松本七郎衆議院議員 32期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 34期(1976/12/05-)
32期在籍の他の議員はこちら→32期衆議院統計 32期衆議院議員


衆議院本会議(32期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 34期本会議

本会議発言統計

  第63回国会(特別:1970/01/14-1970/05/13)  0回発言      0文字発言
  第64回国会(臨時:1970/11/24-1970/12/18)  0回発言      0文字発言
  第65回国会(通常:1970/12/26-1971/05/24)  0回発言      0文字発言
  第66回国会(臨時:1971/07/14-1971/07/24)  0回発言      0文字発言
  第67回国会(臨時:1971/10/16-1971/12/27)  0回発言      0文字発言
  第68回国会(通常:1971/12/29-1972/06/16)  1回発言   4870文字発言
  第69回国会(臨時:1972/07/06-1972/07/12)  0回発言      0文字発言
  第70回国会(臨時:1972/10/27-1972/11/13)  0回発言      0文字発言

       32期通算   (1969/12/27-1972/12/09)  1回発言   4870文字発言

本会議発言一覧

第68回国会 衆議院 本会議 第27号(1972/05/11、32期)

私は、日本社会党を代表しまして、アメリカの北爆再開及び海上封鎖に関する緊急質問を行ないます。去る八日のニクソン大統領声明以来の米国による北爆再開と海上封鎖を伴うベトナム戦争の全面拡大は、全世界の平和を望む人々に対する重大な挑戦であり、国連憲章違反であり、また、国際法上の犯罪行為であって、断じて許すこ………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(32期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 34期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

 第63回国会 21回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 21)  5回発言  32697文字発言
 第64回国会  4回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  4)  0回発言      0文字発言
 第65回国会 21回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 15 委員  6)  2回発言   7337文字発言
 第66回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  3)  0回発言      0文字発言
 第67回国会 11回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  3 委員  8)  2回発言  29588文字発言
 第68回国会 26回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 19 委員  7) 13回発言  55666文字発言
 第69回国会  3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  2 委員  1)  0回発言      0文字発言
 第70回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  1 委員  1)  1回発言   5050文字発言

  32期通算  94回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 43 委員 51) 23回発言 130338文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 外務委員会
            63回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 43 委員 20) 22回発言 105444文字発言

 石炭対策特別委員会
            22回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 22)  0回発言      0文字発言

 沖縄返還協定特別委員会
             7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  7)  1回発言  24894文字発言

 大蔵委員会
             2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 外務委員会理事(第65回国会)
 外務委員会理事(第66回国会)
 外務委員会理事(第67回国会)
 外務委員会理事(第68回国会)
 外務委員会理事(第69回国会)
 外務委員会理事(第70回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第63回国会 衆議院 外務委員会 第3号(1970/03/18、32期)

きょう外務大臣に、主として中国に対する問題の基本的な問題をお伺いしたい。この前の日曜日に、NHKの放送討論会に賀屋さんだとか、藤山きんたちが出て中国問題を討論されておった。内容を聞かれましたか。会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 外務委員会 第6号(1970/04/06、32期)

前回の委員会で、今後の旅券発給について、いままでほど社会主義国とその他の国の差別、あるいは未承認国と承認国の間の差別をなるべくなくしていきたい、こういう政府の気持ちを表明されたわけですが、きょうはそう…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1970/04/08、32期)

きょうは運輸大臣に来ていただいてどらも御苦労ざんです。いま審議中の旅券法改正案ですが、御存じのように海外旅行も非常にふえているので、旅券給付の能率もあげようというので、かなり改善のあとが見えるのですけ…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 外務委員会 第12号(1970/04/27、32期)

先ほど曽祢さんとの中国の共同声明の問題で答弁がありましたけれども、この際一つ伺っておきたいのは、中国側が日本の軍国主義を指摘した、これはけしからぬ、誤解だ、こう言われるわけですが、古井さんと中国側の話…会議録へ(外部リンク)

第63回国会 衆議院 外務委員会 第15号(1970/05/08、32期)

昨日の本会議の答弁を聞きましても、いよいよ政府は日米安保条約を自動延長するという従来の方針どおりいかれると考えていいと思います。そこで、十年前にここで岸内閣、当時の藤山外務大臣と私どもいろいろ論議を重…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1971/02/15、32期)

先ほどからの質疑応答を通じて、ラオス問題に対する政府の考え方なり姿勢というものは一応わかったのですけれども、外務大臣のおことばにもあったように、ジュネーブ協定に基づいたラオスの中立を何とかして取り戻し…会議録へ(外部リンク)

第65回国会 衆議院 外務委員会 第13号(1971/04/14、32期)

時間がたいへん少なくて、三十五分で社会党は二人質問いたしますから、簡潔に質問いたします。端的にお答え願いたいと思います。きょう実は午前、外務省委員会の懇談会といいますか、藤山さんはじめ訪中された自民…会議録へ(外部リンク)

第67回国会 衆議院 沖縄返還協定特別委員会 第5号(1971/11/15、32期)

久しぶりの質問でございます。どうぞよろしくお願いいたします。私は、この質問を展開するにあたりまして、どういう観点、どういう立場かという、おもな私どもの基本的な観点をまず明らかにしておきたいと思います…会議録へ(外部リンク)

第67回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1971/10/22、32期)

新しい福田外務大臣初めての委員会で質問します。いま、ニクソンの訪中とか、あるいはいま質問に出ておりました国連の動向その他で、やはり日本国民の期待も福田新外務大臣で何らか従来と違った態度なり方針という…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 外務委員会 第2号(1972/03/10、32期)

いま御答弁の中に共同声明の評価の御説明があった中で、封じ込めから話し合いを唱えない。これはこのとおりです。これは前から言っていることです。時間がありませんけれども、もう一つだけ伺いたいのは、これは私…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 外務委員会 第6号(1972/04/07、32期)

最初に、小麦協定のほうから質問したいと思います。七十一年の国際小麦協定となっておるのですが、これが穀物協定になったり小麦協定になったり、変わるのはどういうわけでしょうか。会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 外務委員会 第7号(1972/04/12、32期)

たいへん時間が詰まりましたし、まだ同僚議員がおられるわけですから少し急いでおもな点だけをきょうは質問したいと思います。同僚の松本善明議員が指摘した憲法との関係、これはやはり文化交流の基本的な問題とし…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 外務委員会 第8号(1972/04/14、32期)

たいへん貴重な御意見を開陳していただきまして参考になりました。たいへん制約のある時間内、日数の中での審議をいま続けておるわけですが、私どもが最も関心を持っておる点、それからすでに政府にも質問をした点な…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 外務委員会 第9号(1972/04/21、32期)

最初に、世界保健機関の問題を質問したいと思います。この保健機関に対する日本政府の評価といいますか、そういう点を最初に一般的にお話し願いたいのですが、特に日本からこの機関に派遣している職員の実情を中心…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 外務委員会 第11号(1972/04/26、32期)

最近の国際情勢を見ますときに、私どもが十年前の安保国会で憂慮しておりました事態が、現実の差し迫った問題となって出てきたことを痛感するのです。すでに外務大臣も、あるいは総理大臣も、参議院の予算委員会その…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 外務委員会 第12号(1972/04/28、32期)

基本的にはもう全く同感なんです。問題はいま三木先生の述べられた基本的な態度が白木の現実の政治にどう実現されてくるか、そこにかかってくると思うのです。冒頭に先生の指摘されたように、結局は政府・自民党がは…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 外務委員会 第13号(1972/05/10、32期)

前回の委員会で御質問したことなんですけれども、ソ連がモスクワ−東京−台湾−マニラ−サイゴンまたはバンコクの路線を要求するということを聞いておりますが、運輸当局、政府は御存じかということに対して、出時は…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 外務委員会 第14号(1972/05/12、32期)

ことしの六月にスウェーデンのストックホルムで人間環境に関する国連会議が開催される予定ですが、日本はこの会議の準備委員国になっておるそうですが、これに臨む基本的な方針をまず説明してほしいと思います。会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 外務委員会 第15号(1972/05/17、32期)

質疑に入る前に要求している資料を早く出してください。本来、この委員会で審議を進めるについては、当然、外交、防衛上の機密資料と申しますか、外務省なりあるいは防衛庁にはそういう資料が多いわけです。したが…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 外務委員会 第16号(1972/05/19、32期)

最初に、民間航空条約改正の間…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 外務委員会 第19号(1972/05/31、32期)

この三件順序立てて別々にやる予定でしたが、大臣の出席の時間の都合がありますので、特に大臣に伺いたい点を両方にまたがって質問したいと思いますから、そのつもりで。そしてあとに残ると思いますから、そのときは…会議録へ(外部リンク)

第68回国会 衆議院 外務委員会 第21号(1972/06/07、32期)

時間がありませんから大急ぎでやります。きのうの閣議終了後前尾法務大臣が記者会見した内容、つまり朝鮮民主主義人民共和国に関する問題で、外務大臣の明確な答弁をお願いしたいのです。閣議終了後に言われたこと…会議録へ(外部リンク)

第70回国会 衆議院 外務委員会 第1号(1972/11/06、32期)

旧中の国交回復ができて、引き続き諸外国に歴訪されてまことに御苦労さまでした。以来初めての外務委員会ですから、本会議における所信表明、日中国交回復の経過報告をめぐって数点質問したいと思います。長い間の…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(32期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 34期質問主意書

質問主意書提出数

 32期(1969/12/27〜)  1本提出

質問主意書一覧

米軍の岩国基地に関する質問主意書(共同提出)
第67回国会 衆議院 質問主意書 第3号(1971/11/22提出、32期、会派情報無し)
 質問本文へ(外部リンク)答弁本文へ(外部リンク)


■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 34期(1976/12/05-)
32期在籍の他の議員はこちら→32期衆議院統計 32期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22