか本商工委員から、代表者が国政調査の使命を持って鉱害地等を視察にそれぞれ出かけました。九州福岡の最もひどい地区を視察しまして、その結果の報告書というか、それをまとめまして、本委…会議録へ(外部リンク)

第26回国会 衆議院 地方行政委員会 第35号(1957/08/02、27期)

緊急の問題を二、三一点きわめて簡単にお尋ねしたいと思います。先月の七月の初めですが、佐賀県下の伊万里市内に大きな地すべりが起っております。この被害は和光深刻なもので死者も七名も出しておるということで…会議録へ(外部リンク)

第27回国会 衆議院 商工委員会 第2号(1957/11/08、27期)

まず最初にお尋ねいたしたいのは、日本の鉄鋼業生産は、非常に過剰になりまして、在庫品が多いので、業界はそれに非常に苦しんでおるという現状です。しかるに、外国からの鉄鋼輸入を相当積極的に政府はやっておりま…会議録へ(外部リンク)

第27回国会 衆議院 商工委員会 第6号(1957/11/13、27期)

大へん時間がおそくなりましたので、委員長並びに大臣、政府委員の方々に御迷惑と思いますが、会期は明日で終りまするし、なお休会中、または来るべき通常国会等の関係におきまして、それぞれお考えなり、あるいはお…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 商工委員会 第26号(1958/04/03、27期)

今、議題にされております石炭鉱業合理化臨時措置法の一部改正等の問題について、若干質問をいたしたいと存じます。まず最初に、さきの石炭鉱業合理化法制定の目的は、御存じのように、非能率炭鉱を買いつぶし、い…会議録へ(外部リンク)

第28回国会 衆議院 予算委員会 第17号(1958/03/25、27期)

まず本日の私の質問はほとんど総理大臣にお伺いをしようと思っております。それは最近の外交問題の若干についてであります。岸首相は、本国会が開かれて以来、多くの同僚各位から外交、防衛問題について質問、追及…会議録へ(外部リンク)

第29回国会 衆議院 商工委員会 第7号(1958/07/02、28期)

委員長から、あとでこの会議室を使う都合、大臣の御都合とで、一時間だけに質問の時間を制限してくれということでございます。従いまして、私が鉱山災害の問題等で三十分ほど質問をいたします。あと同僚多賀谷委合員…会議録へ(外部リンク)

第29回国会 衆議院 商工委員会 第8号(1958/07/03、28期)

三つの問題について、きわめて重要な点のみを簡潔に大臣にお尋ねしたいと思います。第一は鉄鋼の対策の問題、第二は国内石油油田の開発の問題、第三は大臣も就任されると同時に発表されまた本委員会でも基本審議事項…会議録へ(外部リンク)

第30回国会 衆議院 商工委員会 第7号(1958/10/22、28期)

高碕通産大臣に石炭の不況対策の四、五点についてまず先にお伺いしたいと思います。御存じのように昨年の秋以来、経済界が非常な不振に陥りまして、特に石炭産業の不況が深刻であります。貯炭も九月末現在一千万トン…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 運輸委員会 第3号(1958/12/19、28期)

大臣に対してちょっと関連して。さっきから広瀬君の質問に大臣から答弁しておられるのを伺っておると――さきの中村運輸大臣の折には南海電鉄のもので、非常に大きな財閥会社であるから、従ってこの犠牲者に対しては…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 運輸委員会 第24号(1959/06/10、28期)

関連して、ちょっと一言総裁にお伺いいたします。当局の方では払い下げを強行するということをしばしば明らかにされ、今またそれが明らかになりましたが、さて当局が払い下げを受けるだろうと予定しておるところの会…会議録へ(外部リンク)

第31回国会 衆議院 商工委員会 第26号(1959/03/10、28期)

これから数点にわたって高碕通産大臣にお尋ねするのでありますが、まず私はこの質問をするのに当って非常に残念に思っておることは、私が数年前から主張をしてきておることが、現実に今日の炭鉱というか、石炭界に深…会議録へ(外部リンク)

第32回国会 衆議院 商工委員会 第4号(1959/08/10、28期)

時間が答弁とも加えて三十分ということで委員長から御相談がありましたので、なるべく守って参りたいと思います。要点的に池田通産大臣に質問したいと思いますのは、当面の石炭の不況の対策についてであります。御…会議録へ(外部リンク)

第37回国会 衆議院 商工委員会 第5号(1960/12/20、29期)

先ほどから多賀谷委員からそれぞれ具体的な問題について質問し答弁をされておるわけであります。答弁がその回答になっておらぬ点がたくさんあると思います。そこで私も大きな問題の二、三点についてだけ一つ伺ってお…会議録へ(外部リンク)

第37回国会 衆議院 商工委員会 第7号(1960/12/22、29期)

斎藤委員の質問されたことに関連して、二、三点お伺いしたい。石油資源開発会社の創立にあたって、私も創立委員の一人として参加しておりましたので、一切の事情をよく知っておる一人であります。御承知のように石油…会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 商工委員会 第9号(1961/02/28、29期)

今まで斎藤君が質問されておりましたことに関連をして一点だけちょっと御質問しておきたいと思います。それは冒頭に斎藤委員から、池田内閣が所得倍増計画を成功さすために、日本の産業経済を増強さすために、国内…会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 商工委員会 第11号(1961/03/10、29期)

菅野参考人の方にお伺いすることに関連しますので、先に鉱山局長にお伺いをしておきたいと思います。それは、先ほど西村委員から質問いたしましたことについて、鉱山局長から、日本の石油開発の五カ年計画がまだ進…会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 商工委員会 第27号(1961/04/18、29期)

私も関連して二、三点質問をしたいと思います。さっきからだんだん政府側の答弁を伺っておりまして、公益事業に対する非常な疑問を持ちましたので、この点を明らかにする意味で伺いたいと思います。さっきから政府…会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 商工委員会 第38号(1961/05/19、29期)

佐久さんばかりに質問して、われわれが佐久さんいじめをしているようですが、お急ぎのようですから、私も一、二点お伺いいたしたいと思います。三十八年までに千二百円炭価を下げるというものを作った当時と現在で…会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 商工委員会 第42号(1961/05/26、29期)

炭鉱問題について、多くの質問に対する政府側の答弁をいろいろ伺っております。ところがその答弁によりましては、全く建設的な、熱意を持って指導していこうというものが何にもございません。そこで私伺っておって感…会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 商工委員会 第49号(1961/06/05、29期)

私も決議案の提案者の一人でありますが、あわせて一成の意見を発表しておきたいと思います。先ほど長谷川委員、岡田委員からそれぞれ内容等にわたって発表されておるのでありますから、さらにつけ加える必要もない…会議録へ(外部リンク)

第39回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第1号(1961/09/30、29期)

これより会議を開きます。私が年長者でありますので、衆議院規則第百一条第四項の規定により、委員長が選任されますまで委員長の職務を行ないます。会議録へ(外部リンク)

第39回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第7号(1961/10/19、29期)

一言政府に苦言を呈しておきたいと思います。と申し上げるのは、今日まで政府は法律案なり予算なりが国会で審議されている期間は、非常に低姿勢で、親切であります。ところが一たび法案、予算が通りますと、わが世の…会議録へ(外部リンク)

第39回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第11号(1961/10/25、29期)

私は、本日、石炭安定対策について、佐藤通産大臣その他関係者にこの根本的な問題について質問してみたいと思います。それぞれの問題については、同僚各位から相当突っ込んだ質問が行なわれておりますので、私は石炭…会議録へ(外部リンク)

第39回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第12号(1961/10/26、29期)

私は民主社会党を代表いたしまして、ただいま議題になっております石炭鉱業合理化臨時措置の一部を改正する法律案に反対の討綸を行ないます。しばしば意見を発表しておりますように、戦後日本の炭鉱に炭鉱労働者の…会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 商工委員会 第21号(1962/03/23、29期)

今度石油業法案を審議するにあたりまして、政府に資料の要求をいたします。それは、外国資本との合弁会社が日本に入れておりますところの原油の価格、それから民族資本である丸善、出光、帝国石油、開発会社、これ…会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 商工委員会 第27号(1962/04/10、29期)

それでは委員長から注意があるまでやりましょう。石油業法の詳細な点については、同僚各位から相当質問をされて、内容的に明らかになっておると思いますので、私は一応法律案の条項ということよりも、むしろ全体に…会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 商工委員会 第28号(1962/04/11、29期)

同僚各委員から相当突っ込んだ質疑がされておりますから、なお残る疑問の点を明らかにしておく意味において、三、四点だけ質問をしようと思っております。第一は昨日私が鉱山局長に質問をいたしましたのですが、い…会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第1号(1961/12/15、29期)

これより会議を開きます。私が年長者でありますので、衆議院規則第百一条第四項の規定により、委員長が選任されますまで、委員長の職務を行ないます。会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第13号(1962/03/07、29期)

関連して。さっきから大峰経営の問題について第二会社が相当議論されていたのですが、だんだん伺っておりまして、結局、経営のまずさか、あるいは炭価の問題か、それと労働組合との協力態勢の問題、この三つが大体言…会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第17号(1962/03/22、29期)

産炭地振興事業団法につきましては、明日採決をされるということになっておるようでありますが、それにつきましては、最後に二、三点伺いたいと思っておりますけれども、大臣と、建設省からおいでになっておる方も時…会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第18号(1962/03/23、29期)

産炭地域振興事業団法については、同僚各位からそれぞれ相当突つ込んで質問されてあると思いますから、大事な要点三、四点だけを質問いたします。産炭地振興事業団の事業は、やはり産炭地に起こすわけですから、石…会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第24号(1962/04/09、29期)

石炭問題については、同僚各位から具体的に相当突っ込んで質問が続けられておりますし、佐藤大臣のおられる時間もきわめて制限されておるようでありますから、私はきわめて重要であろうと思う四、五点の問題につきま…会議録へ(外部リンク)

第41回国会 衆議院 商工委員会 第9号(1962/09/03、29期)

委員長にちょっと申し上げます。先ほど桜内参考人から、産炭地発電は反対である、揚地発電が有利であるという理由について、かなり大ざっぱでありましたけれどもその理由の数字をあげられました。そうして政府の方は…会議録へ(外部リンク)

第41回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第1号(1962/08/11、29期)

これより会議を開きます。私が年長者でありますので、衆議院規則第百一条第四項の規定により、委員長が選任されますまで、委員長の職務を行ないます。会議録へ(外部リンク)

第41回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第6号(1962/09/01、29期)

ちょっと委員長に伺いますが、私の質問時間はどのくらいありますか。先ほどから政府側の答弁を伺っておりますと、石炭調査団の結論とその報告ということのみに最後の答弁をしておられる。これは私はどうも奇怪千万…会議録へ(外部リンク)

第41回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第8号(1962/10/24、29期)

まず最初に、有沢調査団一行に対して、当面する非常な困難な、また非常にうるさい石炭問題を長期にわたって御苦労されたことを感謝をいたしたいと思います。すでに同僚各位からかなり広範にわたって相当具体的に質問…会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第11号(1963/03/08、29期)

きょうは池田総理に四点の問題について質問をしたいと思います。第一点は、総合エネルギーを強力に調整、指導して、国の産業経済の目的に一〇〇%沿わしていく、ところが現在はもちろん、将来のためにも、今日のよ…会議録へ(外部リンク)

第44回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第1号(1963/10/18、29期)

これより会議を開きます。私が年長者でありますので、衆議院規則第百一条第四項の規定により、委員長が選任されるまで、委員長の職務を行ないます。会議録へ(外部リンク)

第45回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第1号(1963/12/11、30期)

これより会議を開きます。私が年長者でありますので、衆議院規則第百一条第四項の規定により、委員長が選任されるまで、委員長の職務を行ないます。会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 商工委員会 第8号(1964/02/14、30期)

本日まで審議をされてまいりました石油、ガス等に関する問題等については、同僚の各位からそれぞれ質、問がされてまいっておりますので、私はそれと重複をできるだけ避けるようにいたしまして、きわめて具体的に内容…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 商工委員会 第14号(1964/02/28、30期)

時間がないということでございますから、きわめて具体的な問題を二点だけお尋ねいたします。昨年の通常国会のおりに、池田総理に私は、通産省に従来つくられてあるエネルギー部会ではエネルギー界の混乱を解決する…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 商工委員会 第31号(1964/04/08、30期)

いま議題になっております本法案につきましては、同僚各位から相当詳細にわたって質問されてあると存じまするので、私は、大筋の五点について質問をして、大臣の御意見を伺っておきたいと存じます。金属鉱業は、銅…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 商工委員会 第65号(1964/10/09、30期)

私の質問時間は三十分ということにいたしておりますから、質問をごくしぼりまして、三点だけにいたしましてお伺いしょうと思います。内容を具体的に少し説明を申し上げながら質問したいと思いますのは、大臣に十分御…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第7号(1964/03/11、30期)

天日さんにお伺いしたいのですが、天日さんがさつき公述されたとき最後に言われたこと、どうもちょっと聞き捨てならぬことだと感じたことは、いまの状態であれば事業団は破綻せざるを得ない、こういうことをおっしゃ…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第10号(1964/03/25、30期)

労働大臣にこれから四、五点の問題点について御質問をいたしたいと思いますが、実は通産大臣が一緒であると、関連することが多いので能率的にも、また政策の上からいってもそれがいいと思いますけれども、通産大臣が…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第15号(1964/04/20、30期)

私はこれから五、六点質問を大臣にいたしたいと存じますが、私が質問をしてまいります内容については、大臣自身ももう耳の穴にたこが寄ったというほど各同僚から聞かされておられるわけでございます。私もまた同じよ…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第21号(1964/05/28、30期)

さっきから質問をだんだん伺っておりますと、どうもAの鉱害かBの鉱害かということについては、常識をもって解決するよりほかにしようがないじゃないか、こういうような大臣なり政府側の答弁のようでありますが、そ…会議録へ(外部リンク)

第46回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第22号(1964/06/11、30期)

ただいま説明されました石炭対策強化の決議に対しまして、民社党を代表いたしまして賛成の意見を申し述べたいと思います。ちょうど幸いに、福田通産大臣以下政府委員もたくさんおられるようであります。この際何点か…会議録へ(外部リンク)

第47回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第1号(1964/11/09、30期)

これより会議を開きます。私が年長者でございますので、衆議院規則第百一条第四項の規定によりまして、委員長が選任されるまで、委員長の職務を行ないます。会議録へ(外部リンク)

第47回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第6号(1964/12/17、30期)

私は最初に、有沢団長御一行が最も困難な炭鉱問題で長期にわたって調査に御苦労願いましたことを、心からその労に感謝したいと思います。二点だけこの機会にお伺いをしておきたいと思います。会議録へ(外部リンク)

第47回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第8号(1964/12/19、30期)

神田厚生大臣は十一時半までということだそうでございますので、一点だけお伺いしたいと思います。御存じのように、炭鉱には若い労働者が就職を求める者がほとんどないということになっております。それから熟練技…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第1号(1965/01/26、30期)

これより会議を開きます。私が年長者でありますので、衆議院規則第百一条第四項の規定により、委員長が選任されるまで委員長の職務を行ないます。会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第5号(1965/02/18、30期)

ごく簡単なことですから、実は資料の要求をしたいと思っております。それは、いま滝井委員の質問によってかなり明らかになってまいりましたからその点を省くことにいたしますが、開発銀行、それから中小企業金融公…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第8号(1965/03/10、30期)

二、三点、私の確信していることを申し上げて、もしそれが先生方の専門的に勉強されておられる点と違っておったら、ひとつお教えを願いたい、こういう意味でお伺いいたしたい。私は、炭じんの爆発とガスの爆発は、…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第11号(1965/03/18、30期)

時間の関係等もございますから、二点ばかりにしぼってぜひお伺いをしておきたい、こう思います。先にちょっと、多賀谷委員と石炭局長との論争を伺っておりまして、これは私の考え方を申し上げておくだけですけれど…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第14号(1965/03/26、30期)

時間の関係があるそうですから、二点だけお伺いいたします。一点は、政府から本国会に、通産省の所属機関として総合エネルギー調査会設置法案を出しております。ところがそのほかに、石炭鉱業審議会、石油審議会、…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第18号(1965/04/08、30期)

鉱害の問題については、政府委員はもちろん大臣ももう耳の穴にたこのできるほど聞かされておられるので、十分御承知だと思うのです。しかし、一地域の問題じゃないかという考え方が役所の中でも、また国会の中でもあ…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第21号(1965/04/27、30期)

時間の関係で、参考人の方々にもたいへんお気の毒だと存じますが、二、三点ちょっとお聞きいたします。最近、御存じのように、三池炭鉱の炭じんの爆発、それから夕張、伊王島のガス爆発等があり、私どもそれぞれ見…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第22号(1965/04/30、30期)

三点だけごく簡単に質問をいたしたいと思います。本産炭地域振興事業の法律案を成立さすにあたりまして、その内部に存在しておる問題等について、どうしてもこれをよりよく成功さすために明らかにしなければならぬ…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第26号(1965/06/02、30期)

一点だけ。私は、常平生、炭じんとガスの爆発は、その対策を万全に立ててあれば絶対防止ができるという持論を持っております。これについて、過般から、政府から委嘱された有沢調査団その他関係の調査団やら、また先…会議録へ(外部リンク)

第48回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第27号(1965/06/18、30期)

大蔵大臣がたいへんお急ぎになるようですから、ごく簡単に二点だけお伺いをいたしておきます。一点は、御存じのように、炭鉱のなくなったあとに炭鉱に取ってかわる近代工業を誘致しようというので、工場団地という…会議録へ(外部リンク)

第49回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第1号(1965/07/30、30期)

これより会議を開きます。私が年長者でございますので、衆議院規則第百一条第四項の規定によりまして、委員長が選任されるまで、委員長の職務を行ないます。会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第1号(1966/01/28、30期)

これより会議を開きます。私が年長者でございますので、衆議院規則第百一条第四項の規定によりまして、委員長が選任されるまで委員長の職務を行ないます。会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第6号(1966/03/23、30期)

石炭問題の基本的な解決策については、いずれ後日論議を尽くし合おうという話し合いをいたしておるわけでございますから、本日私は、炭鉱労働者の緊急な問題、さらにまた、今後の人的老朽、老廃を防止する問題、これ…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第10号(1966/04/06、30期)

時間も相当たっておりますから、石炭の根本政策の問題については後日大臣に出席を求めてお伺いすることにいたしまして、いま審議されておりますこの合理化法の改正案の一、二点についてのみちょっと伺っておきたいと…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第12号(1966/04/13、30期)

局長が答弁されておられる点で、隣接鉱区から消滅しておる鉱区に炭があるからその部分を増区をしてくれという場合は、これはきわめて明らかになっているのですが、それでなくて、それと全然反対なほうに炭がある、し…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第13号(1966/04/14、30期)

三木通産大臣は、石炭対策の根本問題については相当検討されておられると思います。この間大臣の所信表明を見てみますと、石炭の安定化対策、鉱害復旧対策、産炭地域振興対策等を見れば、一応書きものとしてはまあま…会議録へ(外部リンク)

第51回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第15号(1966/04/21、30期)

堀坂さんにちょっとお伺いいたします。あなたのところで工業用団地として造成された土地で、一番安いところで坪当たり幾らぐらいするか、一番商いところで坪当たり幾らぐらいするか、それから、平均してどのくらい…会議録へ(外部リンク)

第52回国会 衆議院 商工委員会 第1号(1966/07/11、30期)

斎藤さんの御意見を伺うことができなかったものですから、ひとつ質問をさせていただきたい、こう思っております。いま御存じのように、大手を中心に十九工場にそれぞれ監視員を三交代で送って、生産制限の監視をさ…会議録へ(外部リンク)

第52回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第2号(1966/07/27、30期)

石炭審議委員の皆さんが非常に苦心の作を答申されておる点は労を多としたいと思いますが、石炭問題の根本的な解決の将来性については、残念ながらこれではできないのじゃないかと私は確信しております。と申しますの…会議録へ(外部リンク)

第52回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1966/07/28、30期)

時間がきわめて限られておりますから、二点だけお伺いしたいと思っております。政府は当然国会の議決を尊重して、これを忠実に責任を持って実施するということ等については、先ほど答弁をされておいででありますけ…会議録へ(外部リンク)

第52回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1966/08/11、30期)

関連して通産大臣に一点だけお伺いしておきたいと思います。同僚各委員からかなり詳しく突っ込んで質疑等が行なわれておりますが、私が一点お尋ねしようとしておりますのは、赤字補給金の問題についてです。炭鉱の…会議録へ(外部リンク)

第52回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第5号(1966/08/12、30期)

参考人の方々には忙しいところを二日間も御出席いただきまして、非常に感謝をいたしております。二日間にわたる陳述を大体伺い、きょうまた同僚委員からの相当突っ込んだ質問に対してお答えをいただいておりますか…会議録へ(外部リンク)

第52回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第6号(1966/10/17、30期)

労働大臣に二つの問題についてだけちょっとお伺いしたい。一つは、炭鉱労働者の特別年金法の提出について。さきの小平労働大臣は、できるだけ早くこの法案は提出いたします、こういうことを言っておられます。私は…会議録へ(外部リンク)

第52回国会 衆議院 内閣委員会 第4号(1966/10/27、30期)

受田議員の承認を得まして、三、四点関連質問をいたします。けさから質疑応答を伺っておりますと、官房長が防衛庁の政治の責任者であるがごとき、すべての支配権を持ってやっておるがごとき答弁ぶりでございます。…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第1号(1970/01/20、32期)

これより会議を開きます。私が年長者でありますので、衆議院規則第百一条第四項の規定により、委員長が選任されますまで、委員長の職務を行ないます。会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1970/03/11、32期)

先ほど来同僚委員の方々から、当面する石炭問題についてそれぞれ相当突っ込んで質問をいたしておりまするので、私は重複を避けながら、きわめて重要であるという点についてのみ、時間の制限等もありますから、通産大…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1970/05/09、32期)

関連いたしまして、一言だけ質問、意見を申し上げておきたいと思います。それは、炭鉱等が今日の苦境におちいったのは、歴代の政府の石炭対策のあやまちからこれは起きてきておる。どうも答弁等を伺っておりますと…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第5号(1970/09/18、32期)

石炭の根本的な問題については、午後から大臣がお見えになるので、その機会に十分お伺いしたいと思っておりますが、政府委員の関係者がお見えになっていますから、そのことについてのみ四、五点お伺いをいたします。会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 文教委員会 第15号(1970/04/17、32期)

時子山さん、稗方さん、どちらからでもよろしゅうございますが、お考えをいただきたいと思います。今度のこの私学振興補助金について、大体三つ考えがいわれておるようであります。一つは、次の時代の日本を背負っ…会議録へ(外部リンク)

第64回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第1号(1970/11/24、32期)

これより会議を開きます。私が年長者でありますので、衆議院規則第百一条第四項の規定により、委員長が選任されますまで、委員長の職務を行ないます。会議録へ(外部リンク)

第64回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第2号(1970/12/16、32期)

一点だけお伺いします。稲葉さんに。「石炭対策の基調の変化」というところに、「与えられた助成によっては事業の維持、再建が困難となる場合には勇断をもつてその進退を決すべきである。」という項目がございます…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第1号(1970/12/26、32期)

これより会議を開きます。私が年長者でありますので、衆議院規則第百一条第四項の規定によりまして、委員長が選任されますまで、その職務を行ないます。会議録へ(外部リンク)

第66回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第1号(1971/07/14、32期)

これより会議を開きます。私が年長者でありますので、衆議院規則第百一条第四項の規定によりまして、委員長が選任されますまで、その職務を行ないます。会議録へ(外部リンク)

第67回国会 衆議院 交通安全対策特別委員会 第1号(1971/10/29、32期)

これより会議を開きます。私が年長者でありますので、衆議院規則第百一条第四項の規定によりまして、委員長が選任されるまで、その職務を行ないます。会議録へ(外部リンク)

第67回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第2号(1971/12/23、32期)

私に与えられておる時間は二十分という約束ですから、その時間内に二点だけ質問をいたします。石炭問題の根本的な解決策については、これは来たるべき通常国会で論議をするよりほかにはない、こう思っております。…会議録へ(外部リンク)

第67回国会 衆議院 大蔵委員会 第3号(1971/10/28、32期)

十分ほど時間があるそうでございますから、二、三点お伺いします。西欧のほうでは、ドル紙幣に非常に不安を感じて、アメリカの持っておる金貨との交換を相当やっておるようですが、日本では、私どもの知る範囲では…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 商工委員会 第22号(1972/05/17、32期)

この工業再配置で非常に関係が深く起こってくると思います公害の問題をまず第一にお伺いします。どうしてもこの公害の問題というのはやはり大きな国策として取り上げなければ解決のめどはついてこないのです。そこ…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第3号(1972/03/16、32期)

時間の関係がありますから、二点だけお伺いします。田中通産大臣は、現内閣においてはもちろん、自民党の中でも、石炭、油、この熱源については一番理解をされ、また熱心に考えておられると私は信じております。そ…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第4号(1972/03/29、32期)

たいへん時間がたってしまいましたから、一点だけ……。植田参考人が先ほど一手買い取りの問題を発言されておりました。これは中小炭鉱の問題でなくて、日本の炭鉱全体の問題だと思います。そこで、政府が公的な機…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第5号(1972/04/06、32期)

石炭問題の当面する点は非常に重大でありますから、これは次の委員会で十分伺うことといたします。きょうは、提案されてあります鉱害法の一部改正についてのみ五、六点お伺いしますが、炭鉱側が負担をしておる分、自…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第6号(1972/04/20、32期)

いま提案されておりますこの鉱害復旧の問題等については、先日私が具体的に質問しまして、また同僚各位からも相当具体的に質問がされておりますので、そういう点を重複を避ける意味において、きょうはその法案等の問…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第7号(1972/04/24、32期)

同じようなことばかり論争しておっても、どうも非常に遺憾であると感じておるのですけれども、しかし、問題が解決せぬ以上、やはり論議せなければなりません。さっきから大臣の意見を伺っておりますと、あなたの諮…会議録へ(外部リンク)

第69回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第1号(1972/07/06、32期)

これより会議を開きます。私が年長者でありますので、衆議院規則第百一条第四項の規定により、委員長が選任されますまで、委員長の職務を行ないます。会議録へ(外部リンク)

第70回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第1号(1972/10/27、32期)

これより会議を開きます。私が年長者でありますので、衆議院規則第百一条四項の規定により、委員長が選任されますまで、委員長の職務を行ないます。会議録へ(外部リンク)



データ更新日:2019/03/12