伊藤卯四郎衆議院議員 29期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 32期(1969/12/27-)
29期在籍の他の議員はこちら→29期衆議院統計 29期衆議院議員


衆議院本会議(29期)

23期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 32期本会議

本会議発言統計

  第37回国会(特別:1960/12/05-1960/12/22)  0回発言      0文字発言
  第38回国会(通常:1960/12/26-1961/06/08)  0回発言      0文字発言
  第39回国会(臨時:1961/09/25-1961/10/31)  1回発言   9396文字発言
  第40回国会(通常:1961/12/09-1962/05/07)  0回発言      0文字発言
  第41回国会(臨時:1962/08/04-1962/09/02)  0回発言      0文字発言
  第42回国会(臨時:1962/12/08-1962/12/23)  1回発言   6088文字発言
  第43回国会(通常:1962/12/24-1963/07/06)  0回発言      0文字発言
  第44回国会(臨時:1963/10/15-1963/10/23)  0回発言      0文字発言

       29期通算   (1960/11/20-1963/11/20)  2回発言  15484文字発言

本会議発言一覧

第39回国会 衆議院 本会議 第5号(1961/09/30、29期)

私は、民主社会党を代表して、池田総理の施政方針演説の主要な点についてお尋ねをいたします。まず、外交問題について池田総理は、ケネディ会談以後一体何を話してきたのか、少しも国民に明らかにしておりません。少なくとも社会、民社両野党の党主には直ちに報告をするの慣例を確立すべきにもかかわらず、これをやらないの………会議録へ(外部リンク)

第42回国会 衆議院 本会議 第2号(1962/12/10、29期)

私は、民主社会党を代表して、政府の所信表明に対して質問し、あわせて池田総理の所信をお伺いいたします。(拍手)まず第一に総理にお伺いいたしたい点は、今回の臨時国会に臨む政府の責任の問題についてであります。申すまでもなく、内閣は行政権の行使について国会に連帯責任を負うべきものでありまして、この基本鉄則に………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(29期)

23期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 32期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第37回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  2回発言   9553文字発言
 第38回国会 35回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 35)  6回発言  26220文字発言
 第39回国会 12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)  4回発言  16119文字発言
 第40回国会 44回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 44)  8回発言  26316文字発言
 第41回国会 17回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 17)  4回発言  14328文字発言
 第42回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言
 第43回国会 30回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 30)  1回発言   6600文字発言
 第44回国会  1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言    171文字発言

  29期通算 147回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員147) 26回発言  99307文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 商工委員会
            96回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 96) 12回発言  43217文字発言

 石炭対策特別委員会
            51回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 51) 14回発言  56090文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 期間中、理事としての出席なし。

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第37回国会 衆議院 商工委員会 第5号(1960/12/20、29期)

先ほどから多賀谷委員からそれぞれ具体的な問題について質問し答弁をされておるわけであります。答弁がその回答になっておらぬ点がたくさんあると思います。そこで私も大きな問題の二、三点についてだけ一つ伺ってお…会議録へ(外部リンク)

第37回国会 衆議院 商工委員会 第7号(1960/12/22、29期)

斎藤委員の質問されたことに関連して、二、三点お伺いしたい。石油資源開発会社の創立にあたって、私も創立委員の一人として参加しておりましたので、一切の事情をよく知っておる一人であります。御承知のように石油…会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 商工委員会 第9号(1961/02/28、29期)

今まで斎藤君が質問されておりましたことに関連をして一点だけちょっと御質問しておきたいと思います。それは冒頭に斎藤委員から、池田内閣が所得倍増計画を成功さすために、日本の産業経済を増強さすために、国内…会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 商工委員会 第11号(1961/03/10、29期)

菅野参考人の方にお伺いすることに関連しますので、先に鉱山局長にお伺いをしておきたいと思います。それは、先ほど西村委員から質問いたしましたことについて、鉱山局長から、日本の石油開発の五カ年計画がまだ進…会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 商工委員会 第27号(1961/04/18、29期)

私も関連して二、三点質問をしたいと思います。さっきからだんだん政府側の答弁を伺っておりまして、公益事業に対する非常な疑問を持ちましたので、この点を明らかにする意味で伺いたいと思います。さっきから政府…会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 商工委員会 第38号(1961/05/19、29期)

佐久さんばかりに質問して、われわれが佐久さんいじめをしているようですが、お急ぎのようですから、私も一、二点お伺いいたしたいと思います。三十八年までに千二百円炭価を下げるというものを作った当時と現在で…会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 商工委員会 第42号(1961/05/26、29期)

炭鉱問題について、多くの質問に対する政府側の答弁をいろいろ伺っております。ところがその答弁によりましては、全く建設的な、熱意を持って指導していこうというものが何にもございません。そこで私伺っておって感…会議録へ(外部リンク)

第38回国会 衆議院 商工委員会 第49号(1961/06/05、29期)

私も決議案の提案者の一人でありますが、あわせて一成の意見を発表しておきたいと思います。先ほど長谷川委員、岡田委員からそれぞれ内容等にわたって発表されておるのでありますから、さらにつけ加える必要もない…会議録へ(外部リンク)

第39回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第1号(1961/09/30、29期)

これより会議を開きます。私が年長者でありますので、衆議院規則第百一条第四項の規定により、委員長が選任されますまで委員長の職務を行ないます。会議録へ(外部リンク)

第39回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第7号(1961/10/19、29期)

一言政府に苦言を呈しておきたいと思います。と申し上げるのは、今日まで政府は法律案なり予算なりが国会で審議されている期間は、非常に低姿勢で、親切であります。ところが一たび法案、予算が通りますと、わが世の…会議録へ(外部リンク)

第39回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第11号(1961/10/25、29期)

私は、本日、石炭安定対策について、佐藤通産大臣その他関係者にこの根本的な問題について質問してみたいと思います。それぞれの問題については、同僚各位から相当突っ込んだ質問が行なわれておりますので、私は石炭…会議録へ(外部リンク)

第39回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第12号(1961/10/26、29期)

私は民主社会党を代表いたしまして、ただいま議題になっております石炭鉱業合理化臨時措置の一部を改正する法律案に反対の討綸を行ないます。しばしば意見を発表しておりますように、戦後日本の炭鉱に炭鉱労働者の…会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 商工委員会 第21号(1962/03/23、29期)

今度石油業法案を審議するにあたりまして、政府に資料の要求をいたします。それは、外国資本との合弁会社が日本に入れておりますところの原油の価格、それから民族資本である丸善、出光、帝国石油、開発会社、これ…会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 商工委員会 第27号(1962/04/10、29期)

それでは委員長から注意があるまでやりましょう。石油業法の詳細な点については、同僚各位から相当質問をされて、内容的に明らかになっておると思いますので、私は一応法律案の条項ということよりも、むしろ全体に…会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 商工委員会 第28号(1962/04/11、29期)

同僚各委員から相当突っ込んだ質疑がされておりますから、なお残る疑問の点を明らかにしておく意味において、三、四点だけ質問をしようと思っております。第一は昨日私が鉱山局長に質問をいたしましたのですが、い…会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第1号(1961/12/15、29期)

これより会議を開きます。私が年長者でありますので、衆議院規則第百一条第四項の規定により、委員長が選任されますまで、委員長の職務を行ないます。会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第13号(1962/03/07、29期)

関連して。さっきから大峰経営の問題について第二会社が相当議論されていたのですが、だんだん伺っておりまして、結局、経営のまずさか、あるいは炭価の問題か、それと労働組合との協力態勢の問題、この三つが大体言…会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第17号(1962/03/22、29期)

産炭地振興事業団法につきましては、明日採決をされるということになっておるようでありますが、それにつきましては、最後に二、三点伺いたいと思っておりますけれども、大臣と、建設省からおいでになっておる方も時…会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第18号(1962/03/23、29期)

産炭地域振興事業団法については、同僚各位からそれぞれ相当突つ込んで質問されてあると思いますから、大事な要点三、四点だけを質問いたします。産炭地振興事業団の事業は、やはり産炭地に起こすわけですから、石…会議録へ(外部リンク)

第40回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第24号(1962/04/09、29期)

石炭問題については、同僚各位から具体的に相当突っ込んで質問が続けられておりますし、佐藤大臣のおられる時間もきわめて制限されておるようでありますから、私はきわめて重要であろうと思う四、五点の問題につきま…会議録へ(外部リンク)

第41回国会 衆議院 商工委員会 第9号(1962/09/03、29期)

委員長にちょっと申し上げます。先ほど桜内参考人から、産炭地発電は反対である、揚地発電が有利であるという理由について、かなり大ざっぱでありましたけれどもその理由の数字をあげられました。そうして政府の方は…会議録へ(外部リンク)

第41回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第1号(1962/08/11、29期)

これより会議を開きます。私が年長者でありますので、衆議院規則第百一条第四項の規定により、委員長が選任されますまで、委員長の職務を行ないます。会議録へ(外部リンク)

第41回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第6号(1962/09/01、29期)

ちょっと委員長に伺いますが、私の質問時間はどのくらいありますか。先ほどから政府側の答弁を伺っておりますと、石炭調査団の結論とその報告ということのみに最後の答弁をしておられる。これは私はどうも奇怪千万…会議録へ(外部リンク)

第41回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第8号(1962/10/24、29期)

まず最初に、有沢調査団一行に対して、当面する非常な困難な、また非常にうるさい石炭問題を長期にわたって御苦労されたことを感謝をいたしたいと思います。すでに同僚各位からかなり広範にわたって相当具体的に質問…会議録へ(外部リンク)

第43回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第11号(1963/03/08、29期)

きょうは池田総理に四点の問題について質問をしたいと思います。第一点は、総合エネルギーを強力に調整、指導して、国の産業経済の目的に一〇〇%沿わしていく、ところが現在はもちろん、将来のためにも、今日のよ…会議録へ(外部リンク)

第44回国会 衆議院 石炭対策特別委員会 第1号(1963/10/18、29期)

これより会議を開きます。私が年長者でありますので、衆議院規則第百一条第四項の規定により、委員長が選任されるまで、委員長の職務を行ないます。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(29期)

23期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 32期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 32期(1969/12/27-)
29期在籍の他の議員はこちら→29期衆議院統計 29期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22