成田知巳衆議院議員 24期国会活動まとめ



在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


衆議院本会議(24期)

23期本会議 - 24期本会議 - 25期本会議 - 26期本会議 - 27期本会議 - 28期本会議 - 29期本会議 - 30期本会議 - 31期本会議 - 32期本会議 - 33期本会議 - 34期本会議

本会議発言統計

   第5回国会(特別:1949/02/11-1949/05/31)  3回発言   8215文字発言
   第6回国会(臨時:1949/10/25-1949/12/03)  1回発言   3314文字発言
   第7回国会(通常:1949/12/04-1950/05/02)  5回発言  15214文字発言
   第8回国会(臨時:1950/07/12-1950/07/31)  0回発言      0文字発言
   第9回国会(臨時:1950/11/21-1950/12/09)  1回発言   1761文字発言
  第10回国会(通常:1950/12/10-1951/06/05)  1回発言   2822文字発言
  第11回国会(臨時:1951/08/16-1951/08/18)  0回発言      0文字発言
  第12回国会(臨時:1951/10/10-1951/11/30)  1回発言   4108文字発言
  第13回国会(通常:1951/12/10-1952/07/31)  3回発言  13914文字発言
  第14回国会(通常:1952/08/26-1952/08/28)  0回発言      0文字発言

       24期通算   (1949/01/23-1952/09/30) 15回発言  49348文字発言

本会議発言一覧

第5回国会 衆議院 本会議 第30号(1949/05/16、24期)

日本社会党を代表いたしまして、ただいま一括上程になりました法務庁設置法等の一部を改正する法律案ほか六件に対しまして反対の意見を開陳いたしたいと存じます。各省設置法と政府機関職員定員法とは、今回政府の企図しております行政整理の法的裏づけをなすものでありまして、この両者はうらはらの関係にあり、両者不可分………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 本会議 第35号(1949/05/21、24期)

先ほど委員長の報告がありました政府機関職員定員法に関連いたしまして、日本社会党を代表して二、三質問を試みたいと存じます。吉田民自党内閣は、選挙の際に公約した諸政策をほとんど何一つ履行することができなかつた。この公約不履行の責任回避のために、面子保持のために定員法をしやにむに通されんとする民自党諸君の………会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 本会議 第37号(1949/05/23、24期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、ただいま議題となりました会期延長に関する政府申入れに対しまして反対の意見を開陳するものであります。私があえてるる反対の意見を開陳するまでもなく、與党たる民自党の諸君といえども、一度ならず、二度、三度に至る会期延長に対し、内心穏かならざるものがあると同時に、政府の不………会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 本会議 第18号(1949/11/27、24期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、ただいま上程になりました外国為替及び外国貿易管理法案、外国為替管理委員会設置法案並びに外国為替特別会計法案の三條案に対して反対の意見を開陳するものでございます。吉田内閣及び民主自由党の諸君は、口を開けば、わが国国民経済は安定したと言つておられるのであります。本法案………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第30号(1950/03/25、24期)

日本社会党を代表いたしまして、ただいま議題となりました国家公務員の職階制に関する法律案並びにその修正案に対して、一括反対の理由を申し述べるものであります。まず最初に申し上げたいことは、ただいまの委員長報告にもありました通り、この法案はわが国の人事行政の根本を決定する重要なる法案であります。しかるに、………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第34号(1950/04/01、24期)

問題の新給與実施に関する法律の一部改正案は、昨日、本議場におきまして廃案失効となつたのでありますが、これが善後措置につきまして政府はいかなる対策を有しておるか、政府の所信をただしたいと存するもりであります。もちろん私は日本社会党を代表して質問いたすのでありますが、本件に関しまして政府がいかなる措置を………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第44号(1950/04/29、24期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、ただいま上程されました外資に関する法律案及び外資委員会設置法案に対し一括反対の意見を申し述べるものであります。本法案は、いわゆる後進地開発計画、未開発地開発計画が実施に移されます場合、投資條約におきまして規定さるべき外国投資の保証方法を法律で定めんとするものてあり………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第1号(1949/12/04、24期)

日本社会党を代表いたしまして、ただいま議長の言われた通り、今日人事院から勧告されましたところの国家公務員給與ペース改訂に関する勧告と、国鉄仲裁委員会の裁定案について緊急質問をいたしたいと存じます。第一にお尋ねしたいことは、現在の国家公務員の六千三百七円ペースは、昨年七月の物価を基準といたしまして、昨………会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 本会議 第7号(1949/12/21、24期)

ただいま上程されました国家公務員対する臨時年末手当の支給に関する法律案に対しまして社会党を代表して絶対反対の意思を表明するものであります。申すまでもなく、年末を前にして生活苦に悩む国家公務員に対し年末賞與を出すことそれ自体に対しては反対するものではありませんが、後に申しますごとく、実は年末賞與の名に………会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 本会議 第9号(1950/12/05、24期)

ただいま議題になりました二法案に対しまして、社会党を代表して一括反対の討論をいたすものであります。特別職の職員の給與に関する法律の一部を改正する法律案につきましては、さきに本議場におきまして、一般職の給與改正法律案に対して同僚松沢議員から詳細に反対理由を述べておりまして、これとほぼ同様でございますの………会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 本会議 第39号(1951/05/24、24期)

ただいま上程になりました国家公務員災害補償法案に対しまして、日本社会党を代表して反対の意見を申すものでございます。法案を一読いたしまして、だれしもただちに気のつくことは、本法案は、従来の関係法令であります労働基準法あるいは労働者災害補償保險法等の、実に機械的な、モザイツク的な寄せ集めにすぎずして、そ………会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 本会議 第13号(1951/11/08、24期)

私は、日本社会党を代表いたしまして、三補正予算案に対して全面的にこれが組みかえを要求し、一括反対の討論を試みんとするものであります。まず第一に私の指摘したいことは、政府がいかに強弁されましようとも、吉田内閣の公約である主食の統制撤廃は、世論の反撃のもとに、遂にたな上げ、御破算となつたのでありまして本………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第17号(1952/02/29、24期)

以下私の質問いたしますことは、単に日本社会党第二十三控室代表としての質問ではなくして、今回の行政協定締結によりまして、いかんなく暴露されました、吉田内閣の独善秘密外交、売国的、買弁的外交政策の犠牲となりまして、その基本的人権を侵され、その独立さえも危うくされんとしおります日本全国民が、憲法と国の独立………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第27号(1952/03/29、24期)

私は、日本社会党第二十三控室及び労働者農民党を代表いたしまして、ただいま上程になつております二法案に対して反対の意思を表明するものであります。本法律案は、形式的には、昨年十一月一日より施行されておりますポ政令に基く出入国管理令を一部改正し、法律として存続させんとするものでありますが、本法律案の内容は………会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 本会議 第47号(1952/05/29、24期)

私は、日本社会党第二十三控室及び労働者農民党を代表いたしまして、通産省設置法案につきまして竹山祐太郎氏外五名提出にかかります修正案に賛成し、爾余の修正案並びに政府原案に対して一括反対するものであります。私たちは、現在の行政機構をそのまま是認するものではありません。これが根本的改革につきましては、すで………会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院委員会(24期)

23期委員会 - 24期委員会 - 25期委員会 - 26期委員会 - 27期委員会 - 28期委員会 - 29期委員会 - 30期委員会 - 31期委員会 - 32期委員会 - 33期委員会 - 34期委員会

委員会出席・発言(国会会期別・役職別)

  第5回国会 18回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 18) 11回発言  50087文字発言
  第6回国会  7回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員  1)  4回発言   9607文字発言
  第7回国会 20回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 12 委員  8)  7回発言  25051文字発言
  第8回国会  2回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  2)  0回発言      0文字発言
  第9回国会  8回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  8)  7回発言  24638文字発言
 第10回国会 13回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 13)  8回発言  28742文字発言
 第12回国会  6回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  6)  3回発言   8034文字発言
 第13回国会 26回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 26) 14回発言  44884文字発言

  24期通算 100回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 18 委員 82) 54回発言 191043文字発言

※なお、委員長、委員以外の議員、大臣等の発言は本統計に含まれていません。


委員会出席・発言(委員会別・役職別)

 人事委員会
            45回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事 12 委員 33) 24回発言  84954文字発言

 予算委員会
            22回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 22)  8回発言  28513文字発言

 内閣委員会
            12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員 12)  9回発言  44812文字発言

 経済安定委員会
            12回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  6 委員  6)  6回発言  14718文字発言

 議院運営委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  2回発言     53文字発言

 外務委員会
             3回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  3)  3回発言  11850文字発言

 決算委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  0回発言      0文字発言

 大蔵委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言    330文字発言

 法務委員会
             1回出席(長  0 代理理事 0 代理 0 理事  0 委員  1)  1回発言   5813文字発言


委員会委員長経験

 期間中、委員長としての出席なし。

※開催された委員会に委員長として出席した場合を委員長経験として数えています。記録上委員長に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会理事経験

 経済安定委員会理事(第6回国会)
 人事委員会理事(第7回国会)

※開催された委員会に理事として出席した場合を理事経験として数えています。記録上理事に就任していても、該当委員会が開催されなかった場合や一度も出席しなかった場合には経験なしとなっています。

委員会発言一覧

第5回国会 衆議院 人事委員会 第3号(1949/03/30、24期)

今私を御指名になつたのですが、私が質疑申込みをしましたのは、あとで浅井人事院総裁に四十八時間制の問題その他について、質問いたしたいと思つたからであります。この問題は当然の改正でございますから、質問はな…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 人事委員会 第5号(1949/04/02、24期)

松沢委員と加藤委員の質問に関係いたしまして、簡單に二、三浅井人事院総裁にお尋ねしてみたいと思います。最初は人事院規則の問題でありますが、先ほど国家公務員法第七十八條四号の規定は非常に魅力があり過ぎる…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 人事委員会 第7号(1949/04/08、24期)

四十八時間制の問題について午前中参考人から御意見を承つたわけでありますが、この際ちよつとお願いしたいと思うのは、午前中の参考人の方も、全面的に四十八時間制に反対された意見が多かつたのであります。では具…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 人事委員会 第8号(1949/04/12、24期)

ただいま地域給の問題で、五月に一斎調査をやつて、八月に大体成案を得る、從つてその間應急措置は混乱を起すという御説明でございましたが、この問題は請願なんか出まして総裁も御存じの伊豆七島の特別手当の問題で…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 内閣委員会 第19号(1949/05/12、24期)

議事進行について……。ただいま定員法について政府の提案理由の説明を求め、これを終りまして質疑に入ると仰せられたのでありますが、この問題は御承知のように非常に重要法案ですから、最近労組法、労調法の改正に…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 内閣委員会 第21号(1949/05/14、24期)

社会党を代表いたしまして、簡單に本法案に対して反対の意見を申し上げたいと思います。申すまでもなく、各省設置法と昭和二十四年度の予算案と定員法とは三位一体で不可分の関係にあるわけでございますが、昭和二十…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 内閣委員会 第22号(1949/05/16、24期)

日本社会党を代表いたしまして、簡單に反対の意見を申し上げておきます。その理由は農林省設置法案に対しまして申し上げたと同じ理由でありまして、この定員法は、予算と各省設置法と定員法、三者三位一体で不可分の…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 内閣委員会 第23号(1949/05/17、24期)

一件だけお尋ねいたしますが、今度の設置法を見ますと、審査会とか審議会とか調査会というものが多数できておるのであります。非常に民主的な装いをされておると思いますけれども、最も大切な所得税の問題であります…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 内閣委員会 第24号(1949/05/18、24期)

重複を避けまして簡單に一点だけお尋ねしたいと思います。それは婦人少年局の問題でございますが、婦人少年局は最初政府の案では廃止するというような御方針だつたらしいのですが、幸い局として存置されております。会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 内閣委員会 第25号(1949/05/19、24期)

日本社会党を代表いたしまして、本法案に対して反対の意見を申し上げます。その理由は各省設置法について申し述べたと同様でありまして、二十四年度の予算と定員法と各省設置法というものは三位一体であつて不可分…会議録へ(外部リンク)

第5回国会 衆議院 内閣委員会 第26号(1949/05/20、24期)

小沢逓信大臣にお尋ねをいたします。この前に本多国務大臣と浅井人事院総裁がおいでになりましたときに、行政整理の基準はどこが責任を持つて設定されておるかということを質問いたしましたところ、浅井人事院総裁は…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 経済安定委員会 第3号(1949/11/22、24期)

価格調整公団法の一部を改正する法律案について二、三御質問いたします。政府の提案理由によりますと、復金が貸出しをしない現状において、復金一本で資金をまかなうことは困難であるから、新たに資金をまかなう道を…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 経済安定委員会 第4号(1949/11/24、24期)

前会私が質問いたしました焦げつき代金の認証手形の融資の問題でございますが、それにつきまして本日政府の方から御答弁があつたのですが、御答弁によりますと、四十万円の石材を納入した、それに対して百十万円の認…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 経済安定委員会 第5号(1949/11/26、24期)

各委員の御質問がたくさんございましたので、重複を避けてごく簡單にお伺いいたしたいと思います。先ほどの川上議員と前田議員の質問に関連して確かめてみたいと思います。川上議員が御質問になりまして、第十條の…会議録へ(外部リンク)

第6回国会 衆議院 経済安定委員会 第6号(1949/11/27、24期)

日本社会党を代表いたしまして、本法案に対して反対の意見を申し上げます。最初に外国為替及び外国貿易管理法案についての反対意見を申し上げますが、外国為替管理委員会設置法案は親子法の関係がございますので、…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 経済安定委員会 第23号(1950/04/28、24期)

二、三の点について、重複を避けて簡單に御質問いたします。昨日も多田委員から御質問があつたと思うのでありますが、本法施行によりまして、外資に対して優先的に外国向送金を保証するということになるのですが、現…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 経済安定委員会 第24号(1950/04/29、24期)

日本社会党を代表しまして、外資に関する法律案並びに外資委員会設置法案に対しまして、反対の要旨を二、三簡単に申し上げます。本法案はさきに通過を見ました外国為替及び外国貿易管理法と表裏一体をなしておる重…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 人事委員会 第6号(1949/12/20、24期)

今の税金の問題についてちよつと簡單にお尋ねしたいのですが、ただいま官房長官のお話では、いろいろ関係があるから、現医の税制上できないと言われましたのですが、分割拂いとか、特に年末調整の問題があると思いま…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 人事委員会 第7号(1949/12/21、24期)

日本社会党を代表いたしまして、ただいま上程されております法案に対して、全面的に反対の意見を申し述べます。ただいま民自党の方からも御意見がありまして、年末賞與で報奨的なものだから賛成だという御意見があ…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 人事委員会 第11号(1950/03/01、24期)

職階制に関する法律案について御質問いたします前に、ちよつとお伺いしたいのであります。数日前に浅井人事院総裁と全官公労の代表者が面会されました席上、浅井人事院総裁は、現在の六・三ベースを規定しております…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 人事委員会 第15号(1950/03/23、24期)

今の高橋先生の御意見に従いまして、ごく要領よく御質問したいと思ひます。しかし私ここで聞いておりまして、ただいま土橋君をつかまえて土橋々々というような御発言は、やはり御遠慮なさつた方がいい。官房長官に…会議録へ(外部リンク)

第7回国会 衆議院 人事委員会 第18号(1950/03/30、24期)

その前にちよつと委員長にお願いがあるのですが、きのう一日中官房長官を待つておつたけれども、とうとうお見えにならなかつたのですか、政府職員の新給與実施に関する法律の改正に関する質問の前に、一、二点簡單に…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 人事委員会 第1号(1950/11/25、24期)

給與ベース改訂につきまして二、三質問いたしたいと思います。最初に官房長官にお伺いしたい点は、給與改正の法律案は大体いつごろお出しになる御予定ですか。会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 人事委員会 第2号(1950/11/27、24期)

関連してお尋ねいたします。先ほど政務次官の御答弁によりますと、地財委の意見書を近くできるだけ早く国会に付議して審議してもらう、こういうような御答弁がありましたが、きわめて近いうちに意見書を国会へ内閣か…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 人事委員会 第5号(1950/11/30、24期)

関連して……。給與の改正に関する法律案が出たのですけれども、法律案の建前としては別個かもわかりませんが実質的には給與の一環をなしております年末手当に関する法案がまだ出ないのでありますが、どういう理由で…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 人事委員会 第6号(1950/12/01、24期)

ちよつとお尋ねしますが、政府が現行の平均給與を七千円としまして、それに約一千円の引上げで、八千円ベースになるのだ、人出院の勧告とほとんどかわりない、こういうことを育つておるのですが、その八千円ベースに…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 人事委員会 第8号(1950/12/04、24期)

先ほど八百板委員の質問にもありましたのですが、なぜ国家公務員の一般給与に関する法律案と、本法案を同時に出されなかつたか。これは私はこの前にも長官に御質問申し上げましたが、そのときの御答弁では、単なる事…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 人事委員会 第9号(1950/12/05、24期)

日本社会党を代表いたしまして、両法案に対して反対の意見を表明いたします。簡単に反対の意思を申し上げます。人事院の勧告でありまするところの、八千五十八円べースで、一年十三箇月分支給の勧告は、私たちから…会議録へ(外部リンク)

第9回国会 衆議院 人事委員会 第10号(1950/12/09、24期)

今回衆議院を通過いたしました国家公務員の年末手当に関する法律の審議の際に、大蔵省の磯田給與課長に私御質問申し上げたのでありますが、この法律案は、一般職と特別職を含んでおる関係上、当然進駐軍労務者も年末…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 人事委員会 第2号(1950/12/11、24期)

この再提出の法律案につきまして、不満な点は前国会で私たちが十分意見を開陳した通りなのでありますが、特に問題なのは号俸の切下げであります。今平川委員が言われたように、官房長官は当委員会で、各種の問題が取…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 人事委員会 第3号(1951/01/27、24期)

今の御説明によりますと、七号職員に準じてやるのじやない、この調整はこれで終つたと言われるのですが、七号職員の職務の性質は、今言われました癩病その他の療養所に勤務する職員と、この職務の性質とどちらが調整…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 人事委員会 第9号(1951/05/21、24期)

最初に職員の給与に関する法律の十二条の規定についてお尋ねしたいのでありますが、これによりますと、在勤する職員に対して地域給を支給する、こういう規定になつております。すなわち勤務地主義になつておりますけ…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 人事委員会 第10号(1951/05/22、24期)

国家公務員災害補償法案につきまして、最初概括的な問題で二、三質問いたしまして、あと逐条的にお尋ねいたして行きたいと思います。まず最初にお尋ねしたいのでありますが、この法案を通覧いたしますと、従来の補…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 人事委員会 第11号(1951/05/23、24期)

ただいまの平川委員の質問に関連してお尋ねいたします。最初に適用範囲でありますが、ただいまの御答弁によりますと、使用者側であるところの官庁とその職員を対象として救済することが本法の目的であるから、すべて…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 人事委員会 第12号(1951/05/24、24期)

ただいまの質問に関連して二、三お尋ねいたします。最初給与ベースの問題であります。前の委員会で官房長官か給与局長に、私は最近の民間工場の賃金の値上り、物価の高騰から考えまして、もう給与ベースの引上げの時…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 人事委員会 第13号(1951/05/31、24期)

それでは特調の方にお聞きしたいのですが、質問の点は、最近進駐軍関係の家族宿舎要員が、聞くところによりますと六月三十日付で約四万人が全面的に解雇になるという話を聞いておるのでありますが、それは事実かどう…会議録へ(外部リンク)

第10回国会 衆議院 大蔵委員会 第31号(1951/03/08、24期)

日本社会党を代表いたしまして、本法案に賛成の意見を述べます。賛成の理由でありますが、本法律並びに改正法案の趣旨というものが、敗戰によりまして遊休化し、眠つておりますところの軍用設備を活用、転用すると…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 内閣委員会 第3号(1951/10/16、24期)

今度は首切りを先にやりまして、行政事務の簡素化の方をあしまわしにし、あるいは整理基準の問題とか、退職手当の問題とか、いろいろお聞きいたしたいのでありますが、労働大臣がおられませんので、局長の所管事務に…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 予算委員会 第13号(1951/11/05、24期)

西村条約局長がお見えになつておりますが、岡崎官房長官がお見えになつておりますので、でき得れば岡崎官房長官に御答弁願います。講和条約の第三条でございますが、「日本国は、北緯二十九度以南の南西諸島」「並…会議録へ(外部リンク)

第12回国会 衆議院 予算委員会 第15号(1951/11/07、24期)

私はただいま上程になつております三補正予算案に対して、日本社会党を代表して全面的にこれの組みかえを要求し、一括反対の討論を試みるものであります。まず第一に指摘したいことは、政府がいかに強弁いたしまし…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第13号(1952/03/27、24期)

昨日強制送還をする予定の人数、その内訳を承りましたところ、予算委員会における答弁と食い違つておるし、またはつきりした御答弁がなかつたのですが、政府委員の方で調査の上で御答弁がある、こういうことになつた…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第14号(1952/03/28、24期)

関連して。従来長く日本にいた人には、第二十二条の適用を除外する、こういうことを明文化されるといいますが、第二十二条の条件を除外しましても、第二十四条の適用というものはやはりお考えになるのですか。次に…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 外務委員会 第15号(1952/03/29、24期)

簡單に一、二点お尋ねいたします。先ほどの佐々木委員の質問に対するお答えで、いわゆる便法という意味の内容が大分明らかになつたのですが、二年間は永住許可の申請をしなくても、そのまま朝鮮人は在住できるという…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 議院運営委員会 第14号(1952/02/16、24期)

私が言葉を知らないせいかもしれませんが、「当年ノ意気ヲ失ハズ」という言葉はあるのですか。会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 議院運営委員会 第31号(1952/03/29、24期)

私どもの方は反対です。なお、次回の本会議をいつ開くかということをこの際議題にいたします。会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 人事委員会 第1号(1951/12/15、24期)

浅井総裁にお尋ねいたしますが、地域給の第一回の勧告に基いて、去る国会で法律が通りまして、今地域給はこの勧告に基いて支給されているのであります。この勧告は御承知のように相当アンバランス、でこぼこがありま…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 内閣委員会 第28号(1952/05/28、24期)

日本社会党第二十三控室を代表しまして、ただいま上程になつております各法案のうち、地方制度調査会設置法案を除きまして、その他の法案全部について反対の意見を申し述べます。私たちは行政機構改革そのものに反…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 法務委員会 第24号(1952/03/25、24期)

先ほどからの質問を承つ七おりますと、重要な問題になると局長は非常に謙遜ぶりを発揮されて、一局長では答弁できないと言われておりますが、私の見るところでは、西村条約局長は非常に有能達識の大局長だと思う。し…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 予算委員会 第9号(1952/02/05、24期)

作日来の質疑に関連しまして、率直に、まじめな質問をしたいと思いますから、政府当局も、懇切な御答弁を願いたいと思います。なおけさの理事会で、あまり挑発的なやじはやらないということにきまつておるのですから…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 予算委員会 第13号(1952/02/09、24期)

ただいま風早氏の質問に対しまして、厚生大臣と岡崎国務大臣との答弁に食い違いがあると思います。PD工場におきましても、軍命令よりも国内法は優先するということを厚生大臣は答弁された。これに対して岡崎国務大…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 予算委員会 第17号(1952/02/16、24期)

ただいまの今井さんの質問に関連してお尋ねしますが、教育委員の選任方法は公選制度が望ましい、しかし現在の方法は弊害があるから、これを考慮中である、こういう答弁があつたと思うのでありますが、それに関連しま…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 予算委員会 第18号(1952/02/18、24期)

法務総裁はお急ぎのようでありますから、まず法務総裁に二、三お尋ねしたいと思います。占領下におきましてたとえばマツカーサーの命令だとか、あるいはポ政令二〇一号、こういうものが憲法に優先するということは、…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 予算委員会 第19号(1952/02/19、24期)

最初にお尋ねいたしますことは、今度の安全保障條約と日満議定書との関係でございますが、日満議定書で日本と満洲国との間に生じた関係と、今度の安全保障條約で日本と米国との間に生じた関係に何らか根本的な相違が…会議録へ(外部リンク)

第13回国会 衆議院 予算委員会 第25号(1952/05/15、24期)

先日行われました日本商工会議所第十一回総会で、吉田総理は、電源開発のための外資導入に自信がある、こうあいさつされまして、その次にこう言つておられます。今後の日本経済は、今までのような世界の軍拡景気、朝…会議録へ(外部リンク)

■ページ上部へ

衆議院質問主意書(24期)

23期質問主意書 - 24期質問主意書 - 25期質問主意書 - 26期質問主意書 - 27期質問主意書 - 28期質問主意書 - 29期質問主意書 - 30期質問主意書 - 31期質問主意書 - 32期質問主意書 - 33期質問主意書 - 34期質問主意書

質問主意書提出数

 期間中に提出された質問主意書なし。

質問主意書一覧

 期間中に提出された質問主意書なし。

■ページ上部へ




在籍期:23期(1947/04/25-) - 24期(1949/01/23-) - 25期(1952/10/01-) - 26期(1953/04/19-) - 27期(1955/02/27-) - 28期(1958/05/22-) - 29期(1960/11/20-) - 30期(1963/11/21-) - 31期(1967/01/29-) - 32期(1969/12/27-) - 33期(1972/12/10-) - 34期(1976/12/05-)
24期在籍の他の議員はこちら→24期衆議院統計 24期衆議院議員


データ更新日:2017/10/22