松本七郎衆議院議員 23期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 34期(1976/12/05-)
23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院統計 23期衆議院議員


■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ

衆議院本会議(23期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 34期本会議

本会議発言統計

   第1回国会(特別:1947/05/20-1947/12/09)  3回発言   6784文字発言
   第2回国会(通常:1947/12/10-1948/07/05)  0回発言      0文字発言
   第3回国会(臨時:1948/10/11-1948/11/30)  0回発言      0文字発言
   第4回国会(通常:1948/12/01-1948/12/23)  0回発言      0文字発言

       23期通算   (1947/04/25-1949/01/22)  3回発言   6784文字発言

本会議発言一覧

第1回国会 衆議院 本会議 第15号(1947/07/10、23期)

私は、まず最初に自由討議に関しまして、次の三点を希望したいのであります。第一に、全議員に発言の機会を与えねばなりませんから、質問時間の制限はやむを得ませんが、答弁すべき大臣を一人に限定したり、答弁時間を制限することには反対であります。討論においても、質問を要する場合は多いのでありますから、質問するか………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第66号(1947/11/25、23期)

私より、日本社会党、民主党、国民協同党、三派共同修正案の趣旨を御説明申し上げます。詳細はお手元に配布されておりまする印刷物によつて御了解願うことといたしまして、ごくおもなる点のみ申し述べたいと思いますまず、政府原案第五条では、炭鉱の事業主が所轄石炭局長に届け出るところの事業計画を、石炭局長が地方炭鉱………会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 本会議 第67号(1947/11/27、23期)

お答えいたします。私が修正案につきまして御説明申し上げますにあたりましては、時間の制限もございましたので、多くの点を省略いたしました。議長のもとに提出したしました修正案には、全部正確に書いてございます。会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(23期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 34期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第1回国会 54回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員 47) 16回発言  13517文字発言
  第2回国会 38回出席(長  0 代理理事 2 代理 0 理事 14 委員 22) 14回発言  20515文字発言
  第3回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  7 委員  1)  3回発言   1879文字発言
  第4回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員  0)  5回発言   5593文字発言

  23期通算 106回出席(長  0 代理理事 2 代理 0 理事 34 委員 70) 38回発言  41504文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

鉱工業委員会
            50回出席(長  0 代理理事 2 代理 0 理事 21 委員 27)   8回発言  11739文字発言

文教委員会
            40回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 40)  21回発言  21809文字発言

文部委員会
            14回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 13 委員  1)   8回発言   7472文字発言

皇室経済法施行法案特別委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)   1回発言    484文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

鉱工業委員会理事(第1回国会)
鉱工業委員会理事(第2回国会)
文部委員会理事(第3回国会)
文部委員会理事(第4回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第1回国会 衆議院 皇室経済法施行法案特別委員会 第4号(1947/08/26、23期)

新憲法になりましてから、主權が国民に移つたということで、皇族に對する考え方というものが相當国民の間に變つてきていることは事実でありますが、依然として国家の統合の象徴であり、国民の象徴である天皇の地位は…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 鉱工業委員会 第3号(1947/08/01、23期)

昨日輕工業小委員會を開きまして、所管ならびに運營方針等について打合せました。非常に範圍が広うございますが、大體大きく生活物資工業と纖維工業と分けまして、生活物資工業の方には、日用品、ゴム、皮革、建材、…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 鉱工業委員会 第5号(1947/08/07、23期)

職場規律の問題で、先ほど當局からの説明によりますと、一般的にあまりよくいつてないが、一、二いい例を復興會議あたりに観告したいという御意見であります。その具體的な内容について伺いたい。次はこれはある程…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 鉱工業委員会 第7号(1947/08/16、23期)

この改正案は當然なことだと思うのでありますが、せつかくこういう改正をされるならば、この際もつと根本的に改正をされる必要がなかつたかどうかという點をお伺いしておきたいと思います。從來わか国でいろいろな科…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 鉱工業委員会 第8号(1947/08/18、23期)

今囘の特許法の改正案は、ごく一小部分に限られておりますが、新しい日本の發足にあたり、特許法もまた當然全面的に改正する必要があると思います。この點はすでにせんだつての質問の際に政府委員の答辯によつて政府…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 鉱工業委員会 第17号(1947/10/10、23期)

この問題を真劍に討議するということは、どなたも御異存ないわけですが、委員會を連日開いてやるか、あるいは委員會を開いたこと必ずしも即真劍な勉強とはならない、自分らが十分に檢討するために、もつと時間の餘裕…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 鉱工業委員会 第38号(1947/11/25、23期)

私より日本社會黨、民主黨、国民協同黨三派共同修正案の趣旨を御説明申し上げます。時間もございませんから、中で省略させていただくこともあると思います。あらかじめ御了承願いたいと思います。まず政府原案第五…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 鉱工業委員会 第40号(1947/12/08、23期)

輕工業小委員會における纎維工業に関する調査の報告をいたします。本小委員會におきましては、まずその所管事項中、纎維工業に関しまする事項について調査に著手いたしましたるところ、纎維工業中、大企業に屬する…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 文教委員会 第1号(1947/06/28、23期)

理事はその數を三名とし、委員長において御指名あらんことを望みます。高津 正道君    西山冨佐太君会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 文教委員会 第2号(1947/07/12、23期)

先ほど懇談會で、大蔵當局でなくても、文部當局からでも大蔵省の査定基準等を伺いたかつたのですがそれに満足なお話を伺えませんので、大體のお話によつて大蔵當局の態度というものがわかつたのですが、それに對して…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 文教委員会 第3号(1947/07/24、23期)

お話の趣旨はよく諒解できますし、同感と思いますが、先般の決議案は、追加豫算の中に、ぜひこのわくを獲得しようといふ意味での決議案提出であつたわけでありますが、お話のように今後はより以上に六・三制の完全実…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 文教委員会 第6号(1947/08/20、23期)

この新制高等學校については、もつと早くこの方針を明らかにしていただきたかつたのですが、福岡縣では今までの中學校の一部分しか高等學校になれないということを、文部省の方針として知事が発表して、問題を起して…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 文教委員会 第7号(1947/08/28、23期)

六・三制の実施を迎えることになりまして非常に喜ばしいのですが、特殊學校の義務制度実施ということが最近これに伴つて各方面から問題になつているのであります。これは別に法律で定めるということになつているよう…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 文教委員会 第8号(1947/09/22、23期)

この機會に二、三お伺いしておきたいのですが、青年學校は今年限りなくなるわけですが、来年度の新制度の実施については、いかなる御方針ですか。それでは時間もまいりましたので、本日はこれで散會いたします。な…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 文教委員会 第16号(1947/11/01、23期)

紹介議員豊沢君が、あいにく郷里の方に歸つておりますので、私が代つて御紹介申し上げたいと思います。この請願の要旨は、平和日本再建のために、産業復興の基盤である六百萬の勤勞青年大衆の指導者、すなわち定時制…会議録へ(外部リンク)

第1回国会 衆議院 文教委員会 第20号(1947/12/03、23期)

新制中學の教室不足は、まことに深刻なものがありまして、各縣とも、これが打開策に腐心しておるのでありますが、去る十一月十日に、福岡縣で教室不足に惱み抜いた中學生たちが大擧して国立病院を占據したという事件…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 鉱工業委員会 第14号(1948/07/04、23期)

軽工業小委員会における調査につきまして、その概要を御報言いたします。中小工業に関しましては、すでに中小企業廳に関する立法措置が講ぜられておりまして、第一回国会において本委員会がこれに関しまして調査をい…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 文教委員会 第13号(1948/06/21、23期)

ただいまの問題は、すでに委員長の取計らいで先般秘密会を開いておりますし、そのときには、われわれの満足し得る答弁を得られなかつたのですが、あらためて秘密会を開く必要もないと思います。ただ十分審議するとい…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 文教委員会 第14号(1948/06/22、23期)

大分まだ質問が残つておりますが、今日は数点だけ質しておきたいと思います。その前に大臣の提案理由の説明の中にございましたように、この問題については、アメリカの教育使節團の報告書に基いた草案、それから教育…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 文教委員会 第15号(1948/06/23、23期)

この「不当な支配」ということについては、いろいろ御意見もあると思いますが、やはりこれは從來の明治維新以來の文部省教育というものが、軍国主義、国家主義に基いて国策の具に供しておられたということが、私は一…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 文教委員会 第16号(1948/06/24、23期)

政府の答弁を通じて感ぜられますことは、あまりにもプリンシプルに重きを置き過ぎて、現実を無視しておるのであります。六條においてもやはり同じことが言えると思うのでありまして、この委員の数の七名及び五人とい…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 文教委員会 第17号(1948/06/25、23期)

専門調査員の方からこれに対する修正意見が出ておるようですがちよつと御説明を願いたい。二、第三十條の見出し、「(委員の辞職)」を「(委員の辞職及び資格の決定)」に改め、同條を次のように改める。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 文教委員会 第18号(1948/06/26、23期)

將來国定教科書を廃止するという考えがあるか。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 文教委員会 第19号(1948/06/28、23期)

「需要者の意思を考慮して」とございますが、いかなる手段によつて文部大臣はこれを考慮せられますか。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 文教委員会 第21号(1948/06/30、23期)

ただいまの御答弁では、第四條の各項目については日本学術会議に諮問することができるというので、諮問するだろうという希望で、この程度でいいのじやないかというお話でしたが、この中で一番かんじんなのは「研究、…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 文教委員会 第22号(1948/07/01、23期)

「祕密会を開くことができる。」という規定を置いた理由をお尋ねいたします。第三十八條 教育委員会の議事は、出席委員の過半数で、これを決する。会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 文教委員会 第23号(1948/07/02、23期)

質問の前にちよつと委員長にお願いしておきたいのですが、政府はこの法律案の審議を非常に急いで早く通したいというのでありますが、政府委員が四十分も遅れてやつと來るというような状態ではまことに困る、政府委員…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 文教委員会 第24号(1948/07/03、23期)

これに対して先ほどこれを削除すべきであるという意見がございました。それに対して政府の御意見を伺います。(教育委員会規則)会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 文教委員会 第25号(1948/07/04、23期)

本委員会は政府提案の教育委員会法案に対しまして愼重審議を重ねましたが、その結果、各党から出ておる全委員が一致して強調した点は、なるほど原案は、案としては理想的であるけれども、日本の現状からすれば、あま…会議録へ(外部リンク)

第2回国会 衆議院 文教委員会 第28号(1948/10/08、23期)

本案第十五條の休職の問題ですが、休職の期間中の俸給については、これも人事院規則で縛られるようになるのですか。会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 文部委員会 第2号(1948/11/12、23期)

先だつて大学設置の問題を衆議院からも各地に派遣されて調査したのですが、そのときに、これは学藝大学の問題でありますが、学藝大学のシーニア・コースの設置場所について、方々で問題が起きているようであります。会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 文部委員会 第5号(1948/11/19、23期)

委員長にちよつと伺いますが、これは全般にわたつて質問を一括してやりますか。それとも逐條審議をやりますか。国立国語研究所設置法会議録へ(外部リンク)

第3回国会 衆議院 文部委員会 第7号(1948/11/25、23期)

動議を提出いたします。すなわち日程第一、日程第二、日程第三、日程第五、日程第六の請願は採択の決定を留保せられんことを望みます。なお日程第四の請願は議院の会議に付することを要するものとして採択し、内閣に…会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 文部委員会 第2号(1948/12/09、23期)

第一点は黒岩議員が指摘された点ですが、先ほどの提案理由の説明でも大臣からお話がありましたように、特に教員の職務と責任の特殊性にかんがみて、こういう特例を設ける必要があるというお話ですが、やはり黒岩委員…会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 文部委員会 第3号(1948/12/10、23期)

今のには大学の副手、それからインターンの学生などはどうなのでありますか。会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 文部委員会 第4号(1948/12/11、23期)

教職員の配置轉換は、新制大学の行方と密接な関係があるわけですが、先般の新聞紙の報ずるところによれば、何だか新制大学の設置が非常に見通しが困難で、そのために推進本部というようなものを文部省に設けるという…会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 文部委員会 第5号(1948/12/12、23期)

例のレマルクの凱旋門が飜訳として市場に出ておるのでありますが、これは聞くところによると正式の飜訳権料を拂つていないということであります。しかもそれはある年はベスト・セラーに数えられた書物でありますが、…会議録へ(外部リンク)

第4回国会 衆議院 文部委員会 第6号(1948/12/13、23期)

小宮校長が提出された藝術大学の案を決定するには、どういう機関でやられたか、おわかりですか。それからもう一つは、昔から三千年わが民族の発展というものは、音樂がなくては生きられないのです。生活にゆとりを…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(23期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 34期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ

■本会議へ   ■委員会へ   ■質問主意書へ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 34期(1976/12/05-)
23期在籍の他の議員はこちら→23期衆議院統計 23期衆議院議員
データ更新日:2019/02/16